まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

田舎の奇妙な風習とか言い伝え教えて「犬を飼ってはいけない」

2017年09月11日:23:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 83 )

shutterstock_102329071


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 14:57:44.39 ID:WoKYZZLFO
「霊柩車を見たら親指を隠す」とか
「夜に爪を切ったら親の死に目に会えない」とか
「葬式でワラジを肩越しに投げる」とか

ホントに些細なことでもいいんで良かったら教えてください

もし障り無ければ場所も書いてもらえると嬉しいです
※こちらは怖すぎる島の風習のはなし

【閲覧注意】日本に実在する奇妙な場所『とある離島の村が怖すぎる件』
http://world-fusigi.net/archives/8758128.html






2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 14:59:03.46 ID:unHOCDJe0
葬式で故人の愛用していた茶碗を喪主が割って棺にいれる

なぜかわからんが昔からそうらしい

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 15:08:20.97 ID:WoKYZZLFO
>>2
今井幹雄の著書によると
「死者の霊に対して、もうあなたは人間としての生活は終わったのですよと言いふくめて、未練を絶たしめるためのものであろう」
との事らしいです

死者の生前使っていたモノを何らかの特別な形で処分する風習はけっこうあるよ

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 15:05:47.82 ID:vKCcO1gxO
夜に口笛を吹くと蛇がよってくる

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 15:08:47.72 ID:z6SdJoVG0
>>5
俺の知ってるヤツだと野犬が来る

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 15:18:40.63 ID:WoKYZZLFO
>>5
青森、岩手、宮城、石川、静岡には蛇ではなく「風」がくる、とも言うそうです

特に夜の口笛は悪い風を呼ぶイメージが強いようで台風や時化などを呼ぶとされているみたい

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 15:06:25.06 ID:lb5s4UICO
葬式のときに頭に藁巻いてたな

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 15:06:37.49 ID:ppo/VueA0
還暦が過ぎた人の葬式がいつの間にか同窓会になってる

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 15:22:38.58 ID:WoKYZZLFO
>>7
確かにwww

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 15:10:53.78 ID:b7jvDgjU0
親父の田舎では
葬式で大部屋で巨大な数珠を
親戚一同円になって廻す「数珠廻し」
ってのがある。
目が回ってゲロ吐く子供がいたっけな。

※管理人注:数珠廻しってこんな感じらしいです。

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 15:25:28.10 ID:WoKYZZLFO
>>15
もしかして岩手?
だとしたら隠し念仏かも
もし隠し念仏だったら、あんまり地元民は話したがらないから貴重なんだけど

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 16:14:30.62 ID:os96YEvHO
お盆になると神棚のとこに糸で結んだお菓子をぶら下げる

おじいちゃんが死んだとき>>15もやった
これは不思議に思って聞いたけど「こういう風習なのよ」って言われて終わったな

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 16:20:32.78 ID:WoKYZZLFO
>>45
おぉ、盆に神棚とは珍しい
お盆って仏教と混同されてるけど先祖供養だから元は神道だよね
そう考えると以外と普通なのかな?

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 15:23:29.65 ID:KRq1YIgp0
通夜の晩は夜明けまで線香を焚き続ける
消えないようにずっと見張ってる

他の地方にもある?

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 15:32:51.33 ID:WoKYZZLFO
>>21
多分一般的なものだと思うよ
線香が消えると死者の霊があの世に行けないだったか悪霊に憑かれるとかなんとか

昔は一晩中付きっきりで線香の番をしたみたいだけど今はほっといても一晩中消えない線香を使うのが殆どかな

宗派によって細かい差異はあるかもしれないけど

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 15:46:03.69 ID:oiiG1N+tO
>>24
あれ死姦対策って聞いた事ある。

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 15:55:31.99 ID:WoKYZZLFO
>>31
一晩中人がつくのはモガリ(何故か変換できない)の名残ってのは聞いたことあるけど・・・

死姦対策だとしたらマジで怖いな

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 15:51:42.11 ID:KRq1YIgp0
>>24
一般的だったのか
でも親父の実家は今でも一晩中付きっきりだな
しかも夜通しどんちゃん騒ぎして葬式は二日酔い

あと通夜をしない地域もあるって聞いたことあるな

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 16:02:32.79 ID:WoKYZZLFO
>>36
通夜をしないところは関東と九州に多いね
宗派の違いじゃなくて土着の習わしでそうしてるみたい

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 15:35:13.70 ID:spfx9Lrs0
俺じゃないけど大学の先輩は夜蜘蛛を見たら速攻で殺してた

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 15:44:29.47 ID:WoKYZZLFO
>>25
昼と夜で扱いが変わるの結構あるよね
昼は来客、夜は泥棒にたとえられる事が多いみたい

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 15:46:06.30 ID:spfx9Lrs0
>>25
みたいね
俺は蜘蛛はハエ食べてくれるから殺したくないが・・・

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 15:37:29.63 ID:ltmOKZdj0
全国区かもしれないけど三途の川の渡し舟は三人乗り
だから1人死人が出ると香典はもう2人分用意しとく

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 15:46:18.86 ID:WoKYZZLFO
>>26
高知県の一部地域では1月に女性が亡くなると同じ様にするって話を聞いたことがある
そうしないと後一人連れていくんだって

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 15:52:27.15 ID:opLWJw8d0
棺桶に写真を入れるとその写真に写ってる人が連れて行かれるとかなんとか

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 16:22:55.42 ID:UiCyROP8O
おっとい嫁じょだっけ?あれってまだあるのかな?

九州の人いたら教えて

52: 鮫故ヒ素 ◆same.K110. 2010/03/04(木) 16:28:22.24 ID:zbl/+j9M0 BE:1726590997-PLT(26580)
中国地方じゃ夜這いってまだ存在してるらしい

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 16:28:24.96 ID:psAulLlLO
梅干しは一度漬け始めたら毎年漬けないと不幸が起こるby都下

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 16:43:53.53 ID:WoKYZZLFO
>>53
こういう家庭的な風習いいよね
きっと最初は何か理由があったんだろうね

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 16:55:51.63 ID:psAulLlLO
>>56
おそらく
梅干しは健康によい→今年は梅干し漬けなかった→梅干しなくなた→健康にいくない→病気になる→不幸になた
って事じゃないかと推測してる

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 17:05:42.60 ID:WoKYZZLFO
>>62
おぉ、この理由とかでも十分ありえるわ
病気は不幸に直結して考えるもんね

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 16:37:58.98 ID:sGKOPetn0
十五夜の晩に子供達が家を回って「お月見下さい」といってお菓子をもらう。
各家庭は子供用のお菓子(ジジババの家だと芋など)を大量に買い込んで、
軒先にすすきなんかと一緒に置いて迎え撃つ。
ハンバーグ工場なんかも自社の製品をくれたりする。
最終的にでかいゴミ袋いっぱいにお菓子をもらえる。

これは一般的なのかな?

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 16:51:18.02 ID:WoKYZZLFO
>>54
前に読んだ本に同じこと書いてあったはずなんだけど見つからない・・・
確か柳田国男の山の人生だったかな

確か節分でも同じような風習があって塀越しに竿と糸でお菓子をあげるとか
その年の厄をお菓子といっしょに子供に持っていってもらうんだけど子供自身は厄をもらってもセーフらしい

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 16:56:55.86 ID:sGKOPetn0
>>58
神奈川の端っこのすごい狭い範囲やってるっぽい。
だから柳田国男とか関係ないかも。
ハロウィンのパクリかと思った時期もあったんだけど、じいちゃんばあちゃんもナチュラルに参加してるから違うっぽいんだよな。

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 17:09:32.29 ID:WoKYZZLFO
>>64
柳田国男は岩手だけじゃなくて日本の色んな所で調査収拾してるよ
本人も「民俗学はフィールドワーク」ってよく言ってたくらい行動的だったんだって

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 16:52:46.55 ID:spfx9Lrs0
>>58
民俗学とか詳しくなりたければやっぱり柳田國男最初に読むべき?

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 16:59:42.34 ID:WoKYZZLFO
>>59
私自身があんまり民俗学詳しくないんでなんとも(;゚∀゚)
でも柳田国男と折口信夫の本は今の時代でも相当面白いと思うよ

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 17:07:13.88 ID:spfx9Lrs0
>>67
サンキュ、話のこし折ってスマソ

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 16:55:36.43 ID:XLeFiMkq0
父の子供の頃の話だけれど、お正月に近所の家にいってお菓子をもらってくるっていうのがあったらしい。
行く家は親から決められていて選べなかったんだそうな。

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 17:03:04.35 ID:WoKYZZLFO
>>61
正月に子供のハロウィンライクな行事って初めて聞いたわ
でもお年玉とかと関係あるのかな?

そもそもお年玉の起源ってなんだ?

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 17:08:04.88 ID:XLeFiMkq0
>>69
田舎だから近所の家が多分親戚とかだったと思うから、多分お年玉の代わりに貰っていたんじゃないかと思う。

お年玉の起源はなんだろうなぁー

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 16:57:08.16 ID:ID5xwcZVO
柿の木から落ちたら寿命が3年縮む 11月25日から12月まで笑ってはいけない(+昔は風呂に入らない、髭を剃らないもあったらしい)

79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 17:11:12.82 ID:WoKYZZLFO
>>65
これは二つ別々?
良かったら場所とか由来とか詳しく

84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 17:23:04.50 ID:ID5xwcZVO
>>79
別々。柿は知らない、笑っちゃいけないのは昔土地の主だった蝦夷の先祖がその期間に殺されたとかだったと思う。千葉の南部での話

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 17:27:24.07 ID:WoKYZZLFO
>>84
理由と場所がはっきりして嬉しいw
ありがとう(´∀`)

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 17:06:51.62 ID:hqO0J3M+0
うちの村は今でも土葬

87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 17:28:42.54 ID:KRq1YIgp0
結婚式に馬鹿デカイ鯛のかまぼこ
これは他ではないだろ

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 17:32:27.78 ID:GsfXZByU0
奇妙な風習は江戸ぐらいまではあったのかな?今ではすっかり言い伝えだけど。
なんかその土地の神に踊りをささげるんだが、おどるのが子供で、
本番で失敗したら神様の怒りを納めるために首をみんな落とすぞって脅してやらせてたらしい。
でも何回目かに失敗しちまってみんな首落とされて、それを鎮めるための首塚がある。
それ見に行ったんだが場所が異常で、木が生えてない。

90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 17:33:49.12 ID:/pa18Kad0
学校の水道が7つほど並んでたんだけど
左から(???は何か忘れた)
山 川 便 井戸 六甲 ??? ???
の水が出ると言われてた
一番最後のは嫌われてる人の尿とかだったかな
まぁ学校で流行ってただけだけど
あれはいったい何だったんだろ

91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 17:38:31.37 ID:WoKYZZLFO
レスがないんで自分の聞いた・見た話をひとつ

台風の日は家の柱の元にご飯を少量盛る

家が倒壊しないためのまじないだったらしい

92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 17:40:58.85 ID:WoKYZZLFO
山道を遮るように張られた蜘蛛の巣は壊すと山から帰れなくなる
@兵庫

93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 17:46:35.66 ID:WoKYZZLFO
通夜では死者にタラの木を杖として持たせる

刺のあるタラの木で黄泉路の餓鬼を追い払うように持たせるらしい
@静岡

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 17:53:57.79 ID:WoKYZZLFO
双子の子を産んだ女を「畜生腹」と呼んだ
@長崎

双子に関しては凄惨な因習が日本各地にあったみたい

96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 18:19:17.65 ID:uGScMzih0
奇妙ではないけど

イノコ
時期はお盆ぐらいかな。鉄の塊に何本か縄つけて、その縄を数人の子供で振り上げて鉄塊を地面に叩きつける。
@広島

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/26(土) 18:22:57.20 ID:1CqiMORn0
犬を飼ってはいけない

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/26(土) 18:24:20.50 ID:YQqkTADfO
>>3
茨城?

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/26(土) 18:24:48.13 ID:1CqiMORn0
>>7
鳥取
理由は地域の守り神が猿だから

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/26(土) 18:30:19.79 ID:YQqkTADfO
>>9
そうだ鳥取だwww
昔知り合いから同じ話を聞いて驚いたことがある

たしか鳥取以外にもそういう所あったと思ったけど

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/26(土) 18:34:22.18 ID:sxRinoF6P
>>9
犬好きだからなんだそれって思ったけど理由で納得。面白いな

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/26(土) 18:23:56.58 ID:Cu/WZ1B+0
下の歯がぬけたら屋根の上に投げ捨てる
上の歯がぬけたら床下に投げ捨てる

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/26(土) 18:24:32.45 ID:TWuHhSHv0
婆ちゃんから線路を越えた向こう側の
友達の家には遊びに行っちゃいけないって言われてたな

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/26(土) 18:32:38.98 ID:dCRe1CHW0
変な風習とかちょっと羨ましい。俺は青森出身だけど普通の住宅街のサラリーマン家庭だったから
そういうの憧れるわ。

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/26(土) 18:38:00.45 ID:fo851+VYO
季節の初物を食べたら西を向いて笑う

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/26(土) 18:44:05.28 ID:YQqkTADfO
>>21
いいね!爽やか風習
地方の風習ってどうも後ろ暗いのが多いんだよね
それがいいんだけど

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/26(土) 18:50:43.90 ID:+AnPwxdo0
男性が本厄の時近所の人におしるこを配る

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/26(土) 19:17:41.63 ID:g1xtLdpe0
長野の北の山の方だけど、祭りでは夜は子供も参加できるけど、次の日の早朝から昼までは家から出てはいけない。
山の神様が子供らしくて夜は寝てるけど朝は混ざったり連れて行かれるらしい。

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/26(土) 19:20:10.58 ID:RwsJ6eKmO
>>34
どこだよwwwww飯山か?

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/26(土) 19:24:16.96 ID:Q4TQFsij0
>>38
長野県だけど飯山じゃない

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/26(土) 19:17:58.45 ID:5VJZyKUyO
神奈川のある山奥で、1300年位前の年号が刻まれた巨大な石を発見した それだけ

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/26(土) 19:43:35.80 ID:YQqkTADfO
>>35
静岡県の水窪では紀元前600年程に使われていたフェニキア文字の刻まれた石が見つかってる
因みに古代フェニキアは今のレバノンあたり

もしかしたら日本人の一部にはフェニキア人の血が交じっているのかも

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/26(土) 19:44:41.29 ID:ZTQsY99R0
>>52
キリストの墓があったり日本大忙しだな

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/26(土) 19:49:33.05 ID:YQqkTADfO
>>53
青森の竹内文書なwww
あれは恥ずかしいwww

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/26(土) 19:56:31.15 ID:dCRe1CHW0
>>56
そういやキリストの墓あったわwww何かそれにまつわる祭りもあるんだよなww
でもキリスト教とは全く関係ないって言うwww

44: コーエツにいさん ◆/Bcl8F3TT6 2010/06/26(土) 19:27:35.24 ID:PCxIxk//0
正月には村の人で山にある祠にいっていろんなことする

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/26(土) 19:28:00.93 ID:JZxFX90l0
東北だけど、美味いものを食べた話はしてはいけない

まあ田舎のジジババしかもうこんなこと実践してないけどな

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/26(土) 19:31:09.91 ID:DycSITJ/0
門松を立てない
立ててもいいけど松を使わない(竹を使う)
理由は神様が待ちぼうけをくらったから(待つのは嫌い→待つは嫌い→松は嫌い)

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/26(土) 19:37:35.99 ID:YMkbMKJzO
近づいてはいけない祠がある
国道沿いに 6~7mくらいの丘があってその上に鳥居と祠がある
「特定の大人以外近づいてはいけない 力の強い神様が祀られてるから」って

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/26(土) 19:37:54.82 ID:unDkdRm+0
うちはばあちゃんの代まで海女の家系だったんだけど
曇りの日は共潜という妖怪が出るから漁に出てはいけないって言い伝えがある

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/26(土) 19:55:55.02 ID:MAEk3e+R0
・三日坊や
子供が産まれた家は、親戚の家と近隣住人の家に菓子折りを持って挨拶に行く。
菓子折りを貰った家は出産祝いを渡さなければならない(3,000円くらいが妥当)

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/26(土) 19:59:40.62 ID:KhhpOVv0O
お盆には海に入っちゃダメって田舎の婆っちゃが言ってた

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/26(土) 20:00:29.50 ID:ZTQsY99R0
>>62
お盆あたりからクラゲ出始めるからじゃ

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/26(土) 20:03:03.83 ID:JqQezoDFO
>>62

お盆には亡くなった人が呼ぶからとかいうよね

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/26(土) 20:11:15.86 ID:KhhpOVv0O
>>63
>>65が言う様に亡くなった人に連れて行かれる(泳いでいると足を引っ張られる)
って事らしい。後、盆波って言って高波が来るからとか?
でも教えられたのは前者だった。

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/26(土) 20:04:15.98 ID:8I90UpsFO
山の斜面にシカクって呼ばれる場所があって女は行ってはいけない
あと七のつく日に山に入ってはいけないとか

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/26(土) 20:10:30.62 ID:LVS/qjQF0
葬式の最後にはその死者の親類が口に小刀咥えて棺の周りを3週回る

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/26(土) 20:38:06.57 ID:8AeSiAsy0
近くにある俺の婆ちゃん家のお盆の迎え方

大窓側に神棚を設置

米、水、線香、提灯を持って総出でお墓へ

それぞれにお供えし、提灯をかざして回る

火を消さずに気を付けつけながら帰る

全員玄関から入らずに大窓から家に入る

提灯の火を神棚に移し、全員線香をあげてから玄関から入りなおす

ちなみに裏山に墓があって、外から回り道ルートで行く
墓の入り口が小さい坂になっているが
小さい頃婆ちゃんに「ここで転んだら手足を一本置いていかないといけないよ」と言われたことがある

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/26(土) 20:39:24.97 ID:yEQCbVWe0
16~17の男女がお社に閉じ込められて一晩過ごすとか変な儀式があった

81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/26(土) 20:57:16.43 ID:3jaYFo7ni
母方の実家になんでこんな所に?って感じで桃の木があった
トラクターとか動かすのに邪魔なんで切っていいかじいちゃんに聞いたら
あそこの家が外道憑きなんで魔除けで植えてるらしく切るなとのこと
しかしその家とはふうつに付き合いがある
外道憑きってなんだろ?

あと友達の実家のほうではセミの脱け殻をガーゴージーと呼ぶ

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/26(土) 21:00:03.64 ID:8AeSiAsy0
>>81
外道憑きってようは憑き物筋じゃないのか?犬神筋とか
詳しくないから知らんけど

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/26(土) 21:09:48.49 ID:3jaYFo7ni
>>83
かあちゃんから聞いたのは多分陰陽師チックな感じだった
子供のころに外道の使い手?の披露みたいなのを神社でやったらしい
その時はネズミが二匹ドジョウすくいや相撲をとってと言ってた
外道=式神なのかも
でもそれじゃ魔除けする意味ないしよくわかんね

88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/26(土) 21:12:48.47 ID:lqXhpKdv0
親を跨ぐと背が伸びないだったかそんなのもあった気がする

93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/26(土) 21:34:59.59 ID:YQqkTADfO
家の実家の地方では「夕方にふざけて後ろ向きに歩いてはいけない」っていわれてた
大人が言うには「ヤノヤニサマ」に連れていかれるからだそうな

だから子供の頃は夕方が凄く怖かった

94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/26(土) 21:36:28.06 ID:eSVraHe70
夕方に~とか夜に~
ってのは、子どもの安全とか近所迷惑考えて作られてるの大そうだよね

7: 本当にあった怖い名無し 2009/12/09(水) 22:39:22 ID:WBbHtOzlO
秘祭とか凄い興味ある

10: 1/2 2009/12/09(水) 23:29:01 ID:xTkHBC6G0
わが故郷の岩手には隠し念仏というのがある。

これはその昔、親鸞二十四徒の一人である是信房が広めた念仏と、
真言密教系の秘術が融合したものらしく、かつて岩手県で爆発的に流行した。

この念仏はいわば即身仏となるための儀式とも呼べるものであり、かつて生きるのが困難だった時代、
何とかして仏の加護を受けたいという欲求から創始されたものだと考えられる。

もっとも、これは寺や坊主を間に挟まない、いわば秘密結社的、呪術的性格を色濃く持ったものだったので、
「犬切支丹」と言われて幕府から迫害され、明治政府からも「公序良俗を乱す」として弾圧された。


で、肝心の儀式であるが、まず生まれたばかりの赤子が善知識と呼ばれる人(総長)の家に連れて行かれ、
簡単な念仏を唱えられた後、経文で頭をなでられる。この簡単な儀式が「オトリアゲ」と呼ばれる。

11: 2/2 2009/12/09(水) 23:33:02 ID:xTkHBC6G0
で、隠し念仏で一番大切なのが「オトモヅケ」と呼ばれる儀式である。
歳の頃7~15歳ぐらいになった子供は、夜半、善知識もとに秘密裏に連れて行かれ、
親鸞と蓮如上人、薬師如来(?)の掛け軸が飾られた仏壇の前に正座させられる。

そして、指を金剛合掌の形に組み、「タスケタマエー」と言いながら思い切り息を吐くように言われる。
これは善知識が「よし」というまで何度も何度も続けられる。この間、善知識はこのものが
本当に念仏組に入ることができるか、仏の加護を受けられるかを精査するという。

これを何度も繰り返し、善知識が「助けた!」と言うと、子供は口を手のひらで押さえられ、平伏させられる。
こうして「オトモヅケ」は終わり、隠し念仏最大の儀式は終了、この子は晴れて念仏組の一員となる。

このとき、子供は善知識から「これはホトケ様が口から入ったからな。人に言ってはダメだぞ」とクギを刺されるので、
隠し念仏の全容はよく調査されないまま、現在ではすっかり廃れてしまい、もはやどこでも行われていないだろう。




ちなみに俺の父方、母方の祖母、父は両方隠し念仏を受けている。戦後直後までは普通にやってたらしい。
父はいまだに口を割らないが、ばあちゃんは嫁に行った身なので喋っても問題ないらしい。

ちなみに発言小町で話題になった『真っ黒い手紙』にあるのは単なる百万遍念仏なので隠し念仏とは違う。
さらに「隠し念仏の一派に邪教がある」という話は誤りなので信用しないこと。

12: 本当にあった怖い名無し 2009/12/10(木) 13:19:34 ID:qp3+SodG0
長崎県の平戸の先にある生月島には、今も隠れキリシタンがいる。
明治になって禁教令が解かれたとき、他の地域と同じように宣教師が来て
カトリックへの同化が試みられたのだが、
300年の歴史の中で土着宗教のような独自の変化が起こっており
教義への信仰がなくなっていたため、うまくいかなかったそうだ。

今はもちろん隠れ住んでいるわけではない。
しかし、儀式などをひっそり行うこと自体が伝統になっており
信者本人にはそんなつもりはないのかもしれんが、
秘密めいたイメージがあるのも事実。
過疎化によって後継者が減り、今では廃れつつあるらしい。

50: 本当にあった怖い名無し 2010/01/20(水) 18:05:52 ID:ZSrBC/9o0
秋田です。
友達が親戚の葬式に行ったとき、女の人は外歩くとき
死人の顔に乗せるみたいな白い布を頭に乗せなきゃいけなかったらしい
不思議

58: 本当にあった怖い名無し 2010/02/13(土) 11:16:05 ID:54MJ69r00
>>50
私の父が秋田出身だが、祖母の葬式の際に
ずっとその白い布を付けていました。
喪主だからかな?とその時には思ったけど
不思議な風習だなぁと感じました。
ちなみに20年以上前の話です。

60: 本当にあった怖い名無し 2010/02/13(土) 21:39:54 ID:3JEh9X1y0
女は襟足に白い布、だったら宮城でもやるな。
そんで、告別式の前に骨壺を先頭に女だけ一列縦隊で
寺の境内に立てられた笹竹の周りを反時計回りに3周する。
お寺で告別式するときだけかも知んないけど。

51: 本当にあった怖い名無し 2010/01/22(金) 01:45:44 ID:JJXpPoy40
鹿児島、南の方。
海で亡くなった人を遺族が引き取るとき、「帰るよ」と声をかける。
かけないと、海に残って成仏できなくなるという言い伝えがある。
これについての幽霊話など、近年でもあり。

あと海亀。
海亀がかかった時は、殺さずに必ず放す。
放す時に、酒を一升 海にまいて神様に返す。
そのために、船に一升瓶を積んでいる。
どんなに小さな釣り船にも積んでいる。

欲をかいて、海亀をはなさずに殺すと、その辺りでは魚が取れなく
なると言われているらしい。
海亀をとったために魚が取れなくなった浜などの伝承がのこっている。

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/15(日) 18:51:33.08 ID:uJ2As8qY0
悪い風の吹く日は、窓に鎌をつける

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/15(日) 18:55:30.85 ID:ZacFZ5Ah0
>>5
結構全国的らしいね
風を切るって意味で鎌だとか

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/15(日) 18:56:54.04 ID:F/lBaNQH0
うちには井戸神様とうっがぁーさんと蔵神さんとお稲荷さんと氏神さんの神様がいる

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/15(日) 19:01:23.98 ID:ZacFZ5Ah0
>>10
うっがぁーさんてなんぞ

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/15(日) 19:04:37.83 ID:F/lBaNQH0
>>14
なんか知らないけど石
うちは3個ある
なんなのかは不明だけどもっけって漫画にも似たような石がでてくる

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/15(日) 20:31:41.49 ID:xn51SPYU0
>>16
洒落怖にあったウヅガアさんと一緒か?
ttp://syarecowa.moo.jp/132/33.html

100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/15(日) 20:58:41.06 ID:F/lBaNQH0
>>72
たぶん同じだと思う
まぁ蹴ったりしても何も起きないけど
井戸神さんの横に祀られてる
なんなのかは不明

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/15(日) 18:59:30.42 ID:ZacFZ5Ah0
子供は夕方に後向きに歩いてはいけない
ヤノヤニ様に連れていかれるから
@東海地方 昭和初期

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/15(日) 19:21:04.90 ID:ZacFZ5Ah0
山道を塞ぐように張られた蜘蛛の巣は破ってはいけない
通る場合は一礼してくぐる
@東海地方山間部 昭和初期

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/15(日) 19:31:45.42 ID:ZacFZ5Ah0
うちの地元には2月12日~3月1日まで女性は入ってはいけない竹林の山があって、その間男性が厨房に立ち、男性が炊いた飯を山に備える
山から鈴の音が聞こえてきたらすべての戸を閉める

まれに鈴の音に誘われて女性が山に入ると竹の神様の子供を妊娠してしまう

うちの曾祖母さんが子供の頃には「竹の子」と呼ばれる女性が実在した

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/15(日) 19:57:53.49 ID:631lXyL+O
>>29
蟲師で似たような話あったな

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/15(日) 20:06:50.39 ID:ZacFZ5Ah0
>>41
蟲師めっちゃ好きだわ
籠の中だっけ?あの話しは蟲師の中でもかなり好きな話

いろいろ細かく見てみると蟲師の作者も民俗学はかなり勉強してるんじゃないかな

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/15(日) 20:16:22.17 ID:c4F5l0TL0
そういえば、爺ちゃん婆ちゃんが住んでた田舎ではなぜか「カエルを採るな」って言われてたな。
ちょっと林の方に分け入った所に池があって、何故かそこにカエルがいっぱいいてさ。

そこを見つけた事を爺ちゃんに言ったら、「お前、カエルを採ってこなかっただろうな」って言われた。
理由は今でも分からないけど、とにかく何か風習的なあれだったんだろうな。

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/15(日) 20:19:38.75 ID:ZacFZ5Ah0
>>51
うお、いいねぇ・・・
爺さん婆さんの何かを禁止するタイプの「禁忌の風習」は突っ込んで聞いていくと身震いするような話がでてくるよwww

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/15(日) 20:29:40.24 ID:YzRQKwkQ0
>>51
ただ単純に蛙には毒があるからじゃないか?
昔その地域で買えるの毒で失明とかした子供がいたりして極端に嫌がってるとか

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/15(日) 20:22:26.19 ID:6/lHQgde0
稲刈りの時期には8歳になる男の子が山頂付近にある天狗の面を着けて里におりてきて
稲刈りが終わったら米を持たせて元の場所に面を戻させていた…らしい

@東海地方山間部 明治初期

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/15(日) 20:22:50.09 ID:25wmv1AT0
地元の狂気の案山子思い出したわ

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/15(日) 20:23:35.92 ID:1AFOLR5D0
先祖代々農民のはずなんだが
結婚式と葬式には村人は裃と刀を差して行列する風習があるいわれは不明

山村だが川にはアマゴやアユ、ウナギもいたが食べる風習はないどころか
出汁ジャコ以外の動物性タンパク質は一切取らない。
エタと犬神憑きと呼ばれる人たちだけは魚を食べる風習があった。

周りはみな農民なのに明治以前から商家でもないのに
どの家も「屋号」という名目で苗字を持っていた。

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/15(日) 20:38:36.21 ID:ZacFZ5Ah0
>>62
やべぇこれやべぇめちゃくちゃ面白い
殺生を重く禁じるのは仏教だけどここまでするのは仏門の人か民間だと期間限定とかで恒常的な風習として根付いているのはかなり珍しいんじゃないかな

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/15(日) 20:24:12.97 ID:c4F5l0TL0
風習っていうか、死体を粗末に扱うと祟りがある、とかいうのもそんな感じなんだろうな。
常識的に考えて、死体で遊んだりしたら不衛生だし、変な病気貰うかもしれないだろ。
そういうのを「祟り」と呼んでただけなんだろうね。

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/15(日) 20:40:55.01 ID:ZacFZ5Ah0
>>63
そうそう
「祟り」みたいな自然発生的な概念は大体疫病のような現実的なものから発生しているのが多い

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/15(日) 20:25:33.02 ID:uJ2As8qY0
近付くと原因不明の病気になる祟り岩は、放射性物質を含む隕石だという話もあるね

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/15(日) 20:27:26.67 ID:1AFOLR5D0
実家は江戸時代の街道筋にある家だったが
うちの土地には街道で行き倒れた人の墓兼供養塔と
落ち武者の墓と伝えられる墓が数基あった。

爺さんが戦前に落ち武者の墓と供養塔を壊して
畑にしてしまったんだが
それ以来うちに何か不幸があると落ち武者の祟りと村人には言われていたそうな

ちなみに落ち武者の墓は掘り返してみても遺骨らしき物は埋まってなかったそうだ。

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/15(日) 20:46:46.66 ID:ZacFZ5Ah0
>>68
人の墓の取り壊しってかなり度胸あるな(゚д゚;)
うちは道祖神の馬頭観音(行き倒れになった馬の墓標代わりだったらしい)を移動しただけで大騒ぎだったらしいぞ

112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/15(日) 21:06:32.09 ID:1AFOLR5D0
>>68にさらに追加
犬神憑きとエタの家は魚以外にもオオサンショウウオも食べていたそうな(戦前
周りの家は農耕用には牛を使っていたが、↑の家は馬を使う。

鶏も飼っていたが卵を街で売るために飼っていて
自分達では肉も卵も食べない。
戦中生まれの父も魚も鶏も一切食べたことがないとのこと。

家系図は豪雪の冬に破れ障子を繕うために使ったために残っていないとのこと。
不思議なことに近隣の集落の全世帯が家系図を紛失したので残っていないとの伝承がある。

(中国地方のとんでもない山の中)

117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/15(日) 21:18:13.79 ID:ZacFZ5Ah0
>>112
wktkが止まらない
何かを隠そうとする意志がちらほら見えると暴きたくなる

一つだけ偶然聞けた実家にまつわる「なかったこと」系の話があったけどヤバかった
多分色んな地域にも「なかったこと」シリーズの話があるはず

120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/15(日) 21:21:49.54 ID:JsKRSIim0
>>117
さあ語ってもらおうか

128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/15(日) 21:34:32.65 ID:ZacFZ5Ah0
>>120
うちの曾祖母さんの生まれた村にはカミコって呼ばれる神事を取り持つ巫女(厳密には男でもなれるから巫女じゃないけど)がいたんだけど、
カミコさんになる条件は、1つが双子の妹である事、もう1つは先に生まれた姉(兄)の肉を11歳の時に食べる事

曾祖母さんの代に最後のカミコさんがいたらしい

129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/15(日) 21:39:20.32 ID:JsKRSIim0
>>128

なかなか興味深いな

132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/15(日) 21:45:19.70 ID:ZacFZ5Ah0
>>129
食人にあたる風習はかなり調べたけど日本ではこれしか知らない
てか俺が民俗学に興味を持ったのもこの話がきっかけ
曾祖母さんが死ぬ2ヶ月前に親父も爺ちゃんも知らないこの話を俺にだけ聞かせてくれたのにはそれなりに訳があったんだと思う

136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/15(日) 21:53:31.78 ID:JsKRSIim0
>>132
相手を喰らうことでその力を得るという話は狩猟民族の間ではよく聞くが
祖先が山の民だったりするのかね

138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/15(日) 21:59:05.94 ID:ZacFZ5Ah0
>>136
普通に村では農耕してたみたいだけど、さっきも書いたけど地名がアイヌっぽい響きだからもしかしたら狩猟民族の末裔かもしれない
柳田國男の山の一生によると青森から三重までアイヌの流れを汲む民族が転々としていたらしい

131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/15(日) 21:41:59.18 ID:rIxM97SX0
>>128
話は残すとして、風習はなかった事にしておいた方がいいわなw

133: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2011/05/15(日) 21:46:24.06 ID:H4wbp14q0
>>128
出身どこ?
俺も親戚の年寄りから似た話を聞いた事あるよ

135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/15(日) 21:53:01.41 ID:ZacFZ5Ah0
>>133
東海地方の山間部とだけ
ちなみに双子の姉は生まれた時点で「オニコ」として実の母親によって首ちょんぱして11年間塩漬け保存
カミコさんには食べさせるまで事実を伏せるという徹底ぶり
11年目の肉を食べさせる日の事をオニコカエシって言う

143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/15(日) 22:08:26.75 ID:11EyMFDP0
うちの田舎にはめいめいどりっていう鳥の声を聞いたら死期が近いって言い伝えがあるよ

148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/15(日) 22:16:05.67 ID:JsKRSIim0
>>143
うちの田舎にも似たような話あるわ
こっちの鳥はイナリサマって名前だが

144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/15(日) 22:13:25.00 ID:ZacFZ5Ah0
>>143
死兆星ならぬ死鳥声ってか・・・
この手の伝承ってわくわくするよね

152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/15(日) 22:21:48.82 ID:waJCZNy60
>>144
http://world-fusigi.net/archives/8615801.html
このID:Rhsdd3Jj0ってあんたかと思ったけど11歳と12歳で年齢が違うから別人か?
だされたくない内容だったならすまん。

161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/15(日) 22:31:20.91 ID:ZacFZ5Ah0
>>152
そう、これ俺だわ
11と12は数え年で12って事
曾祖母さんは12って言ってたから多分今で言う11歳

この年齢もかなり特殊な年だと思う
普通日本では7歳までに神事をするのが多い(七五三とか「7歳までは神のうち」って言ったり)









  • このエントリーをはてなブックマークに追加
田舎の奇妙な風習とか言い伝え教えて「犬を飼ってはいけない」

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2017年09月11日 23:17 ID:B5iJuviS0*
青森だけど夜に口笛を吹くと泥棒が来るって言うけど。
風が来るなんて言わないよ
2  不思議な名無しさん :2017年09月11日 23:18 ID:JHAcxN850*
やきそばにミートソースをかける食習慣ならあるで
3  不思議な名無しさん :2017年09月11日 23:27 ID:3wb.6X.S0*
夜に口笛で蛇が出るについてだけど
ヘビは「ジャ」とも読むよね、これは邪にかけてあるらしい。
4  不思議な名無しさん :2017年09月11日 23:30 ID:.b5mB2pb0*
京都府の海側。

葬式の出棺の時、雨にならないおまじないがあった。
死者の枕元に小豆飯を置いとくんだ。
餅米で作る赤飯ではなく、ただの小豆ごはん。
葬式はみんな正装してるし、雨が降ってると不便だからね…

あと地元の祭りは「太刀振り」というのがあって、小さな町の中でも実家のある地区にしかないものだった。
小学校に上がった男子は全員参加が基本で、毎夜公民館に集められて振りを教わる。
当日は太鼓と笛に合わせて地区内の家を全て回り、玄関先などで太刀を振り踊る。

昔は太鼓や笛も男子だけだったが、担い手不足から女の子にも教えるようになった。
しかし太刀振りだけはやっぱり男子だけ。
5  不思議な名無しさん :2017年09月11日 23:48 ID:9X3oyKDx0*
子供の頃一日中地獄がどうのって話を聞いた後、
ラスト掛け軸に叫んだアレは
隠し念仏っていうのか・・・長年の謎が解けた。
新興宗教だと思ってたわ
6  不思議な名無しさん :2017年09月12日 00:07 ID:Ec8HbJ.Z0*
畜生腹っていまでも年寄りは言うよな
@瀬戸内沿岸地方
7  不思議な名無しさん :2017年09月12日 00:09 ID:x.htis.u0*
猪子(イノコ)は今もあるな。お盆じゃなくて秋くらいだったと思うけど@愛媛

大分では50年くらい前まで夜這いがあったらしい。大分のじいさんに聞いた。
8  不思議な名無しさん :2017年09月12日 00:13 ID:Je.k5Pzo0*
こういうの大好物だわ、管理人ナイス

夜口笛吹くと泥棒はよく言われたな
人いる証拠なんだからくるはずねえのになw

あと抜けた歯の話もやったことあるわ
9  不思議な名無しさん :2017年09月12日 00:15 ID:Np95k3oA0*
長野のどこやねん
10  不思議な名無しさん :2017年09月12日 00:37 ID:cY3TJbfV0*
カミコとオニコは姉妹逆じゃなかったか?

あとキリストの墓を笑うんじゃない

柳田国男と折口信夫が出てきて
宮本常一がいない時点で・・・なんだかニワカ臭い
11  不思議な名無しさん :2017年09月12日 00:43 ID:JvHFeeW00*
鬼女紅葉伝説で有名なあの紅葉を討伐した時俺の先祖も参加してたらしい
そんで崇りか何かか、戸隠に行くと雨が降るって言われてる
ちなみに名字は成田なんだけど、他の成田さんに聞いたらおんなじ言い伝えがあった
誰か成田さん居ない?同じ言い伝え持ってない?
12  不思議な名無しさん :2017年09月12日 02:28 ID:dUPFCRf10*
蛇の大きさを手や腕を使って表してはいけない。と昔から言われてたけど何でか不明。因みに紐等使って表現するのは大丈夫。あと七夕だったと思うけど子どもたちが夜明け位に各家庭を周ってお菓子や餅貰う儀式がある。@ 宮崎
13  不思議な名無しさん :2017年09月12日 02:43 ID:GRepLm8b0*
ちな北海道。
由来は分からないけど、ローソク出ーせと、子ども達がハロウィンの如く近所を周りローソクやらお菓子を貰う。

1月1日は地獄のかまが開くとかで、入浴禁止だった。これも由来分からず。
14  不思議な名無しさん :2017年09月12日 03:06 ID:LQZI.uhw0*
岩手県人だが隠し念仏って初めて聞いたぞw
記憶に無いだけかなあ
15  不思議な名無しさん :2017年09月12日 03:07 ID:cqgzdpaD0*
コメ欄に新潟県民おるな。
来週からわいも新潟県民やで、よろしゅうな。

うちのクソ田舎はいまだにyobaiの風習ある。
しかも天パgaijiのおっさんは幼女(ひとけた才)から80代の婆さんまで選び放題。gaiji相手のときに女に断る権利はない。
うちの集落だけでなく459の4県はマジで滅びたほうがいい。
ほんっと気持ち悪い風習だらけ。
16  不思議な名無しさん :2017年09月12日 03:53 ID:oydlprwV0*
東北方面じゃなくても隠し念仏って聞いた事あるよ
結構メジャーじゃないかな、隠し念仏って単語自体は
17  不思議な名無しさん :2017年09月12日 04:26 ID:qkwV6QT90*
身内が亡くなったら星マークの土台の上に寝かして山羊の被り物した人がなんか唱えてた記憶しかないな〜
18  不思議な名無しさん :2017年09月12日 05:07 ID:0SF.ywmR0*
日本三大急流にあたる川のそばの町。
川の流れが激しいので水難事故はしょっちゅうあった。
誰かが川で行方不明になるとみんなで船を出して探すんだが、必ず親族の乗っている船に寄り添うように死体があがってくるんだそうな。
19  不思議な名無しさん :2017年09月12日 05:14 ID:Kr0mhUMY0*
夜に口笛するなって言うのは口笛が泥棒集団の合図だったので真似しないように言い聞かせるために邪とか蛇が来るとかになった
20  不思議な名無しさん :2017年09月12日 05:17 ID:Kr0mhUMY0*
おだいしさんって5月くらいにやるハロウィン染みたお祭りあったな。あと、とんどって祭りもあった。子供らの書いた習字を藁の柱にくくりつけて一番高く翻った人のは風邪を引かないとか
21  不思議な名無しさん :2017年09月12日 05:47 ID:kKqHjhr70*
>>65
柿の木は、枝とか幹の組織の構造がなんとかですぐ裂けて危ないから
登るなということじゃなかろうか。
22  不思議な名無しさん :2017年09月12日 07:07 ID:sKAhs6ZZ0*
数珠廻しに似てる数珠繰りってやつを割りと最近までやってたわ
数珠を皆で回しながら夜近所を練り歩く謎のイベント
23  不思議な名無しさん :2017年09月12日 07:24 ID:iMDwLLOh0*
知り合いが平家の落ち武者が作ったと言われる山奥の集落出身

源氏の平家狩りにも見つからず暮らしていたらしいけど
川にナスのヘタが流れてくるのを見て村が発見された
だからその村は今でもナスを作らず食べないそうだ
24  不思議な名無しさん :2017年09月12日 07:28 ID:ejGUt90T0*
74 ぐらいのやつ、「十五夜と十三夜にわらでっぽうで近所の家の庭を歌いながら叩く」って行事は実家の方にあった
多分五穀豊穣を願う行事

昔(50年以上は前っぽい)はお供え物貰ってたらしいけど、今はお金が貰えるから毎年ポケモン買ってた
25  不思議な名無しさん :2017年09月12日 07:53 ID:.Bo7e9uD0*
※20
もしかして兵庫の播州のほう住んどる?
26  不思議な名無しさん :2017年09月12日 08:17 ID:jmq2e0Ec0*
下甑村(しもこしき)にも、昭和40年代半ば頃まで食人の風習があったし、もしかしたら今でもこっそり続いてるかも。
家族が亡くなったら、その遺体の一部を身内で食べる事が供養になる、みたいな事なので(クロの残党が追われて下甑にたどり着いて、クロ教が独自進化した)、食料として人を食べるわけじゃないけど。
27  不思議な名無しさん :2017年09月12日 09:54 ID:Lu7P7rif0*
実家の地域では葬式の時に祭壇をバックに親族で集合写真を撮ってる
なぜなんだろうって子供の頃から疑問
28  不思議な名無しさん :2017年09月12日 09:59 ID:TskQZs2O0*
数珠廻しって岩手なの?青森だけどやってた
29  不思議な名無しさん :2017年09月12日 10:17 ID:0f65L6S50*
こういう昔の人の迷信話って面白いよね!
あと何十年継がれていくのかなぁ。
30  不思議な名無しさん :2017年09月12日 10:49 ID:gK0Jzgip0*
田舎っちゃ田舎だけど、西千葉の一軒家が多い住宅街に住んでる同僚が
「ここは暗黙の了解で犬は飼っちゃいけないのに新参者が犬を飼い始めた」と憤慨してる
31  不思議な名無しさん :2017年09月12日 11:18 ID:Awe2IVWd0*
山の中に「三年塔」「五年塔」「七年塔」と呼ばれる石で作った塔がある。
見てしまうと三年後、五年後、七年後に死んでしまう
32  不思議な名無しさん :2017年09月12日 11:23 ID:h9JESIP50*
上の歯が抜けたら縁の下
下の歯が抜けたら屋根の上
投げ捨てるというか
「鬼の歯より先はえろ」
と願をかけて投げる

いい歯が生えますように的な願掛けかねぇ
33  不思議な名無しさん :2017年09月12日 11:26 ID:Ltd.fdG.0*
うちの実家の辺りも犬飼っちゃダメって言われてたわ
もう形骸化して大型犬とか飼ってる人もいるようだが
理由は守り神が猿…ではなく稲荷だからダメなんだと
小さい頃に言われた
34  不思議な名無しさん :2017年09月12日 11:37 ID:EB2SUmHw0*
昔、双子が産まれたときは、先に産まれた方を妹、あるいは弟、後から産まれたのが兄姉とされていたから、その辺りで話がこんがらがったのと違うかな。双子が生まれたら畜生腹、男女の双子はめおとごと呼ばれて、心中の生まれ変わり扱いされて忌む考え方もあったな。徳島やけど。
35  不思議な名無しさん :2017年09月12日 12:05 ID:oMQYQlcu0*
誰か知ってるやつがいたら教えて欲しいよ。
実家には「ツバメが巣を作ったら壊さなければならない」と言う因習が残ってる。周囲の家にはそんな迷信は無くて、実家のみ。戦国時代前にまで遡る家なんだけど、代々に渡ってツバメの巣が出来ると壊してきた。
九州のある地域にそんな風習らしいのが残ってることを掴んだんだけど、実家があるのは東京近郊。
受け継がれてきた家系図と法務局にあった代々の戸籍を見ても、他県からのお嫁さんはいなくて他家から入れられた因習でもないことは証明されている。
調べても調べてもわからずじまいでお手上げ状態。
36  不思議な名無しさん :2017年09月12日 13:00 ID:kgjaFGnW0*
本米112
千代田やな。
37  不思議な名無しさん :2017年09月12日 13:43 ID:tuUz83c70*
昔の風習ってダジャレ多いよな
それが笑い話じゃなくて真面目なのが現代の感覚では良くわからん
38  不思議な名無しさん :2017年09月12日 13:53 ID:J3JCnNQ50*
「犬を飼ってはいけない」って好ましく無い人種が近付いて来るのを嫌ったのか好ましく無い人種多い地域なので喰い尽くしていても違和感の無い様に振舞う為の方便かと思ってた。
39  不思議な名無しさん :2017年09月12日 13:57 ID:8EROooj50*
ウチも十五夜にお菓子貰いに行ってたな

もう15年以上前の話だが
40  不思議な名無しさん :2017年09月12日 14:03 ID:SK.pGkn20*
おっとい嫁じょで思い出したけど、何年か前に似たような事件なかったっけ
調べても出てこなくて気になる
41  不思議な名無しさん :2017年09月12日 14:24 ID:K2Kh1fiR0*
カミコとオニコ、姉妹が逆になるってどういう事だ
すげー大事なとこじゃねーのか
年は数え年だから、でまあ分かるが、同一人物が書いた話で幾ら何でもそれはねーだろ
42  不思議な名無しさん :2017年09月12日 14:50 ID:keOw5szN0*
下の歯が抜けたら二階から、上の歯が抜けたら一回から外に投げてたんだけど、そういえば二階がない家だとどうなるんだろう
43  不思議な名無しさん :2017年09月12日 15:18 ID:0KvyWtPx0*
※35
誰か謎を解いてやってくれ!w
ちなみにツバメの巣を壊すのは変わったことじゃないと思う。
うちでも、卵を狙って蛇が来るからって理由で壊す。
あと、不衛生になるから。
商店街歩いてるとツバメの巣を何個も作らせてるお店を見かけるのでビックリする。
巣の下に板敷いて糞受け作ってるけど、糞尿が乾くと粉になって空中を舞うのになあ…って思って見てる。
44  不思議な名無しさん :2017年09月12日 15:18 ID:ihVhKw3v0*
子汚いバーさんが数人狂ったように泣く。
45  不思議な名無しさん :2017年09月12日 15:49 ID:xb0djEpE0*
なんか>>1の返答の言い回しが微妙にむかつく
感じ悪いわ
46  不思議な名無しさん :2017年09月12日 16:10 ID:jUy.5uFb0*
秋田県某所 昔開墾で牛をたくさん殺したとかで、その部落の人は
牛肉を食べない。牛になるとか、牛に祟られるとか。
47  不思議な名無しさん :2017年09月12日 16:26 ID:RAgwQzb80*
祖父が若いころはまだおおっぴらに四足の獣肉(猪とか)を食べてはいけなかった。若い衆が母屋の囲炉裏の火をもらって、別棟の長屋で獣肉を食べた。すると曾祖母が神がかり的な状態になり(家で祀っているまるし天さまに憑かれた)、家族みんなで祈って謝ったとか何とか。

あと風習はかな親、かな子。近所や親戚の武辺者(富んでいる人)を仮の親としたとか。かな子は稲刈りを手伝ったり、かな親のお棺を担いだりする。父母の代でこの風習は途絶えた。

中国地方の山の中の話。
48  不思議な名無しさん :2017年09月12日 16:32 ID:h9JESIP50*
※35
単に家が汚れるから先祖の潔癖症の誰かが壊しまくったんじゃね

うちでは壊さないけどスズメがいたずらしてツバメの雛落としたりするし
ツバメの巣ができる家は栄えるとか言ってられない野生の現実が観察できるぞ
49  不思議な名無しさん :2017年09月12日 17:01 ID:oMQYQlcu0*
※35です。

返答してくれた※43と※48ありがとう!

周囲の全ての家では逆に「ツバメが巣を作ると縁起が良い」と言われてるんだよ。
実家だけが逆で子供の頃から不思議だった。
子供の頃はしょうもないことで弄られることは当たり前で、この風習もそのひとつ。「お前の家だけ違う」とかね。
地主の家系だったから村八分とか無かったんだと思う。マジで今もそんな感じの土地柄。現代に追いつくにはあと2世代はかかりそうだ。
50  不思議な名無しさん :2017年09月12日 19:01 ID:r.2AEjpz0*
もっとみんな地域も書き込んでくれたらよかったのにな~
51  不思議な名無しさん :2017年09月12日 19:06 ID:HiYYUvbH0*
※15
これって本当に現代でもの話?! 幼児もとか本当犯罪じゃん。。
みんな妊娠したらどうなるの?堕ろすの?避妊が徹底されてるとか?

 ちなみにうちは千葉県市原市がルーツな家だけど、枇杷の木を家の敷地内には植えてはいけない。枇杷の木は子どもの泣き声を笑うから、ってずっと聞かされてた。
 意外とこういうスレで同じ話出てこないから気になる。
52  不思議な名無しさん :2017年09月12日 19:29 ID:19v9iIsz0*
福島の母の実家では、家の屋内で四足動物の肉は食べてはイケなかった。
四足が食べれるのはお盆に親戚一同集まって庭先でジンギスカンを食べる年に1回だけ。
子供の頃、そんな風習が有るとは知らなかったがカレーの具に肉の代わりに魚肉ソーセージなんで不思議には思ってた。
なんか特定されそうだけどまーいっかw
53  不思議な名無しさん :2017年09月12日 20:29 ID:sOamFyJm0*
あんまり奇妙でもないけど
うちの集落はほぼ同じ苗字で、その中で明けと宵に分類される
明けの家では門松などの正月飾りはせず、せいぜい神棚に供え物をするだけ
宵の家は正月飾りをする
…というのも、源平合戦で落ちて来た武者がこの土地に辿り着いたのがちょうど大晦日の頃で正月飾りが間に合った家と間に合わなかった家があったからとのこと
うちは先祖が間に合わなかったので明け
54  不思議な名無しさん :2017年09月12日 20:54 ID:.Rm5Dvm60*
村やから色々あって、それを当たり前やと思って育ったから都会に出た時バカにされたわ。笑

山の神
それぞれ組み分けされてて、年に一回父親は神社か寺(忘れた)で1日火を焚いて、母親と12歳までの子供は組の寄り合い所で夜ご飯を食べる。

七五三?
20年に一回その年の7.5.3歳の子供が白塗りの麻呂みたいな化粧して神社に参る。

あんまり言うと特定されそうやし、こんだけで
55  不思議な名無しさん :2017年09月12日 20:56 ID:YwLnI1UA0*
数珠回しってお葬式で普通にやるものだと思ってた。
数珠と数珠の間に指の肉挟まって、めっちゃ痛かった。
56  不思議な名無しさん :2017年09月12日 22:17 ID:Gtz.PEU10*
俺の地元佐賀は、
正月に昆布とスルメと干し柿食べるぐらいしか思い付かんな…
地元の昔話とか集めた古い本とか読んだけど、山奥に大層なイケメンが住んでたとか
昔は地元だけで食べてた農作物を若い旅人が勿体ない!と売りに出すように言って名産になったとか
大男が住んでてその足跡が、○○沼になったとか、ありふれたもんばかり

どっかのまとめサイトで、明らかに地元をモデルにしたっぽい
忌み地だかなんだかの話がまとめられてたけど、そんな話聞いたこともないし
資料館使ったりして調べてみたけどそんなんなんもない作り話だったし
57  不思議な名無しさん :2017年09月12日 22:18 ID:E0G12Xvj0*
庭に実のなる木はあまり植えない方がいいってのはある。
ただこれ科学的に証明出来るんだよね。
果物植える→鳥が来る→マムシが来る→誰かが嚙まれる
果物植える→鳥が来る→病原菌を持ってくる→家畜が病気になる→人間も病気になる
あと胡桃は周りの植物を生えさせなくするので他植物との共生が難しい、柿は折れやすいので子供が登ると怪我をする。などなど。
58  不思議な名無しさん :2017年09月12日 22:18 ID:E0G12Xvj0*
今でこそ鳥インフルとか人畜感染症って言葉があるけど、目に見えないウイルスの仕業とわかるまではそのもの全般をケガレと呼んでたのかもね。
59  不思議な名無しさん :2017年09月12日 23:37 ID:O.6a.8oA0*
本スレ>>15氏が言ってた大きい数珠回すヤツは俺の実家でも葬式にやったわ
確か檀家の寺が時宗なんだけど宗派も関係あるんだろうか?
もしかしたら>>15氏と俺の実家が近所だったりするかもね
60  不思議な名無しさん :2017年09月13日 00:57 ID:6vjD.X2h0*
夜の口笛…
母(九州出身)→蛇が出る
父(北陸出身)→嵐が来る

1歳の誕生前に歩くと、親元を早く離れる…とか
61  不思議な名無しさん :2017年09月13日 00:58 ID:6vjD.X2h0*
※17
なんか黒魔術みたいだね
62  不思議な名無しさん :2017年09月13日 03:03 ID:5l8sHBvf0*
ウチの田舎(和歌山県紀南地方)では正月(だったと思う)に餅撒きってのがあった。
広場で大人が紅白の餅と色々なお菓子を投げて、子どもがそれを拾って持って帰れる。父方の田舎の古座川町でも母方の田舎の田辺市でもあったから和歌山南部全体にあるんかな?毎年帰省する楽しみの一つだった。
63  不思議な名無しさん :2017年09月13日 05:56 ID:SUJxgTjz0*
個人的に四国の風習には興味がある
64  不思議な名無しさん :2017年09月13日 11:06 ID:ry1aQ0lD0*
※49
動物関連の験担ぎなんて気にしない人は気にしないしね
例えばツバメの巣にしても壊したからって
周囲から「なんて罰当たりな」とかって反応はされないでしょ
四つ葉のクローバーと同じ位の感覚だよ
ラッキーと思う人もいれば、雑草だから邪魔としか思わない人もいる

長く地主やってたならそれなりに周囲からは偉い人扱いされていたんだろうし
自分の好きに振舞うことに疑問が無かったんだろう
ツバメの巣ができて縁起がいいとか気にせず
家が汚れるから壊すべしって方針にしてても別におかしなことは無い

ちなみにうちの方では家に住み着いた蛇は縁起がいい物としている
古い家にネズミ狙いで住み着くから家が栄えている証拠だし
ネズミ捕ってくれるからありがたい

そんな蛇さんですが誤って台所に降りてきたときは
野良仕事で蛇に慣れてる親父が素手で捕まえて
そのままコンロにかけてあの世に送った

ありがたい存在と害獣は紙一重だし
そういう所は臨機応変で、周囲の人もそこまで気にしてないよ
65  不思議な名無しさん :2017年09月13日 11:27 ID:gDY03Vj70*
本※87

富山だな。
昔、爺さんが富山にいる弟子の結婚式に呼ばれてマジででっかい鯛のかまぼこ貰ってきたんだけど、夏場だったし今みたいに直ぐに冷蔵で物送れる時代じゃなかったから当然、腐ってて、びよ~んと糸引いてたの見てからかまぼこ食えなくなったんだよな…
66  不思議な名無しさん :2017年09月13日 11:38 ID:HmAqy04x0*
小さい頃親に枕を踏んづけたら「枕は親の頭だからやめなさい」って言われたんだけどうちの家だけかな?行儀が悪いからなんだろうけど気になってしまった
67  不思議な名無しさん :2017年09月13日 11:40 ID:Q.Qn3fgg0*
犬は色々あるんだよね、普通は桃太郎で知られる通り、鬼退治(十二支で鬼門の方角)だから飼う方が多いんだけどキツネやヒトに吠えるからね
68  不思議な名無しさん :2017年09月13日 14:07 ID:IN2tU5Q90*
※47、※53の話めっちゃ聞きたい!
こういう話まだまだ日本各地にあるんだろうな。
地元の人は変わったことと思ってないから言わないだけで。
県民ショー見てても食習慣とか「えっこれ他の地域でやってないんですか!?」ってなってるもんな
69  不思議な名無しさん :2017年09月13日 17:14 ID:58W.RyXU0*
お盆の送り火と迎え火に樺(カンバ:白樺の樹皮)を燃やす。@長野
すご〜〜〜くいい匂いがするんだ。
樺はお盆の時期になるとスーパーなどで売る。数年前に久しぶりに長野の親戚の家に行ったら、その迎え火と送り火に使う樺が中国産が多数を占めていて衝撃的だった。中国産の樺は激安だったので試しに買って燃やしてみると臭かった。松や杉などとも違う、今まで嗅いだことのないような悪臭だった。あれじゃあ迎え火を焚いてもご先祖さまが帰ってきてくれなそう。樺なら何でもいいわけじゃないな。
国産の樺は胸が締め付けられるようないい香りがするんだ。
70  不思議な名無しさん :2017年09月13日 22:06 ID:sWmbA6J90*
※25
正解。同郷かな?
71  不思議な名無しさん :2017年09月14日 08:58 ID:2lJLMJM30*
カンバ、青山様、ぼんぼん。
変わり果ててしまい、昔の風情は失われてしまった。
近い将来、消滅してしまうだろう。
カンバは既に街中では消滅。理由は全て関東からの転入者達の苦情だ。
「夏休み短いのに行事多すぎ!、子供がかわいそう!。」
「カンバの煙が臭いっ!、近所迷惑っ!。」だと。
72  不思議な名無しさん :2017年09月14日 14:29 ID:mVOpZEJ60*
妊婦が通夜葬式に出るときはお腹に鏡を入れる お腹の子を連れていかれないように跳ね返してくれるらしい
あと験担ぎで新しい靴は朝におろす 蜘蛛は夜殺しては駄目、昼間は大丈夫とか
全部熊本のばあちゃんなんだけど縁起の悪いことはとことん避けるよ
73  不思議な名無しさん :2017年09月14日 22:19 ID:Blm8e6yg0*
へー、国産の樺の薫り嗅いでみたいなー。アロマとかだと檜とかは有名だけど樺もあるのかな?
74  不思議な名無しさん :2017年09月15日 18:45 ID:IsQTU6iv0*
夜の口笛なんだけど蛇が来るはメジャーだよね。蛇→じゃ→邪で邪悪な物が来るとか。後は江戸時代以前の忍者の頃しの合図だとか
75  不思議な名無しさん :2017年09月16日 16:11 ID:SAeN1M8z0*
お月見くださいのやつはうちの母さん(65歳、富山出身)が知ってた
ここ数年ハロウィンが流行り始めたニュースを見て、「お月見のやつやないけ」と言ってた
76  不思議な名無しさん :2017年09月17日 15:02 ID:ykcMOa5L0*
年に一回家の神様?のために家族みんなで一列に並んで「ヤーホイホイ」って言いながら家の周りを周るってゆうのがあったんだけど、じいちゃん死んだから詳しく聞けず、謎なままだ
77  不思議な名無しさん :2017年09月18日 00:02 ID:Fa2niS5S0*
納骨の時宗派関係なく地域の人達と身内で
隊列を組み太鼓を叩きながら歩いて墓まで行きます。宮城県です。
78  不思議な名無しさん :2017年09月19日 09:25 ID:.sluP6KA0*
引き戸やふすまを開けた時、敷居を踏んではいけない。たたみのヘリも踏んではいけない。親の頭を踏むのと同じだから。
というのはばあちゃんから言われたな(大阪)
79  不思議な名無しさん :2017年09月20日 08:03 ID:zkuovp1T0*
栃木の日光市住みのものだけど、ちょい前に合併されて村じゃなくなったんだけど、栗山村ってのがある。
そこでは
犬を飼ってはいけない
桜の木を植えてはいけない
鶏を飼ってはいけない
などといった決まりがあった(つい最近まで厳格に守られていたらしい)
理由は、そこが平家の落人部落で、山奥に隠れて住んでいるのがバレてはいけないからということらしい。
これらはおおっぴらに公開されていることで、検索するといろいろ出てくるよ。


ちなみに実家は九州だけど、梅と枇杷の木は庭に植えてはいけないといわれてた。梅は(人の)うめき声を聞いて育つからなのだそうな。
80  不思議な名無しさん :2017年09月20日 08:06 ID:zkuovp1T0*
本スレ米76
>16~17の男女がお社に閉じ込められて一晩過ごすとか変な儀式があった

これってどこだろう? すごい気になる
って言うか、これ実際にやったら、間違いなく…
81  不思議な名無しさん :2017年09月21日 17:09 ID:j.5skZ8c0*
貧乏神送りという風習は他の地域にもある?
長野の中信地区だが

あと節分に、神棚に豆を投げて家主が「恵比寿大黒福の神~!」と言うのに続いて「ごもっともごもっとも」と相槌をうちながら頷く、とか
82  不思議な名無しさん :2017年09月23日 10:52 ID:p.MBGnk60*
愛知県江南市の北部、木曽川沿いの集落には猫を飼わないとこがある
理由は江戸時代に殿様から預かった大事な巻物を川の氾濫で流されたと思ったら鼠が屋根裏に上げていたかららしい・・・
83  不思議な名無しさん :2017年10月14日 07:57 ID:tjBMwRIR0*
>>48
お盆は盂蘭盆会っつってインド小乗仏教の風習なんだけどな…先祖供養だと神道というのはなんぞ。

大往生した人の葬儀には亡くなった年の数五合餅を作って会葬者に配る。
県内には赤飯を炊くところもある。
長生きは目出度いから。

 
 
上部に戻る

トップページに戻る