不思議.net

怖い話・オカルトまとめブログ

アクセスランキング(5日間)
    本日のおすすめニュース
    本日のおすすめニュース一覧

    【昭和の怪奇事件】やはり山は霊的なものに見守られているのか!?山岳で起きたミステリー

    shutterstock_701730259

    10月も半ばに入りいよいよ本格的に山登り、紅葉狩りのシーズンになってきた。

    今回の「昭和の怪奇事件」山岳ミステリーというわけではないが山で巻き起こった珍しい「怪奇事件」を紹介しよう。

     添付1

    まずは1969年10月17日の毎日新聞に掲載されたこちらの記事からご紹介したい。

    山男の霊が山男を呼んだ」という見出しの記事が掲載されている。これは約6年前に、アイスフォールに落ちて行方不明になったエベレスト山岳隊員が発見されたという内容だ。

    アイスフォールとは氷河の地盤が急に傾斜を増す箇所のことで、一度転げてしまうとそのままツルツルと落ちていき最終的に脱出不能になってしまう。

    発見された隊員は骨という骨が折れてミイラ化していたが外傷もなく比較的、綺麗なままで亡くなっていたという。

    エベレストでアイスフォールに落ちた遺体が綺麗な状態で見つかることは奇跡に近く、まさに「山男の霊が山男を呼んだとしか思えなかった」と探検隊員は語っている。

    山男の霊の仕業かはわからないが、日本でも類似の例がある。山で長年行方不明になっていた遺体が見つかり、感動の再会を果たしたという出来事があった。

    ※信じるか信じないかは・・・

    実はこの地球に山や森は存在しない説って凄くね?
    http://world-fusigi.net/archives/8850469.html
     

    添付2

    1973年5月14日の記事で登山者の間で「魔の山」と呼ばれている群馬・新潟の県境にある谷川岳の隠れた岩場で身元不明2名の白骨死体が見つかった。

    一体は寝そべった状態で原型をとどめていたが、もう一体はバラバラで原型を留めていなかった。

    遺体が持っていた財布には昭和15年と16年の硬貨、計62銭が入っており戦後の硬貨は見当たらなかったことからこの死体は少なくとも戦時中のものではないかとされている。

    「いったいこの遺体は誰なのか」

    当時、谷川岳を見守っていた当時58歳の登山指導センターの管理人はこの死体に対して「もしかしたら…」という形で以下のようなコメントを残している。

    「昭和17年か18年頃(1942年~1943年)、東京からやってきた4人のパーティが登山して2名が帰ってこない事件あった。もしかしたら彼らではないか」

    この記事は5月14日の毎日新聞をはじめいつかの朝刊に掲載された。

    するとその朝、事件を管理していた群馬県警に東京に住む一人の初老男性Aさんから「その遺体は私の弟ではないか」との問い合わせがあった。

    添付3

    Aさんによると1943年9月18日、Aさんの弟を含む4名が谷川岳へ出発。しかし途中で仲間の一人の体調が悪くなりAさんの弟が付き添って現場に残り、残りの2名が頂上の救護班に助けを求めた。しかし現場に残っていた2人は行方不明になり発見ができなかったという。さらに助けを求めたうちの一人は救護班と一緒にAさん探していた際に誤って転落して死亡。生き残った一人も下山後に徴兵され戦死したことから当時の遭難当時のことを知っている人は誰もいなかった。

    しかし、遺族の兄および登山指導センターの管理人が事件のことをしっかりと記憶していたことが30年ぶりの遺体発見へ繋がったのだ…。

    添付4

    その後、5月26日発行の朝刊にて「30年ぶりの下山」という見出しで無事に白骨死体が遺族と対面。「兄にほぼ間違いない」とのことで東京の自宅へと無言の帰宅を果たしたという。

    いかがだろうか。

    「山男の霊が山男を呼ぶ」現象かどうかは定かでないが、山で見つかった謎の白骨は遺族や指導センターの管理人がきちんと記憶していたことで30年ぶりの帰宅を果たせたのだ。

    霊の存在はともかく、これも何かの「奇跡」であることに変わりはないだろう。

     

    穂積昭雪(昭和ロマンライター)





    ※山にまつわる怖い話おまけ

    山から娘を狙うモノ・・・
    山に住む土地神が、娘を生贄としてさらいに来る話。
    その土地神は同時に恵や富をもたらすとも言われているが、残虐性もあり決して良いものではないとされていて……。
    山と神様の不思議な話。

    山の老猟師から聞いた不思議な出来事
    遭難者や自ら命を断つために山に入った者の中には、どういう訳か山に順応し、自然に帰化して暮らす者がおり、彼らを「山人(やまびと)」と呼ぶ―。 スレ主がある老猟師から聞いたという、数々の山の怖い話。








    本日のおすすめニュース1
    本日のおすすめニュース2
    本日のおすすめニュース3

    おススメ記事ピックアップ(外部)

    コメント一覧

    1  不思議な名無しさん :2017年10月21日 22:25 ID:RL6la67v0*
    兄にほぼ間違いない
    って弟が遭難したんじゃないの?
    2  不思議な名無しさん :2017年10月21日 22:53 ID:b.cKECnC0*
    山男って登山者って意味か
    雪男みたいなUMA的な捉え方しちゃったから
    UMAの霊がUMAを呼んで遺体発見ってなんだよって混乱した
    3  不思議な名無しさん :2017年10月21日 23:31 ID:ok1.LOnC0*
    ※2
    同じくw
    4  不思議な名無しさん :2017年10月22日 00:35 ID:7ZFaj45e0*
    ※2~3
    おまえらかわいいな
    5  不思議な名無しさん :2017年10月22日 03:17 ID:Ii5XH4QX0*
    ※2.3仲間がいたw
    6  不思議な名無しさん :2017年10月22日 04:14 ID:r5lzwx3c0*
    >もう一体はバラバラで原型を留めていなかった。

    弟、食ってるやんこれ。。
    7  不思議な名無しさん :2017年10月22日 04:18 ID:A4xYOwk.0*
    遭難したのが兄なのか弟なのかわかんなくなったぞ。
    8  不思議な名無しさん :2017年10月22日 07:01 ID:bFcgyAs10*
    未だに「山男の霊が山男を呼んだ」って意味がわからん。
    山男A(亡くなっている)が山男B(生きている)を呼んだってことなん?
    9  不思議な名無しさん :2017年10月22日 07:43 ID:0TXvCZIC0*
    駄文の多い日常系まとめ記事より不思議度高くて面白いですね。

    ※8
    そゆこと。
    10  不思議な名無しさん :2017年10月22日 11:58 ID:p053Ia.80*
    山男じゃビッグフットみたいなの想像するわw
    兄弟だと対面して確認したみたいな書き方だけど、冷凍されてて顔も原型が残ってたんだろうか
    70年代ってDNA鑑定あったっけ
    11  不思議な名無しさん :2017年10月22日 13:17 ID:uWm8knSI0*
    「」の付け方が間違ってんだよ。
    兄に「ほぼ間違いない」、にするはずだったんじゃないか。
    新聞記事にデカデカと「私の弟では…」って書かれてんだから。

    なんだかミステリーに無理やり書き換えてる感じ。
    12  不思議な名無しさん :2017年10月22日 14:17 ID:otYNRKvD0*
    兄なのか弟なのかもそうだけど、その上の「Aさん」も誰なのかブレちゃっておかしなことになってる。Aさんは名乗り出た兄で、その弟+3人が当事者だったのが、途中からAさんが弟になって何故か兄は遺族の兄に変わってる。
    13  不思議な名無しさん :2017年10月22日 17:57 ID:sjnjTiH20*
    遺体がキレイ➡山男の霊が呼んだ
    もおかしい。強調すべきは、
    見つかるのが奇跡➡山男の霊が呼んだ
    後の事例に繋げたかったんだろうが、ムリクリすぎる。構成の仕方を学んだ方がいい。
    14  不思議な名無しさん :2017年10月22日 21:58 ID:HcQSxzS80*
    娘さん
    よく聞けよ
    山男にゃ
    ほれるなよ
    15  不思議な名無しさん :2017年10月22日 22:32 ID:pzGAzgeg0*
    おいおい今は山男って一般常識な言葉じゃないのか?
    それともこのコメ欄だけ異常なのか?
    16  不思議な名無しさん :2017年10月23日 21:29 ID:DOrrWagz0*
    山って女人禁止とか普通にあるからなぁ。
    霊的なものに見守られているというか、
    神様が住んでいるんじゃなかったっけ。

     
     
    topページに戻るボタン

    不思議ネット
    とは

    不思議.netでは怖い話・オカルトから科学ネタまで、2chを中心に世界の不思議な話題をお届けしています。普段2chを見ない人でも気軽にワクワクできる情報サイトをっころがけて毎日絶賛更新中!