不思議.net

怖い話・オカルトまとめブログ

アクセスランキング(5日間)
    本日のおすすめニュース
    本日のおすすめニュース一覧

    (´・ω・`)ショボンが不思議なパンを焼くようです

    shutterstock_522244639
    寄稿者名/Shutterstock.com


    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 18:53:25.46 ID:4EnfX+bw0
    投下します。立つかな?
    ( ^ω^)アスファルトに咲く花のようです
    http://world-fusigi.net/archives/9027687.html
    管理人です!
    今回のスレは、前記事「( ^ω^)アスファルトに咲く花のようです」のコメント欄でこのスレの存在を知りました。
    前記事の※30・※31さん、ありがとうございましす!

    まだ私の知らない昔の良スレって結構ありそうですね。




    3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 18:54:08.29 ID:4EnfX+bw0

    少しだけ昔、あるところに、小さなパン屋がありました。

    (´・ω・`) 「ふー、疲れた。……今日もお客さん、来なかったな」

    狭くて、暗い、路地裏。
    一見、パン屋とはわからない寂れた外観。この店に寄ってくるのは、ショボンから、余ったパンを与えられる、数匹の野良猫だけです。

    (´・ω・`) 「きっと、僕の腕がまだまだ未熟なんだ」

    まだまだ、歳の若い店主、ショボン。
    彼は、パンを作ることは、得意でしたが、お店を繁盛させることは苦手でした。
    なので、この店に閑古鳥が鳴く原因は、自分の実力のせいだと、ショボンはいつも思っていました。



    6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 18:56:14.51 ID:4EnfX+bw0

    ある日、ショボンは、あることを思いつきました。

    (´・ω・`) 「今までにないような、新しいパンを焼こう。そうすれば、お客さんが来てくれるかもしれないぞ!」

    ショボンは、真っ白な調理服に着替え、ちょっと頭の高いコック帽をかぶります。
    そして、ショボンは、せっせとパンを焼く作業を始めるのでした。

    7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 18:58:09.14 ID:4EnfX+bw0





    (´・ω・`)ショボンが不思議なパンを焼くようです





    8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 18:58:32.12 ID:L27QwuA5O
    期待

    支援

    9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 19:00:12.37 ID:dvuw4y270
    支援

    10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 19:00:19.22 ID:4EnfX+bw0

    二時間後、とうとうパンが焼きあがりました。
    チーン、という心地よい音とともに、大きな竈の扉が開かれます。

    (´・ω・`) 「どれどれ……」
     
    ( ^ω^) ホカホカ 

    (´・ω・`) 「やった! うまくいったぞ!!」

    11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 19:02:05.72 ID:4EnfX+bw0

    ( ^ω^) 「それは良かったお!」

    (´・ω・`) 「ああ! やった! やった!」

    ( ^ω^) 「やったお! やったお!」

    (´・ω・`) 「……」

    ( ^ω^) 「……」

    13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 19:03:53.43 ID:4EnfX+bw0

    (´・ω・`) 「さて、試食してみるか」

    ( ^ω^) 「うわ、待てなにをs」

    なんとも奇妙なことです。
    なんと、ショボンが焼き上げたパンは、自由に喋ることができたのです。

    15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 19:04:37.50 ID:L27QwuA5O
    支援

    17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 19:06:33.69 ID:4EnfX+bw0

    (´・ω・`) 「よし、ひとまず食べるのはやめよう」

    ( ^ω^) 「ご理解感謝するお」

    (´・ω・`) 「質問しようか。君は、なんで喋れるんだい?」

    ( ^ω^) 「VIPクオリティ、って言葉知ってるかお?」

    (´・ω・`) 「ウ゛ィップ? なんだい、それ?」

    18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 19:08:47.88 ID:4EnfX+bw0

    ( ^ω^) 「新参乙wwww 半年ROMれ」

    (´・ω・`) 「えーと、ジャムとナイフはどこにあったかな……」

    ( ^ω^) 「正直スマンカッタ」

    ちょっと生意気な、このパン。
    ショボンは、名前をつけることにしました。

    19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 19:10:40.40 ID:L27QwuA5O
    支援

    20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 19:10:44.56 ID:4EnfX+bw0

    (´・ω・`) 「しかし、名前をつけるには特徴がほしいね……。ソーセージをぶっさしてみるか」

    (;^ω^) 「ちょwww おまwww 無理はやめ、やめる……アーッ!」

    (´・ω・`) 「よし、完成」

    ⊂( ^ω^)⊃ 「……。両側から突き出たソーセージが、ちょっと格好いいお」

    (´・ω・`) 「まるで、両手を広げてるみたいだね。今にも、大空を飛びそうだ」

    21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 19:12:36.64 ID:4EnfX+bw0

    ⊂( ^ω^)⊃ 「!! まじかお! 空も飛べるのかお!? じゃあ、いっちょ飛んでみるお!」

    (´・ω・`) 「よし、いくんだ!」

    ⊂(*^ω^)⊃ ブーン!!

    威勢の良い掛け声とともに、パンは大空へ飛び立ちました。
    ……そんなわけがなく、パンは微動だにしません。

    22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 19:14:14.54 ID:FCN+UXTx0
    ソーセージパン保守

    23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 19:15:06.15 ID:G27g1Uwi0
    ちょっと面白いwww

    24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 19:15:27.07 ID:4EnfX+bw0

    ⊂(;^ω^)⊃ 「あれ、どうしてだお?」

    (´・ω・`) 「まあ、しょうがないよ。人間やパンは、自力では飛べないもの」

    ⊂(;^ω^)⊃ 「そうなのかお……?」

    (´・ω・`) 「でも、大丈夫さ。ブーンは飛べるよ。なんたって、僕が腕によりをかけた最高のパンだからね」

    28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 19:18:01.35 ID:4EnfX+bw0

    ⊂(*^ω^)⊃ 「ほ、本当かお!? じゃあ、もっと頑張ってみるお!! 僕は大空を飛ぶんだお!!」

    ⊂(*^ω^)⊃ ブーン! ブーン! ブーン!

    (´・ω・`) 「ふふっ、おかしなパンだ」

    何度も、何度も、「ブーン」と叫び続ける姿。
    それを見て、不思議なことにショボンは、いつかブーンは空を飛べるんだろうな、と思いました。
    そして、ショボンはこのパンを「ブーン」と名づけることにしました。

    29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 19:20:13.44 ID:4EnfX+bw0
    それからというもの、この店は徐々に活気付き始めました。
    それは、ある一枚のチラシがきっかけでした。

    『やあ (´・ω・`)

    ようこそ、バーボンハウスへ。

    このクロワッサンはサービスだから、よく噛んで食べて、落ち着いて欲しい。

    うん、「パン屋」なんだ。済まない。

    ア○パ○マンの顔も、リサイクルって言うしね、謝って許してもらおうとも思っていない。

    でも、この店を訪れたとき、君は、きっと今まで見たことのない
    「喋るパン」みたいなものを見られると思う。

    殺伐とした世の中で、そういうドキドキを忘れないで欲しい、

    そして、「この店がもっと繁盛してほしい」そう思って

    このチラシを配ってるんだ。

    じゃあ、注文を聞こうか。                        ショボン 』

    30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 19:20:30.42 ID:f/ynLD4+O
    支援

    32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 19:23:10.49 ID:4EnfX+bw0

    この一風変わった内容と、「喋るパン」という物珍しさから、お客さんが増えるようになったのです。
    一旦広がった噂は、更に人から人へと伝わり、また更に……。以前は山のように余ったパンも、今では不足するほどです。
    気がつけば、ショボンの店はこの町で一番のパン屋となっていました。

    しかし、人気とは常に移り変わるものです。
    数ヶ月たったころには、新たにこの町にやってきた「ひろゆき・ベーカリー」に客を奪われてしまったのです。

    (´・ω・`) 「……」

    ⊂( ^ω^)⊃ 「……お客さん、来ないおね」

    (´・ω・`) 「……しょぼーん」

    ⊂(;^ω^)⊃ 「き、気にすることないお! きっと今に、お客さんは集まるお!」

    そんなブーンの励ましもあってか、ショボンのお店は以前ほどではないものの、ある程度の活気は感じられるようになりました。
    しかし、大量に刷ったチラシは高い高いお山となっていました。

    33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 19:24:33.10 ID:FCN+UXTx0
    ひろゆき師ね

    34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 19:24:56.21 ID:4EnfX+bw0

    そんなある日、ショボンはあることに気がつきました。

    (;´・ω・`) 「……なんてことだ」

    ⊂( ^ω^)二 「どうしたんだお?」

    (;´・ω・`) 「ブーン、ソーセージの片方の先っぽ、どうしたんだい?」

    ⊂( ^ω^)二 「お?」

    ⊂(  ^ω^)二  ジー




    ⊂(^ω^)二  

    35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 19:26:43.76 ID:4EnfX+bw0

    (´・ω・`) 「これは困ったな。お客に、イタズラでもされたのか?」

    ⊂( ^ω^)二 「それは無いと思うお。ここのお客さんは、みんな優しいお」

    (´・ω・`) 「ふむ……」

    結局、原因はわかりませんでした。
    しょうがないので、ショボンは以前のソーセージを抜き、新しくチョリソーをブーンに突っ込んでやりました。

    37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 19:28:27.37 ID:4EnfX+bw0

    ⊂二( ^ω^)二⊃ 「おー、前よりも強そうだお!」

    (´・ω・`) 「ああ、この腕なら、より高く空を飛べそうな気がしないかい?」

    ⊂二(*^ω^)二⊃ 「夢が広がりんぐ!!」

    ブーンの両腕は、以前よりも逞しく、また一歩空に近づいたような気がしました。
    心なしか、大量にあったチラシも少しだけ減ったような気がしました。

    39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 19:30:40.20 ID:4EnfX+bw0

    それからのショボンのお店は、大変な日々を送っていました。
    あるときは、全くお客さんはきません。またあるときは、それが嘘のようにお客さんがたくさんやってきます。
    その状態が、ここ数ヶ月続いているのです。
    ショボンは、材料がもったいないので、お客が来てからパンを焼くようになりました。

    (´・ω・`) (不思議だな……)

    ショボンは、このことを不思議に思っていました。
    しかし、いつもギリギリの生活を送っていたので、いつしかそのことは気にしないようになりました。

    40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 19:32:20.67 ID:L27QwuA5O
    支援

    41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 19:33:30.82 ID:4EnfX+bw0

    もう一つ、不思議なことがありました。
    それは、ブーンのことです。

    (´・ω・`) 「またか……」

    二( ^ω^)二 「寝てる間に、減ってたみたいだお」

    (´・ω・`) 「君も寝るんだね」

    二( ^ω^)二 「自慢のチョリソーも、これでは役立たずだお。取り替えてくれお」

    (´・ω・`) 「了解」

    44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 19:35:52.04 ID:4EnfX+bw0

    ブーンの体は周期的に、一部分が欠けるようになっていました。
    その度に、ショボンは綺麗にしてあげます。しかし、日がたつと必ずどこか欠けているのでした。

    (´・ω・`) (どこの悪がきのイタズラかね……)

    奇妙なことにショボンは、ブーンの体が欠けるときの現場を見たことがありませんでした。
    なので、いつしか犯人を、その場でとっ捕まえようと考えていました。

    47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 19:38:18.88 ID:fPZ7zba8O
    支援してやんよっ

    48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 19:38:23.55 ID:4EnfX+bw0

    そして、そのときはやってきました。
    それはショボンが、ブーンをさっそく綺麗にした、その日の晩でした。

    (´・ω-`) 「おや……?」

    最近、お客さんも入っておらず、ついつい空腹から、ショボンは目を覚ましてしまいました。
    すると、夜中だというのに、誰もいないはずの厨房から物音がするのです。
    唯一いるとしたら、それはパンのブーンだけです。しかし、彼はパンです。動けるはずがありません。

    51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 19:39:16.09 ID:98UzQ1Je0
    しえ

    52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 19:39:47.39 ID:PJatymsZO
    支援

    53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 19:40:27.04 ID:4EnfX+bw0

    (´・ω・`) 「こいつだな、犯人は」

    ショボンは、ピン、ときました。
    そして、フライパンを両手で抱きかかえると、足音を立てずに厨房へと向かいました。

    薄暗い厨房に、人影はありませんでした。
    そのかわり、それがいました。一匹の野良猫が。

    55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 19:42:17.28 ID:4EnfX+bw0

    ( ФωФ) 「……」

    その猫は、ただ静かにブーンを見つめていました。
    その眼は、暗闇の中、煌々と光を放っています。

    (´・ω・`) (猫か。ちょっと厄介だな)

    野良猫は危機的状況に敏感で、非常にすばしっこいものです。
    ショボンは、しばらく様子を見ることにしました。

    56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 19:42:21.58 ID:ZYZGJLSN0
    コイツはおもしれぇwwww 支援

    62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 19:44:54.37 ID:4EnfX+bw0

    ( ФωФ) 「……ニャオ」

    その猫はブーンに噛み付くわけでもなく、襲い掛かるわけでもなく。ただ、ブーンに向かって鳴いているだけでした。

    すると、どうでしょう。
    突然その猫は、ブーンの横に置かれたチラシを、十数枚口に咥えました。
    そして、そっとブーンのいる台へ飛び乗ると、尻尾を使いブーンを背中へと乗せたのです。

    65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 19:47:07.17 ID:4EnfX+bw0

    ( ФωФ) 「ニャー」

    ⊂二( ^ω^)二⊃ 「ありがとうだお。さあ、今日も行くかお」

    (´・ω・`) (今日も……?)

    そして、ブーンと野良猫は、そっと窓から出て行きました。
    ブーンの言葉に引っ掛かりを感じたショボンは、ばれないように後を追うことにしました。

    66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 19:47:45.63 ID:AYIn/nz+O
    支援

    67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 19:48:20.98 ID:PJatymsZO
    支援

    68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 19:49:10.59 ID:4EnfX+bw0

    一匹の猫と一つのパンは、真夜中の街を馴れた足取りで、スイスイと進んでいきます。

    (´・ω・`) (一体、なにをしているんだろう?)

    ショボンはあれこれと思索しながら、彼らの背中を追っていきます。
    でもそれは、ショボンに隠しつつやっているのだから、きっと良くないことなのだろう、とショボンは考えていました。

    78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 19:51:22.63 ID:4EnfX+bw0

    辿り着いた先は、ちょっと裕福な人たちが住む住宅街でした。
    もちろん、真夜中ですので明かりを灯している家は、ほとんどありません。

    (´・ω・`) (……)

    ( ФωФ) 「……」

    ( ^ω^) 「……」

    82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 19:53:16.97 ID:4EnfX+bw0

    しばらく、沈黙が続きました。
    その沈黙は、どれくらいの長さだったのでしょうか。
    きっと短かったはずですが、ショボンにとっては、とても長く感じられました。

    それは、突然の出来事でした。
    少し待たされて、ぼーっとしていたショボンでしたが、いきなりの甲高い音に意識をはっきりさせられました。

    ( ФωФ) 「アオーーーーーーン!!」

    85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 19:55:15.00 ID:PJatymsZO
    支援

    86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 19:55:49.51 ID:OE+HEtSo0
    支援

    87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 19:55:59.58 ID:4EnfX+bw0

    長い、長い。
    高い、高い。
    そして、どこまででも届いてしまいそうな、響きのある鳴き声。

    そして、それが合図になったかのように、あちこちの家から光が漏れ始めました。
    次々に開かれる、玄関。そこから出てくる人々はみんな、ブーンと猫のもとへと寄ってくるのです。

    88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 19:56:15.87 ID:fPZ7zba8O
    支援

    105: >>87からの続き 2008/01/16(水) 20:22:05.01 ID:4EnfX+bw0

    「あら、ひさしぶりね」 「もうこんな時期かしら」 「相変わらず、可愛い猫ちゃんと、素敵なパンね」

    ( ФωФ) 「ニャオ」

    (*^ω^) 「おっおっお!」

    不思議な光景でした。
    一匹の猫がビラを咥えながら、人々の間を行き来します。
    人々はそのビラを手に取り、「明日行くわね」と、猫に向かってウインクするのです。

    106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 20:22:39.03 ID:PJatymsZO
    ktkr

    107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 20:24:42.33 ID:4EnfX+bw0

    (;^ω^) 「みなさん、明日はサービスデイですおー!! 是非、是非バーボン・ハウスにいらしてくださいおー!」

    ブーンも、負けじと声を張り上げます。
    猫の背中に乗りながら、人々に向かって、一生懸命に……ショボンのお店を、アピールするのです。

    (´・ω・`) 「……」

    (´・ω・`) 「……!」

    108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 20:25:10.57 ID:PJatymsZO
    ・・・

    支援

    109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 20:26:51.66 ID:4EnfX+bw0

    ショボンは、気づきました。
    お客さんが全くこない時期、急にお店が繁盛する時期。それが何故、交互にやってくるのかを。

    最近は、全く客はやってきていませんでした。

    (´・ω・`) (明日は……きっと、たくさんのお客さんが来るのだろう)

    ショボンは、発見を、確信へと変えました。
    そして……。

    112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 20:29:09.66 ID:4EnfX+bw0

    (´;ω;`) 「ブーン、ありがとう……」

    静かに、涙を流しました。
    一粒、口の中に流れ込んだ涙は、不思議と温かいものでした。

    そして急いで店にもどり、翌日の準備を始めることにしました。

    115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 20:31:55.61 ID:4EnfX+bw0

    (;´・ω・`) 「……」

    ショボンは、額に汗を浮かべながら、一生懸命に作業をこなしました。
    そして日が昇る頃には、今までにないくらい良い仕上がりのパン達が並べられました。

    (´・ω・`) 「これで、よし。……ん?」

    店の外から、物音が聞こえます。
    恐らく、ブーンと猫が戻ってきたのでしょう。
    ショボンは、ブーンの心遣いを無下にしてはいけないと思い、そっと身を隠しました。

    118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 20:33:42.04 ID:PuLz/0IyO
    支援

    119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 20:34:03.15 ID:CNfxuPXw0
    イイハナシダナー

    120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 20:34:05.00 ID:4EnfX+bw0

    それから、十分が経ちました。
    しかし、ブーンの姿は未だ厨房に現れません。
    疑問に思ったショボンは、外へ様子を見に行くことにしました。

    ( ФωФ) 「……」

    ⊂二( ^ω^)二⊃ 「……」

    122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 20:34:25.01 ID:wk2TYbuYO
    追い付いた
    支援

    124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 20:35:55.73 ID:Lkxz0XSlO
    もしや…支援

    125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 20:36:44.19 ID:4EnfX+bw0

    そこにいたのは、やはりブーンと野良猫でした。どうやら、三匹の子猫もいるようです。

    猫とブーンは、お互いを見つめています。
    そして、猫がゆっくりとブーンに近づき――ブーンの片腕を、その牙で、食いちぎりました。

    129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 20:38:22.13 ID:B62hewCg0
    なるほどな…

    134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 20:40:30.23 ID:4EnfX+bw0

    (;´・ω・`) 「なにをするんだ!!」

    ( ФωФ) 「!!」

    ⊂二(;^ω^)二 「……!!」

    ショボンは、思わず叫んでしまいました。
    そして、すばやくブーンに近づき、そっと抱きかかえます。

    143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 20:43:26.42 ID:4EnfX+bw0

    (#´・ω・`) 「 いつも、ブーンを傷つけていたのは、お前だったのか!!」

    (#ФωФ) 「フーッ!」

    ショボンが、思わず片手をふりあげた、そのとき――
    ブーンが、大声で、叫びました。

    ⊂二(#^ω^)二 「やめるお!!」

    144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 20:43:40.56 ID:PJatymsZO
    支援

    146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 20:45:48.80 ID:rtLWPDVj0
    支援

    147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 20:46:05.18 ID:4EnfX+bw0

    (;´・ω・`) 「!?」

    ⊂二(#^ω^)二 「腕を、下げるお!!」

    (;´・ω・`) 「……けど、現にその猫は、ブーンの腕を」

    ⊂二(;^ω^)二 「……」

    153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 20:48:25.18 ID:4EnfX+bw0

    (;´・ω・`) 「……」

    ⊂二( ´ω`)二 「これには、わけがあるんだお……」

    ブーンは、ゆっくりと、ことの顛末を話し始めました。
    言葉がおかしかったり、ろれつが回らなかったりしながらも、ブーンは一生懸命喋りました。

    154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 20:50:10.63 ID:PJatymsZO
    wktk

    155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 20:51:24.09 ID:4EnfX+bw0

    ⊂二( ^ω^)二 「僕は、パンだお。ただの、パンだお」

    (´・ω・`) 「いや、君は特別だ」

    ⊂二( ^ω^)二 「ちょっと喋れるだけだお。本当なら他のパンと同じ、食べられる運命だったんだお」

    (´・ω・`) 「……」

    157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 20:54:06.23 ID:OE+HEtSo0
    支援

    158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 20:54:09.44 ID:4EnfX+bw0

    ⊂二( ^ω^)二 「でも、そんな僕に、情けをかけてくれた人がいたお」

    ⊂二( ;ω^)二 「生意気な僕に、名前をつけてくれた人がいたお」

    ⊂二( ;ω;)二 「ただのパンである僕に、大空を飛べると言ってくれた人がいたお」

    (´・ω・`) 「……」

    159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 20:54:24.54 ID:PJatymsZO
    支援

    160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 20:55:52.90 ID:PJatymsZO
    支援

    161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 20:56:43.73 ID:4EnfX+bw0

    ⊂二( ;ω;)二 「そんな人に、僕の親に、恩返しをしたいと思ったお。だから、ブーン目当てに、客が集まったときは、すごい嬉しかったお。

                でも、すぐにブーンは飽きられたお。すごく悔しかったお。なにか、できることはないかと考えたお。

                だけど、僕はただのパン。一人じゃ、歩くことさえできない。……そんなときに、助けてくれたのが、この猫だったお」

    ブーンは野良猫に顔を向け、顔をふきふき、ニコリと笑います。
    野良猫はそれに答えるように、一声「ニャー」と鳴きました。

    164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 20:57:45.97 ID:PJatymsZO
    ブーン・・・

    ちょっとティッシュくれ

    165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 20:58:41.37 ID:roCC5dG20
    支援

    167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 20:59:25.76 ID:DoaBv1Pp0
    ブーン・・・

    168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 20:59:39.46 ID:PJatymsZO
    支援

    170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:00:15.90 ID:WT0wc5qmO
    しえん

    173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:00:53.09 ID:4EnfX+bw0

    ⊂二( ^ω^)二 「僕を背中に乗せ、チラシを口に咥え、住宅街に向かったお。ちょっとばかりお金を持ってそうな、住宅街に。

                みんな、優しかったお。そしていつしか、僕たちが来るのがお決まりにのようになっていたお。

                みんな、ちゃんと店に来てくれたお。そんなとき僕の中が、すごくホカホカになっていったお!!」

    179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:03:41.88 ID:mO75VI4AO
    ( ;∀;)イイハナシダナー

    181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:03:54.57 ID:4EnfX+bw0

    (´・ω・`) 「……ああ。でも、どうして? 何故、ブーンの体を、その猫に与えたんだ?」

    ショボンが質問すると、どうでしょう。
    それまで、順調に話していたブーンの口調に、少し陰りが生じました。

    190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:07:08.47 ID:4EnfX+bw0

    ⊂二( ´ω`)二 「その猫は、三匹の子猫を育てているんだお。でも可哀想なことに、野良猫だから全員を満足に育てるのは難しいんだお。

                僕は子猫たちが栄養をとれるように、体を与えたお。 その交換条件として、いつも住宅街に行くのを手伝ってくれたんだお」

    (´・ω・`) 「そうだったのか……」

    ショボンは、その猫の頭をそっと撫でました。
    そして一言、「ありがとう」と言いました。

    193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:09:18.18 ID:4EnfX+bw0

    (´・ω・`) 「でも、ブーン。その猫たちだってやろうと思えば、いくらでもゴミやら残飯やらを漁れたんじゃないかい? 」

    ⊂二( ´ω`)二 「……」

    (´・ω・`) 「わざわざ、君の体を傷つける必要は、無かったんじゃないのかい?」

    194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:09:37.02 ID:OE+HEtSo0
    支援

    195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:11:00.06 ID:PJatymsZO
    支援

    196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:11:13.97 ID:4EnfX+bw0

    ⊂二( ´ω`)二 「その子猫たちは、ここで生まれ、ここで育ったらしいお。

    子猫たちが生まれたときは、たくさんの食べ物があったらしいお。それは、とてもおいしくて……、

    いつしか、子猫たちはその味しか食べれなくなったらしいお」


    201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:13:04.73 ID:w5BOLJAp0
    ・・・そういうことか(つー`)

    202: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:13:29.56 ID:4EnfX+bw0

    (´・ω・`) 「……人間のエゴってやつだね。勝手に人間の食べ物を与え、動物の生態系を狂わす」

    そして子猫たちは、ブーンの一部を、ブーンの体を求め始めた。
    ブーンを。パンである、ブーンを。ショボンが作った、ブーンを。

    (´・ω・`) 「ブーンを……?」

    ショボンはそこで、はっ、と息を呑みこみました。
    あるものしか食べない、子猫たち。そして、「パン」であるブーンを食べる子猫たち。

    206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:16:32.19 ID:4EnfX+bw0

    (;´・ω・`) 「もしかして、その食べ物っていうのは――」

    ⊂二( ´ω`)二 「……ショボンが作った、パンだお」

    (;´・ω・`) 「……!!」

    207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:17:20.36 ID:PJatymsZO
    まじかよ・・・

    208: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:17:40.54 ID:QRT7bd1O0
    なんという・・・

    209: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:18:21.43 ID:OE+HEtSo0
    支援

    210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:19:13.47 ID:4EnfX+bw0

    ショボンの、子供の頃からの夢。
    それはパン屋を開き、毎日パンを焼き、いつしか有名になり、世界中を巡るパン屋さんになること。
    その夢を小さな紙に書き、つい最近までいつも肌身離さず持ってました。いつしか、無くなっていましたが。
    そしてショボンは、一生懸命努力してパン屋を開きました。……しかし、有名になるどころか、客は来ませんでした。

    焼いても、焼いても、減らないパン。焼くほど、焼くほど、募る不安感。
    いつしかショボンは、パンを焼くことを恐れ始めていました。店をたたもうとさえ考えていました。

    211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:19:32.68 ID:PJatymsZO
    支援

    214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:21:48.41 ID:4EnfX+bw0

    そんなとき、初めての常連ができたのです。

    初めは、同情からでした。飢えに耐え切れず、か細く鳴き続ける、その声に対しての。
    そして、その常連は、初めてショボンのパンを、おかわりまでしてくれました。
    それが、すごい嬉しくて、嬉しくて……いつしか、店が流行るまで、ショボンは、彼らにパンを与え続けたのです。

    ショボンのパンを催促する、その鳴き声が愛おしくて。

    218: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:22:45.09 ID:B62hewCg0
    なんという>>3伏線

    219: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:22:58.30 ID:PJatymsZO
    つか、まさか最初のレスが伏線とは思わなかったわ

    支援

    220: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:23:30.66 ID:EA3i3Hd40 BE:194575924-2BP(2560)
    支援

    221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:24:41.14 ID:4EnfX+bw0

    (´・ω・`) 「僕が、僕が彼らをおかしくさせた?」

    (´;ω・`) 「本来なら、この場を離れても生き抜けるのに。僕が、彼らを縛った?」

    (´;ω;`) 「良かれと思って。僕は、良かれと思って!」

    結果、どうなったのでしょう。
    猫たちは、パンだけを求めました。ショボンは、パンがあまらないように焼き続けました。
    猫たちは、飢えに飢えを重ねました。もしかしたら、飢餓に耐えられず、死んでしまった子猫もいるかもしれません。
    そして……ブーンが、自分の体を、彼らに与えるようになりました。

    223: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:25:17.10 ID:QRT7bd1O0
    うわぁ・・・

    225: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:25:56.37 ID:9LA375TBO
    しえ……

    226: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:26:45.52 ID:PJatymsZO
    ちょ・・・きつい

    227: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:27:26.30 ID:4EnfX+bw0

    (´;ω;`) (……)

    ショボンは、地面に膝をつき、腕をつき、頭をつけます。
    そして、猫とブーンに向かって叫びました。

    (´;ω;`) 「本当に、ごめんなさい!!」

    ( ФωФ) 「……」

    ⊂二( ^ω^)二 「……」

    228: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:27:46.41 ID:ZqgZYH87O
    幸せになれるのか?これ…

    229: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:28:14.95 ID:DoaBv1Pp0
    ショボン・・・

    232: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:29:55.34 ID:4EnfX+bw0

    沈黙。長い、長い、沈黙。
    そして、猫が一声鳴きました。

    ( ФωФ) 「ニャー」

    ⊂二( ^ω^)二 「お?」

    ( ФωФ) 「ニャーゴ」

    ⊂二( ^ω^)二 「おお!」

    235: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:32:03.51 ID:4EnfX+bw0

    猫とブーンは、会話をします。
    ショボンには、理解できないながらも、一生懸命耳を傾けました。

    ⊂二( ^ω^)二 「猫さん、ありがとうだお!」

    ( ФωФ) 「ニャー」

    そして、猫は子猫を連れ、路地裏へと消えていきました。

    239: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:33:15.81 ID:a4uoDhMS0
    うっ(´;ω;`)

    240: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:33:24.57 ID:PJatymsZO
    支援

    241: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:34:10.55 ID:4EnfX+bw0

    (´・ω・`) 「……ブーン、彼はなんて?」

    ⊂二( ^ω^)二 「自分たちは、あなたに感謝はすれど、謝られる覚えはない、と言っていたお」

    (´・ω・`) 「でも……」

    ⊂二( ^ω^)二 「確かに、猫たちは生きるのが大変になったお。でも……、あのときパンを与えられなければ、死んでいたかもしれないお」

    (´・ω・`) 「……」

    245: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:36:25.06 ID:4EnfX+bw0

    ⊂二( ´ω`)二 「自然は日々、変化するお。それは、残念なことに、人間のせいかもしれないお……」

    ⊂二( ^ω^)二 「でも! その自然に対応して、改善することができるのも、人間に違いないお!」

    (´・ω・`) 「……!」

    248: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:37:02.04 ID:9LA375TBO
    泣きそ

    249: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:37:24.68 ID:PJatymsZO
    支援

    250: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:37:28.21 ID:mO75VI4AO
    これはいい絵本になる

    254: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:39:56.47 ID:4EnfX+bw0

    ⊂二( ^ω^)二 「だから、未来を考えるお! もっともっとパンを焼くお!

    そして、世界中を旅するほどの有名人になって、それから……」

    (´・ω・`) 「ああ、約束するよ」

    ⊂二( ^ω^)二 「ktkr!! ショボンならきっとできるお!」

    (´・ω・`) 「ブーン。初めて、僕の名前を呼んでくれたね」

    ⊂二(*^ω^)二 「ちょwwww テラハズカシスwwwww」


    255: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:41:59.08 ID:PJatymsZO
    ほのぼのいいね

    256: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:42:23.24 ID:4EnfX+bw0

    (´・ω・`) 「僕が夢を叶えたら、きっとそのときには、ブーンも大空を飛んでいるよ」

    ⊂二( ^ω^)二 「当たり前だお!だって、僕はブーンだお! ブーン!!」

    そのとき、ブーンが空を飛びました。
    物凄い速さで、どんどん昇っていきます。

    257: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:43:12.89 ID:QRT7bd1O0
    もしや・・・

    259: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:43:32.03 ID:Qrm0HArrO
    ダメだぁああああ!!!!

    260: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:43:47.61 ID:PJatymsZO
    ちょwww急展開wwww

    262: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:44:32.27 ID:PJatymsZO
    支援

    264: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:45:26.47 ID:4EnfX+bw0

    (;´・ω・`) 「ブーン!!」

    ⊂二(*^ω^)二 「ぼ、僕、空を飛んでるお!! 空を――」

    (;´・ω・`) 「違う! ブーン! カラスだ! カラスに咥えられてるんだ!!」

    ⊂二( ^ω^)二 「え――?」

    265: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:45:36.48 ID:Bp+JmLrI0
    ・゚・(つД`)・゚・ ウェ―ン

    267: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:45:59.33 ID:w5BOLJAp0
    ちょちょちょ

    273: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:48:12.41 ID:4EnfX+bw0

    そうです。ブーンはカラスに咥えられ、空を飛んでいたのです。
    そして、ちょっとした拍子で、カラスはブーンを離してしまいました。

    落ちる。

    落ちる。

    落ちる。

    ブーンは上昇したのより、速いスピードで落下します。
    そして、地面に不時着しました。さすがパンです。なんとか形を保ちました。

    279: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:50:25.08 ID:4EnfX+bw0

    しかし――着地した場所が最悪でした。

    (;´・ω・`) 「――ン! ―る―だ、ブーン! く―まが、きてる!!」

    ショボンの瞳に映る光景は、とてもゆっくりと動いていました。

    そして――

    280: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:50:26.38 ID:VsoE/9agO
    えー!?

    282: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:51:01.34 ID:PJatymsZO
    うわあああああああ

    284: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:51:38.85 ID:a4uoDhMS0
    いやああああああ

    285: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:51:43.06 ID:Qrm0HArrO
    おい
    俺の中に湧き上がるこの感情はなんだ

    287: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:52:30.22 ID:PJatymsZO
    やめてくれ・・・・

    288: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:52:33.20 ID:mO75VI4AO
    いやああああああ

    290: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:52:59.86 ID:4EnfX+bw0

    ⊂二( ^ω^)二 「びっくりしたお。あれ? ショb――」




    ――――――――。





    ショボンの、瞳の内の世界は、動きを止めました。

    293: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:53:39.50 ID:hQW172nN0
    うわああ・・・

    303: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:55:35.22 ID:4EnfX+bw0

    その道路は、車どおりの多い場所でした。

    その中をショボンは、クラクションを鳴らされながら、かきわけ進んでいきます。

    涙を流しながら、ぼやけた視界で、地面を見回しながら、地べたを這い蹲りながら。

    跡を。ひたすら、跡を探します。

    304: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:55:56.92 ID:OE+HEtSo0
    支援

    306: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:56:11.04 ID:PJatymsZO
    支援

    307: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:56:21.88 ID:QRT7bd1O0
    ブーン・・・

    308: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:56:25.06 ID:Lkxz0XSlO
    ああああああああ

    310: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:56:56.47 ID:Bp+JmLrI0
    しるがとまらない(´Д⊂ヽ

    319: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:59:23.62 ID:4EnfX+bw0

    たくさんの人に、怒鳴られなても、ある人に胸倉を掴まれても、決して探すのをやめません。

    そして、やっと見つけたそれは……

    もはや、原形を保ってはいませんでした。

    321: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 21:59:39.39 ID:hQW172nN0
    ブーン・・・

    324: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:00:13.72 ID:Qrm0HArrO
    あ…あ…

    325: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:00:53.10 ID:Bp+JmLrI0
    うそだあああああああいやああああああああ

    327: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:02:41.15 ID:4EnfX+bw0

    ショボンは、それを両手にすくい、大事そうに包み、ゆっくり、ゆっくり、歩きます。

    顔中を濡らし、震える唇を噛み締め、両手の中に粒を垂らしながら、

    ゆっくり、ゆっくり、歩きます。

    ゆっくり、ゆっくり……。

    ……。

    331: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:03:32.12 ID:Qrm0HArrO
    やめろ…………やめろおおおおおおおおおおおお!!!!

    333: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:04:14.81 ID:OE+HEtSo0
    支援

    334: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:05:21.92 ID:4EnfX+bw0

    店に戻ったショボンは、しくしくと、一人で泣いていました。
    店の前で並んでいる人たちも放っておいて、ショボンは泣き続けます。

    昨日までこの台の上で、笑い、喋り、喜んでいた、ブーン。
    なのに今はなぜか、潰れ、崩れ、喋らない、…… ブーン。

    そのとき、一匹の猫が厨房に入ってきました。

    335: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:05:35.88 ID:hQW172nN0
    猫・・・

    336: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:05:37.28 ID:PJatymsZO
    支援

    341: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:06:06.66 ID:QRT7bd1O0
    支援!!
    ・・・

    343: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:07:17.40 ID:4EnfX+bw0

    ( ФωФ) 「……ニャー」

    (´;ω;`) 「……」

    そして、そろそろと、ショボンに近づきます。
    そっと、頬をショボンの腕に寄せながら、「ゴロゴロ」と鳴きました。
    きっと慰めてくれているのだ、ショボンはそう思いました。

    (´;ω;`) 「……でも、ブーンは帰ってこないんだ」

    344: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:07:26.48 ID:9LA375TBO
    ブーン……

    349: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:09:08.57 ID:kffcvBKJ0
    支援!

    351: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:09:32.08 ID:4EnfX+bw0

    今まで、一部だけなら、ショボンも直せました。
    しかし、原形をとどめず、ぐちゃぐちゃになった状態からは、どうすることもできません。

    ( ФωФ) 「ニャーオ」

    すると野良猫は、ゆっくりとブーンに近づきます。
    くんくん、と鼻をきかせ、その中に口先を突っ込みました。

    359: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:11:44.09 ID:4EnfX+bw0

    (´;ω;`) 「やっぱり、この状況でも、生きることを考えるよな……」

    しかし、猫は、ブーンを食べたわけではありませんでした。
    その中から、なにかを取り出したのです。それは、小さな古ぼけた、一枚の紙切れでした。

    ( ФωФ) 「ニャーオ」

    (´;ω・`) 「……」

    猫は、それをショボンの前に、そっと落とします。
    ショボンは、それを広げて読んでみました。

    360: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:11:46.58 ID:a4uoDhMS0
    ああああ猫・・・くそっ目から汁がとまらねえ・・

    361: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:13:12.81 ID:KrZKiwWW0
    しえーん

    362: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:13:20.70 ID:OE+HEtSo0
    支援

    363: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:13:28.36 ID:PJatymsZO
    支援

    365: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:14:20.56 ID:4EnfX+bw0

    『大好きなパンを焼いて、それで有名になる!

     そして、僕のパンを片手に、世界中を飛び回ってやる!

     僕はパンと共に、大空を飛ぶんだ!

                                ショボン 』

    367: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:14:57.52 ID:QRT7bd1O0
    これは・・・!

    368: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:15:17.30 ID:5hj8igtH0
    支援

    373: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:16:07.95 ID:w5BOLJAp0
    そうか・・・

    375: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:17:12.60 ID:4EnfX+bw0

    それは、小さい頃から、持ち続けてきた夢でした。
    それは、ある日を境に、諦めるようになった夢でした。
    それは、ついさっき、ブーンと約束した……大きな夢でした。

    (´;ω;`) 「この紙、無くしたと思ったら……。ブーンの中で、生き続けていたんだね」

    きっと、ブーンを焼くときに、生地に混ざってしまったのでしょう。

    374: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:16:23.39 ID:PJatymsZO
    無くした、ショボンの夢を書いた紙か
    ・・・うまいぜ、ちくしょう

    380: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:18:55.28 ID:kDQkh0JK0
    これはすげぇ支援

    381: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:19:10.95 ID:GTONW8c+O
    (´;ω;`)

    385: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:20:58.83 ID:4EnfX+bw0

    ショボンの長年の思いがこもった、この夢を乗せた紙。

    もしかすると、ブーンが喋ったのも、ブーンが空を飛ぼうと願ったのも、
    このショボンの思いが……ブーンの中に閉じ込められていたからなのかもしれません。

    いや、絶対にそうに違いありません。

    390: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:22:09.17 ID:PJatymsZO
    そうつなげるか・・・いいぜ

    支援

    395: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:24:36.06 ID:4EnfX+bw0

    (´・ω・`) 「……ブーン」

    ショボンは、再び前を見つめます。
    この紙とともに、自分の夢を、再び追いかける決心を固めました。

    ショボンは、小さな紙を取り出します。
    そこに、ゆっくりと、大きな字で、言葉を書きました。

    407: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:27:48.41 ID:4EnfX+bw0

    『 きっと、空も飛べるはず!!

     
      いや、絶対空も飛べるんだ!!』

    409: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:29:23.42 ID:6Csq6KDxO
    (´;ω;`)

    413: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:30:44.25 ID:fGi6K/bCO
    ううう・・・支援

    414: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:30:55.78 ID:w5BOLJAp0
    とべるお・・・(´・ω・`)

    416: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:31:12.36 ID:4EnfX+bw0

    そして、それを小さく折りたたみ、残ったブーンの体で小さく包みました。
    そして、それを真っ赤な風船に入れて、膨らまし……そっと、手から放しました。

    風船は、ゆっくりと上昇していきます。

    ゆっくりと、ゆっくりと、雲に向かって昇っていきます。

    段々と見えなっていきますが、真っ赤な風船なので、青空の中でも見つけられるでしょう。

    そして、とうとう……風船は見えなくなりました。

    428: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:35:17.91 ID:4EnfX+bw0

    ショボンは風船を見送ると、ごしごしと目の周りをこすりました。
    そして、空に向かって、微笑ました。

    (´・ω・`) 「ブーン、やっぱ君は、大空も自由に飛べたんだ」

    そう、ブーンはとうとう、この空を飛んだのです。
    この遥かなる、大空を。

    429: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:36:07.24 ID:f/ynLD4+O
    し・・えん

    431: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:37:22.29 ID:QRT7bd1O0
    ブーン・・・夢がかなったな!!
    よかった!
    ・・・よかった・・・

    432: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:37:34.20 ID:PJatymsZO
    支援

    433: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:37:58.70 ID:4EnfX+bw0

    時は過ぎて、今の話に移ります。
    あるところに、ちょっと大きなパン屋があります。

    広くて、賑やかな、大通り。
    子供も、大人も、その店から漂う良い匂いに、ついつい誘われてしまいます。

    437: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:39:21.02 ID:9LA375TBO
    行ってみたい

    440: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:40:19.36 ID:4EnfX+bw0

    店先には、この店の看板娘でもある、三匹の猫。
    三匹は、ベンチで日向ぼっこをしながら、時々、皿の上のお魚を食べます。
    その姿が愛くるしくて、子供たちの人気の的となっています。

    店内に入ると、ぶすっとした、ふてぶてしそうな猫が迎えてくれます。
    しゃがれた声で、「ニャー」と鳴く。その姿が、お爺ちゃんお婆ちゃんに人気だったりします。

    450: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:44:11.67 ID:4EnfX+bw0

    店内では、可愛らしい少女が、色んなパンを薦めてくれます。
    ちょっと強引ですが、その愛くるしさに、若い男の人たちはついついパンを買ってしまうそうです。

    レジにいくと、美人な女性が、温かいパンを丁寧に包んでくれます。
    その温かい雰囲気に、みんな癒されて、素敵な気持ちで店をあとにします。

    この店のパンは、どれもすごくおいしいと言われています。
    それらのパンは魂をこめて作っているのだから、おいしいのは当たり前だ……と、店主は言っているそうです。

    452: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:44:59.21 ID:QRT7bd1O0
    頑張ったんだな・・・

    453: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:45:51.82 ID:OE+HEtSo0
    支援

    456: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:46:34.56 ID:KrZKiwWW0
    しえん

    458: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:46:55.09 ID:PJatymsZO
    支援

    460: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:47:14.59 ID:4EnfX+bw0

    川 ゚ -゚) 「まあ、そんな強気なことを、良く言えたもんだな」

    (´・ω・`) 「……言った覚えは、無いんだけどねぇ」

    ノパ⊿゚) 「まあ、トーチャンのそのしょぼくれた顔じゃ、言うことすら想像できないけどなあああ! な、クロワッサン?」

    ( ФωФ) 「ニャー!」

    店には、温かい笑い声が溢れました。

    466: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:50:22.97 ID:4EnfX+bw0

    ショボンは、一歩一歩、夢に近づいているようです。
    いつ夢が叶うのか、いや、もしかしたら、叶うことすら無いのかもしれません。

    でも、もし夢を叶え、世界中を、世界中の大空を、飛び回ることができたなら……。

    471: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:51:14.65 ID:PJatymsZO
    支援

    473: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:51:54.23 ID:j70vgFhIO
    支援

    474: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:52:52.44 ID:PJatymsZO
    支援

    479: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:53:40.98 ID:4EnfX+bw0

    いつか、巡り合えるかもしれません。

    大空を自由に飛びまわる、真っ赤な風船に。

    いつか、聴こえてくるかもしれません。

    大空を飛びながら、はしゃぎまわる、「ブーン! ブーン!」というあの声が。

    492: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:57:34.41 ID:4EnfX+bw0

    川 ゚ -゚) 「さあ、そろそろ開店の準備をしないと」

    ノハ*゚⊿゚) 「カーチャン、今日も手伝うよおおおおお! な、クロワッサン!」

    ( ФωФ) 「ニャー!!」

    (´・ω・`) 「……よし、頑張るか!!」

    さあ、今日もショボンは、せっせとパンを焼きはじめるようです。




    (´・ω・`)ショボンが不思議なパンを焼くようです END

    498: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:58:37.60 ID:DZX0jc3l0
    >>492
    乙!

    乙! 乙!!

    499: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:58:40.30 ID:H94hLodrO
    >>492
    乙!

    495: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:58:25.36 ID:+BXfW/Km0
    GJだった

    500: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:58:40.86 ID:CNfxuPXw0
    乙!!!!!!!!!!!

    502: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:58:54.19 ID:GTONW8c+O
    超乙

    503: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:58:56.80 ID:k7nmPv3uO
    すっげー良かった!
    乙!

    507: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:59:15.40 ID:7DVXOnkPO

    508: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:59:25.42 ID:hQW172nN0
    乙!

    509: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 22:59:33.39 ID:KrZKiwWW0
    乙!

    519: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 23:00:42.95 ID:0DTFc3KlO
    乙ですた

    534: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 23:02:32.12 ID:PJatymsZO
    改めて乙

    537: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 23:02:49.54 ID:G0ZagyZQ0

    よかった

    542: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/16(水) 23:03:14.06 ID:ZqgZYH87O
    乙!温かい気持ちになった。今夜はいい気分で眠れそうだ









    本日のおすすめニュース1
    本日のおすすめニュース2
    本日のおすすめニュース3

    おススメ記事ピックアップ(外部)

    コメント一覧

    1  不思議な名無しさん :2017年12月30日 20:25 ID:MCladgB60*
    この頃にブーン系を知れていればなあ…
    2  不思議な名無しさん :2017年12月30日 20:27 ID:sVKir65h0*
    VIP STARでも聴いてくるか…
    3  不思議な名無しさん :2017年12月30日 20:46 ID:F7dyY1hG0*
    なにこれめっちゃいい話
    4  不思議な名無しさん :2017年12月30日 20:53 ID:oktfSrZI0*
    つまんな
    5  不思議な名無しさん :2017年12月30日 22:06 ID:3GgwifvD0*
    良い泣き納めができたぜ…
    6  不思議な名無しさん :2017年12月30日 22:21 ID:KbPiCiMf0*
    もっと見たい
    7  不思議な名無しさん :2017年12月30日 22:59 ID:BlgVpFF30*
    これだからvipをやめられない
    8  不思議な名無しさん :2017年12月30日 23:05 ID:41TIPDnl0*
    久々にいいスレをみれたと思ったら2008年の作品かーい
    こんなスレ最近みかけないねぇ
    9  不思議な名無しさん :2017年12月30日 23:53 ID:qcckz5Vu0*
    ※4
    こういう奴いると思ったわ。
    10  不思議な名無しさん :2017年12月31日 00:13 ID:SlnpyNzc0*
    年末に良いもの読めたわ。ありがとう。
    11  不思議な名無しさん :2017年12月31日 01:04 ID:WapV2nRs0*
    いい話だが野良猫が出入りする衛生観念ゼロのパン屋なんて廃れて当然だと思う
    12  不思議な名無しさん :2017年12月31日 02:23 ID:nEM43ZN60*
    パン屋のパン食べたい。
    素敵なお話をありがとう、
    みんなよいお年を。
    13  不思議な名無しさん :2017年12月31日 02:26 ID:nEM43ZN60*
    ウインナーパン食う時はブーンのこと思い出すわ
    14  不思議な名無しさん :2017年12月31日 03:02 ID:JFHpiri00*
    クソがぁぁsd

    この前のアスファルトといい年の瀬に読み物でウルウル来るとは!!!

    ほっこりしたぞ!!
    15  不思議な名無しさん :2017年12月31日 07:33 ID:ePshvygo0*
    ド年末ギリギリでいい話が読めた。
    16  不思議な名無しさん :2017年12月31日 08:50 ID:xlLYWOCu0*
    ※11が釣って欲しいようです
    17  不思議な名無しさん :2017年12月31日 13:00 ID:qDDQDsYl0*
    イイハナシダナー
    18  不思議な名無しさん :2017年12月31日 20:27 ID:Lgbt5PHY0*
    これ絵本にしたら売れそう
    19  不思議な名無しさん :2017年12月31日 22:03 ID:dLFzBuPp0*
    凄いなー。ブーンって美しい物語が多いな。
    20  不思議な名無しさん :2018年01月01日 14:11 ID:oA7R48eX0*
    泣いた
    21  不思議な名無しさん :2018年01月01日 15:25 ID:Sd6Ag2kG0*
    素直な心は大切やと思うよ
    22  不思議な名無しさん :2018年01月01日 21:54 ID:pxh5trLT0*
    まとめてくれてありがとう。
    なつかしい。
    23  不思議な名無しさん :2018年01月02日 23:28 ID:pD3DJnn40*
    ショパンがパンを焼くようですに空目した自分がいる
    24  不思議な名無しさん :2018年01月06日 02:25 ID:kE3w8rG40*
    おもしろかった!
    25  不思議な名無しさん :2018年03月16日 03:59 ID:2KRWo99e0*
    いい話だわ。
    パン屋さんの美味しいパン食べたくなったわw
    26  不思議な名無しさん :2018年04月06日 09:46 ID:V7PBk7ew0*
    泣いてもた
    10年前か…
    27  不思議な名無しさん :2018年08月30日 22:55 ID:19Dn6KDk0*
    落としたもの、無くした類い。
    これ読んでてBUMPの曲が頭で流れた。
    今にもマッチが芯に触れる。
    何かの拍子に、冷え切った心に火が灯されて
    力がみなぎってくることがある。
    人っていいなぁ…。
    28  不思議な名無しさん :2018年12月08日 22:34 ID:S3sLu8NL0*
    好き
    29  不思議な名無しさん :2019年06月29日 00:50 ID:AhB0NN6d0*
    >>18
    絵本風のフラッシュならあるぞ
    すぐ出てくるから探してみ

     
     
    topページに戻るボタン

    不思議ネット
    とは

    不思議.netでは怖い話・オカルトから科学ネタまで、2chを中心に世界の不思議な話題をお届けしています。普段2chを見ない人でも気軽にワクワクできる情報サイトをっころがけて毎日絶賛更新中!