まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

募集終

怖い話!

第一回 怖い話グランプリ  結果発表!!

締め切り:2018年8月12日(受付終了しました)

【大正時代の怪奇事件】21歳の男子の体内から赤ん坊が生まれる!?

2018年11月03日:22:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 52 )



男子

この妙な事件を記事にしたのは、今から105年も前の大正2年(1913年)12月14日の大阪毎日新聞である。
記事によると、京都帝大医学部附属病院(現:京都大学医学部附属病院)に入院していた若い男性の体から赤ん坊が生まれるという世にも珍しい事件が発生。
記事では男性の名誉を重んじ、氏名に関しては完全に未公開となっているが、赤ん坊を生んだのは山口県生まれの21歳の男性とのこと。この男性は半陰陽(両性具有)という訳ではなく、生まれながらにして完全な男子であり、執刀に関わった医師によると相当に珍しい出来事であるという。



男性の腹部にあった小さな塊

さて、この男性の体から赤ん坊が出てきた経緯であるが、この男性の左腹部には生まれながらにして小さな塊があり、年月が経過するに従い大きくなり、ついには太鼓のように大きくなり苦しみだしてしまった。男性は近くの病院へ行き、助けを求めたが、原因がわからず、ついには大病院である京都帝大医学部附属病院へ収容されてきたという。

検査の結果、医師たちは男子の腹部を切開し、体内の塊を取り出すことを決意。そして数時間におよぶ手術の結果、取り出されたのは人間の頭ふたつがけの大きなコブのような塊であったという。



取り出された奇形児

取り出された塊は袋状となっており、切開したところ、塊の正体は一種の奇形児であることがわかった。
当時の記事によると、取り出された胎児は全身が桃色(ピンク色)で、その皮膚には一面に渡り産毛のようなものが生えていたという。

また頭部らしき箇所には、眼や鼻はないものの小さな口があり、髪の毛の代わりに両足が生えていたという。
そして何より医師団が驚いたのは、その陰毛の濃さで、奇形児の睾丸部分にはフサフサとした毛が生えていたという。これにより奇形児の性別は男であることがわかった。



学問上の理屈で見れば非科学的な話ではない

当時、手術に立ち会った医師の話によると、男性の体内に宿っていたのは「奇形腫(畸形嚢腫)」と呼ばれるものの一種で、元は双子であった可能性が高いという。
本来はふたり揃って母親から生まれるはずだったのだが、何かの機会にもうひとりを体内に取り込んでしまった、と見て間違いないという。

つまり、このふたりは兄弟でありながら親子という不思議な関係にあるのだが、学問上の理屈で見れば非科学的な話ではないとのこと。また1973年から週刊少年チャンピオンで連載された手塚治虫の漫画『ブラック・ジャック』では今回のケースと同じく、双子の姉の体のコブの中に手足や内臓がバラバラに収まった状態で摘出され、後に人間の姿になる少女「ピノコ」が描かれている。

なお、摘出された奇形児は取り出された時点で死亡しており、標本にされたほか、兄弟であり親でもある21歳の男子は手術の経過良好ですぐに退院したという。

参照:大阪毎日新聞、明治・大正・昭和世相と事件雑学事典
文:穂積昭雪(昭和ロマンライター / 山口敏太郎タートルカンパニー / Atlas編集部



【Atlas関連リンク】
11月4日(日)「放送事故&封印作品トークライブ」予約受付中!
https://mnsatlas.com/?p=40844

奇形の人間?それともエイリアン?謎のまま姿を消した小人のミイラ
https://mnsatlas.com/?p=34373













  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【大正時代の怪奇事件】21歳の男子の体内から赤ん坊が生まれる!?

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2018年11月03日 22:17 ID:Cyjm.Ydf0*
仁で似たことを聴いた気がする
2  不思議な名無しさん :2018年11月03日 22:21 ID:0pr4..P40*
陰毛の濃さねぇ。 つまり超変則的な成長を体内でしてたんか。なんにせよ気持ち悪い話っすね。正常に産んでくれたお母さんに感謝です。
3  不思議な名無しさん :2018年11月03日 22:22 ID:e5w8zxhH0*
双子で産まれるはずが片方の体内に取り込まれる話な、
俺の友達にもいたわ。
4  不思議な名無しさん :2018年11月03日 22:29 ID:aNc7v0z70*
ひらめいた
5  不思議な名無しさん :2018年11月03日 22:30 ID:TDzznmxc0*
畸形嚢腫って割とあるらしいね
大体は肉塊袋と髪の毛と歯らしいけど
仁は主人公の脳に完全体(胎児)がいた話だったな
6  不思議な名無しさん :2018年11月03日 22:31 ID:hDMObmR60*
ピノ子やん
7  不思議な名無しさん :2018年11月03日 22:32 ID:dRQr069n0*
畸形嚢腫でググるのはやめろよ
8  不思議な名無しさん :2018年11月03日 22:33 ID:4cfulO6m0*
ワイの背中にも、実はなんかちょっとしたコブがあるんやけど…まさか、ひょっとして…?
9  不思議な名無しさん :2018年11月03日 22:36 ID:.y.eXdye0*
ピノ子やんと思ったら本文内に既に書かれてた
10  不思議な名無しさん :2018年11月03日 22:38 ID:gOygngwg0*
マニトウ
11  不思議な名無しさん :2018年11月03日 22:39 ID:YjwGdAyb0*
よくあるってほどじゃないけどそれなりに知られた奇形やね
12  不思議な名無しさん :2018年11月03日 22:41 ID:1.ftQOgZ0*
※4
通報したいところだが、記事の内容からしてここから何がひらめけるのか逆に気になる
13  不思議な名無しさん :2018年11月03日 22:49 ID:1sC0U15M0*
双子だったのに吸収したんでしょ。友達にもいたよ。髪の毛も生えてたって。
14  不思議な名無しさん :2018年11月03日 22:53 ID:EfL7W1T50*
>>8
脂肪腫、粉瘤腫、そういう物じゃない?背中は好発部位。
外科か皮膚科でみてもらうと良いよ。
15  8 :2018年11月03日 23:18 ID:rvWvBK620*
※14
おおきに。
今度、機会あったら診てもらいますわ。
16  不思議な名無しさん :2018年11月04日 00:09 ID:f.3ycEm30*
産め!神の子を!
17  不思議な名無しさん :2018年11月04日 00:17 ID:qmn9zVSy0*
そこまで成長していたのに、摘出したら死んでいた?闇を感じる
18  不思議な名無しさん :2018年11月04日 00:30 ID:FM26dNrI0*
これは稀にある病気やん
19  不思議な名無しさん :2018年11月04日 00:38 ID:2flSiM9v0*
ピノコの男の子版か
ピノオ?
20  不思議な名無しさん :2018年11月04日 00:48 ID:lboonN.A0*
頭部から両足が生えてるのがインパクト絶大だった…。
検索はやめるわ、怖すぎる。
21  不思議な名無しさん :2018年11月04日 02:03 ID:WrRDJNt50*
ピノコかと思ったらピノコだった
22  不思議な名無しさん :2018年11月04日 02:09 ID:sRKld6SM0*
手塚治虫先生はピノコ以外にも短編で脳髄だけ残った少女が双子の姉の体乗っ取る話を描いてる
最後は手術で摘出されたのを恋仲だった主人公が全て悟って看取るという救いのない結末だが
23  不思議な名無しさん :2018年11月04日 02:38 ID:w1Y2zEDZ0*
こういった報道されたことの事実課がある記事はクオリティ高くておもしろい。
24  不思議な名無しさん :2018年11月04日 02:59 ID:vzBjjk8J0*
バニシングツイン
25  不思議な名無しさん :2018年11月04日 03:16 ID:Rj7TTk2p0*
奇形腫だろうとは思ったけどホモスレの可能性も捨てたくなくて開いてしまったちくせう
奇形腫は、髪の毛や眼球があったり手足が発達してたりしてちょっと不気味で怖くて苦手だわ
当たり前だけど腫瘍じゃなくて一人の人間の遺物ってのが怖すぎる
26  不思議な名無しさん :2018年11月04日 03:29 ID:Lvybb9Av0*
米17
文字通り寄生してた訳だから切り離されたら
栄養が行き渡らなくなり死亡ってことやろ
単純に摘出前に死亡した可能性もあるが
27  不思議な名無しさん :2018年11月04日 07:43 ID:9cQKXdUK0*
ついこないだ奇形嚢腫て言われた。
3ヶ月くらいで倍、その後1ヶ月でさらにその倍になったので手術らしい。
28  不思議な名無しさん :2018年11月04日 08:18 ID:rwvdIac10*
※25
ホモスレを期待していた…!
29  不思議な名無しさん :2018年11月04日 08:44 ID:3MwTIETz0*
あっちょんぶりけ
30  不思議な名無しさん :2018年11月04日 08:56 ID:o2GnXEoc0*
双子やろと思ったら双子だった
31  不思議な名無しさん :2018年11月04日 09:06 ID:PSZ0FteK0*
ニュージェネの狂気やん
33  不思議な名無しさん :2018年11月04日 09:11 ID:zz4M39OJ0*
この記事読んで、じゃあ人面瘡とかも確率的にはありえる話なんかな?と思いましたまる
34  不思議な名無しさん :2018年11月04日 11:02 ID:Z.2co3w60*
ピノコかと思ったらピノコだった
35  不思議な名無しさん :2018年11月04日 12:32 ID:41En83hZ0*
アッチョ/ンブリケ!
36  不思議な名無しさん :2018年11月04日 13:01 ID:NW7ArAr40*
手塚治虫って医師免許持ってる上に博士号も持ってるんだっけ。
あの人のおかけで日本語のオノマトペの多さ、すごさに気がついた。
37  不思議な名無しさん :2018年11月04日 13:18 ID:ymUENsjH0*
産まれる、というのは間違い。
いつの世も購買者の気を引くのがマスコミよ。
38  不思議な名無しさん :2018年11月04日 14:14 ID:m9rspScG0*
以前ネットで3つ子のうち、1人は正常で2人は奇形嚢腫になりやすい?(事例が多い?)ってのを見た気がする。それにしても…何で、もう1人を吸収しちゃうんだろうね?吸収し方は、成長過程で不具合が出る事が多いし、吸収された方は死ぬし意味分かんね。
39  不思議な名無しさん :2018年11月04日 14:18 ID:iqOzu0DX0*
どうやったら取り込めるんだよwwwww
40  不思議な名無しさん :2018年11月04日 14:57 ID:j39c2E5o0*
濃かったのは埋没毛と同じ理屈か
41  不思議な名無しさん :2018年11月04日 15:24 ID:ugOop.iU0*
※7
画像でググったでほとんどピノコの画像だったけど
42  不思議な名無しさん :2018年11月04日 16:45 ID:6SHWdokT0*
テラノーマだったかなたしか
43  不思議な名無しさん :2018年11月04日 16:48 ID:6SHWdokT0*
↑ググったらテラトマ体だった
44  不思議な名無しさん :2018年11月04日 18:18 ID:qcu4emP30*
こんなんめじゅやしゅくないのよさ
45  不思議な名無しさん :2018年11月04日 19:01 ID:KqyKrwC10*
遺体なの?生きてたの?
46  不思議な名無しさん :2018年11月05日 01:16 ID:u0Pl9.dg0*
生き物って不思議だよなぁ
47  不思議な名無しさん :2018年11月05日 03:26 ID:x0.XkMie0*
戻るぜよ、あん世界へ
48  不思議な名無しさん :2018年11月05日 11:30 ID:WyP4kX1.0*
えっ?シュワちゃんが妊娠!?
49  不思議な名無しさん :2018年11月05日 22:10 ID:S.pTPW8b0*
現代にその標本が残ってるってこと?
てかその男性は受精したわけじゃないのに生命を宿したの?
男性に対して変な質問だが。。。
イミフなことが多すぎて追いつけんわ
50  不思議な名無しさん :2018年11月06日 16:02 ID:3aGgih.E0*
京大医学部で古いホルマリン漬標本を沢山見たことあるけど、あまりに奇妙なのは作り物にしか見えなかった。

うちの95歳の婆ちゃんの女学校時代の同級生が、大人になって出会ったら男になっててびっくりしたらしい。
両方あって、成長期に男が強くなったと言ってたんだと。
51  不思議な名無しさん :2018年11月06日 22:08 ID:NsYQsHcH0*
>>48

※36で書かれてるけど『うまれる』というのが間違い。
この男性自身が胎児だった時に、本来は双子だった。その片方を取り込んだ状態で21歳になった時に腹部から摘出した。
妊娠していたわけじゃない。
大正時代だから、もしかしたらまだ保存されているかもね。

※49
ホルマリン保存されると死後変化は抑えられて原形は留めているけど、収縮するし触るとかなり硬くなる。生身のヒトと比べると作り物のように見えるかもね。

おばあちゃんの同級生珍しいね。海外で結婚した後に性別が変化して『ママが二人』になった例があったよ。
52  不思議な名無しさん :2018年11月07日 09:40 ID:rBrs78nw0*
それでピノ子はお姉さんに再会できたの?
53  不思議な名無しさん :2018年11月09日 06:53 ID:EjzqITRZ0*
テラトーマでしょ?
細胞分裂の異常だよね

 
 
上部に戻る

トップページに戻る