まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

募集終

怖い話!

第一回 怖い話グランプリ  結果発表!!

締め切り:2018年8月12日(受付終了しました)

悲報、17世紀以降に絶滅した動物が多すぎる

2018年02月07日:12:08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 79 )



2: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 04:53:02.61 ID:Ju9gcLB20
1700年 - モーリシャスクイナ
1726年 - ロドリゲスクイナ
1761年 - ロドリゲスドードー(ドードーのロドリゲス島亜種)
1768年 - ステラーカイギュウ(ステラーダイカイギュウ)
1770年頃 ジャイアントモア(モア、史上最大の鳥類)
ハーストイーグル

1777年 - タヒチシギ

4: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 04:53:37.94 ID:Ju9gcLB20
1800年 - ブルーバック(青灰色の毛皮を持ったウシ科の哺乳類)
1806年 - ロードハウセイケイ
1826年 - モーリシャスルリバト(ブルーピジョン)
1828年 オガサワラマシコ
オガサワラガビチョウ

1840年 エピオルニス
チャタムシマクイナ

1844年 - オオウミガラス
1851年 - キムネカカ(英語版)(ノーフォークカカ)
1852年 - メガネウ
1865年 - ケープライオン
1867年 - シマバンディクート
1870年 - オキナワオオコウモリ
1875年 - ニュージーランドウズラ
1878年 - カササギガモ
1880年 ターパン
フォークランドオオカミ

1883年 - クアッガ(シマウマの一種)
1885年 - ミイロコンゴウインコ
1889年 - オガサワラカラスバト
1893年 - ハワイクイナ
1894年 ウミベミンク
スティーブンイワサザイ

5: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 04:54:00.75 ID:e1Y0T2sta
大航海時代で白人が新天地出て行って狩りまくったからな

7: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 04:55:51.00 ID:LFXulyyfa
やっぱ人類ってゴミだな

8: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 04:56:24.04 ID:Ju9gcLB20
1900年 ヒガシグリーンランドカリブー
ポルトガルアイベックス
エゾオオカミ
グアダルーペカラカラ
ブルドッグネズミ
ガルハタネズミ

1901年 - ロングテイルホップマウス
1902年 - ロッキートビバッタ
1904年 - ソロモンカンザシバト

1905年 ニホンオオカミ
オークランドアイサ
アリゾナジャガー

1907年 ホオダレムクドリ
ブタアシバンディクート

1908年 - ドウソンシンリントナカイ
1910年 - ミミナガキットキツネ
1911年 - ニューファンドランドシロオオカミ
1913年 - カンムリツクシガモ
1914年 リョコウバト
ワライフクロウ

1915年 - オガサワラアブラコウモリ
1918年 カロライナインコ
1919年 - ミヤコショウビン(1887年に一羽発見されただけの鳥)
1920年 - カムチャッカオオヒグマ

11: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 04:58:10.30 ID:Ju9gcLB20
1920年 - カムチャッカオオヒグマ

1922年 バーバリライオン
ダイトウヤマガラ

1924年 - カリフォルニアハイイログマ
1925年 バッドランドオオツノヒツジ
コーカサスバイソン(ヨーロッパバイソンのコーカサス地方亜種)

1927年 ゴクラクインコ
ニュージーランドミナミアユ

1930年 タヒチクイナ
アカフサオネズミカンガルー
カタアカベンディクート
ダーウィンコメネズミ
ムコジマメグロ

82: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 05:33:43.28 ID:lcjkB/X60
>>11
バーバリライオンはどっかの王様が庭で繁殖してたんやないっけ

バーバリライオン

ーバリライオンは、食肉目ネコ科に属するライオンの一亜種で、アフリカ北部(マグレブ。現在のエジプトからモロッコにかけて)に生息していた。

古くから人間の活動が盛んであった地中海周辺では、バーバリライオンの雄姿は見世物として重宝された。カエサルは400頭、ポンペイウスは600頭のバーバリライオンを戦勝パレード用にローマに連れてきたという。競技場で剣闘士と戦わせられたともいう。

ローマ帝国が衰亡した後も、人間の活動域の拡大に伴ってバーバリライオンの生息地は減っていった。そして近代にはいると、娯楽としての狩猟と動物園用の捕獲がさらにバーバリライオンを追いつめた。アルジェリアとチュニジアからは1891年に姿を消し、モロッコでは最後の野生個体が1922年に射殺され絶滅したというのが通説となっていた。

しかし、1996年に再発見され、2007年に1頭生息しているのが確認された。しかし、これが純血種のバーバリライオンであるかどうかは定かではない。 https://ja.wikipedia.org/wiki/バーバリライオン

466px-BarbaryLionB1898bw

12: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 04:58:42.01 ID:yRq89OQk0
淘汰される雑魚なんて生き延びる必要無いんじゃないの

80: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 05:33:08.99 ID:88rskyQy0
>>12
生物に多様性があれば、その中から特効薬やら色んな発見があるんやで

14: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 04:58:50.79 ID:Ju9gcLB20
1931年 - チビミミナガバンディクート
1932年 - ニューイングランドソウゲンライチョウ
1934年 - ムネフサハワイミツスイ
1935年 ションブルクジカ
サバクネズミカンガルー

1936年 リュウキュウカラスバト
マダガスカルカッコウ

1937年 - オンセンクマムシ
1938年 ウサギワラビー
ダイトウミソサザイ

1940年 ケープアカハーテビースト
オオスベトカゲ
バリトラ

16: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 04:59:19.81 ID:Ju9gcLB20
1943年 - ヒメウサギワラビー
1944年 レイサンクイナ
バライロガモ

1945年 - ウェーククイナ
1948年 - アッシュメドウズキリフィッシュ

17: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 04:59:47.76 ID:Ju9gcLB20
1950年 セーシェルアゲハ
チチカカオレスティア
アンデスオオカミ
キタハーテビースト

1952年 - カリブモンクアザラシ
1960年 フクロオオカミ(タスマニアタイガー)
ベガスヒョウガエル
ミナミトミヨ
スワモロコ

1962年 - ババリアマツネズミ
1964年 ミカヅキツメオワラビー
メキシコハイイログマ

1966年 - アラビアダチョウ(w:Arabian Ostrich)
1968年 - グアムオオコウモリ

18: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 04:59:57.98 ID:rbmG3cZw0
隕石が絶滅させた動物の種類のほうが何千倍も多いで。
地球上の95%死滅させたこともある

78: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 05:31:25.53 ID:PeXYsuSZ0
>>18
そしたら新種がどんどん栄えるやろ
現代で新種なんか出てこんわ

19: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 05:00:15.49 ID:Ju9gcLB20
1970年 バルバドスアライグマ
カスピトラ
ネグロスケナシフルーツコウモリ(2001年に再発見)

1974年 ボリエリアボア
ルイジアナハタネズミ

1975年? - ニホンアシカ
1979年? - ニホンカワウソ(2012年絶滅認定)

20: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 05:00:21.37 ID:sAZ5Pw9pd
自然淘汰されただけやろ

22: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 05:00:46.12 ID:Ju9gcLB20
1980年 シマワラビー
ジャワトラ
アカガゼル

1981年 - カナリアミヤコドリ
1982年 - ナニミエンヤウオ(タイの仲間)
1983年 - カモノハシガエル
1987年 グアテマラカイツブリ
ポリネシアマイマイ
ススイロハマヒメドリ

1988年 - シロアシフサオネズミ
1989年? - ナイジェリアコビトカバ
1990年 アスエロチュウベイクモザル
オレンジヒキガエル

23: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 05:01:01.64 ID:Ju9gcLB20
2003年 - テイオウキツツキ

2006年? - ヨウスコウカワイルカ(以降も確認があるが、種の存続が可能な頭数が生息している可能性は低いとされている。)

2010年 - ワキアカカイツブリ

2012年 ピンタゾウガメ(ガラパゴスゾウガメのピンタ島亜種)
ミヤココキクガシラコウモリ

24: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 05:03:06.83 ID:Ju9gcLB20
以上やで。
https://ja.wikipedia.org/wiki/絶滅した動物一覧

ワイは人間と動物が完全に共存するのは不可能やと思うし、生き物が絶滅するのも仕方ないところはあると思う。
でも人間が絶滅させた動物がいたということ、人間の発展の犠牲になった生き物がいたということ。
それを忘れちゃいかんと思ったやで。

25: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 05:04:23.31 ID:Ju9gcLB20
オオウミガラスなんて可哀想過ぎてホンマ泣けてくるで。

オオウミガラス

オオウミガラス(大海烏、Pinguinus impennis) は、チドリ目・ウミスズメ科に分類される海鳥の一種。かつて北大西洋と北極海に分布していたが、乱獲が主原因で1840年代または1850年代頃に絶滅した。

オオウミガラスは、肉や卵を食用にするため、または、羽毛や脂肪を採取するために、少なくとも8世紀頃から捕獲利用されていた。小氷期によって個体数減少があったとも考えられているが、その後の大規模な乱獲により、数百万羽いたとされるオオウミガラスはたちまちのうちに数を減らすことになった。オオウミガラスは人間に対する恐怖心がなく、逆に好奇心を持って自ら人間に近寄ってきたといわれる。また、1年に1個しか産卵せず繁殖力が低かったことも、減少した個体数の回復が望めず、絶滅に繋がったと考えられている。

1534年、フランスの探検家ジャック・カルティエの隊がニューファンドランド島に上陸し、1日で1000羽以上のオオウミガラスを殺した。この話がヨーロッパ中に広がって、ニューファンドランド島のみならず各地の海岸で無秩序にオオウミガラスが狩られ、卵が持ち去られることとなった。1750年頃には北大西洋各地にわずかな繁殖地が残るだけとなったが、それでも乱獲が続いた。

1820年頃、遂にオオウミガラスの繁殖地はアイスランド沖のウミガラス岩礁(Geirfuglasker)だけになった。この島は周囲を崖で囲まれていたため人が近づくことができず、繁殖地はかろうじて捕獲の手から守られていた。しかし、1830年に海底火山の噴火にともなう地震により、岩礁は海に沈んだ。この災害から生き残った50羽ほどが、近くのエルデイ(Eldey)という岩礁に移り住んだ。

最後の繁殖地が天災により失われたことによりオオウミガラスはこの時点で既に絶滅寸前であったが、そのため却って希少価値がつき、標本は収集家や博物館に高値で買われるようになり、一攫千金を狙った者たちによって残ったオオウミガラスも次々と狩られていった。1844年6月、エルデイで最後に確認されたオオウミガラスの生体は抱卵中のつがいだったが、発見と同時に発見者に1羽は棍棒で殴り殺され、もう1羽は絞め殺された。残された卵は殻が割れてしまっていたという。

その後、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストにも掲載されている1852年のニューファンドランド島のグランドバンクでの目撃例など、目撃証言もいくつかあるが、現在では80体余りの剥製、20体余りの骨格標本と70個余りの卵殻が知られるのみである。

https://ja.wikipedia.org/wiki/オオウミガラス

26: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 05:04:23.89 ID:BiTEOyJp0
リョコウバトの絶滅の経緯見てるとほんまに滅ぶべきは人間やと思うわ

リョコウバト

リョコウバトは、北アメリカ大陸東岸に棲息していたハト目ハト科の渡り鳥。生息地のアメリカにちなんで、アメリカリョコウバトとも俗称される。
鳥類史上最も多くの数がいたと言われたが、乱獲によって20世紀初頭に絶滅した。

巨大な群れをつくるのが特徴で、ウィスコンシン州の営巣地で約2200平方キロメートルに1億3600万羽が確認された例もある。
1810年にケンタッキー州の営巣地の群れについて、22億3000万羽以上と推計がされた記録もある。
止まり木にした木の枝が重みで折れることもあったといい、止まり木の下には雪のように糞が積もっていたという。鳥類の博物画家として有名なジョン・ジェームズ・オーデュボンは、1838年の日記に、頭上を通過中のリョコウバトの群れが、まるで空を覆い尽くすかのように3日間途切れることなく飛び続けたと記録している。18世紀には北アメリカ全土で約50億羽が棲息したと推定される。

リョコウバトの肉は非常に美味であったと言われ、都会でも良い値段で売れたため、銃や棒を使用して多くの人々が捕獲を行った。
1890年代に入るとその姿はほとんど見られなくなり、ようやく保護も試みられたが、すでに手遅れであった。

wiki-リョコウバト-より引用
関連:北アメリカ全土で約50億羽いたリョコウバトとは? - NAVER まとめ
800px-Ectopistes_migratoriusAAP042CA

29: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 05:06:38.87 ID:Ju9gcLB20
>>26
地球の何億何万何千の生き物の為にはその方がエエんやろな。
人類憎しとは思わんけど、人類に無為に殺されてきた生き物のことを考えると少し心が痛むわ。
別に殺すなとは言わんけど限度ってあると思う。

33: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 05:08:45.92 ID:Ju9gcLB20
フクロオオカミだって農地開発のために無理やり追い出されたら、食料なくて家畜を襲うようになったら今度は恨まれて狩られて絶滅したり……人間は恐ろしい生き物やでホンマ

34: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 05:09:01.58 ID:eSNoN7ai0
これ観測しとらんだけで昔もこんぐらい逝っとっただけやないか

38: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 05:10:55.20 ID:Ju9gcLB20
>>34
一部の絶滅種はそうかもしれんが。
明らかに人間が乱獲した生き物も多いで。
オオウミガラスとかな。

46: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 05:17:37.89 ID:agpeymDf0
>>38
人間が淘汰しただけやん
人間は自然の生き物ではないというのは無理あるで

36: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 05:09:53.93 ID:R+PlYCJy0
ヒトカスはステラーカイギュウくんに謝って

37: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 05:10:43.04 ID:Bzn1QTID0
>>36
仲間が怪我すると助けるために集まってくる習性を利用して皆殺しにしたんだよな

ステラーカイギュウ

ハンターたちにとって好都合なことに、カイギュウたちは動作が鈍く、人間に対する警戒心ももち合わせていなかった。有効な防御の方法ももたず、ひたすら海底にうずくまるだけだった。

このような動物を銛やライフルで殺すことは容易だったが、何トンにもなる巨体を陸まで運ぶことは難しいため、ハンターたちはカイギュウをモリなどで傷つけておいて、海上に放置した。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ステラーカイギュウ

39: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 05:11:52.66 ID:Ju9gcLB20
>>37
しかもそれをいちいち運ぶのがだるいからって川の流れに任せるという方法を取ったから、殺されたのにそのまま沈んだだけのステラーカイギュウくんも多かったんやで……

43: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 05:15:47.48 ID:Ju9gcLB20
絶滅種を作らんためにも人間は折角手に入れた知能をあらゆる種の一定量の存続のために使ってほしい。
このままどんどん生き物が滅んでいくなんて虚しすぎるで。

44: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 05:16:29.72 ID:p0+lXy+m0
周期的に大絶滅繰り返してんだよな

48: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 05:17:44.83 ID:Ju9gcLB20
>>44
ここまで徹底的に殺しまくるのは人間くらいやで

51: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 05:19:34.50 ID:eh4UeRWV0
>>48
人間の移動能力が圧倒的やからやで
外来種見てみ?人間が殺そうともしてない在来種を全滅に追い込んだで

47: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 05:17:40.40 ID:iyP5Dia+a
9割くらいニンゲンのせい

53: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 05:20:41.18 ID:IvVjJjqV0
よくわからんが新しい動物産まれてきたりせんのか

56: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 05:22:09.07 ID:OBw2ZZJP0
人間に新大陸に進出するたびに大型哺乳類がことごとく絶滅してるの怖い

58: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 05:23:00.41 ID:eh4UeRWV0
>>56
なお大型哺乳類を家畜化せずに絶滅させたのが原因で新大陸に来た欧州人に虐殺される模様
やっぱり人間が最高やな

61: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 05:24:15.97 ID:Ju9gcLB20
>>58
人間が恐ろしいのは限度がないところなんや。
全部狩りつくすんや。その地域のバランスを完全に破壊し尽くすまで狩るんや。

68: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 05:27:27.62 ID:eh4UeRWV0
>>61
どんな生物やって同じ状況に置かれたら同じやで
ただ段階的に行われるから生態系のバランス的に餓死するだけ
人間は雑食やしぐう有能やからな
人間を悪とする風潮はガイジ

70: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 05:28:01.65 ID:Ju9gcLB20
これから何百年も人類の繁栄が続いたとしたら周りの生き物がどんどん絶滅して、最終的にゴキブリとかしか残らない世界とかになるんやろか……

72: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 05:29:02.69 ID:eh4UeRWV0
>>70
カラスやゴキブリみたいに人間が作り替えた環境に適応するか家畜化されれば良いだけなんだよなぁ…

75: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 05:30:16.38 ID:p0+lXy+m0
生物多様性言うても結局将来的に人類の利益になるかもしれんって話だしな
人類自体が害悪みたいな話にしてしまうんじゃなく役に立つから残せってな話にしないと

81: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 05:33:40.00 ID:ShueJp7v0
>>75
勘違いしてる奴多いけど、多様性ってのは人間にとってプラスになるものにしか適用されないのが原則
良いものを沢山残しましょうというだけで悪いものも受け入れましょうなんて話ではないのを理解していない奴が多い

84: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 05:33:51.96 ID:eh4UeRWV0
>>75
植物や菌類ならまあその理屈は分らんでも無いが魚や哺乳類を擁護するのは訳が分からん

86: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 05:34:29.77 ID:Ju9gcLB20
それにしてもこれだけ生き物を絶滅させたりしているのに、クローン人間とかは倫理的に……と否定するのはなんなんや?
倫理的とか人類の利益のためにあらゆる生物を滅ぼしてきた人類が今さら言えることやないと思うんやが……。
本当は倫理的とかが問題なんじゃなくて、同じ人間の姿をしたものを殺すのには罪悪感を覚えるってだけのことなんだろうね。

88: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 05:35:11.98 ID:eh4UeRWV0
>>86やわ

93: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 05:38:41.76 ID:Bzn1QTID0
クローン人間言うても成長速度が普通なら使い勝手悪そうやな

96: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 05:40:19.42 ID:Ju9gcLB20
まあワイが一番言いたいのは人間がクソとかそういうことではなくて。
過去にこういうことがあった。
過去に人間が絶滅させた生き物が存在した。
という事実を知った上で
食うなとも殺すなとも言わんけど、生き物に対して感謝の気持ちとかを持てる余裕のある人になって欲しいってことやで。

104: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 05:42:41.66 ID:SL+g9DDbd
ミヤイリガイみたいな人間に害がある生き物は絶滅しかけても誰も擁護せんし役に立たない動物は絶滅してもしゃーないんかな

119: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 05:51:06.41 ID:yzPR+UDoM
陸上動物と違って水生生物は今まで人間の淘汰をあまり受けてなかったけど今絶賛絶滅危機中やね

120: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 05:51:09.16 ID://8QMM6Up
人間の「移動」はすかわち菌やウイルス、その他微小生物の移動でもあるんよな

132: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 05:58:14.44 ID:/FdR9rlf0
不思議なのは保護するって意識を持ってそれを実行する団体が一切現れんことやな
やっぱり人間なんざ賢く振る舞って俺動物とは違うからみたいな顔してるが根っこの部分は獣なんやなって

133: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 05:58:46.75 ID:eh4UeRWV0
まあオオカミみたいな生物は繁殖速度が遅いから適当な数でバランス取れるんやけどな
人間は年がら年中繁殖期で何でもかんでも食って増える上に周りの環境まで変えるからな
言うならばシアノバクテリアみたいなもんや
今世代の覇権は我々人類が握るんやな

137: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 06:00:18.51 ID:9nHrCZx1r
>>133
それも自然の摂理だから仕方ないね

138: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 06:02:27.42 ID:eh4UeRWV0
>>137
そもそも生物が偶然生まれて複雑化して生き残るものが生き残ってきただけやからな
末路で自爆しても勝手やし繁殖して宇宙に行こうとまあ鼻ホジしながら聞ける事でしかないわな

まーどこぞの馬鹿はそれを後付けの人間の価値観で批判するようやけど
その価値観も自然の摂理で出来た偶然の産物みたいなもんやろと

141: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 06:05:25.35 ID:9nHrCZx1r
人間が自然のサイクルから外れたものみたいな考え方してるやつに対する違和感がすごい
人間が環境破壊汚染するのも生き物絶滅させるのも自然の摂理でしょ

108: 風吹けば名無し 2018/02/07(水) 05:44:54.98 ID:XBd8ZR/4d
存在すら知られてないうちに絶滅した動物もおるんやろか









  • このエントリーをはてなブックマークに追加
悲報、17世紀以降に絶滅した動物が多すぎる

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2018年02月07日 12:33 ID:cl9XpUys0*
そのうちクローンをバンバン作れるようになれば無問題
2  不思議な名無しさん :2018年02月07日 12:33 ID:vActtCqI0*
自然淘汰は結構なんだがあまり生態系に影響をあたえると最終的に人間の文明に被害が及ぶ可能性があるからなぁ、蝗害なんかがいい例
3  不思議な名無しさん :2018年02月07日 12:36 ID:UYwg6vVp0*
絶滅させたのは白人がほとんどやろ?
4  不思議な名無しさん :2018年02月07日 12:37 ID:rH5UND0v0*
淘汰された、とかバカなやついるけど。
人間が殺したんだぜ、淘汰じゃなくて殺害。
自然淘汰なら同じ動物との競争にまけたとか、自然環境にやられたとか、自然の争いの結果。でもこういう動物たちは人間が無駄に殺して無駄に捨てて無駄な命を摘み取ってきた結果。人工の結果である人間が自然の結果である動物を殺すのはただの殺害。
5  不思議な名無しさん :2018年02月07日 12:46 ID:qvXBooWO0*
このころのは,絶滅という現象が知られてなかったから仕方ない面もある。
このあたりの動物を狩り尽くしても,どっか別のところで生き残ってるんじゃね?とか
またどこからともなく湧いてくるんじゃね?とか考られてた。
6  不思議な名無しさん :2018年02月07日 12:48 ID:yTX2mNy30*
※4
いや客観的に見るなら淘汰と殺害に違いはないやろ。

問題なのはこうして多くの生物を滅ぼしてしまうことが
人間の繁栄にとって害になるのではないかということ。
7  不思議な名無しさん :2018年02月07日 12:50 ID:Mx.Teao10*
白人「俺らはええんやで」
8  不思議な名無しさん :2018年02月07日 12:54 ID:DjpysmQR0*
日本は現在進行形で絶滅危惧種のうなぎやまぐろを乱獲中だよ
人のふり見て我がふり直さないと
9  不思議な名無しさん :2018年02月07日 12:56 ID:loiBpFaq0*
お前ら頭悪すぎ
人間が新種を毎年わんさか見つけてるからその分絶滅したと判明する種も増えるってことに気付こうや
10  不思議な名無しさん :2018年02月07日 12:57 ID:W0Z5YFt60*
人間様が把握しとらんだけで地球全体で見たら数千万単位で絶滅しとるしへーきへーき
11  不思議な名無しさん :2018年02月07日 13:02 ID:..p0AtwY0*
>なお大型哺乳類を家畜化せずに絶滅させたのが原因で新大陸に来た欧州人に虐殺される模様

ここよう分からんのやが、家畜化しとけば兵器になったor守って貰えたって考えてるのか?
12  不思議な名無しさん :2018年02月07日 13:06 ID:YGPRoVSG0*
ニホンウナギは絶滅したも同じだよな
13  不思議な名無しさん :2018年02月07日 13:08 ID:qignJWqr0*
こういうので人類滅んだ方がいいと思ってる奴の傲慢っぷりに笑う
人間も所詮自然の一部でその所業も自然の一部
そのことで回り回って自滅してもそれはそれでやっぱり自然
他の生き物も別に自分たち以外の生き物のことを考えて生きてるわけじゃない
人間様だけが生態系や地球を自分たちの都合のいいように手を加えてると考えるなんぞ愚の骨頂だし人間様はそこまで偉くないぞ
所詮は地震や津波で簡単に死ぬ程度でしかない
14  不思議な名無しさん :2018年02月07日 13:11 ID:O2RQdhmR0*
「人間」というより「白人」の話やね
白人以外の人間も被害受けてるし
15  不思議な名無しさん :2018年02月07日 13:12 ID:..p0AtwY0*
とりあえず言えることは、大型獣、大型海獣を絶滅させるメリットはそれなりにある。個体そのものが糧になるし、多くの場合は食物連鎖の頂点に立っているので、そこに人間が立つ事が出来る事。デメリットは、それらが担っていた自然界の役割りを人間が担えない事。生態系が崩れるってやつだな。そうなると環境が変わって、結局は大なり小なり人間にしっぺ返しが来る
16  不思議な名無しさん :2018年02月07日 13:13 ID:MykEwycQ0*
※11
家畜が近くにいることで人間は様々な病原菌に触れあって免疫がつくしまた労働力として農地開拓にも使えるわけ
だから家畜がいないと病原菌にも弱いし農業の効率も落ちる
新大陸人は旧大陸人のもつ病原菌に感染して大勢死んだが、もし新大陸に大型の家畜がいたらまだマシだったかもしれない
17  不思議な名無しさん :2018年02月07日 13:22 ID:oY14wonK0*
ウナギも終わる
18  不思議な名無しさん :2018年02月07日 13:22 ID:yTX2mNy30*
※15
個体が糧になるのは絶滅させることによるメリットではないだろ。
絶滅させたらむしろ利用できなるなる。
19  不思議な名無しさん :2018年02月07日 13:23 ID:Cc4gmTbG0*
スペイン人なんか南米に行って一民族を遊びで狩りして滅ぼした。
白人って有色人種をどこか人間以下だと思ってるふしがあるよね。
20  不思議な名無しさん :2018年02月07日 13:23 ID:nnNbqryu0*
自然って何だろうね
21  不思議な名無しさん :2018年02月07日 13:27 ID:3qqjh.xl0*
逆に新種はどのぐらい見つかってるんだ?
22  不思議な名無しさん :2018年02月07日 13:32 ID:9MhfOFG70*
紫外線を浴びれば皮膚がんになりやすいくせに白人はくそやな
23  不思議な名無しさん :2018年02月07日 13:38 ID:UXKECXro0*
人間クソって意見も分からなくは無いが、弱肉強食の摂理やからしょうがない。

こうやって反省したりできるだけでも人類がその他を圧倒できた知性の証拠や
24  不思議な名無しさん :2018年02月07日 13:41 ID:Ls7j0JsA0*
対岸の火事手ではないぞ
絶滅危惧種に指定すらされてないが雀も絶滅を危惧される
餌やりや微々たる糞害問題で社会的に認めたくないんだ
おまえら、人間はこれでいいのか
あの雀だぞ、朝チュンできなくなるんだぞ
雀の次はなんだろう、カラスや猛禽にも打撃はいくし農業にも支障が出るだろうな
25  不思議な名無しさん :2018年02月07日 13:43 ID:tMTaEHgU0*
人間は宇宙からきた侵略者だからな
26  不思議な名無しさん :2018年02月07日 13:45 ID:NrkpUVzh0*
8分遅れてるよ
27  不思議な名無しさん :2018年02月07日 13:52 ID:5F9YoD.z0*
人間も自然の一部なんだから人間の手でどれだけ動物が絶滅しても問題ない

という人間にとっては鉄筋でできた摩天楼が樹木と変わらないように見えるらしい
28  不思議な名無しさん :2018年02月07日 13:52 ID:HX3nfAqN0*
だから猿に武器を持たせるなと
29  不思議な名無しさん :2018年02月07日 13:58 ID:DjpysmQR0*
※24
餌やりすると自分で餌をとる能力が低くなったり
特定の種だけが増えて生態系のバランスが崩れたりするのもあるからしないでいい
そもそも雀の減少の理由がよくわかってないから対策も出来ないんだけど
30  不思議な名無しさん :2018年02月07日 14:08 ID:AdMhndu40*
>同じ人間の姿をしたものを殺すのには罪悪感を覚える
白人様は有色人種を遊びで殺してるけどな
31  不思議な名無しさん :2018年02月07日 14:41 ID:qignJWqr0*
※27
極端に言えば大都会の街並みも巨大な森も田舎の田園風景も同じ自然だろうな
人間がいなくなれば摩天楼も木が生い茂ってやがて朽ち果てるだろうけどそれもまた自然
32  不思議な名無しさん :2018年02月07日 15:05 ID:tAQUnYSN0*
※14
ノトルニス「ほーん」
33  不思議な名無しさん :2018年02月07日 15:17 ID:renSEqI50*
食料がないから生き物殺す←分かる 住処を守るために生き物を殺す←分かる 楽しいから生き物を殺す←これが理解できない
34  不思議な名無しさん :2018年02月07日 15:28 ID:ThOVsh6P0*
キリスト教「ひと以外の生き物は、ひとが利用するため、神様がお作りになったもの」
35  不思議な名無しさん :2018年02月07日 15:49 ID:ooPg0za.0*
長江の淡水イルカももうだめでしょ
36  不思議な名無しさん :2018年02月07日 16:15 ID:1IS850lo0*
※23
感傷に浸っているだけで反省はしてないぞ
37  不思議な名無しさん :2018年02月07日 16:27 ID:5F9YoD.z0*
※31
皮肉だぞ
そもそも「自然」の定義が「人間の手の入っていないもの、あるいは人間の影響を受けていないもの」だから
38  不思議な名無しさん :2018年02月07日 17:25 ID:xgvxicze0*
・・・なお、人間さんはウイルス・細菌・病原菌は絶滅させれないもよう
39  不思議な名無しさん :2018年02月07日 17:25 ID:.GnDff8j0*
※4
人間だって自然の一部だろ。
人工のものとそうでないものを、わざわざ分ける意味がわからん。
問題は、その結果が人間にとって都合がいいか悪いかということだけ。
都合が悪いなら改善しなくてはならない、感傷なんかはどうでもいい。
40  不思議な名無しさん :2018年02月07日 17:36 ID:gMQ73tsX0*
AI「地球環境保全のためには人類を滅ぼすのが最適解と結論が出た」
41  不思議な名無しさん :2018年02月07日 17:38 ID:gMQ73tsX0*
*19
ふしどころか、どう見たってそうだということは歴史が証明している
42  不思議な名無しさん :2018年02月07日 17:43 ID:gMQ73tsX0*
*4
人間だって、過去に何度も淘汰されそうになった
他の動物ならば、淘汰され始めたらそのまま絶滅してしまうところだが
人間の場合は対抗策を考え、克服してきたという歴史がある
43  不思議な名無しさん :2018年02月07日 18:27 ID:rbJOae2T0*
白人だけ悪役にしてるけど日本人もマグロとかウナギ絶滅させようとしてるじゃん
どの口が綺麗事を言うか
どうせ有色人種をバカにするなとか言ってる裏では中国人韓国人をバカにしてるんでしょ
44  不思議な名無しさん :2018年02月07日 18:40 ID:vlwsxegQ0*
地球よ、人類にひれ伏せ
45  不思議な名無しさん :2018年02月07日 19:24 ID:V6SJnE9U0*
どっかの動物園か博物館だかに「史上最も残忍で凶悪な生物」って
書いてある大きな鏡がある話思い出した
46  不思議な名無しさん :2018年02月07日 19:50 ID:cSc0uWZB0*
追加
2018年・チョウセンヒトモドキ(猿の仲間)
47  不思議な名無しさん :2018年02月07日 20:09 ID:.xHZtjnl0*
人間の所業を自然とか抜かしてる馬鹿に
こういう系の話しても意味ねえわな
とりあえずそろそろ「人間同士」の淘汰を考えないと
星がやべえわ
48  不思議な名無しさん :2018年02月07日 20:10 ID:.xHZtjnl0*
※13
地球の自浄作用を超過して汚染しまくる人間が自然か
笑かすな
49  不思議な名無しさん :2018年02月07日 20:14 ID:.xHZtjnl0*
絶滅のスピードは減ってる印象は受けるし
大型哺乳類でも増加に転じてる種もあるし
アフリカでも治安が安定してる南部では
保護が適切に行われてるようだし
山にペンキまく以上国家中国でも
緑化の兆しはあるので
まあ絶望はせんが
将来100億も人間を許容できるわけない
50  不思議な名無しさん :2018年02月07日 20:43 ID:yTX2mNy30*
※48
「汚染」ってのも人間の主観的な概念でしょ。
地球から見りゃ皮膚の表面をうろついてる細菌が
自分で分泌した物質で勝手に溺れてる程度の話。
51  不思議な名無しさん :2018年02月07日 21:25 ID:Xm4SDCw.0*
絶滅した動物を挙げていくのかと思ってたら途中から説教くさい流れになってワロタ
52  不思議な名無しさん :2018年02月07日 23:19 ID:ruwwxvjP0*
地球外から人類を食べる生命体が来たらリョウコウバトのように絶滅するまで狩られるんだろうな
53  不思議な名無しさん :2018年02月07日 23:42 ID:VhdAEuIf0*
昔から絶滅する品種は無数にあったが
それまでは調べる事すらしなかっただけの話なんだが
54    :2018年02月08日 00:10 ID:zeKkmLMY0*
この世のことはすべて夢、幻と思えば、何があっても大したことやないで。
55  不思議な名無しさん :2018年02月08日 00:39 ID:u6v6bbir0*
人間も戦争で自然淘汰されるだろう
56  不思議な名無しさん :2018年02月08日 01:40 ID:BAD7JASI0*
真面目に動植物のことを記録しだしたのが大航海時代からだからやで、
それまで無かったとは言い切れないし特別多かったと断定も出来ない。
57  不思議な名無しさん :2018年02月08日 03:36 ID:0PnU10Fd0*
知能がうっかり高いが故に人類がクソなのは確か
大量乱獲?自然破壊?それもこれも人類によるごく自然の流れとか言っちゃうぐらいにはクソ
58  不思議な名無しさん :2018年02月08日 08:05 ID:8G9hsmlz0*
※57
とりあえず自然の流れ=何も問題がない、
ではないことは理解しといた方がいいよ
59  不思議な名無しさん :2018年02月08日 08:49 ID:7g1o.8rY0*
こういう話になると、「地球を守るために人間なんか滅びたほうがいい」とか言う訳のわからないやつが湧いてくるな。
いくら人間が環境を破壊しようが、汚染しようが地球は何も困ってないぞ。
たとえ全生命種の99%が死滅しようが、残りの1%から数億年ぐらいかけて新たな環境を作り出すだけだ。
60  不思議な名無しさん :2018年02月08日 09:47 ID:ev4ti27Y0*
1828年 小笠原町子
61  不思議な名無しさん :2018年02月08日 10:32 ID:hX.zXjuj0*
NHKであったよね。
花粉症などのアレルギー症状を起こす原因の一つが、キラー細胞の一種T細胞の暴走。
この細胞を抑制、コントロールできる細胞(Tレグ細胞)は家畜(やぎ、牛、馬)からもたらさせる。
日常から家畜を遠ざけた結果の国民病花粉症だったわけだ。

これだけでも皮肉なんだが、今やその花粉症ビジネスが莫大な雇用を創出して人々の生活を支えているんだから、なんとも皮肉なことだよね。
62  不思議な名無しさん :2018年02月08日 16:54 ID:d.40xMhB0*
こういうのを自然の摂理とか言っちゃうバカや
地球視点から見れば問題ないからとか
地球語っちゃうバカはもう無視して
これが問題だと理解してる人間が解決に向かって努力すればいい
少なくとも国際社会ではそのように動いてるし多くが賛同してるだろう
場末のブログで地球目線語ってる馬鹿はせめてゴミの分別くらいはしろよ
そのレベルくらいは環境に寄与できるだろ?
63  不思議な名無しさん :2018年02月08日 16:58 ID:O7PtYSdZ0*
逆やろ。有史以降人間はバンバン他の動物を絶滅させとるし、人間以外の動物もバンバン他の動物を絶滅させとる。
ダーウィンの進化論が出て来て、動物の種族を記録するようになったから、それが明らかになっただけや。
64  不思議な名無しさん :2018年02月08日 17:52 ID:kUMzsovz0*
絶滅させて淘汰とか言ってる内は人間はサルのまま
65  不思議な名無しさん :2018年02月08日 17:58 ID:4cQl1DOn0*
彼らは人間という環境に適応できなかったのだ。
66  不思議な名無しさん :2018年02月08日 18:12 ID:9Vl6rQuc0*
白人バ力スギワロタ 体と国がデカイだけの池沼やんけ 日本人も鰻とかマグロ絶滅させようとしてるっていうバ力いるけど、食用と娯楽とかとりあえず○してる気違いどもと一緒にするのやめろや
67  不思議な名無しさん :2018年02月08日 18:43 ID:8G9hsmlz0*
※62
自然の摂理、ってのは誤りではないと思うけど。
自然の摂理が人間にとって都合が良いかどうかは別、ってだけ。
この辺混同してる人多い気がする。
68  不思議な名無しさん :2018年02月09日 06:52 ID:tQu0xhjd0*
ここの人間に動物を絶滅させた人達の一割程度の行動力でもあれば、環境は守られるかもな。
おれは、どうでもいいわ。
自分が死ぬまで何とか持てば。
69  不思議な名無しさん :2018年02月09日 11:41 ID:yWmxzSpT0*
人間ごときが自然を支配してると勘違いしてるやつが多いが
突如地球ばーん!したらお前らも何もかも一瞬で消し飛ぶんやで
70  不思議な名無しさん :2018年02月09日 17:06 ID:HSNTcbSd0*
人間のエゴ
71  不思議な名無しさん :2018年02月09日 20:40 ID:lydJZvDg0*
地球最弱の生物・・・その名は人間
72  不思議な名無しさん :2018年02月19日 23:53 ID:Sd6C39L70*
白人とかいう素でガチの侵略者
人類に対しても動植物に対してもガチで侵略しまくる
ほぼ全てこいつらの仕業なのに人類の罪になってて笑う
73  不思議な名無しさん :2018年03月03日 19:56 ID:QMNEVV7j0*
そりゃ、むやみやたらに絶滅させちゃうのはできるだけ避けた方がいいよ
でも、可哀想とか人間最低とかそういうこと言っちゃう人は自分も人間であるということに罪悪感はあるんか?自分は関係ないと思ってないか?
74  不思議な名無しさん :2018年03月09日 10:40 ID:8kN0qrPd0*
※4
そんなこと言ってもね
先祖がいないとお前は生まれてないよ
猛獣系は殺らないと殺られる
小動物系だって食害を起こすし病気の元をばらまく
どうすりゃ良いのさ?お前もしかして人里に現れた熊を何も考えず殺すなと喚くタイプ?
ある種の差別主義者だね
75  不思議な名無しさん :2018年04月09日 21:47 ID:buIoeRu40*
自然は人間の関わりがない世界だと思ってるから
自分は人間を自然の生き物とは思わない
人間のせいで生態系が崩れてるのは事実だし
確かに地球にとっちゃ種が絶滅しようが関係ないかもしれないけど
一人の人間として、むやみやたらに殺して絶滅させるのはどうかと思う
結局感情論でしかないけどね…
76  不思議な名無しさん :2018年04月09日 21:51 ID:buIoeRu40*
※74
別に人間に生まれたくて産まれたんじゃないわ
自分も人間であるが故に人間を嫌う人はある程度あるでしょ
安楽死制度出来たらすぐ死ぬつもり
こう言う動物に対しての畜生を知ると自分が人間でいることに嫌気がさすし
77  不思議な名無しさん :2018年04月09日 21:55 ID:buIoeRu40*
※74
その人里も森を削って作ったんじゃん
何故クマが危険を承知の上で人里に降りてくるかわかる?
クマだって人間の場所に降りていくことは危険だってわかってる
でも森がなくなり食料が減ったから
わざわざ人里まできて食料探してるんだよ
熊からしたら自分の生活区域奪われてしまいには殺されて可哀想だわ
78  不思議な名無しさん :2018年04月09日 21:59 ID:buIoeRu40*
※74
THE.田舎者の考えて感じ
都会生まれの自分には猟友会のジジイとかただの動物殺しにしか見えない
人間に危害がーとか言われても赤の他人が死のうと知ったこっちゃない
例え自分がクマに殺されたとしてもそのクマを「自分を襲ったから殺せ!」なんて思わない
79  不思議な名無しさん :2018年07月06日 15:11 ID:G1O6mA.N0*
白人って悪魔だと思う

 
 
上部に戻る

トップページに戻る