不思議.net

怖い話・オカルトまとめブログ

アクセスランキング(5日間)
    本日のおすすめニュース
    本日のおすすめニュース一覧
    22

    【昭和の謎】知られざる忠犬ハチ公伝説!死因は焼き鳥の串だった?


    2018年は渋谷駅のシンボル「忠犬ハチ公」が生まれてから95年目にあたる年となる。
    ハチ公は架空の存在ではなく実在した犬で、広く知られている通り、死去した飼い主の帰りを東京・渋谷駅の前で約10年間のあいだ待ち続けた本物の「忠犬」であった。

    今回は、そんな「忠犬ハチ公」およびその逸話についてご紹介したい。





    忠犬の前に名犬だったハチ公

    ハチは1923年(大正12年)11月10日、秋田県北秋田郡二井田村(現・大館市)で誕生したとされる秋田犬で、生後間もない1924年(大正13年)1月14日に、東京帝国大学農学部で教授を務めていた、愛犬家の上野英三郎によって飼われることになった。

    当時の大学教授に飼われるほどなので、ハチは純潔でよほどいい家に生まれた「名犬」ということになる。

    ハチは渋谷区の上野の自宅(現在の渋谷区松濤一丁目付近)で飼われはじめ、上野と一緒に住みはじめた。1歳になる頃には既に飼い主である上野の送り迎えができるようになっており、時には歩いて数分の渋谷駅まで迎えにいくほどの忠犬ぶりだった。

    ところがハチを飼い始めて1年余りが経った1925年(大正14年)5月21日。飼い主の上野は大学の会議中に脳溢血で倒れそのまま帰らぬ人となってしまった。

    その後、ハチは東京都内の上野の知り合いの家を転々とするが、ハチはたびたび脱走していたという。1927年ハチは上野の知り合いだった植木職人の元へ預けられ、古巣の渋谷に戻ってきたのだが、ハチは戻ってきたその日から、渋谷駅へ毎日のように出かけ上野の帰りを待ち続けるようになったという。

    ハチは雨の日も風の日も出かけるため、見た目がどんどん汚くなっていき、また大型の犬だったため非常に目立ってしまい、通行人や近所の子供達から酷いイジメを受けていたという。

    ハチが渋谷から戻って5年後の1932年(昭和7年)、転機は突然訪れた。邪険に扱われるハチのことを朝日新聞が「いとしや老犬物語」として紹介したのだ。
    以来、ハチは有名となり、渋谷でアイドル的な人気を博すことになったのだ。



    「忠犬ハチ公像」完成する

    新聞に登場してからというもの、ハチの環境は一転した。
    渋谷駅にはハチ目当ての野次馬が殺到し、渋谷駅近くの店ではハチ公煎餅やハチ公チョコレートなどが売り出され、現在の「ゆるキャラ」のような人気を博するようになったのだ。

    そして1933年(昭和8年)には「忠犬ハチ公」の銅像を渋谷駅前に作成するプロジェクトがスタート。あまり知られていないが、ハチ公像はハチが亡くなる前に計画および銅像が完成しており、昭和8年の朝日新聞には完成したばかりの「忠犬ハチ公像」と、本物のハチという夢のツーショット写真が掲載されている。

    ハチ公像

    記事によると「本誌お馴染みの日本犬ハチ公」となっていることから、ハチ公は既に東京都内ではかなり名の知れた存在だったことがわかるほか、像を作成した彫刻家の安藤照いわく、「ハチはもう老犬で老い先短いだろう」と語っていることから、既に体力が弱りはじめていたことがわかる。



    今も剥製として残るハチ公伝説

    ハチは安藤照が語った通り、銅像が完成した1935年3月8日に11歳で死亡した。

    ハチ公死亡

    ハチはこの日も渋谷駅前へ出かけていたが、途中の路地で行き倒れているのを渋谷署が発見。渋谷駅の駅舎へ保護され息を引き取った。

    ハチ公の死亡を伝える新聞記事には「死因は心臓病」と記載されているが、死因は諸説有り、フィラリア症または本腫瘍ともされているほか、胃袋から焼き鳥の串が3本発見されたことから、誤飲による死亡の可能性も考えられていた(現在はフィラリア症の可能性が大とされている)。

    なお、ハチの遺体は剥製にされ、東京都台東区の国立科学博物館に、2018年現在も生前の姿そのままで展示されている。また、1934年に東宝が製作した映画『あるぷす大将』(監督:山本嘉次郎)に生きているハチの姿が収められた(事実上のゲスト出演)ほか、鳴き声を収録した音源も残されてるなど、本物の「忠犬ハチ公」を知れる資料は多く残されている。

    ハチ公剥製

    しかしながら、ハチはなぜ10年もの長い間、亡くなった主人を待ち続けられたのか、その忠誠心に関しては、科学的に判明していることはさほど多くなく、今も謎に満ちている。

    なお、余談ではあるが1948年11月12日「毎日新聞」朝刊には「忠犬ハチ公の孫の秋田犬が仙台で誘拐されすき焼きにされ食べられた」という事件が報じられており、戦後もハチ公は高い知名度を誇っていた。

    【都市伝説】忠犬ハチ公の孫は「すき焼き」にして食べられた!?
    http://mnsatlas.com/?p=4165

    参照:朝日新聞縮刷版
    文:穂積昭雪(昭和ロマンライター / 山口敏太郎タートルカンパニー / Atlas編集部













    本日のおすすめニュース1
    本日のおすすめニュース2
    本日のおすすめニュース3

    おススメ記事ピックアップ(外部)

    コメント一覧

    1  不思議な名無しさん :2018年04月21日 22:05 ID:p2QR4ZLo0*
    ワンゲット
    2  不思議な名無しさん :2018年04月21日 22:10 ID:rTY4PZ720*
    忠犬なんだけど、ワンオーナードッグの悲劇やと思う。
    3  不思議な名無しさん :2018年04月21日 22:33 ID:t05.OJSr0*
    あの時代で11歳って結構長生きじゃね?
    4  不思議な名無しさん :2018年04月21日 23:02 ID:oiZkj0hU0*
    猫田にゃん太ってなんか語呂悪いな
    5  不思議な名無しさん :2018年04月21日 23:12 ID:5tNcOAUx0*
    焼き鳥くれるから

    行ってたんだよ

    6  不思議な名無しさん :2018年04月21日 23:30 ID:gyHHg0hq0*
    焼き鳥食ったんなら死因はネギじゃね?
    7  不思議な名無しさん :2018年04月21日 23:37 ID:wCpIigvG0*
    孫は食われたんか(´・ω・`)
    8  猫田ニャン太 :2018年04月21日 23:44 ID:ZCPo.9Gm0*
    (ФωФ) ニャー
    やきとりハチ公
    9  不思議な名無しさん :2018年04月21日 23:47 ID:JfIzXRRi0*
    す、すき焼き!?知りとうなかった…
    10  不思議な名無しさん :2018年04月22日 00:18 ID:ad5v9h.T0*
    焼き鳥食いたくて毎日行ってた説あるよな
    11  不思議な名無しさん :2018年04月22日 01:45 ID:LV5h67ag0*
    ハチの遺体は剥製になって展示していると聞きました。
    80年以上前の時代背景なら剥製にした理由も分かりますが、現代なら剥製にしなかったでしょう。
    海外の人から、日本人は剥製にして見世物にしていると思われないでしょうか?
    見世物にしてハチに安息の日は訪れるのでしょうか?
    遺影で十分ハチの行動は伝わると思います。
    剥製を荼毘にして見世物を止めてあげたらどうでしょう。


    この文面で国立科学博物館にメール送ったわ
    おまいらも支援のメール送ってくれ
    12  不思議な名無しさん :2018年04月22日 02:49 ID:uFSD7zFr0*
    >>コメ11
    気持ちは分からんでもないけど同意は出来んな、修復してもっと良い保存方法に変える為に展示をやめるとかなら分かるけど。
    ハチ公を知ってれば標本として見せ物にする為に剥製にされた訳では無い事は明らかで、この場合は寧ろ遺体を丁重に埋めて墓石を建てるのと同等に尊敬を以て行われてる事だと思うわ。
    魂の安寧を考えるならそれは数年前に建てられた博士との再会像で充分形にされてると思うし
    13  不思議な名無しさん :2018年04月22日 02:55 ID:uFSD7zFr0*
    焼き串が直接の死因だったとしても大型犬の寿命、あの時代の犬の寿命を考えたら天寿を全うしたのと限りなく近いんじゃね。
    焼き鳥貰えるから行ってたってのも反論はいっぱいあるし。
    殴られ蹴られ殺されかけ、それでも通って、それで焼き鳥も貰ってたから「焼き鳥の為に行ってた」なんて乱暴な話だろ。
    主人を待ち続けながら人がくれた美味しい物食べたら忠犬失格になるのか?
    他人には目もくれず微動だにせずただひたすら駅の改札を見つめてやっと忠犬認定か?
    14  不思議な名無しさん :2018年04月22日 10:01 ID:SNF3ruQZ0*
    ※11
    お前の独りよがりな独善を皆が支持すると思うのか?恥をしれ
    15  不思議な名無しさん :2018年04月22日 10:23 ID:zsw3SVxT0*
    あら隣には南極物語のタロが並んでましてよ。
    16  不思議な名無しさん :2018年04月22日 10:40 ID:zsw3SVxT0*
    新潟には忠犬タマ公ってのがいてな、身体張って主人助けた忠犬で地元と横須賀に銅像があるんよ。
    興味わいたら検索してみて、こっちもなかなかに立派な忠犬だから。
    17  不思議な名無しさん :2018年04月22日 10:59 ID:14xguqMN0*
    ※16
    タマ公?猫の名前なのに…なんだ犬か
    18  不思議な名無しさん :2018年04月22日 11:14 ID:ILn8PEwT0*
    焼き鳥目当てって…。
    犬に興味なかったら、ワン・オーナー・ドッグって案外知られていないんだなぁ。
    19  不思議な名無しさん :2018年04月23日 13:21 ID:OMgZsXJC0*
    アオーン
    20  不思議な名無しさん :2018年04月24日 20:29 ID:RSQsqF.z0*
    焼き鳥説は嘘
    疎まれてあっちいけシッシされてたのにずっと通ってた
    それで、そのうち餌をあげる人が出てきただけ
    21  不思議な名無しさん :2018年04月25日 10:29 ID:R8zB7axz0*
    まあ、有名になってからは猫っ可愛がりでタレたっぷりのネギマとか食わされたんだろうからな。
    今から見れば毒与えてるようなもんだけど、仕方ない。
    戦前にもちゃんと、上野教授のような愛護精神の深い人が居たというだけで良い話だよ。
    22  不思議な名無しさん :2018年04月28日 16:13 ID:NdsONwk70*
    死ぬまで毎日十数キロ歩いて、駅の前で飼い主の帰宅時間まで座って待機してただけの犬だぞ。

     
     
    topページに戻るボタン

    不思議ネット
    とは

    不思議.netでは怖い話・オカルトから科学ネタまで、2chを中心に世界の不思議な話題をお届けしています。普段2chを見ない人でも気軽にワクワクできる情報サイトをっころがけて毎日絶賛更新中!