不思議.net

怖い話・オカルトまとめブログ

アクセスランキング(5日間)
    本日のおすすめニュース
    本日のおすすめニュース一覧
    5

    俺の人生を小出しで語る『親父と兄貴の話、そしてやってしまった話』

    shutterstock_88750300
    寄稿者名/Shutterstock.com


    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 00:25:09.11 ID:W6h/OKAH0
    今日この日まで俺が生きてきた中で
    印象に残っていることを話してみるぞ。
    スレ立てたりとか慣れてないから
    文章とかも下手だろうけど
    おまいらの反応が見たいだけなんだw

    笑ってくれても叩いてくれてもいい。
    さぁいくか。
    人生にひとつだけセーブポイントがあるとしたらどこでセーブする?
    http://world-fusigi.net/archives/8593208.html




    3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 00:25:40.14 ID:4kkJj2C0
    聞いてやるから早くしろ

    4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 00:26:40.94 ID:W6h/OKAH0
    よし、じゃあまずオヤジの話からしよう。
    これは比較的最近の話だ。

    5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 00:28:13.04 ID:W6h/OKAH0
    俺は父よは血が繋がってなくてな。
    母が再婚してるんだ。

    俺の実の父は俺が生まれてすぐに離婚したもんだから
    全く記憶にない。
    声も聞いたことないし、写真とかも見たことない。

    6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 00:29:57.37 ID:W6h/OKAH0
    今の父は俺がものごころついた頃からすでに居たんだが
    俺は5歳くらいで「おっちゃん」と呼んでいたことも覚えてるし
    誰に言われるでもなく本当の父じゃないことは理解していた。

    7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 00:29:57.42 ID:4kkJj2C0
    ほう。



    8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 00:31:16.63 ID:W6h/OKAH0
    高校を卒業するまで世話になったし、ありがたいと思ってる。
    そして多々迷惑もかけて生きてきた。

    9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 00:31:58.86 ID:t4QW5EiW0
    仲はいいわけか。

    11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 00:34:56.24 ID:W6h/OKAH0
    >>9
    当時は本当に俺に無関心だと感じた。
    悪くはないが良くもなかった。

    10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 00:33:48.09 ID:W6h/OKAH0
    だが必要以上に会話したり、関わったりした記憶が無い。

    中学の頃から門限なんて無かったし
    その中学の時に何も言わずに2泊3日で友人と旅行に行った時も
    当時、中学生で携帯をもってるヤツは超珍しく、ポケベルを持っていたが
    なんの連絡もなく、帰った時も何も言われなかった。

    13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 00:36:01.58 ID:W6h/OKAH0
    父がそこまで俺に無関心なのは
    血が繋がっていない事もあるだろうが
    他に二つの理由があると俺は思った。

    14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 00:37:49.43 ID:vqb1QonQ0
    どんな理由だ?

    15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 00:40:32.57 ID:W6h/OKAH0
    一つの理由はは兄。
    兄は俺の6つ上で、実の父の記憶をしっかりと持っている。
    そしていきなり来た見知らぬオッサンに父親顔されるのが相当イヤだったみたいでな。
    オヤジが何か言う度に
    兄「おまえみたいなオッサンの言うことをなんで聞かなきゃいけないんだ!」
    と言い争っていた。
    兄もまだまだ子供だったから、意地になってたんだろうけど
    しばらくするとオヤジは何も言わなくなった。

    その流れで、オヤジに対して何も言わない俺も
    同じように反抗されるかも・・・ってことで
    オヤジは俺にも何も言わなかったんだと思う。
    まぁ、後から気づいたんだけどね。

    16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 00:41:53.05 ID:W6h/OKAH0
    そしてもう一つ。
    当時の俺にはこれしか思い浮かばなかったが
    再婚してから子供ができたのだ。
    オヤジにしてみれば、唯一血の繋がった子供。
    しかも俺の8つ下。
    さらに女。
    可愛くて当たり前だよな。

    17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 00:44:01.06 ID:W6h/OKAH0
    実際妹はあからさまに可愛がられているように見えたし
    甘やかされてたと思う。
    兄は相変わらず事あるごとにオヤジに突っかかっていた。

    俺はその両方を傍観しながら
    妹とも、兄とも、オヤジとも関わろうとしなかった。

    18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 00:45:50.56 ID:XCnVQuQQ0
    まぁ、最も賢い選択だな。

    19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 00:46:15.59 ID:W6h/OKAH0
    俺は家にいるのがイヤになり。
    外にばかり出ていた。
    中学生で外家に帰らず夜も遊ぶ。
    DQNまっしぐらだったよ。

    21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 00:49:35.49 ID:W6h/OKAH0
    犯罪と言われる事をするのも少なくなかった。
    警察に補導もよくされた。
    そんなことなんか、何も気にならなかったし
    親も無関心だし。

    でも親が無関心で済ませれない事が起きた。
    ってか俺がやっちゃったんだけどね。

    22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 00:53:49.33 ID:W6h/OKAH0
    人の単車を盗み、暴走行為して
    夜中の工場に入って、物を壊して
    んで喧嘩して相手フルボッコにしてしまった。

    どこからともなく現れた警察にすぐ捕まったよ。
    窃盗、暴走、不法侵入、器物破損、障害。
    犯罪のオンパレードだった。

    世の中で騒がれてる犯罪に比べれば、可愛いもんだと思うかもしれない。
    だが人間としてはやはり最低で
    後悔した時には遅かったんだ。
    中学生ってこともあって、さすがに手錠はかけられなかった。
    そして警察署でポリスに色々聞かれた。
    保護者の名前を言わないといけない。

    23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 00:56:28.17 ID:W6h/OKAH0
    俺はそれまで学校とかでも保護者の名前は全部母の名前を書いていた。
    オヤジを父と思ってないわけではない。
    ただ、俺のことを子と思っていないだろうから
    オヤジの名前を書くのは気がひけてたんだ。

    警察でも母の名前を出した。
    迎えに来るとのことだった。
    事情聴取も終わり、迎えを待つだけだった俺。
    声が聞こえた。

    「1の保護者です・・・」
    父の声だった。

    24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 00:58:22.44 ID:W6h/OKAH0
    なぜ父が来るんだ。
    俺の事を子と思ってもいないだろうに。
    「面倒だな」とか思いながら来たんだろうな。
    母は車の免許ないし。
    だから父が車で迎えに来ることになったんだろうな・・・

    25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 01:02:34.34 ID:W6h/OKAH0
    帰りの車の中は静寂に包まれてた。
    俺はずっと窓の外を見ていたし。
    父は黙って運転だけをしていた。

    夜中、いや朝方にも近かったので
    窓の外なんか見ても何もなかったけどね。
    ただそうやって「話しかけないでくれ」ってオーラを出したかったんだ。

    窓の外を見ていると、暗い道に一つ看板が光っていた。
    某牛丼屋の看板である。
    腹減ったな・・・そう思ったところだった。
    父は何も言わずにハンドルを店に切り、車を止めた。

    「飯を・・・食うぞ。」

    26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 01:05:35.40 ID:W6h/OKAH0
    牛丼を食べていても二人は無言だった。
    ってか腹減ってたから、思い切りガッツいてた。
    すぐに食べ終わって、車に戻った。
    当時すでにニコチンに犯されていた俺の身体は
    食後のタバコを欲しがっていた。
    しかし、親にはバレていないと思ってたし
    さすがに目の前で吸うのはな・・とか思ってた。

    したらオヤジが
    「お前、タバコ吸うんだろ?ホラ、やる。」
    そう言って父は自分のタバコを俺に差し出した。

    27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 01:10:41.56 ID:W6h/OKAH0
    とまどいながら
    「あ、ありがとう」と言って
    俺はタバコに火をつけた。
    そこでまた、父が口を開いた。

    「タバコを吸うのはかまわん。ただ場所はわきまえろ。
    夜中に遊ぶのもかまわん。ただそれも場所をわきまえろ。
    バイクに乗るなら免許を取れ。今からバイトしようが何も言わん。」

    「今のままのお前でもいい。好きに生きろ。
    俺が近所の人に教育がなってないとか言われたり、先生に呼び出されたりとか
    そんなことは一切気にしなくていい。俺には迷惑をかけていい。
    ただ一つだけ約束してくれ。人に迷惑をかけるな!
    これだけは絶対だ!自分の身体は自分で責任を取れる。
    ただ人様には絶対に迷惑をかけるな!」

    俺は泣いていた。

    28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 01:13:16.95 ID:W6h/OKAH0
    それがきっかけだったのかどうかは覚えていないが。
    俺はそれからおとなしくなり、家にも帰り
    遊ぶ友人もすっかり変わっていた
    まぁその友人のおかげで今VIPとかやってるんだがww
    警察にお世話になることなんかありえない生活になっていた。

    やっと、普通の人間になったんだ。

    29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 01:14:17.01 ID:W6h/OKAH0
    ただ、オヤジとの関係は相変わらずだった。
    会話も無かったし、以前と何も変わらなかった。

    30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 01:15:52.57 ID:W6h/OKAH0
    もしかして誰も見てないのかwwwwwww
    くそう!色んな意味で俺涙目www

    酒飲みすぎたかなwww
    まぁ暇だし続き書くか。

    32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 01:19:59.92 ID:ZVkgjoI00
    バカヤロッ!見てるぜw

    ってか涙がw

    続けろ・・・・・。

    31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 01:19:43.22 ID:W6h/OKAH0
    俺はそのまま高校を卒業して家を出た。
    もう今年で26になるが、オヤジと顔を合わしたのは10回に満たない。
    知らない間に死んでるとかないよな?とかよく思う。
    さすがにそれはないだろうが・・・
    ってかオヤジが死んだら俺は泣いてあげられるんだろうか。
    何も感じなかったらどうしよww
    って最近まで思ってた。

    33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 01:23:45.20 ID:W6h/OKAH0
    数ヶ月前のことだ。
    引越しで、新しい住居の保証人やらなんやらで
    オヤジの印鑑が必要になった。
    久しぶりに実家に帰る。
    何も変わってないな・・・

    オヤジは仕事でいなかったので電話で印鑑の場所だけ聞いた。
    オヤジが使っているタンスの引き出し。
    一つ目の引き出しを開けた。無い。
    二つ目の引き出しを開けた。げブリーフかよ!
    三つ目の引き出しを開けた。

    父の字で「1(俺の名前)」と書いたアツバムが入ってた。

    34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 01:24:17.05 ID:W6h/OKAH0
    アルバムだこのやろうwwwww

    35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 01:24:21.31 ID:pFayN3ba0
    続きが読みたい

    36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 01:26:25.56 ID:W6h/OKAH0
    アルバムを開くと、そこには元気に野球をする少年の姿があった。
    小学生だ。
    背番号は5。間違いない。
    俺だ。

    父は大の野球好きで、小学2年の頃に
    一度だけ「野球やらないか?」と言われたが断った。
    その1年後、俺は友人の誘いで野球を始めたんだ。

    38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 01:29:12.54 ID:W6h/OKAH0
    それからDQNになるまで、野球一筋の少年だった。
    練習はキツく、休みは週に1日しかない。
    だからこそ、家族とあまり関わりを持たずにいられたってのもある。

    俺が入った野球チームはリトルリーグってやつでな。
    小学生でもプロと同じ公式のボール使ってやるんだ。
    リトルリーグは大きな連盟もあってな。
    スポーツ新聞に試合結果とかも載る。

    37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 01:28:41.30 ID:QUCPw8
    オレもやってた。
    でもさぁ練習してもうまくなんなくってさw
    走ってたから長距離はそこそこだったが。
    野球で長距離走れても意味のないことであってw
    でも親父達のことおもってたら止めらんなかったわ。

    39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 01:31:31.13 ID:W6h/OKAH0
    >>37
    親って必死に応援したりするもんねww

    37がタイムリーなレス書いたんだが、俺以外の選手の親は
    ベンチ裏で大声で応援してた。
    みんな家族で野球を楽しんでた。

    40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 01:33:34.81 ID:W6h/OKAH0
    俺の親だけは絶対に来ること無いと思ってた。
    日曜日だけ母も働いてたしね。
    でもアルバムには俺の野球してる姿があった。
    アルバムには、スクラップみたいにされた新聞の記事もあった。
    俺の名前、俺の写真・・・
    俺が少しでも関係してる新聞の記事をすべて切り抜いて保存してあった。

    アルバムが歪んでよく見えない。
    俺は泣いていた。

    41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 01:34:52.04 ID:QUCPw8
    オレは子ども会の野球部だった。
    みんな仲良かったよ。
    コーチとかは父親同士だし。

    42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 01:37:59.40 ID:W6h/OKAH0
    さらに数冊あるアルバムを出すと
    その下にはビッシリとビデオテープが入っていた。
    タイトルは全部父の字で書かれている。
    「○月×日△△対□□」
    「○月×日△△対□△」
    「○月×日△△対△□」
           ・
           ・
           ・
           ・

    知らなかった。
    父はいつもどこかで見ていたのだ。
    テープを再生すると、隠れながら撮影してるのがモロに出てる。
    父は・・・父はこんなにも俺に関心があったのだ。

    44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 01:39:55.44 ID:QUCPw8
    やべぇ>>1の話聞いてるとマジ思い出して涙出るわw

    続けて・・・

    46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 01:41:48.97 ID:W6h/OKAH0
    兄の「知らないオッサンの言うことなんて聞けるか!」
    という言葉がどれほど父に突き刺さっていたんだろう。
    その言葉で傷つき、俺にまで嫌われたら・・・そう思っている父に対して
    俺の冷たい態度はどれほどツラかったのだろう。
    父は・・・不器用な人間だった。

    こんなにも見ていてくれた・・・

    俺は涙を流しながら思った。
    父が死んだら泣く。
    俺は絶対に泣く。

    ありがとう、お父さん。

    オヤジ編 完

    48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 01:43:41.98 ID:dm8qrRwL0
    >>46
    これは何?wネタ?w

    いや、ネタだとしても感動した 感謝する>>1

    50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 01:45:02.66 ID:W6h/OKAH0
    >>48
    イヤ、マジで実話www
    釣りならもっと長い話考えるww
    読んでくれてありがとう。

    47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 01:43:22.87 ID:W6h/OKAH0
    ちょっと短かったかなwww
    まぁ小出しなもんでwww
    次、兄編いく前にちょっと休憩。
    質問あったら答えるよ。

    49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 01:44:24.99 ID:sEuNhMw
    泣いた

    51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 01:46:47.71 ID:sWI2wr3z0
    >>1は今何やってんの?

    52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 01:48:23.05 ID:W6h/OKAH0
    >>51
    今は普通の会社員だよ。
    設計事務所みたいな所。
    図面とか書いてる。

    53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 01:49:45.59 ID:W6h/OKAH0
    さて、そろそろ兄編いくかー!!
    読んでる人少ないだろうけど
    それでもありがたいぜ!!
    眠くなるまでマターリしてってくれ!

    56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 01:54:13.23 ID:W6h/OKAH0
    あ、その前に大事な事忘れてた。
    オヤジ編の最後に書かなきゃいけなかったのに。

    58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 01:55:46.61 ID:W6h/OKAH0
    アルバム入ってた引き出しの次。
    4つ目の引き出し開けたら
    裏DVDイパーイ出てきたおwww
    よさそうなの数枚持って帰ったwww

    60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 01:58:31.21 ID:yi5IO
    >>58
    オwwwwヤwwwwwwジwwwwww

    61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 01:59:05.74 ID:W6h/OKAH0
    兄編

    兄は俺の6つ上。
    はっきり言ってダメ人間、底辺だと思ってた。
    実の父と離婚し、女手一つで俺と兄を育てていた母は
    精神状態がすごく不安定だったらしく
    兄は虐待を受けていたらしい。

    62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 02:01:31.13 ID:W6h/OKAH0
    母は高校を中退して兄を産んでいる。
    今では、そう珍しくもない事だが
    当時はそんな時代ではなく、周囲の反対を押し切ったんだろう
    親族との折り合いは悪く、頼れる人間がいなかった。
    そんな中で母もおかしくなってたんだろう。
    最近になってもよく謝ってくる。
    まぁ俺は母から直接被害は無かったんだが。

    63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 02:02:59.95 ID:W6h/OKAH0
    しかし、そういった環境で育った兄は歪んでいた。
    母に殴られれば、その後母のいない所で俺を殴った。
    俺は兄のストレスのはけ口だったんだ。

    64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 02:05:38.73 ID:W6h/OKAH0
    兄はそれからもどんどん歪んでいった。
    母に関しては直接虐待されていたのだ、好きになれるはずが無い。
    新しくきた父も、他人のクセに偉そうだし、好きになれない。
    弟の1は俺が近づくだけでビクビクして泣きそうになる、見てるだけでイライラする。
    兄の心境はこんな感じだったんだろう。

    65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 02:05:49.81 ID:cHG10
    支援

    66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 02:07:53.34 ID:W6h/OKAH0
    兄はひとちぼっちだった。
    両親と仲が悪い。
    兄弟とも仲が悪い。
    性格は歪んで学校では誰も近づかない。
    友達の作り方もわからない。
    俺の野球のように打ち込むモノも無い。

    兄は「怒り」でしか感情を表せない人間になっていた。

    67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 02:11:25.89 ID:W6h/OKAH0
    しかし俺が高校生になった頃だった。
    そんな兄も社会人になり、不器用なりに、少なくはあったが友人ができた。
    その関係か、知らないうちに彼女もできていた。

    この頃になると、さすがに俺も兄に怯えることはなく(DQN経験が活きた)
    普通に会話をできるようになっていた。
    兄のことなのに、すごく喜んで、安心したのを覚えている。
    このこと自体は、喜ばしいことだった。

    68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 02:13:15.52 ID:W6h/OKAH0
    しかし問題は徐々に悪化していた。
    それまで皆無と言っていいほど愛情というものを受けることなく育った兄は
    みるみるうちに彼女に依存していった。
    もう彼女しか見えていない。

    69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 02:14:27.51 ID:qzyKT0
    >>1
    波乱な人生だな

    72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 02:16:26.60 ID:W6h/OKAH0
    >>69
    そかな??
    離婚とか再婚とかして、うまくいかなかった家庭では
    結構よくあると思うよ。
    やpっぱり子供は親が作った環境にすごく左右されるよね。

    71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 02:15:02.50 ID:W6h/OKAH0
    彼女と同棲して事態はさらに悪化。
    友人とは遊ばなくなり、兄を支えるのは彼女だけになっていた。
    もう俺の言葉も届かない。
    雰囲気からして、友人も離れはじめてるに違いない。

    73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 02:18:27.00 ID:TZzVI0
    誰も悪くないのになんで誰も幸せになれないの?

    76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 02:20:33.51 ID:W6h/OKAH0
    >>73
    オヤジ編でも少しわかるかもだけど。
    俺は再婚相手がオヤジでよかったと、今は思ってるよ。
    今は、それで幸せを感じないこともない。

    78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 02:23:18.74 ID:TZVI0
    >>76
    そうなのか・・・

    もうちょっと支援

    74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 02:18:43.95 ID:W6h/OKAH0
    給料のほとんどを彼女へのプレゼントにあてる兄。
    彼女はそんな事は望んでいない。
    実際、俺が彼女に相談されたくらいだった。
    兄のプレゼントへの金遣いを止めて欲しいと。
    でもやっぱり俺の言葉も届かなかったけどね。
    もう、プレゼントとか何かしてないと不安でしかたないとか
    そんなふうになっちゃうのかな。

    77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 02:22:53.18 ID:W6h/OKAH0
    兄はついに借金までし始めた。
    カードを使って、消費者回って、
    彼女にプレゼントしつづけたんだ。
    高校生の俺はまだ実家にいたから
    金融会社からよく電話がかかってた。

    でも彼女はそんなこと少しも望んでいないんだ。
    やっぱり喧嘩とかにもなる。
    そうなったら、彼女だけが支えの兄は
    何もする気が起きなくなってしまうのか
    仕事をさぼったりしてるみたいだった。

    79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 02:25:12.11 ID:W6h/OKAH0
    そんなことしてればクビになるのはあたりまえであって。
    でも、借金はあるから働かないといけない。
    また就職、そして喧嘩、そしてサボリ、クビになる。
    これを繰り返してた。
    この頃、兄の彼女から相談を受けた。
    彼女ももう限界だったんだろう。
    彼女は「別れる」と言っていた・・・

    80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 02:28:05.15 ID:W6h/OKAH0
    今、別れを告げられれば、兄はどうなってしまうんだろう。
    また昔の兄のようになってしまうのか・・・
    次はもう友人もできないかもしれない。
    兄は昔のビクビクしてる俺の印象があるから
    俺にはすごく強がる。プライドの塊だ。
    何を言っても聞かないだろう。

    これ以上兄のために彼女さんにツライ思いをさせてもダメだ。
    気持ちとしては兄を支えてあげてほしい。
    でもそれは家族のわがままだ。
    俺は「そうですか、残念です」としか言えなかった。

    81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 02:31:40.87 ID:W6h/OKAH0
    ついに借金で首が回らなくなった兄は自己破産した。
    それをきっかけとしたのか、彼女さんから「別れた」と連絡があった。
    「あの人は誰かが支えてあげないとダメですよね、でも私はもう限界でした。」
    「1君はしっかりしてるから、あの人を支えてあげて欲しいな。勝手な言い分でごめんね。」
    ほんとに良い人だと思った。
    バカ兄貴、こんないい人なかなかいないぞ。
    そう思ったが、時既に時間切れ。
    兄は一人になったのだ。

    82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 02:32:29.65 ID:W6h/OKAH0
    その1週間後、事件は起きた。

    83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 02:33:48.34 ID:pA4k0
    全力で支援

    84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 02:33:58.14 ID:W6h/OKAH0
    俺の携帯電話が鳴った。
    彼女さんからだ。
    兄の家にまだ荷物が少しのこっていた彼女さんは
    鍵を返すついでに兄の家に行った。
    そこには不自然に倒れた兄がいた。

    85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 02:38:29.76 ID:W6h/OKAH0
    彼女さんはすぐに救急車を呼び
    俺は母に事情を話し、病院へと急いだ。
    彼女さんが泣きながら立っていた。
    ガキなりに精一杯考えた結果だった。
    別れた後まで・・・これ以上ツライ思いする必要ない。
    そう思った。
    「もう帰って大丈夫ですよ。後は任せてください。
    迷惑かけてすいません。また連絡することもあるかと思いますが
    もうこれ以上兄に関わらないほうがいいです。
    今までありがとうございました。」
    そう言って俺は深く頭を下げて、なんとか帰ってもらった。

    母はもう病室に入ってた。
    俺も遅れて病室に入る。
    兄の様子が異常だ。

    86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 02:41:14.79 ID:W6h/OKAH0
    震えている?いやそんなもんじゃない。
    ビクビクンとケイレンしている。
    なんだこれは?どうやったら人間がこんな状態になるんだ?
    そう思えるほど異様な光景だった。

    医者に病室から出され、説明を受けた。
    どうやら睡眠薬を大量に飲んだらしい。
    え?これって・・・自殺??実感とか無かった。
    自殺するヤツとかバカすぐるとか言って生活してた俺。
    その俺の兄が??自殺??なにそれ??

    87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 02:43:50.03 ID:W6h/OKAH0
    結果的に言えば未遂に終わった。
    数時間点滴を打ち、その後自宅療養すれば大丈夫との事。
    俺は安心して、汗ダクな事に気づき、夜風に当たるため外に出た。
    母も一緒に出てきた。
    なんだか頭がぼーっとしてて、何をしゃべったか覚えてない。
    ただ、母が「これからはみんなであの子を支えよう」とかそんなことを言っていたと思う。

    88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 02:47:56.82 ID:W6h/OKAH0
    1時間ほど外にいただろうか。
    病室に戻るとケイレンは収まっていた。
    でも眠ってもいない。
    目を見開いたまま天井をジっと見てる。
    母が声をかけた。
    「兄!大丈夫!?」
    兄は目を見開いたまま、顔だけをこちらに向けて
    そしてろれつのまわらない、何をしゃべっているのか
    やっとのことで解るような口調でこう言った。
    「ああ、あ、あの、すいま、ません。む、む虫がいっぱぱいとんれて、眠れまません・・・」
    俺と母は呆然とした。
    俺と母を認識できていない。
    幻覚まで見えているようだった。
    母はその場で泣き崩れ、俺はただ立ち尽くしていた。

    89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 02:50:48.77 ID:W6h/OKAH0
    母は泣いたままなので、俺は医者の所へ向かった。
    兄は本当に大丈夫なのか?記憶喪失になったんじゃないのか?
    そんな事を聞いた。
    医者は優しい笑顔で答えてくれた。
    「幻覚症状と同じで、意識が混乱しているだけです。
    すぐに戻りますよ。安心してください。」
    ホっとした俺は、その事を母に伝えるために病室に戻った。

    90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 02:53:50.01 ID:W6h/OKAH0
    するとどうだろう、母が普通に兄に話しかけているではないか。
    兄も言葉はおかしいが、母を認識しているようだった。
    俺が「兄、大丈夫か?」と声をかけると
    「ななんれお前ままれここにいる、かか帰れ帰れ・・」
    と答えた。相変わらず強がりでプライドの高い兄の言葉に俺は笑顔で
    「今なら兄をフルボッコにできるなー」と言った。

    91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 02:55:28.37 ID:W6h/OKAH0
    その後、まともに歩くこともできない兄を連れてトイレに行ったり
    家に帰ってからもご飯食べさせたり
    プライドだけは高い兄の世話をするのは本当に苦労した。

    92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 02:58:58.27 ID:W6h/OKAH0
    その中で、一度だけ、人生でも最初で最後
    俺が兄に怒鳴った出来事があった。

    まだ一人で歩けない兄に肩をかしてトイレに行く。
    トイレの中で倒れることも考えて俺はトイレの中まで一緒に入った。
    しかし兄がそれを許すわけもなく。
    「中まで入ってこなくていいだろ!!出て行け!!」
    久しぶりに聞いた本気で怒ってる声だ。
    でもこんなことで怒られてもどうしようもない。
    兄は今、心身共に一人では生きていけないのだから。
    「いいから」となだめる俺に兄は怒鳴り続けた。

    94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 03:01:23.53 ID:W6h/OKAH0
    声だけは、以前の兄のままなのに・・・
    一人で立ってることもできない兄・・・
    なんでこんなことになったのか・・・
    そう思うと、悲しくなってきた。
    涙が溢れて・・・涙声で・・・俺は怒鳴った。
    「こんなになっても意地張るな!!人を頼れ!!
    人を信じろ!!んでやさしくしろ!!それができんから
    こんなことになってるんじゃないのか!?」

    96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 03:03:52.55 ID:82RPN0
    続きはやく…!

    97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 03:06:27.57 ID:W6h/OKAH0
    兄は俺の声に驚き、そして泣き始めた。
    俺も泣いていた。
    だが、何も言わず俺に身体を預けてくれた。

    その後、兄は順調に回復し、月日もたち
    頑張って大手のSEやってる。
    彼女ができ、結婚して、今ではもう2児のパパだ。
    以前の兄の面影は全くなく、それどころか
    ずっと兄を見下してきた俺が、尊敬するほどにまで立派になっている。
    優しく、強く、接してくれるようになった。
    人って変われるんだなと思った。
    兄が証明してくれた。
    ありがとう。お兄ちゃん。


    兄編  完

    98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 03:07:33.55 ID:yzwGO
    ちくしょう寝れねえじゃねえか

    99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 03:07:37.28 ID:W6h/OKAH0
    ちょwwwwwwwww
    まだ100も行ってないのかーwwww
    短すぎるかなww

    112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 03:28:12.92 ID:pAcfk0
    >>99
    このスレが伸びないのは、みんな目に汗かきすぎてキーボードが打てないからだ。
    気にスンナ。

    114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 03:31:42.43 ID:W6h/OKAH0
    >>112
    そうだったのか!!
    ありがとうww

    101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 03:11:16.44 ID:W6h/OKAH0
    支援してくれてた人ありがとう。
    寝れない、徹夜って言ってくれてる人
    すっげぇうれしいけど無理しないでww

    でも次の話はwktkすると思うw

    100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 03:09:40.46 ID:W6h/OKAH0
    次の「俺の失敗編」まで10分ほど休憩www

    次は感動とか無いよwww
    悲しみもない。
    ただ哀れな俺の昔話www

    102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 03:16:39.71 ID:AyHsrO
    もう最後まで付き合ってやんよ
    続き早く!
    wktk!wktk!

    103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 03:16:53.70 ID:W6h/OKAH0
    よーし、じゃあいくか!
    「俺の失敗編」

    俺は今まで生きてきて、失敗や過ちを犯した時に
    orz←ってなることは何度もあった。

    しかし
    「やってしまったああああああああああああああああ!!」
    と本気で叫んでしまいそうな失敗は、ほぼ無い。
    ほぼ無い・・・が、あるのはある。
    それを話そう。

    105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 03:20:02.99 ID:W6h/OKAH0
    高校を卒業して半年ほどの頃だったと思う。
    就職し、仕事にも慣れてきた時だ。
    自分で使えるお金が急激に増えて、バカみたく使った。

    高校の3年間付き合っていた彼女にフラれたこともあってヤケになっていたのかもしれない。
    遊びまくった。
    酒、ギャンブル、クラブ、様々な遊びで金を消費した。

    106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 03:21:07.87 ID:8VIuN0
    うんうん

    109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 03:22:46.36 ID:W6h/OKAH0
    その中の一つに、ラウンジってのがあった。
    俺の印象では、キャバクラとスナックの間って感じだったかな
    正式にはどうなのか知らないけど、地元の小さい店だったし、そう思った。

    110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 03:25:09.01 ID:W6h/OKAH0
    まぁ、要するにおにゃのこが居て、話しながら酒飲むところだね。
    地元のその店で友人の女が働いていた。
    その女(以下めぐみとする)に「一回遊びにきてよ」って言われたのが始まりで
    週に1回くらい顔を出すようになっていた。

    111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 03:27:46.99 ID:W6h/OKAH0
    地元の店で、自転車でもいけるので便利がいい。
    下心は全くなかった。
    ある日、いつものように店に顔を出し
    めぐみとどうでもいい話で盛り上がっていた。
    バカ笑いして、酒飲んで、歌って・・・
    それがすごく楽しかったんだ。
    いつもそうだった。
    でもその日はいつもと違う事があったんだ。

    113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 03:31:15.79 ID:W6h/OKAH0
    俺の横にもう一人
    かわいらしい女の子(以下さやか)が座っていた。
    どうやらめぐみの後輩らしく、仲良くしてやってくれとのことだった。
    俺は「おう!わかった!仲良くしような!さやかちゃん!」と笑った。


    でもすぐに耳元で
    何故か、仲良くしてくれと言っためぐみが
    「でも絶対手だしちゃダメだからね。」
    と言ってきた。謎だ。

    115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 03:33:30.57 ID:W6h/OKAH0
    めぐみのやつ、フラグ立ってんじゃね??
    とか思った。
    そして後々わかる話だが、本当に立ってたww
    だがめぐみが「手をだすな」って言った本当の理由はそこじゃなかったんだ。

    117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 03:34:59.26 ID:T00P70
    追いついちゃった

    >>1はやく続きを!wktk

    118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 03:37:15.86 ID:W6h/OKAH0
    それから、何が変わるわけでもなく
    俺は毎週店に顔を出し、いつもバカ笑いして帰っていた。
    1日だけ、帰りが少し遅くなった日があった。
    日付が変わって、そろそろ帰ろうか・・・となった時だ。
    さやかも帰る時間だと言う。
    そして歩いて帰るとか言い出す。
    「いつもそうだから大丈夫ですよ」
    とか言ってるけど、ここはやっぱりかっこつけるのが男。さすが俺。

    120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 03:43:18.62 ID:W6h/OKAH0
    「俺自転車だし、後ろ乗るなら送ってくよ?」
    めぐみの視線が少し気になるが・・無視無視。
    送るだけ送るだけ。
    「本当ですか?ありがとうございます☆」
    そして自転車の後ろにさやかを乗せて送ることになった。
    俺が明日も仕事だーとか言ってるとさやかが「私もー」と答える
    昼間も働いてるのか聞いたところ、答えに少し驚いた。
    「明日も学校だから早く寝ないとです☆」
    大学・・・ではないような気がする・・・
    もしかして・・・JKか!?
    なるほど・・・めぐみが手を出すなって言ったのは
    それもあってのことなのかな。とか思ってたが
    まぁ別に気にすることもないと思って何も問いたださなかった。

    121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 03:44:49.16 ID:W6h/OKAH0
    それから何度か店で飲んだ後に送ることがあった。
    さやかはいつも楽しそうに
    「先生があーでこーでうんたらかんたら・・」
    とかしゃべってる。
    適当に相槌をつく俺。
    そんなのが続いた。

    122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 03:47:08.56 ID:W6h/OKAH0
    そしてある土曜日の事だ。
    休み前ということもあり、いつもより多量のアルコールを摂取した後
    いつものようにさやかを自転車に乗せて走りだした時にさやかは言った。
    「明日、学校休みだし帰りたくない・・・」

    ななにぃをぉを?

    123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 03:49:51.31 ID:W6h/OKAH0
    かなりドッキしながらも平静を装い返事する俺
    「お~じゃあカラオケかボーリングか何か行くか?どこでもいいぞ~」
    年上の、大人な男を気取ったつもり。
    さやかは語尾にはぁとをつけて言った。

    「ううん、1さんの家に行きたいっ☆」

    125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 03:52:48.21 ID:W6h/OKAH0
    心臓をバクバクさせながら
    「ウチ来ても何もないぞ~~」とか言いながら自転車をこぐ。
    おかまいなしでこたえるさやか。
    「ギター弾いてほしい!さっきどこでもいいって言ったじゃん!!」
    くっ、バンドやってたの、めぐみから聞いたか・・・

    しかたない・・・何がしかたないのかわからんがww
    「しゃーねー、ちょっとだけな」
    そして俺は自宅へと向かった。

    126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 03:56:25.41 ID:W6h/OKAH0
    自宅に着くと俺は急いでスタンドに立ててあるギターを手に取り弾き始める。
    まるで必死に理性を保つ戦いのように。

    酒を飲みすぎたのか、他に原因があるのか
    いつもより全然うまく弾けず、笑ってごまかして手を止める。
    でもギターは手放さない。
    ギターは俺の理性の最終防護壁なのだ。

    「私もギター弾きたい☆」

    ちょ。

    127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 03:59:23.47 ID:W6h/OKAH0
    ここで手を出してみろ、めぐみの鬼の形相が目に浮かぶ。
    いや、しかし、防護壁が向こうに行くだけだ・・
    ならば問題あるまい。

    さやかにギターを手渡す。
    適当に弦を弾いてるだけだ、弾くとかじゃない。
    そしてすぐに飽きたように手を止め、ギターをスタンドに・・

    ちょっとまったぁぁ!!!

    129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 04:02:22.21 ID:W6h/OKAH0
    それはまずい。壁。俺の壁。置いちゃダメ。
    ギターをスタンドに置こうとするさやかの後ろから
    さやかとは逆の意味で手を伸ばした。

    迂闊だった。

    ギターを置き、振り返るさやかが目の前に居た。
    俺はそのままギターに手をのばし、ガッと掴んだ瞬間。
    柔らかく、暖かい感触に包まれていた。

    130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 04:05:28.13 ID:W6h/OKAH0
    本当にぎゅ~って音がするんじゃないかってくらいに抱きつかれている。
    「ちょ、なに、おま・・」
    言葉がでない。
    すると彼女は俺の胸にうずめていた顔をあげ、大きな瞳で俺を見つめた。

    うっ・・近っ・・目がウルウルキラキラしてるのは仕様か?
    などと思っている間に俺は唇を奪われた。
    これ、男と女ぎゃくじゃね??
    とか思いながら、決して重くないさやかの重みに負け
    俺の身体は理性と共に押し倒された。

    131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 04:09:10.85 ID:W6h/OKAH0
    あとはもうgdgdだった。
    本能と欲望の赴くままにドロドロと。
    そして終わった後に思った。
    やっべ・・めぐみ怒るだろうな・・・バレるだろうな・・・
    だんだん冷静になってきた俺はさやかに言った。
    「もうこんなの今回だけな。これで最後。」
    さやかはすごい笑顔で答えた。
    「ううん、これが最初☆」
    な、なんて小悪魔・・・逆にこえぇ。

    132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 04:10:29.49 ID:i8Wxc0
    追い付いたwktk!

    134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 04:12:04.98 ID:W6h/OKAH0
    「ダメだ。こんなのはもっとお互いのこと知って
    ちゃんと付き合って、好きな者同士でだな・・・」
    まるでおっさんの説教みないな事を言う俺。
    「だいたい俺はお前の本当の歳もしらんし
    どこの学校行ってるかも知らn
    「○×中学・・・」

    パ、パードゥン?

    136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 04:13:39.20 ID:L00P70
    >>134
    アウトー!!

    137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 04:14:58.52 ID:W6h/OKAH0
    「んーっと、なんて??」
    「○×中学!14歳!これでいい!?」

    パパパパパパ、パードゥン??

    138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 04:16:24.38 ID:IKcjcO
    やっと追い付いた!
    が、アウツwwwwwwwwww

    139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 04:17:45.85 ID:W6h/OKAH0
    「14っておま!!2年!?中二!?厨ニ病!?!?」
    「なにそれ?うん、でも2年だよ。」

    オウフ・・・マジか・・・マジでか!?

    やってもたああああああああああああああああああああ!!!!

    140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 04:17:49.97 ID:dqtL0
    さようなら>>1wwwwwwwwwww

    141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 04:19:49.98 ID:olYkU0
    >>1通報しますた

    142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 04:20:37.30 ID:W6h/OKAH0
    その後急速に出てくる冷や汗を隠しながらさやかを帰すことにした。
    彼女は俺に好意を抱いてるということだったが
    俺がそれに答えることは無かった。
    結果、それが正解。ってかありえないが。
    後日聞いた話では、3人ほど彼氏がいるらしい。
    それ以来、さやかとは連絡を取ることも無かったし、会うこともなかった。

    145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 04:21:58.60 ID:dqtL0
    うわぁー怖いJCだこと。

    >>1は逃げれて良かったな。

    146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 04:22:03.68 ID:W6h/OKAH0
    問題はめぐみ。
    翌日にはしっかりさやかから伝わっており
    呆れの言葉とともに絶交宣告。

    147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 04:22:35.33 ID:ydSGO
    めぐみ…

    148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 04:23:13.83 ID:L00P70
    見た目じゃわからない程大人びていたということなのか!?

    151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 04:26:43.00 ID:W6h/OKAH0
    >>148
    見た目は普通に高2か3くらいに見えた。
    胸もでかかったしな。
    店で働いた後だし、化粧もそんな感じだしね。

    149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 04:25:04.47 ID:W6h/OKAH0
    2ヶ月ほど経って、俺の猛烈な謝罪と
    めぐみの気持ちに変化があったため
    なんとか許してもらえた。
    そしてめぐみが俺に好意を持っていたのはこの時に聞いた。
    「こんなばかな男を好きだった私最低。」
    と思ったらしい。そして絶交って流れだった。
    でも、現在もめぐみとは友人のまま仲良くやってます。

    おまいらも友人の忠告はよく聞くようになwww

    俺の失敗編  完

    150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 04:25:09.75 ID:dmESg0
    アウトおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

    152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 04:27:38.13 ID:s85f50
    女は怖いな・・・w

    153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 04:27:55.50 ID:W6h/OKAH0
    うるせええええええええ!!
    アウトアウト言うなああああああああああああああああああ!!

    レンタルのDVDで「JC」の文字がちらほら見られる昨今!
    実は勝ち組だったんじゃないかと思ってる!!!

    159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 04:32:48.59 ID:AyHsrO
    >>153
    自分で失敗って書いてるくせに何言ってるんだwww
    と言うか、逮捕とかなかったんなら失敗じゃねーだろ
    これが1番の失敗ってホント羨ましいわ

    162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 04:34:40.58 ID:W6h/OKAH0
    >>159
    今だから、そしてVIPだからこうやって書けるww
    実際当時はショックなかなか抜けなかったよww
    アウトな上に、その年齢に誘惑されて負けてるんだから。。。

    161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 04:34:33.97 ID:TVu0
    >>153
    さやかは誰に似てた?

    164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 04:35:46.46 ID:W6h/OKAH0
    >>161
    加護ちゃんを細くした感じ・・・って思った記憶がある。

    166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 04:38:40.53 ID:TVu70
    >>164
    ほほぅ加護ちゃんか



    c11fd74ae7b6bc2101753d1522d13b2b

    154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 04:29:39.11 ID:W6h/OKAH0
    今日はこれくらいにしておくか。
    まだいくつかあるけど、それはまた明日にでも書くよ。
    最後に質問とかなんでも聞いて雑談しながら終わろうかと思う。
    終わった途端過疎りまくるだろうけどw

    155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 04:30:15.07 ID:s85f50
    ああ!!
    もう寝るとも!!!ww

    156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 04:30:38.01 ID:dqL0
    >>1はいま年はいくつナンダァイ?

    158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 04:31:36.12 ID:W6h/OKAH0
    >>156
    26。まだまだ若いっぜ!

    157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 04:31:24.97 ID:ydNo1O
    >>1は誰かに似てる?イケメン?

    160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 04:33:06.75 ID:W6h/OKAH0
    >>157
    人によって評価が違いすぐるww
    だからわからん。
    平井堅を薄くしたような感じって言われる。
    平井堅の濃さが10としたら5くらいだって。

    167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 04:38:59.44 ID:uPFCa0
    妹編が見たいんだが

    170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 04:46:40.79 ID:W6h/OKAH0
    >>167
    妹は8つも離れてるうえ
    俺が高校出てすぐ家を出てるからなぁ・・・
    一つだけあるけど、萌えも何もない妹のバカさ加減がわかる話くらいかなw

    寝てしまってた。
    よし寝るぜ!!!
    またなー!

    169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 04:46:16.77 ID:AyHsrO
    さすがに眠い
    面白いかったぜ>>1
    またいつか書いてくれよ

    171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 04:47:47.51 ID:jBZd
    いい具合に寝れそうだ

    172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 04:48:58.83 ID:W7UZO0
    おやすみ=!

    174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 04:55:50.13 ID:icYgd0
    乙。
    おやすみ~

    175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/16(日) 04:58:25.35 ID:uPsa0
    楽しかったぜ
    また書いてくれよ
    おやすみ
    管理人です!
    続きがあるような終わり方でしたが、次スレが見つけられませんでした。
    ここまででこの話は終わりのようです。












    本日のおすすめニュース1
    本日のおすすめニュース2
    本日のおすすめニュース3

    おススメ記事ピックアップ(外部)

    コメント一覧

    1  不思議な名無しさん :2017年11月06日 21:40 ID:uMLEuwnJ0*
    アーッ!
    2  不思議な名無しさん :2017年11月06日 22:14 ID:f6B1fY.P0*
    最後、JCの美人局にはめられた話かと思ったら、フツーにオイシイ思いして終わっただけという……
    強請られて、尻の毛までむしられるのが見たかったのに
    3  不思議な名無しさん :2017年11月07日 09:44 ID:B5ODgr7o0*
    お前の人生なんかどうでもいい
    4  不思議な名無しさん :2017年11月07日 13:52 ID:iKeSu8ey0*
    ネットで詰まらない人生さらしていったい何が満たされるのだろう


    5  不思議な名無しさん :2017年11月08日 07:41 ID:nVdzsDQ20*
    26歳になるとネットに自分の半生を書き込むやつ多いな。なんで?

     
     
    topページに戻るボタン

    不思議ネット
    とは

    不思議.netでは怖い話・オカルトから科学ネタまで、2chを中心に世界の不思議な話題をお届けしています。普段2chを見ない人でも気軽にワクワクできる情報サイトをっころがけて毎日絶賛更新中!