まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

死んだ後の事についての考えを確立したいから俺に質問してくれ

2017年09月11日:20:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 80 )

shutterstock_536835418


1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 04:41:30.280 ID:6krRIqHc0
前世の事についてのなんて覚えてるわけではない素人の考えだが、自分の中での死後についての考えを確立させたいと思う。
※現実にこういうのがあると思うと怖いですね。

彡(゚)(゚)「青い鯨?」 (´・ω・`)「そうだよお兄ちゃん」
http://world-fusigi.net/archives/8928487.html

引用元: 死んだ後の事についての考えを確立したいから俺に質問してくれ







8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 04:48:00.637 ID:3ZLYZ2b9a
どんな質問すればいいの?

11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 04:49:46.808 ID:6krRIqHc0
>>8
死に関係してるならなんでもいいよ。
考えはあるけどうまく言葉に出来ないから一問一答形式で考えをまとめたい

6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 04:45:20.177 ID:sQ34vkEma
ジャンケレヴィッチの『死』、読んだ?

7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 04:46:12.019 ID:6krRIqHc0
>>6
読んでない
ふと思い立っただけの一般クズ学生です

10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 04:49:42.485 ID:sQ34vkEma
>>7
じゃあ、死生観って言葉が出てきたのっていつか知ってるかな?
近代以降なんだ
じゃあ、ハイデガーは読んだことある?

15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 04:52:20.466 ID:6krRIqHc0
>>10
読んだ事ないです。
死後の世界とかそういうのはいいあんまり信用はしてないかなあ…ただ、死んだ後は無っていう概念がよく分からないから、俺なりの死後についてつらつら書いていくだけ

20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 04:55:17.005 ID:sQ34vkEma
>>15
簡単に書くと「死」を意識することで「存在に対する驚き」という現象が起こり、「開示された生」が生まれるという感じ

その考えなら、ベルグソンの時間論とジャンケレヴィッチの『死』を読んどくといい

22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 04:56:29.038 ID:6krRIqHc0
>>20
分かった。機会があれば読むよ
まあ確かに存在する事に驚きっていうのはあるわ

24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 04:57:25.430 ID:sQ34vkEma
>>22
じゃあ、それに関連して
「時間」ってなんだと思う?

31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 05:00:29.297 ID:6krRIqHc0
>>24
時間は人間が作ったあくまで物事が進む事象だと思ってる。無限に続くもの…答えになってるかな?

37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 05:05:28.053 ID:sQ34vkEma
>>31
これについて考えたら博論が書けるレベルになるから深くは問わないけど、じゃあ、三つ質問

時間は分割可能か?

ベルグソンは時間を「意識の連続」と述べたが、これの意味するところは何か、また人が死んだとき(=意識が消えたとき)時間は存在しうるか?

上記の疑問に関連して、時間が「意識の連続」であるのならば、歴史なり事象の進行という概念をどう片付けるか。あるいはベルグソンの議論は妥当か

39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 05:12:09.914 ID:+w2bwpl+0
>>37
時間の分割はできないかな。例えばボールが転がるみたいな感じ。

死んだ時間というのは死んだ本人は認知出来ないけど確かに続いてる

そもそも時間については分からないからなんとも言えないが、意識は連続せず継続してるのではないかと思ってる

41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 05:18:06.987 ID:sQ34vkEma
>>39
じゃあ、連続と継続の違いは何だろう?
訳語の問題もあるのだけどね

時間は分割できないは同意。内包的なもので、分割したら質的に変わる

なぜこれを聞くのか、というと「死」は意識の消失、すなわち「個」の「時間」の喪失であると考えるから

43: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 05:24:41.556 ID:+w2bwpl+0
>>41
継続は常にボールが転がり続けるみたいな感じ、連続はパラパラ漫画…としか言えないかな…
すまん。分からにくいと思うが「死」についての概念というか「死後」の話だから死の定義は分からない。言語では不十分だから「死」というのを定義づけるのは難しいと思う。

13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 04:51:05.871 ID:sEPpcJRH0
転生すると思ってるってこと?

17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 04:52:53.543 ID:6krRIqHc0
>>13
そうだね。大まかにはそんな感じ

16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 04:52:24.862 ID:kfeLQ3lC0
スレタイ見て、人は死んだらどうなるか系の話かと思ったんだけど
そうじゃなくて、自分が死んだ後の事どうしたいかって話?

18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 04:53:22.056 ID:6krRIqHc0
>>16
いや、その話であってるよ

23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 04:56:50.654 ID:ITZGWYo20
脳が出来て意識が発生するんだから
脳が死んだら意識も無くなるだけじゃないの?

27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 04:58:27.215 ID:6krRIqHc0
>>23
俺の中では、その脳が長い時間をかけてどこかで再構成されるんじゃないかなあと思ってる

28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 04:59:09.714 ID:DigPn8aJ0
科学的な話なら
死ねば意識は消滅しておしまい
肉体は生ゴミになる

32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 05:01:29.460 ID:6krRIqHc0
>>28
そうなんだけど、無に帰すというのはまた違うと思うんだ

35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 05:03:02.278 ID:DigPn8aJ0
>>32
意識は消滅するぞ
死んだ奴以外の世界が続くだけ

36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 05:04:48.774 ID:6krRIqHc0
>>35
「意識」という概念は記憶があってこそあるものだと俺は思ってる

38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 05:10:41.282 ID:DigPn8aJ0
>>36
そりゃそうだけど基本的には記憶より意識の方がウェートがでかいだろ
池沼は意識あるけど記憶力ないし
ド忘れしたことについて「あのときは意識がなかった」なんてまさか思わないでしょ
どのみち意識も記憶も脳で生じるから、死ねば脳も死滅して終わり

40: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 05:15:27.466 ID:+w2bwpl+0
>>38
確かに記憶力はなくても必ず脳にストックはあるはずなんだ。そもそも脳は長い時間をかけて再構成されると思う。パチンコの大当たりみたいにいつかどこかで作られる。正確には脳から出る電波みたいなのががっちり今の自分と全く同じ構成物で作られる

42: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 05:21:05.543 ID:DigPn8aJ0
>>40
それはちょっと付いていけんわ
脳が再構成されるってことは無数にあるDNAの配列パターンまで再構成されるってことだろ
その前に地球が滅亡してると思う
例えばお前が子供を作らず死ねば、それだけで再構成の確率はぐんと(元々低いのがさらに)落ちるよな

44: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 05:27:03.617 ID:+w2bwpl+0
>>42
そしたら地球も宇宙も再構成されるまで待つしかない。宇宙も生命のようなものでなくても長い時間をかけて再構成されてビックバンや全ての事象も長い時間をかけて再構成される

48: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 05:31:06.387 ID:DigPn8aJ0
>>44
気の長い話だな

52: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 05:40:36.620 ID:+w2bwpl+0
>>48
まあ死んだ記憶はないし、死んだ後も基本記憶はないから感覚では一瞬だよ

55: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 05:44:05.659 ID:DigPn8aJ0
>>52
強くてニューゲームなら魅力的だけど
実用性はなさそうだな

56: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 05:45:12.266 ID:+w2bwpl+0
>>55
確率はアホみたいに低いけど可能性はあるんじゃないかな。

45: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 05:27:20.083 ID:YaDHA8Vo0
レス読んでないが死んでも死んでなくてもおんなじやで
未使用電池と使用済み電池の違いでしかない

知性や自我を特別視する立場なら
生性が高いことを我々は生きていると呼んでいて
生性の欠如を死と読んでいる
故に明確な生はないし絶対的な非死もない

50: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 05:33:50.514 ID:+w2bwpl+0
>>45
死については全くその通りだと思う。あくまで今やってる生殖や生命の繁栄はあくまで宇宙規模で考えればどうでもいい事で、問題はその宇宙が完璧無比に再構成されるって事

46: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 05:28:33.193 ID:sQ34vkEma
つまりさ、「時間の喪失」が死なのならば、死後とはまさに「無」なわけだ
死後を考えるのならば「死」によって何が失われるのかということを先に考える方がいいと思ってね

47: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 05:30:19.757 ID:+w2bwpl+0
>>46
失われるものは記憶と肉体。たったそれだけ。俺はそう思う

49: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 05:32:56.538 ID:sQ34vkEma
>>47
仏教の唯識思想に近いものがあるな

51: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 05:38:13.920 ID:YaDHA8Vo0
再構成があるとしてそれの何が問題なの?

53: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 05:41:24.242 ID:+w2bwpl+0
>>51
問題はないよ。ただ死後の事についての俺なりの考え方ってだけ

54: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 05:42:19.993 ID:+w2bwpl+0
>>53
強いて挙げるなら、そこに肉体は関係ないってことかな

57: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 05:45:22.011 ID:YaDHA8Vo0
時間は直線と円環どちらだと思う?

58: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 05:47:17.185 ID:+w2bwpl+0
>>57
円環に見える直線。ポイント毎で全く同じことが起きる

62: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 05:51:38.039 ID:YaDHA8Vo0
>>58
無理数のようなものということかな?

64: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 05:57:31.364 ID:ITZGWYo20
円周率は無限に続くから探せばどんな文字列でも見つかるってのと似た理屈か
時間が無限である事も
同一の意識が確率で再発生する事もただの信仰だし
考えの確立なんて高尚な話じゃないな

63: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 05:54:37.172 ID:+w2bwpl+0
>>62
まあ平たく言えば。
言語化は難しい話だけどそれが1番近いかも

59: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 05:47:30.102 ID:b7DTTw+mK
「生きよ、生きよ、生きぬいて死ね。
その先は無い、無いからいい。」
高村光太郎

60: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 05:49:05.739 ID:+w2bwpl+0
>>59
高村光太郎は「私の前に道はない。私の後に道はできる」っていうのが好き

65: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 05:58:15.775 ID:YaDHA8Vo0
あたは白い箱を持っていたとする
あなたはそれを何処かで落としてしまった
あなたの前にあなたの持っていた箱と物質的に完全に一致するものが二つ現れたとする
あなたの箱はどちら?

69: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 06:02:09.561 ID:+w2bwpl+0
>>65
物質は同じでも完全に一致するってことはそもそもあり得ないと思っている。例えば水素1つとってもその水素は「別個体」で限りなく近い物でしかない。

70: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 06:07:07.685 ID:YaDHA8Vo0
>>69
なるほど
ではこの世を構成する要素のその一つ一つは全て違うものだとしよう
その上であなたはどちらの箱を選ぶ?

74: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 06:10:57.473 ID:+w2bwpl+0
>>70
人間には選ぶ事が出来ない。選んだとして、大体同じものであればどっちでもいいし満足。
もし仮にだけど、俺が神様とかそういうものなら完全に別物として見る事ができるから落としたものと見分けをつける事が出来て、落としたものが選べる

86: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 06:32:47.801 ID:YaDHA8Vo0
>>74
そう
それが君にとっての死と言うものに対しての答えだ
人間(君)には考えても答えが出ないものだと心の底では諦めている
君にとっては本物か偽物かは重要ではないんだ
手に収まる箱を持っているのが重要であり中身が
真理だろうと紛い物だろうとどっちだっていいと考えている
なぜなら人間(君)には本物を見分ける能力がなく
また能力を手に入れようとする意思もない

君が適当に選んだ箱の中身が今君が考えていることだよ

88: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 06:47:15.147 ID:J6Kp9XJW0
>>86
うーむ。いくら言葉を考えても反論できないが、流れに身をまかせるならどこに流れ着くのかは知りたい…まあ本心じゃないと言われたら完全否定はできないけどさ

66: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 05:58:20.809 ID:xVzSWtabd
オモロー

67: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 05:58:56.049 ID:U52TsqtHd
仮に物質としての人間を完全にコピーできるとして、自分のコピーを作ったとしても、そいつは自分じゃないのでは?
そいつは自分と全く同じように行動するけど、そいつの意識を感じることはできない(例えば、そいつの痛みを感じることはできない)という点では、自分にとってコピーは結局他人にすぎない

68: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 06:00:46.700 ID:DwyJefGv0
>>67
そいつと入れ替わって果てしない銀河の果てでポツンとそいつの視界だけモニタリングできたとして
他人は入れ替わってることに気づけないよね
自己を自己たらしめている証左ってどこにあるの?

71: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 06:07:30.393 ID:+w2bwpl+0
>>68
人間には証明しようがないが、自己を自己たらしめる構成物の証明がどこかにかならずある。
量産出来ない唯一無二のマイクロチップみたいな?うまく言葉に出来てないかもしれなあ

72: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 06:07:41.371 ID:U52TsqtHd
>>68
他人は確かに気づけないだろうね
でも死の問題って主観的に見てどうなんだってことでしょ?
客観的には心臓が停まるだけ、何の不思議もない

73: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 06:09:28.974 ID:DwyJefGv0
>>71
それは移植できないの?

>>72
俺はそういうものだと思うの
意識の証明ができないのだから死んだら何もない

75: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 06:14:43.165 ID:+w2bwpl+0
>>73
肉体に移植はできる。さっき宇宙は同じ事象が起こる場合があるみたいな話ししたけど、たまたま別の肉体にそのマイクロチップ的なのが再構成される場合があるんじゃないかと思う

76: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 06:15:14.737 ID:QFcR3xT30
なんかよく分からんな
死ぬってただ脳の神経細胞の活動電位が消えて意識がなくなるってだけだと思ってるけど

80: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 06:21:37.638 ID:J6Kp9XJW0
>>76
死ぬってこと自体はそういうことなんじゃないかな。ただ、その後は強くてニューゲームか、別の人生があるか、また同じことを繰り返すかの3つって感じ

77: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 06:15:22.537 ID:DwyJefGv0
取り出したら肉体はどうなるの?

78: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 06:17:59.195 ID:+w2bwpl+0
>>77
それだけを取り出すことは不可能なんじゃないかな。出来たとすればそれはもはや無機質な別個体

79: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 06:18:59.208 ID:DwyJefGv0
それだけ取り出すのは不可能というのは?
その肉体にないと機能しないということ?

82: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 06:24:16.604 ID:J6Kp9XJW0
>>79
そう。そのマイクロチップはパズルのピースみたいに連結してる肉体もないとダメで、マイクロチップだけを取り出すとバラバラになってまた再構成まで待たなくいけなくなっちゃう

84: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 06:29:18.634 ID:DwyJefGv0
>>82
よし順を追おう
では片腕がない人は?
両足がない人は?
下半身がない人は?
ダルマは?
ダルマで臓器の一部がない人は?
臓器を人工代替してる人は?
臓器移植した人は?
脳死の人は?
首から上だけで生きている人は?
脳だけで生きている人は?

どこまでが意識のチップが生きてるの?
意識の最小単位は?

87: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 06:36:25.280 ID:J6Kp9XJW0
>>84
自己を自己たらしめるものがあるのは全部脳。そしてそれのどこかにある。
最小単位は特定の元素…かな?
水素1、水素2、水素3みたいに同じに見えるけど区分された別のもの。

81: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 06:23:59.033 ID:U52TsqtHd
1が言ってるのは、自分が死ぬときに

死ぬ間際、病室の光景、遠のく意識……

次の瞬間、遥か未来の宇宙のどっかで目覚める

ってことが起きるんじゃないかってこと?

83: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 06:25:25.849 ID:J6Kp9XJW0
>>81
そんな感じ!ただ、そこに記憶はないよ。でも自分は自分だよって感じ

85: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 06:30:34.912 ID:U52TsqtHd
>>83
その自分は自分ってのがマイクロチップってやつかな?
でもマイクロチップが偶然宇宙のどっかて再構成されて再生するみたいな筋書きだけど、もし万が一自分の存命中に自分のマイクロチップが再構成されちゃったらどうなるんだ?

89: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 07:02:50.940 ID:+q17dOZ20
考え方としてはわからんでもない
構成要素に最小要素が存在するならば組み合わせが有限でやがて循環しうるし
最小要素などなく延々と部分要素に分けることができたりするなら一回で終わりかも
まあ、産まれる前の状態にもどるだけさね

90: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11(月) 07:52:48.567 ID:QFcR3xT30
まあマルチバースで別の宇宙に自分が居るとかなら分かるけど
ここの世界の自分が死んだ刹那に別世界で復元されるとか都合良すぎないか
自分を失うのが怖い人の思考なのでは









  • このエントリーをはてなブックマークに追加
死んだ後の事についての考えを確立したいから俺に質問してくれ

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2017年09月11日 20:14 ID:GVjaUQPn0*
魂だけになったら宇宙の果てまで行けるかな。
自殺は地縛霊になるから行けないだろな。
2  不思議な名無しさん :2017年09月11日 20:28 ID:zDqhJGU30*
なんか馬鹿が誰でも一分で考え付くようなことを思い付いてスレ立てちゃったって感じだな
3  不思議な名無しさん :2017年09月11日 20:34 ID:iYvMwG470*
こういう問題は
ずっと昔から考えられていて
ずっと昔から答えが出せないからいつも同じところで詰まっちゃう(宇宙の始まりとかなぜ意識があるのかとか)。
でも見ていて面白い。
4  不思議な名無しさん :2017年09月11日 20:42 ID:LRbFaaam0*
意識も化学反応定期
5  不思議な名無しさん :2017年09月11日 20:56 ID:5akxEvjY0*
全くの個人的見解なんだが
記憶って脳に有るのではなく細胞一つ一つそれぞれの記憶を刻んで居て脳がホストコンピューターみたいに統括しとるって気がするんだ
車運転してると頭で別の事考えて居ても曲がるタイミングとかどれくらいアクセル踏むとかハンドル回す角度とか考えて回さなくても普通に曲がれる
よく身体が覚えてるっての?
咄嗟に取る行動とか有るやん
勿論こじつけでしかないんだが幽霊とか脳が起動しなくも身体の細胞が何らかの影響で壊死してなくて
その細胞の記憶が投影されるとかその細胞との原子が結合したまま生きた人間に取り込まれる事で幻覚ってかその人の記憶の一部を見せられてるとかってのが在るのではって
勿論細胞一つ一つに有るから骨にも残ってる場合があるとしてだが
突飛な発想だとは重々承知してるが不思議な体験とか考えると何らかの起因が無いと魂の肯定になる
完全に総ての心霊現象を作り物とか勘違いで終らすには今みたいなPCとか無い時代の現象迄説明付ける必要があるからね

6  不思議な名無しさん :2017年09月11日 20:59 ID:AsVCtT5V0*
死んだら無音の真っ暗闇で感覚のない世界にいるだけだぞ
7  不思議な名無しさん :2017年09月11日 21:07 ID:bStbu8A80*
今の人生に一生懸命になっていたら転生なんか考えなくなるよ。
8  不思議な名無しさん :2017年09月11日 21:11 ID:O.Uz3fRx0*
記憶はアウタープレーンにホログラム的に保存されてて脳はそれを読み書きする投影装置であるっつー説が結構昔からあってだな…
ってことでこのイチが主張する説もワンチャンあんじゃね?
9  不思議な名無しさん :2017年09月11日 21:12 ID:HOwO9Ooi0*
「自分が死んだらきっと転生するはず」「消滅や無という結論はイヤ」という前提で妄想を広げてるだけだから詰まらんな
無いかもしれない可能性を覚悟でいわゆる魂のありように言及すればもう少しまともな話になるのに
魂の場所を脳と断言しながら「脳のどこかにある『はず』」ってなにそれ
10  不思議な名無しさん :2017年09月11日 21:13 ID:OXoSRTwO0*
意識の世界の時間は宇宙の始まりとともに始まり、人間の意識は発生してからすでに136億年たっている。
貴方たちの死後の世界も永遠に続くよ。肉体を持っている時のすべて記憶を持って死の世界に行く。
肉体を持っている時間は短いけど、霊界での生活は何百年、何千年と続く。霊界の様子の一つの例は宇治平等院の阿弥陀如来坐像の部屋の様子だ。
しかし、貴方たちは地獄に行くから暗い場所に何百年も住むことになるよ。
11  不思議な名無しさん :2017年09月11日 21:15 ID:O.Uz3fRx0*
地獄でなぜ悪い?
12  不思議な名無しさん :2017年09月11日 21:22 ID:ZFPq65dx0*
死後があるということは輪廻があるということと同義である
それは生前がすでにあったということ

けれども最も近い第一世代前の生前さえ証明できない
これにより死後はないと推論できる


死後を語りたいのなら、まず生前について語るべきだよ


13  不思議な名無しさん :2017年09月11日 21:29 ID:O.Uz3fRx0*
自我っつーのは各人の脳の物理的な構成情報が識別子で、経験とか記憶はアウタープレーンのホロ記憶にマッピングされてるだけな気がするンゴよね。
14  不思議な名無しさん :2017年09月11日 21:31 ID:IpJW05dN0*
意識はまやかし。あると思った瞬間にそこにはない。
15  不思議な名無しさん :2017年09月11日 21:38 ID:Gf8SgnPL0*
こういうのって、せめて霊が見える人とか、前世の記憶がある人とか、
瞑想を極めた人とか、退行催眠で何か見ちゃった人とか、自分の子供が生まれる前の話しちゃった人とか、
体験談を集約しないと、脳は電気信号で~で思考停止して進まないのでは?
16  不思議な名無しさん :2017年09月11日 21:46 ID:4.DyThUR0*
人間が死んだら

水素分子:60% 炭素分子:10% 酸素分子:25% 窒素分子2% その他:3%

の元素に戻るだけ
運が良ければほんの少しだけ別の生命の一部になれるかもしれないけど
新陳代謝で結局入れ替わる
17  不思議な名無しさん :2017年09月11日 21:53 ID:jo.0Ofho0*
攻殻機動隊すこ
18  不思議な名無しさん :2017年09月11日 21:57 ID:IbxDIBR20*
「自分で考えたことを信じたい」教なんでしょう?
哲学や一般的宗教の考え方とかあまり必要ないんでしょう。
どうぞご勝手に。
19  不思議な名無しさん :2017年09月11日 22:03 ID:7dreWhQa0*
生命なんてちょっと代謝するだけのただの高分子だぜ
そんなのがいちいちあの世とか来世とかおこがましいよ
20  不思議な名無しさん :2017年09月11日 22:12 ID:jEMCvny20*
死後の世界=自分と同じような心を持つ人が集まるの所
思いやりのある人はそういう人ばっかりの世界に往く
生きている間も類は友を呼ぶが、死後はそれが顕著になる
21  不思議な名無しさん :2017年09月11日 22:19 ID:Y.lkKwZK0*
死んだ後は基本的に薄くなり、引き伸ばされる。
肉体をなくしても構成していた原子はほぼ、永久に残り続ける。
当然肉体に意識は残らない。ただしあらゆる場所に偏在する時間が情報を記憶する。
世界が仮にシミュレーション的なものであるとしたら魂が存在する可能性はある。
まあなんにせよ我々は過去に閉じ込められている。つまりみんな死んでいる。
誰かが過去に戻ることでその世界の全存在がみな生きていると錯覚しているだけの世界。
22  不思議な名無しさん :2017年09月11日 22:48 ID:rLypC.cR0*
俺らが産まれる前は俺らは存在していなくて
存在していない事を世界中の誰もが経験してるんだが

何十億光年もずっと時間が流れようとも苦痛でも何でも無いよね

苦痛だった記憶が無いもん
23  不思議な名無しさん :2017年09月11日 22:48 ID:59.sV1bt0*
子供がスクスク育ってるから独身時代に感じてた死の恐怖は半分くらいになった
多分 孫がスクスク育ってるところを見たら死の恐怖はさらに半分になるんやと思う
24  不思議な名無しさん :2017年09月11日 22:55 ID:0ltEVULn0*
生まれなきゃ良かった。
自我の存在は無意味。
25  不思議な名無しさん :2017年09月11日 23:01 ID:TKoa7VJg0*
死んだら意識が消える、考える事すらできない
次にまた同じ意識を持つ自分が何処かで生まれることもない
(可能性という意味ではあるが)

それよりもクローンを作った場合
元になったオリジナルとクローンとの思考の差分に興味がある
26  不思議な名無しさん :2017年09月11日 23:06 ID:TKoa7VJg0*
クローンを作っても記憶が引き継がれないのは何故?
記憶はどこに格納される?
生まれたばかりの赤ちゃんに既に別の記憶があることはあるか?
27  不思議な名無しさん :2017年09月11日 23:27 ID:oVLQMCoN0*
なんだガキの妄想から来る思い込みかよ。
そんなキッズ脳に聞く事なんか1つもない。
28  不思議な名無しさん :2017年09月11日 23:34 ID:bStbu8A80*
自分に酔って死んだ後のこと考えているけど
死ぬ瞬間のこと考えてんのか?
苦しまずに死ねると思っているのか?
一度1m角モグサでお灸したらいい。目が覚めるだろう。
29  不思議な名無しさん :2017年09月11日 23:45 ID:ZE8Agu6K0*
質問を受け付ける奴が一番レベル低いという謎のまとめ
Fラン大学生が東大専門予備校の塾講師になったみたいだな
30  不思議な名無しさん :2017年09月12日 00:48 ID:ITAFxr.o0*
最初の記憶、所謂物心ついた時以前も生きてはいるんだが
自分にとって始まりはいつかと問われれば記憶の始まりがそうだと答える
痴呆になって大切な事も忘れるようになったら死んでるようなもんなのかもしれん
31  不思議な名無しさん :2017年09月12日 01:44 ID:KzoqVT4Z0*
意識の根源は魂と呼べる何かである
そうでなければ自分が自分であることを説明できない
魂は時間経過を感じられないだろうから
時間が無限だと仮定するならば、主観的には死んだ瞬間にどこかで何かの生物の自我として転生する

意識は科学反応とか死んだら消滅するとか言ってる奴らの方がまったく意味不明だわ
32  不思議な名無しさん :2017年09月12日 02:02 ID:o96gSvYu0*
いきなり最初変なやつに絡まれてて可哀想w
33  不思議な名無しさん :2017年09月12日 04:19 ID:g1M8Segm0*
こんなことばっか考えてると人と話が合わなくなって余計ボッチになるぞ
34  不思議な名無しさん :2017年09月12日 04:20 ID:BzXBIy9Z0*
世界中に古今東西に臨死体験者おるから、その共通することはあの世の存在はかなり蓋然性が高いはずだ。何もないというのは、それは現代の唯物主義教育の影響に過ぎないよ、ないという証拠もないのが実際だ。物に意味を求めても何もないのは当然で意味や価値を与えるのは生きている人間の方だからね。すると人間の人生にはどんな目的があるのか、世界中の宗教や臨死体験者が共通して言うのは天国と地獄があるということ。そして行く場所を決める裁判所があるということ。あの世に裁判所があるとすれば、人生を生きる基準があるということ。それはモーセの十戒かもしれないし、徳を積むことで量刑を軽くできるのかもしれない、とにかく生きている内が華で、死んだら徳を積む機会を逸してしまう。徳を積むのと同時に魂を育成し人間性をより高めることが大事になるはず。人生の目的はそれが答えかと思われるね。
35  不思議な名無しさん :2017年09月12日 08:53 ID:Ksn3S8Ll0*
なんか小難しく考えてる奴居るが単に母なるガイアに還るだけなんだが?
36  不思議な名無しさん :2017年09月12日 09:40 ID:76UZfM0C0*
ついてけねー
死んだら無になるのは分かるが
どういう魔法がかかって第二の人生が始まるんだ?
無は無だろ
37  不思議な名無しさん :2017年09月12日 09:48 ID:BGW5QnXl0*
※34
生きる意味は死んだあとどう過ごせるかだの言っているが、死んだあとも魂として存在し続けることに意味はあるのか?
あの世に行けば永遠に快楽もしくは苦痛が続いて終わらないのか?そんなこと続けることに何の意味がある?
あの世だの来世だの語るのは結局現世に意味を持ち出せなかったことを後回しにして思考停止しつつ人生の存在意義を自己肯定しているだけだと思わないか?
38  不思議な名無しさん :2017年09月12日 10:39 ID:76UZfM0C0*
※34
人種や環境で世界観のバラバラな臨死体験を根拠にあげられてもなぁ
脳の作り出した幻覚の可能が性高いと思うが
ないという証明については悪魔の証明であるという証明を探すほうが現実的ですよ
39  不思議な名無しさん :2017年09月12日 10:43 ID:hPW3YuhB0*
人の話は聞かないが
俺の考えを聞いてくれ系嫌い
質問の意図を考えずに答えとるやんけ
40  不思議な名無しさん :2017年09月12日 10:51 ID:Uz3j..Cb0*
なんだかんだ言って死んでみなきゃわからない。多分これに尽きる。霊とコンタクト取れる人は別としてね
41  不思議な名無しさん :2017年09月12日 10:58 ID:.HntpO1.0*
全ては化学変化の連続であり、複雑なその集合体が見せる現象に過ぎない、
化学反応は絶対であり、そこに意思や揺らぎは存在しないように、
その複雑な集合体が見せる現象もすべて起きるべくして起きた現象である、
意識とか魂とかゴーストなんて物は存在せず、自分で考えて行動したと思っても
それは、それまで起きた複雑な化学反応の経過によって現れた反応でしかない
ガイア理論と言う地球が一つの生命だと言っている人がいるが、
あれはただの化学変化をする巨大な集合体に過ぎない、それと同じように
人間と言うのもただの炭素ベースの小さな化学変化の集合体である。
42  不思議な名無しさん :2017年09月12日 12:10 ID:83Iej87o0*
さすがにこれは議論の余地なし、この子病気。
43  不思議な名無しさん :2017年09月12日 13:03 ID:HaJdcmUp0*



以上

44  不思議な名無しさん :2017年09月12日 13:26 ID:PreMhehw0*
仮に命(意識)が途絶えたらその命が時空を越え別の肉体に宿るとして、前の記憶も何の痕跡もないのならそれはもはや別物なんだよな。同じ命、つまり転生ではない。材料が同じだけで別物。
命が物理的なものでないとして、数の概念はあるのか?一つの肉体に宿るのは一つの意識だけか?もしそうだとしたらこの世界の命の数はあらかじめ決まっていることになる。そうでなければ、転生ではなく突然現れる命もあるということになる。だとすれば使い回しの命と新しくできた命の違いはなんだ?知りようがないだろ。
あらかじめ命の数が決まっているとしたら、絶賛繁殖中の地球生命体の命の数も矛盾するよな。そもそも何をもって命とするのか。意識を認知できないだけで、動物にも意識はあるし、虫にも、植物にも、微生物にも、菌にも、細胞一つ一つにもあるかもしれない。そうだとすれば人一人の中に無数の意識が存在することになる。

突き詰めればきりがないが、とにかく突っ込み所満載のガバガバ理論だったな。
45  不思議な名無しさん :2017年09月12日 13:48 ID:R9vLIWIZ0*
このスレは俺の考えとまったく同じだ
果てしない時間の中でまたまったく同じ人生を歩むんだよ
どれだけ時間がたってもまた地球も自分も皆も再構築される
例えるならプールの中に時計の部品を投げ込んで時計が出来上がる確率みたいなもの
永遠の時間の中では確率は0じゃない
46  不思議な名無しさん :2017年09月12日 13:54 ID:PreMhehw0*
※45
それは同じとは言わないだろ。で、その考えを持つことで何かメリットはあるのか?何もないだろ。人生は一度きりという現実から目を逸らしたいだけだよな
47  不思議な名無しさん :2017年09月12日 14:02 ID:BzXBIy9Z0*
米37
それは結局のところ、この世であなたが所謂「愛や感謝」を忘れてるからだなぁ。あなた自身のこの世的感想を言ってしまってるだけだよ。ならば「愛や感謝」に何の意味があるんだ?と言うだろうが、それは宗教家や臨死体験者達が言うように、あの世には統括する立場の者が居るらしいから、本当の意味は人間には難しいかもしれない。しかしあなたも幸か不幸か多くの他人と同様に母親から生まれ社会に育てられた訳で、それでも何とか生きているのはそんな人間たちを支えている所謂「愛や感謝」のお陰だと思わないか?それこそが生きる意味であり推進していくべき意味だと思わないか?それがあの世でも続くとしたらそんな幸せなことはないと思うが、人間である俺が言えることはそこまでだな。後はもっと詳しく臨死体験者の話を聞くしかないよ。

48  不思議な名無しさん :2017年09月12日 14:02 ID:VoyzgYLx0*
死ねば死体は焼いても腐っても何らかの元素として何らかの材料になる。
だから私の体は何万年も前の人の成分でできているとも言えるし、何億年か先に生まれる地球外生命体の材料になるかもしれない。
哲学と科学と宗教は遠いようで近い存在なのかもしれない。
49  不思議な名無しさん :2017年09月12日 14:20 ID:PreMhehw0*
※47
おいおい、幸福の科学あたりの新興宗教の信者か何かか?
愛や感謝には、この現世を生きる上で十分な意味があるだろ。愛があるから人と親しくなり、共に過ごす時間に幸せを感じられるし、感謝も大体同じで精神衛生的にも社会生活を送る上でも必要なものだ。
で、それとあの世に何の関係がある?意味は人が決めて与えるものだと言っているが、それを決めている人以上の何かがあの世にいるって?矛盾してるだろ。人が与えるもので完結している上で神だの仏だの持ち出す必要はない。勿論、地球人以外に高度な知的生命体や、それこそ神のような生命の概念を超越した存在は否定しない。かといって肯定するわけでもないが。

結局、あの世があったら素晴らしいしあの世で良い暮らしをするためなら頑張って生きていこうという思い込みでしかない。その行為自体は止めようとも思わんが、それが正しいと吹聴するのは無責任なことだぞ
50  不思議な名無しさん :2017年09月12日 14:36 ID:PreMhehw0*
俺が言いたいのは、あの世で幸せに過ごすために現世で徳を積む必要があり、現世の人生は良いあの世へいくためにあるという考えは現実逃避だということだ。

現世であっても徳を積めばそれなりに幸せになれるだろう。だが、どんな幸せな日々を送っていたとしても事故や災害でいつ不幸に転落するかはわからない。中には生まれた時点で何の充てもなく、悪事をすることでしか生きれない人間だっているし、徳とやらを積む前に散っていく命も星の数ほどある。また、社会の構造上どれだけ同じ努力を詰んでも結果は不平等だし、全ての生命が皆幸せになることはありえない。そんな残酷で不平等で不安定な環境にあるのがありのまま世界だ。

条理も不条理も同時に介在するこの世界が全てだと思いたくないという潜在意識が、あの世という真に平等で公正な理想郷を求めているんだろう。
つまり、あの世、天国、理想郷は人間の願望でしかない。そんなものに、人生を捧げるのは勝手だが、その勝手を他人に押し付けるのは違うよなって話
51  不思議な名無しさん :2017年09月12日 14:43 ID:BzXBIy9Z0*
米38
「人種や環境で世界観のバラバラな臨死体験を根拠」と言いますが、宗教はその傾向がありますが深く聞けばあの世観はそう変わりないと僕は思ってます。一方の臨死体験の方は遡れば古代プラトンの国家編に出てきますし、近世のスウェイデンボルクや現代の体験者たちと、それにエジプトの死者の書んど探せばもっと出てくると思いますが、共通点は多くあると思ってます。

また「脳の作り出した幻覚」というのは、現代社会の証明方法が既知の物理的根拠で成立してるからだと思います。例えばUFOをはっきり見ても証明してみろと言われて無理なのは分かりますよね。現代社会は既知の知識体系で説明できないものは「無い」ものとして見なかったことにしますが、見た本人には絶対的にあったことなのです。これ程までに一般化というのは頑なな世界なんですよ。

悪魔の証明は所有権問題のようですが、この場合、あるかないかの否定肯定の問題として考えたいです。上記でも言いましたが、人間が知ってることは既知の知識体系に基づく証明でないものは存在しないことになります、未知の事柄に関しては無力なのです。従って本来ないともあるとも言えないはずの事案を既知の大系にないからないと否定し断定するわけです。それは一般化する立場上の者が保守的判断をせざるを得ないためですが、悪魔の証明も結局のところ土地の支配権のような解決です。つまり否定とは、無知の知を知らないために起きる傲慢不遜の現れなのですよ。
52  不思議な名無しさん :2017年09月12日 14:51 ID:PreMhehw0*
そりゃあ誰だって天国があるなら行きたいさ。神さまがいるんならすがりたいさ。でも、天国や神さまがあったとして、そこに到達するまでのチャンスさえも不平等なのがこの世界なんだぞ?
そんな都合の良い世界を夢見て現実から目を逸らしていると、目の前の小さな幸せさえも見失ってしまう。
死んだあとのことは死んだあとにしかわからない。生きている人間にはわからないんだ。自分が死なないとわからない。臨死体験者も生き返った時点で死んではいないんだ。意識や生命活動が一時停止しただけであって完全にシャットダウンしたわけではない。
53  不思議な名無しさん :2017年09月12日 14:55 ID:BzXBIy9Z0*
※49
気持ちは分かるよ、でも結局のところあなたがどう生きるか、それ次第なんだよ。世界が残酷残忍だったとしても、「だから俺もそうして生きる」とするか、「だからこそ俺はそうしない」とするか、後者なら自分が出来ることはするのが徳であって、その結果あの世に行けるかどうかは神様しかわからない。しかし何度も言うように状況証拠として宗教や臨死体験者の報告に耳を傾ける価値があると思うよ。それを正しいと断言したわけじゃないが、正しさを問うならかなり蓋然性が高いのは事実だろ、それとも他にもっと素晴らしい指針になるものはあるのか?
54  不思議な名無しさん :2017年09月12日 15:16 ID:PreMhehw0*
※53
俺がどう生きるかは俺と俺の周りにいる人間における問題。バタフライエフェクトで世界に影響することもあるかもしれんが、今の論題とは無関係だろ。
世界が残酷だからといって、俺の生きざまにそこは反映しない。だからもだからこそもない。残酷だろうが残酷じゃなかろうが俺は俺や大切な人のために生きるだけ。

世界の残酷さの問題は君たちのあの世観に関わってくる。いいか?
現世は徳を積むためにあって、徳を積んだものだけが死んだあと天国に行って、積めなかったものは地獄に落ちると言っているな。これだけ見ると因果応報で公平なシステムに見えるだろう。
だが、環境により徳を積むこともできず強制的に死んでいく命はどうなる?って話だ。生まれた側から親や周りから洗脳され、神のために自爆テロで散った幼い命は落ちるべくして地獄に落ちていくのか?
この世は徳を積むためだけにあるなら、そんな命はそもそも生まれたことが間違っているとでも?

あの世が全てだと言うことは、そういうことだからな。あの世があったとしても、それは平等じゃないし、神とやらに全ての命を救済する力はない
55  不思議な名無しさん :2017年09月12日 15:21 ID:l1JNIPdu0*
「意識は電気信号だから死後は無」って聞き飽きた。人工的な主観範囲に留まった馬鹿が多いのはほんと笑える。常識から見て最も可能性が高そうってだけだろ。そしてその常識ってのは人間主観で手探りで組み立てられたものであって、絶対性なんて保証されてない。
56  不思議な名無しさん :2017年09月12日 15:30 ID:BzXBIy9Z0*
※54
だから、世界が残酷残忍無情でそうした不幸な環境で生まれた者たちが不憫だと思うなら、本当に思うならその解決に人生を費やすのが徳なんだよ。そう思うだけで「神とやらに全ての命を救済する力はない」と駄々をこねるより、幸福な環境に生まれた自分をそうでなかった人々のために生きるのが徳だろ。全てはあなた次第さ。

ついでに言っておくと、世界中で起きている暴虐の数々はある組織の謀略に辿り着くことなので、国家として日本も戦っていること知っている。現在進行形の事態なんだよ。
57  不思議な名無しさん :2017年09月12日 15:40 ID:PreMhehw0*
※56
へぇ、面白いこと言うね。
俺よりもずっと知識が豊富そうだあなたは。
その強大な組織に一般庶民がどうすれば対抗でき、世界の不条理を無くせるのか、参考までに意見を聞かせて欲しい。
もちろん、そう簡単に実現できないことも方法論も確立していないのは承知の上。何から始めていくべきか、少しでもあなたなりの見通しがあるなら教えてくれないか。本当に、俺がその気になれば世界を変えれる見込みがあるのか。

正直、俺には到底一人でできることとは思えない。もし、そんな目論見がばれれば一家諸とも消される未来しか見えない
58  不思議な名無しさん :2017年09月12日 15:46 ID:96SOxyfi0*
妄想ってすごいよな

これで1は幸せになれるんだもん
59  不思議な名無しさん :2017年09月12日 16:15 ID:BzXBIy9Z0*
※57
例えば、医学だってその目的は病気に苦しむ人々を救いたいからだろ、他の生産的な仕事はみんな人生の厚生を図るためだ。それらは全て現在進行形の戦いなんだよ。つまりそこで従事する人々はみんな、あの暴虐な世界と戦ってるんだよ。

それを地上で統括しているのが国家だ。その国家が所謂「正しさ」に基づいて運営されている限り国民としての俺らは守られているし戦現在進行形で戦っているんだ。

難しいことは言わないよ、とにかく国家が正しく運営されていれば、我々の生活や文化を守るためにあるということさ。そこで働く人々もその目的は手段と混同することなく職務を果たしているはずだ。もしあなたがその活動に参加したければ、生産的な生活の厚生を図る仕事に従事すればいい。それが積もり積もって所謂悪の組織に対抗する力になっている。

ここでいう言わば悪の組織だが、実は日本の中にも入り込んで悪事を行っているのは判っている。その歴史的な流れは現実の事態に立ち返って歴史を読み解けば文脈がつかめてくるもので、それが正しければ将来をも見通せるようになるよ。

とにかく現在進行形で各諸分野で国民は戦っていると言えるわけさ。
60  不思議な名無しさん :2017年09月12日 16:44 ID:PreMhehw0*
※59
巨悪に対抗する手段、最もな解答だね。ありがとう。

ただ、俺が危惧していることはその生産的な社会活動で生じた富でさえすでに彼らの手のひらの上にあるんじゃないかってことなんだ。音楽や芸能業界は特に。
彼らの最終目的が何なのかは計りきれないけど、一般庶民を自在に飼い慣らすことが目的なら、餌付けとしてある程度の還元はあると思うんだよな。適度な餌を与えて、居心地のいい環境を作ることは、確かに庶民にとってはメリットだがあくまでそれは上の人間が用意した鳥かごなんじゃないかって。日本に限らず、もうほぼ世界中がそんな状況にあると考えるのは、悲観しすぎかな
61  不思議な名無しさん :2017年09月12日 16:47 ID:6BlySKJx0*
ようは一度死んだヤツにしかわからない
一度仮死状態から目覚めたヤツとか
でもそういうヤツが自分を見下ろしてたとかお花畑が見えたとか貴重な体験談を語っても
頭がオカシイとか夢見てただけとか簡単に片付けるよね
62  不思議な名無しさん :2017年09月12日 16:51 ID:XKoRbwTO0*
文学的というか、美学的な観点からの命の考察を読むのは好きだよ
63  不思議な名無しさん :2017年09月12日 17:08 ID:76UZfM0C0*
※57
>へぇ、面白いこと言うね。
>俺よりもずっと知識が豊富そうだあなたは。
ID:BzXBIy9Z0*に皮肉は通じないと思うぞw
64  不思議な名無しさん :2017年09月12日 17:10 ID:4N.Ykw410*
死んだらどうなるか?
そんなの知ってるはずだろ。今まで何度も経験したことだ。

誰かの子供として生まれたことに、ある日知ることになる。
今の自分とは全くの別人としてな。
65  不思議な名無しさん :2017年09月12日 18:04 ID:BzXBIy9Z0*
※60
同感だね、でも悲観してても始まらないので、せめて国民として、何が正しいかを知っておかなければならないと思う。でないと流されるままだし、やり場のない不満やルサンチマンを抱え込むばかりだし、精神衛生上良くないからね。

ここで問題なのが政治経済問題だけど、現代的状況を理解するには、グローバル主義とナショナル主義の衝突だね。これは結局は程度問題なんだけど、前者の動機が独占支配にあることが知られてるので、国家はいかに防波堤を築くかの課題だね。

とにかく解決の方向性として、あるべき国家観を持っていることが大事だと思う
。俺は政治的には近代国民国家の重要性と経済的には国民経済学の二本柱が大事だと思ってる。

国民国家は人間が形成しうる政治形態の中で最強だと思うし、その具体的形態の立憲議会制民主主義の再認識と、経済的には修正資本主義の国民経済学で、これも貨幣経済を前提にすれば最強の経済思想だと思っている。

もちろん独占支配思想の悪の組織からすれば葬りたい思想であり制度だから攻撃対象にされているね。歴史はそれを伝えているように思っている。マルクスもその手段の一環だよ。

兎に角、暗中模索の中で正しさを探して理解することが大事だと思ってるよ。

上記は原因につての考察だけど、一方であなたは悪の組織に加担してるんじゃないかと良心の呵責に責められているわけだね。「命令に従っただけ」の状態をいかに回避するか、それが問題かな。現場の労働者の生の訴えなんだね。

難しいけど、やはり自分の中に「正しさ」の基準をしっかり持って、抵抗できる範囲で戦うしかないよ。みんなが少しでも正しさの実現のために抵抗してくれれば、大局は変わらなくてももろに被らずに済むかもしれないしね。

その意味でも「正しさ」の考察は大事だと思う。
66  不思議な名無しさん :2017年09月12日 18:10 ID:AdPRHNtF0*
「死んだら無になる」っていう感覚が理解できないって言う人たまにいるけど、何も難しい話じゃなくね。

単純に、「眠っている時の状態」が無の状態なんじゃないの。

夢見てる時を除けば、寝てるときって意識無いし、存在してる感覚もないから、自分が寝てることにすら気づかない。起きて初めて寝てたことに気づく。

死んだ後も同じじゃね。死んだことにすら気づかないだろうよ。

「起きない」感覚が理解できないっていう人もいるけど、そりゃあ毎日起きてるから理解できませんよ。でもそれは経験の問題であって、ありふれた個人的な未経験の事柄の一つでしか無い。バンジージャンプを飛んだことがなければバンジーした後の感覚をしっかりとは掴めない。

でもそれによく似た経験くらいはできる。例えばバンジーなら、3メートルくらいのところからジャンプすれば大体似たような経験ができる。バンジーはそれが着地しないだけ。

だから死んでる時の感覚は寝てる時の感覚とほとんど同じでしょ。寝てるときはみんなほぼ死んでるんだよ。寝てる時の感覚思い出せるだろ?あれだよ。あれが「死」だよ。なーんも怖くない。

死ぬっていうのはそれがちょいと長いだけ。永眠ってだけ。
67  不思議な名無しさん :2017年09月12日 18:14 ID:.HntpO1.0*
DNA的に見れば、環境に適応してきた片方のDNAの情報と、
自分が持つDNAの情報を組み合わせて新たな生命を生んでいるのだし、
爺さんが孫を見て、息子の子供のころそっくりじゃ、とか言うのも、
相方の遺伝子が組み込まれてより世代を重ねた自分の片割れであるんだよね、
もちろん環境的には文明は発展し、技術と知識がすでに蓄積した環境で、
DNA的にも発展した自分らの子孫を形成し育てる事ができる、
それこそが確実な環境的、DNA的な世代継承に他ならない、
性格や特性などもDNAに含まれていると言われているから、
知識や経験を持たないまさに自分の分身を生むことになる、
子供を産まないような、産めないような人間や、突然お亡くなりになり
魂とか精神とかがそのまま無に帰すと言うのは
耐えられないストレスに感じるんだろうから、
その処世術として、輪廻とか天国言って行いを認められて生まれ変わるとか、
そんな妄想に逃げてしまうんだろうね、かわうそうだね
68  不思議な名無しさん :2017年09月12日 18:32 ID:.HntpO1.0*
キリスト教系なんかはそれがさらに顕著で、
自暴自棄にならないような教えが蔓延しているからね、
白人たちが養子を受けて育てるのも、すでに子供が産めない体で、
そのさみしさを紛らわせるだけではなく、その理不尽な神の試練に対して、
克服したと言う姿かたちを見せたいがために養子を手に入れるんだよね、
そしてあえて白人以外の子供を養子にすることで、周りにも養子を受け入れた人だ
何か出産に問題があるのにそれを感じさせない精神的な成長と、
他の民族の子供を育てると言う慈愛に満ちた考え方をしている、と見せたいんだよね
そう他人にも神にもね、そうすることでキリスト教では
いずれ救世主が再臨した時に、亡くなっていても健全な信徒であれば
復活して救世主とともに神の1000年王国で不老不死で暮らせる、と言われているからね
輪廻転生は存在しないから、今の人生の事しか考えないから、
そんなことも出来ちゃうんだよね、かわうそうだね
69  不思議な名無しさん :2017年09月12日 18:41 ID:tru79pKX0*
このアホのイッチは要するにスタートレックの転送みたいなことが人間が死んだ後にありえないくらいの時間がかかったとしても、自分だった物質が再構成されるって言いたいんだろうな
ありえないけど、そもそも自分の肉体を構成するものなんて生まれた頃から細胞入れ替わってるんだぜ?
赤ちゃんの時の自分の細胞を構成してたもがまた自分と同じになる?右手の上の方の皮膚を作ってた細胞が左手の手の平になるだけでも同じにならないんだぞ?絶対無いとは言えないけど、まず無いw
思いつくだけならアホでもできるけど可能性を検討する頭が無いなら無駄に考えるな時間の無駄だ。
この肉体の再構成スレ2つ目だよな、アホも1度なら可愛げがあるがしつこいとウザイだけだ。
70  不思議な名無しさん :2017年09月12日 18:52 ID:bo1n5yJI0*
永劫回帰のこと言ってるだけじゃね。
71  不思議な名無しさん :2017年09月12日 19:37 ID:sreve5Mw0*
スレ主は自分の考えを書きたかったんだろうに本で読んだ他人の世界観を押し付ける空気読めないやつ
72  不思議な名無しさん :2017年09月12日 19:38 ID:jcGznsG90*
くっだらねぇ
単に死から逃れたい怠け者の何の根拠もない妄想じゃねぇか
懸命に生きている者はこんな馬鹿な発想なんて出て来やしない
人間の意識は電気信号の小さな火花の集合であって死んだら影も形もなく終わりだ
その点は人もロボットも変わらん
意識は特別なオカルトじゃないから不思議な力も持ってないし、世界は人にだけ都合良くなんて出来てない
だから子孫を残し、自分の命を、自分の学んだ経験を、自分の生きた証を受け継がせるんだ
転生なんてないし蘇りもしない
自身は今まで命を繋いで来てくれた祖先全ての集大成であって、これからも繋がる系譜の一欠片に過ぎん
そう考えないと命に失礼だろうが
73  不思議な名無しさん :2017年09月12日 23:23 ID:aPPIC8Jo0*
私は無から生まれた
宇宙は無から生まれた

私が死んだら何があるのか
宇宙のはてには何があるのか

私は男女の両親から生まれたから
宇宙も両極の何かから生まれたかも

死んだあとに帰ってきた人はいない
宇宙のはてに行ってきた人はいない
だから知りようがないよね
だから人は想像するのだろうね
74  不思議な名無しさん :2017年09月12日 23:29 ID:Uo.8SA0t0*
この宇宙ではなく世界が無限に続くなら同じ構成をした同一の人物やものが出てくる可能性は十分あるし無限だからほんの少しでも確率があればそれは必ず実現する
が、死後の次の同じ構成体で今と同じ意識を継続させるには前提としてアカシックレコードとアクセスキーのようなものが必要だろうからま~難しいだろうな
75  不思議な名無しさん :2017年09月13日 13:31 ID:1HEG6T.F0*
墓の中でご先祖様と武勇伝大会や、楽しみじゃのう
76  不思議な名無しさん :2017年09月13日 16:08 ID:.vmC0tUc0*
※72
電気信号がどうなったときにお前の自我が生まれるの?教えて教えて!
77  不思議な名無しさん :2017年09月13日 18:41 ID:q0.Z.mgO0*
やっべー難しすぎてついていけない……
やっぱ本を読むって大事だね…勉強しよ
78  不思議な名無しさん :2017年09月13日 23:31 ID:kvnkYWA.0*
※74
まあそりゃ無限なら俺と全く同じ構成をしたモノが出てくる可能性があるというか必ず出てくるんだけど、たいてい空気なくてすぐ「あれなんじゃこれさっきまで2ちゃん見てたのにキーボードはry」で終わってるんだろうなと思うとナムーとしか思えないな
10億円当たった(という記憶を持った)俺もいるだろうしなあ
79  不思議な名無しさん :2017年09月15日 11:14 ID:.7Zxxm3L0*
※76
完全に科学的な考えをすると、自我があると思い込んでいる状態が自我なんだよ
意識は電化製品よりも凄く複雑な電気信号に過ぎないってこと
脳は小宇宙とか言われるくらいには複雑だし
80  不思議な名無しさん :2017年09月16日 18:46 ID:jeTGNaWr0*
※79
論点のすり替え。というか何の説明にもなっていない
お前(ら?)の宗教の教義なんて聞いてない
それとも「お前の、自我があると思い込んでいる状態」が再現されれば
お前の自我は転生するのかな?よかった!死んでも消滅しないんだね!

 
 
上部に戻る

トップページに戻る