不思議.net

怖い話・オカルトまとめブログ

アクセスランキング(3日間)
    本日のおすすめニュース
    本日のおすすめニュース一覧
    21

    【初代】時空のおっさん『NOBODY』他

    時空のおっさん


    1: 本当にあった怖い名無し 2006/02/25(土) 13:05:10 ID:makAN2W00
    時空の彼方で働いている?おっさんについて語るスレです。
    以下コピペ
    管理人です!
    時空のおっさんの初代スレを見つけてきました!
    何年か前に、異世界系のスレが流行ったことがありましたが、そのときにも時空のおっさんは話題になりましたね。

    最初はどこかで見かけた時空系の話を集めてくるというノリで始まったみたいです。

    ちなみに時空のおっさんとは、誰もいない静かで不思議な世界に迷い込んだときに出会える謎のおっさんです。
    存在自体が謎であり、何者なのかは分かっていません。
    時空に迷い込んだ人を元の世界に返す力を持っていて、おっさんのお陰で戻ってきたという人がけっこういるようです。
    ※こちらの話も時空のおっさんと関係ありそうです。

    『変なおっさんに拉致されてた』~ヴォイニッチ手稿との奇妙な一致
    http://world-fusigi.net/archives/5624681.html




    2: コピペ1 2006/02/25(土) 13:05:47 ID:makAN2W00
    280 NO1 sage New! 2005/07/21(木) 20:15:12 ID:HOgLAxY60
    2ヶ月ぐらい前に体験したことです。
    もしかしたら夢だったのかもしれませんが聞いて下さい。

    朝、起きたのが10時だった。
    『もう、10時か・・・』
    現在、大学は9時半から始まるワケだが
    いつも少し遅刻して行く自分は焦ることはなかった。
    ちなみに
    オレの家から大学まで3分ぐらい付く距離。

    朝の朝食(前日の残り物)を食べダラダラと支度をしてたんで、結局大学についたのが
    10時24分。(携帯で確認)

    大学の中にはヒトは全くいなかった。
    というかゼロの状態。
    自分は
    『皆、授業にちゃんと出てて偉いな』
    そんなことを思っていた。

    3: コピペ1 2006/02/25(土) 13:06:17 ID:makAN2W00
    281 NO2 New! 2005/07/21(木) 20:17:04 ID:HOgLAxY60
    それで、自分は教室に向かった。
    教室に着き、中に入ってみると誰もいない。
    『アレ?もしかして教室間違えた。』
    と思い、紙で確認したら
    やっぱし、今日の講義がある教室。

    おかしいなと思い、部屋を出ようとした瞬間に携帯がなった。

    ここからが、一番不思議なことなんだけど、
    その携帯の表示が
    『NOBODY』
    って英字でかかれてのよ。
    こんな英字とかって絶対に表示されませんよね?

    オレは、この時何を思ったか電話に出てしまった。

    4: コピペ1 2006/02/25(土) 13:06:47 ID:makAN2W00
    282 NO3 New! 2005/07/21(木) 20:17:39 ID:HOgLAxY60
    『はい、もしも・・・』
    と言った瞬間に

    「お前、何でここにいるんだ!!」

    おっさんの声だった。

    『あなた誰です?』

    「そんなことはどうでも良い!!どうやってここに入ってきた!!」

    『はい?あなた何を言ってるんですか?』

    「外を見て見ろ!」

    『いたずら電話は止めてください!!』
    といい、オレは電話を切った。

    『・・・』
    しかし、少し気になり、教室のベランダ(2階)から外を見て見た。
    すると、教室から大学のグランドが見える。
    その中央にオッサンが立っているのが見えた。
    よくよく見ると、携帯電話らしきものを耳に当てているのが見えた。


    5: コピペ1 2006/02/25(土) 13:07:17 ID:makAN2W00
    83 NO4 New! 2005/07/21(木) 20:18:09 ID:HOgLAxY60
    オレがマジマジとおっさんらしき人物を見ていると
    おっさんがオレの方にゆっくり顔を移動させた。
    『ヤバイ!!』
    オレはそう実感した。

    すると、おっさんポケットに手を入れたんだ。
    オレは何か分からないが危険と察知して、ベランダからダッシュで出て
    教室から出た。
    その瞬間、体が伸びるような、初めての感覚に襲われた。

    『な、なんだ!!』

    と思っている時、目が覚めた。
    自分の部屋でオレは寝ていた。
    時刻は8時丁度だった。

    6: コピペ1 2006/02/25(土) 13:07:50 ID:makAN2W00
    284 NO5(終わり) New! 2005/07/21(木) 20:19:42 ID:HOgLAxY60
    不思議な夢を見たな。
    そう考えながら大学の準備をしていると
    ある異変に気づいた。

    冷蔵庫を開けると
    前日の夕飯の残り物がなかった。
    台所にその食器だけが置いてあった。

    オレは、今でも思う。
    あの時見た、おっさんは時の番人ではないのか?
    ちなみに、おっさんの声も、見たときの姿などは一切覚えていない。
    でも、おっさんだという感覚だけは覚えている。
    なぜかは分からないが・・・。

    7: 本当にあった怖い名無し 2006/02/25(土) 13:07:53 ID:0Aez7sG0O
    正直(  ´_ゝ`)ごめん,素でwktk

    54: 本当にあった怖い名無し 2006/03/24(金) 05:44:59 ID:Gv4CZKiF0
    ここてこのスレ最初なの?
    やたら面白い予感がして見守ってますw

    予想という名の妄想ですが、
    おじさん=人間じゃないどころか生物ですらない不可解な存在
    携帯に着信した時の『NOBODY』が気になるわけで…もしかしたら現実には存在しない電話番号でかけてきたのではないかと
    『NOBODY』は誰も見ない、気にしないなどの意味合いを持つので、意味深なものを感じます。

    55: 星滝院天時田義麿O35/vQld0 2006/03/24(金) 15:20:46 ID:O35/vQld0
    NOBODY=無體?
    だったと思う。
    >>54は案外正しいかも。



    10: 本当にあった怖い名無し 2006/02/25(土) 13:22:32 ID:makAN2W00
    他にもあったはずなんだけれども見つかんない・・・(´・ω・`)

    内容は、
    授業中居眠りをしていて、先生に指されて「分かりません」と言ったとたんみんないなくなっていた。
    ふと校庭を見てみるとおっさんがいて、――(ここら辺の内容忘れた)
    で、また授業中居眠りをしていて―― 

    この話持っている人いますか?

    11: 本当にあった怖い名無し 2006/02/25(土) 13:22:47 ID:CioE2bRiO
    クロノトリガーのじいさんを思い出した

    12: コピペ2 2006/02/25(土) 13:51:46 ID:makAN2W00
    無事に見つけたので貼っておきます。

    65 本当にあった怖い名無し 05/02/06 11:12:00 ID:VG+AUKzZ0

    怖い話しかどうかわかんないけどさ、
    日中、学校の授業中に余分に数分?過ごした事あるよ。
    その当時中学生で、前日遅くまでゲームやってたのね。
    んで案の定授業中にすごく眠くなってしまったのよ。
    んでうとうとしてたんだけどそこで急に、
    「****!この問題やってもらおうか。」
    的な事を言われて前に出させられたんだよ。
    んで黒板の前に立つんだけど、
    わかんないし寝ぼけてるしでぼーっとしてんのね。
    んで恥ずかしいけどあやまってしまおうと思ってさ、
    「すいませんわかんないっす。」
    て言いながら横に立ってる教師の方見たんだ。
    けど…。

    いねえんだよ。誰も。教室にも誰もいないの。
    しーんとしちゃってさ。どこからも音が聞こえないの。

    なんかその瞬間日常ではありえない感覚がしてさ。
    恐怖に近いんだけどちょっと違う。
    持ちきれない違和感って言うのかな。
    違和感に押しつぶされる感じですごい気分悪くなった。

    13: コピペ2 2006/02/25(土) 13:52:21 ID:makAN2W00
    66 本当にあった怖い名無し 05/02/06 11:14:50 ID:VG+AUKzZ0

    んでとりあえず窓から校庭を見たんだ。体育だったのかな?って思って。
    そしたらおっさんが校庭の真ん中でなにかしら作業してんのね。
    何してるのかな?って思った瞬間、
    おっさんがこっちに気づいてすごい不思議そうな顔で見たんだ。
    次の瞬間おっさん慌てて上着のポケットに手入れたの。

    覚えてるのはそこまで。気づいたら俺自分の席に座ってた。
    んでさっきと全く同じ様に当てられて前に出ろって言われるんだけど、
    また消えるんじゃないかってすごい不安でさ、
    真剣に、
    「いや、僕いいです。いいです。」
    て言った。めちゃくちゃ笑われたんだけどこっちは泣きそうだった。
    んであまりに真剣だったからか、その後保健室連れてかれたな。

    今でも不思議だなぁって思うんだけど、一番違和感があるのが
    おっさんが驚いたのも不思議そうにしたのも覚えてるんだけど
    おっさんの顔も服装も全く思い出せないって事なんだよなぁ。

    16: 本当にあった怖い名無し 2006/02/26(日) 15:51:01 ID:1g5oywkwO
    そもそもおっさんは何者?
    時空管理局でもあるのか?

    17: 本当にあった怖い名無し 2006/02/26(日) 16:14:30 ID:AzNhuzGgO
    おっさん仲間いるのかな。

    24: 本当にあった怖い名無し 2006/03/05(日) 15:55:39 ID:8qEZ9WPOO
    こういう話って嘘におもえないんだよな、、、。
    不思議だなぁ。一度経験してみたい。

    39: 本当にあった怖い名無し 2006/03/09(木) 20:38:36 ID:RnAvMAap0
    おっさんは校庭で何をやっていたんだろうか…

    49: 本当にあった怖い名無し 2006/03/19(日) 12:25:40 ID:4zbiGpkE0
    138 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2006/03/17(金) 13:15:17 ID:cYUsHSRhO
    一年前大会前の大事な部活の練習がある日に寝坊してしまった。急いで学校行ったら人のいる気配がなくて、部室にいるのかなと思って庭の方に行こうとした。
    すると人がいて慌てたように「こっちに来るな!」って言われた。俺は立ち止まって困ってたらその人が「よし」とか一人言いってて、その瞬間風景がぐにゃぐにゃ歪んで目の前真っ暗になってその場で倒れた。
    気付いたらベッドの上。夢かと思ったけど不思議なのは俺は毎日必ず夜11時半に寝るのに、起きた時間が11時11分だったこと。結局翌日練習には遅刻もせず間に合った。

    186: 本当にあった怖い名無し 2006/05/23(火) 23:24:16 ID:iHcKz0i9O
    うおおー!!スレタイ見てまさかと思いながら開いたら、そのまさかだった!
    ちょっと興奮しちゃったよw
    俺の話も書いとく。

    高二か高三の時のときの話。
    その日は球技大会の日で、俺が出場したのはソフトボール。
    俺がピッチャーだったせいかボコボコ打たれて一回戦で負けたのねw
    チーム(クラス)メイトは負けたから他の球技の応援に行った。
    俺は悔しくて応援する気になれず教室に帰った。
    その時クラスメイトだったSもついてきた。
    教室につくとSとぐだぐだ話してたんだ。

    187: 本当にあった怖い名無し 2006/05/23(火) 23:30:49 ID:iHcKz0i9O
    途中で暇になって二人で将棋を始めたんだ。
    今思ったらおっさんくせー高校生だなw
    んでSに負けそうになったの。
    そこで俺が目をギュッて瞑って「ちょっと待ってくれ…w」って言いながら目を開けると
    そこにSがいないんだ。
    将棋の譜面(?)見たらバラバラになってんの。
    そんで恐くなって人が見たくなって(球技大会の日だから人がいると思い)外見たら人影があった。
    ぽつんと一人。球技大会の日なのに。

    188: 本当にあった怖い名無し 2006/05/23(火) 23:34:20 ID:iHcKz0i9O
    俺目が悪いからおっさんかどうかわかんないけど
    たぶんおっさん。
    こっちに気付いたみたいでゆっくり歩きながらポケット?をもぞもぞしてた。
    それ見て、こわっ!って思った瞬間頭がぐわんってなって将棋をうってるシーンに戻った。
    Sはこっち見ながら「待てない」と言った。
    なんかそれも恐かった。

    189: 本当にあった怖い名無し 2006/05/24(水) 04:04:46 ID:bT4WjqwPO
    おっさんどんな格好してた?

    190: 本当にあった怖い名無し 2006/05/24(水) 04:39:04 ID:1Jt8fcjPO
    よく覚えてないんだすまんorz
    ただ普通の服装だったかと。
    なんだあの服は!みたいには思わなかった。

    191: 本当にあった怖い名無し 2006/05/25(木) 03:03:39 ID:7Iu5qTIy0
    そっか (´・ω・`)

    192: 本当にあった怖い名無し 2006/05/25(木) 17:58:39 ID:j/N5xyC30
    ここに出てる話が仮に全部本当だとして、おっさん結構ヘマ多いなwwww頑張れwww

    218: 本当にあった怖い名無し 2006/06/01(木) 18:12:52 ID:6UICRmM6O
    俺は学校にいたときじゃなく家で寝てるときだ。
    当時実家暮しで、自室が二階、トイレが一階にあった。
    夜中に用を足そうと階段を降りるているときに耳鳴りがした。
    そして立ちくらみ?の様になって階段にへたりこんだ瞬間小学校の校庭に座ってた。
    でも不思議だとか恐いという感覚はなく自然にそこにいた。
    校庭に人気はなく、そこが不思議に思えた。
    無心に

    228: 本当にあった怖い名無し 2006/06/07(水) 19:14:38 ID:TojBIBXT0
    厨房の時だった

    親戚の姉ちゃんの結婚式に家族で北海道に行った。
    挙式も無事終わり、後はのんびり旅行がてら「洞爺湖」ってとこに行った。
    湖の真ん中に島がぽっかりあるんだけど、直ぐ近くのペンションに泊まった晩の事。

    風呂はせっかくだからってんで近くの対岸の観光ホテルで入った帰り道、俺だけ自販機でジュース買おうとしたんだ。
    100円玉落して転がる先を追いかけてったら、何かさっきまでと気配が違う感じがした。
    見上げるとさっきの自販機がすぐ近くにある。ジュースを買いそのまま開けて家族を探すと辺りに全く人が居ない。

    ええ?!って感じで探し回ったけど人の気配そのものが無い。半泣きになって探してたら
    後ろの方(湖)がした。

    「ぼうず、ここは来ちゃダメなんだよ」

    おっさん立ってた。すっげー安心するのよ。その声が。
    もう俺「わ~~~」って、そのおっさんに駆け寄った。助けてぇ!みたいな感じで。
    頭撫でられた感じがして瞬きしたら、いきなり自販機の前の路地にいた。勿論ちゃんと家族や他の人間もいるこっちの自販機のそばに。

    アレなんだったろ・・・


    俺はそれから心のどこかで探し続けている。

    俺の初恋のおっさんを・・・ハート☆

    229: 本当にあった怖い名無し 2006/06/07(水) 19:45:52 ID:jRJzOSnI0
    おっさん優しいなアッー!

    230: 本当にあった怖い名無し 2006/06/09(金) 07:30:22 ID:Qi/g45avO
    おっさんキタコレ!

    232: 本当にあった怖い名無し 2006/06/09(金) 23:22:40 ID:2iJSC6YjO
    ううむ、時空のおっさんに会えると帰って来れるのかもなあ、。

    234: 本当にあった怖い名無し 2006/06/13(火) 20:53:34 ID:nLA2w9N6O
    おっさん大好きだ~

    244: こぽぺ 2006/06/20(火) 06:40:33 ID:Xg4VMgix0
    729 :プライベート・雷庵 :04/10/11 13:07:00 ID:SoDRQkv/
    雷庵が小学校に上がる前のある日、母と連れ立ってお墓参りに行ったときの話。

    お墓参りを済ませてから、母はお布施と折り詰めを持って寺の本堂に挨拶に。
    私は、お墓に隣接している公園(お寺の敷地内)で待っているように言われました。
    そして、しばらく一人で遊んでいると。知らないおじさんが現れました。
    知らない人には~と母から注意は受けていたのですが、そのおじさんは何と言うか…
    怖いと言う感じはせず、むしろ安心できる優しい人という感じがしたんです。

    遊具などでおじさんと一緒に遊んでいると程なく母が公園に現れました。
    でも、キョロキョロ何かを探している風で公園の中を行ったり来たり。
    母の用事がまだ済んでいないと思った私は相変わらずおじさんと園内で遊んでいました。
    ひと仕切り見回った後、本堂へと戻る母。
    今度は住職やお坊さんらしき人たちも出てきて、みんなで公園の中を行ったり来たり。
    母と一緒に全員で何かを探しているようでした。
    なんだろう?と思いながらも構わず遊んでいましたが…
    随分時間が経っているのに必死で何かを探しまわっています。
    そのうち公園の外に出ていく人もいました。
    みんなが気になってきたのと、遊ぶのにも飽きてきた私を察してか、
    知らないおじさんが、『そろそろ、お母さんの所に行こうか?』
    と言い、母の所まで手を引いていってくれました。

    私は母に近づき『まだ帰らないの?』と声をかけると、
    泣きそうな顔で『今までどこに行っていたの!?』と、怒りはじめました。
    さっきまで一緒に遊んでいたおじさんの姿は忽然と消えていて…「?」。

    私は「ずっと公園にいた」と主張しているのですが、
    母は姿が見えなくなったので、公園を中心に住職&お坊さんに協力してもらって、
    今まで探していたというのです。
    そういえば、おじさんと遊んでいる間は、探しているみんなの声だけでなく、
    近くの車道の音すら聞こえてなかったように思います。
    聞こえていれば、いくら子供でも探している事に気付いていたはずですから。

    246: 本当にあった怖い名無し 2006/06/20(火) 21:03:45 ID:y5HXG4mj0
    関連性あるかな?

    712 名前: 聞いた話 ◆UeDAeOEQ0o 04/04/25 23:18 ID:kQYbY03Z

    杣人に聞いた話。
    通い慣れた山で何故か道に迷ってしまい徘徊していると、前方に小さな人影が見えた。
    おぉい!と声を掛けたが聞こえた様子はなく、人影はずんずんと先へ進んで行く。
    付いて行けば知った道に出られるかもしれない、と考えて後を追った。
    小一時間程歩いたが、風景は異様さを増してゆくばかりだった。
    尾根はぐんぐんと遠く、谷は恐ろしく深く、周囲には見た事も無い巨木が立ち並ぶ。
    ふと妙な考えが浮かんだ。体が縮んでいるのではないか?
    改めて頭上を見上げると、巨大な笹の葉が空を覆い隠すように揺れていた。
    ピリリリリリ!突然ポケットの携帯電話が鳴った。取り出す間もなく耳元で声がした。
    「お前、そんなところで何やってんだ?!」聞き間違えようの無い父の声。
    次の瞬間、いつも通っている山道に立ち尽くしている自分に気が付いた。
    携帯の着信履歴には、昨年他界した父の家の電話番号が残されていた。

    247: 本当にあった怖い名無し 2006/06/21(水) 01:27:19 ID:aE19QvE50
    違うんじゃね?

    249: 本当にあった怖い名無し 2006/06/22(木) 02:44:23 ID:h79sNhkuO
    他界済みのお父さんが時空のおっさんなんじゃね

    270: 本当にあった怖い名無し 2006/06/26(月) 22:19:08 ID:iAnaEFBz0
    落ちないうちにコピペしておきますね


    914 1/6 sage 2006/06/26(月) 17:50:01 ID:Pq4ooqCt0
    今でもあれが何だったのか判らないし、もしかしたら夢だったのかもしれないけど
    今まで生きてきて初めて体験した不思議な体験です。
    ちょっと長くなりますが暇な方聞いてやって下さい。。

    一昨年の冬、丁度これからクリスマスって頃、12月10~31日位の間、主要駅に
    程近い場所にある某デパートの前で、最近めっきり売り上げを落としている
    インスタントカメラの街頭販売を任されていた。(当時派遣会社のバイトで
    直接はカメラ屋の店員ではなかったけど、街頭販売の人材として派遣されてた)
    最近はすっかりデジカメに需要を乗っ取られて、このままじゃインスタントカメラは
    いずれ滅びるなーなんて店長がぼやく中、責任感がそれなりに強かった私は、
    自分がこれに携わったからには売り上げ伸ばしてやらなくちゃ、なんて結構真面目に
    働いてた訳ですよ。

    デパートは10時に開店なんで、朝9時半には中に入って、街頭販売用のセットを
    出して、10時開店と同時に仕事開始。夜8時までほぼ丸一日デパートの外に立って
    販売をやるわけですが、毎日丸一日それなりに栄えるデパートの前で販売やってると
    まあ、色んな人がいるんですよね。全身ピンクのド派手で、いっつも誰かに
    つっかかってる50代くらいのおばはんとか、見た目はごく普通の中年のおっさん
    なんだけど、ほぼ毎日丸一日デパートの前をうろついていて、その手には常に
    火の点いてない煙草を持ってたりしてね、そんな人達は決してカメラは買いませんし、
    目合わせたらどうなるかわかりませんから無関心決め込んで仕事に従事してましたよ。

    271: 本当にあった怖い名無し 2006/06/26(月) 22:20:00 ID:iAnaEFBz0
    915 2/6 sage 2006/06/26(月) 17:50:55 ID:Pq4ooqCt0
    で、そんな色んな人がいる中で、一人だけどうしても気になってしまった人がいた。
    背がひょろりと高くて(180ちょいあったんじゃないかな)痩せ型の中年のおっさん。
    中年と言っても髪はボサボサ、髭がモジャモジャ生えてて、眼鏡をかけてるから
    あれ無くなったら意外と若いかもしれないし、じいさんかもしれない、って感じで
    年齢不詳。それで毎日気が付いたらそこかしこで現れては、気が付いたら
    いなくなってる神出鬼没な多分無職。一番奇妙なのは、その時期かなり寒いからね
    誰もがコート着込んでる中、その人はいつ見ても、薄い水色のシャツ一枚にジーパン
    て姿で、毎日同じ格好。浮浪者にしては全身目立った汚れもなく、本当に一際
    不思議な感じの男だった。でも、それだけなら別に良かったのだけど、
    特にこの男を不思議に感じたのは、その「存在感の無さ」だった。

    人の群れが一定の方向に向かう流れの中、彼だけはいつも「逆流」していた。
    でも、かなりの人数が一方向に向かう中いつも「逆流」していたわけだが、
    不思議な事に、誰ともぶつかったりする事も無ければ、そもそも誰一人彼の存在に
    気付いてすらいない様子だったのだ。(彼は人の群れより少し頭が出ているので
    どこにいるかは良く確認出来た)
    でもまぁ、あれだけはっきりと見えてる人を「もしかして幽霊かも?」なんて
    その時は思いつきもしなかったけど。

    272: 本当にあった怖い名無し 2006/06/26(月) 22:20:58 ID:iAnaEFBz0
    916 3/6 sage 2006/06/26(月) 17:51:48 ID:Pq4ooqCt0
    仕事を始めて一週間ちょい過ぎた頃だったと思う。遅刻だけは絶対しないよう心がけ
    てた私だったが、仕事が慣れ初めたちょっとした油断だったのか、朝少しばかり
    寝坊してしまった。仕事場まで原付で10分程度の所に住んでいて、最低でも9時前
    には起きていた私がその日は10時ちょっと前に起きてしまって、慌てて身なりも
    整えないでデパートに急行した。その時いつもの朝と違う奇妙な違和感があった。
    原付で主要道を走って来るのだが、一台も車とすれ違わず、人も一人もいなかった。
    片田舎で、元々通勤時間もそれ程混雑しない道だったが、一台も走っていないのは
    明らかに異常だった。でも、遅刻しそうな状況だったので、空いててラッキー
    ぐらいに考えながら、デパートに着いた。到着した時刻は10時だった。

    どっちにしても僅かにタイムオーバー、店長へ平謝りするシチュエーションを
    思い浮かべながら、職員通用口に入ろうとした。すると、職員通用口の扉は開く
    のだが、中には誰もいない。普段は警備員と、受付の人が必ずいるのだが、誰もいない。
    この時には既に「無用心だなぁ」等と常識的に思うより「何かおかしい」と言う
    異常事態を察知していた。デパート内は照明も点いていて、音楽も流れている。
    そこまではいつもと変わらない。けど…人が一人もいない。

    273: 本当にあった怖い名無し 2006/06/26(月) 22:21:55 ID:iAnaEFBz0
    917 4/6 sage 2006/06/26(月) 17:52:44 ID:Pq4ooqCt0
    急に不安になって、ここ(デパート内)から出なきゃ、と思って、慌てて走った。
    デパートの正面口に向かって走る。いつも販売してるのは、この正面口の外だ。
    ドアを開けて外に出る。すると、驚いた事に、街頭販売用のセットがちゃんと
    セッティングされていた。何が何だか判らず、そのセットの前でしばらく突っ立って
    いた私だったが、不意に携帯電話が鳴って、見てみると、発信番号が「非通知」でも
    「公衆」でも無く、「NOBODY」と表示された着信だった。勿論私の電話帳に
    「NOBODY」なんて人はいない。もう怖くて怖くて仕方無かったが、何となく
    出なきゃいけないような気がして、意を決して電話を取った。

    「もしもし…?」そう言うと、相手は低くくぐもった男の声で「何でこんな所にいる?」
    と聞かれた。私はそいつが何か知ってるのかと思って「こんな所って?仕事で来たんだけど
    誰もいなくて」と焦ってそのまんまの状況をまくしたてた。すると男は「繋がってしまったか」
    と意味不明な事を言った。確かにそう言った。私は電話の男の反応を見ながらも、私がここに
    いる事を知ってるって事は近くにいて私の存在を確認してるんだと思って、辺りを見回した。
    すると、正面口から左に伸びる道の向こうから誰かが歩いて来るのが見えた。私は咄嗟に、
    そいつは私を助けてくれる常人では無いと思った。
    何故ならそいつは向こうを向きながら後ろ歩きでこちらに向かって来ていたからだった。

    274: 本当にあった怖い名無し 2006/06/26(月) 22:22:43 ID:iAnaEFBz0
    918 5/6 sage 2006/06/26(月) 17:53:36 ID:Pq4ooqCt0
    近付くにつれ、そいつは「あの男」だと判った。後姿だけしか見ていないが、薄い水色の
    シャツにジーパン、ボサボサの髪をした、あの男。どうやら携帯を握っている。電話の男も
    この男だった!私は何が起こっているのか判らないまま、お互いが無言の携帯を握ったまま
    後ろ歩きの男の背を見つめていた。しばらくして、その男の動きがいきなり早くなった。
    まるで早送りしているような動きで急速にこちらに向かって来た。
    もう急激な恐怖のピークで、携帯を落としてその場で尻餅をついて、ぎゅっと目を瞑る
    事しか出来なかった。

    …いつの間にか気絶?眠ってしまっていた?
    気が付いたら自分の家のベッドで目を覚ましていた。何か酷く気分の悪い夢を見たな…と
    思って、時間を確認しようと携帯を見た。すると、携帯の時刻は10時8分を指していた。
    「ぎゃあああ遅刻だ!!」大慌てで仕事場へ急行。その時、やはりあれは夢だったのだろう、
    と気付いた。車通りも人もいつも通りそれなりにいた。勿論職員通用口には警備員も受付も
    いつも通りにいた。

    私は大慌てで街頭販売用セットの所に向かった。既にセットは出されていて、そこには
    店長が私の代わりに販売を行っていた。私は平謝りに平謝りを重ねた。店長は初老で
    温厚な人だったから「いいよいいよ」と笑って許してくれたが、私はどうしようもなく
    申し訳ない気持ちでずっと下を向いていた。そしてあるものを見つけた。

    275: 本当にあった怖い名無し 2006/06/26(月) 22:23:22 ID:iAnaEFBz0
    919 6/6 sage 2006/06/26(月) 17:54:27 ID:Pq4ooqCt0
    足元に何かプラスチックのカバーのようなものが落ちている。何か見覚えがあった。
    何となく「もしや」と思って自分の携帯を取り出して、裏を見ると、私の携帯の
    バッテリーのカバーが剥がれているのに気付いた。落ちていたカバーを被せると…
    ぴったりだった。「いつ落とした?夢の中でなら落としたけど…まさか?!」
    そして携帯を開くと時刻は10時8分のまま。嫌な予感がして、携帯を操作するが、
    動かない。…壊れてる。

    ちくしょう!と思いながら何となく辺りを見渡すと、人ごみの中をいつものように
    逆流して去って行くあの男の姿が見えた。彼はこちらを振り向く事も無く人ごみに
    消えていった。彼を見たのはこれが最後だった。

    あれが本当に起こった事なのかどうか確認するには、着信履歴でも見ればいいのだが
    何せ壊れて操作不能だし、電話会社の明細を見れば判るのだろうけど、私の元に届く
    明細は「合計通話時間」しか書かれてなくて確認出来なかった。わざわざ電話会社に
    問い合わせるのもはばかられて結局調べていないが、この一件のお陰で携帯を替えなきゃ
    いけなくなった事や、友達とかに話しても信じてもらえないむず痒さが残った出来事でした。

    276: 本当にあった怖い名無し 2006/06/26(月) 22:30:09 ID:mk7A/LNa0
    おっさんの容姿について詳しく書かれたの初めてだな。

    277: 本当にあった怖い名無し 2006/06/27(火) 00:00:37 ID:g5U4iSHa0
    おっさんktkr

    278: 本当にあった怖い名無し 2006/06/27(火) 00:35:12 ID:38wuOKKLO
    なんか今までの気さくなイメージと違うな
    ミステリアスな感じだ

    414: 樹海爆弾 ◆aKQ2SJ2lbM 2006/08/26(土) 21:25:59 ID:wAFITwTYO
    あれは2年前の今頃の出来ごとだった
    バイク便のバイトをしてた私は荷物を予定より早く配達したので
    公園で休憩することにした
    缶コーヒーを飲み、煙草を吹かしながら携帯で2CHをみていた
    向かいのベンチにはホームレスの男性が1人座っており
    滑り台の横には犬を連れたオバサンがいた

    416: 樹海爆弾 ◆aKQ2SJ2lbM 2006/08/26(土) 21:45:52 ID:wAFITwTYO
    2CHに熱中してた私がフト顔を上げると向かいに座ってたホームレスがいない
    犬を連れたオバサンもいない
    今まで聞こえていた蝉の声が聞こえない
    公園の中だけではなく、周囲にも人影が見当たらない
    車が走る音さえ聞こえない、まるで無音の世界
    気味が悪くてバイクに戻ろうとすると、公衆トイレの中から1人の中年男性が出てきた
    男性は私の顔を見ると「あっ」と驚きの声を上げてトイレの中に戻ってしまった
    その瞬間、ミーンという蝉の声がいかなり甦ってきた
    ベンチを見るとホームレスが座っている
    犬を連れたオバサンが公園の出口から外へ出ていくのが見えた
    私は走ってトイレまでいって中を覗いてみた
    そこには誰もいなかった

    トイレおじさんの顔と服装を何故か今でも
    思い出す事が出来ないのである
    不思議な夏の日だった

    518: 本当にあった怖い名無し 2006/11/24(金) 02:22:25 ID:sgy6x7Zt0
    「実話恐怖体験談」スレより

    169 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2006/11/17(金) 01:37:01 ID:QxiijI64O
    少し前の話。

    夢の中で全然知らないおっさんが出てきて二人で釣りをした。
    夢の中ではかなり仲良く、俺も知ってる風だった。
    そして目が覚めて初めて、誰だあのおっさん!?と思ったがまあ気にもとめなかった。
    それから多分、一ヶ月ぐらいたった日、いつものように電車で帰宅していたのだが、
    自分の真ん前の席に、夢の中のおっさんが座ってきた。
    最初、なんかコイツ見た事あるなぁと思ってただけだったんだが、
    そいつがやたら俺の顔をガン見してくるもんだから、俺の事知ってる奴か!?
    とか、コイツ誰だったかな!?など考えてるうちに夢の中のあいつだ!!と気付いた。
    その時は全身震えた。
    明らかに何かを訴えるように睨まれてて、怖くて逃げるように降りた。


    あのおっさんが何故俺を睨んでたのかと、あった事もないのに何故夢に出たのか。
    今だに何かわからなくて怖い。

    519: 本当にあった怖い名無し 2006/11/24(金) 04:30:31 ID:v4pzL08Q0
    夢の中のあいつだ!!と思って話し掛けたかったんじゃない?
    ってコピペか

    525: 本当にあった怖い名無し 2006/12/02(土) 01:51:20 ID:SAt3gtHTO
    時空のおっさん、私のイメージでは伊東四朗

    526: 本当にあった怖い名無し 2006/12/03(日) 00:36:19 ID:agASs1YA0
    分かる

    537: 本当にあった怖い名無し 2006/12/07(木) 18:45:31 ID:XmBPGsVOO
    長文すまそ
    今さらでも読んでもらえるかわからないけど書き込みます
    周りのやつに話してもそういうことに詳しい、興味あるやつがいなくて
    時の流れとともに薄らいでいったけどこのスレ発見して
    あれはやっぱ現実だった…と確信がもてた。
    俺が建設業の見習いやってた2~3年前の体験です。
    夏、めちゃめちゃ暑くてその日は忙しかった。現場は既設ビル内。
    なんとか定時までに終わらさないといけなくて
    上の人に次々作業を指示されたり
    道具運ばされたりしてテンパりまくってた。
    俺もちょっとでも早く終わらせることに集中して、その辺に身体ぶつけて
    血が出てても気にしなかったくらい。休憩もなし。
    一つ一つ作業熟していくことにテンパりつつも高揚感を覚えていた。
    上の人もさすがプロの早さで、勉強しながらしていた。
    昼過ぎ。ふと、材料が足りなくて作業が中断した。
    「ちょっと車に探しに行ってくるわ。待ってて」「はい」
    膝ついた状態で廊下でフゥッと一息ついた。
    「…あれ!?」気がつくとやけにビル内が静かだ。
    さっきまでサラリーマンやOLさんたちが事あるごとに
    廊下を行き来していたのに、その気配がなくなっている。

    538: 本当にあった怖い名無し 2006/12/07(木) 18:46:57 ID:XmBPGsVOO
    建物が機能してるという証拠の色々な機能音もなくなっていた。
    自分の耳鳴りと速い鼓動すら聞こえる。
    これを読んでる人も、夜中に外歩いていたらたまに遭遇する、
    全くの無音になる時間を経験したことはないだろうか?あれだ。
    「???」唐突なそれに気味が悪くなって大きめの声で上司を呼んだが
    もちろん返事はなし。道路を車が走る音もしない。街はどうなってる?
    走りだし、廊下突き当たりの狭い窓から街を見下ろした(自分は3階にいた)。
    街は俺がいるビルを残し何もない空間になっていた。
    (このスレ読んだ今思えば、あの空間は校庭だったのかもしれない!
    窓からは視界は狭かったからそれほど見渡せなかった)
    遠目に背格好がやっとわかるくらいの距離に誰かがぽつんと立っていた。
    おっさんだった。
    こっちを見ていた。俺をジッ…と睨みつけている気がした。
    俺は驚いて窓を開け、何か言おうとしたらその人はとてつもない大きな声で
    「どこから来た!」と言った。
    疑問文だがその声は始めから答など求めていない風だった。
    呆気にとられていると続いて「戻りたいならじぶ」「ドサッ!!!」
    ハッとしたら、膝をついてる俺の目の前に書類やFILEの山。と脚。

    539: 本当にあった怖い名無し 2006/12/07(木) 18:47:48 ID:XmBPGsVOO
    世界は元に戻っていた。様々な音とざわめき。
    「すみません!」
    OLさんが落としたようだ。どうやらドアを開けたら傍らに道具が散らかってたり
    俺が座っていて驚いたみたいだ。こっちも謝りつつ拾うのを手伝いながら、
    その沈黙の世界の現実感に「今のは…夢じゃない?」などと思ってたけど、
    そのOLさんがやけに可愛く、作業員の俺にも丁寧な言葉遣いで
    「すごい重装備ですね」などと笑顔で労ってくれたりしたから
    すっかり見とれているうちに上司も戻ってきて仕事再開。
    ゆっくり考えるのは帰路についてからだった。
    「戻りたいならじぶ」
    までしか聞きとれなかったおっさんの言葉。
    じぶ…自分?自分で何かしろと?
    ちなみに俺は携帯持ってました。このスレにあるような
    おっさんが携帯(?)を手にする仕草をしてたかわかりません。
    顔も覚えてない。
    というか遠くて見えなかった。ただ中年の男性ということだけ確信がある。
    今思えばあのOLさんに救われたのかな。
    彼女の持つエネルギーが引き戻してくれた?と俺は思ってます。
    そのビルにはその後も二度ほど行ったけど、そのコが勤める三階に用事はなく、
    同じような体験もありませんでした。

    540: 本当にあった怖い名無し 2006/12/07(木) 20:15:06 ID:h3xevJup0
    久々のおっさん情報きたー

    541: 本当にあった怖い名無し 2006/12/07(木) 22:17:41 ID:oPhWMbXY0
    残されたおっさん(´・ω・)カワイソス
    「なんだよ・・・最後までセリフ聞いてけよ・・・」とか思ったかなw

    でも第三者の介入で帰ってこれたって初めてのケースだね

    542: 本当にあった怖い名無し 2006/12/07(木) 22:19:16 ID:I3niEglV0
    おっさんの世界から戻る方法はおっさんの秘密道具以外にきれいな女性があるんだね

    544: 本当にあった怖い名無し 2006/12/07(木) 22:47:50 ID:oPhWMbXY0
    時空のお姉さんか!!!

    662: 本当にあった怖い名無し 2007/01/23(火) 01:12:42 ID:Ac52Q9dc0
    時空のおっさんかどうかわからない…と言うより多分単なる夢だと思うけど
    他の体験談と被ってるところが多々あるのでちょっと書かせてもらいやす。

    自分、とあるスーパーでバイトしてるんだけど
    そこでいつものように仕事をしていたわけですよ。
    時間は19:00くらい。お客さんもそろそろひき始めて
    明日の準備にかかろうかってな感じの時間(ちなみに閉店時間は24:00)。
    作業場から売り場へ続く廊下に出ようとすると後ろから
    その日一緒にバイトに入っている女の子に呼び止められて振り返ったんですわ。
    そしたらビックリすることに…誰もいなくなってる。
    作業場には機械を掃除してる社員二名とバイトの女の子
    三名がいるはずなのに誰もいなくなってる。
    「なにこれ?」とか思っただけでとりたてて慌てなかったんだけど
    その妙な違和感というか奇妙な感覚は拭えず
    作業場の中をまじまじと見つめてた。
    んで、ふと廊下の方に目をやると麦わら帽子みたいな帽子をかぶった
    背の高い(推定180くらい?)おじさんが歩いて来るんですわ。
    そのおじさん、自分の目の前まで来ると一言。
    「どうやって来た…」
    自分はてっきり頭のおかしいお客さんが迷い込んできたのかと思って
    作業場の人がいなくなったことは一旦頭の片隅に追いやり、おじさんに
    「すみませんがお客様、こちらは従業員以外は立入禁止ですので」
    と言った。でもおじさんは無言。ジーッと自分を見てくるだけ。

    665: 本当にあった怖い名無し 2007/01/23(火) 01:46:58 ID:Ac52Q9dc0
    >>662の続き
    これはヤバイお客か?とか思いつつ
    誰か社員の人を呼びに行こうと売り場に出たわけですよ。
    ここにきてやっと自分はこの異常事態に気付いたわけです。
    売り場に完全に人がいなくなってるだけじゃなく電気が消えて
    出口はシャッターで塞がれて完全に閉店後の状態。
    恐怖心が自分の身体を支配していくのが面白いくらいよくわかった。
    人の気配がして後ろを振り返るとさっきのおじさんが立ってる。
    ジーッと無言でこっちを見てくるおじさん。
    自分はもう無我夢中で大声出してその場から走り去った。
    ここで未だになぜだかわからないのだが走り去る時なぜか
    売り場にある「豆腐」wを手に取り走っていたww
    とにかく外に出ようと社員通用口を目指して走っていると
    途中で見えない何かにぶつかって豆腐を落としちゃったんですよ。
    でもまぁ豆腐に構ってるほどの精神的余裕もなく再び走り出したところで
    一気に場面が変わって、ロッカールームで目が覚めました。
    心臓はバクバクで現実感もあったがどうやら夢(?)らしいので
    とにもかくにも一安心。どうも休憩中に寝てしまったっぽいが
    自分は休憩に入った覚えは一切ない。
    さらに妙なことに手には汗じゃない水滴が付着している。
    さらにさらに作業場に戻る途中の廊下で社員の人がほうきとチリトリで
    何かを掃除しているんですよ。
    「どうしたんですか?」って聞くと
    「誰かが豆腐を落としたまま片さずどっか行った」とのこと。
    夢と現実が偶然一致しただけだと自分は思ってるんだけど
    ちょっとこのスレ読んでたら自分の夢と酷似してるところがあるので
    書き込ませてもらいました。

    ちょっと長くなってしまったが以上が自分の体験談っす。失敬!

    666: 本当にあった怖い名無し 2007/01/23(火) 01:50:58 ID:0DrB2I2/0
    >>662
    >>665
    キター。
    一瞬コピペかとおもったよ。
    ここにもデパートの店員さんがいたね。

    共通点は、
    「どうやって来た…」

    自分とおっさんいがいひとがいないこと。

    それに物的証拠(豆腐や、携帯電話)が残っていること。


    667: 本当にあった怖い名無し 2007/01/23(火) 02:48:07 ID:FdkL5CzqO
    おっさんキタ━━(((゚∀゚)))━━!!

    679: 本当にあった怖い名無し 2007/01/26(金) 07:30:10 ID:ohc4pm9X0
    私が遭遇したおっさんはグレーの作業着姿だった。
    すごい小さい頃に、ご飯食べててトイレ行きたくなって、
    また食堂に戻ってきたら、皆いなくなってて電気が消えてた。
    テレビを見たら何か砂嵐になってて、すごいそれが気になって、
    電源を切りに行こうとしたら、廊下の引き戸が勢いよく開いて、
    すごい力で腕を引っ張られた。
    そしたら何か作業着のおじさんが居て、『おーよしよし怖かったね』
    とか言ってこっちだよ。とか言って和室の扉を指差して消えた。
    家族は全員食堂でなく和室でご飯を食べてた。
    20年経った今でも不思議な出来事です。

    680: 本当にあった怖い名無し 2007/01/26(金) 07:34:26 ID:h8NPj2ifO
    子供には優しいみたいだな

    682: 本当にあった怖い名無し 2007/01/28(日) 00:17:21 ID:b8CgwogC0
    子供好きはともかく、679がテレビの電源を切ろうとしたのが
    おっさんにとってはマズイことだったのかな?

    683: 本当にあった怖い名無し 2007/01/28(日) 09:42:45 ID:P7a7+9quO
    >>682
    その線もあったか!

    685: 本当にあった怖い名無し 2007/01/28(日) 11:10:28 ID:SU4qdmBL0
    わ、わ、わ、ちょっと、今このスレ発見してまじビビってる。
    たった一週間前に似たような体験しちまったから、ちょとt報告する。
    分かりにくいかもしれんが許してくれ。

    俺バスケ部なんだけど先週の日曜、練習試合だったんよ。
    んで、俺一応レギュラーだから試合でてたんだ。
    で、ここら辺のことよく覚えてないんだけど、相手チームの投げたボールが
    走ってた俺の頭に直撃したらしくてw俺そのまま試合終了までぶっ倒れたワケよ。
    で、目覚めてたら病院にいた。
    上の話は後で仲間から聞いたんだけど・・・ここからが不思議な話。
    俺の記憶だと、倒れた後すぐに目覚めてるんよ。多少頭がグワグワなってたけど
    全然大丈夫だった。
    で、すぐに走り出そうとしたら、周りに人がいないわけよ。

    687: 685 2007/01/28(日) 11:19:06 ID:SU4qdmBL0
    続き

    は?って思って、これ夢か?って思った。
    本当にシーンとしてんだよ。静かすぎて耳がクワーンてなる。
    すげぇ怖くなって、かなりテンパった。
    とりあえず体育館でて道路に出てみたけど本当に車一台なかった。
    俺、夢でも見てんだなって無理やり解釈しようとしたけど、心臓はバクバクw
    とりあえずまた体育館に戻ってみたんだ。
    そしたら体育館の奥・・・校長が挨拶するようなところ(高くなってる所な)に
    男が立ってたんだ。いい年した中年の髭面だった。
    で、何か俺に話しかけたんだけど・・・そこだけがどうしても思い出せないんだ。
    他のことは鮮明に覚えてるのに。
    俺はその人に「助けて」って言ったような気がする。ここら辺から記憶がおぼろげなんだ。
    で、その直後から視界が暗くなって回りはじめた。めまいみたいな感じ。
    んで、気づいたら病院のベッド。

    みんなにこのこと話してもドン引きされるか夢オチ扱いで信じてもらえんかったw
    だから俺自身も夢だと思ってたが・・・
    今このスレ読んで、俺ってそのおっさんに助けられたんかな?

    691: 本当にあった怖い名無し 2007/01/28(日) 13:49:39 ID:v9EjP9xw0
    >>687
    それは単純に臨死体験かも

    713: 本当にあった怖い名無し 2007/02/01(木) 20:00:04 ID:Fn5OkgdM0
    おっさんは出てこなかったけど・・・てか、ちょっと違うかも。。
    幼稚園の頃だった。
    あの日は運動会だった、周りには見物しに来た保護者がたくさん居たのを覚えてる。
    かけっこで、スタートを意味する音が鳴った。
    俺は全力で走った、今とは違いその頃はかけっこでいつも一番だった。
    半分くらい走った時だった。突然視界が、目を瞑った時のような光景へと変わった。
    え?って思った。速度は落としたけどちゃんと地面を蹴り続けている。
    目の前を何かが遮っているのかと思ったけど、手で触って確認しようとはしなかった。
    感覚的に、目の前の光景が変わっただけで目に何かが張り付いてるとは思わなかったからだと思う。
    周りからは、「おおおーーー!」みたいな驚きの声があがった。
    たぶん自分の事だろうと思ったけど無視した。
    急に視界が開けたかと思うと、目の前にはゴールがあった。
    目を何かが塞いでいたのか、それとも本当に別の空間に移動したのかよく分からない。
    ただ、目を塞がれた状態でその先にあったカーブなんかを見事に走る事は無理だと思う。
    目が見えなくなった時の自分がどういう状態であったか、言われなかったしなぜか聞きもしなかった・・・
    いろいろ疑問が残る事件でした、おしまい。。

    717: 本当にあった怖い名無し 2007/02/02(金) 05:34:04 ID:S9gbxreN0
    私も幼い頃(小4くらい?)にちょっと不思議な体験したわ。
    おじさんは出てこなかったし、人がいなくなるってことも
    無かったからこのスレの趣旨に合うか微妙だけども…。

    夕暮れ近く(時期は忘れました)、友達の家から帰る時に道路を渡ろうとした時の話。
    ウチの近所はまぁ普通の住宅街。所々空き地があり田んぼがありみたいな風情。
    反対側の歩道でおばあちゃんが手を振っており(この時も現在もおばあちゃんは存命です)
    反対側の歩道に渡ろうとした瞬間
    車がクラクション鳴らして走ってきたかと思うと同時に
    左右両方からたくさんのバイクや自転車も同時に一気に走ってきて
    さらに歩道にはたくさんの歩く人々。中には雨も降ってないのに傘さしてる人とかいるし。
    その後はよく覚えていないが、気がついたら反対側の歩道に渡っていた。
    すぐさま振り返ったけどそこには、走り去る車はおろか
    あれだけたくさんいたバイクも自転車も歩行者もいなかった。
    不思議がる私を特に気にすることも無く
    おばあちゃんは私の手を引いてウチへ帰りました。

    このスレで言われている話とはまた逆なんですよね。
    私の場合は色々出てきちゃいましたw

    719: 本当にあった怖い名無し 2007/02/02(金) 17:39:52 ID:htbOkLBFO
    >>717
    その車やチャリは当時のモデル?
    もし今まで見た事無いような形とかだったらおもろいね!

    721: 本当にあった怖い名無し 2007/02/02(金) 22:51:50 ID:GDwaFVlm0
    >>717
    興味ぶかいね、時空関連ということでそういうのも歓迎。

    ある病気で、動いているものを認識できない病気がある。
    遠くに止まっている人が歩いてこちらに向かって立ち止まると、その人が突然
    消えて目の前に現れたように見える。

    人間の目、記憶というのは案外、信頼性はない。

    人は理解しているようで10%くらいしか理解できていない。
    そんなさまざまな要因が重なって

    793: 本当にあった怖い名無し 2007/03/09(金) 14:22:22 ID:ABZJuap50
    850 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2007/03/08(木) 21:58:17 ID:ouPapvSyO
    母が幼い頃、ある団地に住んでいた時の話。
    1番上の姉(伯母)と母が外で遊ぼうと階段を降りていくと、一階の団地の入口に見知らぬオバサンがいた。
    その団地には、郵便受けが並ぶ壁の向かい側に共用の手洗い場があり、オバサンはそこで水を流してなにやら作業をしていた。
    しかしなんだか様子がおかしい。
    そのオバサンが異様に小汚く、紺色のモンペを履いていたらしい(当時既にモンペを履く人などいない)
    母が挨拶をしても返事もせず、母達を見ようともしない。

    851 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2007/03/08(木) 22:05:39 ID:ouPapvSyO
    母達は不審に思いながらも、オバサンの後ろをすりぬけ外へ出ようとすると
    「もどれ」
    オバサンが無愛想に言ったらしい。
    そこで母がもう一つの異変に気付いた。
    その頃はまだどの家も、玄関のドアを開けっ放しにしていた時代。階段を降りてくる時も、開いたドアから物音や子供の声が聞こえていたのに、その時は何の物音も聞こえなかったらしい。
    母達が立ちすくんでいると、
    「もどれ!!!!」
    凄い声で怒鳴ったそうだ。恐ろしくなった二人は手を繋いで4階の自宅まで駆け上がったが、やはりさっきまで開いていたドアがどこも閉まっていたらしい。

    852 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2007/03/08(木) 22:11:07 ID:ouPapvSyO
    二人は無事に家に帰り、家にはなんの異変もなかったらしいが、あまりに不思議で恐ろしかったせいか、伯母と母は大人になるまで一度もその話を口にしなかったそうだ。

    なんだか文章にするとたいした事ないけど、子供の頃にこの話を聞かされてとても恐かった。
    母は、異次元(母はそう言う)に行ったらとにかく元にいた場所に帰りなさい、と幼い自分によく言っていた。

    こわいよカーチャン(´;ω;`)

    853 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2007/03/08(木) 22:28:45 ID:4Gd14pWm0
    時空のおばさん…?

    799: 本当にあった怖い名無し 2007/03/09(金) 23:36:06 ID:o4rlpV2cP
    服装を覚えていたってのがポイントだな
    おばさんは既に亡くなっているのか、あそこだけ時間が止まっているのか…
    もんぺを愛用というわけではなさそうだし

    812: 本当にあった怖い名無し 2007/03/16(金) 14:47:45 ID:AfDVetcz0
    実話体験スレにてそれっぽいのハケーン

    439 :本当にあった怖い名無し :2007/03/15(木) 18:26:47 ID:IZmDZNhI0
    4日前だけど、夜11時頃から自室で読書してて、気付いたら頭の中が(上手く言葉で表せないが)モヤモヤしていて本の内容が入ってこなくなっていた。
    本当にいつの間にかそんな状態になってた上に、今までそんな感覚に襲われたことが無かったから、気持ち悪くなって電気消して寝た。
    で、気付いたら自分が以前通っていた中学のグラウンドの隅に立ってた。空は曇ってて他には誰も居なかった。
    しかも何故か自分の中で「ああ、これは夢なんだ」ってとっさに理解した。ちなみに夢の中で「これは夢だ」と自覚したのも初めて。
    しばらく立ちすくんで校舎を見たんだけど、誰も居る気配が無いんだよね。

    流石にちょっと薄気味悪くなってきたんだけど、丁度その時に2階らへんの窓から人が身を乗り出してきて、俺に向かって「おーい!」って叫んだんだ。
    自分の立ってる位置から校舎までが遠かったからよくは見えなかったけど、声はちょっと年食った男性の声だった。
    で、俺も手を振って応じたんだけど、向こうはずっとこっちに向かって叫び続けてるんだよね。
    埒があかないと思って校舎の所に駆け寄ろうとしたら、その時に後ろから押されるような感じ(人に押されたとかじゃなく、後ろから強風が吹いて来た感覚)になって、気付いたら自分の部屋だった。

    時計を見たら11時20分くらいで、しかも消したと思っていた電気が付いていた。
    それに家族に聞いても誰も部屋に入っていないと言う。

    つまらない話だけど、俺が人生で初めて味わった奇妙な体験だったから書いてみた。
    夢にしてはかなり鮮明だったし、たった十数分でこんな夢(?)を観るなんて漫画みたいなことが本当にあるんだなと感じてしまったよ。

    813: 本当にあった怖い名無し 2007/03/17(土) 15:55:46 ID:IYAKMuxFO
    GJ
    しかし今までのおっさん体験談を寄せ集めたような話だなw

    814: 本当にあった怖い名無し 2007/03/18(日) 04:15:17 ID:aBdEzHuQ0
    昔見た恐い夢。
    寝れないなーと思って布団でぼんやりしてると、すんごい勢いで投げ飛ばされた。
    なんか逆バンジーみたいな感じで。
    山の中に吹き飛ばされてて、寝間着(つーかジーパン(チャック全開でベルト無し)とユニクロTシャツ)のまま。
    いってぇなちくしょーとか思いながら、回り見ると真昼ながらうっそうとした森。しかも遠くから花火っぽい音が聞こえてくる。
    夢の中ながら「何よここ?」と思いつつ、花火やってる方にいきゃー人が居るだろと思いながらしばらく歩く。
    なんか夢の中にしては疲れるなぁオイ。と思いながらだんだんでかくなって行く花火の音。同時におかしい事に気づいた。
    連発し過ぎ?熊野大花火でもここまで連発してない。長時間。なんなんだろコレと思いながら、轟音がすぐ近くから聞こえて来てた。
    んで丘超えようと上がりきったその時に理由が分かった。

    向こうの山で戦争やっとる。

    しかも片方日本人くさい集団が。「いくぞー!」とか「死ねやぁーーー!」とか「おんどらーーー!」とかそんな感じの声が
    爆音とワァーーーーー!!!って歓声と一緒にかすかに聞こえる。しかも日本人やられまくっとる。
    山の頂上になんかこんもり居るのと、下にこんもり居るのこっち日本。ちなみに俺視力2超えてるから間違いない。変な日の丸もあった。
    たまに右翼とかがやってる後光さしてる日の丸みたいなの。もうかたっぽはなんかイタリアみたいな3色の国旗だった。
    もうグロイグロイ。隠れながら見てたけど、豆粒みたいな人間が団子になってガァーっと行って砂煙が立って、誰もいなくて。
    やな夢だなーと思いながら見てると「敵じゃーーーーー!!!いけーーーーー!」ってでかい声がして鉄砲もった日本人がいつのまにか
    近くに来てた。うっへぁこりゃマズいわと思いながら逆方向に逃げると向こうには外人が。英語じゃなかった希ガス。
    ほんとに肝が冷えた。マシンガンみたいなのとか大砲とか、とにかく鉄砲系が一杯こっち向いてた。

    815: 本当にあった怖い名無し 2007/03/18(日) 04:29:18 ID:aBdEzHuQ0
    で、パパパっ、と光ったらすごい轟音。ぎゃーとか、わーとか、助けてくれーとにかくなんかよくわからん悲鳴とか、なんかつぶれた音とか、
    もう悲惨な光景だった。人間が死ぬ時の声は聞いた事無いが、すっごいリアルな声だった。
    煙が晴れたら周りに誰もいなかった。地面は黒か血の赤で。あんまし思い出したくないものが沢山落ちてた。人の部品とか。
    でも、何故か俺は無傷で、煙が晴れたとき妙な事に気づいた。弾が止まってる。人も。ごっつい弾も止まってた。
    空中に手の破片っぽいものとかも、血もそのままの飛沫の形で止まってた。なにこれ?って思った
    そんとき足つかまれて、「後生や助けてくれぇー、死にたくないー」って声かけられた。
    見るとハゲたおっさんだったけど、右手が千切れてた。なんかやたらぶっとい血管?からかしらんけど、血がぴゅーぴゅーでてた。
    あかん、このおっさん死にそう、と思ってあわてて助け起こそうと手を伸ばした瞬間、
    別のおっさんの声で

    「あかんなぁ、手ぇだしたら。矛盾するで」

    と言われた。なに言ってんだこのボケ、こいつ死にかけてるだろ!と思って振り向いた瞬間、
    すんごい勢いでまた逆バンジー。

    布団の中に居た。涙がしばらく止まらなかった。
    すっげぇやな夢見たと思った。あまりにもリアルすぎてあまりにも悲惨すぎた。
    それまでも戦争映画って見なかったけどそれからは戦争映画自体を避ける様になってしまった。
    友達が見てたプライベートライアンを見るハメになってしまったが、アレの最初のシーンが近い。
    爆弾が爆発すると、ほんとに人が消えるし、宙を回転しながら飛ぶんだよ。マジで。
    あんとき足つかんだおっさんも普通のリーマンみたいなおっさんだったし、親近感あったのもあり戦争自体の恐怖がかなり色濃い。
    正直プライベートライアンの最初のシーン、恐すぎてガタガタ震えながら見てた。友達は笑ってたけど、あれが現実なら
    カメラの外でもっとぐちゃぐちゃなんだよ、と思った。

    夢だと思ってたんだが、このスレ見てると昔のどっかの戦争にいったんじゃないかなと思った。
    最後のムカツクオッサンの声も時空のおっさんの声なのかもしれない。
    実際に戦争をみたんだとするのなら、戦争がどんなもんなのかわかった気がする。無理だわ、あれは。

    816: `cat /etc/passwd` 2007/03/18(日) 10:22:44 ID:J+IKRI3B0
    >>814
    乙。


    時空のおじさんが声かけてこないとただの夢だが・・・
    興味深い。

    817: 本当にあった怖い名無し 2007/03/18(日) 14:44:36 ID:JiQEc3LW0
    昔こんなことを聞いたことがあります。
    人それぞれすんでる世界が違うって話です。
    どういう事かというと、例えば同じ赤とんぼを見るにしても、Aさんが見る
    赤とんぼとBさんが見る赤とんぼは違う赤とんぼなんです。全てのものが
    AさんとBさんは違って見え仮にAさんがBさんの見える世界にいけば
    まったく違った世界になってしますって事です。

    818: 本当にあった怖い名無し 2007/03/19(月) 21:26:48 ID:EUdNBhCcO
    半年ぐらい前のことなんだけど、ここの体験談とはちょっと違うんだが
    このスレ見つけたので書かせてもらいます。
    コンビニで深夜のバイトしてますが、その日も朝六時にあがりで、店長と交替でした。
    いつものように店長から弁当やら唐揚げやらカップ麺を貰って帰り、
    カップ麺に湯を入れ掛け時計の秒針を見ていたんです。時計は六時半を指していました。
    すると突然秒針がピタッと止まり、「?」な感じで暫らく凝視していたんですが
    いきなりグワァッていう耳鳴りがして脂汗が一気に噴き出てきて、
    時計の周りの視界がバーンと狭くなったと思ったら、耳の傍で大声で「おいっ!」て
    知らない男の声で呼ばれたんです。そこで我に返ると、まだオレはコンビニのレジの前にいて、
    正面の時計を見るとまだ五時五十分でした。店にいたのはオレ一人、お客もいません。
    オレは恐ろしくて店長が来てもなかなか帰る気になれませんでした。

    819: 本当にあった怖い名無し 2007/03/20(火) 06:12:21 ID:KbhgG+HMP
    >>818
    じわっと怖いな…白昼夢だろうか
    店長に事情を話して防犯カメラのその時間の映像見せてもらったら何か分かったかもしれないな
    半年前だからとっくに上書きされてるだろうけど

    821: 本当にあった怖い名無し 2007/03/21(水) 02:05:15 ID:G3padEgO0
    時空あげ

    822: 本当にあった怖い名無し 2007/03/21(水) 23:53:55 ID:s7D6RG7H0
    208 :本当にあった怖い名無し :2007/03/17(土) 23:35:40 ID:FBtTqONaO
    3年くらい前の話だけど
    その日俺は塾に行かなきゃならなくて、父ちゃんに車で送ってもらうことになってたんだ。
    送ってもらう時間が午後4時10分で、父ちゃんは仕事場から4時ちょうどに電話してくることになってた(今から行くよ的に)

    3時半ぐらいに眠たくなって、軽く寝るかーって感じでベッドに潜り込んだ。
    寝てるか起きてるかわかんない眠りが15分ぐらい続いて、電話鳴ったらわかるしちょっと本気寝しようかな と思い、時間確認(3:45)、本気寝開始


    電話が鳴ったので、跳び起きて電話を取る。このときちらっと時間を確認した(4:01)
    続きます


    209 :本当にあった怖い名無し :2007/03/17(土) 23:36:56 ID:FBtTqONaO
    父「いけるかー?」
    俺「大丈夫やでー」
    父「そうかーあとはMちゃん(いとこ、近所)だけやなー」
    俺(は?)と思うと同時に変な感覚。なんか流れ込む感じ
    俺「どないしたん?」と勝手に口が動く
    父「なんか風邪らしいわー」
    この時点で(今日は親戚の集まりがあったなー)と理解する。
    父「とりあえず行くわ」
    で電話を切る
    昨日から決めていた服をタンスから出して着替える
    家の前で待とうと思い、靴を履き家をでると、道路の向かい側におっさんがいて、こっち見ていきなり驚いた顔して
    お「何しとるんじゃー!」
    と叫んだ

    823: 本当にあった怖い名無し 2007/03/22(木) 01:11:09 ID:fTNVkdi00
    144 :本当にあった怖い名無し :2007/01/23(火) 12:48:29 ID:TIAH+ydS0
    こんにちは、不可解体験を書きにきました。聞いてください。

    陸橋の上を歩いているときだった、がしっと後ろから腕を捕まえられた。ビックリ
    して振り向くと50歳ほどのスーツ姿の見知らぬおじさんが。



    「みーつけた」



    昼間で回りに人はいたが死ぬほど怖かった、ちなみに補導されるような歳ではない。
    はぁはぁ言いながら必死の形相。振り払おうにもほどけない程しっかり腕を握られ
    ていた「間に合ったのかな…?ギリギリだと思うのだけれど」おじさんの言葉がまっ
    たく解らず私はただ怖くて声が出なかった。
    おじさんの握力が弱まった瞬間私は逃げました。追ってくるのか?と振り返ったが
    おじさんは私に手を振って「次がんばってねー」と大きな声で言っていた。
    わけが解らないがとにかく遠くまで逃げようと走っていると「きゃーーーーー」と
    後ろから悲鳴が聞こえた。振り返るとおじさんの姿が無い、横で男の人が飛び降り
    る瞬間を見てしまったと女子高生が騒いでいる。
    ただ、ただ怖くてその場から逃げた新聞やニュースは何故か怖くて見れなかった。

    おじさんは間に合わなかったのか?

    次は私?

    誰を探せばいいのだ?

    824: 走れエロス 2007/03/22(木) 01:17:00 ID:iITQFkPM0
    >>823
    一見、貴方と飛び降りた人間を違えたと思わせ実は

    826: 本当にあった怖い名無し 2007/03/22(木) 15:37:29 ID:tP94xGTs0
    おっさんが飛び降りたとか

    837: 本当にあった怖い名無し 2007/03/28(水) 01:36:56 ID:pzy0nEr3O
    はじめまして。
    私も似たようなものを体験したので書かせてもらいます。上手く書けるかわからないけど最後まで付き合ってくれたら嬉しいです。

    当時中3だった私は春休みを迎えました。春休みは高校生になる一歩手前の時期なわけですよね。てことでうちの親は燃えてましたよ…。そして毎日塾通い。
    13時~19時まで授業がありました。受験終わったのになんでこんなに勉強してんだろーとか思ってました。いい加減嫌になった私は塾をさぼりました。当然家にもバレますよね笑
    やはり説教。腹が立った私は自分の部屋の押し入れに隠れました。そして『誰もいないところに行きたい。親なんか消えろよ』とずっと願ってたんです。押し入れの中で友達にメールを打っていると急に圏外に。

    840: 本当にあった怖い名無し 2007/03/28(水) 03:56:51 ID:F2fLOf2l0
    >>837
    続きは?

    842: 本当にあった怖い名無し 2007/03/28(水) 07:53:56 ID:pzy0nEr3O
    寝ました(´・ω・`)
    続き↓

    『この携帯使えねえな』とイライラMAX。しょうがないな。と思いリビングに行き飲み物を飲みにいきました。なぜかシンとしてるリビング。まああんな親でも出かけるんだろーなーて思ったカラたいして気にしてなかった!冷蔵庫をあけると何もない!汗
    あのくそ親~!むかついたけどしかたなくコンビニへ。携帯、財布持ってコンビニへ行った。やっぱり人なんかいなくて、なぜかコンビニに明かりもなくて恐くて半泣き。

    843: 本当にあった怖い名無し 2007/03/28(水) 08:06:52 ID:pzy0nEr3O
    携帯圏外だし…やばい。本当お化けとか嫌だなー恐いよー(´;ω;`)出るなよ?とか思いつつ神頼みしかねえよなーとか思って神社に。暗いなか恐かったよ、まじで。そしたら急に携帯鳴ったの!バイブ。ぶー ぶー ぶーえ?まさか圏外脱出?!て安易な考えしか出来ない私。

    844: 本当にあった怖い名無し 2007/03/28(水) 08:08:01 ID:pzy0nEr3O
    それでも友達からの電話だと思って、嬉しくて着信画面見たらNO BODY。すげーなーてか誰?て思った。私、知らない人の電話てとらないのね。だから出るか迷ったんだけどやっぱり恐いし出ることにしたんだ。

    845: 本当にあった怖い名無し 2007/03/28(水) 08:09:40 ID:pzy0nEr3O
    出たらいきなり
    『そんなとこで何してるの?』て。
    『え?で、でも(´;ω;`)』て人の声に安心したから泣いてしまった。
    そしたら木の影からおじさんが出てきて
    頭ぽんぽんしてくれて、
    『元の世界に帰らなきゃねえー』て。
    そしてぽけっとに手を入れた。
    起きたら押し入れの中でした。友達に打ちかけのメール画面だった携帯を握ってました。
    リビングに行ったら
    ちゃんと親がいてまだ説教しようとしてたけど、それがまた嬉しくて泣きそうになった。

    846: 本当にあった怖い名無し 2007/03/28(水) 08:19:31 ID:pzy0nEr3O
    優しい人でしたよ。他の方のように、睨まれたりしませんでした(゚Д゚)

    847: 本当にあった怖い名無し 2007/03/28(水) 16:55:42 ID:slm/n/0cO
    おじさん、どんな人でしたか?
    顔とか服装とか…

    850: 本当にあった怖い名無し 2007/03/29(木) 00:01:37 ID:NViP7o8TO
    >>847
    よく覚えてない(´・ω・`)
    でもイメージ的には残ってて、安西先生みたいな感じ。
    服も作業服っぽかったことは覚えてる。

    851: 本当にあった怖い名無し 2007/03/29(木) 00:32:29 ID:WYcznHzHO
    すげぇデブな件

    853: 本当にあった怖い名無し 2007/03/29(木) 01:08:46 ID:zFvfTKAE0
    時空のおっさんは異次元の管理者なのだろうか…?
    話に共通しているのはその世界に人が居ないって事だな。

    855: 本当にあった怖い名無し 2007/03/29(木) 01:18:27 ID:sN6FMy6e0
    おっさんのおっさんもまた特別な存在なのかな?

    866: 本当にあった怖い名無し 2007/04/01(日) 22:45:08 ID:dw78THSI0
    このスレ興味深いというか、懐かしさを感じる。

    先日明け方まで起きていて、さあ寝ようかと横になったとき、
    突然外に移動していた。
    で、周り見たら誰もいないし、生あるもの全ての気配がまったく感じられず
    いつも見慣れた風景もなぜか恐ろしく見えた。
    怖くなって、「戻らなきゃ」と思ったら、一瞬で部屋の中に戻った。

    おっさんはでてこなかったけど、
    誰もいない世界を体験することができた。

    874: 本当にあった怖い名無し 2007/04/06(金) 03:56:48 ID:sx68pjDB0
    これって・・・

    354 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2007/04/05(木) 02:17:56 ID:PG2OTqcF0
    10年ほど前、小学生だった私は家で一人、留守番をしていました。
    母親に注意もされず伸び伸びとゲームが出来、ご満悦でした。
    ふと、電話がかかってきて出てみると籠もった男の声で「お母さんはあと20分ほどで帰るよ」とだけ言うと切れてしまいました。
    「?」と思いながらも子供なのであまり深く考えず、そのまま留守番してました。
    すると20経っても母親が帰って来ません。
    「まぁ、そりゃそうだ。間違い電話だったのかな」ぐらいに思いゲームに集中しました。
    時間を忘れるほどゲームをやってたのですが、なんだかんだで夕方になり、やがて日も落ち、さすがに「遅すぎる」という不安が出てきました。
    しかも、そんな不安な時なのにテレビを付けてみると何故か何も写らない。
    それどころか、ゲーム中は気付きませんでしたが、騒音という物がまったくありませんでした。
    元々静かな環境に家は建っていましたが、何の音もしないというのはそれまでありません。
    おかしいと思い、ちょっと泣きそうになっているとまた電話が。
    「母親だ」と直感的に感じた私はすごい勢いで電話に出ました。
    するとまた男の声で「やっぱりxxxx(声が籠もりすぎて聞き取れない)戻すね」と言われた刹那、頭の中に「パチン」という音が響き渡りました。
    一瞬なんだこれは?と思っていると、いつの間にか窓の外は明るく、近所で車の走る音などの騒音が聞こえていることに気が付きました。
    しかも時計まで戻っています。頭の中はもうパニック。
    そして、程なく母親が帰ってきたのですが、その時間が最初にあった電話からちょうど20分後なのです。
    私はわけもわからず、とりあえず安心したのか大泣きしてしまいました。

    876: 本当にあった怖い名無し 2007/04/06(金) 19:46:54 ID:0R5mefc90
    これも時空系だな

    297 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2007/04/06(金) 14:51:22 ID:gUk0Hf0sO
    携帯から長文スマソ
    先週自分だけが神隠し?にあった様な体験しました

    私は昼夜逆転の生活なのですが、いつもの様に17時過ぎに家を出ました
    田舎なのでいつも割りと道は空いていますがその日は対向車も一台も居なく
    いつもはよく見る犬の散歩風景すら見受けられませんでした
    ??とは思いましたが快適に車をとばしていました



    298 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2007/04/06(金) 14:57:30 ID:gUk0Hf0sO
    でも大きな国道に出ても一台も出会わないのはさすがにおかしい‥
    不安になりコンビニに入りましたが客はおろか店員すら居ません
    私一人取り残された様なすごく不安な気持ちになった瞬間です
    お店に誰かが入って来る音がして(客が入ると音が鳴るタイプの入り口)
    よかったーと思い振り返ろうとした瞬間にはまた自分の部屋に居ました
    しかもパジャマのすっぴん状態で‥
    私は確かに着替えて化粧もしてましたし、夢や寝呆けでは絶対ありません
    その時手に持っていた携帯は17時23分でした
    この様な体験された方居ませんか?
    ヘタクソな文章、失礼しました

    881: 本当にあった怖い名無し 2007/04/10(火) 07:36:14 ID:w9uzuXu40
    ちょっと違うかもだけど

    朝起きて仕事場に向かったんだよ。
    仕事場に早く着いたから彼女とメールしてたんだ30分ぐらい
    んであと30分ぐらいで仕事始めないとな~って思ってトイレに向かったら目が覚めた

    「うぇ」って声だして。時計みたらメールしてから1時間ぐらいたってるの
    夢だったのか?って思って携帯みたらちゃんとメールしてるの

    仕事先が鍵が開いてたとか無いから寝ぼけながらメールしてたと言われたらそうなんだけど
    文章も綺麗に、相談事とか長い文書いてるんだよね。

    トイレ行く時なんか見た気がするんだよね。右の柱の影に

    あまりにリアルに覚えてるから書いてみた。自分の中では夢って事にしてる。


    883: 本当にあった怖い名無し 2007/04/11(水) 15:04:28 ID:cloDhkEY0
    おっさんage

    892: 本当にあった怖い名無し 2007/04/16(月) 15:21:12 ID:dTzRhs040
    この前朝起きてカーテン開けて外見たら
    ウチの目の前のアパートの屋根の上でおっさんが踊ってたw
    踊りといっても両手を掲げてリズミカルに足踏みする感じ。
    俺も寝ぼけてたんでアンテナか何かの修理してるのが
    そう見えるのかと思ってたんだけど、おっさんの周りには何もない。

    ちなみにこの時、歩行者や車などの音は聞こえたし姿もちゃんと見えた。
    まったく通常と変わらないんだけど
    屋根の上で踊ってるおっさんだけが日常とは隔絶してた。
    それと他の歩行者や近所の人たちは
    おっさんにまったく気がついていなかったらしい。

    んで、一体あいつは何なんだ? と思い、好奇心と恐怖心を交えつつ
    おっさんの写真を撮ろうと携帯電話でおっさんの写メをパチリ!
    でもなぜか「サイズオーバー」とか出て見られない。
    これはいよいよおかしいぞと思って、写真に収められないなら
    直に見てやると思って外に出てみると外は真っ暗…。
    家の中の時計を見てみると深夜の二時だった。
    屋根の上のおっさんはいなくなっていた。
    部屋に戻ると電気が点けっ放しで
    机の上ではパソコンが起動していた(別に異常はありませんでした)。
    布団は畳んだままだし、床に転がって寝た覚えもない。
    結局その日は疲れてたんだろうってことで無理矢理自分を納得させて
    パソコンで一通り作業して寝ました。
    一体こりゃ何だったんでしょうかね?
    半年くらい前の出来事です。

    897: 本当にあった怖い名無し 2007/04/17(火) 23:00:10 ID:b9vnLd640
    おもしろくないかも知れないけど、変な体験を一つ。

    その日はかなり疲れてたから早く寝ようと思ってたのにネットやってたら、
    夜中の2時前ぐらいになってしまった。明日も早いし、
    もう寝るかなって思って目覚ましをセットして布団に潜った。
    疲れていたからすぐ眠りについた。布団の中で、ふと目を覚まして、
    かなり眠った感じがしたから「やべっ、寝過ごした!」と思って飛び起きた。
    時計を見たら2時9分だった。まだ10分も経ってないじゃんと思ってまた寝た。
    何回も夢を見て、起きた。4時半頃か?と思った(いつもそのくらいに一旦目が覚める)。
    時計を見たら2時12分だった。時計が進んでないのかと思って、携帯の時計も見た。
    同じく2時12分だった。少し気味悪いなと思ってまた寝た。はー、よく寝た、と思って
    また目を覚ました。時計を見たら2時14分だった。寝ぼけてるのかと思ってトイレに
    行って、その後時報で確かめたけど時計は全部正しかった。
    家は都会の大通りから脇に入ってちょっと行ったところだから真夜中でも
    人通り(酔った大学生とか)があるのに、その日は妙に静か。怖くなって布団被って
    携帯いじってたら普通の早さで時が過ぎるから安心してまた寝た。
    また目が覚めたら…。もう何が何だか分らなくなった。んで、ずっと起きて
    朝を待った。夜が明けそうな頃、新聞配達の音が聞こえて、すごい安心した。

    友達に話したら寝ぼけてただけだと一蹴された。
    文章読みづらくてすまん。あんまりおもしろくないけど怖かった。

    909: 本当にあった怖い名無し 2007/04/21(土) 12:50:50 ID:NvyDCvweO
    時空のおっさんか…
    なぜか懐かしい感じがしたりしなかったりする。
    どうすればその空間に迷い込めるんだろう。
    俺も会ってみたい、そしてそこが何なのか、何者なのか、全てついて知りたいし話もしたいな。

    918: 本当にあった怖い名無し 2007/04/24(火) 22:21:10 ID:2G0G7sLa0
    おっさんはいつも私たちを見ています

    912: 本当にあった怖い名無し 2007/04/23(月) 18:36:44 ID:SqjGk6TbO
    このスレももうすぐ終わるね

    919: 本当にあった怖い名無し 2007/04/25(水) 11:11:56 ID:uJH2nHq/0
    自分がイメージする時空のおっさん像は、故いかりや長介。
    薄緑っぽい水色の作業服姿。

    921: 本当にあった怖い名無し 2007/04/25(水) 23:26:40 ID:zA19WZnRO
    ( ゚д゚)ハア?↑

    922: 本当にあった怖い名無し 2007/04/25(水) 23:29:45 ID:4xEvIH3r0
    おっさんの世界はなぜか無人なのが気になる。
    例えばゲームで言えば、ステージとなる世界と、キャラクターは分けて作られて、最終的に
    世界にキャラを入れるわけだけど、その無人の世界ってキャラ(生命)を入れる前のプログラムみたいなモノなのか?
     で、おっさんはその世界を作った管理人が、紛れ込んだモノへの警告をするためのキャラクターなのか?

    923: 本当にあった怖い名無し 2007/04/26(木) 00:01:09 ID:ZYxmDKlA0
    >>922
    違う
    彼のいるところは
    時の狭間なんだと思う

    926: 本当にあった怖い名無し 2007/04/26(木) 06:03:09 ID:+1s1QcJTO
    そういや、なんで時空のおっさんは、電話に出た時だいたい怒鳴るんだろう。間違って時空の間に落ちる人が
    100%だったら、別に怒鳴る必要はないと思うんだけど。

    933: 本当にあった怖い名無し 2007/04/28(土) 10:52:26 ID:3bzcrbV7O
    >>926
    国防系のおっさんなんだよ。
    エータイ系の人ってすぐ怒鳴るだろ?
    怒っている訳じゃないけど、傍からみたら怒っているように見える。

    俺もおっさんに会いたい。
    時間がズレた事はあるけどさ。

    947: 本当にあった怖い名無し 2007/05/02(水) 21:25:03 ID:VkMtLuBY0
    なるほど

    981: 本当にあった怖い名無し 2007/05/13(日) 23:40:24 ID:8oS3TT500
    生めよっか

    982: 本当にあった怖い名無し 2007/05/14(月) 09:19:27 ID:tBB6J00CO
    埋めませう

    983: 本当にあった怖い名無し 2007/05/14(月) 13:51:23 ID:4SoeetoY0
    産めなきゃ

    986: 本当にあった怖い名無し 2007/05/14(月) 16:40:54 ID:xjvisiSS0

    991: 本当にあった怖い名無し 2007/05/15(火) 21:50:22 ID:SYxu+hkFO
    おっさん埋め

    997: 本当にあった怖い名無し 2007/05/16(水) 14:56:11 ID:qaU8bn43O
    997

    998: 本当にあった怖い名無し 2007/05/16(水) 14:58:27 ID:qaU8bn43O
    998

    999: 本当にあった怖い名無し 2007/05/16(水) 14:59:32 ID:qaU8bn43O
    999

    1000: 時空のおっさん 2007/05/16(水) 15:00:08 ID:qaU8bn43O
    初の1000!

    1001: 1001 Over 1000 Thread
    09c14130a332210073a9bc03642f4397









    本日のおすすめニュース1
    本日のおすすめニュース2
    本日のおすすめニュース3

    おススメ記事ピックアップ(外部)

    コメント一覧

    1  不思議な名無しさん :2017年09月06日 23:06 ID:pFlkca3c0*
    妄想。
    2  不思議な名無しさん :2017年09月06日 23:31 ID:ZofBawZV0*
    亡くなった人は死後の世界で時空のおっさんに再就職するのか…
    死んでも働かなければならないと考えると憂鬱だな
    3  不思議な名無しさん :2017年09月06日 23:32 ID:M9n1vKrx0*
    時空のおっさんスレは7が一番面白い
    ヴォイニッチ手稿との関連で騒がれた時のスレ
    4  不思議な名無しさん :2017年09月06日 23:39 ID:pFlkca3c0*
    2へ。
    もし今、仕事してるのが苦痛ならば転職すと良いよ。あなたに向いてる仕事は必ずあるから。

    向いてる仕事ならば働くのは苦痛ではないと思うから。
    5  不思議な名無しさん :2017年09月06日 23:52 ID:1Pa4eN7p0*
    というか何でおっさん限定なのwwwおばさんとか年寄りはいないの?
    6  不思議な名無しさん :2017年09月07日 01:04 ID:BE0LPhR50*
    生き別れ離れてしまった片割れの おっさんが実は父親で親父アイラブユーがオチかと思った。
    7  不思議な名無しさん :2017年09月07日 02:16 ID:LdWSiRdB0*
    ※5
    ガンダムシリーズの主人公がガンダムに乗るのと同じようなもん
    8  不思議な名無しさん :2017年09月07日 02:25 ID:UTuVyVOY0*
    おっさん頑張ってるんだなぁ…。時空管理官の報酬って何なんだろう?話の中で店が有るけど、店員いないから金使う機会自体無いだろうし多分それは無さそう。もしやボランティア?
    9  不思議な名無しさん :2017年09月07日 04:31 ID:wlxX7.Bc0*
    だめだー
    昔はわくわくして読めたのに今はもうすれた考えでしか読めない
    悲しい
    10  不思議な名無しさん :2017年09月07日 05:03 ID:E4Rvwc4Y0*
    海外でも時空のおっさんネタはあるのだろうか?日本だけの事例なのだろうか?ワイがまだ聞いたことないだけかもしれないが。
    11  不思議な名無しさん :2017年09月07日 06:47 ID:zm.aYAdj0*
    自分から望んで来た訳じゃないのに怒られたくないよねぇ
    12  不思議な名無しさん :2017年09月07日 07:21 ID:P7kRFJqS0*
    時空のおっさんブームも、もう10年前か…。
    最近は語られなくなったな…。
    13  不思議な名無しさん :2017年09月07日 11:59 ID:fQwykDV.0*
    やたら流行ったよなーw
    創作厨の多さを証明してたわ
    14  不思議な名無しさん :2017年09月07日 12:40 ID:wlOBwYeg0*
    こう言うのが好き
    15  不思議な名無しさん :2017年09月07日 13:09 ID:l2CHMmy20*
    いくつかは本当っぽいなあってのはある気がする
    というか本当にあって欲しいなあこの話好きだ
    創作は要らんが
    16  不思議な名無しさん :2017年09月07日 18:28 ID:ydr6F6Yp0*
    時空のおっさんでは無く、黒服の男っていう都市伝説がアメリカにあって、内容は少し違えどそれはかなり近い所に居る都市伝説だと思う。
    不思議な現象の場にいる顔もよくわからん男ってのは何処の国にも何か居るのかもね。
    17  不思議な名無しさん :2017年09月07日 23:18 ID:E4Rvwc4Y0*
    >>16
    ㌧クス
    18  不思議な名無しさん :2017年09月09日 10:34 ID:WRVDE8rL0*
    「またこの世界に戻ってくるからなー!」
    って叫んだ後、夢から覚めた
    本当に並行世界へ意識が飛んでいたんじゃないかと思っている
    19  不思議な名無しさん :2017年09月12日 00:26 ID:r3ILmobm0*
    時空のおっさんめっちゃ好き
    20  不思議な名無しさん :2017年09月18日 01:24 ID:AfmeFT3E0*
    戦争のやつは203高地じゃないかな。日本軍とロシア軍だろう。
    21  不思議な名無しさん :2019年03月22日 00:54 ID:8OtNIxUh0*
    携帯が壊れて操作不能はわかるが携帯の時計が止まったままとはどんな状態やねん

     
     
    topページに戻るボタン

    不思議ネット
    とは

    不思議.netでは怖い話・オカルトから科学ネタまで、2chを中心に世界の不思議な話題をお届けしています。普段2chを見ない人でも気軽にワクワクできる情報サイトをっころがけて毎日絶賛更新中!