まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

募集終

怖い話!

第一回 怖い話グランプリ  結果発表!!

締め切り:2018年8月12日(受付終了しました)

『神』って実在しているんか?世界中の民族が神を生み出してるけどこれってなぜだろう?

2017年12月25日:18:09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 193 )

God


1: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:25:47.10 ID:/wfVvelE0XMAS
大国であろうが小さな村であろうが独自に神を生み出して祀ってるやん?
それってなんでなんや?
人間は神に支配されたいのか?
宗教画について興味深いスレはこちら

宗教画に出てくる『頭だけの天使』、こいつの正体ってなんなの?
http://world-fusigi.net/archives/8653450.html

引用元: 『神』って実在しているんか?







9: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:26:46.66 ID:R8+5j66HaXMAS
神は認識も知覚もできんぞ

16: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:27:46.59 ID:/wfVvelE0XMAS
>>9
でもアフリカ大陸の小さな村でも神は生まれて信仰されてるよね?

11: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:27:15.47 ID:/wfVvelE0XMAS
世界の全ての民族が神を生み出してるってやっぱり生き物は神を求めてるんか?
なら動物も神のような存在を信じているんか?

100: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:39:05.84 ID:WY6y1N6qaXMAS
>>11
人間は脳が発達したから、他の生物がしなかった「想像」で物語を仮想できるようになった
世界が【存在する】と仮定したからには誰かその理由を想像せなストーリーが始まらんから神話が生まれて
なんやかんやあって今はその派生で科学やら物理やらの仮定まで来てる

13: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:27:24.41 ID:Jnaojmjm0XMAS
神の定義ってなんや

18: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:27:52.74 ID:tIHG+sLe0XMAS
神はその存在に原因の無い存在や

20: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:28:02.33 ID:m6e/90+paXMAS
ここだけの話ワイが神や

21: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:28:18.15 ID:/wfVvelE0XMAS
『神』ってそんなに人にとって必要なもんか?

22: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:28:29.85 ID:UVDFkoc1dXMAS
神は心の中におるんやで

25: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:28:44.71 ID:UMWh871G0XMAS
神ってのは人の生死の要請にこたえてくれるからそら当然よ
例えばワイみたいな劣等遺伝子のガイジがなんで生まれてしまうかっていう問いには宗教しかこたえてくれんやろ?

27: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:29:07.42 ID:lQvGp9O40XMAS
集合体意識やぞ

29: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:29:12.39 ID:/wfVvelE0XMAS
ワイが言いたいのは「神がいるならこんな世界作るはずがない」ってことではなくて「なぜ人は神を生み出したのか?」ってことや

30: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:29:34.12 ID:yo1Z/9qO0XMAS
神は少数の人数をまとめるのに有用やが
そういうまとまりが複数おると途端に邪魔になる

42: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:30:57.04 ID:UMWh871G0XMAS
>>30
逆だぞ
神は出会ったことのない人々をつなげる想像の共同体を作るのに役立っている
いまは国家にその役目を奪われたけど

55: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:32:36.21 ID:yo1Z/9qO0XMAS
>>42
嘘つけ
想像の共同体と言いながらやるのは殺し合いだゾ

66: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:34:08.07 ID:UMWh871G0XMAS
>>55
それは異宗教や宗派の話やろ
そんなの国家もかわらんからな

75: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:35:40.52 ID:yo1Z/9qO0XMAS
>>66
世界各地に散らばった人類が同時多発的に神を創造するんやから
やがて異なる宗教が出会うのは当たり前や
そうなった時に殺し合いを避けられんのやから神は集団が集団を効率よく殺すための手段やで

33: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:29:42.88 ID:y20MBdCkaXMAS
神は人間を支配してるわけではない
自然を支配してる
自分たちが自然を支配したいから
神に近づこうとして崇める

35: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:30:15.24 ID:yOrdc/X60XMAS
居ないよりは居る方がええやろ

38: なんjの神 2017/12/25(月) 00:30:21.78 ID:J50hqEsCpXMAS
数学のXみたいなもんやろ
理解できないものをとりあえず神とおいたんや

44: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:31:05.69 ID:/wfVvelE0XMAS
日本でも神を創ってるわけやからな
宗教とかじゃなくて上位の存在という意味で

46: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:31:08.81 ID:Ti4SdInDaXMAS
都合悪いことは全部神のせいにできるから必要

47: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:31:11.65 ID:wPLHiUyXMXMAS
おってほしいもんやな
死後の世界もあってほしいわ

50: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:31:37.39 ID:sNXKlVcN0XMAS
神がいてもいなくてもワイらに観測する手段は無いからこの議論は無駄やね

56: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:32:44.59 ID:/wfVvelE0XMAS
でも世界のどの民族もその考えにたどり着いてみんながみんな似たような神を想像するのって奇跡やろ?
やっぱり知的生物にはそんな機能があるんかな?

64: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:33:55.37 ID:ZWVyUfbY0XMAS
>>56
同時多発的に生まれたんじゃなくて民族移動で思想が広まっただけやぞ

65: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:33:55.78 ID:yo1Z/9qO0XMAS
>>56
そんなん世界中が10で1繰り上がるのと一緒やから奇跡でもなんでもないんやぞ

78: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:36:08.90 ID:/wfVvelE0XMAS
>>65
世界中ではないやろ
初めは違ったけど他の民族から伝わって統一されてきたんや
でも神はどんな民族も独自に想像してるやん

84: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:36:56.56 ID:ZWVyUfbY0XMAS
>>78
アニミズムとかは精霊信仰やろ

88: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:37:33.77 ID:yo1Z/9qO0XMAS
>>78
数かぞえる知恵つけたら
大抵のヒトカスは10や5で数えるもんやで
指が5本なんやから
神がどこ行っても人間の姿しとるのもそういうことよ

67: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:34:24.40 ID:QoI3+w4f0XMAS
トイレ行くときは祈るわ

68: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:34:43.80 ID:/wfVvelE0XMAS
だって日本には仏教があるけど日本の神とは関係ないやん?
なんで大陸ができたことを神のせいにしたのか?

69: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:34:47.65 ID:R8+5j66HaXMAS
知覚することでしか認識できないから人間が神なんやで

72: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:35:08.76 ID:ixrWoA7i0XMAS
神のせいにしといたら楽やからやで

85: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:36:56.87 ID:hRemI21D0XMAS
数学者でも神の存在どうこう言う人おるやろ
この世界が在る(在った)ってことを受け入れるには
神でも持ちださんとあかんのやな

87: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:37:07.93 ID:JazEE2SbdXMAS
神って概念を作り出した人は
妄想に囚われたのか
理性をもってでっち上げたのか
はたまた本当に掲示を受けたのか
それだけは気になる

99: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:38:37.85 ID:XcYb02ShaXMAS
>>87
その全てが同時に成立する可能性もあるわけだから、それは問うに値しない問題設定

108: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:39:58.17 ID:ZWVyUfbY0XMAS
>>87
宗教の開祖の多くは統合失調症だったんじゃないかって説あるで

133: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:43:31.87 ID:JfusFYg+0XMAS
>>108
それ古代人バカにしすぎな気がするわ
人を支配する為に割と打算的に神の存在を語ってた奴が多いと思うわ

93: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:37:52.91 ID:/wfVvelE0XMAS
ワイは世界が生まれたのは神の仕業なのか?ってことが言いたいのではないで

96: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:38:24.81 ID:y20MBdCkaXMAS
数字の概念は無くとも数の概念は原始人でもわかる
神ってその程度のことだよ

101: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:39:08.19 ID:mJRd2BIM0
>>96
その程度ならお前はどの程度だ?

97: なんjの神 2017/12/25(月) 00:38:24.81 ID:J50hqEsCpXMAS
信じる信じないって行為は根深いもんで自分の意志で決められることちゃうで

102: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:39:19.30 ID:/wfVvelE0XMAS
人間はやはり神による支配を求めてるんかな?
じゃないと神を信じているから人を殺すなんてことはしないやろ

109: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:40:14.19 ID:f1l8p4qb0XMAS
人間が神を認識する←無理そう
神が人間に自己認識させる←出来そう

あれっ矛盾してね?

111: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:40:19.75 ID:JfusFYg+0XMAS
同時多発的って言うけど極端な話人間はみんなアフリカに居たわけだし
西の方はエジプトとメソポタミアの影響がデカいわけやし
そんなに無関係に生まれてるわけやないんやないか

112: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:40:25.22 ID:ixrWoA7i0XMAS
わからない物、知らない事を神とか悪魔の仕業にしてきたんやで
原始的な時代は雨や雷とかな
科学が発展するにつれて信仰の形も変わってきたし生まれた当初と現代では違いすぎるわな

116: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:41:17.13 ID:/wfVvelE0XMAS
世界の文明って神を想像することで発展してるからすごいわ
神がいなかったら芸術も建築物もほとんど発展せずに飯食って子供作るだけの生活やったと思うで

122: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:42:09.55 ID:2n5d+aFcdXMAS
なんで起きたんか分からんことやほとんどありえへん奇跡に大きな意思の存在を感じる瞬間あるやろ
それが神やで

130: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:43:16.68 ID:f1l8p4qb0XMAS
>>122
悪魔「ワイやぞ」

148: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:45:48.69 ID:2n5d+aFcdXMAS
>>130
なら悪魔が神やな

153: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:46:35.36 ID:hKX0YpJa0XMAS
>>148
その通りやぞ

125: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:42:53.85 ID:HTRUTBY7dXMAS
マジレスすると
神=自然だっちゅ~の

192: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:51:27.06 ID:1/0XhNLJ0XMAS
>>125
汎神論の考え方?
神=森羅万象、宇宙でも自然でもあるみたいな

202: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:53:04.11 ID:oUG4/Thz0XMAS
>>125
八百万の神やな
古代日本人の考え方や

126: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:43:06.96 ID:/wfVvelE0XMAS
動物は神を信じるんかな?
猿とかイルカとか哺乳類は信じそうなもんやな

135: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:43:52.70 ID:H8spEtga0XMAS
ワイらを作った何者かはおるんちゃうかなそれを神と呼ぶかどうかは分からんが

138: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:44:25.66 ID:f1l8p4qb0XMAS
神の定義ガバガバで草

145: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:45:31.21 ID:/wfVvelE0XMAS
>>138
実際定義づけるのって難しいやろ
人より上位のなにかってことは共通してるけど

149: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:46:01.15 ID:w7tWvFVeaXMAS
この世界は神様の見てる夢なんやぞ
だから神様はずっと寝てるんや

150: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:46:07.40 ID:iou0ALLP0XMAS
人間の弱さの象徴だと思う

152: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:46:34.32 ID:o0akLB4x0XMAS
神か…最初に罪なんてものを考えだしたつまらん男さ

158: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:47:06.41 ID:yo1Z/9qO0XMAS
ともあれ世の中で神様ほど効率よく人間を殺せる道具はないわな
なんぼWAになっておどろう言うても現実にはWAがいくつもできてて
自分のWAに入らんやつを殺すのが人間や
神様ができてからそれをようけやっとる

159: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:47:07.70 ID:VierQEyxdXMAS
過去の経験からすればいる、としか言いようがない
やっぱり教会とか神社はそれなりに意味があるんだよ

162: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:47:39.77 ID:WY6y1N6qaXMAS
数学は西洋の言う神を仮定しないと成立しないからな
だか自然科学でエラーを意味する0と∞だけは東洋でしか生まれなかったし
神が1を生み出して9999と進む概念は、絶対神がエイって世界の1を作った瞬間があるけど
無の0と永遠の∞だと神様は存在できない

172: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:49:08.76 ID:w7tWvFVeaXMAS
神様は人類に興味なんて持ってないぞ

183: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:50:21.61 ID:/wfVvelE0XMAS
ワイも昔の時代に生まれてたら数学を思いつきはせんかったやろうけど「神」については想うことがあると思うわ

184: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:50:22.21 ID:J50hqEsCpXMAS
実際現代に信仰とか持ってる奴は頭おかしいやろ

193: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:51:33.24 ID:UMWh871G0XMAS
>>184
それ科学を信仰してる進歩主義者や熱心なナショナリスト全員に言えるけどねぇ

185: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:50:24.18 ID:iqp4liBY0XMAS
ホントに神がいるならそいつはシムシティで町作った後に色々災害起こして楽しんでる奴と大して変わらん

197: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:51:58.62 ID:qlbqifA70XMAS
神は芸術みたいなもんや

198: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:52:01.84 ID:dd+IFFRSdXMAS
おるんやったら出てこい雑魚!w
肝心な時に助けに来ず迷惑ばっかり掛けやがって

204: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:53:15.50 ID:VierQEyxdXMAS
>>198
まあ要するに縁のない奴はないし
どっちでもいいんじゃねえの

206: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:53:44.60 ID:ysCE1f3Z0XMAS
>>198
神は超自我の比喩だから見守ることしかせんのやで
むしろ自販機みたいにお願いしたらすぐ現世利益くれるみたいなのは大抵カルト

161: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:47:25.79 ID:LX1PTArLaXMAS
神は6日目に人間を作り、1日休んで天に帰った

テストとかデバッグせずに休む屑だよなこれ

165: 風吹けば名無し 2017/12/25(月) 00:48:21.76 ID:DwIB8UBi0XMAS
>>161









  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『神』って実在しているんか?世界中の民族が神を生み出してるけどこれってなぜだろう?

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2017年12月25日 18:17 ID:frz.r.T80*
神だとか宗教ってのは昔は今と違って重要な役割があったと思う。昔の人が宗教なかったらその辺で殺人したり、奪い合ったりどうしようもなかっただろう。宗教っていう作り話を作って抑制(人は殺しちゃいけませんよ。ものを奪っちゃいけませんよ。)してたと思う。
今はもうモラルが形成されてるし、宗教にさほど意味はない。昔の宗教は道徳モラルの教科書だった気がするな。じゃなきゃ人間の民度が低すぎて手に負えなかっただろう。
2  不思議な名無しさん :2017年12月25日 18:32 ID:nnMfxRjn0*
民度が低すぎて神に引っ張られすぎて
殺人もこなしてるけどね
当の神は何もしてくれない
3  不思議な名無しさん :2017年12月25日 18:32 ID:6Y.fJMdx0*
宗教は生活の知恵とか、グループのルールとか、個人の救いとかって感じだけど、
それと、人の上にいる神って存在はちょっとニュアンスが違う気がする
4  不思議な名無しさん :2017年12月25日 18:35 ID:.JuRoO3Z0*
自分達が何故存在するのか?
って考えた時にまっさきに行きつくのが誰か自分らや世界を作った存在がある
と考えるのが自然の流れなんじゃないか。
5  不思議な神の代弁者さん :2017年12月25日 18:43 ID:lL.d1U.20*
宗教上の神は全て偽物……というか、人間の創作物
問題は、「本物の神はいるか?」ってことだろ?

少なくとも、神は人間に干渉しない。ならば人間は神の意思を尊重し、神なしでも上手くやっていかないとダメだ。神に頼ろうとするのは、神の意志に反しているのだ。
6  不思議な名無しさん :2017年12月25日 18:43 ID:n1BvmL3w0*
神と神話は人が作ったんだよ
7  不思議な名無しさん :2017年12月25日 18:48 ID:27K4R0SM0*
神は昔の偉人か、都合の悪い事をおしつける、己の都合のいいように作り出す存在やで
8  不思議な名無しさん :2017年12月25日 18:50 ID:hx1cVBaT0*
子供がキリスト教幼稚園入って思うことは、手を清めるとか聖書(文字)を読むとか皆で同じ歌を歌って決まった日にお祝いして平和を祈って、貧しい農民も文化的な生活を送れる・統率も出来る良いシステムだったんだろうなって。聖書って半分は道徳、半分は面白い小説で本当によく出来てる。
人が若くしてバタバタしぬ時代に、魂(その人自身や家族)を安らかにしてくれる存在がいたらいいなって思いから卒塔婆や十字架があるのかと思った。心の平穏を望んで神を信じたんじゃないか
9  不思議な名無しさん :2017年12月25日 18:52 ID:ZcL64rhB0*
3.11のときの津波の動画は当然世界中の人が閲覧してるけど、ある動画では津波の勢いに驚いて、撮影者のおばさん達が感動詞「あらぁ」を繰り返して「あらぁ…あらあらー…」言ってるのに対し、アラビア語で書き込まれたコメント「日本人は都合の良い時だけアッラーに頼るな」草生えた
10  不思議な名無しさん :2017年12月25日 18:53 ID:7QcZMVke0*
神という存在ではなく、いいことをしたら良い報いが、悪いことをすれば罰が当たるという、この単純な「因果応報」の法則が存在しないことに耐えられる人間は少ない

因果応報という言葉自体は仏教由来のものだが、神という存在や様々な宗教的救済は、どうにかしてコレを論理的に成立させようとこじつけたものに過ぎない

自分が無神論者だと思う人は、普段何かにつけて因果応報を受け入れているかどうかを考えるべき。ただ神様なんていないって思ってるだけのヤツが、じつはばりばりの因果応報論者だったりすることは珍しくない
11  不思議な名無しさん :2017年12月25日 19:01 ID:bNj7B.BV0*
頭悪いなあ
日本みたいなアニミズムなら感覚的に理解出来るだろうに
人知の及ばない大自然の力を前に畏怖の念を覚えると共に被害が及ばない様に何とかしたいと祈る事からその対象としての神が生まれたんだろ
12  不思議な名無しさん :2017年12月25日 19:01 ID:vVulG9CQ0*
神を創造したのも人間
神に力を与えたのも人間
映画や漫画のキャラクターと変わらん
13  不思議な名無しさん :2017年12月25日 19:08 ID:V0.NIOhG0*
Q,人間は神に支配されたいのか?

A,馬鹿だから支配されたい(楽したい)これに尽きる
14  不思議な名無しさん :2017年12月25日 19:11 ID:9Pr2ZW1B0*
何かに依存して安心したいから、その何かに神を置いたんだと思うよ。それまでは自分の親だとか身近な存在がその何かに嵌まっていたけど、それらを失った人々が葬送の意味も込めて願った、または尊厳の価値を見出だす手段として用いた結果が神という存在を産んだ。
15  不思議な名無しさん :2017年12月25日 19:12 ID:UfYlupJ80*
まとめサイトに何度も書いているけど
インドのジャイナ教、仏教、ヒンズー教のサーンキャ派、ヴァイシェーシカ派などは創造神を説かないという意味で無神論の宗教である。
ヴェーダーンタ派のブラフマンや道教のタオ、儒教(朱子学)の太極という概念も非人格的な原理である。

神を絶対視するのはユダヤ教系の宗教で、それが現在の世界に広まっているので、現代日本人もそれに合わせて思考するようになっているようだ。
16  不思議な名無しさん :2017年12月25日 19:13 ID:DehuVjhH0*
自然をモチーフにして祀ったり
絶対的なアイデンティティを求めて強力な絶対神を求めたり
神様を感じるにしても色んな理由があるからな
17  不思議な名無しさん :2017年12月25日 19:15 ID:ZZeS2FOf0*
どんな宗教も原点を辿ればアニミズムに行きつくんじゃないの?
得体の知れない上位の存在を神って仮定して、その権威で社会を
秩序化すると宗教になるみたいな。
18  不思議な名無しさん :2017年12月25日 19:16 ID:1tKedguZ0*
人間は支配されるの好きだから
自分で考えなくて良いことが増えて自由な思考に没頭出来て、責任は支配者に丸投げ出来て、何かあったら頼れる。楽だよね
動物も共同体は作るけど、人間は特に依存する。庇護から離れると絶対死ぬチワワと似てる。元は神の家畜だった説を推しとこ
19  不思議な名無しさん :2017年12月25日 19:16 ID:eszItxwX0*
今の世界がベータ版じゃない?
20  不思議な名無しさん :2017年12月25日 19:17 ID:ofrlxq8H0*
人間が社会を作るうえのアーキタイプの一つが上位自我 すなわち神
人間が神を作るんだからそりゃ人間の居るところには何処でも神は居る
21  不思議な名無しさん :2017年12月25日 19:17 ID:BOLQnmmj0*
 
 擬 人 化 これで全て説明できる 
22  不思議な名無しさん :2017年12月25日 19:17 ID:0q0Eo7il0*
信仰って強制されるものだと思う。普通に生活を送れていたら、宗教を信じようとは思わない。
生物的に神を求める様に出来ているとするなら、異性を求めるのと同じように、もっと心から神の存在を望むんじゃないかな
23  不思議な名無しさん :2017年12月25日 19:18 ID:UfYlupJ80*
明治以降の神道信者は妙にキリスト教にコンプレックスを持って、それを意識して対抗心を燃やしているようだ。それはキリスト教に関心をもっていた平田篤胤あたりが起源なのだろう。

日本を西洋風の国家にしようとしていた明治政府はそれに目をつけ、採用して国家神道を作ったのだ。その風潮は現代にも残っていて、自己陶酔的な神道信者が自己を語るときはたいていキリスト教を引き合いに出して差異を説明しようとする。

しかし、今日、危険なのはユダヤ教の原理主義的思考に関連があるとされる世界政府系のグローバリズム人類統一思想であろう。
24  不思議な名無しさん :2017年12月25日 19:20 ID:pjdh3ApS0*
いるで
みんなの心の中にな!
25  不思議な名無しさん :2017年12月25日 19:22 ID:ngduSFo60*
神仏がいることを未熟な人類が知覚してしまったら、依存して都合よく寄りかかるんだろうなと思う。
だから昔から神を知覚しても正しくいられる人にだけ認識出来るようになってるのかな。
神の存在意義を人類が都合良く解釈し勝手に捻じ曲げてるのではないか…
26  不思議な名無しさん :2017年12月25日 19:23 ID:1nkkHu400*
人類としての意識はどの時代に萌芽したんだろうな
神が生まれたとしたら、その時代だろう
27  不思議な名無しさん :2017年12月25日 19:23 ID:UfYlupJ80*
一説によると、ユダヤ教の聖典タルムードには旧約聖書にも書かれていないような極めて排他的な選民思想があるという。ユダヤ教徒以外は人間とみなさないというのだ。それならばイスラムやキリスト教の比ではなく、オウム真理教並みの危険な集団である。

しかし、異教徒がタルムードを研究されていることは禁止されているので、真相はよくわからない。コーランでさえ日本語訳が出ているというのに。ユダヤ教こそが最も不気味な宗教である。

もし、それが誤解だというなら、ユダヤ教徒みずから誤解の払拭に努めてもらいたいものだ。
28  不思議な名無しさん :2017年12月25日 19:23 ID:y1LYhVjB0*
これは別に難しくないっしょ
人間は元々自分より大きな存在に帰属して、そこに自己の存在を見出そうとする欲があるってだけ
欲があるからその欲に都合のいい架空の存在をイメージする
欲だから、古今東西どこでも神や宗教が作られる
29  不思議な名無しさん :2017年12月25日 19:24 ID:fvIdNwJ20*
どこの人間も神を創作しなきゃ精神を安定させられない
未熟な奴らってことだろ
30  不思議な名無しさん :2017年12月25日 19:26 ID:E5C.k1Nr0*
無条件にすがれる存在がいればいい感じ?
31  不思議な名無しさん :2017年12月25日 19:27 ID:4iptANMi0*
※28
なぞその欲が「神」に結びつくの?
一定の民族ではなく世界中の民族が神という概念にたどり着くのはなぜ?
32  不思議な名無しさん :2017年12月25日 19:28 ID:m9Eikr9Z0*
幽霊も世界中に同じような概念が存在するよな
33  不思議な名無しさん :2017年12月25日 19:28 ID:EQWrfqBp0*
※12
神に力を与えるまでは良かったんだが、それを私欲にコントロールしてるのも人間。 つまり神の上に、人間という黒幕がいる。
34  不思議な名無しさん :2017年12月25日 19:28 ID:Iu2LtQeb0*
マンモーニなんだよ
35  不思議な名無しさん :2017年12月25日 19:28 ID:UfYlupJ80*
ひょっとすると、イエス・キリストという人物は、ユダヤ教選民思想の最も危険な部分に気づき、一般民衆が信じる神という概念を否定しないように配慮しつつ、可能な限り無害化しようとした人だったのではないかと思う。
今日の国際情勢を見るにつけ、その感を深くする。
36  不思議な名無しさん :2017年12月25日 19:32 ID:Iw1CSjb.0*
群れの中で優劣が生まれるのと同じように
自己を基準に出来る出来ないで優劣を付けた結果上位の存在として神という概念が生まれたってのはどうだ
37  岡本貴史 :2017年12月25日 19:32 ID:lTCsmUsg0*
おかもっちゃんが神だから
エムサロンにきてっしょ
38  不思議な名無しさん :2017年12月25日 19:34 ID:y1LYhVjB0*
※31
人間なら誰でも普通に持ってる「欲」だから
そもそも、ネットで居場所を見つけたかったり社会的に価値のある人間になりたかったりっていうのも、「大きな存在に帰属したい」って欲

欲だから、その欲により当てはまるものを人間はイメージする。
つまりこの欲の場合、自分がそれに対してのもでありたいっていう欲が、自分に対して絶対的な存在、神をイメージさせる
二次元美少女だって、「こういう娘がいたらいいな」という欲からきてる
そういう意味では神も同じ
39  不思議な名無しさん :2017年12月25日 19:36 ID:UfYlupJ80*
個人的見解を言わせてもらうなら、世界のあらゆる事象には因果関係があるとみるのが合理的な見方である。
その因果の系列を無限の過去から未来に続くと考えるのでは落ち着かないという人は、第一原因(アリストテレスの用語)としての創造神を想定する。

因果関係など深く考えないが、物体には表面に現れている色形とは別に、その奥に意志をもった実体があるはずだと考える人はアニミズム信奉者になる。

また、無神論者のうち、原因のうちに結果があるとみる人はヒンズー教サーンキャ派のように因中有果論を唱え、原因には結果は含まれないとみる人はヴァイシェーシカ派のように因中無果論を唱える。
因果関係を暫定的に認めつつ、それらに実体を認めない人は大乗仏教中観派のように不生不滅の因果を説くのであろう。
40  不思議な名無しさん :2017年12月25日 19:39 ID:yYbO.GD00*
※9
ワロタwww
41  不思議な名無しさん :2017年12月25日 19:39 ID:WdWFcm1H0*
脳の側頭葉の特定の領域を電気刺激すると、人は「なにか偉大な存在」を自分の周囲に感じる。
ほぼすべての文明・文化で神・精霊・祖霊など見えない知性体が根拠なく信じられてるのは、人間の脳機能と関係があると思う。逆に言うと、脳が発達した霊長類ならば信仰に近い錯覚を感じることがあってもおかしくない。ネアンデルタール人は同胞の亡骸に花を添えて埋めていたそうだし。

アマゾンに住む少数民族には神も時間の概念ももたない人々がいると言われているが、これは正直鵜呑みにできないと思ってる。
42  不思議な名無しさん :2017年12月25日 19:40 ID:qPSBpUDG0*
数百年もするとネットの中に神はいるみたいに言われるのかね。
43  不思議な名無しさん :2017年12月25日 19:41 ID:okul.om90*
哲学みたいなもんだろうと思う
44  不思議な名無しさん :2017年12月25日 19:45 ID:o8hX9iPn0*
神を生み出した元の元の人はアニミズム、一神教関係なく神秘体験した人やで。ようは何かを悟った人やな。で、だいたいそれ聞いた弟子と呼ばれるその境地にたどり着いてないやつらが、これは人間を幸福にしたり、規律正しく生活出来たりするで!ってなって、みんなに広めたろ!ってなったんや。
でも本人らはその境地にはたどり着かれへんから自分なりに解釈して広めるから、解釈の違いで派閥は出来るわ、金入ってくるわ、権力まで手にするわで、殺し合いやらいがみ合いまで発展するよーなったんや。
ようはなんとか教ゆーたって、誰も始祖の神秘体験理解出来てへん。お釈迦さんに辿り着こうとしても、誰も同じとこまでは行かれへんっちゅーこっちゃ。ちな個人的には空海はえーとこまでいった人やと思うで
45  不思議な名無しさん :2017年12月25日 19:46 ID:eqbTIZ.e0*
自分が救われたいだけで信仰なんてそのためにしかやってないよw
それで救われると思ってるから面白いんだw
地獄に行ってもいいから神様を信じますなんて人はいないんだよw
46  不思議な名無しさん :2017年12月25日 19:50 ID:Ucx73Prp0*
ありとあらゆる所に神はいる
トイレにもな
47  不思議な名無しさん :2017年12月25日 19:52 ID:czFUfTT00*
逆ですよ。世界中の民族が神を生み出しているのではなくて、神が世界中の民族を生み出しているのです。
48  不思議な名無しさん :2017年12月25日 19:55 ID:qkTZquhA0*
はぁ。
みんな間違い。
人間の頭が、物事に対して主体を想像するようにできてるから。
紙に目と鼻と口を書いたら人間を認識するだろ?
いないいないばぁして目の届かない所に行った人が戻ってきても、同一の連続した主体と認識するだろ?
人間は世界を理解しやすいように頭の構造ができていて、そこから生じる錯覚、幽霊が大体ここで言われてる神。
詳しくは、「人間この信じやすきもの?」とかいう本を読んで。
2chばっかで情報収集すんなよ(呆れ
49  不思議な名無しさん :2017年12月25日 19:58 ID:kvLx0gn80*
昔ならわからないことは全て神の仕業だもんな
50  不思議な名無しさん :2017年12月25日 19:58 ID:E8IiHxbq0*
自分たちで勝手に考え出しといて有るのも無いのもないだろ
この世界を司る意志を持つものが居たとして
神と呼ぶか、崇めるのかは別だし
51  不思議な名無しさん :2017年12月25日 20:01 ID:9LRxAesr0*
そういうのあったほうがいろいろ都合がいいんだよ
52  不思議な名無しさん :2017年12月25日 20:04 ID:Wgw21V680*
旧訳聖書には自分たちの邪魔になるあたり一面の異民族をこ〇しまくたのが記されている。
恐らく記録に残る歴史上初めての虐殺なのでは?
「なにか」そうさせる(隠されたもの)があるのでは?
53  不思議な名無しさん :2017年12月25日 20:18 ID:D.xPkyR10*
科学が本当に万能で全ての事象が例外含めて納得の行く形で万人に
理解出来、利用出来る物となったら、その時不要になるよ。

現状の人類じゃとってもじゃないけど無理。
54  不思議な名無しさん :2017年12月25日 20:30 ID:4iptANMi0*
※38
頭悪そうな答えが返ってきてワロタww
妄想乙!
55  不思議な名無しさん :2017年12月25日 20:31 ID:UBH9umnU0*
神の姿を描いた絵が所詮想像物なのはその顔立ちや服のデザインで分かる。
故に本当の神は実在はしないだろう。いたらいいなとは思うけど。
そしてこの「いたらいいな」が神の原型になったと思う。
あと悪魔の存在もな。

問題はそれをどうやって大衆に信じ込ませたのか
今と違って科学が発達してない昔はちょっとした現象でも神のしわざで説明しそうだもんな。
56  不思議な名無しさん :2017年12月25日 20:34 ID:gZqPbIKH0*
自然を纏めて1つと見るか
色々なもの沢山と見るかの
違いでしかないんじゃね。
同じものを見ても人によって違う
見えかたや考え方をする。
57  不思議な名無しさん :2017年12月25日 20:44 ID:YiYpyhha0*
神?そんなこと考えてる暇があるなら働け

現実逃避妄想野郎
58  不思議な名無しさん :2017年12月25日 20:50 ID:I4Kd2vS30*
意外と犬や猫も信じてたりしてな
59  不思議な名無しさん :2017年12月25日 20:58 ID:qV4bkF1b0*
噴火や雷←神の怒りだ!!

ただ恐れるのではなく、なんだかんだで理屈付けようとしてるのが面白いよな
「理由がある」と当然のように思っている
ある意味、知性の象徴だね。科学主義の端緒と言ってもいいのかもしれない
60  不思議な名無しさん :2017年12月25日 21:09 ID:somSNigh0*
みんなYouTubeで聖書で検索。その中のとある解説動画全てみれば全ての答えがある。主は日本を見捨てたわけではなく、「大阪にいく」といわれた。その通り。完璧に解説できている牧師がいる。
61  不思議な名無しさん :2017年12月25日 21:10 ID:fnBWdn4K0*
実在しないものを信じるガイジ
同じ虚構なら二次元キャラでも信仰してた方がマシやぞ
62  不思議な名無しさん :2017年12月25日 21:19 ID:gExWGA7l0*
宇宙人が人間支配しようと思ったら
神様のふりして降りてくれば楽勝ってことだな
63  不思議な名無しさん :2017年12月25日 21:26 ID:fnBWdn4K0*
神なんて信じる宗教の信者より
可愛い分、アイドル崇拝のドルオタの方がマシに思うし
現実の可愛い女の子に恋する方がよくね
64  不思議な名無しさん :2017年12月25日 21:40 ID:somSNigh0*
アイドルもアニメも偶像崇拝にあたるかな。君をつくった設計者がそうは作ってないといってる。それらは君のためにならない。ある途上国の人たちはせっかく日本人が掘った井戸から出る澄んだ水を飲んで満足して帰ったが、そのうち元の濁った川の水を飲みだした。なぜその水を飲むのか聞いたらそっちのほうがコクがあるといった。しかし、衛生知識のある日本人は汚い水で満足するなと説得するだろう。それは神と神が愛する人との関係にも同じことじゃないか。
65  不思議な名無しさん :2017年12月25日 21:50 ID:No.jhV0C0*
神様ってのは、実在はしないけど存在していることにすると、未発達な社会ではいろいろと都合がいい概念、というか道具
魂、来世、死後の世界なども同様。実は時間もこれらの仲間だが、こいつだけバリバリ現役
66  不思議な名無しさん :2017年12月25日 21:59 ID:IfAEOJzH0*
太古に地球生命の進化を操作した宇宙人説がひとつも無いとは驚いた
使い古されてもう面白くないからだろうか
どうでもいいけど人間ごときが貧相な想像でこしらえたレベルの神様って宇宙のスケールでみたらミジンコと大して変わらんよな
67  不思議な名無しさん :2017年12月25日 22:03 ID:somSNigh0*
興味ない人には蛇足だけど、力強い信仰のある人の目からは炎が出てる。他の宗教の従事者からは見えたことがない。
68  不思議な名無しさん :2017年12月25日 22:08 ID:AjIU7bMv0*
科学的な知識がまるでない状態で虹とか雷とか月とか星とか、説明がつかない自然現象なり自然を見たら自分たちより上位の存在がいるかもって考えても不思議じゃないだろ。
少しは頭使えよ
69  不思議な名無しさん :2017年12月25日 22:23 ID:TANfC7fS0*
結局、神とか信仰とかって人間の意識の問題じゃん
熟睡中のテロリストにアラーはどこにいるって聞いてみ
70  不思議な名無しさん :2017年12月25日 22:27 ID:Bp4QtuXe0*
例えば、一枚の紙があるとする。これに僕が地図を空想で描いて、裏側にその地図の中の世界の設定、ルールを書くとする。すると、「紙」という二次元空間に確かにその世界は存在しており、この場合僕は「創造主」ということに、その世界の中で起こる全てとなる。

ふと、みんな思うことはないだろうか?今自分が感じている世界はなんなのか?なぜ存在するのか?なんのために存在して、何が数学や物理法則と言った宇宙の真理を決めているのか?

もし、この世界という「紙」に設定を書いていった何かの意思があるとするなら、この世界の全てであり、この世界を創造した真理があるとするならば、僕はそれを神と呼びたい。
71  不思議な名無しさん :2017年12月25日 22:31 ID:A..xH.0G0*
ライフルこそが誰もの財産や生命を守ってくれる最強の神やぞ
祈ったとこで誰も助けてくれないからみんな銃を持てって協会のやべー人が言ってた
72  不思議な名無しさん :2017年12月25日 22:40 ID:dNO6p1Oz0*
オレの中では2種類の説がある

説1:人間の力の及ばない森羅万象の擬人?化
説2:となりのおっちゃんすごいなー→ 村長はもっと凄いぜ → 大臣とか王様とかきっともっと凄いぞ →→ 一番すごい人ってどんなんかなぁ? というのの延長

どこにでも自然現象もあればスゴイ人もいただろうからどこでも神のような概念はうまれるんじゃない?
73  不思議な名無しさん :2017年12月25日 22:42 ID:spBgsyPv0*
皆、神=宗教って思ってて、切り離せないんだろうなぁ~って思う(´・ω・`)

確かに、全ての人に根付いてて切り離せない物だから、俺だってそうだと思う
現に「ありがとう」や「いただきます」が、地球に住んでる全ての人にとって、『他者に感謝する』『他者を愛する』『望む物を手にいれた』とか、自分以外の物に対して向き合う事の大切さとかが尊いもので、大事な事なんだから、 だから仕方ないw
実際の物質世界なら、それがないと生きていけないからね

個人の思想や想い、他者を愛する気持ちや自己利益の追及等々、もちろん、自己犠牲とかもあるけど(TT)

『何光年も一人で孤独でいた、神がいるとして、一番に思った事はなんだと思う?』

すごい大事

そして、人間側として、自分は何もできない、何をする手だてがない、自分の命すら虚無である、望む事は多いけども、それの何一つ手にする事ができない、そう言った重い無力で何を考える?

理屈ばかり考えて、理論を優先させて、空論ばかりで『経験』がないのは、本当にもったいないから、3日日、何も持たないで水も持たないで、近くの山にでも、今流行りのアウトドアだったりをしといでw
そこで『自分はいなくなるかもしれない』って『経験』をしたら分かると思うからw

神とか、たいそうな者ではなくて、統率する者だったり、観測する者だったり、畏怖する者の存在を確認できるからw

頭でっかちで考えるよりも、一歩、外に出て、街を歩いたり、自然を歩いたりするので、すごく分かりやすくなるから、そうしてみぃ~w




74  不思議な名無しさん :2017年12月25日 23:04 ID:ZZOUVIlR0*
世界には二者しか存在しない。
一つは自己
もう一つは自己を除く全ての世界
前者は「意思」とも呼ばれ、後者は「神」とも呼ばれる。
これら二つの共通点はそれぞれが支配権を持っていること。
両者とも目の前の現実に変化を加え自在に編む能力がある。
もう一つの共通点は、両者とも互いの支配権を絶対的には否定できないこと。
互いの支配権そのものを支配することはその構造上不可能。
またこの二つは、二つでありながら、見方によっては一つである。
ちょうど円柱が、見方によっては円でもあり、長方形でもあるように。
そしてその一つそのものを「運命」と呼ぶ。
75  不思議な名無しさん :2017年12月25日 23:19 ID:B2MKXief0*
世界中の民族で、死なないひとはいない
すべての民族で神がつくられたのはそのため

ではなぜそれぞれ異なるのか
病や自然災害など、取り巻く環境は地域や時代によって異なるから

なぜ宗教や宗派の違いで争うのか
支配者が信仰を利用して互いに争わせるから
76  不思議な名無しさん :2017年12月25日 23:20 ID:JmBz4owO0*
>>88で ふと思った
12進法って 6本指の人が作った?
奇形とかじゃなく 6本指の遺伝子の人っているじゃん

77  不思議な名無しさん :2017年12月25日 23:28 ID:6xBQ0NxE0*
根源は恐怖からの防衛手段やぞ
78  不思議な名無しさん :2017年12月25日 23:41 ID:pKiELjIm0*
自然というどうにもならんものを理解するためだ
因果を膨大な現象の連続と言われても把握し様が無いから一個の意思として処理した結果、それにゴマを擦ろうと考える奴が出て来たわけだ。アニミズムの始まりだな
偶に流れが整い過ぎているとか言って運命を語っちゃうヤツがいるが、運命は因果の逆算なんだから整っているのは当たり前だからな。騙されるなよ
79  不思議な名無しさん :2017年12月25日 23:48 ID:1d3QdNog0*
※76
12ヶ月ある事を言ってるの?
一年(地球の公転)として一月(月の公転)にしたら大体12だったっていう偶然でしょ
寧ろ7日が何処から来るのか分からない
80  不思議な名無しさん :2017年12月25日 23:51 ID:1d3QdNog0*
あー7日で世界がなんてのは知ってるからね
81  不思議な名無しさん :2017年12月25日 23:57 ID:WlFH82I50*
今なんとなく思い付いたが、科学的根拠とか言ってる奴も科学を理解してない事が多い
原子論も確率も虚数も多分大抵の奴は多分理解してない
問題はそれを理解してる誰かが存在するのかだけ
だから、大方の人間は科学を信仰?信用?してる事になる
どちらにせよ、自分に理解出来ない事を牧師に説明してもらうか、専門家に説明してもらうか
自然現象の原因を教典にある寓話に見出だすか、誰かが勝手に想像した法則に見出だすか
の違いで、両者に共通するのは結局理解は出来ずに、分かった気になるだけ
82  不思議な名無しさん :2017年12月26日 00:01 ID:5Tax38aq0*
※76
「奇形とかじゃなく」っていうか、それは標準からズレてるんだから普通に奇形だろw
期限はわからんけど、個人的には12が3でも4でも割れるから10進法より便利ってところから来てるような気がする
83  不思議な名無しさん :2017年12月26日 00:24 ID:mcEmh3.n0*
神は実在するかどうかは分からないが
髪が実在しないのは断言できる

悲しい
床屋に行ったら店員がため息つくんだぜ

84  不思議な名無しさん :2017年12月26日 00:40 ID:5AVHmqvi0*
まあ、早い話が神が完璧にいないって証拠を持ってるなら
匿名でマウントとってないで、とっとと、学術論文で発表してこいよ
そしたら、宗教戦争系を一掃できるから、お前ら、まさに救世主になれるぞ
85  不思議な名無しさん :2017年12月26日 00:43 ID:5Tax38aq0*
神がいるかいないかを議論するスレじゃないのに、読み違えてる人が多いのかな
86  不思議な名無しさん :2017年12月26日 00:50 ID:da.zI2bc0*
小さな子供の集まりの中に、大人が一人いると凄い安心だろ?幼稚園児たちが先生探すようなもんだよ。
87  不思議な名無しさん :2017年12月26日 01:07 ID:QQf4leeg0*
悪い自然現象が起きないように、または良い自然現象が起きるよう願う(祈りじゃなく純粋な願いな)事を集団で行なっているうちに人格を持たせ、供え物をすれば神が出来る。
それが複数の人に信じられば宗教になる。
88  不思議な名無しさん :2017年12月26日 02:36 ID:nasiyGnd0*
社会生物として進化したから、社会という機能によって自然現象の一部を切り取り観測する事が出来るようになったから
どうにもならない事とどうにか出来る事を区別するために神という境界を生み出した
その後宗教によってどうにか出来るものの中にさえ神が宿ることを発見したから俗物化された
もっともありふれた現象でもっとも重要な存在
それが神
神を言葉で切り取ることは出来ない←神ならばこれさえ両立させる
社会という可能性を切り取るフィルター=叡知を神(人造)や愛と呼ぶか
自然そのままありのままを全ての個人境界性によって素朴に観測する荒ぶる神や愛と呼ぶか
宗教というものの働きの編纂を鑑みれば、どちらの神を指してるか大体判るはず
今世界で問題になっているのは「満ちよ」「愛で満たせ」と前者の神(翻訳者)の言葉が達成され次の社会的目標が示されていない事
フェアウェイやカップを自分らで探さなきゃならない、そんなとき必要になるのは後者の現象から解決策を切り取る機能
素朴(スピノザ)な神の方
前者の神だけだと再分配された富を更に奪い合うことになる
圧縮と解放の連続
疲れて停止するか、破裂して対消滅するか
激しくポンピング(間引き)するか、柔和に次のフェーズを目指すか
自分こそ正しいといえば、自分こそ間違っているも成立する
89  不思議な名無しさん :2017年12月26日 02:45 ID:nasiyGnd0*
前者と後者が逆になった申し訳ない
90  不思議な名無しさん :2017年12月26日 02:47 ID:nasiyGnd0*
まだ気の練り方が足りないな、来年出直して来るわ
91  不思議な名無しさん :2017年12月26日 04:08 ID:PaXxzTgu0*
創造主の意味合いでの「神」は、人間が理解不能なことや有り得ないことを押し付けることのできる便利な神やで
人間のレベルじゃ無理やから、ず~~っと「神の仕業」「神の御業」とかぬかすんやで
神社の神は例えばこれカッコイイ石やな~て飾ったら、大騒ぎ大好きな人間が「せや!これの周りで宴会したろ」って騒いだら毎年の恒例行事になって「神様、今年もうんたらかんたら」ってのが慣例になっちゃったのだ
お前この石見張っとけやが神主
要するに目の前に在るもの、それをあなたが「これは神だ!」って思ったら神になるんやで
で、それをツレに言って凄いって信じ込ませるとするじゃろ?
それが宗教の始まりやで
で、あなたはツレと一緒に宣伝して回るじゃろ?
悪徳勧誘の始まりやでそれ
1つの宗教の中に〇〇派ってのがあるじゃろ?
それはあなたの意思とは別物の全く違う宗教なんやで

とまあそれは置いといて、みんなが「神とはどんなものか?」と聞かれたらイメージするのは生物の姿形よね?
でもそれは生まれてから色々と神様云々聞かされて出来上がったイメージよね?
そのイメージを取り払ってから議論すりゃ、突き詰めれば神=物質にならんかね?
全宇宙を構成している全ての物質、これこそが神
神と言うか、全宇宙を構成している物質、これこそが神
92  故に量子も意識に従う(二重スリット実験等) :2017年12月26日 04:31 ID:mhimFWzu0*
皮肉な事に、万物の意識の原理ブラフマン(神仏の源)の三称号が、オーム(神性)・タット(絶対)・サット(慈愛、善行、"実在"等)とされる様に、実は実在しているのは神のみで、この世界は創造主が創り、維持してる、マーヤ(幻想)・リーラ(遊戯)[バーチャルリアリティ・ゲーム]だ。
93  不思議な名無しさん :2017年12月26日 06:22 ID:L6I4bo2p0*
あほか
今は知識も科学力も発達したから疑問に思うだけであって
雷、火山、台風、隕石、星、太陽。これらは知識が無い時に説明するのに「神が創った」で全てのつじつまが都合良く合うからだろ

現在までそれが語り継がれて各国の文化に強く根付いてるだけだろ
94  不思議な名無しさん :2017年12月26日 07:38 ID:O0z9xBLg0*
「科学を信仰してる」とか言うバカがいるから宗教がなくならん。
科学を扱うことと信仰とは全く別物だぞ。
95  不思議な名無しさん :2017年12月26日 07:47 ID:gO.FcTkH0*
※84
それは「悪魔の証明」と言ってだな。
まずは「神は居る」と言ってる奴から神が居る証明をしろよ、って話。
何千年かかっても未だに誰も神が居ることを証明できてないんだから、現状では神は居ないものとして扱うしかねえだろ。
それ以上を求めるならまず神を連れてこい。
96  不思議な名無しさん :2017年12月26日 08:02 ID:0zeWXBQi0*
居るって断言するやつは何処にいるか教えて欲しいわ。俺の心の中とかはマジで勘弁してくれ。
97  不思議な名無しさん :2017年12月26日 08:21 ID:X1CybXjI0*
マジレスすると宇宙人来てるだけ
98  不思議な名無しさん :2017年12月26日 08:25 ID:nasiyGnd0*
俗物化の搾り糟→神様(教)を連想するからおかしなことになる
「マジ神~」こちらの方が正しい使い方
だれかの限界はその人のキャラクター←これは一つの社会的機能
物体だけで限定してもおかしなことになるし、昔ながらの言葉だけで説明しても伝わらない
いかんw反応してしまったではないk、、、w

関係ないけど関ジャニがえらく歌上手くなっとるw演出も含めてテレビで観る度にレベル20づつ位上昇しとるw
バックナンバーはキューゾ解放完了したね。おめでとうございいまs。暫く他アーティストの声は聴かないで自分の開放音を定着させたほうが良いかもですよ
99  不思議な名無しさん :2017年12月26日 08:29 ID:nasiyGnd0*
正しい骨格、神経系から発せられる声は万人に届く
万人の脳みその萎縮を修正する力がある
アドレナリン使いすぎるとグルタミン(形質細胞)が放出されて骨粗傾向に傾くから、しっかりタンパク質(三大旨味成分)をとってね
100  不思議な名無しさん :2017年12月26日 08:33 ID:nasiyGnd0*
正しいってのはわれながらおかしな表現だな
「マジ神~」の方がよっぽどもっともらしいに訂正
101  不思議な名無しさん :2017年12月26日 08:38 ID:2NYRoTPm0*
人間は神を勘違いしている。神の正体は、悪魔と表裏一体。津波や地震も平気で起こす。
102  不思議な名無しさん :2017年12月26日 08:40 ID:nasiyGnd0*
その通り
しかし恨むべき存在でもない
活かしきれない我々の問題
103  不思議な名無しさん :2017年12月26日 08:43 ID:nasiyGnd0*
もう、奇跡的なぐらい、そ~~~っと優しくwスポイトで栄養分くれてる感じ
それでも人間にとったら大災害だったりするわけで
104  不思議な名無しさん :2017年12月26日 08:53 ID:1QHv..eQ0*
この世の創造主=神と定義するなら神はこの次元には存在しない高次元か低次元に存在する何かじゃないかしら
105  不思議な名無しさん :2017年12月26日 08:56 ID:nasiyGnd0*
それもその通りだ
実際我々の意識も低次の機能の共鳴体であることから
実体は見えても、実態をくまなく観測することなど不可能
われわれの意識はある種ホーミーの様なもの、そのうえに社会というもう一つ上の共鳴体が存在している
106  不思議な名無しさん :2017年12月26日 08:57 ID:nasiyGnd0*
楽器やったことある人間なら判るはず
倍音がずれるととんでもなく耳の中がビービーするw
今の社会がまさにその状態
個性が強すぎる音同士が喧嘩してる状態(非調和オーケストラ
107  不思議な名無しさん :2017年12月26日 09:01 ID:nasiyGnd0*
snsの普及やこのような個人の意思の疎通が容易になったためそれがますます増幅される
つまり、もうサルの機能は必要十分確保されている
力関係でいえばヒトの上にサルがいる(盛者必衰の必然
今求めるべきはこれを更に別次元から観測する存在
国というのはそもそも悪魔(圧縮)役として存在しているのだから、今世界に一歩踏み出すべきは我々市民
108  不思議な名無しさん :2017年12月26日 09:08 ID:nasiyGnd0*
圧縮にかこつけた横領に対しては前々から声を上げているけどもなかなか、、、ね
109  不思議な名無しさん :2017年12月26日 09:09 ID:tDmlZZz40*
自然豊かの土地では自然が神となり、荒れ果てた土地では人が神となる。
だから根本的に日本やヨーロッパの神話や世界各国の原住民が信仰してる神と、いわゆる宗教の神って別物だと思う。

人の信仰心を煽るためにそこを同一視したり、関連付けたりされてるからごちゃ混ぜになってるけど

神はいますか?という問いに対しては
「いるかもしれない。ただし人が認知できる次元にはいない。」
110  不思議な名無しさん :2017年12月26日 09:15 ID:nasiyGnd0*
すばらしい答えだ
111  不思議な名無しさん :2017年12月26日 09:35 ID:nasiyGnd0*
良いお年を
無限も大事だし永遠も大事
今ある「社会」はもっとも汎用性を高めたフィルターで何かに特化しているわけではない
地域や住環境によるそのわずかな違いを文化と呼ぶのだろう=グローバリズム(極化されれば分離主義
112  不思議な名無しさん :2017年12月26日 10:16 ID:9DWpTCva0*
人という種が性質上そういうものを生み出す生き物ってだけじゃないかな。
社会を作り言語や文字を生み出すっていうのも、多くの地域に見られるほぼ共通の行動なんだし。
113  不思議な名無しさん :2017年12月26日 10:29 ID:hSAgDZ3C0*
ヒント集合的無意識
114  不思議な名無しさん :2017年12月26日 10:35 ID:nasiyGnd0*
ヒントもくそもないな(ド直球
旧約聖書だっけ?言語=神って言ったの
まずはこの休みを利用して古い言葉(マタイ伝)から現代哲学(構造主義)まで広く浅く理解しようズ
魂から発せず単にチープ化されちちゃたまらん
115  不思議な名無しさん :2017年12月26日 10:40 ID:lq.sUxa50*
※94
反証可能性で成り立ってる科学と反証それ自体が罪の宗教という点で違うが、反証する気のない家畜にとっては科学も宗教も「ふしぎなことがおきるまほうのせかい」で一緒だからな
116  不思議な名無しさん :2017年12月26日 10:45 ID:nasiyGnd0*
横だが、まったくその通りだね
張り付き申し訳ない
年の瀬の浮かれ気分に釣れ酔い也

米112
その行動が何故共通するのかを考える事がスタート
117  不思議な名無しさん :2017年12月26日 10:45 ID:EZCWXchQ0*
神の正体は高次元な宇宙人だろ
118  不思議な名無しさん :2017年12月26日 10:45 ID:ckNxIZNT0*
神も悪魔も思考の副産物。

社会性(協力関係)と言語(抽象化、ストーリーの構築)を獲得した人類は、良い(悪い)出来事があると「誰が何をしてくれたから」のような因果関係を推定し、その対象に価値付け(好悪)することでより良い環境を得ようと学習してきた。

しかし、その出来事の主体が誰か一見して分からない出来事は多く、ストーリーを作りたい脳はその誰か(何か)を「神」「悪魔」「霊」「偶然」のような名前で認識し、そこにある種の実体があると仮定してさらなるストーリーを展開してきた。
何か凄いもの(something great)に神(God)という固有名詞を当てた時点で、それは特定の性格を持つ人間と同じように解釈され、神話が生まれた。

しかし突き詰めて考えてみると、世界のあらゆる事象や事物は、脳がそれを他とは切り離された何かであると認識することでストーリーに組み込まれていく。
五感を経由した雑多な信号は脳の内部で組み立てられ、解釈の結果として認識の中に様々な「もの」や「こと」が形成されていく。

つまり、この世のあるゆる「もの」や「こと」は思考の産物であり、想像上の存在と本質的に違う「現実」は存在しない(色即是空)。
119  不思議な名無しさん :2017年12月26日 10:50 ID:nasiyGnd0*
雑多は思考では再現できないけどね
思考はあくまで理想の世界=人間の観測限界
というより地球生物を代表してこの観測限界を推し進めることこそ人類の役割じゃないの?とは想う
一番雑多で広範な質量の収縮
120  不思議な名無しさん :2017年12月26日 11:10 ID:nasiyGnd0*
それでまたまた戻るわけだよ
いま問われてるのは社会の存在意義じゃないの?って
なのに「常識は~」とかあたかもゴールが見えてるかのように言う爺婆ばっかりじゃん(口悪くてゴメン寝
でもフェアウェイすら見えてなかったし見えてないじゃんw
社会はあくまで数ある現象を人間が消化出来るように咀嚼する装置なんじゃないの?
121  不思議な名無しさん :2017年12月26日 11:13 ID:nasiyGnd0*
われわれの観測限界だからこれが観測限界∴非現実って論理飛躍だしトートロジー
社会がぐらついてる時に社会を論拠にする根性論厨や相対主義者と同じ臭いをどうしても感じてしまうんだ
122  不思議な名無しさん :2017年12月26日 11:15 ID:xMzsSkz50*
自分の知恵や考え、力が及ばないものがあったら
そこに理由を求めたくなるのが人間なんだろうね
だから神は作られた

現代人はスマホを神が作りし器だとは誰も思わないが
200年前の人に見せて「これなるは神の声ぞ」と板から声が出てきたら
ひれ伏してしまうのではないかな
123  不思議な名無しさん :2017年12月26日 11:16 ID:ef2Mvp.G0*
あんまり起源が古いからどうにもならんけど、誰がどういう経緯で仕掛けたのか気になるんだよな。どんな宗教にも仕掛け人がいるよねえ?
124  不思議な名無しさん :2017年12月26日 11:18 ID:nasiyGnd0*
まあ居るんじゃない?石工組合?w
それはまた別ジャンルのロマンだけどね
125  不思議な名無しさん :2017年12月26日 11:22 ID:nasiyGnd0*
理由という言葉には気をつけよう
あるのは原因と結果
力関係による現象の勾配
126  不思議な名無しさん :2017年12月26日 11:37 ID:xFSoLN2a0*
※41
ネアンデルタールのDNAは俺らの中にも少しは言っとるんだぞ。
アフリカの純ブラック以外は持っとる。
127  不思議な名無しさん :2017年12月26日 11:40 ID:xFSoLN2a0*
全ての観察者(魂)の 可能性 の総和が 神 じゃ。
みな、神の無限分の1の存在として神の一部なんじゃ。
多世界解釈的にはの
128  不思議な名無しさん :2017年12月26日 11:41 ID:nasiyGnd0*
俗物化を悪口と思われたら困るんだが、ある機能(論理性や蓋然性)を取り出して広く普及させるというのは物体でもやってるし非物質でもやってる、文化なんてその最たる現象
バランスの問題で、境界意識が優位になりすぎると、ヒトの知恵を猿がマキャベリ出すん(サル)
それだけだと自己消滅必至でしょ、少なくとも間引かれる、地球環境もいい加減ヤヴァそうだしね

ちょっと飛びすぎた申し訳
129  不思議な名無しさん :2017年12月26日 11:50 ID:ckNxIZNT0*
※123
作者に意図があるとは限らないよ。
芸術だってそうでしょう?
利用する側の意味があって初めて意図が生まれる。
130  不思議な名無しさん :2017年12月26日 12:13 ID:ckNxIZNT0*
※119~121
>地球生物を代表してこの観測限界を推し進めることこそ人類の役割じゃないの?
118だけどそう思ってる。

「想像上の存在と本質的に違う「現実」は存在しない」っていうのは現実に意味がないと言っているのではなく、逆に想像上の存在に意味がないと思っている人に向けて両者は連続的なものであって、双方に意味があることを伝えたかった。

想像の世界の言葉は現実の言葉に置き換えられるし、逆に現実だと思って固執している概念を抽象化して解きほぐすことで新たに見えるものがある。
自分は現実的だと思っている人が、「偶然」とか「悪人」といったブラックボックスに不可知を押し込んでそれ以上追究することを拒否しているのは、「神」に原因を求めてそこで思考停止している盲目な信者と何ら変わりがない。
131  不思議な名無しさん :2017年12月26日 12:18 ID:Kb3v90rF0*
理不尽に対する説明体系でしょ
132  不思議な名無しさん :2017年12月26日 12:34 ID:ckNxIZNT0*
神の世界も科学の世界も社会常識も個人的な感想も、大きな一つの世界の側面をそれぞれ違う体系で抽出して再構築(観測)した世界。
手法や流儀が違うだけだから、それぞれが情報を持ち寄って統合すれば、我々の知る世界はぐんと広がる。
それなのに、自分と違う思想は危険思想と判断してしまう安直な神経回路のせいで思想は対立し、大事な情報を潰し合っている。
133  不思議な名無しさん :2017年12月26日 12:34 ID:66bxiXPq0*
人が知恵を付けてく毎に神の居場所が無くなっていくような気がする、もしも我々が宇宙の全てを解明出来たら人間が神になってしまうんじゃないか
134  不思議な名無しさん :2017年12月26日 12:36 ID:n7PUZ8030*
例えば、古代の狩猟民に生まれて何日も何日も獲物が取れなかったとする。自分はありったけの能力を出し三日三晩走り回って狩りをしているのに、他の動物に邪魔され天候や木々の生い茂る状況に阻まれ、全く獲物が取れない。…なぜだ俺が何をした?

生死を分けるような局面を経験し、自分の力が及ばない事実を目の当たりにしたら、そこに何かの影響力の働きを感じるわけだ。その偶然性の脅威に「自分より勝るモノがある」と人間は感じざるを得ないだろ

衣食住に恵まれ、餓死凍死の危険性が皆無に近い現代にとって、もはや従来までの「神」という存在は実感しがたいモノになってしまったな
135  不思議な名無しさん :2017年12月26日 12:38 ID:nasiyGnd0*
130
全くその通り、言葉ってホント不便だなw
不思議ネットでも情報=質量なんて記事も過去にはあったし大概議論してきた
結局は境界意識による差別化と自己ブランディングというまあなんともサルらしい具合に収まりたがる風潮
社会を絶対視すると社会は途端に陳腐化してしまうのと一緒
言いたいことはわかったし多分同じものを観てるだろ
136  不思議な名無しさん :2017年12月26日 12:44 ID:nasiyGnd0*
134
自分はより先鋭化されてる様に感じるけどな
でも、「感じ方が違う」これで良いんだ
それぞれの役割(スペクトラム)がある方が視界良好nなにより愉しい
137  不思議な名無しさん :2017年12月26日 13:52 ID:8OuaZUuT0*
『神はなぜいるのか』って本読んでみれば大体の答えは分かるはず。
138  不思議な名無しさん :2017年12月26日 14:30 ID:2NYRoTPm0*
人間が神というよりは、人間も神であったという事。あらゆるものも、神。
139  不思議な名無しさん :2017年12月26日 15:14 ID:2bFJqCsO0*
「誰かのせい」

にしたい無能が、昔からいたってだけ。
140  不思議な名無しさん :2017年12月26日 15:28 ID:kryOKhCc0*
始まりは原因がないという原因もないため
何らかの原因によって生まれたとなるが
そういう原因もなく如何なる原因でもない
しかし如何なる原因でもないという原因でもないつまり宇宙に始まりがあるのなら
原因が過去がない始まりがあるのなら
全ては始まりに回帰する。
対して結果がない存在は全能だ
終わりは全能だ。始まりが如何なる選択肢からでも始まりを選べることと同じように
終わりは結果を如何なる選択肢でも選ぶこと
ができる。故に全能の存在を否定しようが
しなくても世界は円環となるだろう。
始まりは実質の円環であり終わりも全能の円環なのだから
141  不思議な名無しさん :2017年12月26日 15:34 ID:AIjyPvk10*
できないことができるものこそ全能の存在
何故ならできることはそのままできて
できないこともできるからだ。
故に0つの選択肢を選べるものこそ全能の
存在である
142  不思議な名無しさん :2017年12月26日 15:53 ID:kryOKhCc0*
究極観測者だ。
143  不思議な名無しさん :2017年12月26日 16:34 ID:NnMn.uVj0*
実際、不思議でもなんでもないことを不思議と感じる機能が脳にはあるわけだから(偶然を都合よく解釈とか)、
そのモヤモヤを自身で納得するために、超自然の存在を想像するのは、不思議じゃないと思う。
144  不思議な名無しさん :2017年12月26日 18:50 ID:piuTMPhu0*
鬼や悪魔という考えが生まれる原因と似たようなもの
145  不思議な名無しさん :2017年12月26日 19:31 ID:M5i6uPJK0*
今の世界が神にとってβ波やぞ これから本格リリースするから期待しろ
146  不思議な名無しさん :2017年12月26日 19:58 ID:glLYGvvL0*
ざっとコメントみたけど、全て人の発想だなと分かる。しかし、聖書に書いてある言葉は人の発想でない。人が創った教義もそうだけど特徴があるだろ。聖書の異質さになぜ気付かないんだろうか。
147  不思議な名無しさん :2017年12月26日 20:10 ID:2i8tCiGc0*
神って存在が実在するなら、とっととでてきてほしいわw

まあ、実際は人間が集団をまとめるのに必要として生み出した
概念ってだけだろうな
148  不思議な名無しさん :2017年12月26日 20:30 ID:glLYGvvL0*
イエスキリストが神そのもの。この地上に来られたことが地上最大の奇跡であり神の証明。しかし、そのイエスが奇跡を目の前で示しても当時の一部の人も信じなかった。信じない人に何を見せても信じない。ただ、使徒はイエスの公生涯においてずっと連れ添って復活も見ていた。そして11人中10人が迫害に合い殉死した。嘘のために死ねないが自分が見たものが事実だから迫害にも耐え殉死した。使徒の殉死は様々な歴史書に記してあって真実性が高い。
149  不思議な名無しさん :2017年12月26日 20:49 ID:glLYGvvL0*
また聖書には、イエス・キリストの再臨のことも書いてある。つまり、イエス・キリストは2度この地上に来られる。しかし、2度目の再臨の時は福音を伝えるためでなく選別のために来られる。またこうもある、「イエスキリストが本当の救い主だったとは」と多くの人が嘆くと。まさにそうなりそうだな。
これだけは覚えておいて欲しい、死のあと創造主と対面し人生の総括し全ての人が裁きを受けなければいけない。
150  不思議な名無しさん :2017年12月26日 21:41 ID:glLYGvvL0*
ちょっとしたことでも他人を突き動かすために皆苦心するだろう。ましてやリスクのあることなら尚更。聖書には何人の人たちが関わっていると思う。
皆ここでのコメントに似たり寄ったりの考えを持っていた。
だけど何百年か何千年かの長きに渡り多くの人が神の啓示聞き神を恐れたからあり得ない行動をしてる。
他の宗教の本にこんな回りくどい本があるか。

陳腐な宗教本であれば満足しきれない渇望した欲に焦点を合わせるだろ。
それが人の発想なんだよ。
151  不思議な名無しさん :2017年12月26日 22:17 ID:s1NOeR1l0*
なぜ神はいないと錯覚しているのか。
どう考えても神はいる。
信じるとかどうこうの話じゃない。
疑いようもなく常にいる。
152  不思議な名無しさん :2017年12月26日 22:22 ID:s1NOeR1l0*
神がいないと思い込んでる人は、それについて真面目に考えたことがないだけだ。
考える必要もないと思っているのだろうが、それは誤りだ。
自分と神との関係について考えることは、自分のためになることだ。
153  不思議な名無しさん :2017年12月26日 22:58 ID:nasiyGnd0*
151
これは冗談で言うんじゃないが、、、
ほぼ一日あらゆるものと会話をした事がある
テレビに喋りかければあたかも会話しているようにタイミング良すぎで続けざまに返答してくるし、鴉が返事したり、、、疲れてるな←現実逃避で言い聞かせたいだけ←糖質認定の為にあらゆる手段が(ry
こう言うことを考えて先に進めないよりも今はもっとやるべき事が在るはずだが?
まだ、自分を壊れた認定するには早過ぎるなと思った
神が居ることの説明よりも人間の未来を考える方が今は大事じゃないのか?
そこまで考えるのは多くのサル寄りな人間(羊)の意識には重過ぎる
それと選民的な考えは結局ニーチェの鉄人=境界(ライン)まで自分のものという完全な主体性に行き着くだろ
場が開いているか閉じているか、熱的死かビッグクランチか相転移か
揺らいで(鼓動して)いるのならば神の存在も不在も認めなければ嘘になるだろう
説明できないから神というのは翻訳者の傲慢さだとおもうがね
どうだろう
154  不思議な名無しさん :2017年12月26日 23:05 ID:nasiyGnd0*
福音派や旧約原理主義に抱く違和感がこれ
我々には理解できぬから神なのだ
と言うなら信じることを諦めて居るのは一体どっちなのだ?と
155  不思議な名無しさん :2017年12月26日 23:13 ID:yYemAIq00*
これ証明したところで何の意味があるのかわからない
宗教対立の火に油注ぐだけだろ
156  不思議な名無しさん :2017年12月26日 23:25 ID:Ld4lEJTo0*
ここまでのコメントをパッと見ると

理解出来ない事柄を神として理解しようとしたという主張ばかりなんだが、他の意見を持ってる人はいる?

後は大抵スレ主の疑問の前段階での議論の
神は科学的じゃないって言う人と
超自然の神を信仰してる人と
神は人間によって作られたと言う人達な印象
157  不思議な名無しさん :2017年12月26日 23:41 ID:25OFgsie0*
ネアンデルタール人が死者を埋葬した形跡はあっても、神を祀ったと覚しき形跡は無いようだね。
このことから、神よりも先に死後の世界の概念ができたんじゃないだろうか。
死人にも幽霊としての意志がある→この世には知覚できない意志がある→それは災害とか、未踏の森とかに宿っている霊的存在に違いない→神だ、みたいな。
で、漠然とした超常への恐れは、農耕に拠る文化交流の拡大によって支配者に体系づけられ、やがて神話となった、と。
158  不思議な名無しさん :2017年12月26日 23:46 ID:YAeeVXF.0*
建勲(たけいさお)神社は織田信長と織田信忠を神として祭ってて、
豊国神社は豊臣秀吉を祭神として祭ってるんだって
信長公記読んでるから身近に感じるわ

畏敬(おそれうやまう)の念から神ができる一例なんかね
159  不思議な名無しさん :2017年12月27日 00:52 ID:yIStTpkl0*
自分の言いたい事だけ言って、考えたい事だけ考える、細部まで徹底的に考え抜かない
それで分かった気になる
今、俺がやってる事こそが多くの人々が神なり科学なりを信じる理由か
そんな気がするわ、あーあ
160  不思議な名無しさん :2017年12月27日 01:28 ID:HoJEbGig0*
>>21
>『神』ってそんなに人にとって必要なもんか?

ある特定の板に行くと非常にありがたいが。
「今日の4で。」『あなたが神か』『神キタコレ!』
161  不思議な名無しさん :2017年12月27日 04:04 ID:0yjQGZq40*
実際の神と偶像崇拝を一緒にするな!
162  不思議な名無しさん :2017年12月27日 06:10 ID:0j.Labxh0*
神は脳の機能
163  不思議な名無しさん :2017年12月27日 06:15 ID:Ea.yGqFa0*
42で終わってる
大昔の文明では説明の付かなかった自然現象や心理の変化に理由を付けるために考えられたのが神
人間では説明の付かないことは全部神のせい又はおかげなのは今でも同じ



米欄にちらほらとイっちゃってるやつ湧いてて草
164  不思議な名無しさん :2017年12月27日 06:40 ID:WjGBg49d0*
なんかピントがずれてるなぁ
神はいるかとか、神とは何かとか、そんなことが趣旨ではないのに
なぜ、人類はどの地域でも「神」と呼ぶ抽象的な超越者を想像したのかってことでしょ

確かに不思議だ
宇宙人に会ったらアンケートを取ってみたい「あなたの種族は神を信じますか?」って
もし、異星人も神を信じる派が多数だったら、高度な知能と神という概念は切り離せないものだとなるだろうね

宇宙人が難しいなら、高度に発達したAIでもいい
AIに答えてもらう未来は、そんなに遠くはなさそうだ
165  不思議な名無しさん :2017年12月27日 10:38 ID:77Oy4Qke0*
God Bless you.「(あなたに)神の祝福がありますように」
166  不思議な名無しさん :2017年12月27日 12:13 ID:oUbpny3.0*
ひとまとめに神って言っても一神教の神と多神教の神じゃ根本から別物だしなぁ、個人的にはこの二つは違う名称で呼ばれるべきだと常々思ってる……。

多神教の神なら自然への畏れから自然と発生するからある程度の知性がある集団が自分たちの神を持つことは特に不思議じゃない。

一方ユダヤ教派生の一神教はそもそもが自国民を治めるために作った政治ツールだから権力者なり権力者になりたい人たちは積極的に利用する。こっちも別に不自然じゃない。
167  不思議な名無しさん :2017年12月27日 12:18 ID:GXj3BGOi0*
神という存在が、コミュニティを維持・発展するための秩序や律を擬人化した存在だからでしょ
168  不思議な名無しさん :2017年12月27日 13:37 ID:cDIYw24E0*
※164
>なぜ、人類はどの地域でも「神」と呼ぶ抽象的な超越者を想像したのか
どの地域の人種も基本的に同じ認知システムと似た言語システムを持っているから
言語システムの大きく異る文化では神を持たないこともある→ピダハン
169  不思議な名無しさん :2017年12月27日 16:07 ID:hZbq2pL60*
神は「人間が自らに都合いいように拵えた想像物」じゃない。

そうじゃなくて、「世界の中で自分達人間がどうしても支配(コントロール)できない部分を支配している他の存在」を神と呼んでいたんだ。

「神はいない」とされるようになったのは近代以降。それは科学技術の発展と関係してる。人間自らが今まで支配することなど不可能と思われていた自然世界(=外の世界)をある程度支配できるようになったからだ。現代でも多くの人が神はいないと主張している。

それでも外の世界を100%支配することはできない。世界には飢饉や原発事故のような意図せざる災厄が起こる。それらは人間が意図したものではあり得ない。だとすればそれは「他の何か」の仕業だ、大昔の人々はそう考えそれを神と名付けた。

神っていうのは本来人格ではない。神が人格だと捉えられるようになったのはたった数千年前から。そのくらいの時から人は神っていうものを誤解するようになった。神は人格じゃない。だから生き物のように分かりやすく存在していたりはしないし、もちろん人の姿なんかしていない。本来の神っていうのはそういうものを指しているんじゃない。あくまで「自分達に支配できない範囲を支配している他の何か」としてしか捉えてはいなかった。

でもこの数千年前に生まれた誤解は現代になっても影響し続けてる。中世の頃くらいから神が実在しているかどうかなんていう訳のわからない議論が巻き起こり、今日も議論されている。何度も言うけれど、神は本来「自分達に支配できない範囲を支配している他の何か」であって、実在しているかどうかは問題じゃない。
170  不思議な名無しさん :2017年12月27日 16:19 ID:96z5HYP.0*
だって人類を創造したのは、神=宇宙人だから。神は何でもできる、空に帰る、後光が差す=宇宙人でしょ。
パンスペルメニア説でググれ。
171  不思議な名無しさん :2017年12月27日 16:37 ID:hZbq2pL60*
169の続き

ではなぜ大昔の人々はその神っていうのを大事にしていたのか。人が神はいないと言うようになった近代以降っていうのは人類史を1日として考えたときのたった15秒間にすぎない短い期間。逆に考えれば、人類は近代に至るまでの長い間ずっと神を当たり前の存在として捉えていた。そこに合理的な理由がないとは思いがたい。ではそれは何なのか?

結論からいうと、それは無力な人類が神(=人間が支配できない範囲を支配している他の何か)と結託するためだ。

そもそも人は生き物だ。生き物は生き残りを目指すようにできている。でも人を取り巻く世界は危険に満ちていた。人は頭を使い工夫して自然を少しばかりコントロールすることで生き延び絶滅を免れたけれど、それでも絶対の安全とは程遠く、常に自然世界が突然にもたらす災いに怯えていた。

でも人類は、自然世界が災厄だけでなく、人間に利益ももたらすということに気がついた。絶対強者である自然世界はただ敵であるだけではなく、恵みをもたらす存在でもあった。

そこで人はその自然世界がもたらす災厄を怖れると同時に、それが与える恵みを積極的に受け取ることが重要だと考えた。

その考えを人々皆で共有して集団全体の生存効率を高めるために、自然世界全体を神として記号化し、わかりやすくした。これが神という捉え方の始まりであり、こういう風に世界を捉えた種族の多くが生き残った。それはこの捉え方が正しい世界の捉え方だったからだ。
172  不思議な名無しさん :2017年12月27日 16:38 ID:hZbq2pL60*
171の続き

本来神という考え方は人類がこの世界の法則を最も効率よく活用するための重要なアイデアだったのであり、軽々に放棄すべきものではない。しかし現代では、神というものの定義自体を誤解するようになったために、神の存在は無きものにされることが多くなった。そして同時に、世界を支配しようと苦心するだけの存在でいるのではなく、世界から与えられる恵みや経験があることを重視する考え方も、忘れ去られようとしている。
173  不思議な名無しさん :2017年12月27日 18:47 ID:cDIYw24E0*
※169~172
なるほど分かりやすいね。

「世界の中で自分達人間がどうしても支配(コントロール)できない部分を支配している他の存在」
をもうちょっと肯定的に解釈すると
「世界の脅威から自分達人間を保護し恩恵を与えてくれる存在(自然のシステム)」
とも言えるかもしれない。

社会性を進化させた人類は、自らを保護し恩恵を与えてくれる親類や友人への愛着を持ち、愛着する対象とつながることに幸福を感じるオキシトシン系の機能を獲得した。
自らにとっての良い出来事と出会った際、ただ欲求の解消による快感だけでなく、そこに愛着を持つ神の存在を感じることで、そこに社会的な幸福も加わったのではないか。
174  不思議な名無しさん :2017年12月27日 18:49 ID:tMeUAH0y0*
神は、人々の可視化要求から生まれた。何を可視化したがっているのか?「全体」をだと言いたい。部分には「全体」は不可視。なので、プロビデンスの目を待望する。なお、人間の「意識」も、可視化要求の産物。なんちゃって品質ではあるが。
なぜか、組織は可視化したがる。企業の見える化とかもそう。不可視なのに、可視化しようとすると、偶像崇拝になりかねないから、イスラムなどのように禁じたりもする。
生体に目が誕生したから、カンブリア爆発がおきたように、どっちを向いた可視化であれれ、可視化はステージをアップする。世界を構成する階層秩序は、何らかの可視化単位で仕切られる。AIも自らの可視化を実現したら、意識のようなものを持つに至るだろう。
175  不思議な名無しさん :2017年12月27日 19:11 ID:cDIYw24E0*
宗教は英語でreligionと言うが、これはラテン語の「再び結びつける」という意味から来ている。
個人が家族に帰属するように、人間は自然に帰属していた。
しかし都市機能が進化し、本来の自然から切り離された人間は、故郷を離れて上京した現代人のように、どこか虚しさや不安を覚えるようになった。
宗教は心の中に自らの起源である自然の象徴たる神(実家)を持つことで、いつでも再び自らの起源と結びつき(帰り)幸福を得ることが可能になったのではないか。
176  不思議な名無しさん :2017年12月27日 22:19 ID:pJOvRf7W0*
心の拠り所の為に超人は創造された
177  不思議な名無しさん :2017年12月27日 22:33 ID:tMeUAH0y0*
「全体は、部分の総和以上のなにかである。」アリストテレス
部分には全体は不可視である。どんなに可視化したくても、可視化は不可能。だが、可能な存在はあるのではないか?まるっとお見通しな何者かが。
どうしてそう思えるのか?
人間に意識が獲得されているから。
でも、人間の意識なんて、不完全だが。
人間の場合はそうかもしれないが、神の意識に限っては、完全なはず。
その神という存在はどうやって把握できる?
できないさ。人間には不可視だ。
おかしいではないか?不可視なものも可視化出来る存在がありえるといいながら、そんな存在など不可視とは?
おかしくはない。人間ですら、不完全な可視化をなしとげ、可視化に執着している。なぜ、人間レベルで止まらなければならないのか、説明できるか?この世は、可視化したがっているとしか思えない。全ての人類史は、可視化の為に動いている。国家だって可視化装置でしかない。人工衛星も、顕微鏡も、大仏も、ディズニーランドも高野山も曼荼羅も、可視化装置ではないのか?報道も国勢調査もビッグデータも貨幣も可視化装置だから。人類に神が存在するのは、可視化を付託する習性ゆえ。
178  不思議な名無しさん :2017年12月27日 22:53 ID:ee0RLsEH0*
社会そのものがその「可視領域(境界性)」を定義づけもすが
人間ひとりひとりにはもっと多くの現象を観る力がある
社会とは 結果(現在)=次の今(未来)に繋がる位置要素 であり 原因=絶対的直線 として結ばれている訳ではない
考えればたどり着くだろうそれはフィルター(現象の篩)であることに
白紙に円を書いたとき、その線は自分か?自分じゃないか?
そもそもそんなルールは自然には存在しなかった
人間と猿のもっとも異なる点はここだ
その境界を自分のものとするために一体どれだけの血か流れたか、また流されようとしているか
自然にはその境界性のせめぎ合いによるバランシング(うつろう神)が働くが人間はその境界を不可視とすることで社会というゆりかごを拡大させた
社会を絶対視し、信仰するならばそれはゆりかごにのみ生を見出だすことである
言葉はそのような「境界の曖昧さ」から生まれた人造の神だと改めて認識しなければ羊以外の何物にもなれないだろう
現象の勾配とはそういうことだ
179  不思議な名無しさん :2017年12月27日 23:06 ID:ee0RLsEH0*
中味薄弱な虚言で茶化す輩が必ず現れるが、これも一つの神の働きと捉えれば、非人格的にバランスを執ろうとしているサル(機能)なのだなと、、、その機能的存在も大切だが余りに増えすぎた←これ自体も社会の論理性に働いたバランシングの結果
彼らにはその中からは観測できない
なぜなら彼等自信がその機能として働いているからだ。その時彼等にとって彼等の論理こそが世界のすべてとなる
機能として働くとはイレギュラーなく行動を繰り返すということだ
たまに違うことするから違うという言葉は、既にその論理(有限回繰り返す数列)を決定しているのと同義である
しかしそのような機能から逃げつづけると決定するならそれもまた一つの機能として固定されるだろう
解りやす過ぎるほどに説明してもあなたたちは同じ言葉を繰り返すのだな
しかしそこまでは制限すべきではないだろう
口に出してみる、文字にしてみる=言語化 自己境界の再認にとってもっとも有効だ
180  不思議な名無しさん :2017年12月27日 23:25 ID:ee0RLsEH0*
何が人間を機能たらしめるのか?それは限界である
限界とはワンスケールの絶対的指標ではなく
身体のあらゆる機能の複合体による最大値の決定である
無意識に限界が働くならばそれを自ら認識すれば良い
ただし必ずそこには対価が存在するにちがいない
筋肉が100%使えない理由と同じだ
しかし、等価交換では無いのだ
我々は領域を拡大する
何かを捨てて何かを得るときそれは拡大を約束された交換であると
このバランスが崩れた単純な拡大思考 拡大主義 境界意識に対して「如何なる力」を与えても終わりまで突き進む事になるだろう(たとえ誰かが永久機関のアイデアをあたえたとしても)
しかし思い出してほしい その拡大主義ももとはといえば社会の一側面なのだと
今ここで社会が生まれた頃よりも前に意識を戻し、その役割を改めて問おう
現にポストモダン哲学では構造主義や不可知論の流れが浮上して来たじゃないか?
互いに会話し、議論し、思考するならば、全く新しい「ジャメビュな社会」を生む事が出来るだろう
181  不思議な名無しさん :2017年12月27日 23:46 ID:1WXreQpU0*
大昔、あるものを神として認識して過ごしたヒトの方が生き残り、その遺伝子を持つ人が各地に広まっていった。
各地に広まったヒトは、その土地にあった神さまを創造する。
本能的に作るのかも。
182  不思議な名無しさん :2017年12月27日 23:47 ID:ee0RLsEH0*
その本能(生得欲求よりも根源的欲求)が境界意識なのだ
何故繰り返す
183  不思議な名無しさん :2017年12月27日 23:51 ID:ee0RLsEH0*
私はより本質的と感じる疑問を選択する事が出来る
私は愚かだと感じる問いに沈黙する事が出来る
私は良く在りたいという言葉に答える事が出来る
私は暴言を吐く者の生きてきた悲しい世界を観ようとする事出来る
無言の先に思考よ続け
ヒトである為に社会性を捨てねばならないなら捨ててみようじゃないか
184  不思議な名無しさん :2017年12月28日 10:20 ID:o.0OT0Qx0*
個体に由来する論は弱いな。脳がどうたら・・・とか。
脳や意識に作用するし、それが素材ではあるが、集団が発生するものであるというのが確からしい。
神という錯覚は非常に免れがたいものであり、また、人類史そのものであるな。
すべての近代以降の産物は神の置き換えであるものの、全然達していない。
科学技術的なアプローチは同じ錯覚から生えた枝だが、いかに世界を変造し、物理的な構成物を夥しく算出しようとも、錯覚であり続けてもいる。
要素還元主義という錯覚でしか具体的現実的に物事を進められない人類の性だ。
こいつが切り捨てざるを得ないネガ部分(これも錯覚)の方が大量なのだ。
185  不思議な名無しさん :2017年12月28日 19:02 ID:6Ws8eT2P0*
君ら全員に間違いなく神からの招待状が来てる。招待状を目の前にその小さな脳で考えるのやめ創造主の元へ帰ってきなさい、主は一人一人をとてつもなく喜ばれ愛される。
186  不思議な名無しさん :2017年12月31日 12:40 ID:rGEFcCOO0*
考えない奴は人間未満でしかない。
187  不思議な名無しさん :2018年01月16日 22:06 ID:9VB.IIE.0*
人間の存在理由が見当たらないので、神はいる。
神には人間の何かが必要。人間には神の保護が必要。
188  不思議な名無しさん :2018年01月26日 20:00 ID:DNi4KXAj0*
昔、とあるTV番組で古田敦也が
「球場には魔物が棲んでいたほうがよい」
と言っていたのを思い出すな。
「石井一久の制球が乱れたときに魔物のせいにできるから」
という理由だったが。

神もそんなもんだよなぁ。
189  不思議な名無しさん :2018年02月22日 00:20 ID:4WTOSKuo0*
脳には宗教的体験により活性化する側坐核という部位があり、それにより信仰者はドラッグやギャンブルのような高揚感を得る。
おそらくそれは、人間が感じる死への恐怖を打ち消すための身体的防衛機能であり、そういう意味で神の居所は人の脳であると私は考える。
その証拠に人の目は祈るときに上を向く。
190  不思議な名無しさん :2018年03月01日 21:08 ID:RCGywnrE0*
今の時代一度でいいから物理的に神が現れて誰もが目撃できる奇跡をおこしたら
少しは善意で人は動くようになるんだろうか(現在は神=紙だよね
191  不思議な名無しさん :2018年03月12日 17:41 ID:Vvkxb.xd0*
雨が降る。風が吹く。昼があり、夜がある。なぜ?解らない。だとするなら、解らないものに名前を付ける。


解らないものに名前を付ける。これな。これが神。なので解ったら神じゃなくなる。

新たな名前を付けるから。偏西風とか雨雲とか自転とか公転とか。
192  不思議な名無しさん :2018年03月13日 17:59 ID:hfzeE4.W0*
・心の拠り所
・理解できない現象の理由付け
いろいろあるけど、大きくはこの2つでしょ。

(実際に効果があるかは別にして)頼る事ができる
大きな存在があれば安心する、
理解できない現象(自然現象や気象など)を、
人間を遥かに超えた存在が起こしていると考えると、
正体が全く分からないよりも、安心「できる気がする」
193  不思議な名無しさん :2018年07月25日 22:18 ID:2tPZR9hx0*
信じたら救いますってのは、ただの金集めのためで、本来神は鎮まってください、おとなしくしててくださいお願いしますって存在。お願い事を、叶えるのが本質ではない。

 
 
上部に戻る

トップページに戻る