まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

募集終

怖い話!

第一回 怖い話グランプリ  結果発表!!

締め切り:2018年8月12日(受付終了しました)

【男のロマン】巨大古代生物とか言う厨二心くすぐるカテゴリーwwwwwwww

2018年07月15日:12:05

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 48 )

1: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 22:47:53.76 ID:HVgbTelp0
リードシティプス!
https://ja.wikipedia.org/wiki/リードシクティス・プロブレマティカス
ギガントエピクス!
メガロドン!
https://ja.wikipedia.org/wiki/メガロドン
アーケロン!
https://ja.wikipedia.org/wiki/アーケロン

ウィキ見てるだけで時間が過ぎていくwwwwwwwwwww


リードシティプス!
Leedsichtys092

800px-Leedsichthys_problematicus

ギガントエピクス!

メガロドン!
VMNH_megalodon

800px-Megalodon_scale1

アーケロン!
Archelon_BW
恐竜展行ってきたから画像貼ってく
http://world-fusigi.net/archives/8927374.html

引用元: 【男のロマン】巨大古代生物とか言う厨二心くすぐるカテゴリーw(笑)







2: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 22:48:08.56 ID:HVgbTelp0
どうして昔の生き物はデカかったんやろねえ…

16: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 22:50:52.70 ID:FSMsED5x0
>>2
昔は酸素濃度が濃かったから体大きくなっても酸素が足りなくなることはなかった

21: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 22:51:29.38 ID:HVgbTelp0
>>16
でも大きくしすぎてどうすんの?
エネルギー半端ないやん!(大迫)

36: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 22:54:54.08 ID:FSMsED5x0
>>21
エネルギー消費量は身体が大きくなればなるほど当然大きくなるけど効率は良くなる
寒所のシカやクマが大きい身体の例で
体重に対して異常な量食わないといけないもぐらとかハチドリとかが小さい身体の例

41: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 22:55:33.26 ID:HVgbTelp0
>>36
それ寒いからとちがうの?

57: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 22:58:15.69 ID:FSMsED5x0
>>41
寒いからエネルギーをよく使うがゆえに効率よくせな生き残れんのよ
ベルクマンの法則ってやつやったわ

ベルクマンの法則

ベルクマンの法則とはドイツの生物学者クリスティアン・ベルクマンが1847年に発表したものであり、「恒温動物においては、同じ種でも寒冷な地域に生息するものほど体重が大きく、近縁な種間では大型の種ほど寒冷な地域に生息する」というものである。これは、体温維持に関わって体重と体表面積の関係から生じるものである。類似のものにアレンの法則があり、併せてベルクマン・アレンの法則と呼ばれる事もある。

例えばよく例に挙げられるものに、クマがある。熱帯に分布するマレーグマは体長140cmと最も小型で日本からアジアの暖温帯に分布するツキノワグマは130-200cm、温帯から寒帯に生息するヒグマは150-300cm、北極近辺に住むホッキョクグマは200-300cmにも達する。また日本国内のシカは北海道から慶良間諸島まで分布するが北海道のエゾシカが最大であり、慶良間諸島のケラマジカが最も小柄である。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ベルクマンの法則

65: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 22:58:50.29 ID:HVgbTelp0
>>57
やっぱり温度関係あるんやね
ワイは生物博士になれるかも!

3: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 22:48:39.52 ID:HVgbTelp0
1番のお気に入りは王道を行くアノマロカリスですかね…

no title

アノマロカリス

アノマロカリスは、約5億2,500万- 約5億0,500万年前の海に棲息していた捕食性動物である。アノマロカリス科(en)の模式属で、突出して著名な1属である。

バージェス動物群(約5億0,500万年前に棲息)の代表的動物として広く一般に知られるようになったが、更に古い時代に属する澄江動物群(約5億2,500万- 約5億2,000万年前に棲息)にもその姿を見出せる。一方で、バージェス頁岩累層より新しい地層からの出土はほとんど無い。

現在知られている限りカンブリア紀最大の動物であり、当時の頂点捕食者(生態ピラミッドの最高次消費者)であったと考えられる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/アノマロカリス

4: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 22:49:13.06 ID:HVgbTelp0
多分傑出度ならアノマロカリスはトップやないかなー?
他はみんなちっこい微生物クラスやったからねー

8: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 22:50:07.69 ID:DzrLfUhld
想像図とは言え造形雑よな

12: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 22:50:26.04 ID:HVgbTelp0
>>8
今で言うシャチとかシマウマみたいなもんやよね!

9: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 22:50:08.69 ID:6txcXrQX0
絶滅種もええで
ニホンカワウソとかニホンオオカミどっかにおらんかなあ

13: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 22:50:26.72 ID:nSzF9NDrp
シロナガスクジラ

s

18: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 22:51:04.89 ID:HVgbTelp0
>>13
古代含めても史上最大なんだよね

17: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 22:51:04.09 ID:wvsWM1y80
モンゴリアンデスワームは実在する

19: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 22:51:07.40 ID:1sJSwIyz0
シーラカンス「…」

25: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 22:52:17.07 ID:O9/aQSvad
アノマロカリスでかいか?

27: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 22:52:46.17 ID:HVgbTelp0
>>25
1メートル未満やで
でも、当時は他の生物の大きさは5センチくらいやったんや

26: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 22:52:18.23 ID:HVgbTelp0
水中は重力関係ないから際限まで大きくなるんだとか

28: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 22:53:00.43 ID:CutD/oPJ0
ワイはドードーでもワクワクやわ
no title

30: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 22:53:28.07 ID:HVgbTelp0
>>28
こんな生き物が最近までホントにいたんやな~ってワクワクするよね(笑)

29: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 22:53:21.67 ID:Fm4Iq6RCp
昆虫とかが哺乳類の先祖よりデカかったのも興味深い

32: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 22:53:51.29 ID:HVgbTelp0
>>29
昆虫は自重で潰れるから大きくはなかったやろウソつかないで

33: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 22:54:20.02 ID:NJylybmQ0
>>32
いまより重力低かったんやで😁

35: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 22:54:33.07 ID:HVgbTelp0
>>33
コマ?

43: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 22:55:39.21 ID:NJylybmQ0
>>35
ちな1日も24時間やないで😁

45: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 22:56:24.10 ID:HVgbTelp0
>>43
自転が早かったんやろ?
それくらい知ってるよ!(フフン

39: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 22:55:09.40 ID:gzDEu3pnp
>>32
哺乳類より大きいは飛躍してるが実際人間の虫に対しての嫌悪感は太古からの遺伝子レベルで引き継がれたもの
脅威になり得るサイズなのは本当

44: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 22:55:58.83 ID:HVgbTelp0
>>39
ほんと~?
メガギラスとか70センチくらいやん
※たぶんメガネウラの事を言っているんでしょうね。

メガネウラ

メガネウラは、約2億9,000万年前(古生代石炭紀末期)の森に生息していた原始的なトンボ。原蜻蛉目(げん-せいれい-もく。原トンボ目とも称する)に分類される。日本語ではゴキブリトンボともいう。 現在知られている限りで史上最大の昆虫は、本種と同じメガネウラ科に属する近縁種メガネウロプシス・アメリカラである。同種は史上最大の飛翔性節足動物でもある。

捕食性(肉食性)。本種 Meganeura monyi や上述の近縁種 Meganeuropsis americara は翼開長70センチメートル前後(約60センチメートルから最大で約75センチメートル)に達し、これらは現在知られている限りの史上最大の昆虫である。
wiki-メガネウラ-より引用
関連:地球上でもっとも大きかった昆虫、メガネウラ。

800px-Meganeuradae

48: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 22:57:09.61 ID:gzDEu3pnp
>>44
70cmの虫の顎の力って半端じゃないだろ
たとえば70cmのクワガタに挟まれる事を想像してみろ
人間が異様にゴキブリ嫌いなのはこういう遺伝子の記憶からや

121: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:06:45.28 ID:pw9xrk8Za
メガネウラすき
あんなの飛んでたら泡吹きそうやけど

124: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:07:10.28 ID:u5bBxBPka
>>121
あの時代ならスースロプレウラが好きやわ

アースロプレウラ

アースロプレウラは古生代石炭紀の森林に生息した巨大な節足動物である。節足動物の仲間としては、ウミサソリの一種と並んで史上最大級のものと考えられる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/アースロプレウラ

Arthropleura_1914

37: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 22:54:58.29 ID:Nv9+m0m80
でも、実際は全然違う生き物やったわ!ってことになったら悲しい
ワクワクするけどそれが怖い

60: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 22:58:36.16 ID:RqshHIGE0
>>37
恐竜がカラフルだったとか羽毛生えてたとか聞いたときの絶望感
否定されたみたいやけど

42: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 22:55:37.33 ID:DzrLfUhld
日本史で言うところの戦国時代感あるよな

46: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 22:56:54.05 ID:HVgbTelp0
昆虫は古代の宇宙からの飛来生物だっていう論すこ

49: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 22:57:13.54 ID:+sPtwOYh0
巨大ムカデとか現存してたら
ダイオウグソクムシみたいに一周回って愛されキャラになってそう

51: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 22:57:23.22 ID:NJylybmQ0
カンブリア爆発とかいうロマンの塊
なんJカンブリア紀の生物大好き部
http://world-fusigi.net/archives/8189065.html

52: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 22:57:32.51 ID:R2x8WyfP0
no title

no title

no title

no title
絶滅した古生物が現代の風景にいるワクワク感……! 大きさが直感的にわかる『リアルサイズ古生物図鑑』がゾクゾクすると話題に - ねとらぼ
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1807/05/news126.html

59: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 22:58:35.50 ID:NJylybmQ0
>>52
これほんまほしい

126: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:07:17.68 ID:21UQM68Jd
>>52
これいい企画やね

129: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:08:00.59 ID:pw9xrk8Za
>>52
ええなこれ

55: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 22:58:03.13 ID:oll64acv0
つい最近までデカイ鳥とかデカイトカゲもおったんやろ?

61: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 22:58:36.95 ID:nSzF9NDrp
今恐竜がおっても歩けんいうな

69: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 22:59:40.90 ID:oll64acv0
>>61
重力変わったんか?

83: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:01:13.09 ID:nSzF9NDrp
>>69
て言われてた時もあったけどどうなんやろな

70: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 22:59:55.45 ID:Bm/wwT5gr
メガネウラのヤゴ見てみたい

75: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:00:19.67 ID:nSzF9NDrp
シャチの骨格見る限り恐竜もそない特異な見た目やなかったやろな

no title

81: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:01:08.66 ID:HVgbTelp0
>>75
逆やろ
特に捕食される側は色とかシマシマやったんとちがうか?

98: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:03:47.63 ID:nSzF9NDrp
>>81
そっちの見た目はたしかにわからんな
肉付きはクジラやイルカとそない変わらんのちゃうかな思うんや
河馬とかサイにしてもそやけど
専門家からしたらそんなことないんかな

108: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:04:50.57 ID:HVgbTelp0
>>98
肉付きはあるある~
首長水竜とかもホントは首に肉が付きまくってたと思う

115: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:06:05.29 ID:nSzF9NDrp
>>108
首長やっぱそう思うよな
あれも時代によってティラノみたいにコロコロ復元図変わりそうなもんやのに

125: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:07:11.10 ID:HVgbTelp0
>>115
多分ワニとかあんな系統の首の太さやと思うわ
水中なら重力関係ないし

122: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:07:02.87 ID:x/lT1FeY0
>>98
ワニとかの現世爬虫類は顔にほとんど肉ないから復元しやすいんや
カバなんかの哺乳類は顔に肉付いてるから骨格とイメージがずれるやで
恐竜がどっちに近いか知らんけど

78: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:00:38.10 ID:HVgbTelp0
やっぱり変温動物は高温やと大きくなるんかなあ
ワニとか死ぬまで大きくなる言うもんね!

80: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:00:59.84 ID:/Mplk0ReM
海洋生物のがフォルムが変化にとんでてすき

85: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:01:48.93 ID:CwClkbae0
ケツァルコアトルスになら食われても良えわ
あいつこそロマンの塊

ケツァルコアトルス

ケツァルコアトルスは、中生代の終わり、白亜紀末の大量絶滅期の直前の時代を生きていた翼竜の1属である。翼指竜亜目(プテロダクティルス亜目)中のアズダルコ上科アズダルコ科に分類される。

約8400万年前(中生代白亜紀後期カンパニア階)から約6550万年前(同・末期マーストリヒト階)にかけての約1850万年間、海進時代の北アメリカ大陸に生息していた。

現在知られる限りで史上最大級の翼竜であり、同時に、史上最大級の飛翔動物である(かつては「史上最大“級”」ではなく「史上最大」とされていた。今日(2008年時点)もなおそのように紹介されることが多い)。

最初の化石は、1971年の夏にアメリカ合衆国テキサス州ビッグ・ベンド国立公園内の白亜系地層を調査していた、テキサス大学の学生ダグラス・ラーソンが発見した。

それは翼の骨の一部分であり、この生物は翼開長(翼を全開した状態での左右の翼先端間の距離)が12mにも及ぶと判断され、1975年、新種 Quetzalcoatlus northropi として記載された。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ケツァルコアトルス

154

93: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:03:23.35 ID:+sPtwOYh0
海の王者遍歴ほんまおもろい
節足動物(アノマロカリス)

魚(ダンクルオステス)

爬虫類(モササウルス)

哺乳類(シャチ)

新たな種族が誕生する度に
天下が入れ替わってる

101: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:04:11.55 ID:HVgbTelp0
>>93
メガロドンさんはまーだ時間かかりそうですかねー?

106: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:04:45.17 ID:oll64acv0
>>93
イカやタコの天下はまだないのか

120: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:06:41.31 ID:Fm4Iq6RCp
>>93
両生類って生態系において魚類と爬虫類の中間でしかないよなぁ

128: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:07:57.42 ID:tiBeJZrr0
>>93
逆やろ前の奴らが滅んでから初めて新しい奴が天下取れるようになる

95: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:03:34.36 ID:gzDEu3pnp
ワイは過去や宇宙よりも深海が気になるわ
ここが解明されたらもっとハッキリするやろ色々と

97: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:03:42.99 ID:HVgbTelp0
ギガントテピクスとかどんだけパワーあったんやろなあ
今のゴリラからして見るに、木とかなぎ倒せたんちゃうか?

ギガントピテクス

ギガントピテクスは、ヒト上科の絶滅した属の一つである、大型類人猿。 身長約3m、体重約300 - 540kgに達すると推測される本種は、現在知られる限り、史上最大のヒト上科動物であり、かつ、史上最大の霊長類である。

約100万年前(新生代第四紀更新世前期後半カラブリアン)前後に出現したと見られ、中国、インド、ベトナムなどに分布していたが 、30万年前(更新世後期前半イオニアン、中期旧石器時代の初頭)あたりを境にしてそれ以降確認されない。本種の生存期間はホモ・エレクトゥス類が栄えていた時期と重なり、両者の生息域はかなり重複していたようである。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ギガントピテクス

600px-Gigantopithecus

103: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:04:24.59 ID:u5bBxBPka
リヴィアタンメルビレイだいすこ😍😍

リヴィアタン・メルビレイ

リヴィアタン・メルビレイ (Livyatan melvillei) はマッコウクジラ上科に属する化石クジラ類。中新世中期、1200-1300万年前に生息していた。

2008年11月、ペルーの都市イカの南南西35 km、Pisco累層の堆積物中から発見された。化石は頭骨の一部であり、歯・下顎が付随していた。発見者はロッテルダム自然史博物館の研究者 Klaas Postであり、2008年11月の野外調査最終日、偶然の発見であった。

全長は13.5-17.5 mと推定され、これは現生のマッコウクジラの雄とほぼ同じである。頭骨の長さは3 mほどであるが、現生種と違い、両顎に機能的な歯が存在する。
https://ja.wikipedia.org/wiki/リヴィアタン・メルビレイ

465px-Livyatan_melvillei

109: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:04:53.06 ID:MGIYb9RL0
>>103
鯨みてぇなやつか

112: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:05:31.25 ID:u5bBxBPka
>>109
歯しか見つかっとらんけどな😢

110: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:05:06.72 ID:Fm4Iq6RCp
復元画像は実際実物見て見ないとわからんよなぁ
象を知らずに象の骨格から再現図とか絶対描けないやろ

135: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:08:58.22 ID:IopMCQuJ0
首長竜は首が長いタイプとリオプレウロドンみたいな首短くて口でかいタイプで別れてる
首が長いのは魚を待ち伏せるのに必要でその時首が太いと邪魔

140: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:09:42.56 ID:pw9xrk8Za
巨大ちゃうけどハルキゲニアもええよな
異質すぎる

144: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:10:22.89 ID:HVgbTelp0
>>140
なおバカが上下逆さまに考えてた模様w

3ede296f
尾が頭だった、ハルキゲニア化石に目と口を発見 研究
http://www.afpbb.com/articles/-/3052710

149: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:11:08.22 ID:pw9xrk8Za
>>144
これ草

143: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:10:15.43 ID:u9wunEi00
軟骨魚は骨残らんから地味やなぁ

147: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:10:44.14 ID:TL0XdbgSa
ブイブイいわしてた生物がなぜ絶滅したかっていう理由に興味あるわ
儚くてロマンあるンゴね

152: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:11:57.58 ID:NJylybmQ0
深海の進化の途中形態みたいなヤツらほんとワクワクする

153: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:12:08.95 ID:u9wunEi00
ギガントピテクスはなんで繁栄できんかったんや?

156: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:13:22.71 ID:HVgbTelp0
>>153
小型のスピードタイプ(ジャイアントパンダの先祖)が出てきたからエサ全部持ってかれました…

155: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:12:48.49 ID:HVgbTelp0
10メートルの巨大な殻を持ってたイカ、カメロゲラス
こんなんおったら人間食い殺されるで…

157: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:13:49.03 ID:HVgbTelp0
ダンクレオステウスとか言うロマンの塊なんだよなあ

ダンクルオステウス

ダンクルオステウス(Dunkleosteus:ダンクルの骨 の意)は、古生代デボン紀後期の北アメリカ大陸、及び北アフリカに生息していた板皮類の属の一つ。日本語ではダンクレオステウス、ダンクレオレステス、ダンクルオレステスとも呼ばれる。

体長は6-10m程と推測されており、現在発見されている限りでは最も大きな板皮類の一種である。
この魚は、当時の生態系の頂点に立っていたと考えられている。
wiki-ダンクルオステウス-より引用

1135147e

800px-Dunkleosteus

159: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:14:32.78 ID:HVgbTelp0
チタノボアとか言う、太さ1メートル全長15メートルの怪物

ティタノボア

ティタノボア Titanoboa はヘビの属の一つ。学名は「巨大なボア」を意味する。K-T境界の1000万年ほど後となる、約6,000-5,800万年前(暁新世)に生息していた。Titanoboa cerrejonensis の1種のみが知られており、これは既知の種の中で史上最大のヘビである。

この脊柱の化石を現存するヘビと比較した結果、T. cerrejonensis は最大全長12-15メートル、体重およそ1,135キログラム、最も太い部分の直径は1mと見積もられた。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ティタノボア

Titanoboa_NT

160: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:15:00.00 ID:HVgbTelp0
ちなみにヘリコプリオンのアホ面すこ

ヘリコプリオン

ヘリコプリオンは古生代ペルム紀に生息した古代のサメあるいはギンザメと思われる生物。名の意味は“ゼンマイ状の鋸”であり、生え変わっても脱落することなく先端に向かって伸び続ける歯を指す。軟骨魚類であるため、この特徴的な歯のみが化石として残り、この歯列が上顎と下顎どちらについたか、或いは背部についていたか、板鰓亜綱か全頭亜綱のどちらに属するかすら明らかでない。

wiki-ヘリコプリオン-より引用

Helicoprion_Bessonovi2


170: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:17:13.41 ID:NJylybmQ0
>>160
こいつメガロドンよりでかかったんか

164: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:15:36.36 ID:eXmgSYKZ0
酸素の濃度が今より濃いからでかかった理論ってマジなん?

175: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:18:59.67 ID:FUgPgMk70
>>164
むしろPT境界以降は酸素濃度が少なく、特殊な構造の肺を持った恐竜が反映できたといわれている

179: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:19:51.89 ID:HVgbTelp0
>>175
巨大生物の心臓ってどうなっとるンゴ?
どんだけ高血圧なの!

189: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:21:54.14 ID:u5bBxBPka
>>179
キリンがめっちゃ高血圧やし雷竜とかはやばそうやな
首上げんからそんな関係ないやろかね🤔

167: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:16:11.37 ID:bmRBPL6Xp
ファンタジーとかに出てくる海のクッソでかい生き物好き

169: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:17:00.88 ID:HVgbTelp0
スミロドンとかなんで絶滅したんやろなあ
今で言うならライオンが絶滅するようなもんやろ

スミロドン

スミロドン は、新生代第四紀更新世前期から更新世末期の約250万 - 1万年前の南北アメリカ大陸に生息していたサーベルタイガーの一種[1]。サーベルタイガーの中でも最後期に現れた属である。アメリカ大陸間大交差によって北アメリカから南アメリカに渡った一種。

体長1.9 - 2.1メートル、体高1 - 1.2メートル。南アメリカに進出したグループの方がより大型であった。「サーベルタイガー」の名の元となる、24センチメートルに及ぶ牙状の長大な上顎犬歯を持つ。
https://ja.wikipedia.org/wiki/スミロドン

600px-Smilodon_Skeleton

177: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:19:35.07 ID:x/lT1FeY0
>>169
生態系の頂点のやつはその環境に特化したピーキーなステータスなんや
環境変わったら適応できんくてコロっといってまうんや

182: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:20:30.42 ID:HVgbTelp0
>>177
結局ナンバーワンになれない奴らの方が長く繁栄するんやね

187: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:21:32.87 ID:Cnkjv8AT0
アノマロカリス
巨大ではないけどあの形態はワクワクするよな?

194: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:22:58.86 ID:MnMrc2TA0
絶滅した目とか類wikiで追っていくといつの間に数時間経ってて草
https://ja.wikipedia.org/wiki/絶滅した動物一覧

196: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:23:26.57 ID:HVgbTelp0
>>194
ヤバイよねw

197: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:23:38.63 ID:hv5nnuFl0
やっぱ深海生物やで

200: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:24:47.58 ID:NJylybmQ0
>>197
最近チューブワームなるものを知ったぞ
あいつらあのなりで動物かよ

チューブワーム

チューブワーム (tubeworm) とは、深海の熱水噴出孔や冷水湧出帯周辺に生息する生物である。発見当時は分類上の所属が不明なことから、チューブ状の棲管に入り、入り口から頭を覗かせる姿そのままの名前で呼ばれた。和名はハオリムシ(羽織虫)。

体長は数十センチメートルほどで先端には紅色のハオリをもつ。口・消化管・肛門などの消化管等をもたず、硫黄酸化細菌と細胞内共生している。ハオリから硫化水素等を取り込み細菌に供給し、細菌は有機物を供給している

しかし、チューブワームが生息している場所は必ずしも硫化水素が豊富に含まれている海水ではない場合もあり、また海泥には硫化水素が豊富にあってもそこから硫化水素を取り込んでいることは確認されていない。そのため、体内に複数の細菌を棲み分けており、それらの細菌を使って硫黄の酸化・還元反応の両方が行われているとする科学者もいる。これと似た代謝系を持っている生物としてはシロウリガイがいる。だがそれでもその生理・生態は不明な点が多い。

1977年、ガラパゴス諸島沖の深海で、潜水艇「アルビン号」により発見される。発見当初、その様子のあまりの異様さと、しばらくはその分類学上の位置が決まらなかったことからそのままチューブワームと呼ばれ続けた。
https://ja.wikipedia.org/wiki/チューブワーム

570px-Lamellibrachia_luymesi1

199: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:24:33.87 ID:HVgbTelp0
今も生きてる生き物とほとんど同じフォルムした奴らが古代にもいたって思うと心から震える。

203: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:25:14.17 ID:rYaB4OVk0
これがハルキゲニアって生き物や!

すまん上下間違えてたやで

前後も間違えてたわすまんな


こんないい加減な学問よく許されるなあ

206: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:26:18.57 ID:HVgbTelp0
>>203
そこらへんもまた古代生物のええところやね

209: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:26:36.87 ID:Cnkjv8AT0
>>203
昔図鑑で見てすごい印象残ってるわ
はえ~変な生き物やって

205: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:25:47.47 ID:MkJe6Psk0
アホみたいにでかい哺乳類ロマンあるよな

208: 風吹けば名無し 2018/07/14(土) 23:26:32.47 ID:foGs3gDja
アノマロカリスって食ったら美味そう

不思議ネタ募集中
不思議.netで扱ってほしいネタ、まとめてほしいスレなどがあれば、こちらからご連絡ください。心霊写真の投稿も大歓迎です!
面白いネタやスレは不思議.netで紹介させていただきます!

■ネタ投稿フォームはこちら
https://ws.formzu.net/fgen/S13082310/








  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【男のロマン】巨大古代生物とか言う厨二心くすぐるカテゴリーwwwwwwww

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2018年07月15日 12:47 ID:i5QwHsou0*
テリジノサウルスなんかも最初は亀の姿で復元されてたもんな。
2  不思議な名無しさん :2018年07月15日 12:51 ID:.DI6EDRv0*
未知の古代生物ってだけで大きくなくても興奮する
3  不思議な名無しさん :2018年07月15日 12:51 ID:rVMdd7Zg0*
バージェス動物群のやつらが今でもうようよしてたら腰抜かすわ。
海水浴なんてとてもやれない。
4  不思議な名無しさん :2018年07月15日 12:54 ID:1jcY0mql0*
ヘリコプリオンって見た目最近変わったよね?
喉に向かってノコギリ上の刃が並んでる図になった。
5  不思議な名無しさん :2018年07月15日 13:49 ID:8TNe.oCa0*
あーでもないこーでもないと論争しながら真の姿に迫っていくのが古生物学の面白さなんだから、復元図が二転三転してもいい加減とはまた違うだろ。
6  不思議な名無しさん :2018年07月15日 14:07 ID:7tb9QJF00*
遺伝でゴキブリ嫌いってそれほんま?
北海道の友達ニコニコしながら捕まえて喜んでたぞ
北海道にゴキブリおらんからか?
7  不思議な名無しさん :2018年07月15日 14:18 ID:KfYMF4GX0*
最近は「こんなでかい生き物生きられない!作り物だ!」って言う連中もいるからな・・・自分の頭の中の物差しでしか世の中測れないって嫌だわ
8  不思議な名無しさん :2018年07月15日 14:42 ID:2pfMgjDa0*
どこぞの大学の実験でやってたけど、高濃度酸素の状態の水槽で金魚を飼育すると、驚くほど巨大化するからな。
9  不思議な名無しさん :2018年07月15日 15:08 ID:UG74J7eC0*
寒くなると相対的な表面積を減らすために生物が大型化しやすい
高い酸素濃度が生命の大型化を促進
古代の世界は暑苦しい熱帯のはずだが案外寒かったのかもね
恐竜も鳥の直系で恒温動物ぽいし
10  不思議な名無しさん :2018年07月15日 15:09 ID:UG74J7eC0*
※3
深海に行くとよく似た生き物ばかりだよ
創造論としては、進化など起きていない事の証明になる
11  不思議な名無しさん :2018年07月15日 15:10 ID:ubphszdU0*
メガテリウムやメガロドンみたいに現在も近い種が生存しているが
その大きさは巨大だという生物がわくわくする
12  不思議な名無しさん :2018年07月15日 15:10 ID:scW.s1pc0*
どうでもいいけどイッチのテンションが寒い
13  不思議な名無しさん :2018年07月15日 15:37 ID:0sOfn0fO0*
オパビニアの捕食こそロマンだろ
14  不思議な名無しさん :2018年07月15日 15:37 ID:AxsIV6Ny0*
>>2 どうして昔の生き物はデカかったんやろねえ…

真面目にコツコツがんばって来たからよ!
15  不思議な名無しさん :2018年07月15日 15:47 ID:kFtmwr.F0*
ARKスレ
16  不思議な名無しさん :2018年07月15日 16:01 ID:9BqeUTRt0*
ニホンカワウソもニホンオオカミも見たことあるぞ
まあ誰も信じてくれないけど、四万十と南信とだけ書いとくから好事家の方はどうぞ
17  不思議な名無しさん :2018年07月15日 16:23 ID:dozd3myv0*
ゲームでの架空の存在だけど、大帝国の富嶽にはロマンを感じた
18  不思議な名無しさん :2018年07月15日 16:26 ID:lL8pbokk0*
皆、ARKやろうぜ!!
19  不思議な名無しさん :2018年07月15日 16:29 ID:A9oxC.B70*
ずっとメガネ-ウラだと思ってたけど、この記事読んでメガ-ネウラであることに気づいた。
20  不思議な名無しさん :2018年07月15日 16:45 ID:ymoHH.Jm0*
ゴキブリってなんであんな嫌と思うんやろうか
遺伝子レベルで刻まれてるって言われるけど、普通に触ってる人もいるし、食ってる民族もいるって聞くけど
21  不思議な名無しさん :2018年07月15日 17:42 ID:Bplc1s660*
※20
単なる刷り込み
少なくとも何もわかってない赤ん坊とかが恐怖したりしない
大人が嫌がったり汚いと教え込んだりするからそう思い込んでるだけ
22  不思議な名無しさん :2018年07月15日 17:44 ID:0t3fdKDV0*
恐竜時代の重力が軽かったから恐竜が巨大化できたってのはウソや
自転が速かったのは事実だけどその影響は誤差の範囲
昆虫が宇宙から来たってのもウソや
細胞のレベルでは昆虫は他の生物と共通基盤で全く同じ構造や

※20
遺伝子は関係ないだろうな
西洋人はタコやイカやナマコを異常に嫌悪するけど日本人は平気だし
日本に来て初めてゴキブリを見た欧米人はゴキブリ平気な人が多い
単に文化の影響だろうな
23  不思議な名無しさん :2018年07月15日 17:55 ID:dYCJKlAK0*
ただ、蛇に対する嫌悪感は遺伝関係ありそうだよね
24  不思議な名無しさん :2018年07月15日 19:31 ID:UB4pdQgb0*
今より重力が弱かったというトンデモで萎えるわ
トンデモオカルティストは排除してまとめれくれんかね・・・
25  不思議な名無しさん :2018年07月15日 19:55 ID:SxBJsNKT0*
アプソロブラッティナみたいなのはボンボン坂に出てたが。
26  不思議な名無しさん :2018年07月15日 20:18 ID:WntSn9xC0*
猿の子は何も教育されてなくてもヘビを怖がるからね 間違いなく遺伝だね
ゴキブリに関してはコキブリ自体を嫌悪するんじゃなくて、家(巣)の中にいる比較的大きな虫を本能的に嫌悪してるんじゃない?
外でゴキブリみても何も思わんけど、家の中にいるコオロギはぶっ殺したくなる
みんなそうじゃない?
27  不思議な名無しさん :2018年07月15日 21:10 ID:dHcViOLI0*
それまでの学説が否定されるなんて学問じゃ日常茶飯事
自分が常識だと思っていたものが覆されてもそれを素直に受け入れられない様な奴はまともな学者にはなれんのよ
28  不思議な名無しさん :2018年07月15日 22:17 ID:me4W.vRe0*
クモだけを異様に嫌悪するアラクノフォビアっていう名前がついた不思議な症状もあるけど
ゴキブリはそういうのじゃないだろうなぁ
29  不思議な名無しさん :2018年07月15日 22:24 ID:me4W.vRe0*
※10
深海にはほとんど浅瀬にもいる生物の延長上としか思えない動物しかいねえよ
一体何を見てそう思ったのか不思議すぎる
30  不思議な名無しさん :2018年07月15日 23:45 ID:sEYirsAg0*
イッチ楽しそうに語るのはいいが、語るなら生物の名前くらいちゃんと覚えれ
31  不思議な名無しさん :2018年07月16日 00:11 ID:nw5xNd0a0*
これだけ生物の名前間違えまくっててハルキゲニアの復元間違えたのバカにしてるイッチに草
32  不思議な名無しさん :2018年07月16日 01:04 ID:A.X3jSFJ0*
特殊化してしまうと環境の変化に対応できなくて呆気なく絶滅するらしいな。哺乳類は特殊化してなくて恐竜絶滅後に天下を取ったみたいだね。
33  不思議な名無しさん :2018年07月16日 01:05 ID:qT0yBqPt0*
バージェスの化石は軟組織が残ったもんで、頁岩の染みみたいになってるんや
そんなもんから、今はまったく存在しない生物の姿を復元して記載するんやから、そら上下左右ぐらいは間違えるよ
ってか頭部や上下がわかったのも、中国でもっと状態のいい化石が出たからやからね
モリスは古代生物のレジェンドやぞ、知らん奴があんまりバカにするもんやない
34  不思議な名無しさん :2018年07月16日 02:00 ID:XM4EQggd0*
バージェス化石の実物見たことあるけどあんなシミから復元しろとか無理ゲーだ
1の方がバカだし腹の立つバカだ
35  不思議な名無しさん :2018年07月16日 02:41 ID:NjozzwTI0*
翼を広げると3メートルあるっていうハーストイーグルってのはホントに居たのかねー?
36  不思議な名無しさん :2018年07月16日 09:30 ID:G2.AMaUl0*
権威の人が間違えた結果を出すとその人が生きてる間は
情報が更新されなかったり握り潰されたりする事があるそうな
37  不思議な名無しさん :2018年07月16日 10:26 ID:GuKA0G970*
せっかく楽しくてためになる話してんだから普通に話せばいいのに
へたくそな猛虎弁てすげーイライラする。翻訳機が訳した変な日本語みたい。
38  不思議な名無しさん :2018年07月16日 10:49 ID:JCoHQzt80*
アノマロカリスは神様がちげーよwとか言って笑ってそう
39  不思議な名無しさん :2018年07月16日 10:54 ID:VZneeM000*
おったんやろなぁと想像するのはわくわくするけど今も存在して目の前に現れたら腰抜かすほどビビると思う
40  不思議な名無しさん :2018年07月16日 12:12 ID:FqO9r1IH0*
メガロドンの歯の化石。お勧め。
一万円位で超迫力。
41  不思議な名無しさん :2018年07月16日 12:16 ID:Zv8nSYpG0*
恐竜絶滅後にその後を追うように出現した大型哺乳類が好き
バルキテリウムとか
42  不思議な名無しさん :2018年07月16日 12:19 ID:U55YwruZ0*
子供の頃にコナン・ドイルの小説読んでワクワクしたよなぁ
43  不思議な名無しさん :2018年07月16日 21:27 ID:98njfoHt0*
象とかキリンとか普通に知ってるから驚かないけど絶滅後の人類に「こんなの生で見られるなんて信じられないうらやましい!」って言われる物件だよなあ
44  不思議な名無しさん :2018年07月16日 21:44 ID:6Hb8wyKx0*
※10
マジで?
アノマロカリスみたいなのとかオパビニアみたいなのとかいるの?
45  不思議な名無しさん :2018年07月16日 22:27 ID:XM4EQggd0*
※43
今動物園で見てもわりと感動できる
46  不思議な名無しさん :2018年07月16日 23:25 ID:FcnxZBUv0*
アノマロカリスは、蒸してポン酢(`・ω・´)
47  不思議な名無しさん :2018年07月20日 16:18 ID:4QmW7xou0*
カバやシャチの骨格を引き合いに出して恐竜がどんな見た目してたかわからないみたいなこと言う人居るけど、哺乳類には表情筋が存在するから顔面の肉付きが骨格からは想像できないだけで恐竜に関しては表情筋が存在しないから想像図と大体変わらんだろうということはわかるようになってる。
48  不思議な名無しさん :2018年07月21日 14:20 ID:3v3Y9.UF0*
遺伝子レベルで虫やゴキが嫌いなのは本当かなぁ…?北海道とかゴキがいない地域の人がゴキを初めて見て「綺麗」って言ってる話とかよく聞くよね

 
 
上部に戻る

トップページに戻る