不思議.net

怖い話・オカルトまとめブログ

アクセスランキング(5日間)
    本日のおすすめニュース
    本日のおすすめニュース一覧
    99

    仏教では「悟り≒輪廻からの解脱」らしいが



    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/26(火) 22:44:20.442 ID:Z/bwFFGvK
    仏教では「悟り≒輪廻からの解脱」らしいが

    そもそもなんで悟ると輪廻転生しなくなるんだろ。
    なんでと言ってもそれを世界の法則と認識しているのが仏教なんだからそういうもんだというしかないのかな。
    エルサレムが騒ぎになってるけど『仏教の聖地』ってどこなの?
    http://world-fusigi.net/archives/9018729.html

    引用元: 仏教では「悟り≒輪廻からの解脱」らしいが







    3: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/26(火) 22:45:44.449 ID:7HNozjWS0
    輪廻って修行のためだろ?
    だから悟ったらもうやらなくていいってこと

    22: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/26(火) 22:56:58.431 ID:Z/bwFFGvK
    >>3
    仏教の世界観では世界は目的があってあるというより
    「ただ在る」感じ。
    徳を積んで天に生まれるのも、悪業を重ねて地獄に落ちるのも、賞罰ではなく単なる法則という認識。
    「仏法=お釈迦様が悟ったすべての世界の法則」

    4: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/26(火) 22:45:55.533 ID:zDEPFGUn0
    元々は「悟らないのなら輪廻転生を繰り返しても苦しみからは逃れられないぞ」っていう例えからきてる

    9: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/26(火) 22:48:58.753 ID:9ndpx2UD0
    そりゃ生きてることは苦しみだから
    悟りというものは苦しみから開放される術なわけで
    つうことは生きることから抜け出せるってことになる

    10: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/26(火) 22:50:12.520 ID:qqa7jSEQ0
    輪廻とか後付けだろ
    あくまで現世の苦しみから解放させるのが目的で

    13: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/26(火) 22:51:20.451 ID:zDEPFGUn0
    だから輪廻転生って例え話だって
    釈迦がもともと死後の世界とか信じてない人だったぞ

    14: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/26(火) 22:51:31.263 ID:+03dQZQ5a
    とらわれることから抜け出す
    とらわれることとは生そのもの
    法則とかじゃなくどう考えても突き詰めれば生とは苦でありそれが解っていながらとらわれるから愚生

    17: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/26(火) 22:53:02.226 ID:N/d6fp9y0
    開祖のブッダは無茶はいかんっていってるし極端もいかんといってるし

    23: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/26(火) 23:02:26.076 ID:Tmq/eMPFr
    必要性を見いだしたからそこにいるだけであってあらゆる必要性がなければ魂は軽くなって必然的に高いとこにいくんだよ

    24: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/26(火) 23:07:31.608 ID:Z/bwFFGvK
    >>23
    魂が行くところを選ぶ訳じゃない
    そもそも仏教では魂(アートマン)の存在を否定している。
    じゃあ何が輪廻転生するのかと聞いたら転生するのは「識」なんだと。ようわからん。

    25: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/26(火) 23:13:18.885 ID:Tmq/eMPFr
    >>24
    興味ある話だよ。

    209: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 03:40:36.011 ID:o4tFUIE00
    >>24
    輪廻するのは阿頼耶識って思想だな
    魂ってのを断片的にでも視覚や聴覚、意識みたいなもんがある幽霊のようなものだとすると魂自体は輪廻しない
    五感は輪廻しないし意識や自我みたいなものも輪廻しない

    自業自得とかの言葉で言う自分が行なってきた業が溜まったものが輪廻していくって感じの思想
    この輪廻していくものが阿頼耶識

    27: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/26(火) 23:17:33.393 ID:G0q9RghQa
    超簡単だろ
    我がなくなるからだ

    28: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/26(火) 23:23:52.998 ID:Tmq/eMPFr
    世界平和までいかなくても、周囲が穏やかにやさしい気持ちで毎日過ごせるようになったらいいと思うのは我欲が主なのかそれともより良い共通意識なのかしりたい

    29: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/26(火) 23:26:53.107 ID:G0q9RghQa
    >>28
    こだわりだろうね

    だけど別にいいんじゃね
    無理に受け入れる必要もない

    30: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/26(火) 23:27:58.402 ID:bnKB+hNC0
    悟り=欲からの開放って思ってたが違うのか

    39: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/26(火) 23:45:18.557 ID:3EBbZe9Ud
    悟りは広義には理解すること
    つまり人間は毎日悟ってる

    40: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/26(火) 23:46:03.215 ID:G0q9RghQa
    ヴァルナ制とかカースト制ってやつで
    生まれながらに階級が決まってるっておかしくね?
    っていう当時の社会批判が基本だからの
    それで救われた奴隷階級が沢山おったんでしょうな

    現代に当てはめたら
    親が悪い!育ちが悪い!
    なんて言ってる子には向いているかもしれませんな

    41: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/26(火) 23:46:44.051 ID:rKnrE/1U0
    スッタニパータとかサンユッタニカーヤとかの初期の経典を読むと釈迦は明確に輪廻を肯定してるよ
    ただ修行完成者(悟った者、如来)は死後再生するのかしないのかといった問いに対しては答えなかった(無記)
    修行未完成者は死んでも迷いの生存を繰り返すんだよ

    43: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/26(火) 23:49:16.477 ID:G0q9RghQa
    >>41
    つまり綺麗に社会制度を批判しているわけですな

    46: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/26(火) 23:52:10.820 ID:rKnrE/1U0
    >>43
    社会制度の批判など世俗的なことは釈迦はしないと思う

    48: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/26(火) 23:53:55.214 ID:G0q9RghQa
    >>46
    君がそう思うのは構わないよ
    釈迦という人物は君にとってそういう存在なんだね

    49: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/26(火) 23:58:30.172 ID:rKnrE/1U0
    >>48
    釈迦は輪廻から解脱できるのはバラモンだけではなくアウトカーストの人でも解脱できるとは言ったものの
    カースト制度そのものは批判してない

    バラモン教の供儀の際に動物を供物として差し出すことなどは否定したが供儀をするは否定してない

    50: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/26(火) 23:59:12.652 ID:gUTYt+lf0
    経典って釈迦の死後数十か数百年後にまとめられたものって考えるとそのまま受け取る気がしない

    51: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/26(火) 23:59:36.789 ID:Tmq/eMPFr
    社会制度というのはすなわち構造で、構造があるから快楽や苦痛、迷いや確信といった感情や色が生まれる

    社会には規範が必要と思われがちだけど、規範があれば正義や悪といった二元化を認めることになり、これこそが矛盾でありもともとなかった争いや概念を持ち込むことになる。

    これが世俗的っていうことではないのかな

    もともと無であり空そのものであれば肉体的、物質的な意味そのものから解放されるという意訳をするのだけれど

    55: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 00:06:16.389 ID:OMGD9jM7a
    >>51
    面白いですね

    54: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 00:05:03.130 ID:8vu4Dwgk0
    アジタ・ケーサカンバリンは世界を地、水、火、風の4要素の離合集散によって説明する四元素還元説を唱えた。
    これは、霊魂の存在を完全に否定するものであり、
    ヴェーダに示される正統バラモン教におけるアートマン(ātman、我、真我)をも否定するもので、
    当時、汎インド的に最も重要視された業(karma、カルマ)の報いについても、
    霊魂の行くべき道を示した業のはたらきや善悪の行為の報いを完全に否定した。
    また、輪廻の思想を否定し、死後の生まれ変わりも来世も認めず、人は死ねば4要素に帰って消滅するとし、
    道徳も宗教も不必要なものであるとして、無神論の立場に立った。布施に功徳があるという考えもまた愚者のものだとみなしている。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/アジタ・ケーサカンバリン

    こういう思想は仏教では外道とされてるし、釈迦もアジタの思想は認めてないからな。

    63: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 00:16:18.410 ID:HTKRH+Jx0
    そもそも欲と執着から離れればいいよって教えに輪廻なんてなんの関係も無いと思えるんだよね

    >>54
    そいつは成道後の釈迦と話したの?

    64: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 00:20:58.721 ID:OMGD9jM7a
    >>63
    個体って話でねーか?

    83: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 01:21:56.054 ID:8vu4Dwgk0
    >>63
    大般涅槃経(ブッダ最後の旅)で六師外道について聞かれた釈迦が、
    「私が説く尊い八支からなる道(八正道)が存在しないところには道の人は存在せず、故に他派は空虚である、道の人を欠いている」(←要約)
    と否定している問答がある。
    その問いをし答えを聞いた遍歴行者のスバッタはその場で釈迦に帰依し釈迦の最期の直弟子となり、後に悟りを得、こう語った。
    「生存は尽きた、清浄行はすでに確立した。為すべきことは、すでに為し終わった。もはやこのような状態に戻ることはない」
    輪廻からの解脱を為した、これが最後の生存である、もう輪廻に戻ることはないという意味。

    85: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 01:28:44.933 ID:97VnKV2k0
    >>83
    面白いな
    自殺願望がある人がいたとして
    彼のどの部分が死にたいと思っているのか
    肉体か
    心か
    精神か
    魂か
    俺らは普通に生存していると特に疑いもなく考えているが
    そもそも生存していると考えているのはどの部分なのか

    97: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 01:43:21.114 ID:8vu4Dwgk0
    >>85
    ちなみに釈迦は悟った人の自殺は止めてはいない
    悟りを得た時点で輪廻から解脱できてて
    二度と母胎(人間の母胎とは限らないのだが)に宿ることはないため、解脱して死後は涅槃に入るため

    104: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 01:47:11.732 ID:97VnKV2k0
    >>97
    玉虫厨子かなんかに
    餓えた虎に身投げして身を与える絵があるね
    自殺、と同じ言葉で語られるが
    悟った者と悟らざる者
    二者の自殺は本質的に別物なんだろう

    玉虫厨子

    玉虫厨子(たまむしのずし)は奈良県斑鳩町の法隆寺が所蔵する飛鳥時代(7世紀)の仏教工芸品。装飾に玉虫の羽を使用していることからこの名がある。国宝に指定されている。

    「厨子」とは、仏像などの礼拝対象を納めて屋内に安置する、屋根付きの工作物である。厨子にはさまざまな形式のものがあるが、玉虫厨子は実際の仏堂建築の外観を模した造りになっており、古代の日本建築を知るうえでも重要な遺品である。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/玉虫厨子

    玉虫厨子
    Tamamushi_Shrine

    捨身飼虎図(須弥座向かって右面)
    318px-Tamamushi_Shrine_(lower_left)

    88: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 01:33:52.227 ID:HTKRH+Jx0
    >>83
    やっぱり弟子の言葉でしかないし輪廻を脱したっ解釈も違わないか?
    ただの決まり文句にすら見える

    まぁ自分にとって仏教を理解する上で輪廻は基本どうでもよくて
    四締八正道が仏教の根幹であとは注釈みたいなものだと思ってる

    93: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 01:40:07.818 ID:8vu4Dwgk0
    >>88
    では釈迦の言葉として、初めての説法を五比丘の前でした初転法輪の最後にこう言ったとされる。

    「解脱は不動であり、これが最後の生存である。もはや、生まれ変わること(輪廻の苦しみを受けること)はない、という智見が生まれた。」

    唯物論なら「これが最初で最後の生存である」、となるので、釈迦の悟りは唯物論的ではない。

    101: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 01:45:28.274 ID:HTKRH+Jx0
    >>93
    これは割りと方便ぽい気するな

    107: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 01:50:52.618 ID:8vu4Dwgk0
    >>101
    五比丘の中のコンダンニャ長老の詩とか残っているけど最後まで輪廻を信じてるよ
    方便だとすると最苦行時代からの友で阿羅漢にもなった尊者に最後まで方便をし続けていたということになる

    57: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 00:08:06.947 ID:1qOiJ/xy0
    仏教が宗教ではなく哲学って言われる由縁じゃないか
    けなしてる意味じゃなくまだ他宗教より論理的って意味で

    78: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 01:05:34.438 ID:97VnKV2k0
    >>57
    論理自体が幻想の元みたいなモンだからねえ
    論理的ってのは誉め言葉として微妙なところ

    58: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 00:09:58.765 ID:8vu4Dwgk0
    釈迦は王族という世俗を捨てて修行者としての道を選び、悟った後も弟子ともど世俗的な生業はしてないからね

    しばしばマガダ国やコーサラ国の国王の相談相手にはなったが
    カースト制度は止めるべきとは言わなかったしそれを匂わせるような発言もしなかったから

    60: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 00:11:04.761 ID:nVth4Civ0
    ブッダは苦行やってみたけど意味なかったっていってる
    苦行否定派

    69: ぷ~ん 糞く(アルク) 2018/06/27(水) 00:30:19.437 ID:HV9zlya00
    もじに かけのいものを おもいえがけのい。

    71: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 00:34:02.237 ID:OMGD9jM7a
    >>69
    空の青さは正確に文字にする事はできないけれど
    見たことがあれば思い浮かべる事が出来るんでないかな

    そしてそれは個人個人違うのさ
    違っていいのだ

    79: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 01:10:53.494 ID:97VnKV2k0
    文字や言葉はそれ自体で二元的なモンだしな
    二元で非二元を表現することは出来ない
    仮に悟りを犬だと言葉にしたとして
    犬という言葉は犬とそれ以外を区別するから
    この時点で非二元的ではない
    これは例えだけど、犬だろうがどんな難解な言葉や文章だろうが同じ

    82: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 01:18:50.320 ID:97VnKV2k0
    スポーツ理論みたいなもんだな
    技術書を読んで理解したと思っても、
    自分が同じことを再現出来なければ真の意味で理解したとは言えない
    逆に言えば、悟りの再現性や証拠を求めたところで
    仮にそれらが提示されたとしても
    悟った人間じゃなければ本当の意味で理解出来ない

    84: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 01:24:21.228 ID:97VnKV2k0
    つまり悟りの再現性や証拠を求めることにはそんなに意味はない
    寿司の握り方を技術書だけで学ぶのは愚かみたいなもんで
    (ましてやその技術の良しあしを素人が判断出来るはずもなく)
    先ずは自分でやってみないと始まらないんじゃないかな

    89: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 01:35:49.802 ID:8vu4Dwgk0
    >>84
    no title

    釈迦自身は識別作用の止滅が苦しみの終極みたいなことを確かに言ってたけど、
    その一方で言葉による明確な分析とそれによる説法というものもとても大事にしていたね。

    不立文字教外別伝みたいなのは禅で確立した思想
    http://www.jyofukuji.com/10zengo/2009/04.htm

    95: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 01:40:50.579 ID:97VnKV2k0
    >>89
    道具は道具として適切に使うべきであって
    ハサミでモノを接着しようとしたり
    接着剤でモノを切断しようとしたりするのは愚か
    俺らは多分こういうことを殆どの奴がやっている
    理性は道具として優秀ではあるけど
    不適切な使い方をすれば苦しみの元凶になる

    103: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 01:46:49.408 ID:8vu4Dwgk0
    >>95
    だから修行が大切なんだね

    86: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 01:31:00.283 ID:7CQ7tu0zd
    実際悟りなんてあるわけないじゃん
    外的な神の概念には怪しげな感覚になる風潮があって
    「個人の悟り」を概念化した話だと何となくあるんじゃねみたいな
    一種の信憑性があるように捉えられるのは謎

    90: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 01:37:11.133 ID:97VnKV2k0
    輪廻は心の状態の例えみたいなもんだと思っとる
    合ってるかは知らんが
    まあイライラした心も喜びも怒りも悲しみもやがて死に
    別の心の状態が訪れる
    誰しも

    96: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 01:42:07.247 ID:OMGD9jM7a
    >>90
    変化しなくなったら生き物は死ぬ
    伸びなくなった植物は枯れる

    死は救いではない

    98: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 01:44:17.665 ID:97VnKV2k0
    >>96
    死も変化

    99: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 01:45:13.311 ID:OMGD9jM7a
    >>98
    だから止めたんだ

    108: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 01:50:58.939 ID:97VnKV2k0
    >>99
    自然状態の死は自然な変化だけど
    イライラや喜びや怒りや悲しみ
    これらの不自然な生と死を自然な死に

    109: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 01:53:18.443 ID:OMGD9jM7a
    >>108
    感情のない人間なんておらんよ

    111: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 01:55:58.428 ID:97VnKV2k0
    >>109
    自分と感情が同化した不自然な輪廻がいかんと思う

    112: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 01:56:42.316 ID:OMGD9jM7a
    >>111
    君は自分を受け入れられないのだな

    114: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 01:58:39.911 ID:97VnKV2k0
    >>112
    その感情の元となった
    今まで生きてきた中で経験してきたあらゆる文化等
    そういったものであるとは思わない
    それは心の深層や核ではないと思ってる

    115: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 02:00:05.064 ID:OMGD9jM7a
    >>114
    みんなが見ている君は誰だい

    116: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 02:00:32.994 ID:97VnKV2k0
    >>115
    みんなが見たい俺だと思う

    119: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 02:04:05.193 ID:OMGD9jM7a
    >>116
    他人も受け入れるの難しいのか

    120: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 02:06:38.987 ID:97VnKV2k0
    >>119
    自分と感情の同化こそ
    他人を受け入れていないってことだと思う

    91: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 01:37:32.905 ID:OMGD9jM7a
    まあなんだみんな勉強しているなら実践しなされ

    92: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 01:39:18.612 ID:HTKRH+Jx0
    欲と執着なんて離れられる気しないけどね

    94: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 01:40:40.795 ID:OMGD9jM7a
    >>92
    離れなければよかろうなのだ

    100: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 01:45:23.108 ID:8vu4Dwgk0
    >>92
    釈迦は欲や執着を燼滅させよ、とは説いてない。
    智慧によって欲や執着を制しなさい、と説いている。

    102: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 01:46:06.158 ID:HTKRH+Jx0
    >>100
    それはそう思う

    128: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 02:19:40.593 ID:97VnKV2k0
    別に自分だけ知らなかろうが
    周りが全部幻影だろうがそうじゃなかろうが
    大した問題ではない気がするけどな

    132: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 02:24:50.474 ID:OMGD9jM7a
    無理する事はないと思うよ

    169: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 02:53:20.276 ID:8vu4Dwgk0
    仏教は割と明確に善悪の基準を定めてこれが悪だときて決めているよ

    十不善業道
    で検索すると分かるよ

    十善戒

    十善戒(じゅうぜんかい)とは、仏教における十悪(十不善業道)を否定形にして、戒律としたもの。江戸時代後期の徳僧、慈雲尊者によって広く宣揚された。
    内容は、三業(身口意)にそれぞれ3-4-3で対応するようになっている。


    十善戒

    身業
     ・不殺生(ふせっしょう) 故意に生き物を殺さない。
     ・不偸盗(ふちゅうとう) 与えられていないものを自分のものとしない。
     ・不邪淫(ふじゃいん) 不倫など道徳に外れた関係を持たない。

    口業
     ・不妄語(ふもうご) 嘘をつかない。
     ・不綺語(ふきご) 中身の無い言葉を話さない。
     ・不悪口(ふあっく) 乱暴な言葉を使わない。
     ・不両舌(ふりょうぜつ) 他人を仲違いさせるようなことを言わない。

    意業
     ・不慳貪(ふけんどん) 激しい欲をいだかない。
     ・不瞋恚(ふしんに) 激しい怒りをいだかない。
     ・不邪見(ふじゃけん) (善悪業報、輪廻等を否定する)誤った見解を持たない。

    https://ja.wikipedia.org/wiki/十善戒

    173: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 02:55:15.737 ID:OMGD9jM7a
    >>169
    その方が楽しいからね

    176: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 02:57:11.336 ID:97VnKV2k0
    >>169
    基準であって真理そのものではないんじゃないかな
    事実自然界に善悪など存在しないし
    ライオンは喰うためにシマウマを殺すが
    そこには善悪はない
    だからと言って人間が悟ったからと言って
    俺は善悪なんて関係ないぜウェーイ!とか言って無法を働けば
    ルールある人間社会で生きている以上それはまさに外道であって
    まあロクな結果にはならんわな

    220: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 04:19:22.392 ID:OMGD9jM7a
    まったく途中読んでないけど
    系としてまとめて受け入れたら?

    180: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 03:01:07.580 ID:VqrSZ88j0
    釈迦の言ったことって正確に伝わってんの?

    33: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/26(火) 23:34:56.632 ID:DhT06eLT0
    大川隆法って仏陀の生まれ変わりだって言われてるよね?
    なんか矛盾してない?

    35: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/26(火) 23:36:00.275 ID:G0q9RghQa
    >>33
    イタコ芸のプロだから…

    不思議ネタ募集中
    不思議.netで扱ってほしいネタ、まとめてほしいスレなどがあれば、こちらからご連絡ください。心霊写真の投稿も大歓迎です!
    面白いネタやスレは不思議.netで紹介させていただきます!

    ■ネタ投稿フォームはこちら
    https://ws.formzu.net/fgen/S13082310/








    本日のおすすめニュース1
    本日のおすすめニュース2
    本日のおすすめニュース3

    おススメ記事ピックアップ(外部)

    コメント一覧

    1  猫田ニャン太 :2018年06月27日 20:04 ID:oarp.85V0*
    (ФωФ) アァーウ
    いいーかぁー。
    この世は修行の場なんだよ。
    2  不思議な名無しさん :2018年06月27日 20:05 ID:aFiI4dBF0*
    仏教なんてやっても結局最後は死ぬ
    ならそんなモンやめて悪事に手を出さない程度に面白おかしく生きてこうぜっ!!ってのが悟りだぞ
    3  VML :2018年06月27日 20:07 ID:9ZaDqSOI0*
    此処で創作した世界が次の世界のキーだ。
    余計な事してる暇は無いのです。
    今、瞬間に取り掛かってしまえ。
    4  不思議な名無しさん :2018年06月27日 20:11 ID:Q0USthZw0*
    つまり
    「自分に『物質霊魂完全消滅呪文』をかける」
    「すべての世界を完全消滅させる」
    どちらかをやれば勝ちなんだな?
    5  不思議な名無しさん :2018年06月27日 20:21 ID:sOVUy4Nd0*
    火の鳥思い出した
    6  不思議な名無しさん :2018年06月27日 20:21 ID:b0kmZqYl0*
    安心しろ、エゴは転生しないから。
    俺達エゴは今生しか楽しめないんよ
    7  不思議な名無しさん :2018年06月27日 20:28 ID:yUz453Qe0*
    釈迦牟尼仏
    釈迦族の王子として生まれ、修行の後、乞食になって死ぬ。
    直接の死因は仲間の乞食から分けてもらった食い物による食中毒。
    死後二千五百年経った今も世界中で崇められている乞食。
    8  不思議な名無しさん :2018年06月27日 20:44 ID:JYya5uoE0*
    仏陀こそ原点にして頂点
    9  不思議な名無しさん :2018年06月27日 20:56 ID:m9PxjjRr0*
    4>>
    どっちも負け
    10  不思議な名無しさん :2018年06月27日 20:59 ID:m9PxjjRr0*
    6>>
    お前がエゴなのは昔だけかがエゴだったせい。
    そのためにお前は救われずに、エゴに逃げるしかない。
    そしてお前のエゴは、後に誰かの人生を決めてしまうんや。
    それが輪廻転生。
    11  不思議な名無しさん :2018年06月27日 21:14 ID:UZ6qiSzk0*
    まず、こういう議論をする前に、『中論』とか『摂大乗論』などを読んで、インドの賢人が打ち立てた二諦説とか三性説などの基礎概念を押さえておくべきだ。
    それぞれ勝手なことを言い合っても有意義な議論にならない。
    12  不思議な名無しさん :2018年06月27日 21:19 ID:QWOonwCC0*
    この世は、仮想世界だから、グッドエンドを迎えたら止めるだろう。
    13  不思議な名無しさん :2018年06月27日 21:20 ID:UZ6qiSzk0*
    最古の原始仏典といわれるものを読んでも、明確なことは書かれていない。だから明確な理解のためには解釈が必要になる。それには、西洋近代の世界観に浸っている現代の学者の説だけを参照するのは危険だ。

    だから、そこでインドの小乗や大乗の論師がどう解釈したかを踏まえることが大切になってくる。もちろん、彼らの解釈は一致しない点もある。だが、哲学とはそういうものだ。見解の相違を前提に考察しなければならない。

    それを無視して議論を進めると、無意識のうちに近代西洋の合理主義を無理に当てはめたような解釈になりがちだ。
    14  不思議な名無しさん :2018年06月27日 21:27 ID:UZ6qiSzk0*
    チベットの賢人・ツォンカパは6百年ほど前の人だが、大乗や小乗、密教の重要な論書はほぼ全て読んでいる。その上で哲学的な体系を樹立しているので、おおいに参考になる。
    彼はナーガールジュナの二諦説を重視している。
    つまり、言語表現により概念化された世界の真理を世俗諦とする。これは日常的な真理である。
    その先に縁起という道理を踏まえ、無自性という真理、すなわち勝義諦があり、これが悟りだと解釈している。
    いろいろ一次資料にあたってみると、説得力のある解釈だと思う。悟りは難解だから言語表現できないのではなく、言語表現の相対性を深く理解することが悟りなのだ。
    15  不思議な名無しさん :2018年06月27日 21:30 ID:zRX943n90*
    ブッダも実は悟ってないという説がある。
    大乗は周囲を説いて解脱に導くが、ブッダは独り秘したため小乗ではないか、という矛盾がある。

    ただそのお陰で、仏教はキリスト教やイスラム教のように異教徒を侵略することが少なかった。
    人は生前によき行いをすると輪廻によって人に転生し、十回転生を繰り返すと猫に生まれ変わることができる。
    これこそが解脱である。
    16  不思議な名無しさん :2018年06月27日 21:35 ID:1notgp410*
    悟りなんてねえよ
    弟子たちも次次悟っていくけどあほかって
    17  不思議な名無しさん :2018年06月27日 21:35 ID:UZ6qiSzk0*
    原始仏典として扱われることが多い阿含経(≒パーリ語経典)は実は後代に編集された部分が多い。そこには生々しい輪廻の様相も説かれている。

    だから、教理の裏に存在すると想定される哲学的な論理を考察するには、むしろ大乗の論書をよく読むことが有益であろう。私はそう考えている。
    本当の最初期の仏典というものはわずかしか残っていない。だから、それだけから史実を推定するのは学者でさえ苦労するところである。

    また、文献学や考古学の手法による史実の探求というのは、あくまでも史実の探求である。それは哲学的な真理の探求とは異なる。
    だから、あくまでも哲学的な真理を求めるならば、必ずしも原始仏典を金科玉条とする必要はないのである。
    18  不思議な名無しさん :2018年06月27日 21:40 ID:q0RCbcpn0*
    あの世だとか来世だとかそんなもんないし我も彼も死んだらクソ袋やでって心の底から納得して死んでくのが悟りやないか?
    只、個は消え失せても渡されたモン、歩んできたモン、渡していくモンの因果は連なり次に繋がるんやから無駄なモン等何もないでとも言っているから今を精一杯生きなさいっちゅうこっちゃな
    19  不思議な名無しさん :2018年06月27日 21:42 ID:UZ6qiSzk0*
    よく知らない人のために更に解説すると、『成唯識論』や『摂大乗論』といった唯識系の論書は自己という存在と世界のあり方を考察する認識論や存在論の考察が主体である。そして、どう瞑想するかという実践論も説かれる。そこには仏陀の超越性に関する考察もあるが、それは最後の方で仏身論として扱われるに過ぎない。それも単なる神話的なものではなく、その前の哲学的な理論と関係づけられている。
    竜樹の『中論』には、そのような仏身論さえない。ただひたすら、帰謬論証によって、ひたすら論理的に諸法の無自性を証明しようとする論書である。そして、それは大乗仏教の最も基礎的な論書ともなっている。
    20  ブッダ :2018年06月27日 21:43 ID:.2vAnd290*
    仏教(笑)
    21  不思議な名無しさん :2018年06月27日 21:46 ID:UZ6qiSzk0*
    ※18
    そう思うのは自由だが、いろいろ古典を読んで哲学的に考えると、そのような常識的な範囲にとどまらない思想があったのは間違いないと思われる。
    そもそも常識通りの内容なら、過去二千年の学僧もバカではないのだから、わざわざまじめに考察して本を書いたりしないだろう。
    22  不思議な名無しさん :2018年06月27日 21:50 ID:UZ6qiSzk0*
    互いに罵り合うことを楽しんでいるような、まとめサイトばかり見ていると、自分が理解できる以上のことは世の中に存在していないかのような錯覚におちいるかも知れない。
    あるいは現代人に比べて古代人はみんなバカだと思うようになるかもしれない
    しかし、古典的な少し難しい本を読むような人ならば、そうは考えないだろう。
    だから、自分で一次資料を読んで考えるということが大切なのである。
    23  不思議な名無しさん :2018年06月27日 21:54 ID:HyuiR7U30*
    輪廻からの解脱じゃなくて輪廻など諸々を苦しみと捉えてしまう認識からの解脱じゃね
    24  不思議な名無しさん :2018年06月27日 21:54 ID:.gpYNFsd0*
    輪廻を死んでからと思うから、おかしくなる。生きてるうちに、輪廻してるやぞ?腹へった。あいつが憎い。ぶちこわしたい。だしたあとは、天国に一瞬おるやろ?これらのことから、解脱すんねん。悟りとはすなわち、頭のくそパソコンぶちこわすんや。つまり…
    25  不思議な名無しさん :2018年06月27日 21:55 ID:mFogqgqq0*
    今の仏教はブッダの当初の教えから伝言ゲームで別物になり果ててしまってるから大丈夫。つまり輪廻転生はない。

    26  不思議な名無しさん :2018年06月27日 21:55 ID:UZ6qiSzk0*
    ※15
    悟りも幻のようなものだと各種の般若経に繰り返し説かれている。
    だから、何かの命題を悟りだとするのは便宜的な説明であって、本人がそのような心境に至らなければ意味がないのであろう。
    言語表現を超える境地を言語で示すのは矛盾ではないかという批判は古代からあった。
    これ以上書くのは面倒なので、興味がある人は各自専門書にあたってもらいたい。
    27  不思議な名無しさん :2018年06月27日 21:56 ID:klO3cauh0*
    まずは貪瞋痴からね。他人に親切にしなさい。
    28  不思議な名無しさん :2018年06月27日 21:57 ID:AtA0S3sS0*
    俺はいつも赤文字のまとめ力に関心させられてるよ
    29  不思議な名無しさん :2018年06月27日 21:57 ID:UZ6qiSzk0*
    ※25
    なぜ最初のものが正しくて、後代のものが間違いだと断定するのか?
    そういう考え方こそ哲学とも文献学とも異質な個人崇拝的な先入観である。
    30  不思議な名無しさん :2018年06月27日 22:05 ID:UZ6qiSzk0*
    史実として、ブッダ(シッダールタ)という人物が存在したとして、それが何を語ったのかという問題と
    自分にとって人生観として何が正しいのかという問題は必ずしも一致しない。
    史実が完全にわかったとしても、その内容が実はつまらないものだったということも可能性としてはあり得る。
    そこを混同して価値観の論争をして、ときに政治的な思惑が入ってくるから、まとめサイトの仏教の議論は妙に宗教臭いものになるのだろう。
    31  不思議な名無しさん :2018年06月27日 22:06 ID:xWldBjuS0*
    >>79の言う「非二元」ってのは「空」の事だな
    無じゃなくて空
    32  不思議な名無しさん :2018年06月27日 22:08 ID:amywE97d0*
    スリランカの初期仏教を学べばすべて書いてあるよ。
    悟りってのはマトリックスのネオの状態。
    世界の仕組みが完璧に分かった状態。
    仕組みが分かっているから輪廻から出ることも再入場することも簡単。
    生まれ変わることも、そのままでいることも出来る。
    神をも超越した存在。
    ほとんどの人はそこまで達することはできないから善悪の判断が完璧に理解できる段階に行ければ合格。
    善悪が理解できれば地獄には落ちない。
    33  不思議な名無しさん :2018年06月27日 22:08 ID:mFogqgqq0*
    ※29
    彼は唯一の覚者だったから。
    ちなみに私はブッダを崇拝はしていないし、宗教に興味もない。
    34  不思議な名無しさん :2018年06月27日 22:16 ID:amywE97d0*
    ※31
    無と空は同じだよ。
    数学のゼロ。
    世界は最小素粒子の有と無で構成されている。
    コンピューターが二進法のマシン言語でCG世界を構成しているのと全く同じ構造。
    悟りとはその素粒子の波で世界が構成されて変化していく様(プログラム)が見える状態。
    プログラムが見えるから未来も過去も何もかもが理解できる。
    35  不思議な名無しさん :2018年06月27日 22:23 ID:pUG7oqP10*
    バラモン教が当然だった当時のインドでは輪廻転生を否定する事は難しかった
    釈迦は縁起や解脱については語っているが霊や輪廻転生に関しては”無記”
    これは消極的な否定と言える
    そもそもサンスクリット語の輪廻は「流れる」という意味を含み輪廻転生とは少し違う
    36  不思議な名無しさん :2018年06月27日 22:29 ID:amywE97d0*
    ※33
    覚者にしか分からない世界の仕組み(事実)を書き記したのが初期仏教の仏典なんだよね。
    どうせ誰も理解できないから最初は誰にも何も教えなかったんだよね。
    でも少し理解できる賢い人間がいて彼らの一部も修行して覚者になった。
    覚者モドキが改竄したものや創作したものには何の価値もない。
    キリストも青年期にインドで修業して覚者となったって記述も見つかってるよね。
    初期仏教と初期キリスト教は価値があると思う。
    それ以外は新興宗教と50歩100歩。
    37  不思議な名無しさん :2018年06月27日 22:41 ID:amywE97d0*
    ※35
    ブッダは霊についても輪廻についてもハッキリ説明しているよ。
    日本の八百万の神的な存在やキリスト教やイスラム教の唯一神の存在についても科学的に存在していると説明していてそれらの神と人間との関係性がとても面白い。
    ブッダが実際に言ったことだけを経典にしているスリランカ上座部仏教の本を読めば全部書いてあるよ。
    今人気だから本屋の仏教コーナーに沢山あって超面白いよ。
    38  不思議な名無しさん :2018年06月27日 22:55 ID:gpHIQQe.0*
    地球滅亡したら輪廻天性も糞もなくね
    39  不思議な名無しさん :2018年06月27日 23:06 ID:M5700jM.0*
    ま、それを解決する為に女犯ができないから衆道に走っちゃったんだけどな。
    所詮悟りの境地なんて賢者タイムと何も変わらんのよ。
    それらを乗り越えた特別な人が即身仏になったりしたんだけど、客観的に見れば単に精神的に逝っちゃってる人なだけだから。
    40  不思議な名無しさん :2018年06月27日 23:08 ID:PphefB9c0*
    この世に再び生れてくることがなければ、病老死生に苦しむこともない
    41  不思議な名無しさん :2018年06月27日 23:17 ID:QTsMu0Ls0*
    今生きている世界が地獄 上手い事やってる奴はNPC 全員苦しんでる
    42  不思議な名無しさん :2018年06月27日 23:19 ID:mVbNyeU10*
    いつか肉体から解放されたらどうなるんだろうね
    楽しみだね
    43  不思議な名無しさん :2018年06月27日 23:46 ID:HNPeQGq40*
    生きている自分自身と自分自身が生きている世界を正しく認識していないところに苦しみが生じる。
    心の修行が浅く、未熟な部分、不得手な部分を試されるときに苦しみが生じる。
    自分自身を理解し、混乱して様々なものに右往左往する心を統率し、眼前にあるものから正しく認識するようにする。
    そして、少しずつ遠く、広くその認識を広げていき、いずれ世界そのものを正しく認識する。
    そのとき、悟りが起こる。
    言葉にすればこういうことだけど、この心を統率して、正しい認識を世界全体に広げて世界を理解する過程が実践修行になる。
    悟りがあれば輪廻転生があろうが無かろうが、苦しみに囚われることは無いから気にしなくていいです。
    44  不思議な名無しさん :2018年06月27日 23:48 ID:HNPeQGq40*
    釈迦が前世で高いところから飛び降りたのは自殺じゃなくて、飢えた虎には子供たちがいて、その子供たちには食べるものがなかったから。
    母虎には釈迦に襲い掛かって食い殺すだけの元気も無かった。
    ちなみにこのとき、釈迦はある国の第三王子で、兄二人といっしょに森に来てました。狩りだったかな?
    45  不思議な名無しさん :2018年06月27日 23:54 ID:Nzg7SI0y0*
    >>49
    釈尊は自分たちが偉いと思い込んでるバラモンカーストに対して「生まれによってではなく行為によって賢者になる」とたしなめている
    それに肌の色など関係なく人間は一種類だけとか、生命は差別せず平等に慈しむようにとも教えているので、理不尽な差別を正当化するカーストにはかなり批判的だったのではないかなあ
    46  不思議な名無しさん :2018年06月27日 23:59 ID:Nzg7SI0y0*
    ※37
    人々が理解しやすいように当時のインドの神話に合わせて解説しているというだけで、宗教に登場する神がそのまま存在するというわけではないんじゃないかな
    47  不思議な名無しさん :2018年06月28日 00:32 ID:WX2k8Bcn0*
    伝言ゲーム+解釈のループによって仏陀の伝えたことなんて全然伝わってないと思うし、伝えたかどうかだって怪しい
    「きっと仏陀の言ってたことはこういうことだ!」からの伝言スタートかも知れないし...
    バラモン教下で生まれた釈迦が真理を悟って輪廻から解脱するってのがバラモン教ありきっぽくて解せない
    とりあえず今の仏教は偶像崇拝止めなきゃなー
    48  不思議な名無しさん :2018年06月28日 00:40 ID:Y6ub91fI0*
    「識」:仏教用語。外界の対象を識別し,認識する心の作用をいう。あるいは心を作用という面から名づけて識という。 (→意 )

    魂とは違う何かという感じだけれど、どことなくクオリア概念に似ている印象はする。しかしクオリアの方が洗練されているかな。
    >外界の対象を識別し,認識する心の作用をいう
    物理領域の物と謎の何かの分離がまだ十分に出来ていないと思った。

    俺も、輪廻転生するものが何かあるとすれば、それはクオリアだろうなと思う。
    しかし、魂とは違うというけれど、これは意識よりも魂に近い印象の概念じゃないかな。
    物理領域に属するものは『時間感覚』とか『記憶』とか『判断』とか『理解』とか。『感じる』とか『自分自身』とかは非物理領域だな。
    『概念』も物理領域に属する物の予感がする。
    物理領域にある物は輪廻転生が仮にあるとすると、現世に放置して逝くしかない物。
    輪廻転生で持っていけるものが仮にあるとすれば、それは非物理領域の物だけ。
    デジャヴュは疲れ等から発生すると言われるが、案外輪廻転生で持って行ってしまった物かもしれないと思っている。
    49  不思議な名無しさん :2018年06月28日 00:40 ID:etn.F8JS0*
    いつも思うんだけど、ゴータマさんが「俺、悟ったわ」って言ったのって、コレ自己申告ですよね?

    まあ、そんなんで一大思想体系を築く基を提示した、周囲を惹きつけたのは、すごいと思うけど、
    ヤスパースが言う枢軸時代ってのは、宗教ビジネスがやりやすい時期だったんだな、とも思う
    50  不思議な名無しさん :2018年06月28日 00:41 ID:MNTyDwr20*
    まあ人間の心なんて人間の本質じゃなくてただの情報処理システムが産んだアプリケーションみたいなもんだ
    悟る、なんてそのアプリをどう扱うかでしかないんだろうな
    51  不思議な名無しさん :2018年06月28日 01:03 ID:BEiU7A2f0*
    ※49
    キリスト教もそうだけどビジネス化させたのは後世の人たちだぞ
    52  不思議な名無しさん :2018年06月28日 01:03 ID:lWLgyo3V0*
    悟りというのを特定の一状態だと思うから難解になる。
    その特定の一状態ではないから、それは悟りではない、
    とかやっても、くだらない無意味な論争になるだけだろう。
    結局、物欲や執着を捨て、苦しみや悩みから解放されて、
    自由な精神状態になれたなら、それがどんな過程を経たかとか
    どんな理論の上に成立したかとか関係なく、
    悟りに至ったと考えていいと思うよ。
    53  不思議な名無しさん :2018年06月28日 01:35 ID:hsyJJu7h0*
    >スッタニパータとかサンユッタニカーヤとかの初期の経典を読むと釈迦は明確に輪廻を肯定してるよ
    原始仏教についての本を何冊か読んだが、肯定も否定もしない態度じゃないのか?
    ちなみにブッダの教えに最も近いといわれるスッタニパータの成立にしても
    最も古い部分でさえ没後100年後とかじゃあ?
    輪廻は当時のインド社会に深く根付いていた以上、ブッダの後継者達は
    輪廻をあるものとして扱わざると得なかったんだろ。出家者は生産手段を
    持たず、在家の信者に頼る面がある以上仕方ないことでもあるんだろうが、
    創始者の教えを大きく歪めることになったように感じるなあ。
    54  不思議な名無しさん :2018年06月28日 01:37 ID:QCuCKA2P0*
    あまり長い説法見てると承認欲求が肥大してしまう
    さらばだ
    55  不思議な名無しさん :2018年06月28日 02:09 ID:eT1uVv0.0*
    法華経と般若心経しかしらん
    ウパニシャッドはなんかで読んだ

    ぜんぶ宇宙の一部ですよって
    ことじゃないの?
    原子も円運動だし

    ミクロもマクロも同じ循環しててそれが宇宙の運動で=輪廻かと思ってる
    だから輪廻システム自体は消えない
    消えるのは意識だけ
    単純すぎ?
    56  不思議な名無しさん :2018年06月28日 02:14 ID:lWLgyo3V0*
    ※34
    俺の認識では、無と空は微妙に違うな。
    無は、物質的な無の状態。
    空は、人間の認識としての無の状態。
    無は現実には存在し得ないが
    空は人間の認識上には存在し得るということ。
    57  不思議な名無しさん :2018年06月28日 02:35 ID:hyW60G1M0*
    仏様はみんなお助けになるつもりらしいけど、地獄行きとかスルーするんだ
    58  不思議な名無しさん :2018年06月28日 03:13 ID:4M.TPp2e0*
    実は仏教は一神教なんだよ
    如来(梵)という全知の意思の中に世界があるとして
    輪廻によって老若男女、獣、魚、鳥、虫、草、木、食う者、食われる者、虐げる者、虐げられる者
    その全ての魂を経験して全知の魂になった時に如来と同じ視野、感覚を得たアートマンとなり
    その者は世界と等しい如来(ブッダゴーサ・仏陀)になるという理屈
    じゃあ戒律とか要らないじゃんと思うかも知れないが
    戒律や修行は人は他人を平等に「思いやる」事でその魂を親身に感じ輪廻の経験の一部を多く積めますよというショートカットのシステムになっている
    何か理不尽な目に合わされてもあの人は何故あんな事をしたのかなとフラットな立ち位置で考えてみなさいねという事
    59  不思議な名無しさん :2018年06月28日 03:15 ID:FR34bOzg0*
    ※57
    地獄行きが悪いこととは限らない。反省を促せるからね。
    悪は何故在るか?善があるからだよ。世の中全てが善で満たされれば悪はなくなり、この世の全てが悪で満たされれば善はなくなる。表があるから裏がある。当たり前だよね?でもそうはならない。何故ならこの世にモノポールは存在しえないから。必ず中心と陰陽表裏上下左右が絡む。今この世が悪で満たされそうになっているって事は、その逆で悪のアンチである善、それも強力な善が生まれつつあるって事でもある。

    それにしても皆、新興宗教の葬式仏教よりも原始的な仏道を見るようになったんだね。凄く良いことだと思うけど、それに囚われないでね?新興宗教でも良い悟りを開いている人いるんだよ。ただ教祖本人がそれが悟りと気付いていないことが多い。ちなみに漢字の悟りとは、サンスクリット語のサトッタ、神道では気付き、科学では完全な理解、ギリシャ語ではEureka(エウレカ)のこと。悟りをそれはそれは高尚なモノだとの知識に囚われると悟りから離れることになる。

    ※34
    否定するつもりはないのだが、無とは様々…固定された状態ではない…という意味で、空は今の言葉で言うと概念だね。例えば概念がなければ赤は赤たり得ない。皆が赤と認識するから赤という概念が生まれる。これが 色即是空 空即是色 って事。
    何故否定しないかって、それは知識は様々(無識)ってヤツだからさ。固定されない状態(無)を考えに考え抜いて固定する(有)のが科学。昔雷様今電気だろ?だから「科学的にあり得ない」は科学を侮辱した言葉。科学に不可能はない。今は技術と知識が足りていないだけだ。
    60  不思議な名無しさん :2018年06月28日 03:48 ID:4M.TPp2e0*
    日本の仏教はほぼ密教系で仏陀そのものを信仰しているのは少ないよね
    仏陀自身地上の魂が悟り終わるには56億7千万年はかかるとまあ絶望的な数字を示しているのだから仕方ないが

    そこで密教というのは釈迦により如来と言う全知意思の存在は解った、ならそれと直接アクセスしその隠された秘密の知恵をご教授願おうというアプローチを取る儀式宗教
    高野山真言宗の大日如来が有名かな
    これは蓮華の華に例えられるこの宇宙の唯一神との対話を目指しているということになる
    他にも薬師如来や阿弥陀如来等を信仰する仏教は
    それぞれ所謂極楽、浄土を持つとされていて
    これらも如来であるのでこの世界の如来、高野山真言宗での大日如来宇宙ではなく
    別次元宇宙への脱出を目指す教義といえる

    なんとなく仏様と言って拝んでいても必ずしもお釈迦様では無いというのが実際の所
    61  不思議な名無しさん :2018年06月28日 06:40 ID:PEXbQDVD0*
    宗教って別の見方をすれば集団を維持したい歴代宗教官僚が修正しながら作り上げてきた心理パズルなんで、それを胡散臭いと見るかクロスワードのように楽しむかはその人次第

    結局は個人の心の安定のさせ方の問題なんで語り合う内容ではないんだよね
    議論すると答えを出そうという方向にどうしてもいくけど、答え出しちゃ駄目な分野という前提を忘れてるんだよね
    62  不思議な名無しさん :2018年06月28日 06:53 ID:TAASrkmb0*
    そりゃあ生まれて育って理想の異性とパコパコして子供作っての生物的なサイクルを維持するための欲に人間は囚われていて
    即ちそれがあらゆる苦しみの根源になってるわけだから
    苦しみから逃れるには?ってなったら、生物的サイクルから開放されましょうってなるのは自然では
    63  不思議な名無しさん :2018年06月28日 07:08 ID:lWLgyo3V0*
    ※62
    面白い説だけど、ちょっと違うね。
    生物的サイクルと社会生活を両立させるための方法の模索と言えるかな。
    生物的サイクルから解放されちゃったら
    いずれ社会を維持できなくなっちゃうから
    そういう方向には行かないようになってる。
    64  不思議な名無しさん :2018年06月28日 07:39 ID:tdWVuNAg0*
    ちょっと違うねw
    65  不思議な名無しさん :2018年06月28日 07:46 ID:FY0Dc3o60*
    仏陀後の人が伝えた事を解釈して書いたものを解釈している時点でお前ら…真理からほど遠い…

    NEXT仏陀が2000年以上出て来てない時点で何かが間違ってることに気づけw
    66  不思議な名無しさん :2018年06月28日 08:26 ID:T2NfjQs70*
    気持ちよくてつい中出し
    これが因縁になり苦の始まりなんだってことだよ
    67  不思議な名無しさん :2018年06月28日 09:13 ID:ebHaNYAK0*
    では
    悟りとは輪廻から脱出するスイッチみたいなもんか?
    誰も悟ってないからわからないのだろうか?
    68  不思議な名無しさん :2018年06月28日 09:21 ID:w1aVMgIt0*
    つい最近悟りに近いものを感じたことがある。もちろん正確にはどうかはわからんけど。
    この感覚はとても悟りという言葉だけで表せるような状態じゃないと思った。
    だから言葉の限界を同時に知った。悟りと表現しても、すごく薄っぺらく俗物的なモノにしか見えない。

    あらゆる宗教は、ただの妄信による戯言だと思っていたけど、実はそれらの始祖にあたる教えはそうじゃないと思い始めた。
    経典も国も違うけど共通認識があって、その教えの始祖の人々は同じ方向を向いてたんじゃないかなと思う。
    69  不思議な名無しさん :2018年06月28日 09:37 ID:gns4w2aM0*
    実践が全て
    解説者が悟ることは永遠にない
    70  不思議な名無しさん :2018年06月28日 10:14 ID:DaipmClW0*
    >>65
    個人では悟り開いてる人は出てるかもしれないけど、
    それを信じて伝えるのは周りの人間だからな
    それが信じられる文化的土壌やカリスマ性がないと、真理は伝わらない広まらない
    71  不思議な名無しさん :2018年06月28日 10:36 ID:4M.TPp2e0*
    ※67
    スイッチというか悟りが解脱

    梵我一体つまり
    梵、宇宙の有り様を悟る事は
    梵の視野知識を全て誤解なく自分の中で理解する事であり
    梵を俯瞰的に理解出来る外なる視野を持つ事でもあるということ

    こうなった者を如来、仏陀と言う

    仏陀になるスイッチというべきかな



    72  不思議な名無しさん :2018年06月28日 11:37 ID:4n4GQfiO0*
    俺、たった今悟ったと思うんだけど、これで輪廻から抜け出せたのかな?
    73  不思議な名無しさん :2018年06月28日 12:14 ID:K0VVo.NU0*
    難しい事考えても答えなんて出ないんだからさっさと働け!
    74  不思議な名無しさん :2018年06月28日 12:21 ID:FY0Dc3o60*
    >72
    それが分からないんだったら悟ってないんじゃないか?

    輪廻があるとして、真理悟っちゃったら次に転生してもしなくてもどっちでもイイ気がする…
    75  不思議な名無しさん :2018年06月28日 12:32 ID:gns4w2aM0*
    輪廻=苦 だから悟って輪廻から解脱しなきゃ
    っていう思想自体が苦そのものなんだが...

    自分が思うところの正しい行いを実践出来ていれば見えてくるんじゃないか?
    「悟りとはこういうものだ」と解説している内はまだまだだなと思う
    76  不思議な名無しさん :2018年06月28日 13:16 ID:0wOWkrnB0*
    議論のレベルが高いな。
    こういうまとめは助かる
    77  不思議な名無しさん :2018年06月28日 14:26 ID:qo7OkyNf0*
    ※71 梵我一如はヒンドゥーの思想だぞ。仏陀の悟りは、
    永遠不滅の我(アートマン)などは存在しない。
    自分が自分だと思っているもの(我)などは存在しない。
    「自分」という幻想などはなく本当の自分は世界そのものだった。
    というのが仏陀の悟りだ。
    78  不思議な名無しさん :2018年06月28日 14:36 ID:qo7OkyNf0*
    ※77だが若干間違えた。
    本当の自分は世界を成り立たせている本質だった。が正しい。
    ヒンドゥーではこの世界はヴィシュヌ神の夢(マーヤー)だと説くが、
    この世は仮想世界であの世こそが真実だというのが、仏教や最新の
    スピリチュアルの見解だ。
    79  不思議な名無しさん :2018年06月28日 15:58 ID:Qv3vMI5n0*
    釈迦「修行なんて無意味やでー(ハナホジー)」
    80  不思議な名無しさん :2018年06月28日 16:07 ID:3srLNPXJ0*
    人間は、本当に生まれ変わるのか?
    ロイ・ステマン (著)

    おすすめ
    81  不思議な名無しさん :2018年06月28日 16:42 ID:tH0bMpuY0*
    当時はバラモン教が主流で「苦しみまくると次に良いモノに生まれ変われる」って言われてたからじゃない?
    そういう教えが主流だったら、やっぱり新しい宗派もみんなが受け入れやすいようにそれに乗っかった教えした方が受けがいいじゃない。
    82  不思議な名無しさん :2018年06月28日 16:48 ID:FY0Dc3o60*
    色んな書物漁って勉強するのは素敵なことだけど
    得た知識から自分で考えて実践出来なきゃ真理には到達できないと思う
    料理だって材料と作り方知ってても味がみんな同じ味にならない的な

    映画観てても思うけど、かの有名な某翻訳者の訳だってかなり怪しいぞ…それ考えたらパーリ語の翻訳だって怪しく思ってしまう
    83  不思議な名無しさん :2018年06月28日 20:02 ID:ebHaNYAK0*
    ※78
    >本当の自分は世界を成り立たせている本質だった。
    というのは実にすてきな言葉だな

    ※82のいう言語の壁を通りこえたところに悟りというものは存在すると思うが解脱というのは言葉ではなくて体験ではないかと思う。
    それはヨガ的なエクスタシーかもしれないし、突然湧き出たインスピレーションかもしれない。
    しかしヨガによって得られるチャクラなどの開発はあくまでも肉感的であって、哲学的な解脱ではないような気がするんだ。
    84  不思議な名無しさん :2018年06月28日 20:39 ID:k3ORrsXW0*
    君も私も宇宙の一つ
    みんな繋がっている

    なので他人を乏しめてはいけない 
    自分を攻撃するようなものです
    85  不思議な名無しさん :2018年06月28日 21:17 ID:5wqnpMGr0*
    ※79
    修行を極めたものしか言えないことなんやで
    86  不思議な名無しさん :2018年06月28日 21:31 ID:GDzLLrYM0*
    ※36
    少しだけ。面倒くさがりなものでね。

    釈迦は弟子や人々に、「慈悲の心」を説いた。
    また、「乞食(こつじき)の心」を説いた。
    また、「無所有の心」を説いた。

    彼の教えは死後、経典になった。
    しかし、「自我で解釈」し、一杯宗派をつくり、多宗派を攻撃し、「争いをつくってしまった」。

    そして、「似ても似つかない仏教」になり果ててしまった。

    釈迦が、今、日本に蘇ったらどうなるか?

    彼は、嘆き悲しむのではなく、渾身の力をふりしぼって、こう叫ぶ。

    「廃教するのです! 廃仏するのです!」と。
    87  不思議な名無しさん :2018年06月28日 21:42 ID:t2.tFy0b0*
    悟り=解脱ではないらしい。
    悟るのはあくまでスタート地点、悟りの境地に昼夜問わず、死んだとしても留まれるようになったのが解脱。
    そしたら死んで浄土に転生したりするが、もししなくて輪廻の中にいても、悟りの意識状態に留まるならばあまり関係ないとのこと。
    チベットとかの概念は、確かそう。
    88  不思議な名無しさん :2018年06月29日 07:43 ID:5nmhO..f0*
    古代から人の生き死に不要な問題定義をして人を不安にさせる。釈迦=極度にありがたい意味にしたいのが仏教,墓場商売の為に守っているもの。あの世から何言っても訴えられることなんかないから坊主は言いたい放題,現在生きる人達の方が優秀なのに釈迦の話をありがたく思うのは不要で不幸。
    89  不思議な名無しさん :2018年06月29日 08:24 ID:jX2IJbyl0*
    イエスや釈迦は既存宗教を否定することから始まったしな
    90  不思議な名無しさん :2018年06月29日 09:25 ID:L00w0PPo0*
    ※78だがさらに補足。
    「自分」という夢から覚めて本質を取り戻すのだから、二度と
    「自分」という夢=輪廻転生に巻き込まれることはない。
    というのが仏陀の悟り。
    「本質」を宇宙・神・仏とどのような名で呼ぶかはその人の自由。
    自分は老子の言う「道」(タオ)=大いなる流れ、が一番気に入っている。
    91  不思議な名無しさん :2018年06月29日 09:36 ID:sf6DuIkG0*
    お釈迦さんは宇宙人だったの?
    その前を知りたい
    92  不思議な名無しさん :2018年06月29日 15:51 ID:AAeqAfxE0*
    しかし言葉や文書だけで悟ることはできず、まして解脱などは到底不可能。
    100万巻の経典聖書は『実行』という3次元行為の前には立体感を為さぬ。
    93  不思議な名無しさん :2018年06月29日 20:07 ID:XMWTXYW30*
    ブッダがもしこの現代に来たら仏教は倫理学の範疇と言うと思うよ?つまり仏教概念の実在そのものは否定なさると思います。
    94  不思議な名無しさん :2018年07月05日 14:36 ID:6.NJUOTt0*
    ゲームやりたい奴は何回もやるし
    飽きた奴は止める
    それだけの話だろ
    95  不思議な名無しさん :2018年07月14日 19:29 ID:Y3c.YHIs0*
    ※34
    >無と空は同じだよ
    明確に違うから
    「空」ってのは有も無も包含する「ありのまま」の観点だよ

    ……まあこんな風に言葉で言っても意味不明で伝わらんだろうけどさ
    「物事を世界から切り離して差別化して伝える」という言葉という物の性質上、
    それの対極にある(全てを切り分けない・全てを区別しない)「空」を言葉で伝えるのは困難極まりないから

    あと「悟り」にしても、そんな過去から未来までを見通すような
    超越人格者的な知性を持つ事じゃあないから
    96  不思議な名無しさん :2018年08月24日 08:10 ID:9Fuvg50a0*
    向こう側を知れば悟りや解脱の過程を飛ばして理解出来る
    この形而上的感覚を漫画から言葉を借りて説明すると
    ゲッターとは
    という短い文章で伝える事が出来る
    しかし体験している相手にしか伝わらないニュアンスでもある

    「力」を扱える様になっておけば、歩み続けた「道」はやがて答えに至り、その先には待つべきものが待っている
    生きている間に経験できて良かったと思う
    生が苦である事が無くなったし、死も苦では無くなった

    では「力」を得る為には何が必要か
    遠回しなヒントはドラゴンボールの元気玉
    要約するとゲッター
    「道」を進むのに必要な事は既に様々に分かりやすく書かれている

    至る事に関しては先人が様々な方法で示してくれている
    点を集めて線とすれば道標は見えて来る

    「道」から外れない様に生きるのが苦しい間は似た様な生を繰り返す
    自分自身に枷を付けて繰り返すよりも枷を外して向こう側に行けばいい

    生きているから当たり前だと振りかざさない様に
    生きながら向こう側への準備をしておく様に
    97  不思議な名無しさん :2018年08月28日 10:33 ID:Xm4EDzMM0*
    解脱に必要なのは静寂を極める事
    静は何もしない事
    寂は何も考えない事
    98  不思議な名無しさん :2018年09月13日 09:43 ID:7aPw45yz0*
    ノーアクション=ノーリターン
    能動的な事をする必要が無くなったのと何もしないのとでは意味が違う

    悟り≒解脱の理由は、悟りを得た上で更に先にあるのが解脱という事
    悟っただけでは方法を得ただけであって、辿り着いているかどうかは別の話
    辿り着いた状態が解脱、そして更に先がある
    現世で分かり易くするゴール地点が解脱という言葉
    生の意味を探す為に輪廻転生して、答を得ても更に先がある
    死を恐れる必要は無い
    形を変えて全ては続いている
    99  不思議な名無しさん :2018年09月20日 22:05 ID:bDFRsIjU0*
    悟ればそもそも「輪廻転生など無い」ということに気が付くだろう。
    輪廻転生しなくなるというのはそういうこと。

    そりゃDNAは子孫を通じて受け継がれていくし、死んで荼毘に付されれば水分は雨となって循環するだろうしそれ以外は炭酸ガスとなって植物に取り込まれ新たな命の糧となるだろう。
    輪廻転生が有るとすればそういうもの。
    個々人の「自我」などとこにも残らない。
    それ以外の「輪廻転生」思想など所詮は「死んでも生きていたい」という執着に他ならない。

    この辺は2500年前の人間よりは科学の時代を生きる現代人の方がはるかに悟りに近い存在だと思う。

     
     
    topページに戻るボタン

    不思議ネット
    とは

    不思議.netでは怖い話・オカルトから科学ネタまで、2chを中心に世界の不思議な話題をお届けしています。普段2chを見ない人でも気軽にワクワクできる情報サイトをっころがけて毎日絶賛更新中!