まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

募集終

怖い話!

第一回 怖い話グランプリ  結果発表!!

締め切り:2018年8月12日(受付終了しました)

世界史のもったいない出来事

2018年05月18日:20:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 81 )



19: 世界@名無史さん 2014/01/26(日) 00:56:40.42 0
ボストンティーパーティー
紅茶がもったいない

29: 世界@名無史さん 2014/01/27(月) 22:03:03.68 0
>>19
これが真っ先に思い浮かんだ

20: 世界@名無史さん 2014/01/26(日) 01:01:10.31 0
戦争とか革命は大体もったいない
建造物とか文化財とか破壊しまくるし

21: 世界@名無史さん 2014/01/26(日) 08:08:11.79 0
アレクサンドリア図書館炎上

30: 世界@名無史さん 2014/01/27(月) 23:30:08.44 0
カエサルの反カトー論とかはアレクサンドリア図書館に所蔵されてたんだろか

31: 世界@名無史さん 2014/01/28(火) 00:28:22.50 0
既出だがアレクサンドリア図書館炎上を超える出来事は思いつかない
焚書坑儒も膨大な文化遺産が失われていそう

規模は小さくなるけど乙巳の変~大化の改新の過程でも、国家の公式
資料以外の書物が全て失われているであろう事が相当勿体ない

35: 世界@名無史さん 2014/01/28(火) 23:36:30.36 0
七年戦争のブランデンブルクの奇跡なんてのはどうなんだろな?
プロイセン潰しても次なる混沌が待ち構えていた訳だしな。

47: 世界@名無史さん 2014/01/30(木) 09:54:40.07 0
戦争をしなかったスイスは時計しか造れなかったという話を聞いた事がある
生死に関わる極限的な環境、国あげての大規模な技術開発。
認めたくはないが戦争も技術の発展の要因のひとつだと思う。

48: 世界@名無史さん 2014/01/30(木) 10:42:59.64 0
宇宙開発はまさにそのもの。
アメリカの宇宙開発の基礎を作ったフォンブラウンはナチのV2技術者
インターネットも元は軍事用

60: 世界@名無史さん 2014/01/30(木) 21:49:12.12 0
神聖ローマ帝国の前半
オットー2世とか、ハインリヒ3世とか、
ハインリヒ6世とか、コンラート4世とか
せっかく青年期に強大になりかけた帝国を継いだ人に限って
子供が成人するまでに若死にして帝権を失墜、を繰り返したのが
もったいない

61: 世界@名無史さん 2014/01/30(木) 21:53:33.68 0
しかも
オットー3世もハインリヒ4世も
フリードリヒ2世も優秀、
少なくとも馬鹿ではなかっただけに
尚更もったいない
(コンラディンは知らんが)

74: 世界@名無史さん 2014/02/01(土) 11:00:26.46 0
ペストによって農業の効率化がおきルネッサンスが起こった説あるから
人が死ぬのはそれなりに「いい結果」が出る可能性も

84: 世界@名無史さん 2014/02/03(月) 21:38:17.78 0
30年戦争は戦争当時は被害は相当な物だったが
後の世では宗教戦争の悲惨さによって政教分離が進んだとマイナスの面ばかりじゃないと評価された

85: 世界@名無史さん 2014/02/03(月) 21:47:40.50 0
人口が60%とも30%になったとも言われるけどな
あれでオーストリアがドイツと分離する流れができたから影響は大きいな

91: 世界@名無史さん 2014/02/05(水) 19:57:26.75 0
西洋の米大陸征服

というか植民地支配全般

365: ウムウル ◆w9gVwCWkR8GP 2017/05/09(火) 00:29:33.70 0
>>91
せっかくだからヴィンランドがアメリカ統一して
ヨーロッパを植民地にしてたら、、、

101: 世界@名無史さん 2014/02/07(金) 11:02:16.36 0
殺人だったら一杯ありそう。 個人的にはアルキメデスかな。
殺すなと命令受けてたのに馬鹿な兵隊が殺してしまった。
数学以外にも秘密兵器を作製したり戦略家としても一流だったのに。

102: 世界@名無史さん 2014/02/07(金) 19:25:08.35 0
75歳だし殺されなくてもすぐ死ぬんじゃないか?>アルキメデス

103: 世界@名無史さん 2014/02/07(金) 22:25:24.56 0
当時は良くても後の世に大きな負の遺産を残した物も歴史には多くある

107: 世界@名無史さん 2014/02/08(土) 18:56:36.38 0
>>103
アメリカの奴隷制とか...。奴隷主の子孫たちは後世アファーマティブ・アクションを設けたり、治安悪化で都市中心部から出て行ったり
奴隷の子孫のために腐心したり苦労したりしている。まあ自業自得だな

105: 世界@名無史さん 2014/02/08(土) 12:53:59.36 O
ニュートンが科学者やめて財務局で働いたりしなければ物理学は百年進んでいただろ

111: 世界@名無史さん 2014/02/08(土) 22:24:39.41 0
>>105 ニュートンは錬金術師

106: 世界@名無史さん 2014/02/08(土) 13:28:41.02 0
自然科学で革新的な発見をした人って、大抵、十代のうちに発想して、三十歳前後までに発表し終えてるでよ。

110: 世界@名無史さん 2014/02/08(土) 21:14:07.07 0
イスラエル首相ラビンの暗殺とか?
ムッソリーニに出身地とか?

116: 世界@名無史さん 2014/02/11(火) 19:32:32.39 0
ミュンヘン一揆でヒトラーに弾が当たっていれば、もしくは、ラインラント進駐時に
フランスが単独でも軍事介入する決意を固めていれば、第二次世界大戦は
怒らず一億近い犠牲者も出なかったかも。

129: 世界@名無史さん 2014/02/13(木) 00:19:01.86 0
クロード・ベルナールの諦めさせられた文才

131: 世界@名無史さん 2014/02/13(木) 23:38:59.10 I
カリブの絶滅した人かわいそう

135: 世界@名無史さん 2014/02/15(土) 18:30:26.12 0
アレクサンドリア図書館の焼失

136: 世界@名無史さん 2014/02/15(土) 18:39:45.29 0
ティムールの病死
オゴタイの急死
スターリンの飲みすぎ

377: ウムウル ◆w9gVwCWkR8GP 2017/05/09(火) 23:29:18.79 0
>>136

ティムールさんの場合
調査継続してたときの未来もみてみたいです
あ、でもこれタイムマシンすれ向きかww

155: 世界@名無史さん 2014/02/25(火) 20:15:40.76 0
春秋戦国時代みたいにバラバラなら面白そう

156: 世界@名無史さん 2014/03/03(月) 14:29:01.79 0
アリストテレスがいなければ科学はもっと進んだかもしれんな

166: 世界@名無史さん 2014/03/07(金) 10:19:35.82 0
>>156
それは違うと思う。
アリストテレスはそれなりに偉大だよ
ただ、それを乗り越える人がルネッサンスまで出てこなかったのが
問題だよ

159: 世界@名無史さん 2014/03/05(水) 18:30:33.74 0
アルキメデスを殺したこと
殺したローマ兵は大馬鹿

163: 世界@名無史さん 2014/03/06(木) 23:30:28.76 0
個人的にはアレキサンドリア図書館焼失

192: 世界@名無史さん 2014/11/21(金) 21:42:10.65 0
アメリカ行ったスペイン人らがプラチナをゲットしたが当時知られていない金属だったので捨ててたって話

195: 世界@名無史さん 2014/11/24(月) 03:45:17.75 0
まあでも捨てたプラチナも後世の人が拾っただろう
むしろインカやそれ以前の金製品が鋳つぶされたほうがもったいない
スペイン人のしょーもない細工物や延べ棒にされてしまったと考えると憤りを禁じ得ない

199: 世界@名無史さん 2014/11/24(月) 09:14:20.23 0
書物でのこってた南米の数々の本をやきすてたのはもったいない

200: 世界@名無史さん 2014/11/24(月) 11:10:51.70 0
江戸幕府は江戸城明け渡し時に書類を焼いてしまった。

222: 世界@名無史さん 2014/12/31(水) 18:34:43.63 0
ベルリンの壁だって別に破壊しなくてもよかったのにw
世界遺産になれたかもしれんぞw

223: 世界@名無史さん 2015/01/01(木) 00:05:21.10 0
ここまでメソアメリカの車輪土偶が登場していない件。
あの独自発明が役畜と出会ってさえいればなあ・・・
いや、アステカなら人力車かw

224: 世界@名無史さん 2015/01/01(木) 01:52:59.59 0
>>223
日本で馬車が使われなかったのと同じ理由でメソアメリカでは車輪は飾り物にすぎなかった

226: 世界@名無史さん 2015/02/03(火) 14:11:37.39 0
>>224
>日本で馬車が使われなかったのと同じ理由

その理由というのも知らんのでkwsk

227: 世界@名無史さん 2015/02/05(木) 20:35:30.17 0
>>226
起伏がはげしくと森林・雨が多くて
舗装道路を維持するよりも徒歩の方がトータルコストが安くく上がった。

もっとも、メソアメリカではサクべという舗装道路はあったけど、都市内に限られていた。

231: 世界@名無史さん 2015/06/12(金) 17:06:54.88 0
ISに壊された歴史遺産がもったいない
この恨み晴らさでおくべきか

233: 世界@名無史さん 2015/06/13(土) 08:57:23.99 0
レンブラントの夜警、
壁のサイズに合わないからと両端を切ってしまったこと。

235: 世界@名無史さん 2015/06/13(土) 11:36:54.97 0
逆にミロのビーナスは無くなった腕はもったいなくない!?

236: 世界@名無史さん 2015/06/14(日) 09:34:54.47 0
うでがないことによる想像ができるからより美しいって話か

教科書の読み物でそういう論あったな

238: 世界@名無史さん 2015/06/15(月) 12:38:41.43 0
ミロのビーナスの無くなった腕は、胸を隠し腰巻きをずりあげていたんだよ。
だから無くて正解。

250: 世界@名無史さん 2015/07/21(火) 22:44:56.80 0
アレキサンドリア図書館は紀元前47年の戦災で炎上した件が日本ではよく知られているが
実際には火災後に再建されて蔵書数も回復している。
その後の4~5世紀にキリスト教の暴徒によって破壊され、永遠に失われた蔵書の方が、
人類史にとってはるかに大きな損失。

261: 世界@名無史さん 2016/05/08(日) 00:44:43.62 0
古代の彫像は元通りに彩色すれば印象が全く変わると思うが

269: 世界@名無史さん 2016/06/19(日) 11:20:21.93 0
南ベトナム脱出作戦「オペレーション・フリークエント・ウィンド」1975.4.29-30
https://www.youtube.com/watch?v=zWN6XGUAhZU



空母に着艦する端からヘリコプターを海へポイポイ
アメリカらしい太っ腹さだよ

270: 世界@名無史さん 2016/06/19(日) 12:46:27.28 0
UH-1ヘリだと1機あたり10億円ぐらいか・・・

271: 世界@名無史さん 2016/06/19(日) 13:58:07.26 0
陸軍のヘリが空母に着艦するのも滅多に見られない光景かな。

272: 世界@名無史さん 2016/06/19(日) 21:39:47.40 0
よく見りゃ落としてるのはみな陸軍ヘリだな。
空母の甲板要員からすれば、小汚い陸軍野郎の機体なぞさっさと捨てちまえ、
・・・というノリだったか? 大事な俺たちの艦載機タンの運用の邪魔だ・・・

297: 世界@名無史さん 2016/11/12(土) 00:14:52.54 0
ロゼッタストーンにギリシャ文字を刻み込んだ事。
刻み込まなきゃ解読に時間をかけさせてやれたのに・・・

302: 世界@名無史さん 2016/11/15(火) 01:52:07.35 0
ジミー・カーターの若い頃に彼の親父さんが死んでしまった事。
親父さんが亡くならず職業軍人を続けられてたら政治家には
なってなかった?

319: 世界@名無史さん 2017/01/29(日) 23:01:23.98 0
ノルマン人がレコンキスタで大活躍できなかった事。
ポルトゥカレ伯となったアンリがブルゴーニュ公国ではなく
ノルマンディー公国の出身だったらなあ・・

324: 世界@名無史さん 2017/02/06(月) 20:54:41.17 0
ネヴィル・チェンバレンがバトル・オブ・ブリテンの早い時期に
病死した事。

第二次大戦後まで生きてたらどんな動きを見せてたかすごく気になる
(ひたすら自己弁護に終始?チャーチルを非難しまくる?)

325: 世界@名無史さん 2017/02/08(水) 21:54:17.44 0
ヒトラーの名前がカールやハンスといった月並みな名前じゃなかった事

アドルフじゃなくカールやハンスだったら戦後はそっちが使われてなかったんだろうなぁ

326: 世界@名無史さん 2017/02/08(水) 23:32:47.21 0
アドルフもけっこう月並みだったでしょ、まさに戦後避けられるようになってるからそう感じるだけかと

331: 世界@名無史さん 2017/03/02(木) 20:48:46.22 0
スターリンが神学校で勉学に力を入れなかった事

革命運動に走らず聖職者の道に進んだとしても別の人物が
その後のスターリンと同じ道を歩んで大粛清を行ってた?

345: 世界@名無史さん 2017/03/20(月) 02:39:46.06 0
ヨーゼフ・メンゲレが戦争で負傷した事

負傷せず終戦まで軍医として前線で勤務してたらなぁ

348: 世界@名無史さん 2017/03/28(火) 02:06:40.59 0
サグラダファミリア製作中にパンを買いに行く途中、車に引かれて死んだガウディ
服がボロボロだったので浮浪者と間違われ誰も医者を呼んでくれなかったそうだ

354: 世界@名無史さん 2017/04/01(土) 12:14:57.51 0
人間が絶滅させた動物

グリプトドン
オーロックス
ドードー
ステラーカイギュウ
ジャイアントモア
モーリシャスルリバト
オガサワラマシコ
エピオルニス
オオウミガラス
クアッガ
ニホンオオカミ
リョコウバト
コーカサスバイソン
ゴクラクインコ
ニホンカワウソ

356: 世界@名無史さん 2017/04/06(木) 15:16:00.61 0
1937年英米日は、イースター島を購入しないかと打診を受ける。
買っとけよ。

357: 世界@名無史さん 2017/04/08(土) 20:57:25.00 0
>>356
せっかくモアイ像の島を買っても、仮想敵国アメリカと事を構えた際に、
簡単に取られてしまう・・・だめだわ

366: 世界@名無史さん 2017/05/09(火) 11:28:15.20 0
アルキメデスみたいなのはともかく、ラヴォアジエのように同じ理由で殺された人が
たくさんいる中で、優秀な科学者は特別扱いで助命されるべきだったんだろうかと思う。

396: 世界@名無史さん 2017/06/02(金) 01:21:19.80 0
美術学校がヒトラーを入試で落としたこと。

入試に受かってもその後いざこざを起こして退学となって史実と同じ道を
歩んだかもしれんけど

397: 世界@名無史さん 2017/06/02(金) 01:26:27.35 0
>>396
美術学校に行ってもどうせヒトラーは画家にはなれない
人物を描けない風景専門ではね
風景画なんて有名な大先生でなきゃ売り物にならんのよ
無名の画家の卵は肖像画1しか売れないんだ
そうすると有名になるまでどうやって生活するのかってことになる

408: 世界@名無史さん 2017/06/18(日) 06:34:55.89 0
>>397
もしヒトラーが画家ならどんな絵描くんだろな
ワーグナーに心酔してるし、そっち方面の絵かな

ナチスの色々な事業はスケールでかいし
ある意味すごい芸術家と言えるかも知れん

431: 世界@名無史さん 2017/08/16(水) 01:49:14.19 0
>>397
ヒトラーって風景しか描けなかったのか
ドイツで挫折したヒトラーがアメリカへ移住して
SF誌のイラストレーターになる『鉄の夢』って小説があるけど
無理じゃん・・・

400: 世界@名無史さん 2017/06/04(日) 01:07:20.73 0
そして現代、ヒトラーの絵は1枚1000万円とかの値段で取引されている。

415: 世界@名無史さん 2017/07/08(土) 01:01:25.81 0
歴史のIFになるけど
マッカーサーとドゴールの意地の張り合いがなかったこと。

どうせ大統領にはなれない、たとえなっても1期のみというのは
抜きにして,仮にマッカーサーがトルーマンの後に大統領となって
2期目まで迎える事ができたら尊大でアクの強い両者の対峙が
あったかも。

476: 世界@名無史さん 2017/11/29(水) 13:55:40.31 0
ツタンカーメンの発掘のとき、彼の棺の上にあった花輪が失われたこと
いまなら樹脂かなにかで保存できるのに
発掘当時形をとどめていたそうな。触って崩れたが

不思議ネタ募集中
不思議.netで扱ってほしいネタ、まとめてほしいスレなどがあれば、こちらからご連絡ください。心霊写真の投稿も大歓迎です!
面白いネタやスレは不思議.netで紹介させていただきます!

■ネタ投稿フォームはこちら
https://ws.formzu.net/fgen/S13082310/








  • このエントリーをはてなブックマークに追加
世界史のもったいない出来事

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2018年05月18日 20:24 ID:3ZJ72aXL0*
此れはサイクスピコ協定、フサイン•マクマホン協定、バルフォア宣言(🇬🇧の三枚舌外交)かな。
いや、勿体無いというよりイスラエルが無ければ中東がどの様な様相を呈していたのかと言う一種の興味が有る。
2  不思議な名無しさん :2018年05月18日 20:37 ID:kmk6jkBW0*
暗黒時代はもったいないが、どうやれば到来せずに済んだかを考えるとちと厳しいし
単独の出来事ではないから趣旨とズレるか
3  不思議な名無しさん :2018年05月18日 20:37 ID:nXWLOhvv0*
ローマ関連はほんとね…
ちゃんと知識と技術を残していたら
現代もだいぶ違ってただろうなぁ。
4  不思議な名無しさん :2018年05月18日 20:38 ID:08rHwOtE0*
もったいないのはキリスト教の誤解。結果黒歴史になっとるやん。
5  不思議な名無しさん :2018年05月18日 20:44 ID:qAaGAMHB0*
個人的にはローマ帝国の滅亡だな。
滅亡理由は肥大化した国土と財政を維持できなくなり
キリスト狂が人々の価値観を退化させてしまったのだが・・・
つーか図書館燃やすなよ・・・
6  不思議な名無しさん :2018年05月18日 20:46 ID:EhIfv4iA0*
文化大革命。
繰り返す。
文化大革命。
個人的には、あれで中国の仏教の歴史が崩れ去ったと思ってる。
7  不思議な名無しさん :2018年05月18日 20:51 ID:MQiWlaOW0*
ハワイを、日本属国にしなかった事。
属国にできてたら、大東亜戦争がちょっと変わってたかも。負け戦には変わりなくてもね。
8  不思議な名無しさん :2018年05月18日 20:54 ID:BE053R8v0*
南北アメリカの諸文明の破壊
9  不思議な名無しさん :2018年05月18日 21:03 ID:NxlXGm6u0*
ワールシュタットの戦いの後、モンゴル皇帝が死ななかったら欧州は今も世界の辺境だったんだがね…
10  不思議な名無しさん :2018年05月18日 21:03 ID:AKxaXqcR0*
というかボストン茶会事件って紅茶だったのか
今日までずっと緑茶をイメージして生きてきた
11  不思議な名無しさん :2018年05月18日 21:19 ID:R.H3stlG0*
フランク人の分割相続の慣習
12  不思議な名無しさん :2018年05月18日 21:20 ID:LSe666n20*
第四回十字軍とか無能集団
13  不思議な名無しさん :2018年05月18日 21:21 ID:tWFKotDL0*
トルコが火薬庫にしてぶっ飛ばした神殿。どの神様のだっけ?
14  不思議な名無しさん :2018年05月18日 21:29 ID:wSlLR7S30*
>>10
なんでやw
しかし緑茶だと暴動という感じがしないなwww
15  不思議な名無しさん :2018年05月18日 21:33 ID:crGZPSTv0*
「ミロのビーナスの無くなった腕は、胸を隠し腰巻きをずりあげていたんだよ。
だから無くて正解」
その恥じらう姿こそが萌えるんだろ?!
16  不思議な名無しさん :2018年05月18日 21:34 ID:M1NMmcPl0*
チベットを旅すると、貴重な文化財や伝統的な行事などが、文化大革命で破壊や断絶されていることを何度も目の当たりにする
共産党の煽動や強制されてのことだけど、実際に手を下したのが洗脳されたチベット人紅衛兵というのがなんとも痛ましい
17  不思議な名無しさん :2018年05月18日 21:38 ID:muEXbm.X0*
せや!どうせ死ぬなら三種の神器と一緒に死んだろ!
18  不思議な名無しさん :2018年05月18日 21:43 ID:ee5ECbwB0*
第二次大戦が起きなかったらどうなるか?

最も多くの犠牲を出したソ連と中国はダラダラとした恐怖政治と内乱で、むしろ史実より累積犠牲は多くなるような気がする。

日本も敗戦国にはならなくともアジアの盟主の立場を守る為に細かい参戦を繰り返し、累積犠牲は変わらなかったかもね。
多少道筋や役者は変わっても、大筋としては歴史は変わらないと思う。
19  不思議な名無しさん :2018年05月18日 21:46 ID:mPAkY1UV0*
こうして見るとキリスト教って害悪としか思えないんだけど、
何で信者がたくさんいるんだ?
20  不思議な名無しさん :2018年05月18日 21:47 ID:7RDTX6pl0*
「もったいない」と言えば日本史だけど廃仏毀釈
なかったら歴史的&文化的な遺産がたくさん残った
21  不思議な名無しさん :2018年05月18日 21:48 ID:4qyr.h8v0*
ヒトラーは美術学校落ちたあと、建築の道を志そうとしたんだけど、高卒資格がなくてできなかったって話があるんで、彼が高卒資格をとっていれば道は違ったかもね
絵を見る限り、画家よりは建築家の方が向いてそうだし
22  不思議な名無しさん :2018年05月18日 21:51 ID:HH4zeInj0*
長門や伊400勿体ないことしたな
23  不思議な名無しさん :2018年05月18日 21:52 ID:iZAuPLAc0*
アレクサンドリア図書館はガチでもったいない……
24  不思議な名無しさん :2018年05月18日 21:59 ID:M1NMmcPl0*
廃仏毀釈もかなりヤバい
それを機に国宝級の所蔵品を海外へ売り払ったり、貴重な建造物を破却した寺院は数え切れない
25  不思議な名無しさん :2018年05月18日 22:16 ID:0LRTxVwP0*
あれこれ語り合っても
どうしょうもないな
タラレバ話
ヒトラーに弾が当たってればって· · ·
ヒトラーをはるかに超える独裁者に
弾が当たってヒトラーで済んで
良かったね
26  不思議な名無しさん :2018年05月18日 22:26 ID:gFCwhZvO0*
イスラム国による世界遺産破壊。
本当に許せない。
教養がないって罪だ。
27  不思議な名無しさん :2018年05月18日 22:30 ID:I8B6C60F0*
:::
28  不思議な名無しさん :2018年05月18日 22:38 ID:vEZxDYXI0*
耳デカ皇帝「義弟の仇じゃ オメーラついてこい」

兵士大量焼失、弓爺白眉他多数の有能が死亡or逃亡
29  不思議な名無しさん :2018年05月18日 22:57 ID:HvyoOe2k0*
文化大革命
紅衛兵とかいう土人どもにより中華文明の伝統遺産が損なわれた
30  不思議な名無しさん :2018年05月18日 23:06 ID:Bimi..sP0*
数学・物理ならばポワンカレ、生物学ならウォレスにもう少し名誉欲があったなら
アインシュタインとダーウィンが座っている席は彼らにプレゼントされたかも知れない

何でそんなことで死んだんだ、ならヘンリー・モーズリーとエヴァリスト・ガロア

日本人として早すぎた、なら山極勝三郎と鈴木梅太郎
31  不思議な名無しさん :2018年05月18日 23:08 ID:ZVAGWl950*
アルキメデスは人生やりつくした感あるからあんまりもったいなくない
人生の最後にはローマ史上きっての英勇とやりあった末にやられてるしなんなら誉れある最期だわ
もったいないでいえばコンスタンティノープル陥落
32  不思議な名無しさん :2018年05月18日 23:09 ID:ZVAGWl950*
※10
ボストンで起こったってことは必然的に紅茶なんだよな
緑茶運んでると途中で紅茶になっちゃうから
33  不思議な名無しさん :2018年05月18日 23:10 ID:oSJyRWIO0*
ww2が起こらなかったらソビエト(ロシア)の人口ヤバイままだぞ
何だろうが日本の位置はキツイ
34  不思議な名無しさん :2018年05月18日 23:13 ID:2s.Dt2pd0*
ローマがアカデメイアとか潰したのも哲学的にはでかいかも
35  不思議な名無しさん :2018年05月18日 23:47 ID:f8TNu74w0*
アレクサンドリアに代表されるように4-5世紀くらいのキリスト教徒の破壊活動
他を認めない一神教の惨さ・・・
36  不思議な名無しさん :2018年05月19日 00:08 ID:jSaYoIVx0*
ヒトラーはユダヤの金融支配に抵抗したから正しいんだよ
37  不思議な名無しさん :2018年05月19日 00:14 ID:ZPSUH3Ce0*
不思議なのはイエス・キリストってキリスト教を広めた訳じゃ無いんだよな
本来の?キリストの教えは異端として歴史から排除されてしまったぽいし
死海文書、ユダの福音書etc
38  不思議な名無しさん :2018年05月19日 00:35 ID:6Ro.os6B0*
今はかなり疑われているらしいけど項羽の阿房宮や始皇陵の焼き払いとか
東大寺燃やしやがったのとか建造物は苦労して建てたの考えるとホントもったいない
39  不思議な名無しさん :2018年05月19日 00:47 ID:.IuEdY9I0*
知識人の追放は繰り返すなよ
40  不思議な名無しさん :2018年05月19日 01:04 ID:dwjXTGTN0*
18c~20cのあちこちの革命
ヨーロッパの王政がことごとく倒れたのはほんまもったいない
共和制なんかクソじゃ
ハプスブルグもブルボンもホーエンツォレルンもヴィッテルスバッハも…いまも王家として残っとったらどんな世界やったやろなあ
血筋としては残っとるけどさあ
41  不思議な名無しさん :2018年05月19日 02:22 ID:eFdpXdPk0*
アレクサンドリア図書館を挙げるなら、バグダードの戦いでのモンゴル軍による図書館破壊も。
42  不思議な名無しさん :2018年05月19日 03:06 ID:T8vRje8z0*
蘇我家にあったという歴史書は気になる。
43  不思議な名無しさん :2018年05月19日 05:18 ID:oOuMd0Ap0*
東西冷戦という馬鹿げた意地の張り合いに使った軍事費と熱意を全て宇宙開発に向けていれば
今頃は火星に人口都市や農場が出来て、人口問題や食料問題は解決していたと確信している。

テラフォーミング技術にはあと500年かかると現在の科学者は予見するが、
30年前の大学や研究機関にしか存在しないコンピューターより遥かに優れた
携帯端末を全世界の人間が持ち歩く現在の事実を、
ほんの30年前に只の一人も予見できなかったという事実がある。

生存の危機や企業の利益は戦争並みに科学技術を進化させるが、
今から死ぬ気で研究しても食料争奪戦争が起きて人類が絶滅する前に間に合うか
激しく微妙だという事実から目を逸らす事しか出来てないのが現実。
44  不思議な名無しさん :2018年05月19日 06:19 ID:EI7M1wOO0*
古代でのキリスト教による破壊行為、中国での王朝が変わるたびに起きる文化大革命と同等の破壊
45  不思議な名無しさん :2018年05月19日 06:32 ID:jIIPoxAf0*
アレクサンドリア図書館炎上は人類に対する犯罪。
46  不思議な名無しさん :2018年05月19日 06:58 ID:.1DbNOV.0*
ところどころ彩色が残っていたギリシア彫刻を
「白こそ至高!」の精神で漂白しちゃったイギリスカス

47  不思議な名無しさん :2018年05月19日 07:03 ID:KIzRXus30*
※19
逆じゃね?信者が多過ぎるからこそ害悪が目立つって話だと思う。
48  不思議な名無しさん :2018年05月19日 07:27 ID:Z8YlVWfe0*
ムハンマドが死んだ場所と死んだ後の後継者を誰にするとかそもそも後継者を作っちゃいけないとかの決まり事を作んなかった事
49  不思議な名無しさん :2018年05月19日 08:34 ID:0JmDEE9A0*
日中関係の悪化
50  不思議な名無しさん :2018年05月19日 09:07 ID:cdEn2Y690*
※7
ハワイの方から打診されていたからね
51  不思議な名無しさん :2018年05月19日 09:49 ID:HNPfsYS50*
阿房宮
52  不思議な名無しさん :2018年05月19日 09:51 ID:fUw3n9eK0*
トパ・カタストロフ。

あの時滅んでいれば、世界史上の悲劇は全て回避されていた。
53  不思議な名無しさん :2018年05月19日 09:55 ID:fUw3n9eK0*
コンモドゥス帝即位。
せっかく禅譲で繋いだのに・・・・・・。
54  不思議な名無しさん :2018年05月19日 10:03 ID:w8PV20w00*
モンゴルによるバグダードの殺戮破壊がないじゃん
アレがなかったら、いまのイライラさせるようなイスラムはなかったかもよ
もっと洗練されていて世界が変わっていたと思う。
55  不思議な名無しさん :2018年05月19日 10:24 ID:50nejKec0*
勿体ないのは、キリスト教の愚民政策やキリスト教の文化破壊。宗教ってのはろくなことがない。
56  不思議な名無しさん :2018年05月19日 10:51 ID:PPZJBAJB0*
日本に馬車は無かったかもしれないが、牛車があったじゃん。
とかぐや姫の物語をTVで見て思った。
57  不思議な名無しさん :2018年05月19日 11:46 ID:x4Gv.JnT0*
宗教がないと文化も国家も生まれないだろ
58  不思議な名無しさん :2018年05月19日 11:53 ID:2JhuXabh0*
チェザーレボルジアが父の死後に失脚しなかったら
対フランスを上手く進めれば400年早くイタリアに統一王国が出来てたかも
59  不思議な名無しさん :2018年05月19日 12:13 ID:JvPUoMJ.0*
日本軍の機密文章敗戦大焚書だろ?

おかげで、日本ツリー駆逐戦車&砲戦車がいまだに実装されず、
日本のWoT民が悔いている。
60  不思議な名無しさん :2018年05月19日 12:36 ID:HpDCXq6d0*
世界史とは関係ないが現在進行形で行われている日本での
技術者等優秀な人材や事業への資金の集まらなさ。
61  不思議な名無しさん :2018年05月19日 13:35 ID:z13yUamO0*
散々あがってるけどアレクサンドリア図書館やな
どれだけの貴重な書物が失われたんだろうな
62  不思議な名無しさん :2018年05月19日 13:46 ID:wYZX669j0*
キリスト教害悪とかのコメ見られるけど
ローマ帝国崩壊後に少しでも文化が継承されたのは、キリスト教によって旧ローマ勢力(教皇)がゲルマンにも影響力を保てたからだぞ
それにキリスト教のせいでローマ帝国が滅んだとかいうのもおかしい
その以前から財政的にもかなり不安定で蛮族だらけになってたやんか
キリスト教が滅ぼしたのじゃなくて政情不安でメチャクチャになった結果精神的支柱を求めて市民がドンドン改宗していったんやと思う
実際末期には宗教で帝権を正当化しなきゃローマも纏まらなかった訳だし
63  不思議な名無しさん :2018年05月19日 14:36 ID:kI21E.7z0*
ヨーロッパ人と中南米文明の接触はもっと穏当で安易なやり方がいくらでも可能だったはずなのにわざわざ困難で破滅的なやり方をやって成功してしまったってのが異常すぎる
しかもこの成功体験が後々のヨーロッパのアジア蹂躙の前例として活用されるようになっちゃうんだからひどい
64  不思議な名無しさん :2018年05月19日 17:01 ID:AjZ1EMOL0*
暗殺されてなかったら、歴史が変わってたかもな人物。
日本部門
織田信長
伊藤博文
高橋是清

海外部門
ミカエルカエサル
ジョンFケネディ(弟も含む)
キング牧師
ジョンレノン

65  不思議な名無しさん :2018年05月19日 17:20 ID:XnyH.OZ70*
もったいないじゃないけど、世良修蔵が出したという「奥羽は皆敵だと思ってやっつけろ」文書。
仙台藩が降参したとき「世良の手紙を会津藩が書き換えた。それに騙された」なんて言ってる。
真相やいかに。
66  不思議な名無しさん :2018年05月19日 17:33 ID:dz8tTIr40*
ヒトラーがいなければ少なくともしばらくの間、ベルサイユ条約を守るドイツとなる可能性がある。そうなればT34戦車とシャルルb1戦車の戦いとなり、世界の大部分はソ連のものとなる。
67  不思議な名無しさん :2018年05月19日 20:10 ID:9IdEHtKM0*
奴隷制とか戦争とかは廃止してしまったのがもったいない
68  不思議な名無しさん :2018年05月19日 21:09 ID:yzn.fwqu0*
朝鮮併合によるまったく無駄になったKの国への投資。
もし安重根が居なくて植民地とか保護国止まりだったらどうだったろうか。
戦後のタカリも今ほどでは無かったろう。日本側が払わないだろうし。
69  不思議な名無しさん :2018年05月19日 22:16 ID:nczKLxfk0*
ローマ皇帝ティベリウスに「しなやかなガラス」というものを献上した職人はその場で首を刎ねられてしまったそうだが、

それがプラスチックだとしたら、もったいなかった…かな…
70  不思議な名無しさん :2018年05月19日 22:32 ID:AjZ1EMOL0*
※68
あの時使ったお金は、北海道東北地方を開発する予定だったと聞いて、東北民の俺怒り心頭ですわ。
もし予定通りに使われてたら、北海道東北地方の、今の札幌、仙台を除く全域過疎地みたいな状況は回避してたかも
71  不思議な名無しさん :2018年05月19日 23:11 ID:JCfFgoQv0*
ガロアが決闘で亡くなったこと
72  不思議な名無しさん :2018年05月19日 23:40 ID:4N709wV60*
日本史ではどうなん 有為の人材あらかた失った長州?
73  不思議な名無しさん :2018年05月20日 07:28 ID:hsBPAXU20*
明暦の大火で林羅山の蔵書が燃えたこと
その時まで現存してた風土記とかが燃えたそうで
74  不思議な名無しさん :2018年05月20日 18:54 ID:aYxfColA0*
シュメール人が生き延びていればどうなっただろうなあとは思う
75  不思議な名無しさん :2018年05月20日 18:56 ID:RT1ZBK5T0*
ギリシャが自治を保っていれば、哲学や科学の進歩が1000年は速まっていただろうなぁ
まあ世界の情勢を見るとほとんど必然だから防ぎようはないと思うけど
76  不思議な名無しさん :2018年05月20日 23:51 ID:K3Gx5TZM0*
オーストラリア皇太子の御者が道に迷わない
77  不思議な名無しさん :2018年05月21日 06:44 ID:uA.mNcIs0*
ローマ軍によるカルタゴの焼き討ち
78  不思議な名無しさん :2018年05月23日 12:10 ID:yuTWC0Kr0*
割りとマジで本能寺の変
織田信長が天下統一したら今の日本はどうなってたか
あとはJFK暗殺
アレがもし無かったらアメリカは今どうなってたか
79  不思議な名無しさん :2018年05月23日 13:45 ID:QRK.kkxN0*
ヘリを落としたのはあれが空母じゃなくてヘリポート付きのフリゲートだったから。
ヘリは「洋上には海軍がいるはず」と「とにかく遠く」を目指して離陸したそうだ。
フリゲートが見つからなかったら全員死んでいたはず。
80  不思議な名無しさん :2018年06月28日 22:36 ID:G1RTnOng0*
※70
どうせ恨まれるんなら収奪の限りを尽くせばいいのにな。実際は日本国民のなけなしの血税を使って、未来の敵への利敵行為になってしまった。もうホントバカかと。
81  不思議な名無しさん :2018年09月18日 19:26 ID:DwjsXimK0*
定番だがアレキサンドリア大図書館炎上
ヤルタ会談、ルーズベルトがソ連をもっと警戒してたら冷戦を阻止ないし小規模なものにできたかも
メフメト2世が急死しなかったらローマを落とせたかな?
あとカラカラ帝のパルティア遠征が成功してたらこいつ賢帝扱いされてたんじゃね?

 
 
上部に戻る

トップページに戻る