不思議.net

怖い話・オカルトまとめブログ

アクセスランキング(5日間)
    本日のおすすめニュース
    本日のおすすめニュース一覧
    12

    【昭和の怪奇事件】新聞記事に掲載されたマイナー怪物!「怪獣イカゴン」に「雪女リディニ」

    オカルトブームならではの未確認生物

    1970年代の日本は俗に言う「オカルトブーム」であった。
    当時の少年誌には、毎週のように未確認生物やUFO、超能力関連の記事が掲載され、子供たちの知的好奇心を刺激し続けたわけだが、これらのオカルト記事を掲載したのは、何も少年誌ばかりではない。

    何を隠そう、毎日新聞や読売新聞といった大手新聞社も、70年代に限っては、かなりの数の未確認生物関連の記事を掲載しているのである。
    今回は大手新聞社が掲載した「あまり知られていない」珍しい未確認生物の記事をご紹介しよう。





    1972年「たまげた!怪獣イカゴン」

    まずは毎日新聞1972年12月18日掲載の記事から「怪獣イカゴン」をご紹介しよう。
    イカゴン

    12月17日の早朝、福井県南条郡河野村(現:南越前町)近くの海で3.5メートル、重さ200キロにもなる巨大イカがプカプカ浮いているのが発見された。巨大イカは既に息絶えており、地元の漁師にすぐに回収された。村に住むお年寄りも「こんな巨大なイカは見たことがない!」と怖がり「村に何か大きな不幸が訪れる前兆ではないか」との噂が村中を駆け巡った。

    捕獲された巨大イカの写真は、すぐに地元新聞社に届けられ、翌朝には毎日新聞の全国版にも掲載され、毎日新聞記者の手で「怪獣イカゴン」と名付けられた。

    なお、このイカゴンであるが、正体は「赤イカの一種」とのことで、恐らく環境によって巨大になりすいアカイカ科のソデイカ(タルイカ)ではないかと思われる。

    ソデイカは繁殖期になると、海岸近くまで移動し子孫を残す習性があることから、潮の流れによってはそのまま沖合に流されて死んでしまうケースがあるという。なお、怖がるお年寄りを尻目に、勇気ある村の若者の一部はイカゴンの体を調理して食べていたという。

    食べた村人によると、イカゴンの味は水分多めの大味で煮ても焼いてもまったく美味しくなかったという。



    1972年 ヒマラヤに「雪女」現れる!?

    さて、お次は「雪女」の話題である。もっとも、雪女といっても日本の和服を着た方ではなく怪獣に近い化物であるが……。
    1972年5月17日の読売新聞に興味深い記事が掲載されている。
    雪女

    なんと、ヒマラヤ山脈に雪男(イエティ)のメス個体が現れ探検隊を襲い食糧を奪った、というのである。

    記事によると、エベレストを探検していたアルゼンチン隊はある日、自分たちが泊まっていたキャンプが何者かの手により破壊されているのを発見。

    テントの周辺には長さ33センチのほどの巨大な足跡が残されており、現地人に聞いたところ「この足あとはメスの雪男の仕業で間違いない」と語ったという。

    現地人によるとメスの雪男は、「リディニ」という名前で呼ばれており、このリディニは現地人によると、新婚ホヤホヤの人妻で「バンジャキリ」という名前の夫がいるのだという。

    このバンジャリキは、雪男に似つかわしくないオットリとした性格で、妻のリディニには常に頭があがらないのだという。

    しかし、バンジャキリは腕力こそないが「魔術師」としては非常に優秀な雪男で、近くの村から子供をさらってきて魔法を教え込むのが趣味なのだという。

    雪男が妻帯者だったことも驚きだが、魔法を使える雪男がいるとは俄かには信じられない話である……。

    この記事には「ヒマラヤでも女性上位」というキャッチとともに、リボンを頭に付けた可愛らしい雪男のイメージイラストが添えられており、ジョーク含みの記事であることは間違いないが、今となってはあまり語られない雪男に関する貴重資料と言えるのではないだろうか。


    参照:毎日新聞縮刷版、読売新聞縮刷版
    文:穂積昭雪(昭和ロマンライター / 山口敏太郎タートルカンパニー / Atlas編集部



    【Atlas関連リンク】

    「打ち上げられた巨大イカ」衝撃写真の真相を解明!
    http://mnsatlas.com/?p=31498












    本日のおすすめニュース1
    本日のおすすめニュース2
    本日のおすすめニュース3

    おススメ記事ピックアップ(外部)

    コメント一覧

    1  不思議な名無しさん :2018年05月12日 23:09 ID:Si7zWV1Z0*
    ノストラダムスの大予言まではオカルト方面に信憑性を付与する本や番組があったし、オカルト記事を出すのに新聞社も抵抗少なかったんだろうな
    そういやあの頃の東スポは見出しからしてワクワクしたもんだ
    2  不思議な名無しさん :2018年05月12日 23:41 ID:Yo8B0hzo0*
    世紀末に酔ってたんだろうな。
    あと、キリが良すぎる数字1999年ノストラダムスを大々的にやって何も無かったから完全に飽きてる。
    3  不思議な名無しさん :2018年05月13日 00:02 ID:L0UcTLlb0*
    魔法を教わった子供の顛末を知りたい
    4  不思議な名無しさん :2018年05月13日 02:06 ID:rChOOCDa0*
    このころから新聞は嘘ばっかり書いていたわけだ。
    その後、スポーツ新聞を除き、本当っぽい報道をするようになったが、それは、パラダイムの中でも科学的な分野に反しないというだけで、実は政治的には嘘ばっかり。このことが、日本の国際的な地位低下を引き起こし、今後間違えなく滅亡する下地を作った。
    新聞社の構成員にとってはうれしくてたまらないと思う。
    5  不思議な名無しさん :2018年05月13日 05:00 ID:ThmyP4gS0*
    メスの雪男ってなんだよ
    6  不思議な名無しさん :2018年05月13日 09:15 ID:pFpgSsND0*
    プロの高校野球
    フリーランスの会社員
    ボクシングの寝技
    7  不思議な名無しさん :2018年05月13日 10:11 ID:6JbktLd80*
    いわゆるひとつのパワーワードですかね
    8  不思議な名無しさん :2018年05月13日 10:40 ID:fy9PFXEL0*
    ええなあオカルトブーム
    9  不思議な名無しさん :2018年05月13日 16:58 ID:95jYJb8Y0*
    普通にUFOの目撃記事とかあったからな
    10  不思議な名無しさん :2018年05月14日 11:55 ID:HhvVAOZl0*
    男の娘かな?
    11  不思議な名無しさん :2019年06月22日 22:40 ID:NDuZ2.3t0*
    日本だと山の神様って女って聞くから、それから変化しちゃったのかな?
    12  不思議な名無しさん :2019年06月24日 06:38 ID:lnTbVEeS0*
    パンジャリキかパンジャキリかはっきりしてくれ

     
     
    topページに戻るボタン

    不思議ネット
    とは

    不思議.netでは怖い話・オカルトから科学ネタまで、2chを中心に世界の不思議な話題をお届けしています。普段2chを見ない人でも気軽にワクワクできる情報サイトをっころがけて毎日絶賛更新中!