まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

「抽象派絵画」とかいう心の底から意味のわからない世界www(画像あり)

2017年10月18日:16:01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 64 )

1: 名無しさん@おーぷん 2017/10/17(火)23:04:09 ID:9Qo
※分かる?

【画像】クイズ どっちが高い絵でしょ~?
http://world-fusigi.net/archives/8146261.html

引用元: 抽象派絵画とかいう心の底から意味のわからない世界www







2: 名無しさん@おーぷん 2017/10/17(火)23:05:12 ID:9Qo
no title

no title

ちなみにこの2つどちらも1億円越え也

14: 名無しさん@おーぷん 2017/10/17(火)23:11:03 ID:nxl
>>2
右はロシア語の筆記体かな?

7: 名無しさん@おーぷん 2017/10/17(火)23:08:35 ID:pCG
中には人生を狂わせるほどの代償を払う人間もおる
絵画にはだまし絵みたいに別の見方が存在するものも多くて中にはその絵以上の値段で見方が取引されることも少なくない

8: 名無しさん@おーぷん 2017/10/17(火)23:08:39 ID:9Qo
no title

3億6000万円也

9: 名無しさん@おーぷん 2017/10/17(火)23:09:14 ID:9Qo
no title

4億6000万円也

10: 名無しさん@おーぷん 2017/10/17(火)23:09:44 ID:WgZ
>>9
FOOL(直球)

11: 名無しさん@おーぷん 2017/10/17(火)23:10:24 ID:Uq1
こういうのって言ったもん勝ちというか専門家が高値つけたから高値ってだけやろ

13: 名無しさん@おーぷん 2017/10/17(火)23:10:49 ID:LN3
額の裏に小切手でも挟まってるんかね

17: 名無しさん@おーぷん 2017/10/17(火)23:13:19 ID:njG
金も宝石もただの塊や

21: 名無しさん@おーぷん 2017/10/17(火)23:14:21 ID:pCG
>>17
金は科学的にも価値あるのよなぁ

20: 名無しさん@おーぷん 2017/10/17(火)23:13:46 ID:cfn
抽象画は好きやがこの値段はちょっとな
ドブに捨てるほど金が余ってるやつはポンと出せるんやろ

23: 名無しさん@おーぷん 2017/10/17(火)23:17:34 ID:cfn
写真みたいな絵を有難がる風潮はもっと意味分からんでほんま

26: 名無しさん@おーぷん 2017/10/17(火)23:19:54 ID:9ox
まぁ、あれやぞ芸術家にもそれを不思議がって市販のトイレをそのまま芸術として出すってやってる奴もおるで

30: 名無しさん@おーぷん 2017/10/17(火)23:22:17 ID:EF4
誰でも描けそうなものを最初に描いたから評価されとるってことでええんやろか?

31: 名無しさん@おーぷん 2017/10/17(火)23:22:32 ID:LfE
前おった現代美術ニキこのスレにもおるんかな

35: 名無しさん@おーぷん 2017/10/17(火)23:25:42 ID:zdm
>>31
ハロー

38: 名無しさん@おーぷん 2017/10/17(火)23:26:03 ID:LfE
>>35
その節は勉強になったで

39: 名無しさん@おーぷん 2017/10/17(火)23:26:15 ID:zdm
>>38
あんがと

34: 名無しさん@おーぷん 2017/10/17(火)23:25:39 ID:WM1
作者には何が見えてるんや…

37: 名無しさん@おーぷん 2017/10/17(火)23:25:58 ID:9Qo
ちなみにラッセンの原画は30万~100万円で買えるのが多いらしい
no title

40: 名無しさん@おーぷん 2017/10/17(火)23:26:37 ID:xpI
こういう絵買うやつって裸の王様みたいやな

43: 名無しさん@おーぷん 2017/10/17(火)23:28:12 ID:jXI
なぜ、ワイらがノリで描いた絵と画家がノリで描いた絵は値段が違うんでしょうか

45: 名無しさん@おーぷん 2017/10/17(火)23:29:48 ID:zdm
>>43
現代アートとはブランディングビジネスだからや
そして将来的に値段が上がったりレンタル料金を得られる金融商品でもある

47: 名無しさん@おーぷん 2017/10/17(火)23:32:31 ID:9Qo
>>45
質問してもよろしいですか?
やっぱりこういう絵で何億も稼ぐ画家って元々普段描いている絵の評価が高いから印象派で売り出しても高値で売れるのでしょうか

48: 名無しさん@おーぷん 2017/10/17(火)23:35:32 ID:zdm
>>47
堅苦しく質問せんでもええで

「あの作家が印象派を!?」みたいなことになって珍品扱いされて高値で売れると思います
ただ、作家自身のブランディング次第ではリスクが大きい行為になる
「あいつ変わったなあ」「ワイの知ってる画家と違う」なんて思われるかもしれない
なぜ印象派風に描く必要があったのかを説明できたら成功

50: 名無しさん@おーぷん 2017/10/17(火)23:37:35 ID:9Qo
>>48
はえーなるほど
確かにイチローの使ったバットなら何億積んでも欲しいって人はいるわけやしな

46: 名無しさん@おーぷん 2017/10/17(火)23:31:42 ID:jXI
価値のある絵を見抜くにはどうすればええんや?わいも投資できる?

49: 名無しさん@おーぷん 2017/10/17(火)23:37:00 ID:zdm
>>46
現在は(今でも)コンセプチュアルアートが流行ってる
コンセプチュアルっていうのはようは「アイデア勝負の芸術」
これに狙いを定めるべき

51: 名無しさん@おーぷん 2017/10/17(火)23:39:49 ID:jXI
なぜ日本人には現代アートがわからない人が多いんでしょうか

52: 名無しさん@おーぷん 2017/10/17(火)23:40:44 ID:76E
>>51
金と教養
階級社会じゃないから、かな?

55: 名無しさん@おーぷん 2017/10/17(火)23:43:27 ID:zdm
>>51
色々理由はあるんやが...
・アートは西洋の文化(白人の文化)
・義務教育期間で美術教育がない
・お金持ちの世界
・一神教とリンク

日本人は絵画で快楽(涙を流したり、心が震えたり)を得るもんだと思っています

53: 名無しさん@おーぷん 2017/10/17(火)23:42:35 ID:QmL
誰が価値を決めるんや?

58: 名無しさん@おーぷん 2017/10/17(火)23:44:32 ID:zdm
>>53
昔は評論家だったけど、今は評論家が弱体化してマーケットが評価軸になってる
つまり売れたら正義

56: 名無しさん@おーぷん 2017/10/17(火)23:43:30 ID:Vtz
日本は絵画に対する興味、知識が全体的に低い

絵の上手い奴は画家にならずに漫画家になる国や

61: 名無しさん@おーぷん 2017/10/17(火)23:46:03 ID:zdm
>>56
ワイもその通りだと思います
ただしアートがわからないことを責めるわけじゃない
日本にはアートの代わりに漫画やゲームという文化が成長したのでそれでよいと思ってる

63: 名無しさん@おーぷん 2017/10/17(火)23:47:38 ID:6uv
>>61
何年か前の記事のうる覚えやけどフランス人のアニメーターが日本は絵が描ける人間の就職口は多いって言ってたわ

67: 名無しさん@おーぷん 2017/10/17(火)23:49:07 ID:zdm
>>63
日本はデッサン能力がとても高い国
どこもかしこも美大と予備校だらけで、アマチュアでピクシブに上げてる作家も多い
ただし、デッサン能力=現代アート能力ではないのでこの業界で成り上がっていけない

68: 名無しさん@おーぷん 2017/10/17(火)23:50:55 ID:6uv
>>67
せやね
アニメーターやイラストレータといったどっちかっていうと職人的な絵描きが多いんやろな

69: 名無しさん@おーぷん 2017/10/17(火)23:51:31 ID:jXI
>>67
つまり「アイデア勝負の芸術」ができる人がいないってことね

57: 名無しさん@おーぷん 2017/10/17(火)23:44:27 ID:cfn
何が描いてあるかさっぱり分からんくても実物見れば「なんかすげえ」って思うような絵ってあるし小難しいこと考えずに楽しめばええと思うんやけどな
まあ金の問題となると話は別やが

62: 名無しさん@おーぷん 2017/10/17(火)23:46:59 ID:zdm
>>57
ワイはそのレベルにいけずにいるんや
どうしても電卓をパチパチやらんと価値がわからない

65: 名無しさん@おーぷん 2017/10/17(火)23:48:44 ID:keE
>>57
著名なミュージシャンや俳優が「この絵にビビっと来た」ってお買い上げすれば
その来歴でさらに価値が上がるわけやしな

70: 名無しさん@おーぷん 2017/10/17(火)23:51:52 ID:njG
フィギュアがこんだけ流通してる国やし
世界的な彫刻家が出てもおかしくないのになぁ

71: 名無しさん@おーぷん 2017/10/17(火)23:52:38 ID:WM1
実態がようわからんものを感じ取って表現してるとして
他人がそれを理解できるもんやろか

77: 名無しさん@おーぷん 2017/10/17(火)23:54:18 ID:ocp
デッサンのようなデザインとアートは全然違うやろ
アートは発明でデザインはそれを製品化大衆化する作業
アートが理学部でデザインは工学部みたいなもんや

78: 名無しさん@おーぷん 2017/10/17(火)23:54:54 ID:zdm
>>77
いい例え

81: 名無しさん@おーぷん 2017/10/17(火)23:55:33 ID:ocp
会田誠の作品の展示妨害運動してた奴らが
「海外ではこんな作品許されない」とか言ってたすぐ後に
海外でヒットしたのはワロタ

84: 名無しさん@おーぷん 2017/10/17(火)23:56:54 ID:6uv
>>83
個展のタイトルが「天才でごめんなさい」やったのは草

99: 名無しさん@おーぷん 2017/10/18(水)00:13:37 ID:90O
ワイ、軽い気持ちでスレを立てるもガチ勢の言葉や画家を調べてる間に絵画にハマりそう
もっと勉強したいわ

112: 名無しさん@おーぷん 2017/10/18(水)00:20:15 ID:RQb
抽象画はリアリティを感じるからすこ
シュルレアリスムは他人の夢の話を聞いてるみたいなつまらなさがあるわ

128: 名無しさん@おーぷん 2017/10/18(水)00:32:08 ID:vDv
今後の現代アートってどうなると思う?

130: 名無しさん@おーぷん 2017/10/18(水)00:34:23 ID:pf7
>>128
東京五輪を境に一変すると予想
その萌芽が今ぐらいに現れてくる
ここ1年2年で目立った新人が2020年以降の覇者になる

131: 名無しさん@おーぷん 2017/10/18(水)00:35:18 ID:Syl
>>130
実際前の五輪も結構なインパクトやったとは聞いたで
特にデザイン面は
あと万博も

132: 名無しさん@おーぷん 2017/10/18(水)00:35:39 ID:pf7
>>131
岡本太郎なんかがそうやね

139: 名無しさん@おーぷん 2017/10/18(水)00:47:44 ID:Syl
ワイも買ってみたいわ
と言っても金ないけど

144: 名無しさん@おーぷん 2017/10/18(水)00:52:04 ID:ngy
解釈に正解を求める奴が多すぎるわ
アートの価値なんて作品と鑑賞者の関係性次第やぞ
教養や文脈の中にも作者の意図の中にも正解なんてない
基本的には自分の感性で評価するしかないんや
その上で自分には理解できないからって叩くのもお門違いや
模倣して「ワイでも描ける」なんてのも論外

147: 名無しさん@おーぷん 2017/10/18(水)00:56:00 ID:kIw
>>144
正解がないのに、正解を知ってるかの如く振舞う
アート関係者も論外やと思うねん。
この絵すごいんか?ワイが書いたろからの
やっぱこの絵すごいわってなるのが一番ええんとちゃうかな

154: 名無しさん@おーぷん 2017/10/18(水)01:06:38 ID:ngy
>>147
ワイもそう思うで
一つの作品なんて大半の人には無価値なものや
自分にとって本当に意味を持つ作品なんて一握りやからな
どんなに高名な人が評価しようが説得力がないと感じたらそれまでや

157: 名無しさん@おーぷん 2017/10/18(水)01:12:49 ID:rSb
でも説明を読んで完全に理解できてしまうと冷める
言葉で説明できるものならわざわざつくる意味ないからな

162: 名無しさん@おーぷん 2017/10/18(水)01:22:55 ID:Syl
考えてみれば美術史で研究される作家もまず作品ありきでどうしてその作品ができたかってのを知るために個人を調べるって感じやしな

170: 名無しさん@おーぷん 2017/10/18(水)01:37:10 ID:pf7
パーカー伊藤
no title

171: 名無しさん@おーぷん 2017/10/18(水)01:40:10 ID:pf7
ハヤ・オグラ
no title

173: 名無しさん@おーぷん 2017/10/18(水)01:43:19 ID:pf7
愛まどんな
no title

179: 名無しさん@おーぷん 2017/10/18(水)01:52:07 ID:TDT
金銭感覚狂ってる奴相手の商売ってのは割がええんやろな

181: 名無しさん@おーぷん 2017/10/18(水)01:54:00 ID:pf7
>>179
儲けを社会に寄付するっていう白人文化で成り立つ世界や
日本人はわけわかんない絵を買って美術館に寄贈するなんてしないわね

183: 名無しさん@おーぷん 2017/10/18(水)01:54:49 ID:Syl
>>181
ワイも金持ちになったらやりたいわ

188: 名無しさん@おーぷん 2017/10/18(水)02:04:38 ID:KTy
>>183
Microsoft共同創始者のポール・アレンなんかは
趣味で集めたモダンアートを貸し出してさらに儲けて
パトロンになって才能育てて作品ゲットしてそれをまた貸し出してみたいな事やっとるな

193: 名無しさん@おーぷん 2017/10/18(水)02:11:16 ID:VaT
イギリスは金持ちが寄付するから美術館博物館全部入場料無料
大陸ヨーロッパや北米はバカ高い

ブリカスのこういうとこ大好き









  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「抽象派絵画」とかいう心の底から意味のわからない世界www(画像あり)

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2017年10月18日 16:22 ID:FdzhTZeb0*
画力で食ってるわけじゃない

ラッセンの絵ほど30万も100万出しても要らんわ
2  不思議な名無しさん :2017年10月18日 16:28 ID:6tLKJCy.0*
絵を描いている頃に聞いたのは、

ゴッホは生涯でほとんど売れなかった、
しかし、ピカソは存命中から売れていた。
両者の違いは売る努力をしたかの差である。
ピカソは制作中の話や絵の背景を
買い手にアピールすることを忘れなかった

って言う話を聞いたわ
まぁ個人的には抽象主義は
そいつの考え方が面白い。やったもん勝ち。
写実主義は描いてるヤツが楽しい。

どっちも凄いのは凄いけど
3  不思議な名無しさん :2017年10月18日 16:54 ID:1nNtIl0T0*
有名無名関係なく紹介するおんjの現代アートニキすこ
4  不思議な名無しさん :2017年10月18日 16:58 ID:NzyOZltO0*
教科書に載っとるような名画でも、それが何やと思うてまう
無教養ですんません
5  不思議な名無しさん :2017年10月18日 17:07 ID:GXwJlppO0*
見てるとそれなりに面白いな
ただ何億もする価値があるとはとても思えないが(笑)
6  不思議な名無しさん :2017年10月18日 17:08 ID:HddI26Nk0*
金は生成過程知ると(といっても仮説のレベルだが)価値がないとか口が裂けても言えない
7  不思議な名無しさん :2017年10月18日 17:10 ID:.hpeZAlr0*
細かいけど、抽象派絵画って言い方はあまりしないと思う。
8  不思議な名無しさん :2017年10月18日 17:19 ID:TtQrlpSX0*
美術展に行くと
日本人は作品の大小に関係なくウィンドウにかじりついて
ベルトコンベヤーのように観覧してるのがとても気になる。
昭和の映像でツタンカーメンをかじりついてぎゅうぎゅうに
なって観てる頃からちっとも変わらないのは何でなんだろうか。
TVで見る海外の美術館ではそんな風に鑑賞してるやつは一人も
いなくて自由な順番で観覧してる。
9  不思議な名無しさん :2017年10月18日 17:23 ID:.WQxgeZC0*
※70
>フィギュアがこんだけ流通してる国やし
>世界的な彫刻家が出てもおかしくないのになぁ

日本のフィギュアは類型的なディフォルメや瑣末な細部の足し算のみで
成立しているものが多い。
抽象思考を好む欧米人には受けんやろなあ。奴らに受けるのは禅寺の庭とかや。
まあポップの文脈でなら、村上隆や会田誠のようにゲテモノ系として
評価されないこともない。

※77
>デッサンのようなデザインとアートは全然違うやろ

この文章よくわからんな。
デッサンは素描というだけでデザインではないし、
デザインとアートは対立概念ではなく高度に調和すべき目的を持つ。
(デザインの語源はデッサンと同じく、“計画を記号に表す”という意味のラテン語ではあるが。)

まあ、人間には意味のわからんアートも、
これからは人工知能がやってくれるやろ。
10  不思議な名無しさん :2017年10月18日 17:51 ID:hhvswF9p0*
>>171のハヤ・オグラや
>>173の愛まどんなの作品を見ると
日本人には作る方も見る方も解釈ありき意味ありきで作品が成り立ってるように思える
おそらく文化的に抽象的な表現には馴染まないんだろう

アートはこれまでバブル的な価値観で成り立ってきたと思うけど、
ネットで何でも見られる状況が進みそうだから、一発芸を高額取引するような路線は廃れていくと思う
11  不思議な名無しさん :2017年10月18日 17:58 ID:q8hXZPkd0*
実際本当に上手な人が抽象画描くならまだしもただ単に描いてる感じでアートですなんて言われても日本人には受け入れいにくいのじゃないかな?しかも1月に1枚描けないとかダラけ過ぎだろ。
12  不思議な名無しさん :2017年10月18日 18:06 ID:.USZuBg80*
一般人には分からなくとも確たる価値が有るなら良いけど、どうしても投機対象になった結果の値段に見えてしまうものが多いな。過去に値段が付いたから今も高い、みたいなのはやめて欲しい。
13  不思議な名無しさん :2017年10月18日 18:07 ID:GXwJlppO0*
※6
誤爆乙
14  不思議な名無しさん :2017年10月18日 18:14 ID:9Vo1bYvg0*
歴史込み込みでこのお値段やからな。ブランドの価値をしらん奴にいくら解いても分からん。もちろんワイにも価値は分からん
15  不思議な名無しさん :2017年10月18日 18:18 ID:pTnP0Wfn0*
最近になって抽象画いいなと思い始めたけどやっぱり値段と釣り合ってない感はある
16  不思議な名無しさん :2017年10月18日 18:22 ID:k4dED7Vo0*
ゴッホとか印象派が好きだな。
さすがに高い金は出さ無い・・・つか出せ無いけど。

価値は自分で決める派だからプレミアとか嫌いだけど、好きな物で金が有るなら詰むわ。
納得しない時は一円だって払いたく無いが。

絵画見に行く時は予習復習もやってる。
その絵を描く技術や逸話が多ければ多い程、面白くなる。テクとか知ってると確認出来るしね。
でもあまり近寄れなくて、悔しい。せっかくの原画なのに筆致が見えない距離とか泣いた。

パース画やる為の画鋲の穴とか有る名画とか有るんだけど、それ聞いたら確認したくなるw
そう言う知識が有れば有るほど物を見るのは楽しくなる。
これが全く無駄だから楽しんいんだよw何の役にも立たない。だから好きだね。
17  不思議な名無しさん :2017年10月18日 18:28 ID:k4dED7Vo0*
だから値段とか何故これが名画?とか思ったら調べれば良いと思う。
あるいは自分で描いてみる。
本物の名画には山程の技術や逸話が有るから、それを知って見れば楽しい。

物は全て意味が有って存在するけど、必然的条件で決まる。コストとか需要とか。
絵はそれを自分で作り出してる気がするかも。
逆に見る人が価値を見出しても良い。それが楽しいと思う。
18  不思議な名無しさん :2017年10月18日 18:28 ID:TmLEIZ4V0*
イチローのバットに億つくわけ無いやろ
欧州除くローカルスポーツに過ぎんから
せいぜい数百万や
19  不思議な名無しさん :2017年10月18日 18:47 ID:E6aOUU.h0*
適当に描いた絵が24億になったらびびっただろうな画家w
20  不思議な名無しさん :2017年10月18日 19:16 ID:Wa41jrde0*
よく勘違いしてる人がいるけどいい絵だから高い値段がつくわけじゃない
基本的にこういうバカ高い金額払うのは美術館とかの施設だから
集客効果が臨めそうな作品が高くなるんだよ
21  不思議な名無しさん :2017年10月18日 19:22 ID:hQWQfWsJ0*
金持ち個人で買うのは税金対策だと勝手に思ってる…
22  不思議な名無しさん :2017年10月18日 19:33 ID:SXvezKOA0*
現代音楽だと突然ハイレベルな曲作る新人が現れて評価されたりするけど、絵画の世界はそういうの無いんかな
あっちは意外と作品で評価されてるで
ストックハウゼンなんか有名になった後も作品毎に評価グルグルで面白い
23  不思議な名無しさん :2017年10月18日 19:35 ID:xpV5kTdj0*
>金も宝石もただの塊や

金ができる過程を知ったら
こんなこと言えないんだよなあ
24  不思議な名無しさん :2017年10月18日 19:37 ID:.WQxgeZC0*
とりあえず、絵一枚でラクガキのようだとか判断するのは早計過ぎるやろ。
ロスコもケリーもニューマンも、トゥオンブリーもその師匠であるマザウェルも、
全体を眺めればラクガキとは間逆の重厚さを持った知性派の画業であることが知れる。
まずそういった人物に対する評価やリスペクトがあり、
そしてその中の一部がこの値段になる、という順序。
だから一発芸的に一枚描いても、この値段には絶対ならない。
25  不思議な名無しさん :2017年10月18日 19:45 ID:SM54OkWk0*
印象派の絵がわからないのと印象派のあんな絵が何故高いかは別の話
美術の話と経済(信用、価値)の話をごっちゃにしてはいけない
26  不思議な名無しさん :2017年10月18日 19:56 ID:ahmV.sMv0*
抽象画のような世界は写真を見た画家が、これはいかんと切り開いた世界だったと思う。昔読んだ記事で象が描いた絵を絶賛した評論家がいた、絵が力強いんだって、当たり前。
27  不思議な名無しさん :2017年10月18日 20:07 ID:gy5FkXVr0*
全然関係ないけど
170の女性の写真なつかしい
どこのプロバイダか覚えてないけど
彼女は今何歳なんだろうとか気になる
28  不思議な名無しさん :2017年10月18日 20:08 ID:XFke5xFs0*
これ系の絵って絵自体に意味は無いけど描かれた背景が美術史的に重要なポイントになってるっていうイメージなんだけどこの認識でいいのかな?
29  不思議な名無しさん :2017年10月18日 20:20 ID:QtEZV.bZ0*
美術品に対して何を感じるかなんて人それぞれだし勝手にすればいいんだが
経済の話で言えばそういう絶対的な価値のないものに絶対的価値があるように思い込ませることで資産を増やすってのは
現代アートだけでなくいろんな方面で用いられている錬金術
30  不思議な名無しさん :2017年10月18日 20:44 ID:PzG0Q.ta0*
ワイはさっぱり理解できんし嫌悪すら感じちゃうけど
もしかしたらこういうジャンルは日本人のオタク気質と合うかもしれないと思う
31  不思議な名無しさん :2017年10月18日 21:12 ID:wuLJkD0F0*
俺でも描けるしwww←描けない
32  不思議な名無しさん :2017年10月18日 21:57 ID:FncmvTzc0*
NYの現代美術館行って抽象画は嫌いだと再確認したわ。解説が形容詞ばかりでなんの根拠もなくなんの価値も見出せなかった。
33  不思議な名無しさん :2017年10月18日 21:58 ID:.WQxgeZC0*
抽象表現主義にユダヤ系画家が多いのは何故なんだろうな
34  不思議な名無しさん :2017年10月18日 22:58 ID:4ctKzAi80*
結局は詐欺だよね 壺やサプリメントと変わんない
35  不思議な名無しさん :2017年10月18日 23:09 ID:D2MfZb4s0*
※8 先月神戸の『恐い絵展』行ったんだが、皆順番に一個ずつ見るし、自分もそうだしで、絵を見るより同じオニーサンの頭を見てる時間の方が長かったわ。もう見れないかも、って思うと、好きな順番で~なんて無理だわ。
36  不思議な名無しさん :2017年10月18日 23:19 ID:D..XwabM0*
自分の絵も高値で売れてほしいわ。
まあ喜んでくれる人がいたらそれでええけどさ。
37  不思議な名無しさん :2017年10月19日 01:15 ID:l2o3lPxQ0*
中学生ぐらい子がテレビのやらせを見つけて喜ぶように、現代アートでも「見抜いちゃった俺すげえ」を言い始めます。決まって税金対策がどうのこうのと誰かが言っていたことを受け売りします。
38  不思議な名無しさん :2017年10月19日 01:22 ID:QybRjoiC0*
抽象画っていうのは、テーマを抽出、抜き出して表現する手法の事で
表現の手段が限定されている物の事ではないんやで
39  不思議な名無しさん :2017年10月19日 02:10 ID:R9mmlGvg0*
かつて昭和時代に、政治献金の代わりの贈答品でもあったのは事実。オークション等で価格が保証された一品物。企業、政治家、銀行などを循環した。
40  不思議な名無しさん :2017年10月19日 06:23 ID:4HG7FoYg0*
アドルフヒトラー曰く「退廃芸術」
彼の主張には大概反対だが、この言葉には賛成だ。
41  不思議な名無しさん :2017年10月19日 08:11 ID:eiYR16vi0*
日本にアートの土台がはないなんてことはない。美術展なんてどれだけ混むか。国内の美術展、博物館の多さは問題になる程。

よく言われるのはアーティストのビジネス知識のなさは致命的。今の学校体制では技術はついてもコネクションやマーケティング技術なんてつかん
42  不思議な名無しさん :2017年10月19日 09:25 ID:l2o3lPxQ0*
ハヤオグラってやつのコンセプトを聞くと、ここで芸術の価値や値段を議論してる人々を皮肉ってるように見える。為替相場なんて値段が気まぐれに上下するバーチャルなものだし、それに振り回される人々を絵にして見せられてる気がする。わいは芸術=お金とは思わないけど切っても切り離せないもんだとも思う。コンセプトアートって面白いわ。確信をついてる。
43  不思議な名無しさん :2017年10月19日 09:30 ID:l2o3lPxQ0*
元スレみたら全然知らない画家ばっかりで驚いた
ほんまにアートに詳しそうなスレ
ピカチュウすこ
44  不思議な名無しさん :2017年10月19日 10:28 ID:BHdxXoya0*
例えばすごく疲れた時に、自分は邦楽の日本語が聞こえるのが煩わしくて知らない言語ロシアとかトルコとかの曲聴いてるんだけど、
絵でも同じで、疲れた時は具体性より意味の無さそうな物の方がいい。意味の分からない絵も需要があると思う。
45  不思議な名無しさん :2017年10月19日 10:41 ID:JzyAiZK70*
現代美術ニキすき
46  不思議な名無しさん :2017年10月19日 10:50 ID:vxF.qfqJ0*
抽象表現主義のはもう歴史上の人物的な扱いやろ。
ロスコの値段は現役の作家には付かん。

2360万ドルで競り落とされたクーンズのが
存命美術家の作品につけられた最高額。
47  不思議な名無しさん :2017年10月19日 11:09 ID:vxF.qfqJ0*
ハヤオグラ(小椋栄屋)のコンセプトは皮肉というより
オートマティスムに近い。金融分野で働いてた経験もあり
彼はそこに肯定的な美を見出しているということやろ。
48  不思議な名無しさん :2017年10月19日 11:44 ID:vxF.qfqJ0*
Haya_Ogura_ART‏ @HayaOgura 8月17日
アメリカの抽象表現主義を匂わせただけでめちゃくちゃ怒られる時代
49  不思議な名無しさん :2017年10月20日 04:28 ID:0bW.FKTc0*
愛まどんなはサブカルに酔ったメンヘラなイラストを描くただのイラストレーターだから画家とは呼べない…
50  不思議な名無しさん :2017年10月20日 23:00 ID:u0.UDLLi0*
新宿眼科画廊でのMIRAIさんの展示こそ至高
51  不思議な名無しさん :2017年10月20日 23:25 ID:wdUDbOYm0*
どう考えても数式の方が優れています
52  不思議な名無しさん :2017年10月21日 00:19 ID:1cR1fuci0*
※51
ミニマリズムなんかに対しては俺もそう思うが、
抽象表現主義に関しては、抽象「表現」主義を標榜してるだけあって
まあ文学みたいなもんかなと。
53  不思議な名無しさん :2017年10月21日 02:49 ID:1cR1fuci0*
そもそも芸術は、数学的真理の追究というより
プロパガンダ技術の追求によって発展してきた。
古代中世の宗教宣伝は神秘主義にはじまり、
近代以降は神秘のメッキが剥がれた代わりに
合理主義や商業主義を取り込んだ。
現代美術が詐欺めいているのは当然の帰結といえる。

立体においては、レイヤーを錯綜させたり素材コラージュを用いたり
空間認識を混乱させるものがほとんどである。
コンセプチュアルアートはさらにそこへ
コンセプトという名の文学的詐欺を追加する。
平面においては、緊張と弛緩を生む色や線や面の比率によって
得られた空間の強度をプロパガンダの強度と比例させる
(まるで壁と等価であるかのようなオールオーバーな絵画も
この効果を狙ったものである)。
このプロパガンダの圧迫感は、暴力やポルノとの親近性を示しており、
もとより芸術は数学とは比べるべくもない野蛮性を有している。
54  不思議な名無しさん :2017年10月21日 11:59 ID:1cR1fuci0*
ヘルマン・ニッチュやアンドレス・セラーノなんかその典型だね。
会田のスペース・ウンコみたいなのはセラーノもやってるしね。
55  不思議な名無しさん :2017年10月21日 17:07 ID:1cR1fuci0*
アメリカの老舗ギャラリーも消えていってるね。
ネットやアートフェアに市場がシフト、極度な商業化と競争化が進んでおり、
ギャラリーの閉鎖・移転・合弁の連鎖を生みだしている。
これを階級社会化と捉え「市場の低価格層を支える力がなくなってきた」と語る人もいる。

最近のコレクターたちは、個人のギャラリーを訪ねて新しい才能を発見するよりも、メジャーなディーラーが取引するお墨付きのお宝作品に関心がある。
中小のギャラリーが契約する新進アーティストに投資しようという気はあまりない。

グレン・マクミラン曰く
「美術品は流動資産として認められるようになった。美術品が総合的なエクイティ投資(株式投資)の手段として使われるようになり、本格的な国際ビジネスになったんだ。美術市場には巨額の金をもたらしているが、問題は人の流れだ。かつては土曜日になると、人びとがギャラリーに押し寄せたものだが、今は平日も週末も来訪者が目に見えて減ってしまった。人びとがインスタグラム的なメンタリティで見たものにその場で好きか嫌いか反応するようになりソーシャルメディアで美術品を買うようになったのと、毎月のアートフェア疲れ、この2つが同時に起きて、最悪の状況になってしまった。僕らがこの仕事を選んだ頃とは、違う世界になったんだ。」
56  不思議な名無しさん :2017年10月23日 06:31 ID:jN2nDGlX0*
「楽して儲けてるやつは詐欺」っていう日本人的主張はバカすぎて草
ネットやコンピューターに置いていかれた者の情けなさ
57  不思議な名無しさん :2017年10月24日 01:48 ID:LH4CiESs0*
ギャラリーは消えて、今後は美術館も消えるだろうね。
「展覧会」とかいうものがなくなる。
データ化されたアートをやりとりする時代。
58  不思議な名無しさん :2017年10月25日 18:13 ID:dsZ7zu2U0*
現物見た事ないんだね
59  不思議な名無しさん :2017年10月25日 21:52 ID:xgQJHQrW0*
※58
現物とか素材性だけを問題にするアートは、もう終わってるてことね。
このテーマ自体、既に100年くらいの歴史があるけど。
例えば、マグリットの絵の価値は現物の素材性にあるわけではない。
モノとしてのオリジナルの価値はあるけど、それは別の話。
ウォーホルが今生きてても同じようなこと言う気がするけどね。
まあ、欧米の美術館も大量の超高精細デジタルアーカイブを作成する流れだから。


60  不思議な名無しさん :2017年10月26日 04:08 ID:80zN.JbB0*
SketchfabなんかでもVRや3Dコンテンツが見れるね。
彫刻3Dスキャンモデルもある。
これらは今後高精細化するだろう。

超高精細な3Dスキャンモデルは
運慶や曜変天目などオリジナルの価値が高いものほど、
優先的に行われるだろうね。
61  不思議な名無しさん :2017年10月27日 04:37 ID:wicc6Kot0*
それに、素材といっても現代では
企業による新素材の創造的開発力に個人のアーティストが敵うわけがない。
だからこそジャッドも産業素材で制作することを選んだわけだ。
今じゃそれが当たり前だけど。

ただ、ダニエル・ベルが文化は反合理と反知性に向かうと言ったように、
アーティスト達が、土人の工作レベルしかないひ弱な創造力で反抗する、
ということは考えられる。そもそもアーティストは近代以降、
産業の発達に対してまったく無力になり、美術史を破壊したり、
文脈にエラーを起こすことしかできなくなった者だからだ。

例えばデュシャンの操作というのも、「アート」に対して
「アートか、アートじゃないか」というカテゴリー・エラーを起こす
言語的な操作、というだけのものである。

ましてや、ただ現物をコピー不能のオリジナルとして崇拝するだけの輩が
美術を復権させるほどの創造性など持ち合わせている訳がない。
62  不思議な名無しさん :2017年10月29日 09:17 ID:tS4UI5yY0*
デジタル気取ってるアーティストって3Dぽい絵を手で書きましたとか、ネットから拾ってきた画像をコラージュして上から書き足しましたっていう風にして1点ものの価値を得ようとする。上から書き足すことは表現において明らかに蛇足なのにね。だからどこまでいっても中途半端。デュシャンは誰でもできるものをさらにコピーして配布している。
63  不思議な名無しさん :2017年10月30日 15:29 ID:g1.bcNja0*
なにを言ってるのか意味がわからん
以前、宇宙はブラックホールの中にあって
二次元に張り付いているがデータがあることによって
三次元のように見せかけてる、電源切られたら終了とか言ってたけど
あれはどうなった
64  不思議な名無しさん :2017年11月13日 19:42 ID:u2HmRgE10*
俺には価値は感じられんけど他人がこれに価値を感じている時点で俺にとっても価値は生まれるから困る
まあ芸術的価値と金銭的価値で違うけど

 
 
上部に戻る

トップページに戻る