まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

【昭和の怪奇事件】「奇形嚢腫」の写真がかつて新聞に掲載されていた!

2018年11月17日:22:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 27 )



以前、本シリーズでは大正時代に発生した「21歳男性の体から赤ん坊が出てきた」という珍しい記事を紹介した。
この赤ん坊の正体は、本来双子で生まれる予定だったはずの兄弟で、医学的にいうと「奇形嚢腫」という腫瘍の一種であることが明らかになったのだが、先日の記事を補足する意味も込めて、今回の昭和の怪奇事件では、昭和12年(1937年)に掲載された奇形嚢腫の写真付き記事をご紹介したい。





「毛髪と乳歯もある一つ眼の嚢腫」

奇形嚢腫

こちらは昭和12年(1937年)6月25日の読売新聞(千葉県版)に掲載された紙面である。
「妊娠異聞」という見出しで「毛髪と乳歯もある一つ眼の『奇形嚢腫』」という記事と写真が掲載されている。
写真は2枚、上段が肉の塊、下段には人間の頭髪のようなものが掲載されているのだが、紙面によると、この写真は24歳の女性の腹の中から出てきた紛れもない「人間の死体」だという。

茨城県鹿島郡の某所に住む24歳女性のAさんはある日、妊娠もしていないのに突然腹部が膨れ上がり、千葉県銚子市内の大病院へ入院した。
かなり苦しんだため、医師が腹部を切開したところ、彼女のお腹の中には赤ちゃんほどの大きさの奇形嚢腫があり、数日後に摘出されたという。
当時の記事には写真のほか、取り出された腫瘍の詳細が記載されていたので、以下に抜粋したい。



腫瘍の断面図

Aさんの体から取り除かれた腫瘍は人間の頭ほどの大きさで、骨のない柔らかいものだった。上顎と下顎があり、上顎には乳歯が3本、下顎には1本生えていた。
さらにオデコの部分には成人大の一ッ眼がピョコンと飛び出しており、頭の部分には2尺(約60センチ)ほど長い頭髪が生えていたという。

掲載された写真2種は、それぞれ取り出された頭髪。そして、腫瘍を真っ二つに切った断面であるという。キャプションによると左側に突出している部分は眼球だというが、写真が白黒ということもあり、かなり分かりづらい。

むろん、いくら昭和初期とはいえ、大手の新聞紙面で奇形嚢腫の写真が堂々と掲載された事実は、時代を考えてもなかなかに衝撃的である。
なお、新聞には執刀に立ち会った院長の談話も掲載されており、摘出手術は長く生えた頭髪が邪魔で手こずり、3回の手術の末にようやく摘出できたという。

院長の話によると、髪の生えた嚢腫は特別珍しい訳ではないが、成人と同じ大きさの眼球があり60センチもの頭髪が生えているものは相当珍しく、24年という長い年月をかけ、腹の中でスクスクと成長していたのだと思われる。

一般的に奇形嚢腫は双子で生まれるはずだった兄妹(姉妹)の片方が成長過程で体内に取り込まれることで発生する。 腹の中ではもちろん生きているため、ふたりは紛れもない血を分けた「家族」であり、Aさんは生まれるはずだった「キョウダイ」の冥福を祈ったという。

参照:読売新聞千葉県版
文:穂積昭雪(昭和ロマンライター / 山口敏太郎タートルカンパニー / Atlas編集部



【Atlas関連リンク】
【昭和事件簿】火葬場、大パニック!?お骨の中にハサミが混ざっていた!
https://mnsatlas.com/?p=40931












  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【昭和の怪奇事件】「奇形嚢腫」の写真がかつて新聞に掲載されていた!

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2018年11月17日 22:07 ID:htEYm3830*
いち
2  不思議な名無しさん :2018年11月17日 22:23 ID:7VADU6lJ0*
最高
3  不思議な名無しさん :2018年11月17日 22:27 ID:ew5gKus30*
ブラック・ジャックであったよね?
4  不思議な名無しさん :2018年11月17日 22:35 ID:y.cU3KTP0*
ピノコ
5  不思議な名無しさん :2018年11月17日 23:13 ID:IZ5GMyR20*
甘いわ
胞状奇胎はもっとグロいぞ
6  不思議な名無しさん :2018年11月17日 23:22 ID:XFJ.EEVl0*
せんせえ、帰るぜよ
7  不思議な名無しさん :2018年11月17日 23:24 ID:inidBSB00*
『患者と嚢腫はきやうだいです』
こういう昔の文章好き。
8  不思議な名無しさん :2018年11月18日 01:05 ID:miJhcifc0*
優しいなAさん
9  不思議な名無しさん :2018年11月18日 03:04 ID:hPATkYx40*
妊娠異聞なのかなあ違う気がする
10  不思議な名無しさん :2018年11月18日 03:39 ID:ANR51iAs0*
稀にあるんちゃうの。
友達は腫瘍の中に歯だけあったわ。
大事に取ってる。
11  不思議な名無しさん :2018年11月18日 08:44 ID:GJe.lf6X0*
栄養は血管から補給されるんだろうか?ピノコじゃないけど痛覚とか意識が宿ってたら可哀想だな・・
12  不思議な名無しさん :2018年11月18日 09:31 ID:CN9dt1Ta0*
リアルピノコ
13  不思議な名無しさん :2018年11月18日 10:04 ID:3bE31FCo0*
腹の中で育ってたって事は生きてたってことだろ
取り出して切断したときまではコレは生きてたのかね
14  不思議な名無しさん :2018年11月18日 10:43 ID:AewvGdaW0*
ちょっと切ないね
15  不思議な名無しさん :2018年11月18日 12:16 ID:2a0aJ..00*
腹の中から目玉だけの親父が・・
16  不思議な名無しさん :2018年11月18日 12:34 ID:Su1MC9lJ0*
※13
細胞という意味では分裂もしてるし生きてたんだろな
生命としての定義が問われそうだね
17  不思議な名無しさん :2018年11月18日 14:04 ID:..HF6CHW0*
手塚先生はこれから着想を得たんだろうか
18  不思議な名無しさん :2018年11月18日 14:36 ID:IQRWHO430*
分裂の過程でうまくいかなくて、体の外にくっついて成長した双子の片割れの写真なら、外国の記事でもっと閲覧注意レベルのあったな
人間の貌としては崩れてるんだけど、まばたきしたりする、でも心があると定義できるかどうか…みたいなの
19  不思議な名無しさん :2018年11月18日 15:20 ID:59MGMuuG0*
かわいい❤️
20  不思議な名無しさん :2018年11月18日 15:30 ID:cRf.zKSY0*
このコメントは削除されました
21  不思議な名無しさん :2018年11月18日 15:55 ID:FvM5EQor0*
>>5
ドヤ顔でそう語るけどグロさの基準低すぎでは
22  不思議な名無しさん :2018年11月19日 03:35 ID:.5.g8nBQ0*
※18
神智学その他のスピリチュアル的伝承では自我は心臓に宿るって言ってるんだよね。
奇形嚢腫や封入胎児、寄生二重体では心臓は無いか痕跡的なものしか持たないようなんで、通常サイズの脳と目耳鼻といった感覚器官がそろっていても、漫画のような自我を持ったタイプはいないっぽい。
23  不思議な名無しさん :2018年11月19日 07:39 ID:.2IZ9cG30*
腹のなかで生きてたのか
24  不思議な名無しさん :2018年11月19日 09:27 ID:NZV4udMb0*
ダークハーフって小説でもあったね(S・キング作)
25  不思議な名無しさん :2018年11月19日 11:43 ID:PP.N.Hlw0*
雌雄生物の本体は脳でも心臓でもなく生殖器だぞ
26  不思議な名無しさん :2018年11月19日 13:52 ID:GOBmRFA10*
歯と髪以外あまりはっきりした構造がないあたり、双子の胎児というより成熟奇形腫(卵巣の良性腫瘍の一種)だと思うんだが…
27  不思議な名無しさん :2018年11月19日 14:56 ID:hoTSVBil0*
妊娠の場合、自分の体の中に他人のたんぱく質があることで異物とみなされて拒否反応がある(悪阻)けど、これの場合ってそういうのなかったのかね?
双子同士なら拒否反応はないのかな

 
 
上部に戻る

トップページに戻る