まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

日本の妖怪って「何で?」って言いたくなる奴多いよな?

2017年12月05日:20:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 47 )

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 22:48:43.58 ID:G56+5WS40
枕返し ← 何で?

枕返し

枕返し、反枕(まくらがえし)とは、日本の妖怪の一つ。夜中に枕元にやってきて、枕をひっくり返す、または、頭と足の向きを変える悪戯好きの妖怪とされる。江戸時代の妖怪画集『画図百鬼夜行』には小さな仁王のような姿で描かれている。具体的な話は江戸時代以降の近代の民俗資料に多く見られ、子供のような姿、坊主のような姿ともいわれるが、外見ははっきりとは伝わっていない。
wiki-枕返し-より引用

img_1

妖怪退治の仕事してるけど、何か質問ある?(未完)
http://world-fusigi.net/archives/6972808.html
管理人です!
これは以前にオカルト.netで一度掲載した記事です。




2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 22:48:58.28 ID:MFf+N7qUi
>>1←なんで?

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 22:49:14.09 ID:/OvybePX0
妖怪なんで返し

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 22:53:35.52 ID:TRNK7JIWP
枕は頭を長時間乗せているもので
頭=脳=精神と密接に関わりのあるものだから
枕を返すとなんか大変なことになるらしい



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 22:49:59.36 ID:i3a+LoKO0
泥田坊
田を返せ

泥田坊

泥田坊は顔が片目のみで手の指が3本しかなく、泥田から上半身のみを現した姿で描かれている。解説文によれば、北国に住む翁が、子孫のために買い込んだ田を遺して死んでしまい、その息子は農業を継ぐどころか酒ばかり飲んで遊びふけっており、夜な夜な田に一つ目の者が現れ「田を返せ、田を返せ」と罵ったとある。
このことから一般には、農業を営む老人が田を遺して死んだ末、放蕩息子を怨んで泥田坊という妖怪と化したものとされる。

wiki-泥田坊-より引用
泥田坊

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 22:55:21.58 ID:pPASnKYLi
どろたぼうは分かるだろ

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 22:50:04.76 ID:gHu0VtmD0
妖怪ショクナシスネカジリ

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 22:50:15.89 ID:1yWS/Xgl0
小豆洗い←なんで?

小豆洗い

小豆洗いまたは小豆とぎは、川で小豆を洗う音をたてるといわれる日本の妖怪である。

長野県松本市では、木を切り倒す音や赤ん坊の泣き声をたてたという。群馬県邑楽郡邑楽町や島根県では、人をさらうものといわれる。

wiki-小豆洗い-より引用
小豆洗い

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 22:50:32.68 ID:lnv7qVuh0
垢舐め←何で?

垢舐め

垢嘗(あかなめ)は、鳥山石燕による江戸時代の妖怪画集『画図百鬼夜行』などにある日本の妖怪。風呂桶や風呂にたまった垢を嘗め喰うとされる。

古典の妖怪画の画図では、足に鉤爪を持つざんぎり頭の童子が、風呂場のそばで長い舌を出した姿で描かれている。解説文が一切ないため、どのような妖怪を意図して描かれたものかは推測の域を出ないが、江戸時代の怪談本『古今百物語評判』には「垢ねぶり」という妖怪の記述があり、垢嘗はこの垢ねぶりを描いたものと推測されている。

wiki-垢舐め-より引用
垢舐

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 23:02:39.59 ID:Pp55ioOfO
垢嘗め←むしろおいでませ

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 22:51:24.56 ID:NnJ42r2X0
そういう小物妖怪は精神的に攻撃するタイプだよな

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 22:51:46.33 ID:srTARFl9O
大首車←見たら死ぬ←は?

輪入道

輪入道は自分の姿を見た者の魂を抜いていき、「此所勝母の里」と書いた紙を呪符として家の戸に貼ると、輪入道が近づくことができないという意味である。「此所勝母の里」とは、中国の儒家の始祖・孔子の門人である曾子が「母に勝つ」の名を嫌って勝母の里に足を踏み入れなかったという『史記』「鄒陽列伝」での逸話が由来とされている。

wiki-輪入道-より引用
輪入道

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 22:52:56.68 ID:Qt5piWJ8i
べとべとさんの謎具合は嫌いじゃない

べとべとさん

べとべとさんは日本の妖怪の一種で、夜道を歩く人間の後をつけてくるといわれる。奈良県宇陀郡では暗い夜道で遭うといい、静岡県では小山を降りてくるときに遭うという。

足音がするのみで人に危害を加えることはないとされるが[3]、足音を不気味に感じるときには道の片側に寄って、「べとべとさん、お先にお越し」(奈良県)「お先にお越し」(静岡県)「お先にどうぞ」(同県)などと唱えれば、ついてきた人間から離れるという。妖怪漫画家・水木しげるはこの妖怪と思われるものと遭遇したことがあると語っている。

wiki-べとべとさん-より引用
べとべとさん

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 22:53:02.88 ID:KOxeDXjC0
濡れ女←なんで…ゴクリ

濡女

濡女(ぬれおんな)は、日本の妖怪の一つで、「ヌレヨメジョ」の名でも知られる海の怪異。多くは人間を喰うと伝えられるが、形状も性質も一様ではない。

島根県石見地方でいう「ヌレオンナ」は、「牛鬼」に使われる水妖で、海辺に現れ、抱いている赤子を人に渡して海に入ると、牛鬼が現れる。頼まれた人間は、赤子を投げ捨てて逃げようとするが、赤子が重い石になって離れない。その為牛鬼に喰い殺されてしまうと伝えられる。

wiki-濡女-より引用
濡女

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 22:53:48.07 ID:k7FN+Al80
雪女←やんでれ

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 22:53:07.07 ID:2mwtoSkr0
雪女なんて結婚して子供までつくるからな
他人に口外するなて約束を破ったんで出ていったわけで
わけがわからない

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 22:53:22.28 ID:G56+5WS40
河童←相撲とろうぜwww←何で?

河童

河童(かっぱ)は、日本の妖怪・伝説上の動物、または未確認動物。河太郎(かわたろう)とも言う。ほぼ日本全国で伝承され、その呼び名や形状も各地方によって異なる。類縁種にセコなどがいる。水神、またはその依り代、またはその仮の姿ともいう。

wiki-河童-より引用
河童

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 22:53:52.53 ID:gTx5U+/c0
ぬっぺふほふは見た目も名前も謎

ぬっぺふほふ

ぬっぺふほふまたはぬっぺっぽうは、『画図百鬼夜行』や『百怪図巻』などの江戸時代の妖怪絵巻にある妖怪。顔と体の皺の区別のつかない、一頭身の肉の塊のような姿で描かれている。

(中略)
1609年(慶長14年)、駿府城の中庭に、肉塊のような者が現れた。形は小児のようで、手はあるが指はなく、肉人とでもいうべきものだった。警戒の厳しい城内に入り込む者は妖怪の類であろうと思われたが、捕まえようにもすばやく動いて捕まえられない。当時の駿府城に住んでいた徳川家康が、その者を外へ追い出すよう命じたため、家来たちは捕獲をあきらめて城から山のほうへと追い出した。

wiki-ぬっぺふほふ-より引用
ぬっぺふほふ

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 22:54:23.83 ID:TRNK7JIWP
がしゃどくろ←名前は可愛い

がしゃどくろ

がしゃどくろは日本の妖怪。戦死者や野垂れ死にした者など、埋葬されなかった死者達の骸骨や怨念が集まって巨大な骸骨の姿になったとされる。夜中にガチガチという音をたててさまよい歩き、生きている人を見つけると襲いかかり、握りつぶして食べると言われる。

wiki-がしゃどくろ-より引用

Takiyasha

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 22:55:28.34 ID:4P2o30Qp0
鎌鼬

転ばせて
足斬って
薬付けて治す←は?

鎌鼬

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 22:57:40.14 ID:G56+5WS40
ぬらりひょん ← 何してんの?

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 23:04:27.24 ID:RihX8FvL0
>>30
no title

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 23:06:21.27 ID:TRNK7JIWP
>>39
そこにいるのに誰にも気にされない
お前らのことだな

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 22:59:30.93 ID:G56+5WS40
でぇたらぼっち = 海苔

ダイダラボッチ

ダイダラボッチは、日本の各地で伝承される巨人である。数多くの類似の名称が存在する。このため本稿では便宜的に名称をダイダラボッチとする。山や湖沼を作ったという伝承が多く、元々は国づくりの神に対する巨人信仰がダイダラボッチ伝承を生んだと考えられている。

wiki-ダイダラボッチ-より引用
ダイダラボッチ

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 23:00:52.87 ID:4P2o30Qp0
まぁマジレスすると事象があって妖怪ができるから・・・

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 23:05:46.40 ID:FT+7UG8H0
狂骨←これ何

狂骨

狂骨(きょうこつ)は、鳥山石燕による江戸時代の妖怪画集『今昔百鬼拾遺』にある日本の妖怪の一種。平成以降には、京極夏彦による小説『狂骨の夢』でも知られる。

白髪の生えた骸骨姿の者が、白い衣を纏った幽霊のように、井戸の中から釣瓶に吊られて浮かび上がった姿として描かれており、解説文は以下のように述べられている。
解説においては、狂骨は井戸から現れることと、凄まじい怨みを持っていることが語られているが、それ以上の説明はなく、具体的にどのような妖怪を描いたものかは判明していない。

wiki-狂骨-より引用
狂骨

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 23:28:33.83 ID:G56+5WS40
小泣きジジィ ← 良い大人が泣くな

子泣き爺

民俗学者・柳田國男の著書『妖怪談義』に記述のある妖怪の一つで、本来は老人の姿だが、夜道で赤ん坊のような産声をあげるとされている。

一般には、泣いている子泣き爺を見つけた通行人が憐れんで抱き上げると、体重が次第に重くなり、手放そうとしてもしがみついて離れず、遂には命を奪ってしまうとされている。書籍によっては、子泣き爺は石のように重くなることで抱き上げた人間を押し潰すなどと記述されている。

wiki-子泣き爺-より引用
子泣き爺

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 23:32:57.29 ID:6S/fcN+W0
>>61
子泣きじじいな
子供の泣き声を真似るから子泣きじじい

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 23:36:30.03 ID:TRNK7JIWP
子供の泣き声なのにジジイって発想がいいな

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 23:11:04.39 ID:Sb8vT5Qx0
豆腐小僧なんか豆腐持って立ってるだけだぞ

豆腐小僧

豆腐小僧(とうふこぞう)は日本の妖怪の一つで、盆に乗せた豆腐を手に持つ子供の姿の妖怪。

一般には頭に竹の笠をかぶり、丸盆を持ち、その上に紅葉豆腐(紅葉の型を押した豆腐)を乗せた姿で描かれている。
本来の草双紙などにおける豆腐小僧は、特別な能力などは何も持たず、町のあちこちに豆腐や酒を届けに行く小間使いとして登場することが多く、特に悪さをすることもない。
wiki-豆腐小僧-より引用
豆腐小僧

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 23:13:14.16 ID:dPcsgvy+0
>>45
あの豆腐食ったら身体中にカビが生えて死ぬらしいぞ

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 23:14:01.27 ID:G56+5WS40
>>46
何それ怖い

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 23:18:21.11 ID:yimUj1KH0
好きな妖怪ナンバーワン
no title

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 23:20:12.15 ID:G56+5WS40
>>49
めっちゃ良い奴やん

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 23:24:39.35 ID:tQK8+5WWO
>>49
都合良すぎてワロタ

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 23:23:12.23 ID:hPbyDE930
>>49
もはや神様だろこれ









引用元: ・日本の妖怪って「何で?」って言いたくなる奴多いよな?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本の妖怪って「何で?」って言いたくなる奴多いよな?

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2017年12月05日 20:07 ID:Nm7.PKaP0*
妖怪に何か用かい
2  不思議な名無しさん :2017年12月05日 20:20 ID:aOxeh1v.0*
うまづらさん毎日来てほしい
3  不思議な名無しさん :2017年12月05日 20:23 ID:7.DzIZfa0*
すねこすりなら一匹ウチにもいるよ
4  不思議な名無しさん :2017年12月05日 20:34 ID:fWwbg33W0*
馬面ってたぶんモチーフになった人間いるよね
5  不思議な名無しさん :2017年12月05日 20:45 ID:gdeTDIiq0*
うまづらはちょっと顔の長いかーちゃんだろ
6  不思議な名無しさん :2017年12月05日 20:48 ID:Z3tFanIS0*
うまづらに会いたいw
7  不思議な名無しさん :2017年12月05日 20:51 ID:jsJqRzZr0*
なんで返しwww
8  不思議な名無しさん :2017年12月05日 20:55 ID:OM6vxU7G0*
うまづら=嫁?
9  不思議な名無しさん :2017年12月05日 20:56 ID:Xo35aH1y0*
妖怪の話題は平和でいいな
ありがとう水木先生
10  不思議な名無しさん :2017年12月05日 21:10 ID:h3wZOGYH0*
それが八百万の神なんだなぁ…
11  不思議な名無しさん :2017年12月05日 21:11 ID:HObXBOf00*
濡女といえばぬ~べ~の濡女回いいよね
12  不思議な名無しさん :2017年12月05日 21:19 ID:h3wZOGYH0*
うまづらが、ジョジョっぽい。
13  不思議な名無しさん :2017年12月05日 21:44 ID:XivNSJuC0*
戒めのために生まれた奴
謎現象の仕組みを押し付けられた奴
コンプラックス等から擦り付けられた奴
人の精神の怪しさから生まれたのが妖怪
あながち妖怪ウォッチも外れではない
14  不思議な名無しさん :2017年12月05日 21:50 ID:dG1LBKCq0*
確かにうまずらも違う意味で「なんで?」だな
15  不思議な名無しさん :2017年12月05日 22:15 ID:MqoyNGjO0*
うわん、とか
牧歌的
16  不思議な名無しさん :2017年12月05日 22:25 ID:rll3Jkj60*
河童、天狗、鬼、鵺あたりから先の妖怪、江戸時代の奴なんて殆ど現代の都市伝説と変わりないように見えるイミフさだからね。
そりゃなんで?とも言いたくなるわ。

河童の相撲については
河童は水死体を作る(尻子玉を抜いた後のアナルの弛緩)→水死体その物の暗喩→水死体は鉤で引き上げる物→鉤と鉤の力比べ(角力、すまい)の神事がある→だから河童は相撲好き
って無理矢理な論法を聞いた記憶がある。
17  不思議な名無しさん :2017年12月05日 22:29 ID:3QG4O4Uw0*
ほとんど脳障害持ちの気の毒な人くさいな
18  不思議な名無しさん :2017年12月05日 22:31 ID:EmvGcPDp0*
ここ最近妖怪もめっきり減ったな。ちいさいオッサンとか位しか聞かないわ。妖怪じゃないけどヤバい奴なら東京の電車にいるけど。左足壊死したホームレスなんだけどね。
19  不思議な名無しさん :2017年12月05日 22:58 ID:jCQRDIEt0*
うまズラはコラージュだけどな。口から出してるの猛毒だし
20  不思議な名無しさん :2017年12月05日 22:59 ID:dgSM.j.00*
返したいし洗いたいからやろ
21  不思議な名無しさん :2017年12月05日 23:12 ID:vmtsJVb70*
※13
外れじゃないっていうか、むしろ妖怪ウォッチはそういうの狙って作ってるじゃん
身の回りにある嫌な出来事をなんでも妖怪のいたずらに置き換えてるのが妖怪ウォッチだし
そこはいわゆる世間の妖怪のイメージと何ら変わりない
歌も妖怪のせいなのねっつって、全責任を妖怪さんに負わせていくスタイル
22  不思議な名無しさん :2017年12月05日 23:55 ID:e1994NHy0*
うまづらはコラなんだよなー
23  不思議な名無しさん :2017年12月06日 01:12 ID:ruhlb9780*
妖怪てのは自然の一部だから
人間の度量では測れない理不尽の塊で良いのです
怪異なんてものは理不尽で意味不明なものなのですよ
24  不思議な名無しさん :2017年12月06日 01:35 ID:L7654Ud80*
何でも何も教訓だし、垢嘗めは掃除しないと怖い奴くるぞってタイプだし河童は川は迂闊に入れば溺れ死ぬから気安く近寄るなよってタイプ。
25  不思議な名無しさん :2017年12月06日 02:31 ID:k343Z8dm0*
インスタバエとか数年後には妖怪になっててもらいたい
26  不思議な名無しさん :2017年12月06日 02:50 ID:lnHX.xyU0*
たしか、墓石を夜に磨くだけの妖怪もいたな
27  不思議な名無しさん :2017年12月06日 02:52 ID:lnHX.xyU0*
狂骨はゲゲゲの鬼太郎で学校の生徒がいろはにほへとの順でやられていくのを思い出す
元はそんな設定無かったんだな
28  不思議な名無しさん :2017年12月06日 04:00 ID:j7QYxnMv0*
昔は何でも妖怪の仕業だからなw

現在なら「本屋に行くと何故かトイレに行きたくなるのは、妖怪(青木まりこ)のしわざ」とか?www
29  不思議な名無しさん :2017年12月06日 05:25 ID:dwPwRWgY0*
我々人間から見て一見意味の無いように思えることでも森羅万象を動かす上で必要な行動だったりする。彼らにとっては物質界に関わることに意味がある。その上で人に恩恵をもたらし畏れ奉られた者は神と呼ばれ、そうでない者は妖怪と呼ばれる。でたらめなようででたらめでもなく逆に理屈が整っているわけでもない。人間界の物差しで簡単に計れないのが彼らの世界
30  不思議な名無しさん :2017年12月06日 08:09 ID:CFqHrtPR0*
境界(海・山)、異人などに関わるものは比喩的存在ではあっても、超常の存在では無いよ。
鬼や土蜘蛛、山姥に天狗がまさにいい例で。
31  不思議な名無しさん :2017年12月06日 08:37 ID:yKot0wdu0*
理不尽なことを単一の神様のすることと考えたか、それぞれに特定の存在があって、それが行ったという解釈の差なのかなと。
一神教とアニミズムみたいな。

子泣き爺も嫌だけど、爺泣き子でも嫌だな。
32  不思議な名無しさん :2017年12月06日 08:48 ID:ruhlb9780*
意味不明だったり理不尽だったりであればこそ怪異ともいえるのかも
怪異、まやかし呪いとか正体が知れると一気に効力を失うって話多いし
33  不思議な名無しさん :2017年12月06日 09:10 ID:myuND8.H0*
うまづらって馬面の母親か嫁のいるひとが考えたんじゃね?
34  不思議な名無しさん :2017年12月06日 09:16 ID:QR5e1AVF0*
布団かけないで昼寝してくる
35  不思議な名無しさん :2017年12月06日 12:14 ID:UEDQ.KtO0*
妖怪リコーダー舐達なら垢嘗の気持ちならわかるだろ
俺はわからんが
36  不思議な名無しさん :2017年12月06日 12:30 ID:h6RtbTAn0*
妖怪図鑑に載ってたアイダガギオギオが死ぬほど怖かった思い出
37  不思議な名無しさん :2017年12月06日 15:42 ID:KnI1CjGq0*
あと付喪神みたいな器物が妖怪になるみたいなん外国にあるのかな?
38  不思議な名無しさん :2017年12月06日 17:53 ID:U4NaRUw20*
鳥山石燕もかなり妖怪を創作したらしいぞ
39  不思議な名無しさん :2017年12月06日 19:31 ID:O6v8xeb60*
妖怪図鑑的なものって無垢な子供にとっては本当に神秘の書物だよな
固有名詞とか地名とか、いかにも本物っぽく描写されてるし
40  不思議な名無しさん :2017年12月06日 19:35 ID:QE1xgVd80*
ぬらりひょんなんかは実際にそういう不審者がいたんだろうなぁと想像がつく
そう思ったら俺らも妖怪みたいなもんだな
41  不思議な名無しさん :2017年12月06日 20:49 ID:REIfMhBZ0*
小豆洗いは、夜に歩いてたら小豆洗ってるみたいな音がする→そういう妖怪がいるに違いないって感じで生まれたとか
実際は川の流れる音とか自然音だけど
昔の夜は今とは全然違くてもっと恐ろしかっただろうし妖怪が生まれやすかったんだろう
枕返しは…寝相の悪い人が考えた妖怪とかかな…
42  不思議な名無しさん :2017年12月07日 03:11 ID:S.asg3Rt0*
むしろ理解できない現象に何で?と理由を付けたのが妖怪だぞ
43  不思議な名無しさん :2017年12月07日 08:49 ID:YD2WsXsx0*
田をかえせぇ~ たかえせ~ たがやせ~


後の畑の誕生である
44  不思議な名無しさん :2017年12月07日 16:49 ID:h1qIlHxk0*
カマイタチって切った後薬付けてくれるのか
ちょっと優しい
45  不思議な名無しさん :2017年12月07日 18:44 ID:lGWC.t9y0*
百器徒然袋の付喪神たちの姿はアイデアが尽きてデザインが適当過ぎる
46  不思議な名無しさん :2017年12月07日 20:21 ID:LF8f5nyB0*
長生きしたいから薬調合するぞ!
妖怪?んなもん山に追い出せ!
とかやらかす神君
47  不思議な名無しさん :2017年12月10日 06:17 ID:fTOXImAV0*
「泥田坊」は「どろでんぼう」と教わったな
どっちでもいいんだろうけど

 
 
上部に戻る

トップページに戻る