不思議.net

怖い話・オカルトまとめブログ

アクセスランキング(5日間)
    本日のおすすめニュース
    本日のおすすめニュース一覧
    32

    【昭和の怪奇事件】「必ず死ぬ」の因縁つき…呪われた伝説のお化け屋敷が実在した!?(前編)

    謎の新聞記事「大森のお化け屋敷」

    2018年6月某日、いつものように図書館で古新聞を調べていたら奇妙な記事を発見した。
    1936年(昭和11年)7月2日、読売新聞に以下のような記事と写真が掲載されていた。

    夏むきのお誂へ?大森にお化け屋敷『必ず死ぬ』の因縁つき

    東京都大森区馬込町(現在の東京都大田区南馬込付近)にある「磨墨の塚」の近くにはかつて「お化け屋敷」と呼ばれていた古い屋敷があったという。

    図1大森お化け屋敷
    読売新聞1936年7月2日号

    記事によると、この「お化け屋敷」は1909年に建てられたものの持主が転々としており、関東大震災(1923年)の際に当時の有名な銀行支配人のYという人物が購入したが、改築の最中に死亡

    さらに昭和10年(1935年)にはこの屋敷の隣に土地を購入した元貴族院子爵議員の井伊直安(幕末の譜代大名・井伊直弼の四男)が別荘を建てようとしたが、これも工事中に死亡。以来、近隣住民から「住民が必ず死ぬお化け屋敷」として有名になってしまい買い手がつかないという。

    「お化け屋敷」の噂は数多くあれど、大手の新聞に詳しい住所そして写真が掲載されているのは珍しい。

    「もしかしたら今でもお化け屋敷が残っているかも……」

    筆者は、約80年ぶりに「大森のお化け屋敷」についての謎を解明するため調査を開始した。





    地元の声

    わかっている情報は以下の3点。

    ・お化け屋敷は「磨墨の塚」の近くに建てられていた。
    ・隣の土地には井伊直弼の次男が別荘を建てようとしていた。
    ・お化け屋敷は一時的にとある銀行支配人の手に渡っていた。


    わずかな情報ではあるが、今から調査を行えば何か新情報が掴めるかもしれない。
    筆者はまず、お化け屋敷があった現在の大田区の郷土博物館に相談してみることにした。

    突然の訪問ではあったが、幸い土地に詳しい大田区立郷土博物館の学芸員の方に会うことができ、新聞記事の切り抜きを見せてみたのだが、残念ながら学芸員の方もこの「お化け屋敷」の話はいままで聞いたことがないという。

    しかし、お化け屋敷の目印となる「磨墨の塚」は1900年(明治33年)当時から一切移動しておらず同じ場所にあるという。
    筆者は、学芸員の方に別れを告げ、郷土博物館から徒歩20分の磨墨の塚に向かうことにした。



    ヒントは「磨墨の塚」か?

    ここで「磨墨の塚」について一度解説しておきたい。

    大田区の公式ホームページによると、「磨墨」とは平安から鎌倉時代に活躍した武将・梶原景季の所有していた馬の名前で名馬として名が高かった。しかし、1184年(寿永3)に行われた宇治川の戦いにて磨墨は死亡。磨墨の出身地(死亡地ともされる)が現在の大田区馬込町であり、これにちなみ1900年(明治33年)に馬込村の村民の手によって建てられたという。

    図2 磨墨塚
    「磨墨の塚」(著者撮影)

    現在、磨墨の塚の近くは閑静な住宅街となっており、昔ながらの商店や小学校が存在する。

    筆者は磨墨の塚付近の住民や付近のお寺の住職さん達に新聞記事を見せ「何か情報を知らないか」と訪ねてみたが、80年以上前の記事ということもあり、さすがに知る人はいなかったほか、1時間に渡り歩いてみたが、それらしき建物は発見できなかった。

    この日は仕方なく、磨墨の塚を後にし、国会図書館にて情報を集めてみることにした。



    元貴族院子爵議員・井伊直安

    まず、着手したのはこのお化け屋敷の隣に土地を購入し別荘を建てようとしていた明治政府の元貴族院子爵議員・井伊直安についてだ。

    図3井伊直安像(武家華族名誉伝)より
    井伊直安像(武家華族名誉伝)より

    井伊直安は1851年(嘉永4年)2月11日に彦根藩主・井伊直弼の四男として江戸で生まれ、文久2年(1862年)に越後伊家10代藩主となり、戊辰戦争(1868年 - 1869年)では新政府軍に属し優秀な功績をあげた。

    1896年(明治29年)に貴族院議員に選出され、以来30年近くに渡り議員を勤め、1922年(大正11年)11月に長男の直方に家督を譲り隠居している。歴史の表舞台には出てこない人物であるが、長年に渡り日本を支えた大人物であった。

    当時の有名人ゆえ資料はすぐに見つかり、井伊直安の訃報を伝える官報も発見できたが、住所は「お化け屋敷」のある大森区ではなく、まったく別の住所であった。

    むろん井伊直安が大森区に建てようとしていたのは、本宅ではなく別荘のため最初から期待はしていなかったが、調べている途中に妙なことに気がついた。

    井伊直安から家督を継いだ井伊直方(井伊直弼の孫)の没年である。
    なんと、井伊直方は父・直安が亡くなった1935年(昭和10年)8月25日の半年後、1936年(昭和11年)2月3日に突然死しているのだ。

    読売新聞には井伊直安の死には触れていても息子・直方の急逝には一切触れていない。つまり1936年7月2日の読売新聞誌上には書かれていない「三人目の死亡者」がいたのである……。

    図4官報. 1936年02月07日
    (井伊直方の死亡を伝える官報)

    約80年ぶりに新事実がわかった「大森のお化け屋敷事件」。
    「これは面白くなってきた」筆者は改めてこの戦前の怪事件の秘密を解き明かすべく、資料を当たりはじめた……。

    <次回へ続く>

    参照:読売新聞縮刷版、大田区ホームページ、官報(1922年11月18日)
    文:穂積昭雪(昭和ロマンライター / 山口敏太郎タートルカンパニー / Atlas編集部



    【Atlas関連リンク】
    お化け屋敷にガチ「呪い人形」?提供した神社に疑問の声!
    https://mnsatlas.com/?p=12335












    本日のおすすめニュース1
    本日のおすすめニュース2
    本日のおすすめニュース3

    おススメ記事ピックアップ(外部)

    コメント一覧

    1  不思議な名無しさん :2018年08月11日 22:10 ID:ZaU.bFbc0*
    こういうところに仮に不老不死の人間がいったらどうなる? また、仮に土地ごと宇宙にぶっ放したら宇宙幽霊になんの?
    2  不思議な名無しさん :2018年08月11日 22:29 ID:lRkxFNHS0*
    これ系の話ってどこにでもあるよね
    人間はいつか死ぬんだし、これだけ人いたら偶然が重なる事もあるさ
    3  不思議な名無しさん :2018年08月11日 22:59 ID:TMxrX.BJ0*
    こういう記事を真剣に調査するの好き
    4  不思議な名無しさん :2018年08月11日 23:00 ID:gF4ArR2B0*
    島田秀平の話思い出したわ
    2週間もたないで次々入居者が入れ替わる安い事故物件に後輩が住むんだが死にそうになったってやつ
    5  不思議な名無しさん :2018年08月11日 23:01 ID:IoHo.JXX0*
    自殺したい人にはうってつけやな。
    6  不思議な名無しさん :2018年08月11日 23:05 ID:.CseZhvj0*
    殺したいやつに売るにはうってつけだな。
    7  不思議な名無しさん :2018年08月11日 23:18 ID:ESjCSOVi0*
    不老不死って歳とって死ぬって意味ではないからな
    8  不思議な名無しさん :2018年08月11日 23:28 ID:7lAZeYAn0*
    この手の話は胡散臭くても好き
    管理人さんファイトやで後半も楽しみ
    9  不思議な名無しさん :2018年08月11日 23:45 ID:2Cm8jbvc0*
    隠居の別荘を建てるような高齢者だったら
    いつ突然死しても不思議ではないと思うが…。
    医学の発展で今はじわじわ割合が下がって癌が増えたが、
    昔は心臓発作や脳卒中で急死する中高年ってもっと多かった。

    井伊直安に至っては、1851年生~1935年没ってことは、83~84歳だろ?
    その長男だって50代~60前後なんだろうし。
    10  不思議な名無しさん :2018年08月12日 00:19 ID:7YAS2Z4G0*
    ええやん。こういうの眉唾物が多いけど面白くて好き。
    是非続報が気になる。
    11  不思議な名無しさん :2018年08月12日 00:32 ID:38joqImY0*
    山口敏太郎は金儲けの為のオカルトと公言しているし
    ネタを創作するという事も公言している
    (どちらもマツコの知らない世界で話している)
    商売の為にやってるだけなんで
    万が一それっぽい現象が起きた、と言ったらそれは完全に嘘

    オカルト小説のような感覚で読むならいいんじゃないかな
    12  不思議な名無しさん :2018年08月12日 01:11 ID:VaciW6QT0*
    エジプトのピラミッド(ファラオの墓)の発掘時?にも、相次いで突然死する人がいたと言うし…こう言うのって偶然なんかな?
    13  不思議な名無しさん :2018年08月12日 02:11 ID:XDsERuDV0*
    南馬込か。
    ワイの自宅から意外と近所だ。
    しかし、こんな磨墨の碑ってのも知らんかったし、お化け屋敷も知らんかった・・・
    ほぼ地元の歴史でもあるし、何かすごく興味をそそられる。
    早く調査の進展知りたいよー!
    14  不思議な名無しさん :2018年08月12日 03:07 ID:yyqL6sr30*
    13に同じひゅーーードロドロドロドロ
    15  不思議な名無しさん :2018年08月12日 03:29 ID:VboXGSPb0*
    壊すべし
    16  不思議な名無しさん :2018年08月12日 03:38 ID:TnVykMys0*
    行ってやるですー!
    17  不思議な名無しさん :2018年08月12日 04:07 ID:C1hj7IX40*
    オカルトには夢がある
    幽霊屋敷の1つでも存在したなら、霊魂とそれの持つ現在の科学や物理で実証出来ない不可思議な力の存在証明ともなりうる

    そうなれば我が記憶の奥底に封印されし黒歴史を再び取り戻すとしよう
    18  不思議な名無しさん :2018年08月12日 04:08 ID:yyqL6sr30*
    此処近傍環七に面した光楽亭はいい飯屋 おばあさんが一人でやってる 玉子をかけた生姜焼きは美味いぞ
    19  不思議な名無しさん :2018年08月12日 04:08 ID:T2eXnSd70*
    よくお宝を隠している場所に曰く付きの噂をこじつけていることもあるからなぁ
    20  不思議な名無しさん :2018年08月12日 06:05 ID:hTlC6euT0*
    続きが、楽しみ。
    21  不思議な名無しさん :2018年08月12日 09:29 ID:r9tbz9nr0*
    鬼談百景みたいな話すき。
    だけどB級ホラーみたいなもどかしい調査の仕方が残念。
    郷土博物館の場所が旧お化け屋敷というなら博物館の創設時期に不可解な事件事故死があったのかどうか書いてほしかった。
    そして同様に博物館と塚を結ぶ周辺も。
    22  不思議な名無しさん :2018年08月12日 10:00 ID:0ZNoLxTX0*
    井伊直弼については幕末の譜代大名とか彦根藩主とか呼ぶよりも
    桜田門外の変で暗殺された江戸幕府大老としたほうがいいのではないか
    23  不思議な名無しさん :2018年08月12日 12:01 ID:UB.LvzlC0*
    井伊家が新政府側と始めて知った。
    ある意味戊辰戦争の一端だと思っていたから
    24  不思議な名無しさん :2018年08月12日 12:05 ID:7J7DbIqV0*
    オカルトもいいけどこういう謎を調査して真相に迫っていくのもいいね😃
    25  不思議な名無しさん :2018年08月12日 12:54 ID:nwYRJKFf0*
    次男なの?四男なの?
    26  不思議な名無しさん :2018年08月12日 14:56 ID:Mhg3pE.Q0*
    呪怨のパクリ・・・と言ってはいかんのか
    27  不思議な名無しさん :2018年08月12日 19:09 ID:Ni0Ugx6u0*
    ※26
    それを言うなら逆だろww
    呪怨がパクった
    28  不思議な名無しさん :2018年08月12日 21:48 ID:vJiwzkId0*
    『GS美神』に出てきたみたいな幽霊屋敷、どっかに建ってないかなあ♪(´∀`)
    29  不思議な名無しさん :2018年08月13日 14:12 ID:R9vfNJfN0*
    待て待て、画像の訃報の記事はこれ親父(直安)の方の話だぞ
    30  ※29 :2018年08月13日 14:19 ID:R9vfNJfN0*
    補足、Wikipediaの記述を見ると直方の没年月日は記事の通りやね
    画像貼り間違え?
    31  不思議な名無しさん :2018年08月14日 00:35 ID:.3mLipKu0*
    磨墨の里って道の駅が岐阜にある。
    馬の像があったけど、この磨墨の塚と関係あんのかな
    32  不思議な名無しさん :2018年08月17日 01:01 ID:lM7nt..60*
    続きまだ?
    ずっと待ってんだけど

     
     
    topページに戻るボタン

    不思議ネット
    とは

    不思議.netでは怖い話・オカルトから科学ネタまで、2chを中心に世界の不思議な話題をお届けしています。普段2chを見ない人でも気軽にワクワクできる情報サイトをっころがけて毎日絶賛更新中!