まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

募集終

怖い話!

第一回 怖い話グランプリ  結果発表!!

締め切り:2018年8月12日(受付終了しました)

スカイプで漫画みたいにモテる男に出会った(厳選!怖い話のおまけ付き)

2018年04月15日:23:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 23 )

12


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 08:41:32.30 ID:7H9PSLlX0
ガチでハーレム物の主人公みたいにネット、リアル両方でモテてた
ま、リアルでモテててたのは、半分オフ会のせいなんだろうけど

暇だからちょっとづつ書いていく
管理人です!
おもしろいまとめ記事を作ろうと日々頑張ってます。で、今回は私が厳選した怖い話をおまけとして記事下に持ってきてみました!


とかカッコイイこと言ってみたけど、本当は怖い話厳選まとめを作ろうとしたけど、途中で面倒くさくなっておまけ程度しか集めれなかったポンコツ管理人ですwwwっうぇwwwwwっうぇwwwwwwwwww

で、今回の記事におまけとして付けたと。
昔のインターネットの思い出『お前を消す方法』『youtubeの登場が衝撃だった』
http://world-fusigi.net/archives/9023614.html






2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 08:42:54.47 ID:/XfPNAzGO
それより平日のこの時間に暇な理由書いてよ

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 08:44:39.56 ID:GRV/SXk5O
>>2
お前って本当酷なこと聞くよな
わかりきってるじゃん

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 08:47:06.05 ID:7H9PSLlX0
>>2
暇な自営業なんだよ


売れない自営業をしていると平日の昼までもすごく暇
なのでVIPで知ったスカイプに嵌っていた
VIP以外での出会い方を知らなかったのでいつもVIPのスレに張り付いていた

そんな時出会ったのが、まあ、仮に恭一くんとしておくけど彼だった
その当時彼は16歳、平日の昼間からスカイプをしていたので引き篭もりか何かだと思っていた
ただ彼と話すと話が上手で、かなり年上の自分とも話題が合って楽しかった

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 08:43:23.50 ID:jhU92ZzLP
漫画なんだろ

5: 忍法帖【Lv=1,xxxP】 2011/07/05(火) 08:45:08.99 ID:LyYA8sIAO
漫画なんだな

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 08:46:51.38 ID:aiibgC0D0
どこで知り合ったの?

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 08:53:19.09 ID:7H9PSLlX0
>>6
VIPのスカイプスレ


彼はスカイプを始めたばかりらしく、スカイプメンバーは5,6人程しかいないという話
VIPも「最近暇だから始めた」とか
声も喋り方もリア充(その当時はそんな単語知らなかったけれど)にしか聞こえない感じだった
それでも彼は、昼間でも深夜でもスカイプやチャットに入り浸っていた
やっぱり、引き篭もりなんだろうなと思ってた

いつの間にか、彼の不思議な魅力、というか話術に釣られ
毎日3時間以上通話を繋ぐようになっていた
彼も、自分も暇だったし寂しかったのかもしれない
少しづつ、恭一くんの事が分かってきた

・高校を中退して暇になった
・原因は色々あるが自分が馬鹿だった
・家族仲が悪く、お爺ちゃんお祖母ちゃんに育ててもらっている
・今は色んな意味で『謹慎中』

よくある厨ニ的引き篭もりを隠す設定なのかな?と思っていた

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 08:51:06.74 ID:KHT1cR4W0
お前が惚れてんじゃねーか

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 08:59:51.91 ID:7H9PSLlX0
>>9
俺も惚れてるのかも知れない


暇さえあれば2人してスカイプスレに書き込んだ
2人で話すのも楽しいが「なんだか寂しい」と恭一くんは言った
いつもスレに書き込んだ人間と一時的に話す、というのが多かったせいか自分自身スイカイプメンバーは少なかったので
やっぱり、スカイプスレに頼るしかなかった

そんな時に、珍しく女の子が釣れた スカイプ名をもじって優子ちゃんとしておく
優子ちゃんは当時19歳の大学生
コスプレが趣味な自称腐女子だった

3人で話しているとなんだか気があった
優子ちゃんも、恭一くんも、俺の古臭い話に付き合ってくれるし
恭一くんの話すファッションや音楽の話も優子ちゃんと俺はなんだか凄く素晴らしい物のように感じられた

2人だった固定会議のメンバーが3人になった

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 08:57:30.26 ID:aiibgC0D0
いいね期待

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 09:01:21.59 ID:ZQujW8in0
わっふるわっふる

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 09:06:05.81 ID:7H9PSLlX0
恭一くんも、優子ちゃんも、俺も
スカイプスレで寂しさを紛らわせようなんて奴らは皆何か心にかけた部分があるらしい

優子ちゃんは大学でぼっちだと明るく語る
地元を離れて大学へ入ったは良いが、寂しくて辛い、と笑った

大学名を聞いて俺は驚いた
俺の家から車で20分ほど走れば辿りつけるような位置関係だった
恭一くんも驚いたように「実家の近くだ」と語った
お爺ちゃんとお祖母ちゃんの家は少し遠いらしい

「寂しんだったらオジサン達と遊ぶか?」
何の気なしに、ポロッと口から出た言葉だった

あまりネットとリアルの区別がなかった俺は「ちょっと仲の良い年下の子に飯でも奢る」レベルでそう言ったつもりだった
優子ちゃんはノリノリ
恭一くんは、戸惑っていた

ああ、やっぱり引き篭もりだったのかな?
悪いことしたかな、と少し後悔した

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 09:10:54.28 ID:7H9PSLlX0
会話文はうろ覚えなのでごめんね

次の日
珍しく、恭一くんが「今日は個通(個人通話)が良い」と言ってきたので2人で話す

「珍しいね、悩み事?」と軽い俺の口調
「いや、なんつうかさー」となんだか言い渋る恭一くん

オフ会のことかな、と聞いてみると「うん」と恭一くんは答えた

ネットで出会うのは、なんだか怖い、と彼は語る
でも、俺なら信頼してるから3人出会う前に一回2人で会わない?と彼は申し訳なさそうに言った

なんだか可愛いところ有るんだな、と俺は2つ返事で頷いた

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 09:16:59.42 ID:7H9PSLlX0
いつがいい?と聞くと「いつでも暇だ」と恭一くん
引き篭もり説がかなり有力に

だったら明日の夜でも飯食うか?と誘ってみると
うーうー、唸りながら悩みに悩み、いいよと恭一くんから承諾を得た

仕事を早めに切り上げ
俺は余り使わない車の中を掃除し、洗車
なんだかウキウキしながら待ち合わせ場所のコンビニの駐車場へ

うわ、入口の近くにDQNが居るよ、と思っているとそのDQNがこちらに向かって歩いて来る
やべぇ、と声を出しかけた時に彼は「○○さんっすかね?」と遠慮がちに聞いてきた
見た目とのギャップのせいか、物凄く可愛らしい生命体に見える

第一印象はこんな感じだった
黒かった髪を金髪にでもすれば、完全にDQN
ただ、イケメンだった

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 09:21:43.54 ID:N3ixbN9U0
可愛らしい生命体にワロタ

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 09:21:03.38 ID:EDIAEiDB0
有名人に例えると?

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 09:23:17.13 ID:7H9PSLlX0
>>25
あんまり詳しくないんだけど
仮面ライダー電王の人をもっと目付ききつくした感じ?


「は、初めましてでいいのかな?恭一くん?」
と、こちらも少しどもりながら挨拶

並んでみると、自分はチビではないと思っていたけれど彼の方が背がかなり高い
後から聞くと「高校で最後に測った時に176だったけどもうちょい伸びたかも」だそうだ

コンビニで飲み物だけ購入すると2人で車で10分ほど走ったあたりにあるラーメン屋へ
車中は緊張のせいか、ほどんど話せなかったが
ラーメン屋の中ではスカイプをしている時のような、自然な会話が出来た
正面に座ってみるとやっぱりDQNにしか見えなかった

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 09:26:16.36 ID:gzSBv8uL0
>>27
佐藤健を目きつくした感じ…え…それってイケメン…?

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 09:27:05.52 ID:7H9PSLlX0
俺が家まで送る、と言うと
「車で送ってもらったりしたら爺ちゃん婆ちゃんが、心配するんで」と断られた
少し買い物に行ってくる、とだけ伝えたそうだ

その後用事や買い物を済ませ家に帰宅
スカイプにログインすると恭一くんからチャットが入っていた

『正直、ちょっと引いてただろwww』
『やっぱ服とかちゃんとしたほうが良かった?』
『恥ずかしいわー…』
『今度は俺が奢る、あんま金ねぇけど』

なんだかスゲェ可愛く感じた

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 09:29:23.21 ID:EDIAEiDB0
3人のスペック詳しめに頼む

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 09:33:29.33 ID:7H9PSLlX0
>>29
電王は少ししか見てないからわかんねぇ
モモタロス憑依中っぽい?というかうまく言えない
まあ、3,4年の付き合いなのでどんどん大人っぽくなってるしね

>>31
ちょっと待たれよ

この後、恭一くんの承諾を得て
優子ちゃんに『恭一くんとデートしてきました』と報告
恭一くんとはもう一度遊ぶ約束もし、お互いに服を選ぼう、というなんというか若者っぽい約束だった

優子ちゃんに叱られる俺
「何故、ハブられたのか!」と2人でお説教
「女の子とデートするの恥ずかしいって恭一くんが言うから…」などと誤魔化してみるが中々機嫌は直らなかった


リアルであったせいか
恭一くんが詳しい事情を俺に話してくれた

・高校を退学になったのは暴力沙汰
・理由はやっぱり「自分が馬鹿だったから」としか言ってくれない
・家の事情は本当らしい
・『謹慎』は警察から言い渡されたものだったとか
・すごく久々の外出だった、らしい

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 09:41:53.35 ID:7H9PSLlX0
恭一くん、引き篭もり説がなくなったせいか
なんとなく、違和感というかそういうものがなくなった
彼はリア充でちょっとしたきっかけでネットに逃げ込んだ、のだろう
なんだか、少し寂しい気がする
きっとやっぱりちょっとしたきっかけで俺達の前から去っちゃうのかな、と

そんなこんなで優子ちゃんとのオフ会の日に
とりあえず恭一くんにはDQNっぽいブカブカのシャツはやめろ、忠告
白シャツとジーンズ姿の彼は中々爽やか好青年だった

優子ちゃんはちょっと暗めな女の子
黒髪のショート、女の子としては少し背が高く
自分よりちょっとだけ小さいぐらいか
話してる感じからすると、明るい感じかと思っていたんだけど予想外だった

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 09:51:00.70 ID:7H9PSLlX0
ちなみに俺を見た2人の感想は
「おっさん」の一言に尽きる、ということにしておいて欲しい


なんだか2人は緊張しっぱなし
何故か俺が同時通訳っぽいことをやらされる
女の子もいるから、ということで飯屋は何処にするべきか迷っていると
優子ちゃんが「女の子だってラーメン食べます!」と怒るので前とは違うラーメン屋
社会人として良い所を見せようと奢ろうとするが、却下された

帰りの車、助手席には恭一くん
後ろに優子ちゃん、という状況だったが優子ちゃんが車に酔い交代
しかも、恭一くんが寝てしまう

「あのー…」と躊躇いがちな優子ちゃん
無言で待っていると

「いやぁ、焦りました
 だって2人とも普通の人じゃないですか…
 オタクっぽくないし、恭一はリア充臭しかいない!」と急にテンションの上がる優子ちゃん

「恭一は、ねぇ」ちょっとショックな俺

「ショック受けるなよおっさんwww」と優子ちゃんは笑う

優子ちゃんも初オフ会だったそうだ
なんだかんだで、楽しかったから良かった、と思っていたのは次の日までだった

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 09:57:45.96 ID:7H9PSLlX0
次の日
優子ちゃんから相談があるとチャット

予想は付くと思うが「恭一が好きかも」との事
「付き合いたいとかじゃなく、好きになりかけ?」などと曖昧な感じ
個人通話で話してみるが、なんだか無駄にテンションが上がっていた

なんだかこの時俺は嫌な雰囲気を感じていた
会議は恥ずかしい、との事でしばらく優子ちゃんと2人で話す

恭一くんは多少増えたスカイプメンバーで会議をしている、とお誘いのチャットを送ってきていた

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 10:09:11.15 ID:7H9PSLlX0
最近の恭一くんはなんだか色々な会議にお誘いを受けているらしい
そのおこぼれ、というか付き添いで3人で色んな場所で通話をしていた
恭一くんのキャラがあってこそ、だと思った

そのお誘いを断り、優子ちゃんと話していると
「それとなく、聞いといて」などと頼まれる

なんだか憂鬱な気持ちだった
恋愛沙汰に自分だけ、部外者だからなのか
3人での馬鹿話が出来なくなるからなのか

その頃から恭一くんとの付き合いはネットよりもリアルが主になっていく
俺が車を出し、彼と出かける
週に1.2回 多い時には5回ほど
飯を食うだけ、駄弁るだけ、海までドライブ、なんて事もした

彼について大分詳しい話が聞けていた

・父親は離婚して以来会っていない
・母親は再婚相手と暮らしている
・再婚相手が恭一くんを虐待していた
・だからグレてみた、で喧嘩の日々、退学のコンボ
・祖母祖父、あと俺のお陰で落ち着いた(話を聞いたとき超嬉しかった)

最後が重要だった

・両親のせいか恋愛がどうにも怖い

優子ちゃんに伝えるべきか、悩んでいた

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 10:17:00.51 ID:7H9PSLlX0
優子ちゃんも優子ちゃんでちょっと複雑な子だった
妹さんが居るそうだ
かなり優秀で可愛いと言う話

その子と比べられ続けて、嫌だった
全部、妹のせいで駄目だと思っていたらしい
でも妹がいない遠くの大学へ行ってもぼっちだった
うまくいかないのは自分のせいだと気付いて辛い、なんて話を話していた
冗談半分って感じの口調が印象に残っている

んで、ネットで出会った仲の良かった男の子が好みだった
好きになった、という流れなんだろう
気持ちもわからなくもないが、なんだかメンヘラの香りを感じ取っていた

オジサンはなんだか面倒になってきた
ID消そうかな?とか
恭一くんとはリアルで遊べるし、とか

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 10:12:58.31 ID:mcrYvrXb0
なんで週5も遊んでるんだwwwwwww

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 10:24:32.07 ID:7H9PSLlX0
>>47
いや、なんでだろう?
暇だったから


他の会議のメンバーに、ポロッとその話をしてしまう
酔った勢い、なんて言い訳はしない

当事者2人を知っている女の子だった
高校2年 住んでいる所は、凄く遠い
名前はスカイプ名をもじって花子ちゃんとしておこう

「えー、恭一の顔が気になる!」なんて言われたので
「本人に頼めば?」と答える
「というか、恭一の事気になってたんだよね
 優子がそういう事言うなら余計に気になっちゃう!」

おいおい、またかよ
余計なことをしちゃったな、と完全に後悔
何故か顔写真を俺が貰う

今時、って感じの普通の女の子だった
だけれど高校2年、って言うより中2


後日、優子からチャットが飛んで来る
その件についてだった

「宣戦布告された」
知らんがな

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 10:33:48.70 ID:7H9PSLlX0
恭一くんとデートをしていた時に、ぽつんと
「彼女とか作らないの?」と聞いてしまう
「いや、作らないよ
 ○○さんと遊んでた方が楽しいし
 つうか、出会いないしね」

この頃、恭一くんはスーパーマーケットでのパートを始めていたので遊ぶ頻度は減っていた
ただ夜はスカイプで話す毎日

「職場、おばちゃんばっかだぜ?
 若い子居ねぇー」
「おばちゃんは駄目で、おっさんはOK?」
「オッケー!大好きー、なんちゃってね」

恭一くんの悪い所として、誰に対しても「好き」「愛してる」的な冗談を言っていた
一時期ホモ説が出たぐらいだ、男女問わず言う
勘違いさせる、といえばそんな感じなんだろう


花子ちゃんと優子ちゃんが目に見えて仲が悪くなっていく
同じ会議に入るとどちらかがミュートして喋らなくなる

幸い、恭一くんは気づいていなかった

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 10:39:53.25 ID:7H9PSLlX0
花子ちゃんが急に恭一くんにモーションを掛けるようになった

「バレンタインにチョコ贈るので住所教えてください!」
「お礼は、オフ会しましょうよー、私の家まで遊びに来て?」
「○○さんの車で来てくださいよ!」

なんて事を言っていた
恭一くんからは「住所教えてもいいかな?」と裏チャット
「自分で考えなさい」と放り投げた

結局、チョコや手紙が2月14日には届いたらしい
オフ会をしてから半年以上経っているが、優子ちゃんはまだ告白は愚かまったく動けていない
俺と時々作戦会議と称する個人通話をするぐらいだ
ちなみに作戦の一環として何度かオフ会をしたが恭一くんの都合もあって12月1月は遊べなかった(スーパーが忙しい)

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 10:46:35.27 ID:7H9PSLlX0
恭一くんが急に
「職場で告白された」なんてムードメッセージ(名前の横の一言)

会議のメンバーは大荒れ
恭一くんは会議誘われまくったらしいが
とりあえず、飯を食いに行く事になった

話を纏めると、
夜間のみの高校生アルバイトの女の子に告白されたらしい
いつも、恭一くんの帰り際に出勤するその女の子とよく話しててメルアドとかも交換していたとか

「どうすんの?」と聞くと
「嫌いじゃないけど、そいつが女の子だから仲良くなったんじゃない」と
よくわからない煮え切らない発言

簡単にいえば「女性的魅力がないってことだろ?」と聞くと頷いた

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 10:50:26.81 ID:7H9PSLlX0
そんな事があったせいか
優子ちゃんが告白する決意をしたらしい
俺は「頑張れ」とだけ伝えておいた

初めて2人だけでのオフ会を立て、優子ちゃんが恭一くんを誘った
何故か俺も誘われた、恭一くんから

優子ちゃんが泣いた

「完全に、私に、気がないじゃん!」
と切れ気味に、泣いていた
珍しく、2人だけで会った
もう20になった優子ちゃんとお酒も飲みました

「なんでおっさんが恋敵なの!」とキレられた

知らねぇよ、恋敵は花子ちゃんだろうが!
俺は仲がいいだけ、だと思う

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 10:53:32.13 ID:EDIAEiDB0
顔+母性本能をくすぐるなにか
を持ってたんだろうね

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 10:56:48.07 ID:7H9PSLlX0
優子ちゃんに
「諦めるな」と「女の子の中で一番仲がいいのは君だぞ」と慰める

「うん、頑張る」と泣いた
恋をすると綺麗になる、なんて話があるが
彼女は凄く努力をしたのだろう
暗い印象は、薄れて今風な感じになていた

なんかこの書き方、おっさんっぽかった気がする


花子ちゃんとも和解したい、と言うので仲を取り持つことに
花子ちゃんも「調子乗りすぎでした、ケンカする気はなかったです」と謝る

良かった、良かった
仲の良い会議に戻るぞ、と思ったら
恭一くんのムードメッセージが「スカイプでも告られたぞ、モテ期か?」なんて内容に


 空 気 読 ん で く れ !

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 11:00:00.38 ID:7H9PSLlX0
その女の子、リリ子ちゃんとしておこう
リリ子ちゃんは中学生だった
恋に恋するお年頃、という奴だろう

彼女はガチな引き篭もりであり、オタクだった
「好き」「愛してる」なんて言葉に免疫がなくやられてしまったんじゃないか、と予想

ごめん急な客
待ってて

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 11:10:50.81 ID:7gdCw9b10
ほう

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 11:02:08.29 ID:EDIAEiDB0
期待

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 11:23:12.12 ID:FkyaHg++0
おもしろい

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 11:06:25.64 ID:jllj0H440
おっさん何歳?

88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 11:43:30.63 ID:7H9PSLlX0
>>74
おっさんはおっさんという生命体だよ
年齢とかないよ!



リリ子ちゃんとは、何度か話したことがあったが
典型的な構ってちゃん
リスカした、飛び降りしたい、死にたい、とか連呼する感じ
付き合ってくれないなら死ぬ、と言われたらしく
恭一くんは凄く悩んでいた

俺は「ブロックすれば?」と提案するが
「ああいう事を言うけど、ホントは良い子なんだ
 出来ることなら助けてあげないよ」なんて言う

俺が心配してやってるのに、と少し腹が立った

その後、優子ちゃんと個人通話をしていたら
「おっさんが恭一に優しかったみたいに
 恭一はリリ子に優しくしたいんだってさ」


おっさんはお酒を飲みながら泣いた

87: 忍法帖【Lv=7,xxxP】 2011/07/05(火) 11:40:41.95 ID:gvWolQXj0
支援

90: 忍法帖【Lv=18,xxxPT】 2011/07/05(火) 11:46:41.04 ID:2XTn5G1A0
なんだよいい話じゃねえか

92: 忍法帖【Lv=7,xxxP】 2011/07/05(火) 11:48:16.08 ID:gvWolQXj0
ネトゲで仲良くなったおっさんのこと思い出した
元気にしてるかなあ

93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 11:48:39.43 ID:7H9PSLlX0
昔から思っていたが、恭一くんには主人公オーラがあった
超美形、とか超面白い、という訳じゃないが
なんとなく人を引きつける、中心にいる

結局、リリ子ちゃんは優しい恭一くんに依存していく
「リアルで会おう」と言い出さなかったのは引き篭もりが原因なのか、容姿に自身がないのかはわからない
それのお陰か、恭一くん自体に害はあまり無かった

その後急にリリ子ちゃんがインしなくなり
連絡が取れなくなった、親にネットを止められた、なんて噂があったが
恭一くんが酷く心配していた事だけが印象的だった

96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 11:57:29.76 ID:7H9PSLlX0
春が来て
色んな変化が起きた

受験生になった花子は受験先をこっちの地方にすると言い出す
優子は「就職めんどい」「おっさんの所で雇え」などと泣き言を言う
恭一くんのイン率が少し下がる
就職したいそうだ、パートではやはり給料が低い、と思ったらしい
彼が言うにはパートで覚えた調理関係の仕事を探すとか

会議のメンバーも入れ替わり立ち代わり
変動も置きながらも中々縁が切れてしまうことも無い

春になっても恭一くんはモテる

今度は大学生の女の子から相談を受ける
珍しくVIP系ではなく、スカイプメンバーのリア友のリア友
巡り巡って仲良くなった子だが、スカイプ名をもじって香奈子としておく

香奈子も、恭一が気になると言い出した
香奈子が言うにはネットでこんな事になったのは初めてだと

オフ会を開いてください、と俺に

何やらおっさんは便利屋さんとして使われているらしい

97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 11:58:23.91 ID:jllj0H440
おっさんは独身?

98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 11:58:48.04 ID:N7lhhN8XO
なんの自営業なんだよ(´・ω・`)

105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 12:04:29.04 ID:7H9PSLlX0
>>97
独身です

>>98
自営業ってのはわかりやすく言ったつもりで
本当はネット系、と言ってしまう


香奈子は同じ地方だが県が違う、ぐらいの位置関係
電車で2時間ぐらいか?

会うメンバーはおっさん、恭一くん、優子ちゃん、香奈子ちゃんとなった
優子ちゃんは強引に「 入 れ ろ ? 」と俺を脅してきた
ハートマークは妄想だが、そうでもしないと心が折れる

香奈子ちゃんにも「なんで女の人がいる?」みたいな感じで責められる
ふははは、おっさん胃に穴が開くよ?

そういえばこの頃は、気を使って恭一くんと遊んでなかった
就職活動は難航していたらしい

108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 12:12:16.36 ID:7H9PSLlX0
今の恭一くんはDQNっぽさが抜けた好青年
ただのイケメンという面白みのない存在であった

優子ちゃんは可愛らしくなった
努力もあってか、服装も似合っていた、と思う
どんな服を着ていたかは何故か記憶にない

香奈子ちゃんは、これまた普通の大学生といった感じだった
まあ、話している時からそんな印象だったけど
昔と比べてスカイプは一般向けになっているんだな、と実感


香奈子ちゃんが、此処の辺りの名所行きたい、というので迷った挙句ちょっとした名所へ
県が特定されかねないので割愛

その後、飯も兼ねてカラオケ、という話に
おっさんには理解出来ない発想だった

106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 12:10:17.34 ID:l09aJFWD0
ここの>>1はなかなか読みやすい

107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 12:11:20.30 ID:+D+NjK3m0
おっさんの所で雇ってあげればいいじゃないか

111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 12:21:11.63 ID:7H9PSLlX0
>>107
自分の事務所を構えている訳ではないんだ
俺も雇われてるようなもの


カラオケに入るととりあえず恭一くんと一緒にドリンクバーに
2人で2個づつグラスを運んだ
空気が読めるおっさんは恭一くんに女子2人分を運ばぜる

優子ちゃんがまずはアニソンを歌い
恭一くんは俺の勧めたThe Pillowsを気に入ってくれたようでその辺りを歌う
香奈子は、今時ーって感じ 椎名林檎が好きだそうだ

おっさん?おっさんはねブルーハーツとかね

空気が読めるおっさんは席順を
おっさん、優子、恭一、香奈子に
ちなみにL字のソファー

ピザとか唐揚げとかばっか食うと辛いね
飲み物がドリンクバーだし 

110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 12:13:10.21 ID:N7lhhN8XO
雇ったら破産するだろ(´・ω・`)

113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 12:23:37.47 ID:7H9PSLlX0
おっさんにご飯を食べさせて欲しい

つうか、この時間ってどれぐらいで落ちるのかな?
車でブーンと行ってきたら落ちる?

114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 12:26:27.08 ID:EOlhpITn0
ほしゅしとくからいってこい

115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 12:27:00.97 ID:w0x8x8Je0
保守

116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 12:27:13.84 ID:lLWgBGdA0
待ってるから完結させろよ

120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 12:31:03.76 ID:20xoeXJB0
追い付いた保守するよおっさん

124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 12:38:59.80 ID:EOlhpITn0

126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 12:42:47.79 ID:7H9PSLlX0
パン買ってきたおっおっ!

カラオケが終わるとお開きの流れに
この後お酒、なんて話になったが恭一くんは未だ未成年なので無しに
ちなみに優子ちゃんとは時々飲むようなお友達になっていた

香奈子ちゃんを駅まで見送りをしにいくと

「また会いに来ます、恭一に」と、香奈子ちゃんが爆弾投下
「ああ、待ってるよ」なんてクールに返す恭一

その後、優子も爆弾発言
「多分さー香奈子は、恭一の事好きだよ、どんすんの?」

おっさん胃が痛いタイム開始のお知らせ

129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 12:47:24.52 ID:7H9PSLlX0
「多分さー香奈子は、恭一の事好きだよ、どんすんの?」の発言は
香奈子ちゃんが居なくなってからです


「えっ?
 いや、ないでしょ、ねぇ?○○さん」俺に話を振る恭一

「いやいや、君はモテるからねぇ」と茶を濁す俺

「おっさんはわかっててそういう事言うからずるい!」と怒る優子

シーンと、静まるその場
恭一が一言

「もしそうだとしても、付き合ったりはしない
 可愛い子だと思うし、いい奴だけど」

なんで?と優子が聞く

「どうしてだろ?
 でもソレは即答できるよ」

ヘラヘラと笑う恭一
やれやれ、と溜息をつく俺

優子はホッとしたような悲しそうな顔をしていた、気がする

131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 12:49:20.50 ID:RKtbvUAC0
即答とな・・・

132: 忍法帖【Lv=30,xxxPT】 2011/07/05(火) 12:50:41.47 ID:DRgEHgC00
追い付いた
おっさんはおっさんでなんか引き込まれるような文章書くな

133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 12:52:08.39 ID:lLWgBGdA0
おっさんの歳が気になって昼寝できねえ

136: 忍法帖【Lv=18,xxxPT】 2011/07/05(火) 12:56:13.43 ID:eeBtj6u90
知らない人とスカイプで会話とか怖すぎるよ…

137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 12:57:55.08 ID:RKtbvUAC0
俺も怖い けど こんな楽しい事があるんならしてみたい@すかいぷ

140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 13:04:13.75 ID:7H9PSLlX0
花子が本気でこちらに受験しようとしてるらしい

大学で言うならば優子と同じ大学だ
というか近くに大学といえばそこがアホな大学しか無い

とりあえず、説得してみることにする

「アホな子が居るぞー!」と優子は笑う
「でも、嫌いじゃないぜ、なんちゃって」と嬉しそうに話す
それは恭一くんの真似だろうか?

おっさんとしては、悩み所
止める理由も、勧める理由もない

大学生ともなれば大人、個人の自由といえば、自由
というか恋愛1つで人生を決めてしまうのはどうなんだ?

と、伝えれば良かったのだが、なんだか気が引けてしまう

144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 13:19:57.59 ID:7H9PSLlX0
花子が言うには親に反対されているらしい
そりゃそうだ、おっさんだってちょっと反対気味

ただ、この年頃の女の子には珍しくないが親との折り合いが悪い
1人暮らしがしたい、というのも有るのか

「きっかけの1つですし、目的の一つですけど
 それの為だけに行くわけじゃないですよ」

そんな事を言われてしまえば、おっさんは納得するしか無い

「○○さんとも遊びたいです」なんて可愛い事も言ってくれるしね

ただ、恭一くんは反対票を投じていた
理由をぼかしていたのもあるが、両親関係の話には中々ナイーブな奴だ
出来る事なら、家族仲良く、なんて事を思っているんだろう

彼自身家族に飢えているんじゃないだろうか?
時々、俺の事を父親か、兄の替わりにしているんじゃないか、と思ってしまう

147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 13:25:52.71 ID:0fZrpHt50
おっさんイケメンすぎる

148: 忍法帖【Lv=21,xxxPT】 2011/07/05(火) 13:26:39.86 ID:Lq1HX2zP0
おっさんのこと好きになってきた

149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 13:26:54.02 ID:sjrk+Y1+0
おっさん...

153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 13:33:00.50 ID:7H9PSLlX0
結局の所
花子ちゃんはこちらの大学を受験すると言う話になった

恭一くんも納得したらしく
「こっちに来たら、俺がエスコートしてやるよ」などと歓迎
ソレを聞いた優子はちょっと機嫌が悪くなっていた


おっさんちょっと2時にお客さん来るのでお風呂行ってくるよ
ごめんね

157: 忍法帖【Lv=2,xxxP】 2011/07/05(火) 13:41:44.74 ID:aVEhL90u0
まってるべ

155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 13:34:57.31 ID:wmJoEB+kO
おせえええ

156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 13:38:37.52 ID:hWWpB6hFO
こりゃ保守ですな

159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 13:45:41.13 ID:C86b9s+Z0
追いついた保守

162: 忍法帖【Lv=9,xxxP】 2011/07/05(火) 13:53:49.71 ID:SNYImEvd0
こんなに魅力的なおっさん始めて見た

164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 13:55:13.34 ID:I1xoq2rf0
おっさんモテモテじゃねーか

165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 13:59:31.75 ID:RFN/eGri0
おっさんのお風呂・・・ハァハァ

166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 14:02:29.56 ID:20xoeXJB0
濡れてるおっさん・・・ハァハァ

171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 14:13:18.76 ID:hWWpB6hFO
水も滴る…おっさん…おっさん…ハァハァ

170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 14:11:18.54 ID:KBrEIiRy0
ほしゅ

172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 14:15:16.41 ID:EDIAEiDB0
お前らwwwwwwwww













ハァハァ

173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 14:20:33.15 ID:7H9PSLlX0
ごめんね、やっと終わったよ
どこまで書いたのか忘れちゃったよ

175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 14:22:26.72 ID:KBrEIiRy0
>>173
花子が大学決めた
はやくはやく

176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 14:24:50.38 ID:7H9PSLlX0
なら少し話は飛ぶけれど花子ちゃんがこっちに来たときの話から書き始めようか

181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 14:31:10.72 ID:7H9PSLlX0
大学の下見という理由を得た花子ちゃんが
夏休みを利用してこちらに遊びに来るという話になった
当然のようにおっさんがオフ会を主催することに

一泊する、との事で近くのホテルを用意
安い所だったので奢ってあげることに
恭一くんが「だったら俺が出そうか?」等と言ってくるが年長者を立てさせる

大学担当の優子ちゃん、お財布&足担当の俺、色々担当の恭一くん、といつもの面子

熱いので鰻でも食おうかね?と言う話に、別に名産でもないけど
昼は鰻で、夜ご飯はお気に入りの安くて旨いお寿司屋さんを内緒で予約
おっさんとぐらい生きていると、付き合いでこういう場所を安く使う方法も覚えます

183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 14:32:43.50 ID:YgkURYOY0
おっさん支援

192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 14:39:33.56 ID:7H9PSLlX0
皆がウキウキと期待に胸をふくらませていた
なんだかんだで一番楽しみにしていたのは優子じゃないだろうか?

おっさんもドライブ用の音楽をCD-Rに焼くぐらいは楽しみで
恭一くんも連休をとって出迎えるぐらい楽しみにしていた

そんな時、会議に参加した花子ちゃんが急に泣き出した
「親にオフ会を邪魔されそうだ」と3人の前で泣いた
受験生の女の子が外泊、といった辺りが両親には心配だったのだろう
マトモな親ならそう思うんだろうなぁ、と納得しかけていると恭一くんが珍しくキレた

ゴン、と彼の彼を通して鈍い音が聞こえた
「なんなんだよ、クソ!」と珍しい彼の叫び

親、と言う彼のトラウマがまた刺激されたかな?と会議は一旦お開き
恭一くんに「家に行ってもいいかい?」とチャット送り
優子ちゃんには「花子ちゃんをよろしく」とチャットお送る

恭一くんから携帯の方へ着信
落ち着いたので、花子ちゃんの方のフォローをお願い、という内容だった
仕方ないので恭一くんの方は一旦置いておいて
優子ちゃんと花子ちゃんでスカイプをする事にする

196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 14:45:32.63 ID:7H9PSLlX0
優子ちゃんと花子ちゃんは親の愚痴で盛り上がっていた

「いやいや、親御さんが心配するのも理解できるよ?」
などと言おうものなら
優子ちゃんに「おっさんはどっちの味方なの!」と怒鳴られる始末

おっさんちょっと涙目
皆若いね、と思っちゃうぐらい老けこんだか…なんて理由で

「あ、おっさんが責任者として親と話して説得できない?」なんて優子ちゃんが言い出す

おいおい、お馬鹿ちゃんなのか?
大学の下見に行く話で、知らないおっさんが責任者だと電話してきたら余計怪しいだろ?

などとやんわり伝えてみる

どうにか出来ないものかな、と俺も思う
だが未成年、ましてや県外の子だ
いくら世の中に普及したと言ってもネットでの付き合いで一泊か
難しい話なのかなぁ…とあきらめムードだった

200: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 14:52:28.46 ID:7H9PSLlX0
そんな内容を会議に居なかった恭一くんにメールで伝える
返信は
○○さんの言ってることは分かるし、正しい
でも納得できない

といった感じの内容だった

なんだかんだで主人公だね、恭一くん
君はそんな感じで突っ走ってくれると、傍から見ている俺は最高に嬉しいぜ

詳しい話は、俺には伝わってこなかったが
結局の所、恭一くんは花子ちゃんの親と話したらしい

何を馬鹿なことを、と俺は思った いや本当にね

それでもそんな馬鹿げた方法で彼は彼女の両親の信頼を勝ち取って
花子ちゃんの一泊2日の小旅行を許可させた

何話したの?と聞いてみた

「いや、特別なことは言ってないよ
 大学の見学ってのもあるんですけど、俺達とも遊びたいって理由もある
 花子は大切な友達で、大学に入学したら仲良く付き合っていきたいって話?」

2人でラーメンを啜りながら話してみれば、単純明快な力押しじゃないか
おっさんは若さに負けました

なんだか、ちょっと泣けた
おっさんになると涙腺が緩くなるんじゃい

204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 14:57:54.05 ID:35HgKdwfi
俺もスカイプのためにマイク買うかな

205: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 14:58:28.86 ID:7H9PSLlX0
花子ちゃんが本当の意味で彼に惚れたのはこの瞬間じゃないか、と俺は思う
俺が乙女だったら惚れているね
いや既に惚れているのかも知れないかな?

写真を見ただけだった花子ちゃんとのファーストコンタクトは…
なんだ、小さなぁ…だった
これを言われるのが嫌いなのはスカイプをしていて知っていたけれどおっさんは口に出してしまった
案の定、足を踏まれた

髪の毛はショートボブって言うのかい?
くるっと内側な感じな奴だよ、親御さんが厳しいのは知っていたけど黒髪、垢抜けない感じの子だったね

対照的に昔は暗かった優子は今では茶髪さんだからなぁ…としみじみ
そういえば恭一くんは髪染めないね、と聞いてみると

「だって、○○さんは黒髪好きじゃない?
 そんな気がしてさ」

なんだコイツ、かわいいじゃないの

207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 15:00:55.28 ID:CaNVB1gZi
おっさんみたいな人がいるならSkype再開するかな

209: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 15:03:57.68 ID:w8XgcH9s0
恭一くん紹介してよおっさん

210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 15:04:03.07 ID:20xoeXJB0
ああああおっさん通話したいいいいい

211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 15:04:35.71 ID:7H9PSLlX0
恭一が踏んではいけない地雷を踏んだ

「あれ?写真と雰囲気ちょっと違うね?
 ま、俺はこっちのほうが好きかな?」

おい、優子ちゃんの前でその発言は…

「えー…写真でもこんな感じでしたよ?
 学校帰りだったからテンション高い写真だったかも?
 でも、恭一が好きだって言うなら清楚系で攻めるかも」

花子ちゃんもノリノリかよ

「ほー、恭一はロリコンかー
 犯罪者だー、おまわりさーん」

と思っていたのは俺だけのようで
優子は笑いながら2人の間に入り込む

おっさんの杞憂ですか、そうですかそうですか

3人の若者が騒ぐ姿をちょっと離れた所でニヤニヤ見つめるおっさんは完全に通報ものだけどな

213: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 15:06:45.12 ID:lLXScb8u0
どう考えても恭一はおっさんに惚れている

215: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 2011/07/05(火) 15:07:19.33 ID:Ms1qHxhx0
一時期自分もスカイプやりまくってたなあ
リアルに支障でまくったけど
やめられなかったわ

218: 忍法帖【Lv=13,xxxPT】 2011/07/05(火) 15:08:33.83 ID:SFWTchRm0
これは小説化、漫画化、映画化、ドラマ化決定だな

220: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 15:10:38.28 ID:7H9PSLlX0
鰻をご馳走様、すると次の予定はお寿司
まあその間までにいくらでも時間がある

「何処行きゃいいんだい、若人」と3人に声をかける

席順は前に男性陣、後ろが女子陣だ
一番無難だと思った

「鰻が重かったから、ちょっと休みたいかも…」と優子
「ですね、ちょっと食べ過ぎたかも」と花子
「俺は何処でもいいよ、つうか大学はいいの?」と恭一

大学、完全に忘れてた
女子も忘れていたのだろう、あー…とか言ってた

「明日でいいよね?」「うん、明日でいい」後ろからこんな会話
仲がいいねぇ女子たちは

とりあえず鰻屋の駐車場は狭いのでコンビニへ向かうことに
コンビニで騒ぐなんて若者ポイント高いだろ?

そう思う俺はおっさんなのか?

221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 15:12:16.78 ID:N7lhhN8XO
ああ、若者ポイント高いな
一人おっさん混じってるけどな

222: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 15:12:53.65 ID:vJroXX1k0
はっきり言って面白いです

223: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 15:13:06.04 ID:AoaGAFEM0
おっさんかわいい

227: 忍法帖【Lv=9,xxxP】 2011/07/05(火) 15:14:58.32 ID:SNYImEvd0
このスレ的に
恭一<<<<<<<<<おっさん

228: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 15:16:49.26 ID:7H9PSLlX0
若者ポイントと飲料を補給し終わると
コンビニの前のベンチにどかっと座り込む
3人はキャッキャとコンビニでお戯れだった

夏の容赦のない日差しがおっさんを焼く
若者ポイントが急上昇の予感、ペットボトルを飲み干しもう一本購入しようとするとコンビニに戻ろうとすると
ちょうど外に出てポカリを飲んでいた恭一くんが飲みかけのポカリをくれた

「仕方ないなぁ、○○さんはさ」なんて言いながら

恨めしそうに女子2人に見られながら、一気に飲み干しゴミ箱にIN

女子の視線が痛いと感じた
恋敵を見る目ですよ、アレはね

229: 忍法帖【Lv=9,xxxP】 2011/07/05(火) 15:17:05.06 ID:iqH+QPp90
なんだこのカワイイおっさんwww

230: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 15:19:40.41 ID:20xoeXJB0
二人にとっておっさんが最大の恋敵だもんなw

233: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 15:22:39.15 ID:7H9PSLlX0
その後涼しさを求め、中古漫画の専門店や古着屋を巡る
優子ちゃんと花子ちゃんが服を選ぶさまは完全に俺の潜入できる領域ではなかった

ちなみに花子ちゃんは買いたい漫画があったそうだが
荷物が増えるという理由で買うのを断念
皆で漫画を立ち読みして騒ぐなんて若者っぽい行動で時間を潰した

日も暮れ始め
「夕飯どうする?」などと恭一くんが言い始めたので寿司屋へ向かう
「予約した○○です」と一回の受付を潜り、個室へ

3人ビビりまくる
回らない寿司?回らないの?等と口々に
おいおい、立派な港が近くに有るんだぜ?
安い寿司屋があってもおかしくないだろ?

ちなみに4人で行ってどれだけ食べても2万は超えない
そういうふうに出来ている

242: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 15:29:21.03 ID:7H9PSLlX0
緊張してあまり食わない3人が借りてきたねこのように可愛い

「手で食ったほうがいいの?」なんてテレビに影響される恭一くん
「サビ抜きにしてほしいなぁ」と言い出す花子ちゃん
全然喋らなくなった優子ちゃん


「箸で食べなさい」と恭一くんを叱り
「とりあえず一個食べてからにしろ」と花子ちゃんに忠告

魚という奴は脂によってわさびの風味も変化する
いい寿司屋はその辺り理解しているので、わさびがちょっと苦手で大丈夫だったりする

優子は慣れてくれば喋るだろう、と放置
実際すぐに「うまー!」とか言い出した

236: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 15:25:52.31 ID:335gZD8p0
糞スレかと思ったら案外おもしろいじゃん

243: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 15:29:28.49 ID:w8XgcH9s0
スカイプしたくてうずうずしてしまうなあ

245: 忍法帖【Lv=20,xxxPT】 2011/07/05(火) 15:33:35.63 ID:RFbxTQVv0
こういうおっさんいいなぁ

246: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 15:34:02.30 ID:SNYImEvd0
おっさんに出会えた恭一達が裏山

247: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 15:34:26.92 ID:20xoeXJB0
おっさんと一緒に寿司食いたい

248: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 15:35:32.86 ID:7H9PSLlX0
食べ終わってみれば、結構皆で食いやがった
まあ、問題ない
予想の範疇という奴

花子をホテルに送って行くと、何故か優子も一緒に泊まるとか
いや確かに飯も出ない安ホテルですけどね
2人で泊まるなら言ってくれよ、そういう部屋取るんだから

彼女たちに言わせてみれば「急に思いついた」らしい
嘘つけ、と思ったがまあ良いだろう
2人で話したいこともあるだろう

恭一くんと俺は久々に2人でドライブ出来るしね
なんて思ってたら彼はすぐ寝た
疲れているらしい、就職活動も高校中退じゃ難航気味かい?
俺にだけは弱音吐いてくれても良いんだけどね

なんとなく、いつも使う道から外れ遠回り
音楽を止めて、クーラー求める

窓を全開、風が気持ちよかった

なんだか、俺はコイツとこうやって遊ぶために生きてきた
そんな気もしないでもない

いや言い過ぎだね、優子や花子や、皆と遊びために生まれてきた、に修正しよう


と恥ずかしいことを考えながら30分ほど車を走らせた

249: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 15:37:58.60 ID:SNYImEvd0
ジェントルだなおっさん

250: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 15:38:08.75 ID:R28C2fVD0
なんとなく奥田民生を想像しとくか

251: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 15:39:33.82 ID:RKtbvUAC0
奥田民生だなんて言ったら本気でほれてまうやろー

256: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 15:42:52.24 ID:c+QBrex00
追いついた
このスレ面白い

259: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 15:45:05.04 ID:7H9PSLlX0
次の朝は10時にホテル集合

9時半頃にはホテルの前に到着し、恭一くんが優子ちゃんに電話
恭一くん曰く「寝ぼけてた…時間かかるかもね」らしいので
一旦涼を求め、コンビニへ

遅めの朝飯が早めの昼飯になる頃、やっとで2人で合流
グーグーなるお腹、4つ

朝飯はマック
もう既に朝マックはないけれど

大学に行く暇があったら遊びたい、等と本末転倒なことを言い出す花子
ただ、同意だった

皆で駄目り、騒ぐ
時間の経過がひどく残酷に思えてしまう
ただ時間が経てば花子はこっちの大学へやってくる

なんだろうに受かる、受からないに関しては
おっさん全然花子ちゃんのこと疑っちゃいないのね

262: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 15:50:34.20 ID:I1xoq2rf0
おっさんの包容力

263: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 15:51:17.30 ID:SNYImEvd0
マックか
マックはいらねえや
おっさん寿司か鰻食べたい!

264: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 15:57:47.54 ID:w8XgcH9s0
このスレなごむ・・・

266: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 15:58:34.56 ID:7H9PSLlX0
駅で、別れ際

「またな」なんて普通の挨拶
まあ、またすぐに会えるからね

「では、今回はありがとうございました皆さん」と花子が笑いながらお辞儀
俺と優子ちゃんに握手を求め、恭一くんの前で立ち止まりにっこり笑った
と思った途端、ハグ

なんて思っていると優子ちゃんもハグ

おっさんポカーン、恭一くんもポカーン

「じゃーねー」と花子ちゃんは去って行った
「じゃ、帰ろうか?」優子ちゃんもクールにそう言う


女子は怖いね、おっさんになってもそう思う
恭一くんは困ったように笑いながら俺の裾を引っ張った

270: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 16:03:15.42 ID:7H9PSLlX0
帰りの車の中
優子ちゃんは中々ご機嫌で
恭一くんは曖昧に笑って
俺はなんだか疲れながらも満足だった

ちょっとチャットしなければならないので待ってて

271: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 16:04:09.82 ID:20xoeXJB0
はーい

272: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 16:05:32.74 ID:yc3pLcl40
いってらー

273: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 16:06:19.93 ID:2logfLMV0
なんかいいな~おっさん素敵だ

276: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 16:14:48.46 ID:AoaGAFEM0
話に引き込まれていくな
続きが気になる

282: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 16:24:23.94 ID:7H9PSLlX0
しまったなぁ、どこをオチにするかを考えてなかった
なんというか、まだ皆の関係は繋がってるからオチはないんだよな…

恋愛的なオチでいいかな
そうなると次の話でおしまいだ

285: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 16:34:03.39 ID:hWWpB6hFO
気になるー

286: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 16:36:43.96 ID:7H9PSLlX0
クリスマスが2週間ほど先に迫ったそんな時
ついに、と言うべきか、やっと、と言うべきか
優子ちゃんが恭一くんに告白をする、という流れになった
何度も何度も、個人通話で背中を押してきた俺からすれば
なんとなく感動ものだ

なんとなく、この関係が壊れてしまうようなそんな不安もあった
けれどいいだろう
おっさんのちょっとした趣味よりも、若者の恋愛は優先されるべきなのだ


そんな時に、ハプニング女の花子ちゃんがスカイプ上で思いを伝えた、とのチャットが俺に届く
チャットログを見せてもらったが

花子:好きです、と言うかあなたの事が気になっています
恭一:おう、俺も好きだよ?
花子:いえ、冗談じゃなくて
恭一:通話しようか?

な感じだった

288: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 16:42:10.06 ID:7H9PSLlX0
通話の内容的には
「昔から気になっていました」と花子ちゃんが伝えたらしい
その回答として恭一くんは
自分の過去のトラウマ、それによって恋愛は怖い、と
今までのような友達の関係が楽だ、と伝えたらしい

花子ちゃんは納得できなかったのだろう
「きっと、私のことを好きにしてみせます」みたいな捨て台詞を吐かれたらしい

おいおい、と俺は思った
優子ちゃんはどれだけ運がないんだよ、とちょっと落ち込んだ

でも優子ちゃんも止まらない、と俺に告げた

そしてクリスマス一週間前
優子ちゃんと恭一くんは初めて2人でデートした

289: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 16:44:15.50 ID:AoaGAFEM0
なんかドキドキしてきた

290: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 16:44:48.25 ID:SNYImEvd0
ほうほう

291: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 16:45:20.07 ID:hD2fZUV90
追い付いた
スゲー面白い

295: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 16:48:32.97 ID:7H9PSLlX0
結果だけ言えば、優子ちゃんも同じように思いを告げられただけ
恭一くんは「友だちで居よう」と告げたようだ

あのヘタレが、とおっさんはイライラしていた
忙しい中だったが恭一くんを呼び出し、2人であった

「逃げてるだけじゃん」と俺
「何が?」と恭一くん

「だってアレでしょ?
 親みたいに、不仲になるのが怖いんだ
 君は、恋愛が怖いんじゃなくて嫌われたくないんだろ?」

おっさんほど生きていれば、ちょっとぐらい人の気持がわかる

「バカじゃないの?
 何がしたいんだよ、ガキ」

おっさん大人気なかった、とちょっと反省していた
トラウマに大ダメージな言い方だった、大人が子どもに言う言葉じゃないよね

296: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 16:49:50.12 ID:20xoeXJB0
まだ若いしね仕方ないさ

297: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 16:50:38.35 ID:J10xtHIx0
そこで怒れるおっさんはすごいと思うよ

299: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 16:52:05.59 ID:2srzGCP3O
俺なら保身のために「まあ仕方ないよ、気持ちの切り替えが付いたら決めな」とか言っちゃうわ

300: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 16:54:10.69 ID:xjWcIqt4O
まぁどっちにしろ板挟みになるのはおっさんだし
これ以上胃が締め付けられるのは辛いよな。

301: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 16:54:59.28 ID:7H9PSLlX0
恭一くんは落ち込んだように肩を落とした

掛ける言葉もなかった
いや、自分自身この関係が終わってしまいそうで泣きそうだった

恭一くんが口を開く

「何が悪いんだよ、わかってるよ」
呟くようにそう言った

どうしようもない虚無感に襲われた
ソレぐらい彼も理解しているのはわかっていたことだろう
何してんだか、と肩を落とす

「ごめん、怒ったりして」
「いいよ、俺こそごめん」

そんな会話がなんだか痛々しくて
つい「ドライブしようか」なんて言ってしまった

306: 忍法帖【Lv=2,xxxP】 2011/07/05(火) 16:57:15.58 ID:LE8uHrhN0
この後二人の関係に新展開が・・・!?

309: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 17:02:35.31 ID:7H9PSLlX0
車の中
ただただ黙って車を走らせていた

「…正直さ、全然わかんねぇんだよ」

やはり話しだすのは恭一くんから

「恋愛とか、避けてたから全然わからない
 童貞だしさ、いやマジで」

俺が驚いたような顔をしたからだろう、そんな言葉を繋げた

「俺はね、恭一くんは2人とも恋愛対象として見てないんだと思うよ
 でもさ、それは今までそう見ようとしてなかったからでしょ?
 今からは別じゃない?」

俺もゆっくりと言葉を発する

「ごめんね、俺はさ
 結構優子ちゃんに感情移入してたからね
 でも、花子ちゃんもいい子だしさ」

「○○さんが好きとか言ったらアイツら怒るかな?」

「殺されるよ、俺が」

やっとで2人とも笑った

312: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 17:05:35.15 ID:lWbzL6qC0
いいね

313: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 17:06:17.07 ID:7H9PSLlX0
その後恭一くんは電話で
「今はまだわからないから、もう少し待って欲しい」と2人に告げていた

2人がどう思ったかはわからない
俺としてもなんだ、その回答、と思ってしまったぐらいだから

でもそれでも今でもスカイプを続けている
リアルでもよく会う仲だ

優子ちゃんはちゃんと就職したし
花子ちゃんはちゃんと大学で頑張っている

恭一くんは今料理人の道を歩みだした

おっさんはそんな皆を見つめて微笑んでいられたら充分だ

315: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 17:08:29.63 ID:20xoeXJB0
おっさん…いい人すぎるよ…

316: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 17:08:57.95 ID:SNYImEvd0
おっさんとSkypeしたい

317: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 17:11:14.38 ID:iqH+QPp90
スカイプスレがこんなイイもんだとは思わなかったw

320: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 17:11:35.61 ID:R28C2fVD0
おっさんIDアップしたら凄いことになりそう

323: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 17:12:10.49 ID:7H9PSLlX0
今日も、暇さえあればスカイプを起動させる

スカイプメンバーは最近増えに増えて、400人を超えた
でもエコ贔屓のフォルダ分け
よく使うメンバーは10人ほどだ

漫画みたいにモテるあの男は、今日も会議を作るんだろう
お姉さんを気取りたいらしいあの子は、今日も会社の愚痴でも言うだろうか?
彼の気を引きたいあの子は、大学での面白い話を聞かせてくれるはずだ

さて、だが今日の話の主導権は俺に握らせてもらおう
今夜はあの男の思い出話を肴にお酒を呑むのも悪くはないはずだから


そろそろおっさんの話は終わり
スカイプスレでまた会いましょう、なんてのもドラマチックじゃないかな?

324: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 17:12:55.26 ID:M/q72pq40
400人wwwwwwwwwwwwwwwwwww

327: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 17:13:20.41 ID:gVodXQXz0
おっさん乙

328: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 17:13:20.42 ID:Cybfg3lX0
かっこいいなオッさん

331: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 17:14:03.48 ID:lWbzL6qC0
おっさんお疲れ様
たのしかった

334: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 17:14:40.56 ID:2srzGCP3O
なんつうドラマなオチだよwww
まあ気が向いたらまたスレ立ててよ

336: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 17:15:14.66 ID:ezGAqBOz0
( ;∀;) イイハナシダナー

338: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 17:15:46.62 ID:82znVfvD0
ネットの出会いも悪くねぇって思ったよ

341: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 17:16:36.60 ID:R28C2fVD0
おっさんは雑誌とかでコラムできるな

342: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 17:16:37.66 ID:hWWpB6hFO
最初から見てたよー
おっさん乙でした!

346: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 17:18:57.15 ID:7H9PSLlX0
最後に軽くスペックを

おっさん 今年で28になるおっさん
仕事は自宅 貯金は少し
趣味は若い子たちと遊ぶこと

恭一 今年で20になるイケメンくん
仕事は料理人見習い
趣味は最近麻雀を覚えたとか 天鳳に付き合わされる(点数の計算が出来ない為)

優子 今年で23になるコスプレイヤー
職業はOL…でいいんだよね?
趣味は恭一くんをコミケに連れていこうと企む事

花子 今年で19になる大学生
職業は大学生
趣味は最近コスプレをするようになった

371: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 17:43:13.64 ID:I1xoq2rf0
おっさんじゃねーじゃんかよ

359: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 17:32:52.29 ID:140t8pON0
おっさん全然おっさんじゃねーな
勝手に40代想像してたわ

354: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 17:23:27.20 ID:HvMbF3lX0
ほっこりした!

364: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 17:38:47.86 ID:htyGeSfgP
28でおっさんかよ・・・つれぇ

Skypeとか羨ましいわ

372: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 17:43:52.47 ID:NPIUGBG0O
おっさんいい仕事したな

385: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 18:00:11.23 ID:Bt9RKohY0
おっさん乙

管理人です!
こっから下がおまけの怖い話です!




1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 01:52:06.18 ID:2zSAXYz4Y0
地方に伝わる因習や呪い系の話を一つ。


数年前、大学生のころ、同じゼミにに奄美大島出身のやつがいた。
ゼミ合宿の時にそいつと俺と何人かで酒飲みながら怪談なんかを嗜んでいた。
で、奄美大島には有名な「いまじょ」と言う怪談があるのだが、
俺はそいつにその「いまじょ」の話をふって見た。

しかし、そいつは、なにそれ?そんな話聞いたことないよ?てな感じだった。
俺は、まあ別に地元の人間だからって必ずしもしってるわけじゃねーのかとか思って、
俺が知ってる「いまじょ」の話をその場でした。
ちなみに、これがどういう話かと簡単にいうと。

昔、奄美大島の古仁屋町の金持ちの家で働くヤンチュ(下女のようなもの)に
「いまじょ」という娘がいてかなり美人だったという。
その家の主人もいまじょの美しさに惹かれていて、
ある日むりやり手篭めにしてそのまま囲いものにしていた。
そのことに嫉妬したその家のおかみは、ある日主人の留守中に
いまじょさんを納屋に呼び出してそのまま殺してしまった。

一方的に手篭めにされて、勝手に嫉妬で殺されたいまじょさんは怨霊となりこの男の家を祟り、
程なくしてその家に連なるものは全員死に絶えたと言う、そういうお話。
なんか地方の言い伝えによく有るような話です。

で、その合宿の時に旅行いきてーなーとか話してたら、
そいつが奄美大島に来るんだったら家に泊めてやるよ的な事を申し出てくれた。
で、そんなこともあってその年の夏休みに俺とそいつと、
別の友達ひとりと一緒に奄美大島に遊びにいくことにした。

まあ、ただで泊めてもらうのもなんなので東京土産に地元の酒
(そいつの親父はお酒好きだと聞いたので)やらなんやらもっていったら
かなり歓迎してもらえて、楽しい離島バカンスをエンジョイ&超エキサイティングしていた
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 01:52:31.35 ID:2zSAXYz4Y0
そんなある晩、そいつの親父と俺らでお酒なんぞ飲んでる時に、
例の「いまじょ」さんの話について聞いてみた。
話し相手の俺らいるせいか、かなりお酒が進んで上機嫌になってるそいつの親父は快く話してくれた。
まあ、大体上に書いた話のとおりなのだがディテールがかなりエグイ。

その当時のヤンチュと言うのはかなり身分が低く、被差別的な扱いを受けていたと言うこと。
いまじょさんは殺される時に子供を身ごもっていたこと。
おかみはいまじょさんを殺すまでに納屋に数日間幽閉して男衆に輪姦させたり、
色々な拷問を加えた末に最後は女性器に焼いた火箸を差し込んでて殺したと言うこと。

また、いまじょさんはただ単に怨霊と化したわけではなく、
いまじょさんの変わり果てた死体を引き取ったいまじょさんの家族が嘆き悲しみ
いまじょさんの死体とおなかの子供を(埋葬せずに)使ってその家に呪いをかけたと言うこと。
呪いが強すぎたせいか、その家の人間だけではなくいまじょさんの一族まで死に絶えたということ。

なんかそういう話を嬉々としてしゃべる親父の声に起こされたのか、
親父のママン、つまり同じゼミのそいつのグランマが起きてきた。
そしたら、すごい剣幕、方言丸出しで親父を叱りはじめんの。
親父は昔東京に住んでた出戻り組みで、俺らと話す時は標準語で話してくれたんだけど、
グランマとグランマにおこられてる時の親父は方言ばりばりで何言ってかわかんなかったよ。

でまあ、聞き出したおれらだし、親父なんか泣きそうになってるし、
グランマにみんなで謝ってとりなしてその日は解散して寝た。
まあ、父親が祖母に怒られて泣きそうになってる様を友人に見られたそいつも泣きそうな顔してたけどね!

で、次の日俺らのせいで怒られちゃってマジサーセン的な事をそいつの親父のところに言いに言ったら。
年寄り連中はいまじょさんの呪いはマジで信じていて、
いまじょさんの話をするといまじょさんが現れて、祟られると思っていると言うことを聞いた。

親父が子供の頃は、何か変な事件とかがあるといまじょさんのしわざだとか、
どこそこの誰かがいまじょさんに祟り殺されたとかそういう話を聞いたこともあるらしい。
そいつが「いまじょ」さんの話を知らなかったのは、話がエグイのと、
グランマに怒られるので教えなかったとの事。

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 01:54:45.12 ID:srHDFW8/0
>>1
いいねぇ。結構こういう話好きかも。

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 01:52:43.80 ID:D7r1tD2U0
こうやって文章にすると、さっきの発言がちょいと変になるかもしれんが、
俺、風呂場でケータイに入れてある曲をかけて歌う日課(?)があるんだよ。

で、最近から同じ曲の同じ場所が急にガクンと音量下がるの。
ほんとに一瞬。

で、戻ってまたいつもの所で音量下がる、の繰り返し。
ケータイがバグったのかと思って風呂場じゃないとこで音楽かけたら、別に音量変わらないの。

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 01:53:10.88 ID:D7r1tD2U0
で、毎回同じ所が音量下がるもんだから、覚えちゃって。
いまさっき風呂入ってた時に、遊び感覚で、音量下がる所だけを口に出してたんだよ。

そしたら、三周目くらいで、自分の口から
「お、前の、う、し、ろー」
って言ってるのに気付いた訳。

怖くなかったらすまん。
でも、当事者にしたら。
手が震えるほどこえぇwwwww

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 01:56:14.46 ID:8Rrqzkpb0
>>3-4

超こわかったです
なんて曲ですか?

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 01:56:32.05 ID:D7r1tD2U0
>>64
一曲じゃ無いんす。
オシリペンペンズってバンドの、猫が見たライブってCDを連続再生してて。

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 01:53:40.93 ID:V2iqkNlA
金魚鉢を被った女幽霊の話。

大学の友人が親元から離れてワンルームに引っ越すことになった、
大学の近くに格安の物件を見つけたらしい。

しかし格安には理由があって、前の住人がその部屋で自殺した事故物件だということだ。
オカルト好きの友人は逆に興味を惹かれ一も二もなく入居をきめた。
私は友人に請われて引越しの手伝いでその部屋を訪れることになったが、
どこにでもあるようなワンルームだった。

ただなぜか金魚蜂が一つだけゆかにぽつんと置かれていた。
友人が下見に来た時にはなかったものらしいが、友人は特に気にすることもなく、
インテリアにでも利用させてもらうよと笑っていた。

引越しの手伝いをした後友人宅でお酒をのんで、そのまま泊まることにした。
夜中尿意を覚えて目を覚まし、トイレで用を足して戻ってみると友人の枕元に女の人が立っていた。
白いワンピースを着た女が友人の寝顔を見下ろしている、
そしてなぜかその女の頭には金魚鉢が被せられていた。

私が非現実的な光景に固まっていると、女はこちらを振り向き
被っていた金魚鉢を床に置き、スッと消えていった。

翌日その話を友人にすると、初日から幽霊が出るとは幸先がいいねとはしゃいでいた。
その後、その女は友人の前にも何度か姿を現したそうだが
金魚鉢を被ってこちらを見てくること以外には何もしないという。

さらにしばらくの後、友人はあの金魚蜂でランチュウを買い始めたと言う。
いい加減あの女幽霊にも飽きてきたからね、金魚蜂に水とランチュウが入っていれば
うかつにかぶることも出来ないだろうということだ。

久しぶりに友人の部屋に呼ばれていってみると、
テーブルの上にはランチュウが泳ぐあの金魚蜂があった。
その日も友人宅に泊まったが、あの女幽霊は出てこなかった。

しかしその数日後、友人は大学に顔を出さなくなった、連絡もつかず部屋に行っても何の返事もない。
翌日、友人の家族が合鍵でその部屋に入ると友人は金魚蜂に顔を突っ込んで死んでいたと言う、
警察の判断は自殺だと言う。

友人の葬式で、友人の家族に聞いた話だと前の住人も
金魚蜂に顔を突っ込んで死んでいたと言うことだった。
しかし、女の人ではなくて30代の男のサラリーマンだと言うことだ。

金魚蜂の行方は知らないが、ランチュウは奇跡的に生きていて友人家族が飼っているそうだ。

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 01:53:43.04 ID:mlPGl1py0
けっこういい話もってんじゃないか

12: 忍法帖【Lv=13,xxxPT】 2012/01/06(金) 01:53:55.75 ID:9C1jqOvN0
いいね

10: 本当にあった怖い名無し 2011/05/11(水) 19:23:22.58 ID:B7WB7JfcO
10数年前の出来事なんですが思いだしたんで報告します 。
長期休暇で実家に帰省していた時の話です 。
その時 夜に台風の直撃をモロに食らっていつもは2階で寝てたんですが
あまりにも風による騒音で眠れなくて、初めて1階にある仏間で寝る事になりました。

仏壇と祖父祖母の遺影がある畳の部屋です 。
そこで眠るのにはなんとなく抵抗あったんですが
夜も遅いしうるさいよりはましかと寝る事にしました。

1階も風の影響で2階ほどじゃないですが、ゴトゴトうるさくてなかなか寝付けませんでした…
すぐ隣の部屋では両親が寝ていました。
ちょっと眠っては騒音で起こされまた眠ってを繰り返していました。

ふと 目覚めた時 体が硬直して金縛り状態になった様な気がしました
金縛りは初体験で まさか と思って強引に体を動かそうと力んだんですが
ビクともせず 体全体がしびれたんで動くのあきらめました…

意識はハッキリしていて目を明けると仏間の暗やみもハッキリわかりました
外がゴトゴトうるさいのもしっかり聞こえました と 次の瞬間、仏壇の方に何かいる気配を感じました。
なんかヤバい!と思って金縛り状態のまま必死に目を閉じました。

目を閉じてるんですが 何か感じるんです 人がいる様な…
なんかヤベー!と思いながら堪えてた次の瞬間
見えてないけど人らしきものが、ほうふく前進!?で畳をバタバタ音たてながら
俺の頭めがけて突進してきたんです。

うあぁぁぁっー!!!
俺は大声を上げました

俺は気を失ったらしく、いつの間にか夜が空けていて外も静かで台風も去っていました。

金縛りはとけていましたが全身汗びしょりでした
両親に出来事を話して、俺夜中に叫んでたよね?ったずねたんですが、全く知らぬ存ぜぬでした…
夢にしてもリアル過ぎて今も思いだすと全身ゾッとします
あれは一体なんだったのでしょうか…

144: 本当にあった怖い名無し 2011/05/11(水) 19:37:34.86 ID:xIupa5NG0
>>10
怖すぎんだろ
ふざけんな
体が凍ってしまった

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 01:54:50.24 ID:SAy9t3fU
霊とかじゃないけど

俺去年離婚したのよ。嫁は子供連れて実家へ帰った。
当時は本当に精神的に参ってて、仕事もしょっちゅう休んでた。
今まで家族で暮らしてたマンションに一人暮らしになっちゃったから、寂しさとかで気が狂いそうだった。

その日も仕事休んで家にいたんだけど、家のチャイムが鳴った。
出てみると知らないおじさん。

こんにちは

って
宗教の勧誘かと思った。
見た目は普通の、特徴のない普通のおじさん

なんですか?
って聞いたら

殺してあげましょうか?
って
5秒くらい間をおいてから急に怖くなってドア閉めた。

ごめんこれだけ

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 01:55:26.78 ID:6QciIGSc
バリバリ

小学校の先生Aから聞いた話。
高校の部活の合宿で20人くらいが一つのでかい部屋に布団敷いて詰め込んで寝るってシステムだった。

練習がきついからみんな疲れて夜10時には寝ちゃってたんだけど
朝起きたらBの顔と足が泥が付いて乾いたみたいに汚れてた。
Aは全然記憶になくてなんで泥だらけなのか分からないけど
別に誰も気にもせず今日はちゃんと風呂で体をちゃんと洗えくらいに言ってた。

その日もみんなすぐに寝たんだけど夜中Aがトイレ行きたくなって起きたらBだけ布団にいない。
あいつもトイレかと思って一つしかないトイレ行ったけどBはいなくてあれ?
あいつどこいったんだろうと不思議に思ってた。

そのままみんなが部屋に戻ってもBはまだいない。
おかしいなぁと思いつつも睡魔には勝てずそのまま寝た。
朝起きたらBは布団にいたけどやっぱり顔と足が泥だらけになっていた。

さすがにBも不安になってAにちょっと明日俺を見ててくれないか?と相談してきた。
AはBの隣に寝てBが起きたらすぐ分かるようにBの腕とAの髪の毛を糸で縛って寝た。
夜中Aは髪の毛が引っ張られて起きたらBが立ち上がり部屋を出て行ってしまった。

腹が減って無意識に食堂にでも行くのかと思ったらBはそのまま裸足で外に出て行ってしまった。
合宿所は山の中だったけどBはどんどん奥に進んでいって
10分くらい歩いたところで突然立ち止まりおもむろに地面を掘り始めた。
その場所はなんと墓地。

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 01:55:27.35 ID:6QciIGSc
墓地と言っても墓石が綺麗に並んでるような場所ではなく
卒塔婆が立てかけてあるだけの古い墓地だった。
Aは離れたところから見てたけどBは地面から何か掘り起こしてバリバリ喰ってるようだった。
暗くてよく見えないけどどうやらこの墓地は土葬用らしく、
Bが喰ってるのはほとんど白骨化した死体だった。

さすがにAはあせって逃げたけど物音に気づいたBがちらっとこっちをにらんで追ってきた。
Aは全力で走って宿まで戻って布団にもぐってとにかくやり過ごそうとしてたらBが部屋に入ってきた。
Aはあせったけど部屋には20人もいるからばれないだろうと思ってたら
Bが一番はじっこで寝てる奴の心臓に耳を当て始めた。

しばらくすると隣の奴の心臓に耳を当てて行く。
どうやら心臓の鼓動を調べてるらしく今全力で走ってきた
Aはかなり鼓動が速くなっていたためあせった。

頼む!心臓静まってくれ!と願えば願うほどあせって心臓は早くなるばかり。
そうこうするうちについにBは隣の奴の心臓に耳を当て始めていた。

目をつぶってごまかせば大丈夫だと祈ってとにかく寝たフリをしていると
ついにBの耳がAの胸に乗っかってきた。
相変わらず心臓は早いけど大丈夫大丈夫と自己暗示をかけているとすっとBの耳が離れていった。

そして隣の方にBは移っていった。
Aは、はぁ良かった。なんとかやり過ごしたようだと思ってしばらくそのまま寝たフリをし、
10分くらいしていったいどうなったんだろうと思ってうっすらと目を開けたとき。
Bが目の前5センチのところであきらかにイッた目で思いっきりこっちを見て一言。

「見つけた。」

52: 忍法帖【Lv=8,xxxP】 2012/01/06(金) 01:55:53.77 ID:sxS8Dvss
俺が小学校低学年の頃の話、つってももう30年以上前になるけどな。
東北のA県にある海沿いの町で育った俺らにとって、当然海岸近くは絶好の遊び場だった。
海辺の生き物を探して無意味にいじくってみたり、
釣り人に餌を売りつけて小遣いもらったりとまあ、無邪気に遊ぶ毎日だったよ。

しかし、かくれんぼだけは海の近くでやってはいけないと周りの大人にきつく言われていた。
まあ、海は危険が危ない場所が一杯あるからな、変な所に隠れられて
大怪我や命を落とす事故を心配してのものだろうと子供ながらに理解していた。

しかし、理解しているとか何とかいったってそこはしょせん子供、
周りに誰もいなけりゃやっちゃうもんなんだよね。
俺と、近所のくそがき、A太B朗C子の四人でかくれんぼをしたことがある。

当時のガキにしちゃあ丸々と太っていた実質ガキ大将のC子が
どうしてもかくれんぼしたいって聞かなかったんで、
俺ら男はなんか臆病者扱いされるのも嫌だったんで付き合うことしたんだわ。

しぶしぶ始めたとはいえ海の近くで変なくぼみとか一杯あって、
めちゃくちゃ楽しかった、てのを今でも覚えてる、危険な場所ってのは基本的に楽しいものだよね。
かくれんはじめて1時間くらいたったころ、A太が鬼だったんだけどC子がどうしても見つからない。
仕方なくかくれんぼを中断して三人でC子を探すことにしたが、なかなか見つからないから、
3人で手分けして探すことにした。

それでも見つからないからもうあきらめて帰ろうと思ったとき、
さっき調べても見つからなかった岩場のくぼみににC子を見つけた。
ただC子一人じゃなくてなんかやたらと立派な和服をきた爺さんが一緒だった。

ガキだった俺は、家の人間が迎えに来たから勝手にかくれんぼ中断しやがったなと
一瞬思ったが、どうも様子がおかしい。

普段は大人相手だろうが子供相手だろうがのべつまくなしに騒ぎまくるC子がやけにおとなしい、
和服の爺さんが何か話てるのにも反応せずに一点を見つめて動かない。
これはやべーんじゃねーのと思った俺は、幸い二人ともこっちに気づいてないようだったので
気づかれないように様子をうかがうことにした。

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 01:55:59.13 ID:sxS8Dvss
よく見てみると和服の爺さんは、こんなうみっぺりだって言うのにぜんぜん濡れていなかった。
爺さんはひとしきりC子の体をべたべたと触ったあと、
懐から鉄製の串のようなものを取り出すとおもむろにC子のわき腹に突き刺した。
俺は爺さんの行動にびびって固まった、正直しょんべんももらしていた。

しかも爺さんはその串を一本ではなく次々とC子に差し込んでいく、
しかし奇妙な事に血はぜんぜん流れてこない。
C子も串を刺されまくって黒ひげ危機一髪みたいになってるのにピクリとも動かない。

そのうち、串を伝って黄色っぽい白いどろどろとしたものが流れ出してきた、
すると爺さんは串の根元のほうに白い袋のようなものを取りつけはじめた。
どうやら、そのドロドロを袋に集めているようだった。
多分ものの2~3分くらいだとおもうが、どうやら袋が一杯になったらしく
爺さんは一つ一つ口を縛り袋を纏めていく。

一方のC子はあんなに丸々と太っていたのにいつの間にか干からびたミミズのようになったいた。
これは、冗談抜きでやばいものを見てしまったと俺が思っていると、
爺さんが不意に俺のほうを向いた、そして何か言おうとしたのか口を大きく「あ」の形にした。

と思うと、
後ろから大人の声で「コラー、ドくそがきが!あんだけここでかくれんぼすんなっていってんだろ!」と
怒鳴る声がした、振り返るとA太の父。

どうやらC子が見つからなくてあせった二人が大人に報告しに行ったようだ。
俺はC子が干物になってしまったことを伝えるのと
変な爺さんから逃げるのにでA太父のほうへ駆け出していた。

かなり本気の拳骨ともう一怒鳴り食らっておれが、
C子のところまでひっぱってA太父をつれていくと、干物ではなく太ったままのC子が倒れていた。
あの爺さんも、串で刺された跡もきれいさっぱりもなくなっていた

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 01:55:59.66 ID:sxS8Dvss
結局C子はかくれんぼ中にこけて頭打って気絶していたと言うことで病院に運ばれた、
その日の夕方には目を覚ましたらしい。
一方で俺ら3人は死ぬほど説教食らったが、
俺はさっきの光景が目に焼きついていてろくに説教も聴いていなかった。

それから数日はC子は何もなくぴんぴんしていて近所のクソガキの上に君臨していた、
おれも、アレは暑さでおかしくなってみた幻だろうと思い込み始めていた。

しかし一週間ほどしたころからガキの俺らの目にも見えてやせ始め、しまいにはかその姿を見なくなっていた。
どうやら、何かの病気をしたらしく俺は母親に連れられてA太B朗やらと一緒にC子の見舞いへ行った、
そこにいたC子は以前の憎たらしく太っていたC子ではなく
ずい分とやせ細った姿だった、しかもやせているのではなく見るからに肌に水気がなく、
子供とは思えないほどしわだらけになっていた。

あの時の干物の2,3歩手前というかんじだった、俺はもうこいつ死ぬんだなと思った。
見舞いから帰るとにおれは母親に例の爺さんと串に刺されたC子のことを話した。
母は俺の話を聞き終えると、そう、と一言だけ言ってどこかに電話をかけた、そして電話が終わると。
明日その時のことを聞きに人が来るから正直に答えなさいと
俺に言った、普段にもまして辛気臭いな、と俺は思った。

59: 忍法帖【Lv=4,xxxP】 2012/01/06(金) 01:56:10.33 ID:GZZqMHWx0
これは怖い

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 01:56:14.50 ID:sxS8Dvss
次の日、学校の授業の途中に校長に呼び出され
校長室で見知らぬおっさんに爺さんとC子の話を聞かれた。

そのおっさんは古い絵を見せてきて、その爺さんはこんな格好じゃなかった?と聞いてきた。
その絵にはみすぼらしい格好をして頭が不自然に三角な男と、
例の爺さんみたいなきれいな和服をきた男がが描かれていたので
俺はこっち和服の男の格好に似ていると答えた。

すると、おっさんはため息を一つ吐いて、校長にどうやらアカエ様ではないようなので
これ以上の心配はないでしょうと言った。
校長も何か安心したような感じだった。

そのあと、俺を無視して、今年は豊漁になるだとか、
漁協からC子の家に見舞金を出すとか言う話をしていたが、
俺がまだいることに気づき、すぐに追い出され俺は授業に戻った。

C子は結局そのあと割りとすぐ死んだ。
C子の葬式では悲しそうなのはC子の家族だけで、
他の大人はみんなニコニコにしていてうれしそうな感じだった。

正直、俺もC子が嫌いだったので心のそこではうれしかったが、
今まで経験した葬式との違いにすこし不気味におもっていた。
俺の父親もC子の両親に、神様が持っていったようなものだから。
と変な慰めをしていたのを覚えている。

その年の秋は、あの時の盗み聞いたおっさんと、校長の話どおりここ数十年で一番の豊漁になった。
しかし俺の町以外の港ではそれほどでもなかったらしく、俺の町は大分潤ったらしい。
俺もA太もB朗も、栄養状態がよくなったせいかみんなころころと太った。

87: 白い傘と白い服1/5 2012/01/06(金) 01:57:07.20 ID:PiAM5niE
白い傘と白い服


友人と遊んだ後、雨降ってるし時間も遅いからって友人を家に送った帰り、
今週のマンガ読んでないなと思いだしてコンビニへ行った店内に客は自分だけ。

一冊目を手にとってふと顔をあげると、コンビニの前の道を白い傘を差し白い服を着た人が歩いてた
こんな時間に何してんだ(自分も出歩いてるけど)、と思いつつ本に目を落とした

一冊目を読み終え、次に読もうと思っていた本を手に取り顔をあげると
さっきの人が前の道を歩いてた歩道とコンビニの間には駐車スペースがあるから
至近距離で見たわけじゃないけど、見た目も歩き方も同じだったから一目でわかった
変だなとは思ったけど、いろんな人がいると思ってそんなに気にしなかった

二冊目も読み終え、次に先ほど店員さんが並べてくれた
今日発売の雑誌を手に取り、読む前に同じ姿勢で疲れた肩を回すするとまた前の道を歩いてる人が。

さっきと同じ白い傘をさした人
さすがに薄気味悪かったので、そのあとは窓の外へ眼を向けず漫画に集中した
さらに二冊ほど読み終え、顔なじみの店員さんと少し会話しご飯を買って外へ。
雨は小雨になっていたけれど、また強く降ってくると嫌だし早く帰ろうと

歩道へ出た瞬間、ドキッとした。
20メートルほど先を歩く、白い傘を差した人の姿
田舎だからそんな時間に走ってる車はほとんどなく、
街灯も少ないのでコンビニから離れると辺りはものすごく暗い。
そのせいで余計不気味に思えた

(なんか嫌だな…)とわざとゆっくり歩いているのに、
それでもどんどん距離が縮まっていく。どんだけ歩くの遅いんだよって思った
前を歩く白い傘の人との距離が3mくらいになって、なんとなくこれ以上近づきたくなかったし、
追い抜く気にもなれなかったので、だいぶ早いけどあの路地曲がるかーと思っていると
その人がその路地を曲がっていった

よかった!って気持ちもあったが、何もされてないのに勝手に
想像してごめんなさいって気持ちもあったので、その人の後ろ姿に向かって軽くお辞儀をした
その瞬間、その人がなにか言ってるのが聞こえた。
えって思ったけど、こっち向いてないし独り言だと思うことにした

88: 白い傘と白い服2/5 2012/01/06(金) 01:57:07.27 ID:PiAM5niE
そのまま歩いて、次の路地を横切ろうとして、なんとなく右を見た。
見慣れた住宅街が見えた。白い傘をさして歩く人も見えた
ありきたりに背筋がぞっとしたとしか言えないけれど、嫌な感じがした

だってさっきまでは、こっちがゆっくり歩いていても距離が近づくくらい
あの人はものすごくゆっくり歩いていたはず
でも今はどちらかと言えば早足、いつもよりほんの少し大股で歩いてる。
なのに相手も一本奥の道を平行して歩いてる

なにか嫌な感じがして、それを振り払おうと、偶然かそれともこっちを意識して
歩く速度を変えて遊んでいる障害者かなにかだろうと思うことにした
でも何度路地を横切っても、白い傘を差した人が一本奥の道を歩いてる。
見えないところで歩く速度を早くしたり遅くしたりしても、自分が横切るときに向こうの人も横切っていく

すごく怖くなって、脇目もふらず大通りまで走った。
頭の中では自分に向かって
(これはただ雨が少し強くなってきたから、濡れたくないから走ってるだけ)って言い聞かせた

大通りまで出るとさすがに数台の車が走っていてすこしホッとした
大通りを渡るときに右を見たけど人影はなく、それ以前に向こうの
路地から大通りへ出ても横断歩道がないのだから渡れるはずもない

それでももしかしてと、大通りを渡ってひとつめの
路地を横切るときに勇気を振り絞って右を見てみた。
誰も居なかった

その後の路地を横切るときも誰も見えなかった。
当たり前だよなーと落ち着きを取り戻して歩き続け、
この路地を曲がればさぁもうすぐ家だと、いつものところで右へ曲がった
奥の路地から、白い傘を差した人が出てきた

え?って思ったときには、白い傘を差した人は路地を曲がってこちらへ歩いてきた

90: 白い傘と白い服3/5 2012/01/06(金) 01:57:11.33 ID:PiAM5niE
鳥肌がたった。
やばって思ったときにはもう元きた道を走ってた。
見られないように全力で走ってひとつ前の路地を曲がった

なのに曲がった路地の奥の道から白い傘をさした人が歩いてきた。
道の真ん中まで出てきて、そのままの体勢のまま不自然な感じで
グルンッとこちらに向き直って歩を進めてきた

寝静まって真っ暗な住宅街のど真ん中で、
道が交差する付近には街灯があるものだから、白い傘と白い服はものすごくはっきり目に映った
深夜だっていうのに大声が出た。うわぁああ!って感じの。
持ってた傘もコンビニの袋も放り投げて、一目散にその場から走った

走りながら友人に電話をかけて寝てるところ起こして、今から行くから家に入れてくれとお願いした
数時間前に送ったばかりだっていうのに友人はOKしてくれて、
助かったと急いで走って向かったのだけれど大通りを越えて、
コンビニを過ぎ、道路を横断して曲がろうとした先で白い傘を差した人が立っているのが見えた

もうこの時には"なんで"としか考えられなくて、曲がるのをやめて
そのまま次の路地を目指したんだけど、そこでも白い傘を差した人が奥の路地から出てきた
もう嫌だと思いながら道を先に進んでいると、携帯がなった。

けれどおかしなことに着信ではなく不在着信の表示、しかも3件
時間を確認するともう4時を回っていて、自分の中での時間はまだ
10分程度だと思っていたのに既に1時間近く経っていた
町から出ていないし、それ以前に曲がれないからこの通りを抜けていないのに。
住んでるはずの町が知らない町のようですごく怖くなった

91: 白い傘と白い服4/5 2012/01/06(金) 01:57:11.70 ID:PiAM5niE
友人に電話をすると「まだ?今どこ?こないの?」と眠そうな声が電話から聞こえてきた
「行きたいけど無理、曲がれない、曲がった先に白い傘を差した何かが先回りしてる」って
きちんと言えたかわからないけど伝えると、

友人は「何言ってるかわかんないけど、先回りされるなら追わせればいいんじゃない?」って返してきた。
でも言われても何も考えられなくて「え?え?なにいってんの?意味わかんねー!!」って返すのが精一杯

語気を強めて意味不明なこという自分に、友人は怒ることなくゆっくり丁寧に
「一度曲がりたい方向と逆に曲がるでしょ?そしたら前に先回りされてるんだよね?
それから後ろ向いて追われる形でまっすぐ道を進めば行きたい方向にいけない?」
もう何でもいいから縋りたい一心で「わかった」って言って、友人の言うとおりにしてみた。
もう何も考えられなかった

すると本当に曲がった先に白い傘をさした人は現れるけれど、
後ろを向いて逃げても追いかけてはこない

正確にはこちらにむかって歩いては来るけれど、
ソレは自分が曲がった角のところまで来たら戻っていく
でもまた別の角を曲がったり、路地へ入ろうとしたりするとその先の道から出てくる

行ける!と思ったとたん、
周囲に誰もいないのに「ボオオ、オ、ア、」と声なんだけど言葉じゃないとわかる音が後ろから聞こえてきた

感覚的に(あぁ、アレが喋ってる)と思い、より一層足に力を入れて走った
ようやく友人の家の近くまで来ることができ、電話で伝えると、家の前まで出て待ってると言ってくれた

97: 白い傘と白い服5/5 2012/01/06(金) 01:57:17.68 ID:PiAM5niE
ホントに家の前で待っててくれた友人のもとへ行くと
「びしょびしょww傘どうしたのwww」なんて言って笑ってて、ちょっと安心したけれど
見たこと説明して、走ってきた道の先を一緒に見てもらった。

暗いし遠いのに、でもはっきりと向こうの十字路に白い傘と白い服を着た人の姿があった
驚いた顔の友人と慌てて家に入ったあと、少し遠くから低音の人の声のような音がずっと聞こえていて、
友人が飼ってる猫が窓やら玄関やらを行ったり来たりしてた

明るくなって車の音がうるさくなってきたころには、
いつのまにか声のような音や嫌な感じはなくなっていた

その日のうちに県内のお祓いで有名な神社に
二人で行きお祓いをしてもらったのだけれど、よぼよぼの神主さんは
「忘れたほうがいい、理解出来ない者は数多くいて、それがなにかは私にもわからない」とだけ説明してくれた

誤字脱字だらけな上に文才ないから、もっと要約できるだろ!とか、
産業で!って思うかもしれないけど
今思い出しても寒気が止まらない経験で、冷静に書けないんだ
コレを読んだ誰かが同じようなことに遭遇したときは、友人の言葉を思い出して欲しい

98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 01:57:18.07 ID:mkiTQSdp0
>>87-97
これは怖いね
法則に従った怪異っていうのも不思議だけれど

102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 01:57:26.54 ID:JU96OndI0
はい

115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 01:57:44.90 ID:ZRhztigrO
うむ

138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 01:59:09.22 ID:jKwmh/AE
コンビニで夜勤のアルバイトをしていたときの話
入って3ヶ月くらいのある晩
同じ夜勤の人間でその日は深夜1時に上がる予定だった先輩が
「今日は明け方まで残ってもいいかな?」と私に訊いてきた

ウチの店は深夜1時までは二人制、1時から翌朝6時までは一人での勤務になる
「べつに構いませんけどどうかしたんですか?」
その日は特別な仕事も無く残業をする理由などないはずだ

「仕事じゃないよタイムカードももう切ったしね、ただ事務所に居させてくれればいいんだ」
レジ内の扉の先にある狭い事務所
横に長いスペースに事務用のパソコン机、更衣室、在庫品用の保管棚が並んでいる

二人がなんとか通り抜けられるような部屋、そんな場所にあと3,4時間も居たいというのだ
「先輩の家すぐ近くでしたよね?歩いて5分くらいの、鍵でも失くしました?」
私が尋ねると先輩は苦笑いを浮かべてこう言った
「ちょっと確かめたいことがあるんだ、笑わないでくれよ」

先輩の話によると
一人で夜勤をしている際、事務所に居ると誰もいないはずの店内から
「すみません」と声をかけられることがあるという
来客を知らせるチャイムが風や振動などで誤作動を起こしたり、
逆に人が入ってきても鳴らないということはたまにあることなので
「はーい、お待たせ致しましたー」とレジ内の扉から店に出ると
店には誰もいない

また別の日、事務所で作業中「すみません」と声をかけられ
今度は扉近くの事務机で作業をしていたため、すぐさま店に出るがやはり誰も居ない
さらに別の日またしても聞こえてきた「すみません」の声に素早く防犯カメラのモニターを見るも
店内はもちろん店のすぐ表を映しているカメラにも誰も映っていない
こんなことが週に1,2度はあるのだという

「キミはそんな経験ない?」
先輩は最後にそう尋ねてきた
自分も週に2回ほど夜勤をしているがそんな事があった覚えはない
私が首を横に振ると先輩は「そうか…」と再び苦笑いを浮かべて
「とにかくよろしく頼むよ」と事務所に入っていった

139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 01:59:22.82 ID:jKwmh/AE
それから二時間が経ち深夜3時
その日は来客もほとんど無く、先輩の協力もあって
作業も早々に片付き私たちは事務室でお喋りをしていた
珍客話が盛り上がり私がのんきにも先輩が残っている理由を忘れかけていたそのとき
「すいません」
自分のすぐ後ろ、店内へと続く扉の向こうから声が聞こえた

先輩の話を思い出した私が先輩を見ると
モニターを見ていた先輩は私の視線に気づき首を振る
やはり誰も映ってはいない

内心焦りながらも私が「レジ近くにもカメラの死角ありますし一応確認してきますね」と
店内に出るために扉に手を伸ばすと
「待て!!」
先輩が突然声を張り上げた

驚いて硬直した私に先輩は「これ…」とモニターの一部を指差す
先輩の指差す場所
モニターに映ったレジ内部
防犯カメラの死角ギリギリに映る事務所への扉の下半分
そこに黒く長い髪と女の足が映っていた

それも立っているのではない
カメラに映った部分からその女の状態を考えると壁にしがみついているのだ
壁に張り付いているような女の足
そして膝から上を覆い隠している長い髪
モニターにはそこしか映っていない

私は振り返れなかった
自分のすぐ後ろの扉のちょうど私の胸元から頭頂部くらいまでの位置にある
一辺50センチメートルほどの正方形の窓
マジックミラーになっていて向こう側からは覗けないはずの
こちらを女が見ているような気がしたからだ
「消えた…」
先輩の一言に我を取り戻すとすでにモニターの中には誰も映ってなかった、今度こそ本当に誰も
その後、私は先輩に頼み込み私の勤務終了まで残ってもらうことになった

141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 01:59:56.85 ID:jKwmh/AE
それから月末までの半月間、私は内心怯えながら勤務にあたったが
その後例の声を聴くこともモニターにあの女が映ることもなかった

そして翌月、先輩が店を辞めた
気になってオーナーに話を聴くと
私とともにアレを見た次の日の晩、オーナーから防犯カメラの録画した映像を見る方法を訊くと
翌朝には辞めさせてほしいと言い出してきたのだという

「なんなんだろうねぇ、悪い事をしてたわけじゃないとは思うんだけど」
不思議がるオーナーから録画した映像の見方を聞き出すと
私は一人になってすぐにその映像を観た
「ああ…」
私は合点がいった

それは先輩が残っていった日より前
先輩が一人で夜勤をしていた晩
誰も居ない店内からの声に応えて店に出る先輩が映った映像にやはりソレも映っていた
カメラの死角ギリギリの事務所への扉、その壁にしがみついているかのような女の足と髪
そして扉が開き先輩が出てくる

その女を通過して…
きっと先輩もこれを観たのだろう
モニターを元の状態に戻し、私は次のバイト先を探すことを決めた

結局その後、大学を卒業するまでの2年間その店で夜勤を続けることになったのだが
その間オーナーや後輩たちにそれとなく聞いてみたが
変なモノを見聞きした人間は誰もいなかった
アレはいったい何だったのか

元々先輩に憑いていたものだったのか
あるいは先輩に付いていったのか
見えないだけ聞こえないだけで今でもあそこにいるのか
もう私にはなにもわからないのだった

302: 放送室・みるとおかしくなる1 2011/05/06(金) 22:35:56.34 ID:TYByVdbX0
どこの学校にも怖い話は幾つかあるものだけど、
俺の母校の小学校は、なぜか怖い話が放送室にばかり集中している。
数えきれない噂があるんだけど、中には実際に起きている出来事もあったりする。

クラスメイトが体験したのをきっかけに俺は興味を持って、
機会があれば地元の近所の人からさりげなく
「小学校の放送室」について話聞いてみたりしていた。

その中から幾つか選んで、下手だけどまとめてみた。
ややこしいけど事件ごとの↑(矢印)以下は出来事に関する補足と、噂のまとめ。
事件は全部同じ小学校の出来事。上から古い順。

303: 放送室・みるとおかしくなる2 2011/05/06(金) 22:37:34.59 ID:TYByVdbX0
【放送事件】
80年代前半の出来事。
午前10時過ぎ、2時間目の授業の最中、放送の流れるスピーカーの電源が入り、
「・・・さい。・・・なります。・・・さい。・・・なります。」
と、抑揚の無い棒読みの声で、低めの大人の女性の声で放送が流れる。

1・2年生には泣きだす児童もいたため、1,2年生の担任の先生は教室に待機。
3年生の教室に居た3年の担任の男性のA先生が、生徒を落ち着かせた後真っ先に放送室を確認に向かう。

続いて4~6年生の担任等他の先生や用務員が駆けつけ、
真っ先に駆けつけていたA先生に情況を聞くも、「放送をした者を確認できなかった」。
当時、学校にいた女性の先生は皆授業中だった。
学校では、外部の者が学校に侵入し行った悪戯として、防犯体制を強化した。

俺が小学校に入学するだいぶ前に起きた事件。
真っ先に駆けつけた3年生の担任のA先生は、
その事件の日から体調不良を理由に、仕事を休むようになっている。

他の先生たちで台替えの授業を行ってA先生の復帰を待ったけど、A先生は結局3週間ほどで退職。
3年生の生徒が手紙を書いたり連絡を取ろうとするも、連絡はつかなかった。
さらに、A先生は精神病で病院に入院しているという噂が流れる。

件の流れた謎の放送、「・・・さい。・・・なります」、はボソボソとした口調だった為、
生徒の間で、こう聞こえたー、いやいやこうだー、と様々な意見が流れたが、
一番多かった意見が、「見ないでください。おかしくなります。」

304: 放送室・みるとおかしくなる3 2011/05/06(金) 22:39:23.39 ID:TYByVdbX0
【窓ガラス破壊事件】
当時小学校5年、放送係のB君が放課後、1階放送室の校庭側に面した窓に体当たりして、
外れた窓枠と一緒に放送室に面していた校庭に落下した。
落下と同時に窓ガラスが割れてB君は切り傷を負い、入院が必要な位の大怪我。

俺が実際に小学校の生徒だった頃にあった事件。B君はクラスメイト。
入院しているB君に、俺とクラスの数人とで一緒にお見舞いに行って話を聞くと。

放課後、放送室で係の仕事をしていたら、急に放送室に女の人が現れたらしい。
髪は長め、後ろ向きで部屋の隅に立っていて、全く動かない。

B君は、驚いて放送室から逃げようとしてドアの方を振り返ったら、
今度はそのドアの前で、ドアを塞ぐように後ろ向きのままで立っていた。
意味無くここに居る訳じゃない。自分を狙っている。
と、危機感を感じたB君は、今度はドアと反対方向の窓に向かってダッシュ。

窓のカギ開けた所で、窓に女の顔の輪郭が映ったのを確認する。
つまりさっきまでと同じ後ろ向きじゃない、こちらを向いている。
ここでB君半分パニック状態になる。もう窓を開ける時間さえ惜しい。
B君は窓にそのまま体当たり。何とか放送室から抜け出せた。
というのが一連の流れだったらしい。

どんな顔だったの?という俺らの問いには、「ガラスに映ったのを見ただけだから良く分らない。」とB君。
服は?と聞くと「ボロい古い柄の布を何重にも重ねたようなもの。」
俺たちはそれを学級新聞にしようとしたが、流石に先生に怒られた。

B君は閉所恐怖症になってしまったけど、怪我が治ると転校して他の学校に復帰。
俺が放送室の女の噂集めるようになったきっかけになった出来事。

305: 放送室・みるとおかしくなる4 2011/05/06(金) 22:41:17.50 ID:TYByVdbX0
【自殺】
教頭であるC先生が夜に学校に忍び込み、放送室の直ぐ向かいにある上り階段で、
すずらんテープを束ねたものを階段の手すりに結び付けて、首を吊って自殺。
学校で契約していた警備会社の社員が発見。

【消えた魚事件】
2か月ほど、学校中の水槽から、観賞魚が1匹づつ消えていった出来事。
後に放送室の資料を保存する部屋の引き出しから大量の干からびた魚が発見される。
町内の有志の人が、事件が落ち着いた後、魚寄贈してくれている。

近年起きた出来事、この話は俺の姉(子供がそこの小学生)から聞いた。
学校中の水槽の魚が日々どんどん消えていき、ほとんど魚が居ない状態にまでなったらしい。

先生たちの間で調べて、ある一人の生徒の仕業だと判明して、その子に話を聞いたら、
放送室の隣の放送準備室(資材置き場的な部屋)に隠してあるって白状した。

その子が抜き取ったのか、それとも腐ってしまったのか、
発見された干からびた魚には目が無かった。
先生たちは、特に犯人について生徒に発表しなかった為、
どの子の仕業かはっきりとは分からないが、
ちょうどその時期に、不自然に急に転校した子供がいて、その子では?と噂されている。

さらに、どうしてこんな事をしたのか、という先生の問いに、
その子は「あれの顔をみても、こうすれば助かる」と錯乱気味に答えたとの噂もある。

306: 放送室・みるとおかしくなる5 2011/05/06(金) 22:43:13.61 ID:TYByVdbX0
~~~~~~~~~~~~~~~~
他にもいろいろな出来事や噂があるけど、
どの話もだいたいの共通点は、放送室に女がでて、「顔をみちゃいけない」。

とりあえず、犠牲になった可能性のある人の話と、助かった人の話と、
救済方法の話、という訳で選んで書いてみた。
これからも、周りに変人扱いされない範囲で、地道に情報集めて行くつもり。

正直、B君から聞いた話は、小学校の時の俺のトラウマだし、
噂にある程度一貫性があると、その放送室の女が本当にいるみたいで、怖くてしょうがなくなる時もあるけど、

なぜか【窓ガラス破壊事件】のB君の話を聞いた時からずっと興味が尽きない。
近々、「ある年度の卒業アルバムに【放送室の女】が写っている」って言われている、
その卒業アルバム(70年台のもの)を近所の人にみせてもらう予定。では失礼しました。

312: 本当にあった怖い名無し 2011/05/06(金) 23:24:16.30 ID:wm808a8dO
>>306
怖くて楽しめたけどさ、
最後らへんの文章少し気になるんだよな。
お前とり憑かれてないか?

326: 本当にあった怖い名無し 2011/05/07(土) 00:54:44.26 ID:iFYXT5fa0
>>306
久々に怖えぇー特に最初の話









  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スカイプで漫画みたいにモテる男に出会った(厳選!怖い話のおまけ付き)

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2018年04月15日 23:37 ID:j8oZRoJ.0*
おじさん達は今もSkypeやってるのかな…
2  不思議な名無しさん :2018年04月15日 23:46 ID:dz9INKEx0*
何で怖い話とくっつけた?蛇足だしタイトル詐欺じゃん
おっさんもおっさんじゃねえし寿司は箸のみとか間違った知識押し付けてるし
いい話なのに多方面でもやもやする
3  不思議な名無しさん :2018年04月15日 23:48 ID:SmY5tN4M0*
1/11で読むのやめた
4  不思議な名無しさん :2018年04月16日 00:44 ID:QHwaw53b0*
同上。
だれかあらすじ短めで教えて。
厳選怖い話、なんでわざわざくっつけたw
本編と関係あったから?
5  不思議な名無しさん :2018年04月16日 00:52 ID:YQcsE6HF0*
スレ立てた頃みんなでつるまなくなってたのに続いて仲良くしてるみたいなこと言ってるのはヤバイな
それにおっさんモテない女好きの癖にカッコつけすぎや
6  不思議な名無しさん :2018年04月16日 01:12 ID:vsFX9rTY0*
おっさんの書き方が読みやすかったからか後半の怖い話読まなかった
7  不思議な名無しさん :2018年04月16日 02:06 ID:VOLV.xnn0*
なげーよ死ねよ
8  猫田ニャン太 :2018年04月16日 02:25 ID:bft96W4x0*
(ФωФ) ニャー
とっても面白かったです。
9  不思議な名無しさん :2018年04月16日 02:52 ID:GXyN1LHh0*
おっさん 今年で28になるおっさん
仕事は自宅 貯金は少し
趣味は若い子たちと遊ぶこと

これだけ見たらやべーやつで草
結果ただのいいおっさんでほっこりしたけども
10  不思議な名無しさん :2018年04月16日 04:54 ID:582nTGOM0*
「モテる」と「恋愛経験が乏しい人を勘違いさせやすい」は違うよな
モテる人は誤解されないように振る舞う事が多い
11  不思議な名無しさん :2018年04月16日 08:29 ID:aMinb15l0*
奄美大島と徳之島には、何かいるよね。子供の頃に行った時、明らかに何かいた。母も何かいるってしきりに言ってたな
だからできれば開発とかしてほしくないんだけど、島民の生活を考えるとそうもいかないし
昔あそこで知り合った人に、もうだめになってしまうから3年以内に一度おいでとこないだ言われたよ
12  不思議な名無しさん :2018年04月16日 09:11 ID:o3Z7aEbY0*
俺もSkypeやってたけど、こんなおっさんにはなれなかった。はっきりいってメンヘラ相手は無理。深夜に電話きて死にたいとか言われても知らんがな。
13  不思議な名無しさん :2018年04月16日 09:52 ID:1kry.ZYP0*
長いな…誰か要約してください
14  不思議な名無しさん :2018年04月16日 12:35 ID:zivBZiiw0*
ニートの妄想可哀想だな
15  不思議な名無しさん :2018年04月16日 15:05 ID:W7jAHDzr0*
だれか3行じゃなくていいから説明よろ
16  不思議な名無しさん :2018年04月16日 15:28 ID:ExkFJTLa0*
恭一普通にホモだろ。
必死におっさんにアピールしてるのに気づいてもらえなくてカワイソス
17  不思議な名無しさん :2018年04月16日 16:04 ID:wSghTZUZ0*
見た目パッとしない年齢不詳のオタクがイケメンを盾に女の子と交流持ててるから勘違いしちゃってる印象。
こういう人職場にいたわ。
自分では影の立て役者だと思ってるんだろうけど、女からは利用されて足と金目当てで振り回されてるだけの人。
最後は結局全てイケメンに女持ってかれるのに、自分が恋のキューピットをしてやったんだと思ってる。
18  不思議な名無しさん :2018年04月16日 17:01 ID:R6Byy8Mv0*
すごーく 女性的だ
いろんな意味で
19  不思議な名無しさん :2018年04月16日 18:24 ID:JoiE6CXB0*
おまけの怖い話だけ読んだわ
20  不思議な名無しさん :2018年04月16日 19:41 ID:.OtJKBUX0*
おっさんの話どこがいいんだ?
本人無自覚だけど、端から見たら気の毒な話でしかない
21  不思議な名無しさん :2018年04月17日 02:00 ID:jOJo6QeI0*
どっちも面白かったけどまじなんでわざわざくっつけた
22  不思議な名無しさん :2018年04月17日 14:45 ID:CcC20X2Q0*
次の話がどこでおっさんの話とリンクするのか気にして読んでた
しなかった
23  不思議な名無しさん :2018年04月23日 13:10 ID:9nhWQHDr0*
おっさんと言うのはフェイクで
本当はおばさんなんじゃなかろうか
そんな印象の文章だ

 
 
上部に戻る

トップページに戻る