まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

優生学って何か間違ってるの?

2018年01月30日:20:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 152 )

Eugenics_congress_logo


1: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:03:58.07 ID:vQaASGF10
運用の仕方が悪かった歴史があるというだけで、考え方自体は特に悪くないと思うんだが

優生学

優生学(ゆうせいがく)は、応用科学に分類される学問の一種で、一般に「生物の遺伝構造を改良する事で人類の進歩を促そうとする科学的社会改良運動」と定義される。
1883年(明治16年)にフランシス・ゴルトンが定義した造語である。医学者を中心とした優生学者は優生学(ユージェニクス)という発想が科学的であると考えていた。背景には著名な生物学者で進化論・自然選択説を発見したダーウィン、及び人間社会においても生物淘汰による進歩を促すべきとする社会ダーウィニズムの存在があった。

優生学は20世紀初頭に大きな支持を集めたが、その最たるものが生物学者オイゲン・フィッシャーらの理論に従って行われたナチス政権による人種政策である。

優生学の目的は様々であるが、「知的に優秀な人間を創造すること」、「社会的な人的資源を保護すること」、「人間の苦しみや健康上の問題を軽減すること」などが挙げられる。
wiki-優生学-より引用
※難しいです

反出生主義ってあんじゃん、アレって100%正しいと思ってしまうんだけど、、、、
http://world-fusigi.net/archives/8272348.html

引用元: 優生学って何か間違ってるの?







2: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:04:50.56 ID:vQaASGF10
より優秀な人間をっていう希望がそんなアカンか?

3: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:05:07.22 ID:CSkJ1grGd
運用が難しいし、何が優れてるかが恣意的で曖昧だから

7: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:06:29.72 ID:vQaASGF10
>>3
何が優れているかは結構わかりやすいやろ
身体能力や病気に強いとか賢いとか色々あるやん

9: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:07:02.85 ID:5/7Ps/PI0
>>7
その適用範囲が徐々に広がりかねないってのが問題かも

11: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:08:20.10 ID:vQaASGF10
>>9
それもまた運用側の問題やろ
考え方としては別に普通やと思うんやが
誰だって優秀に生まれたいに決まってるやん

4: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:05:25.00 ID:vQaASGF10
例えば遺伝子改良とかも何がダメなのかさっぱりや

5: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:05:30.81 ID:O9hfGddrM
人間の価値なんてどこで測るかで変わるのに誰かが画一的に測ることになるから

8: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:06:53.88 ID:vQaASGF10
>>5
なんで一人が決めるという前提なんや

15: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:09:46.05 ID:KEWg8YXO0
>>8
独裁者がいないと優生学なんて進められないからちゃう?

17: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:10:21.97 ID:vQaASGF10
>>15
それもまた運用の問題やな

6: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:06:27.37 ID:6jTACYVpM
長い年月ではどの遺伝子が必要になるかわからんからな

10: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:07:31.71 ID:vQaASGF10
>>6
それは確かにあるらしいな
でもそれならそういう遺伝子は保存しておけばいいんじゃないの

12: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:08:21.85 ID:CSkJ1grGd
それと人類誰しも自然権があるんよ

13: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:09:24.20 ID:vQaASGF10
>>12
その自然権ってのも別に特に根拠があるわけじゃないよね。
あると思えばあり、無いと思えば無いようなものでしょ。

18: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:11:38.73 ID:4TYeW4FD0
多様性を確保せな環境の変化があったとき全滅してまうんや

22: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:13:15.08 ID:vQaASGF10
>>18
別にとある種を根絶やしにしろというわけではなくて
そういう多様性も卵子とか精子とかの冷凍保存的な手法で確保できるんちゃうの?

214: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 05:19:10.46 ID:dt+p7jta0
>>22
許容しないと優秀の定義がどんどんせばまって最終的に絶滅せざるをえんのやない

20: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:12:13.51 ID:Hj7Rgf5S0
ワイも優生学は一見間違って無さそうな気もするんやが
優生学が必要言うてるのはワイも含めて劣った側が言うてるんだよな

23: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:14:12.12 ID:UnZQvrIx0
>>20
本当に優れてるなら実力で示せばええだけの話やな

26: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:15:15.69 ID:vQaASGF10
>>20
誰が言っているかで正解か間違っているかが決まるわけではない

24: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:14:35.07 ID:vQaASGF10
そもそも優秀な方向に寄せただけでみんながみんな同じ顔した美男美女になるわけじゃないやん
多様性はそれでもまだまだ十分あると思うけどな

25: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:15:06.21 ID:e0r2IpOS0
多様性は保存するものじゃなく
抱えながら進むものということやないか

28: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:16:29.38 ID:vQaASGF10
>>25
優秀な人材生み出す方に振って人類進歩させたほうがいいんちゃうの

318: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 06:04:32.67 ID:GwX42MWh0
>>28
行き着く先は多様性の消失とボトルネックなんだよなぁ

27: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:16:20.94 ID:m4Ky3IMwM
もし全てにおいて優れてるように見える遺伝子がほぼ人類に取り込まれたとして
実はその遺伝子はあるウイルスにめちゃくちゃ弱かったです~ってなったときにどうするんや?
過去の遺伝子冷凍してたとしても人類半壊やぞ

31: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:17:26.84 ID:vQaASGF10
>>27
うーんそんなこと言い出したら今だって共通の遺伝子は持ってるやろ

34: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:18:22.37 ID:m4Ky3IMwM
>>31
それを人間の手で進める必要ある?
多様性っていうのは集団に存在するから多様性やぞ?

37: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:19:55.47 ID:vQaASGF10
>>34
でもそれだと適者生存という進化はどうなるんや
多様性多様性って、何時の時点での多様性なんだってなるやろ

70: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:30:25.68 ID:sHhMUZrl0
>>37
適者生存って言うけどそれって多様性が有ってこそ起こることだろ

88: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:34:55.52 ID:vQaASGF10
>>70
今の人類にとって必要な人材を適者としてそれを人為的にやろうという思想じゃないの

119: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:44:30.61 ID:sHhMUZrl0
>>88
その後はどうすんだって話だろ一世代二世代の話じゃないぞ今明らかになってない生き残るために必要な遺伝子が失われたら次の生存競争で滅びる可能性が高くなるだろ

29: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:16:39.00 ID:AVel80XF0
優生学進めたヒトラーはなんでボロ負けしたんや?
それが答えやろ

32: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:18:00.71 ID:4TYeW4FD0
>>29
ヒトラーがそれ何年やってたのか知らんがそんな短期に結果出るもんでもないやろ

36: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:19:10.46 ID:AVel80XF0
>>32
ん?アーリア人は優秀なはずなのになんで
劣等遺伝子のユダヤ人にボロ負けしたん?
それが答えや

30: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:17:03.21 ID:Hj7Rgf5S0
個人で見た場合はより優秀な精子をより優秀な卵子をってそれなりにやってるんだよな
そしてそれは特に咎められるものではないむしろ良いじゃんとまであるが全体がそれになるのは駄目みたいなのも感じる

35: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:18:41.39 ID:vQaASGF10
>>30
不思議だよなぁ
誰だって美男美女に生まれたいし頭良く生まれたいやろ

45: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:22:00.04 ID:IpJUwmsmp
>>35
遺伝子の多様性が下がるやん

鎌状赤血球症の遺伝子根絶した後にマラリアが蔓延したらどうなるんや?
頭の良さに関連する遺伝子が実は大腸ガンのリスク遺伝子と相互作用してないって誰が言い切れるの?

57: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:26:46.10 ID:vQaASGF10
>>45
そういう不都合も優生学で生まれた優秀な人間たちが解決してくれるんじゃないの

40: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:20:20.94 ID:m4Ky3IMwM
多様性の中から優れてると思う人材を選抜したらええやん
優れてるっていう価値観なんて時代によって違うんやし一時代の人類がやるべきではない

44: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:21:13.63 ID:vQaASGF10
>>40
矛盾してね?

49: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:23:05.92 ID:m4Ky3IMwM
>>44
してるか?
次の世代で価値観が変わってたらどうするんや?
今優れてる人間が未来で優れてるとは限らんやろ

65: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:28:40.72 ID:vQaASGF10
>>49
最初に「多様性の中から優れてると思う人材を選抜したらいい」としてそのあとに「価値観なんて時代によって違うんやし一時代の人類がやるべきではない」ってなんかおかしい気がしたんや

41: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:20:23.38 ID:Hj7Rgf5S0
テレビでもマツコなどが優秀なアスリートは優秀なアスリートと結婚すべきとか言うよな
これと優生学は何が違うのか?となるが他人がやってる分にはええが自分の環境までそれが入り込んでくるのは嫌やみたいな感じか
およそ自分と関わりのない部分での優生学は賛成って感じの人が主流派っぽい

42: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:20:31.18 ID:QySewE9Qa
科学は収束点へと向かえても真理に到達できるとは限らないやん
優生学が正しいと証明したいんなら科学以外の方法見つけてくれや

51: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:24:45.82 ID:vQaASGF10
>>42
特に真理に到達しようと思っているわけではないんだけどな
人類がより良くなるための手段や考え方として何か間違ってるのかなと思っただけや

48: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:22:57.67 ID:meKPyLRH0
優生学はまた復活しようといてるやで~

ただダメな奴を殺したりするんじゃなくてDNAいじるだけやが

ちなこの動画面白い

https://youtu.be/jAhjPd4uNFY


52: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:24:46.06 ID:m4Ky3IMwM
温暖化が進んでるから暑さに強い遺伝子を増やしてたら急に大噴火して氷河期になったらどうすんねん
未来のことは人間には分からない
多様性を抱えながらその中で競争するのが健全や

56: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:26:09.43 ID:KEWg8YXO0
>>52
これが真理やな

58: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:26:52.82 ID:Hj7Rgf5S0
>>52
全体を考えりゃその時代での負け組が必要という感じか

53: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:24:59.59 ID:Hj7Rgf5S0
ネットでも有名アスリートが女子アナとかと結婚すると勿体ない優秀な遺伝子がと言われるのに
優生学は反対という人が殆どなのは意外
むしろ賛成派が多く反対派は一部となるかと思ってた

55: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:25:49.11 ID:UEIV0K7V0
たとえば原始時代に肉体的に優れてる人間以外根絶やしにしてたら
IT御三家の内向的人間は生まれてへんわけやから世の中ここまで発展せんかったんやで

59: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:27:25.78 ID:B1xbDQnM0
推進する人々が自分たちを優れている側として定義する限り欺瞞でしかない
しかし逆にそうしない人間というのは自殺志願者または反出生主義者である

63: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:28:04.93 ID:4TYeW4FD0
遺伝子解析が進んだ上で組み換えが簡単にすみやかにできるようになったら今現在不要な因子は切り捨ててええのかもな

75: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:32:03.90 ID:+Debe5FrM
>>63
まだまだ未来の話だけど優秀な形質を発現する要素が特定されたらそうなるかも
ただ今は環境が大きいと見られてるみたいだけど

64: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:28:19.97 ID:kEKeCkp00
コストの問題で金持ちしか優生な遺伝子を買えんようなったらやばいな
金持ちの子供は容姿端麗で秀才揃い
貧民はブスで愚鈍

91: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:36:42.67 ID:PsYqjvig
科学的合理主義が欧米で流行っていた頃、人間の優劣がメンデル的な遺伝的要因で全て決まっていると信じられていたんや
人間のあらゆる能力は遺伝的要因と環境要因の複合的なバランスで決まっているから、生得的な要因が全てと決めつけて劣等な人を排除しようとすることは正当化出来ないんや

94: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:37:17.86 ID:e0r2IpOS0
多分今の人口増加がある時点でピークを迎えて
その後減少する過程で優れた人間が残ると思う
ていうか今の日本がそうかもしれんが

105: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:39:22.79 ID:+U2z/TX+0
それ以前に優生学って普通に法による刑罰とか病気で自然淘汰とか自然にやってると思うで
名前が違うってだけで

109: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:41:33.59 ID:doqZdG+Gd
優生学がダメな理由を一言で教えたろか?

「何万年もかけて有利か不利かも不明な形質獲得するの目指すとかギャンブルすぎてアホらしい」

からやで

体格を良くする掛け合わせするにしても、最低一世代かかるやろ。でも防具つくれば一週間で解決やで

113: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:43:09.61 ID:Hj7Rgf5S0
>>109
けど個人で見た場合はより優秀な精子をより優秀な卵子を求めてパートナー見つけるよな
これは優生学とは違うんやろか

127: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:47:49.57 ID:doqZdG+Gd
>>113
ちゃうで

人間の精子は他の猿に比べても競争能力が低いんやで。だから「より優秀な精子」はぶっちゃけ女性は求めてないで

精子の能力より、文化や資産の方が生存に適してるからやで

123: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:45:25.43 ID:vQaASGF10
>>109
なんで何万年もかける事が前提なんや

132: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:48:45.13 ID:doqZdG+Gd
>>123
一世代でも遅すぎるって補足してるで

117: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:43:44.60 ID:+U2z/TX+0
ハイリスクローリターン過ぎて別なとこに注力した方がはるかにマシってことやな
それこそこんなギャンブルする奴は相当切羽詰まった奴らだけや
史実見ても分かるやろ

118: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:44:11.34 ID:Hj7Rgf5S0
室伏の親父はアジア人の血じゃ勝てないと白人の血を入れて子供をエリートにしたよな
これは正しいのか間違ってるのか

128: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:47:51.71 ID:+U2z/TX+0
>>118
それは別にええやろ
アジア人がスポーツ向きでないってだけでアジア人がクズとは言ってないやん
そこら辺は個人の自由の範疇やろ

136: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:49:57.19 ID:7H2kH22pd
>>118
それが唯一の価値基準なら正しいんちゃう?
サラブレッドと同じや
けど競走馬は速く走れることが全てやけど人間はそうじゃないからな

143: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:54:30.27 ID:Hj7Rgf5S0
>>136
けど集団としてより顔の良い奴より速く走れる奴より頭の良い奴などをどんどん量産していこうとなったらそれはアカンともなるんだよな
個人間では好きにやるべきだが集団として手綱を握るべきではないが現状多い考えか

122: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:45:25.31 ID:e0r2IpOS0
ミクロというか個人レベルとして本能としてより優秀な遺伝子を残そうとするのは肯定されて
マクロとして群れとしてコミュニティとしてそれをやろうとすると否定されるのは
たしかに不思議である

129: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:47:53.00 ID:Y1ecj4rC0
>>122
それこそ多様性だろ
100人いれば好みは100様
デブ好きがいれば痩せてるのが好きなのもいるし
マッチョ好きもいればヒョロガリ好きもいる
それを一律に定めることになんの意味もないな

197: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 05:11:48.38 ID:a6mGt8Au0
ざわ……ざわ……

212: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 05:18:43.36 ID:doqZdG+Gd
普通に考えてさ、天才の遺伝子に期待するより、教育制度を充実させる方が文明は前に進むよね

220: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 05:23:14.82 ID:Y1ecj4rC0
>>212
人類全体が天才の遺伝子を持ってたとして
その中で優劣は生まれるから
遺伝的劣等感は消えることはない
要は何の意味もない、ってことだな

216: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 05:20:15.63 ID:Y1ecj4rC0
人間が人間なだけで皆幸せに暮らす権利がある
基本的人権の考え方、ね
多様性の肯定はこの考え方が基盤としてあるのよな

266: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 05:43:28.29 ID:RSCQJZXM0
個人としては優れようとしなきゃいけないが
全員が優れてはいけない感じか
スポーツの興行みたいだが全体を見たらやっぱりそれが一番ええんかな
ただその中で優れてない方に枠組みされる人は可哀想ではあるか

270: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 05:45:45.73 ID:YDXRTEK3p
その「優秀」っていう枠組み自体も社会によって決められてしまうわけやしなあ
このスレで言われとるのは知能や生産性についてやろうけど、それこそ近代に逆戻りやで

271: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 05:46:12.13 ID:Y1ecj4rC0
現役医学生の俺がちょっと偏差値高い話をさせてもらうと
なぜ21番染色体だけトリソミーでという異常状態でも生きていられるかという謎はまだ解明されていないからな
人間の秘めたる生命力を解き明かす存在になりうるかもしれないからな
淘汰するなんてとんでもないお話ですよ

278: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 05:49:44.36 ID:vQaASGF10
>>271
実際にダウン症の人は研究に協力してくれてるの?

286: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 05:52:07.82 ID:Y1ecj4rC0
>>278
しないとトリソミーの存在なんて見つかるわけねえじゃん

287: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 05:53:51.64 ID:vQaASGF10
>>286
ちょっと聞きたいんだけど、そのトリソミーの不思議って、遺伝子だけじゃ研究できないの?

291: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 05:55:39.19 ID:Y1ecj4rC0
>>287
当たり前じゃん

299: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 05:57:25.98 ID:IpJUwmsmp
>>287
たとえば21番染色体の上にはアミロイドβってタンパク質作る遺伝子があって
中年期以降のダウン症の認知障害進行とアルツハイマー似てないか?という発想から
何やかんやあってアルツハイマー病とアミロイドβタンパク質の関係が解き明かされつつあるんやけど

これは遺伝子をラボでいじってるだけじゃなくて臨床で見ないとわからないよね

332: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 06:11:23.77 ID:byTmwGZV0
倫理的に問題があるからダメ
遺伝子弄って単一の方向性獲得すると病気で全滅する可能性がある
そもそも遺伝子弄っても大丈夫か分かってない

脚早いやつ同士で結婚させまくるでーとかなら可能だけど優生学と定義できるレベルの選別は良い悪い以前にまだ無理なんやろ

354: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 06:22:11.69 ID:byTmwGZV0
そもそも優生学って言葉が独り歩きしすぎやと思うわ
似たような性質の奴ら掛け合わせまくるで〜→それ別に優生学じゃありません
社会に必要無い奴は切り捨てるで〜→優生学要素ゼロ
遺伝子弄って生物としての進化促すで〜→これが優生学

優生学って結局生物としての優位性を得ようと遺伝子弄くるやで〜ってものだからそれが広まっていくと結果的に遺伝子の多様性が失われていくんや
そうすると病気や感染症に弱くなって種としての強さが損なわれるから止めたほうがいいわで終わった学問や

362: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 06:25:17.06 ID:Y1ecj4rC0
だいたいこういう事を言い出す奴は
自分が人生の敗北者であるから
才能や遺伝子が優れていればと考えるが
完全コピーのクローン社会でもない限り優劣は生まれ続けるからどう頑張っても敗北者の望む世界になる事はない

156: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:57:06.53 ID:doqZdG+Gd
遺伝子を変化させて動物は環境に適応する
でも、人間は環境の方を書き換えて適応する

だから人間は急速に発展したんやぞ
文化という遺伝子の外部ツールを利用してな

いまさら遺伝子淘汰だの言い出すのは原始人以下やで









  • このエントリーをはてなブックマークに追加
優生学って何か間違ってるの?

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2018年01月30日 20:14 ID:.nY.ENfb0*
正確に言えば「テストや評価者の見えない・測りにくいところ」で
ソイツが優等「とは限らない」と言うことだな。
別に優等生その物は間違ってない。
2  不思議な名無しさん :2018年01月30日 20:15 ID:.nY.ENfb0*
※1やが間違えたやで、つるし上げておくれや
3  不思議な名無しさん :2018年01月30日 20:16 ID:5VUciBO80*
金持ちは容姿端麗な秀才で貧民はブス愚鈍
誰も不幸にならないし素晴らしいじゃないか
4  不思議な名無しさん :2018年01月30日 20:20 ID:EBBOLrQC0*
優秀な人間を選別するだけならともかく残った優秀未満の人間を排除しようとすればそりゃあ反感を買うだろう
5  不思議な名無しさん :2018年01月30日 20:23 ID:s8tYiJkU0*
昔の施政や価値を、今の価値観で評価するのは危険だと思う
6  不思議な名無しさん :2018年01月30日 20:29 ID:BmPgobTB0*
まあ今の危険行為とか迷惑行為とか自慢げに撮ってはネットに上げてるモラルの欠けたアホガキ達を見てるとちょっとぐらい厳しい淘汰も必要なんじゃないかという気持ちにはなる
許されないのはわかってるけどね
7  不思議な名無しさん :2018年01月30日 20:33 ID:N3wHBQGI0*
優生学的に優生学が劣ってたから流行らんかったんやろうなぁ
8  不思議な名無しさん :2018年01月30日 20:35 ID:41X.fZxC0*
>>52
暑さにも寒さにも強い遺伝子、があればどうなるか
多様性って択一の時にしか成立しないだろうし
9  不思議な名無しさん :2018年01月30日 20:39 ID:FycZ0MNj0*
優秀な子孫を残すこと自体は結構だけど
何が優秀で何が劣等かを客観的に選定する能力が人間にないのが問題。
「優秀な形質」と「選定する者にとって都合の良い形質」とが
混同されてしまう危険が非常に大きいと予測される。

本当に客観的に選定するなら自然に任せるしかないってこと。
10  不思議な名無しさん :2018年01月30日 20:48 ID:uTJ424G00*
劣等とされた人に生きることとか子供を産むことを禁止したり、優等とされた人に配偶子を提供することを強制したりして人の自由を奪ってるからじゃないのか
11  不思議な名無しさん :2018年01月30日 20:48 ID:5IJfoEEO0*
野生を失なったとはいえ、繁殖には優れた遺伝子を欲する本能が多少なりとも影響してるんじゃないかと思う。
12  不思議な名無しさん :2018年01月30日 20:51 ID:IPMVlBVh0*
まあ優生学唱えるのも、選別しろと喚くのも好きにすればいいけど、自分が優秀であることをどう証明するの?
13  不思議な名無しさん :2018年01月30日 20:56 ID:FhWCDjIQ0*
優れてるかどうかなんて相対的なものだから、優生思想がエスカレートしたら人口0に収束するで
14  不思議な名無しさん :2018年01月30日 21:00 ID:KYPBk.q20*
優秀な人より劣等って判断される人の方が多いからが否定される一番の理由では
15  不思議な名無しさん :2018年01月30日 21:00 ID:jlmS39OH0*
ワイはアホの子と貧乳が好きだから
ワイとアホの子と貧乳が生き残れるなら賛成しないでもない
16  不思議な名無しさん :2018年01月30日 21:11 ID:7i02359z0*
現実問題、(比較して優秀な遺伝子を持つと思われる)大学を出た人間の晩婚化が進み、その遺伝子を受け継ぐ子供が減っていく事実はマジで日本を滅ぼすと思うから、早急に政策を打ったほうがいいと思うけどね
17  不思議な名無しさん :2018年01月30日 21:16 ID:X6adZZ3d0*
もしかしてヒットラーさんですか?
18  不思議な名無しさん :2018年01月30日 21:20 ID:C.GFZw3A0*
定期的にこの話題出るね。
AIかなんかで実験が出来るようになったら面白そう。
19  不思議な名無しさん :2018年01月30日 21:22 ID:FgItlDp90*
判断する基準となるのが優生学によって得られた結果じゃないからやろ
20  不思議な名無しさん :2018年01月30日 21:24 ID:xUWiLcL10*
最初は白人が自分達が優位であることを証明するため優生学の研究を行った。
しかしよくよく調べてみると実は黄色人種の方が優秀であることが分かってしまった。
その為ナチスが優生学を利用したことを理由にして この分野の研究を一切できないようにしてしまった。
21  不思議な名無しさん :2018年01月30日 21:25 ID:EuJexe540*
何が優生か分からん、これが原理的な欠陥やな
例えば頭のいい人間を量産して科学が発達した結果、失業者が溢れかえるとか
質の高い遺伝子を持った人間が質の高い社会を作るとは限らんのやで
22  不思議な名無しさん :2018年01月30日 21:25 ID:TgsOI2B00*
人間は有性生殖とかいうクソ低スピードで増えてるくせに
遺伝子いじってノロノロやって効率悪くて多様性も捨てるとなると絶滅するときはマジで絶滅する、ってことかな。

23  不思議な名無しさん :2018年01月30日 21:27 ID:f.K.Embs0*
とりあえずこの1は淘汰される側だってのだけは分かった
24  不思議な名無しさん :2018年01月30日 21:34 ID:jIYeZYH.0*
なんか書きたいことあったけどストロングゼロのお陰で忘れてたわ
25  不思議な名無しさん :2018年01月30日 21:34 ID:qyi1LqVo0*
頭がいいとか運動能力が高いってのが、高い視点で優生かどうかわからないからな。競技をやるわけじゃなくて、人類の生き残りに意味を持つかどうかが、真の優生の意味だ。実は優生種を残しているつもりで、劣等種を濃縮してるかもしれない。そこに危険を感じる。
26  不思議な名無しさん :2018年01月30日 21:41 ID:GELEm82e0*
123: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:45:25.43 ID:vQaASGF10
>>109
なんで何万年もかける事が前提なんや

132: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:48:45.13 ID:doqZdG+Gd
>>123
一世代でも遅すぎるって補足してるで

この流れ大好き
無能が上げ足とろうとしても墓穴を掘るだけなんだよなぁ
27  不思議な名無しさん :2018年01月30日 21:42 ID:XmnYNOKI0*
最後に全部書かれてた
28  不思議な名無しさん :2018年01月30日 21:43 ID:PdYWYXZ90*
優れているとされる方面を伸ばそうとした際に狙ったものが狙ったように伸びてくれるかわからないし余計なものがついてくるかもしれん
ゲームでパラメータ割り振るのと違うんだぞ
29  不思議な名無しさん :2018年01月30日 21:45 ID:cUhvbOwo0*
倫理的に真っ黒。
科学的にも何が優れているのか不明。
どの時代の何処の価値観で優れている、というのは簡単だけども、人類全体が長く繁栄する為とかだと何が優れているかなんてどうにもならない。
上手に運用できる見込みなど全くない。ジェノサイドの思想になるのが関の山。
30  不思議な名無しさん :2018年01月30日 21:46 ID:OrnxEbtu0*
※6のいうアホガキも、現代日本では邪魔者だけど、ヒャッハーな社会や激動の時代には困難を切り抜ける可能性もあるわけだ。
鬼武蔵こと森長可も、幕末の高杉晋作も、時代が違えば犯罪者とテロリストだし、
発達障害者も産業革命以前は立派な稼ぎ手だったわけだ。
31  不思議な名無しさん :2018年01月30日 21:46 ID:EmStgLLV0*
ナチや日本帝国に影響された戦前派の人は、今でも人間の能力は遺伝子によると言い張る。とりあえず、今回の日本の人口減少で劣悪遺伝子は淘汰されたはず・・・今後の日本人は選ばれし民 な、わけないか。 優生学があったとしても仮定だから、遺伝子が何に役に立つのか人間が歴史の中で学び取るしかないだろうな。ナチの命の泉はなんかキモイだろ。
32  不思議な名無しさん :2018年01月30日 21:51 ID:uDoSe3JJ0*
世の中の「良いもの」だけを集めて完璧な世界を作っても、そこは天国じゃないってこと。
33  不思議な名無しさん :2018年01月30日 21:54 ID:FaRbKI4p0*
何をもって優れているかってのは人によるしなぁ
むしろ劣った部分を好むという矛盾すらある
例えば、合理的に考えるなら、男はより体格が大きく頭のいい女を妻とすれば自分の子供がより優秀になる可能性が高まるけど
実際は自分よりも背が高く頭もいい女を選びたがる傾向は低いだろ
これは自分の子を優秀にするメリットよりも、自分がより女を支配しやすい、つまりは交配しやすいというメリットのほうが上だからなのだろうけど
34  不思議な名無しさん :2018年01月30日 21:57 ID:ZHXJlY0.0*
近くに、犬という前例があるじゃん。結局は何かに特化するだけでは?
35  不思議な名無しさん :2018年01月30日 21:57 ID:hbeF8gmM0*
少なくとも日本人の場合は嫉妬だわな
自分は不完全なのに今後産まれる子は全て優秀とか
そんなの耐えられなくて発狂するだろ
足の引っ張り合いが大好きな民族だからな
36  不思議な名無しさん :2018年01月30日 22:00 ID:KYPBk.q20*
考えるとっかかりに、ガン種でも観れば?
37  不思議な名無しさん :2018年01月30日 22:01 ID:imC.3Zko0*
アウアウ利権の為の人権うんたらですからね
38  不思議な名無しさん :2018年01月30日 22:05 ID:KUF2B0oL0*
※35
高卒の大学減らせ運動に近いものがあるよな
39  不思議な名無しさん :2018年01月30日 22:09 ID:ZYVC2Qgs0*
優生学の欠点は極めて近視眼的なところだな
40  不思議な名無しさん :2018年01月30日 22:14 ID:I.TTgvp40*
優秀というのに基準が無いからやで
ネアンデルタールとクロマニョンを比べればネアンデルタールの方が体格や脳容量が優位であったに関わらず生存競争に勝ったのは単に粗暴であったクロマニョンや

41  不思議な名無しさん :2018年01月30日 22:25 ID:j.ydkXrx0*
なぜ優生学がダメなのかはナチスを見れば分かる

最初は自分達以外の人種、次に精神・身体障害者
その次は反政府主義者、その次は・・・
と言った感じで迫害する対象がどんどん広がっていく

国がそんなもん政策に取り入れたら
自分がいつ淘汰される側になるか分からんよ
42  不思議な名無しさん :2018年01月30日 22:27 ID:avCr9MOl0*
たとえば、将来、優生学が成功して
今で言う優秀ばかりになったしても
その中でもまた更に優秀と劣等が出てきて同じことの繰り返し。偏差値50以下がいなくなっても、残った人たちでまた偏差値50以下が生まれるわけ。完全に平等なクローンでない限りね。

逆に言うと何十万年と淘汰されてきた
結果なんだから君たちは皆んな優秀な生き残りでもあるよ。過去に淘汰された屍の上に立っている自信を持ちな笑
43  不思議な名無しさん :2018年01月30日 22:28 ID:WtjE6XuW0*
議題としては中々面白い
自分も「優れている」の基準が今の人類には判定できないからって説を推す 先天的な障害を持った赤ちゃんを生まない選択ができるようになってるし個人的な選定は今もやってるね ただこの例で分かるように生む親が選択するのは賛否両論なのに対して、障害持った赤ちゃんを産むことを仮に法律で禁止する場合は多くの人が反対するだろう
その反対する理由が優生学が支持されない理由だろうね
44  不思議な名無しさん :2018年01月30日 22:44 ID:O4WU7YJ90*
優生学最大の問題は、俺を含むネット民の4分の3くらいが粛清されそうなことやな。コミュ力ない陰キャは大人の社会で使えないのでポイーよ。
あとは、優生とされる基準が曖昧なことかな。ここのサイト使ってる人ならユダヤの教育がヤバいこと知ってると思うけど、ナチス曰くユダヤ劣等民族やし。
45  不思議な名無しさん :2018年01月30日 22:50 ID:38rXLUEC0*
二つ問題がある。
・その能力が、次の時代に本当に有効かはわからない(マラリアにならないほうが知能指数より重要かもしれない)
・人類はまともに優生学ができたためしがない。人種差別・ナショナリズムなどの方が客観的な能力評価より優先されてしまう
46  不思議な名無しさん :2018年01月30日 22:56 ID:pBbBPHeX0*
保存するって言ってるけど現存する70億人の遺伝子どやって残すの?
どれが将来必要になるか分からないのに選別できないじゃん。
及び、遺伝子の組み合わせで生き残るパターンもあるだろうから将来的に70億の累乗通りのパターンが生まれるけどそれもどやって確保するの?
人が操作しない自然発生的な遺伝子によって人類は生き残ってきたのにたかだかここ数百年の試行錯誤で生まれた優生学なんてもので将来的な人類の遺伝的なサバイバルをコントロールできるとか思ってるのが中二病こじらせてるよね。
47  不思議な名無しさん :2018年01月30日 22:57 ID:ABmeLM.s0*
ここで議論しなくても、技術が進めば、受精卵の遺伝子を弄れるようになるでしょ。
技術が広がって安価で利用できるようになれば、自然と人を迫害することなく達成されることなんだろうから、わざわざ誰かを劣った扱いにして、迫害したり、差別したりしてまで行うことではないのかもね。
48  不思議な名無しさん :2018年01月30日 23:07 ID:Cn4j.Zui0*
スレ主が言ってるけど
運用面での問題が解決できないからだぞ
49  不思議な名無しさん :2018年01月30日 23:23 ID:HRHcKSYA0*
日本人の実際の能力や資質もしくは免疫なんてどうでもいいけど
ルックスについては全体的に向上してほしいわ。
町に清潔感はあっても住んでる連中に清潔感を感じない。
結局、みんな優生学で変えたい部分ってルックスなんじゃないのかい?
50  不思議な名無しさん :2018年01月30日 23:51 ID:Glfn26TS0*
底辺が生産される量が減るじゃん
底辺が広く分厚いほうが安定するのは自明
人類をより急速に進化、発展させようというなら、人体実験を全面開放した方が速い
重犯罪者は人権を剥奪して人体実験へ
障がい者は家族に継続性の給付金を支給して身柄を預かって人体実験へ
実験に失敗しても臓器移植の弾の足しにはなる
51  不思議な名無しさん :2018年01月30日 23:58 ID:RvauJ7oM0*
バブル世代だが今みんなはバブルより良い暮らししてるぞ。

ケータイなんて高くて持てなかったしユニクロもなかったし
100円ショップだって今ほど充実していない。
ティラミスだって1000円以上した。

何もかも高くて買えなかった。
それと同じじゃないか?

昔の王様以上に良い生活してる現代人というと
笑うかもしれないが、ほんの20年前と比べても
格段に良い生活をしている。

良い意味でも世の中は競争社会だと思う。

今どき医者や先生が何の価値もないように
この先、生き残る種というのはお金がある人だし
容姿だって美しさより若さ(若く見える)のほうが重視される。

そもそもほとんどの人間が何も考えず結婚し、
子供を産んでるのに優生学なんて無理。

優生学に従って自分は恋愛も結婚もしないっていう
謙虚な人はいない。
52  不思議な名無しさん :2018年01月31日 00:16 ID:k8nMisXk0*
51
平成生まれ人は優生学もバブルも知らない人が多いんだから、昔は良かったも昔より良いも老害の戯言
さとり世代はやれ発達障害だの鬱だのと病気、障害を認定されて裕福に暮らすことを諦めて細々とではあっても生きることに注力しているのだから優生学的ということもできるし、平成に入ってもガンガン優生学を推していってればあなたの言う謙虚な人が増えてたかもよ
53  不思議な名無しさん :2018年01月31日 00:18 ID:fOVLC8V00*
スレの45の奴頭良いな
大腸がんのくだりで確かにその通りだと思ったわ
54  不思議な名無しさん :2018年01月31日 00:35 ID:6xZF91JE0*
1の主張がフワフワしてて読めたもんじゃないな
55  不思議な名無しさん :2018年01月31日 00:37 ID:15ZYwMiM0*
多様性の喪失が問題なら一部の人達を対象にすればいいじゃん
56  不思議な名無しさん :2018年01月31日 00:39 ID:TCZ6ensH0*
少子高齢化程度のアホでもわかる現象をコントロールできなかったのに、うまく運用できるとは思えん
57  不思議な名無しさん :2018年01月31日 00:46 ID:PVxbZbjF0*
なんでこういうスレ立てちゃう>>1って必ずアホなんや?
もっと議論になってるかと思ったら>>1のためのお勉強会場になってる

俺屍でもやってろや
58  不思議な名無しさん :2018年01月31日 01:06 ID:v9lp8EBp0*
>>57
大半の>>1がアホな理由は
調べればわかることを教えてもらう癖がついているから

こういう甘えた餓鬼をつくった日教組が悪い
59  不思議な名無しさん :2018年01月31日 01:09 ID:W3qyyi5C0*
※46
しかもその間冷凍保存された遺伝子は、(本来なら得られたはずの)突然変異による新たな多様性を獲得できてないんだぜ
こういう人は非鳥類型恐竜やマンモスの絶滅をどう考えてるんだろうな
60  不思議な名無しさん :2018年01月31日 01:10 ID:zoPTtRI10*
多様性こそが最強
61  不思議な名無しさん :2018年01月31日 01:10 ID:L9j3E6NC0*
「火の鳥」とか「地球へ…」とかまさにこの命題だわね
人類は一生この問題と向き合いながら解決は見い出せないんだと
62  不思議な名無しさん :2018年01月31日 02:10 ID:VOHwA9.S0*
なるほどなぁ
みんな賢い
これは良い思考実験だ
63  不思議な名無しさん :2018年01月31日 02:14 ID:nfBG7.r70*
自己言及のパラドクスがあるから無理
64  不思議な名無しさん :2018年01月31日 02:17 ID:p1PWc.hi0*
乙武でも結婚して子供作って、セフレ沢山。
それにひきかえ五体満足なのにDTのお前ら。要らない劣性遺伝子はお前らなんだよな。
65  不思議な名無しさん :2018年01月31日 02:21 ID:LZJffjbw0*
優生学じゃ既に産まれてしまっている
自分個人への恩恵が少ないからな

自分への恩恵考えたら
武器防具作るとか乗り物作るとか
そういう外部的な技術の方に注力したくなるのは必然だろ

サラブレッドみたいなことを人間でやっても
結果出るのが20年後ぐらいの次の世代じゃ確かに遅すぎるわ
66  不思議な名無しさん :2018年01月31日 02:29 ID:BgZoHDRs0*
※2
論がどうこうより猛虎弁を使っている時点で臭えんだよ。
67  不思議な名無しさん :2018年01月31日 02:30 ID:BgZoHDRs0*
なんだ、この>>1?
問題点をいくらつっこまれてとアホだから理解できてないだけじゃん。
68  不思議な名無しさん :2018年01月31日 02:50 ID:THJ7EHeQ0*
結局受動的なんだよなぁ。
何々によってデザイナーチャイルドになれば、美男美女頭脳明晰になるだろう、問題解決はそっちで!ってなもんで。

平均値から外れたとしても上手く使うって発想がないからこうなる。
69  不思議な名無しさん :2018年01月31日 04:16 ID:rkFn10FT0*
世界を買えるのはいつも少数のエリート。馬鹿にはできない。
70  不思議な名無しさん :2018年01月31日 04:26 ID:hisiaStH0*
動物の世界は強いが全てやな
人間も間違いなくその傾向はある
71  不思議な名無しさん :2018年01月31日 04:30 ID:kthMNVZr0*
ドイツは10歳で大学や職人コースなど振り分けるからこれに近い考え方をしてるんじゃないかな。
人類の中で一応平均以上とされる先進国が軒並み移民を入れまくって自国民は少子化になってる。
平均的には優秀なんだろうけどそれと生き残るのは別。生き残るのが優秀なら日本人も絶滅する恐れがあるからダメだし。支配してる一部の人だけが安泰なら意味ない。
72  不思議な名無しさん :2018年01月31日 04:35 ID:fOZdnb2U0*
とりあえずGATAKA見よ
73  不思議な名無しさん :2018年01月31日 06:15 ID:Nj4MyChU0*
優生学が正しいとしても優生学に合致したのが金持ちではない。何故ならば金持ちだからという理由で科学者にはなれず金持ちだから見た目が良いという訳ではなく。金持ちだから頭がいいという訳ではないからだ。そもそも優秀な奴から生まれたのが優秀なら環境では昔の優秀な奴より遥かに有利で遺伝子もより選別されているなのに何故昔の優秀な奴の偉業を越えられない?となるからだ。
74  不思議な名無しさん :2018年01月31日 06:16 ID:.tbX6Gxs0*
言わんとすることは分かる。
結局、どこまでいっても「線引き」の問題。
多様性? 滅亡? 人権?そんなの関係無いわ。という思想もあり得るわけで。

と考えると、逆に今の地球上の文化ってどれも大差ないなぁってのが不思議。
75  不思議な名無しさん :2018年01月31日 06:19 ID:E7Dzwlw00*
優れたと思われるものを残すという意図的な選別は今の社会でも行われている。
DNAをいじるのはそういった人類の意図的な選別で発生する偏りを排除する方向
で使用されるのかもしれない遺伝子治療とかいった方法で、歴史から見て人類は常に優生的に収束の方向に向かっているのではないか?
76  不思議な名無しさん :2018年01月31日 06:23 ID:mjPvClFn0*
75 くくく能力が優れたものになろうとするなら楽などしないのだ。楽をしたいから金持ちになりたいだけなのだ。貧民も富む者も当然だな誰だって不必要な苦痛など感じたくないからな
77  不思議な名無しさん :2018年01月31日 06:41 ID:CiTGNtXK0*
優れているっていうのは今の時代の価値観にマッチしてるっていうだけの意味だからね。今の時代の価値観を絶対にしようとする不自然な選択は進化に逆行する。
78  不思議な名無しさん :2018年01月31日 06:48 ID:.WrSpfJO0*
bksの考え、ユートピアに似たり
79  不思議な名無しさん :2018年01月31日 07:43 ID:cuP3tnTf0*
実際に遺伝する可能性が高いと言われる疾患を持つ人は子供作らない方がいいと思うな。疾患が優位に働く事はなさそうだし。
80  不思議な名無しさん :2018年01月31日 08:30 ID:5F7squvZ0*
進歩は緩やかでいいから
81  不思議な名無しさん :2018年01月31日 08:34 ID:YEA.BYBv0*
79 スレ271〜299読み直してこい
82  不思議な名無しさん :2018年01月31日 08:41 ID:5x9zNKYy0*
もしものび太みたいなのを滅ぼして出木杉だけにしたとしよう
宇宙人が人類の命運を賭けた射撃勝負をしかけてきた時に滅亡するじゃん
83  不思議な名無しさん :2018年01月31日 08:57 ID:9nKi9BID0*
人類をステップアップさせたからといって、それがなに?
人類が長生きするとか、いずれ絶滅するとか、そんなのはほっとけばいい。流れにまかせなよ。
84  不思議な名無しさん :2018年01月31日 09:18 ID:LZJffjbw0*
※79
子供が死にやすいことで自然に淘汰されるのであればその通りだが
あえて子供を残さないことで人為的に淘汰するのは長期的に見て得策ではないかもしれない

何世代かで疾患に強くなるよう変位するかもしれないし
今は見つかっていない別の疾患には強いなんてこともあるのかもしれない
何にせよ、今わかっている事が未来永劫に渡って絶対確実に正しいって訳じゃないから
今の知識で人為的に取捨選択してしまうのは良くないと思うよ
85  不思議な名無しさん :2018年01月31日 09:32 ID:RJ.RTexR0*
※83
勝手に一人で滅亡して、どうぞ
この世界は赤の女王よろしく「生き残るためには前に進まないといけない」のさ
86  不思議な名無しさん :2018年01月31日 09:46 ID:CoqDrxMp0*
様々な社会改良の学説は正しく(優れて)見えるし、実際に運用すれば正しさが証明されると思う

ただそれを運用する人間の倫理観と論理観の矛盾こそが、ボルトネックとなって運用の延滞どころか運用目的自体が湾曲されてしまうんじゃないかな

優れた道具も結局は使い手次第だね
87  不思議な名無しさん :2018年01月31日 10:08 ID:KNpw83dN0*
暴走の可能性あるのと現在の環境に過剰に適応すると環境変わった時に絶滅の危機があるとかね
人権の問題もある
そうは思っても、重度の遺伝病の遺伝子診断ついてるのにあえて産むのはどうも心情として賛成できない
身近にいたら産まないように強く意見しそう
なんだろう?
88  不思議な名無しさん :2018年01月31日 10:23 ID:ElzO.KV.0*
優生学の正確な定義はよくわからんが、出生前診断や羊水検査でガイジだって判ったら中絶するのはいいことちゃうんか?
誰だってガイジなんぞ育てたくないやろ。ガイジに貴重な税金使うのもアホらしいわ。
89  不思議な名無しさん :2018年01月31日 10:35 ID:rWl2QRGu0*
優生学の禁忌論なんて確率に支えられたゴミばかりなんだかさっさとやればいいのにな
90  不思議な名無しさん :2018年01月31日 10:45 ID:RKsg2rRH0*
「足が速い方が良い」というのは価値観の一つでしかない(痩せている方が良いのか太っている方が良いのかが価値観によって変わるように)
その上で、個人同士なら価値観の合った人たちで完結するけど
集団だと価値観が合うことはほぼ有り得ない(戦争をなくせないのと同じ)
だから優生学は成り立たない

科学的に考えれば外部環境に対する多様性という問題もあるし、文系からみても価値観の問題がある。簡単な話やで
91  不思議な名無しさん :2018年01月31日 10:45 ID:gWGrFopZ0*
科学っていう一つの側面からみて優秀かどうかってだけじゃん
92  不思議な名無しさん :2018年01月31日 10:45 ID:gWGrFopZ0*
科学っていう一つの側面からみて優秀かどうかってだけじゃん
93  不思議な名無しさん :2018年01月31日 10:45 ID:KswFdsdz0*
というか、単純に自分より優れた人間を作りたくないからじゃない?
個人では室伏の話みたいにやる人もいるんだろうけど、国とかからしたら、自分より優秀な人間は恐怖以外の何者でもないよ。
考えてることがわからないからコントロールができないし。
94  不思議な名無しさん :2018年01月31日 10:47 ID:ZHC.3OSv0*
何が優生か分からないって言うけど生まれてすぐに死んでしまうような人間が劣っているのは明らかだろ
95  不思議な名無しさん :2018年01月31日 10:51 ID:Zi8HxRw30*
ワカメみたいな海藻を消化できるのって遺伝子的に日本人と韓国人しか世界にいないらしいけど、そういった特徴がもし失われたらそれって結構問題じゃない?
96  不思議な名無しさん :2018年01月31日 11:09 ID:DNjFnOt60*
「絶対的に優れてるもの」が存在しないから
一見劣ってる要素に見えても、何か生存に有利な条件に働いていた場合もある
絶対的に優れた人間ではなく、ある方面に特化した人間を創る意味では正しい
97  不思議な名無しさん :2018年01月31日 11:09 ID:pHIJ78XO0*
ここでは遺伝子操作に限って話をする

優生学による断種、出生制限は生物的な進化の速度からして
遺伝子操作より遅く効果が現れるまで時間がかかる

優生学による出生制限は個人裁量で出産するか否かは自由に
認められるべきだろうが、社会や政府が統一的見解に基づいて
出生制限を推奨する性質のものではない、としておくべき

科学的見地に立ってどのような遺伝子(遺伝情報)が優等であるか
どうかを定義できない以上、優生学も遺伝子組み換えも事実上の
生命の改変(結果が善いとは限らない)に他ならない

身体能力が優れた遺伝子を持つ人間Aと
知覚能力が優れた遺伝子を持つ人間B、
造型表現能力に優れた遺伝子を持つ人間C

が存在したとしてABCの能力を優劣を決められるか、
またそれらの人間から出生した子供が元のABCより
優等かどうかは分からない

それこそマルチギュラリティーの話で多元的評価軸を持つ
相対的な優劣を絶対化したとき、間違いなく優劣が生まれ
種の断絶や更なる改変が生命の元の機能を損なうのではないか、
とするのが、生物学者の考えなんじゃないの?

倫理学者は人権や、そもそも「人」権の適用範囲内なのか、
を考える人達なんだろう。
98  不思議な名無しさん :2018年01月31日 11:14 ID:LZJffjbw0*
※93
自分より優秀な人間になるかどうかもギャンブルだし
結果が出るのは20年くらい先という気の長い話
そもそも優秀な人間が出来たとして自分に恩恵があるかと言えば微妙

社会的にはメリットがあると昔の人は考えて
強制断種やら出産制限やらやったけど
結果どうなったかは今を生きる我々がよく知ってるだろ
99  不思議な名無しさん :2018年01月31日 11:21 ID:CiTGNtXK0*
※94
それでも医療技術によって生きていけるなら、その技術が存在する世界においては明らかに劣っているわけじゃないでしょ。生まれてすぐ死んでしまうとしても、その短い人生が家族に与える影響が間接的に包括適応度を上げる可能性だって否定はできないし。
100  不思議な名無しさん :2018年01月31日 11:28 ID:.TMzUByg0*
普通にしてたって、有能なやつがより優秀な子孫を残そうとしてるやん
知性、体力、精神力、美などが基準になって、モテない奴は満足行く相手との子孫を残せない
101  不思議な名無しさん :2018年01月31日 11:43 ID:bTrJC.mj0*
何が優れているのだろうか。
働いている時は体が丈夫だが、働き終えて引退した途端に寿命で死ぬような遺伝子を持った人間は、
そいつ以外の他の人間とっても、今の国家にとってもありがたい・優秀な遺伝子を持っていると言える。
102  不思議な名無しさん :2018年01月31日 11:55 ID:Imn5PJnK0*
この話題のとき、仮に優勢の遺伝子をもって産み出された人間が居たとして、そいつの気持ちの面がまったく考えられてないよね
美人に生まれたからってそいつがモデルになるかわからんし、天才の遺伝子でも勉強が好きになるかもわからない
103  不思議な名無しさん :2018年01月31日 12:27 ID:ItmX72MV0*
100 dqnは子孫を残せるが優秀か?アフリカの貧民は?そりゃ優秀な奴もいるだろうが
子孫を残せるのが優秀なら発展途上国のほうが優秀だな
104  不思議な名無しさん :2018年01月31日 12:31 ID:ItmX72MV0*
103 数少ないより数大いほうが優秀な子供が生まれやすい。変異の問題だな。優秀な奴は変異が増えたら困るから子供を減らすしかし数は力団結力になるんだから事実数大いほうが発展できるのだ。
105  不思議な名無しさん :2018年01月31日 12:34 ID:ItmX72MV0*
多くの無能を作るかわりに小数の有能を作る
無能がいくらできても死ぬから問題ない。まさに優生学を実践した奴らだな
106  不思議な名無しさん :2018年01月31日 12:35 ID:E7Dzwlw00*
自然界では生命活動そのものがより優秀な種を残すように優生的に働くんじゃないの?
それを恣意的にやるかどうかって話で、優劣がわからんからとか他の形質に影響するとかは問題点なだけであって本質ではないでしょ
107  不思議な名無しさん :2018年01月31日 12:40 ID:7RJW7Gpg0*
優生学を容認したら、障○者や身の回りの世話してる人々の立場が無くなるからね。
無駄が無く効率的な社会になるだろうけど
108  不思議な名無しさん :2018年01月31日 12:41 ID:ItmX72MV0*
106 はは変異だけが人間全体の成長に繋がる以上 生殖は安定性だから無意味なのさ
だから細菌のほうが直ぐに進化するだろう?
だから生殖は近親にはしないようになっているんだから
109  不思議な名無しさん :2018年01月31日 12:42 ID:ItmX72MV0*
107 優生学を公認するなら生殖できない老人は殺すことになるね。
110  不思議な名無しさん :2018年01月31日 12:45 ID:ItmX72MV0*
107 と言うより生殖に生殖を繰り返したほうが優秀なんだから種つけさせて即殺せばいいな 教育するのは極限まで選別した奴だけでいい
111  不思議な名無しさん :2018年01月31日 12:50 ID:ItmX72MV0*
108 ああでも進化はするか安定性とってるから遅いだけで所詮現実が確率で未来が存在している以上サイコロを振る回数を増やすほうが目的を叶えやすいのも当たり前だが
112  不思議な名無しさん :2018年01月31日 12:55 ID:E7Dzwlw00*
どんなに理屈をこねても所詮気持ちの問題だと思うなぁ
113  不思議な名無しさん :2018年01月31日 12:58 ID:ItmX72MV0*
112 ふむ君のいう気持ちの問題という理屈興味深いさあ優生学が気持ちの問題とはどういうことか教えてくれ
114  不思議な名無しさん :2018年01月31日 13:00 ID:E7Dzwlw00*
感じるんだ!
115  不思議な名無しさん :2018年01月31日 13:00 ID:LZJffjbw0*
> ItmX72MV0*

連投しないで
一回まとめてから書き込んだらどうですか
116  不思議な名無しさん :2018年01月31日 13:02 ID:ItmX72MV0*
115 ok ok
117  不思議な名無しさん :2018年01月31日 13:09 ID:VA9nnkS40*
優生学を社会全体でやるのではなく極一部の環境だけで進めていくのは多様性の幅を広げるという意味でもありだったんじゃね
遺伝的に人間を超えた超人間が少数いても良かったはずだ
でもそこで自分より優れた人間が誕生してしまうと普通人間は能力が劣る自分を許せなくなり超人間に嫉妬するだろう
じゃあみんな超人間にしてしまえばそんな嫉妬も無くなるが多様性が失われる
どちらにしても問題があるので何もしないという結論になったのではないだろうか
118  不思議な名無しさん :2018年01月31日 13:15 ID:nbd7iByc0*
今生きてる人の人権のためにタブーにされてんじゃないの
正直これから生まれてくる子供からしたら優生学っていい気がする
子が親を選べないなら大人が親になれる人を選ぶのも良くないか
119  不思議な名無しさん :2018年01月31日 13:27 ID:t8fHJpt20*
もし私が運用するなら私の遺伝子は残すよ
みんなそう思ってるから思想どうこうの問題ではない
遺伝子残したくないやつはセッ○スしないでどうぞ
120  不思議な名無しさん :2018年01月31日 13:27 ID:l1hwlV3A0*
行政がやらなくてもエリートなんてほとんどサラブレッドだから
エリートがわざわざ能力の低い相手と結婚しないから行政が介入する意味もないし
121  不思議な名無しさん :2018年01月31日 13:33 ID:ItmX72MV0*
120 そしたらみんな超人間になれるはずだったんだけどなあ。みんな楽をしたいからなあ。ひひひ
122  不思議な名無しさん :2018年01月31日 13:36 ID:lO.mtonq0*
※117
社会全体でやろうというのが否定された優生学の思想だろ
個人や一部では今でもやってること
123  不思議な名無しさん :2018年01月31日 15:47 ID:qQZlREvI0*
例えばコンビニやスーパーで商品を購入するとき
賞味期限を比べないか?皆新しい商品を買うよな
わざわざ古い商品を選ぶか
124  不思議な名無しさん :2018年01月31日 16:27 ID:jFdTOkkM0*
優等生の話からはそれるけど、世界人口が多いのは事実だから減らそうという流れにならないといけないのでは?とも思う
125  不思議な名無しさん :2018年01月31日 16:30 ID:p1PWc.hi0*
劣った人間は処分すべきと考える時点で、立派なガイジなんだよなあ。
126  不思議な名無しさん :2018年01月31日 17:03 ID:tldpBVQP0*
優れた遺伝子を求めて先鋭化するのはまずいと思うが明らかに劣った遺伝子を淘汰する方向ならいいと思うけどなあ。
自力で生活できない遺伝性の疾患とかさ。
127  不思議な名無しさん :2018年01月31日 17:14 ID:1binukes0*
案の定劣ったゴミが発狂してて草
資本主義でゴミが権力握っちゃったからもうしばらくは無理だろうなぁ
何でもかんでも倫理倫理と倫理をまともに学んでない愚者が騒ぎ立てるから技術の進化も遅れるばかり
128  不思議な名無しさん :2018年01月31日 17:25 ID:THmTF2H60*
ガンに勝てない今の人類は弱い
129  不思議な名無しさん :2018年01月31日 17:52 ID:rGHhNyM70*
優生学やろうが思考回路が単純なのに根本からおかしい人間などロボトミーでもやらなきゃ発展などしない。いやロボトミーしても無駄か
130  不思議な名無しさん :2018年01月31日 17:56 ID:rGHhNyM70*
126 自力で生活など誰もできていないぞ。人間は社会的な生物だからな。必ず他力を必要としている。仕事 食事 親 全て他力だ
だからこそ劣った存在とも言えるかもしれないな。だがそれで発展した
131  不思議な名無しさん :2018年01月31日 18:59 ID:PtA92tdK0*
優生学のほとんどが優生学の皮をかぶった別の物だからだぞ
優生学の論理で行けば戦争で負けたドイツ人は一人残らず他の民族に滅ぼされなければならなかった(そうでなければ論理が崩壊する)。けれど実際はヒトラーと親衛隊らに罪を全部着せてドイツ人は生き残りに成功した。ヒトラーに投票しておいてである。つまりドイツ人の優生学というのは単なる自己愛をナショナリズムに重ねた類のものでしかない。

それと足の速い人間同士を掛け合わせてさらに足の速い人間を作ってオリンピックで金を取ったとして、そんなのはただのナショナリズムでしかない。つまりこの場合もやはり優生学の皮をかぶったナショナリズムということになる。

その優生学は誰のためにあるか。為政者のためにあるのならそれは単なる独裁政治の道具でしかない。社会全体の存続の為にあるというならそれはもはや誰のためでもない主体性のない全体主義でしかない。それに人間には自己愛がある以上、真の意味での優生学などできるはずもないし、何が優生であるかというのを判断するのもまた人間である以上そいつの都合のいいようになる。

優生学に賛成する人は、優生学を為政者に利用されそいつの身勝手で、自分や自分の子供が劣っていると見なされたとき否応なくガス室に連れていかれる(ユダヤ人のように)ということを理解しておいた方がいい。
132  不思議な名無しさん :2018年01月31日 19:17 ID:KRsZB2Uh0*
ヒトの感覚では万年単位の尺度で価値基準を測らなければならない遺伝子の優劣は決められない
社会主義と同じく机の上でだけは優秀な空論で、現状の人類では実践的な理論にする事は不可能
ソレを本当に実践したいなら最低でも数十万年単位で必要な遺伝子を選別する術を身に付けてから考えるこった

あと、顔を良くしたいとかなら整形の技術でも上げりゃいい話だし、頭の良さなんてAIが発展すりゃヒトの優劣なんて微々たるモノにしかならんだろ?
運動能力ならパワードスーツでも作りゃその方がよっぽどスマートに解決するしな
だから、もし仮に現代の知識で以て優生学の理念であるヒトの繁栄の為に遺伝子を選別するにしても
>>1が言うような頭の良し悪しだとか、運動能力がどうとかの個体差ごときの些末な問題改善の為に、わざわざヒトが保持する多様性を減らして種の生存可能性を下げるような愚行が正しいとされる事はもはやあり得ないだろうよ
133  不思議な名無しさん :2018年01月31日 21:23 ID:cFrmHoNe0*
何が優秀かなんてそんなに簡単に決められない。美男美女だのなんてのは人間の主観的要素に過ぎないので、種としての生存戦略として有効かは分からない。だから遺伝情報の多様性を確保することで未来の疫病や環境変化を乗り越える可能性を少しでも上げる方が重要になる。
134  不思議な名無しさん :2018年01月31日 22:13 ID:T.HNAvKw0*
詳しくないんだけどナチスはそれこそ家畜の品種改良みたいなのを国民で実施しなかったんかな?
どうもただのユダヤ人や少数派弱者への差別ありきでやってただけのような気がする
135  不思議な名無しさん :2018年01月31日 23:30 ID:CeWhq5ad0*
優秀さは環境によって変わる
人それぞれに得意不得意があるのは言うにおよばず
狂気を抱えた人間は非常時に優れたリーダーシップを発揮することがあるが、平時には全くの役立たずだったりとか
人間を一面的に画一的に評価しようというのがそもそも間違い
136  不思議な名無しさん :2018年02月01日 01:23 ID:.5YDvmmm0*
お腹にいるとき障害持ちってわかるなら産むのはエゴ。優生学は知らんけど基本親の絵がだよ。本能とも言うか。
137  不思議な名無しさん :2018年02月01日 08:11 ID:iGjeBJac0*
※137
一度でも失敗した者を劣等とするなら人類は皆滅ぶでしょうね
失敗した原因が何かを突き詰めず失敗したからとりあえず殺そうってのは論理的ではない
138  不思議な名無しさん :2018年02月01日 08:23 ID:iGjeBJac0*
優秀と善良が別物であることも考慮にいれなきゃいけない
優秀 だから人類に資するなんて誰が言えるのかな
139  不思議な名無しさん :2018年02月01日 08:27 ID:iGjeBJac0*
※137じゃなかった
※131だ
140  不思議な名無しさん :2018年02月01日 12:18 ID:gQ08uM0q0*
核兵器なんて出来ないくらい低知能な方が種としての絶滅リスクは低そうだしな
141  不思議な名無しさん :2018年02月01日 13:10 ID:qup6Owjs0*
問題はもっとミクロで短期的な方向で起きるんじゃないかなあ
禁止されてても中国あたりでガンガンこの界隈進めて、近代的な価値観だと結局その国が様々な大きな力を持つようになっていく。
それに対してどういう風に対応していくのやらって感じに
142  不思議な名無しさん :2018年02月01日 21:18 ID:0MpzgbNl0*
やだいやだーい、そんな実験結果嘘だーい、優秀な民族は白人なんだーい

というわけで人間には無理。
143  不思議な名無しさん :2018年02月01日 23:34 ID:UM5mFB3p0*
※141
優生学がなぜ学問たり得なくなったのか、少しくらいは調べてみたらどう?
少なくとも、現代的な生物学ではかつての優生学の考え方は間違いだとしか言い様がないよ
どんな形質にもメリットとデメリットが存在するというのが普通に知られている今では、少なくとも旧来的な優生思想では本当に"優秀"な個体は作れない

本当に優秀な個体を作りたいなら優生思想をやるよりデザイナーズベイビーを作る研究をした方がよっぽど有意義
144  不思議な名無しさん :2018年02月02日 10:34 ID:TxEq5oet0*
今は劣っているように見える人間でも100年後の環境で役に立つ能力を潜在的にもってるかもしれないし、今はそういう環境じゃないからその優位点に気づいてないだけかもしれないだろ。
そしてそういう可能性を考慮し始めたら、結局全員生き残らすのが効率いいはずだし、そうなれば優生学の出る幕なんてないだろ。
それを運用の問題とか抽象的な表現でしか反論できないのどうなん?
145  不思議な名無しさん :2018年02月02日 10:43 ID:TxEq5oet0*
例えとして悪いかもしれんが、
つまり今の環境で、暑さにも寒さにも強く、頭が良くて〜って感じの人間が優れているって考えられてその子孫を残すわけやろ?
でも暑さにも寒さにも弱く、頭が悪い、だが宇宙放射線に強い!みたいな人間は残されないわけだ、なぜなら現代において宇宙放射線に強いかどうかなんて生きる上で関係ないし、故に宇宙放射線に強いかどうかなんて調べないからだ。
でも100年後に環境が激変して宇宙放射線がふりそそいだら、暑さにも寒さにも強く、頭のいい人間でも死に、宇宙放射線に強い人間だったら生きのこれたのに優生学によってもういない、みたいなことになるよね。
こうならないためにいろんな可能性を考慮しだしたら、結局出来るだけあらゆる人間を続けさせた方がいいって結論になるだろ。
特に昨今みたいな環境変化の激しい時代じゃなおさら
146  不思議な名無しさん :2018年02月02日 16:21 ID:gyT9oUVk0*
家畜にしろ農作物にしろ、ある目的のために品種改良を繰り返した種なんて軒並み虚弱で、とても自然環境で生き残れるもんじゃ無いわけで
147  不思議な名無しさん :2018年02月02日 21:32 ID:Xy7Gse7M0*
1人生み出すごとに1000万人の犠牲が必要な「優秀な人間」が、
果たして50年後、100年後、500年後、1000年後、10000万年後の環境に適してるかなんて分らん。

一方でそんなことやらずに人類が防具作りにステ振りさえすれば、誰でも防具装備するだけで生き残れる。

人類の生存や繁栄を目的とするなら、どっち取るべきかは明白やな。
148  不思議な名無しさん :2018年02月04日 00:37 ID:.c6phsxo0*
本当の支配者からしたら凡庸でまじめに働く普通の人間がたくさんいればいいわけだよ。優秀でいろいろ気が利く人間だらけになったら困るじゃないか
と思わない?
149  不思議な名無しさん :2018年02月04日 10:21 ID:WC8uIb.w0*
過去の優生学の問題点は政治的な強制力であって、
現在も優生学自体は研究進んでると思うけどな。
イヌやネコなどの愛玩用の品種改良、飼いやすく肉質を良くする畜産用の品種改良。
随分ひどいことしてると思うで。
150  不思議な名無しさん :2018年02月04日 14:12 ID:gxDqlVUV0*
原始人は現代人に駆逐されたけど、現代人が居ない間は普通に存続してたろ?
例えば今以上に知能や病気への耐性を高めたとしても「やっぱ知能高くない方が良かったわ、このままじゃ文明滅んじゃうどうしよ」「老人がいつまで経っても死ななくて社会が成り立たないやんけ」ってなったら困るじゃん
何が優れていて何が劣っているのかは現代人にはわからんのよ、文明の崩壊直前になるまでは確定しない
もしかしたら現代では何らかの欠点や障害として扱われている特徴が特定の条件下では長所になるかもよ?
知的障害者の中には、障害があるからこそナマのゴーヤを平気でバリバリ食べられる奴とかも居るでな
151  不思議な名無しさん :2018年02月05日 13:26 ID:ktz8.kNX0*
※149
優生学って人類社会をより発展させるために遺伝学的視点でより優秀な"ヒト"を作りだす為に唱えられてた思想だろ?
そもそも品種改良みたいな分野は優生学とか関係なく生物学を基盤とした応用学問なんですが…
まさか遺伝学的アプローチによって発展した生物学分野の功績の全部が優生学のおかげとか言い出すんじゃないよな?
152  不思議な名無しさん :2018年02月28日 06:16 ID:cyvqWTNi0*
簡単。問題がある遺伝子を排除してもナンボでも発生するから。おまいら自分の遺伝子に問題が一つもないとか思うなよ?w

 
 
上部に戻る

トップページに戻る