まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

闇のパン屋「お前がパンを選ぶんじゃねえ……パンがお前を選ぶんだ」

2018年12月08日:20:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 20 )



1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 21:14:07.222 ID:5/41IJzs0
女「……あれ、生きてる」

女(ビルから飛び降りたのに……このゴミ袋の山に落ちて、助かっちゃったのね)

女「……ん?」

女「パン屋がある……」

女(こんなところに店開いて、来る客なんているのかしら?)

女(所持金は……300円か。これだけあれば、パン一つくらい買えるでしょ)

女(最後の晩餐がパンってのも悪くないかもね)

ギィィ…
(´・ω・`)ショボンが不思議なパンを焼くようです
http://world-fusigi.net/archives/9028464.html

引用元: 闇のパン屋「お前がパンを選ぶんじゃねえ……パンがお前を選ぶんだ」







2: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 21:18:32.959 ID:5/41IJzs0
店主「いらっしゃい」

女「こ、こんにちは……」

女(なんだか不気味な店員ね……全然愛想ないし……)

女(そうだ、ちょっと驚かせてみよう!)

女「実はあたし、これから自殺するつもりなの。それで最後の食事にパンを買いに来たのよ」

店主「そうか」

女「!?」

女(ちょっとは驚きなさいよォ! ていうか、普通止めるでしょ! なんなのこいつ!?)

6: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 21:22:22.483 ID:5/41IJzs0
女(ま、いいや。もうあたしが自殺するのは決定事項だし)

女(トングを取って……)カチカチ

女「どのパンにしようかな~っと。コッペパンなんていいかも……」

店主「!」ピクッ

店主「お前、今なんていった?」

女「へ?」

ガシィッ!

女「ぐえっ……!?」

店主「『どのパンにしようかな』っていったよな? 何様のつもりだァッ!!!」グググ…

女「あ、がが……」メキメキ…

11: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 21:25:34.662 ID:LRlJL1gIr
トングカチカチは基本

12: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 21:26:44.056 ID:5/41IJzs0
女「それの、どこが……いけないの、よ……」

店主「どこがいけないだと? そんなことも分からんのか、このバカ女が!」

店主「お前がパンを選ぶんじゃねえ……パンがお前を選ぶんだ」

女「い、意味、わかんない……」

店主「これだけいっても分からんか……」

店主「そういえばお前、自殺するっていってたな。なら手間を省いてやろう」

店主「このまま俺がお前を殺してやる」グググッ…

女「えげぇぇぇ……」メキメキ…

女(し、死ぬ……たす、けて……)

13: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 21:29:33.807 ID:5/41IJzs0
弟子「何やってんですか、師匠! 死んじゃいますよ!」

店主「当然だろうな。殺すつもりで絞めてるんだから」グググ…

弟子「いやいやいや、殺しちゃダメですよ!」

店主「こいつはパンを侮辱した……もう死ぬしかない」グググ…

女(あ、やばい……いしき、うすれてきた……)メキメキ…

女「ゆ、ゆるひて……」メキメキ…

店主「許さん」グググ…

女「なんでもひゅるからぁ……」メキメキ…

店主「!」ピクッ

14: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 21:33:18.623 ID:5/41IJzs0
女「ゲホッ、ゲホッ、ゲホッ!」

店主「今なんでもっていったな? いったよな?」

女「い……いったわよ!」

店主「よし……だったらお前、ここでアルバイトしろ。ちょうど人手が欲しかったんだ」

女「やる! やるわ! だから殺さないで!」

店主「いいだろう……殺さないでやる」

女(よかったぁ……)

弟子「大丈夫ですか?」

女(大丈夫なわけないでしょ!)

17: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 21:36:48.822 ID:5/41IJzs0
女「ところで、ここは……なんなの? パン屋さんよね?」

店主「少し違うな。ここは……“闇のパン屋”だ」

女「は?」

弟子「この店は、心に闇を抱えた人たちのためのパン屋なんですよ」

店主「ここを見つけることができるのは、そういう連中ばかりだ」

店主「真っ当に生きてる人間が、ここにたどり着くことはまずない」

店主「つまり……お前も心に闇を抱えてるってことになるな」

女「…………」

女「そうよ……。だけど、あんたたちに事情を話すつもりはないけどね」

店主「別にいい、興味ないし」

女「あぐぐぐ……」

18: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 21:40:32.477 ID:5/41IJzs0
店主「さっそく仕事を始めてもらう」

女「何をすればいいの?」

店主「掃除、接客、パンの陳列、といったところだ」

女(なんだ……大したことないじゃない)

店主「お前はパン作りの修行だ。こっちへ来い」

弟子「はいっ!」


ギィィ…


女(あ、さっそく一人目のお客だわ)

女「いらっしゃいませー!」

19: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 21:44:19.381 ID:5/41IJzs0
会社員「こんにちは」

会社員「おや、見ない顔ですね。新しく入った店員さんですか?」

女「ええ、そうです」

会社員「私はしがない会社員です。どうぞよろしく」

女「よろしくお願いします」

会社員「じゃあ今日も、カレーパンをいただこうかな」

女「はいっ!」

女(なーんだ、普通そうな人じゃない。なにが“心に闇を抱えた人のためのパン屋”よ)

20: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 21:45:09.584 ID:1hCT8jxq0
支援

23: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 21:47:39.027 ID:5/41IJzs0
会社員「いただきます」パクッ

店主「おい、水を持ってこい」

女「水?」

会社員「うん、うまい」モグモグ

店主「早くしろ」

女「な、なんで……」

店主「いいから早くしろォ!!!」

女「なにも怒鳴らなくたって……」

会社員「うまい……。うまいけど辛い……。辛いけどうまい。うまいけど辛い。うま……から……」

会社員「かっ、かっ、かっ……」

会社員「かれェェよォォォォォォォォォォォォォォォォォ!!!!!」

女「!?」

24: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 21:48:27.267 ID:LRlJL1gIr
!?

25: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 21:51:29.431 ID:5/41IJzs0
会社員「かっれぇ、かれェェェェェ!!! かれぇよォォォォォォォォォォ!!!!!」

会社員「はふっ、はふっ、はふっ」ボッ…

会社員「かりゃいいィィィィィィィィィィィィィ!!!!!」ボワァァァァァッ

女「ヒィッ! ひ、火ィ!?」

店主「早くしろ! 水を飲ませてやるんだ!」

店主「ほっとくと火炎放射器みたいに火を吐き出して、全員焼け死ぬぞ!」

女「は、はいっ!」タタタッ

27: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 21:54:18.263 ID:5/41IJzs0
グビッグビッ グビビッ グビグビビッ

会社員「ふぅ~……お騒がせしました」



女「なんだったのあの人……」

店主「奴は辛いのが大の苦手なんだが、辛いものが大好きなんだ」

店主「普段は辛いもの食うのを我慢しているが、どうしても我慢できなくなった時だけ」

店主「この店にやってきてカレーパンを食べるというわけだ」

店主「もし激辛ラーメンなんて食った日にゃ、そのラーメン屋は全焼確定だろうな……」

女「ひええ……」

30: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 21:57:28.851 ID:5/41IJzs0
店主「これから先、この店にやってくる客はだいたいああいうのばかりだ」

店主「俺がバイトを辞めていいというまで、せいぜい死なないよう頑張ることだ」

女(冗談じゃないわ! こんなとこいたら死んじゃう! 今すぐ逃げ――)

店主「ああ、あと……」ヒュッ

ドカァッ!

女「ひっ!」

女(投げつけられたトングが……床にめり込んだ!)

店主「逃げようとしたら……殺す」

女「う……!」ゾクッ

女「……分かったわよ! やるわよ、やってやるわよ!」

32: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 22:00:36.240 ID:5/41IJzs0
店主「うちは狭いんでな。寝る時は弟子の部屋で寝てもらう」

女「よろしくね」

弟子「ど、どうも……」

女(あーあ、なんでこんなことになっちゃったのかしら……)

女(あたしはただ自殺したかっただけなのに……)

弟子「あの……夜は冷えますし、布団増やします?」

女「結構よ」プイッ

弟子「そ、そうですか」

女(こいつはあの店主と違って大人しそうな男の子だけど、こんな店にいるんだもん)

女(きっとろくでもない奴に違いないわ……)

34: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 22:03:48.470 ID:5/41IJzs0
次の日――

店主「起きろ」

女「ふえぇ?」

女「まだ日も昇ってない時刻じゃないのよ……」

店主「パン屋の朝は早いんだ。弟子はもうとっくに起きてるぞ」

店主「朝食を食べたら、店の掃除をしろ」

女「はぁい……」

37: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 22:06:26.329 ID:5/41IJzs0
女「いらっしゃいませ~」

客「…………」キョロキョロ

女「どうなさいました?」

客「あの……クロワッ様ってまだ焼き上がってないんですか?」

女(クロワッ様?)

女「……クロワッサンのことですか?」

客「お前ぇ! あんな偉大なパンに“さん呼ばわり”なんてできるわけねェだろうがァ!!!」

女「えええ!?」

店主「クロワッ様なら今焼き上がったぞ」

客「あっ、おいしそ~!」ニコッ

女(なんなのもう……)

107: ロジカル・ラグナロク 2018/11/20(火) 00:30:43.546 ID:TjOVisaiKHAPPY
>>37
ワロタwww

41: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 22:09:16.317 ID:LRlJL1gIr
今度からクロワッ様って呼ぶわ

40: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 22:09:10.946 ID:5/41IJzs0
女「やっと……閉店……」

弟子「お疲れ様でした!」

女「あぁ、疲れたぁ……」

店主「こんな働きぶりじゃ、まだまだここを出ることはできねえな」

女「ううう……!」

店主「弟子、お前はこれからパン作りの修行だ」

弟子「はいっ!」

女(はぁ……いつまでもつかしら……)

43: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 22:13:34.437 ID:5/41IJzs0
……

店主「今日はこれを陳列しろ」

女「わぁっ、おいしそうなフランスパン!」

店主「食いたければ食っていいぞ」

女「え、ホント? いただきます!」

弟子「あっ! ダメ!」

女「え?」ガブッ

女「うがぁっ! か、硬い! なんなのこの硬さ!?」

店主「おそらくこの世で最も硬いフランスパンだ。この通り釘だって打てる」ガンガン

女「なんでこんなもん作ったのよ!?」

店主「もちろん、客のためだ」

46: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 22:17:38.283 ID:5/41IJzs0
ギィィ…

女「いらっしゃ――」


出っ歯「ちわ~っす」


女(すんごい出っ歯!)

女「まるでネズ……」

弟子「あっ、ダメです!」ガバッ

女「もご?」

店主「忠告しておく」

店主「奴にはモルモットだとかハムスターだとか、ネズミを連想させる言葉は絶対いうな」

店主「ものすごく怒るからな」

店主「下手すりゃディズニーランドやピカチュウなんかにも反応してくるぞ」

女「わ、分かったわ……」

48: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 22:21:53.579 ID:5/41IJzs0
出っ歯「これこれ! このフランスパンが欲しかったんだよ!」

出っ歯「いただきま~っす!」ガリガリガリガリガリ

女「!」

出っ歯「いえね、俺っちってものすごい勢いで前歯が伸びてくるから」ガリガリガリガリガリ

出っ歯「このフランスパン食ってたまに歯を削らないと、伸びすぎちまうのよ」ガリガリガリガリガリ

女「そ、そうなんですか……」

出っ歯「そこらのコンクリートなんかじゃ、俺っちの歯には柔らかすぎるからなぁ」ガリガリガリガリガリ

ガリガリガリガリガリ…

女(まるで人間削岩機だわ……)

49: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 22:23:04.807 ID:YL67vHZA0
週刊ストーリーランドかと思った

50: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 22:24:41.855 ID:5/41IJzs0
出っ歯「だいぶ削れたかな」キラッ

女(指の長さぐらいあった歯が、1cmぐらいになったわ……)

出っ歯「シシシ、驚いてるね」

女「あ、いえ……」

出っ歯「そりゃそうだよな。俺っちの前歯見て、驚かない奴なんていやしねえ」

出っ歯「俺っちのこと……嫌いになったろ?」

女「そんな……嫌ったりしませんよ!」

出っ歯「…………」ビキッ

出っ歯「今……なんつった?」

女「へ?」

52: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 22:27:36.741 ID:5/41IJzs0
出っ歯「あんた……俺っちのこと“ラッタ”っつったよなァ!?」

女「え!? いってない! いってませんってば!」

出っ歯「あのポケモンのせいで……俺っちがどれだけいじめられたか……」

出っ歯「『ひっさつまえばやれよ!』とか『コラッタ産めよ!』とか……」

出っ歯「そんなにいうんなら見せてやる!」

出っ歯「俺っちの“いかりのまえば”をよォォォォォッ!!!!!」ニョキニョキニョキニョキニョキ…

女「ひいいいいっ!(すごい勢いで前歯が伸びてきた!)」

店主「やばいっ! 今日はいつもより敏感だったようだ!」

53: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 22:28:40.370 ID:fK0b2S1Qr
もうやだこの店

55: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 22:30:14.140 ID:5/41IJzs0
出っ歯「キシャアアアアッ!!!」

弟子「危ない!」バッ

ザシュッ!

弟子「ぐ……! だ、大丈夫ですか?」

女「う、うん……あなたこそ……」

出っ歯「シシシ……うまく逃れやがったなぁ~」

出っ歯「キシャアッ!!!」グワッ

女「いやぁぁぁぁぁっ!」

56: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 22:33:23.289 ID:5/41IJzs0
ガキンッ!

店主「ぐ……!」グググ…

女(トングで前歯を受け止めた……!)

出っ歯「やるねえ。だけど、俺っちの前歯の方が強いッ!」グインッ

店主「うおっ!」グニャリッ

出っ歯「トドメだァァァァァッ!!!」グワッ

店主「ふん!」ブンッ

ボゴォッ!

出っ歯「ぐっ!?」

女(フランスパンで殴った!)

女(前歯vsフランスパン……わけの分からない戦いになってきたわ!)

59: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 22:35:52.857 ID:5/41IJzs0
女(だけど……)

出っ歯「キィシャァァァァァッ!!!」

店主「手加減はできねえ……殺ってしまっても恨むなよ」

ズガァッ!

女(こうなったのはあたしのせいだわ……)

弟子「さあ、あなたは早くこっちへ!」

女「ううん、逃げないわ!」

弟子「え!?」

61: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 22:38:23.227 ID:5/41IJzs0
女「そこのでかいネズミィ!!!」

出っ歯「!」ピクッ

出っ歯「誰がネズミだぁ……!?」ビキメキ…

店主「バカ、なにやってやがる! 火にガソリン注ぐようなことを……!」

弟子「あああっ……!」

出っ歯「誰がネズミだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!」グワァッ

女「ニャ~ン」

出っ歯「!」ビクッ

62: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 22:41:40.732 ID:5/41IJzs0
女「ニャンニャンニャ~ン」

出っ歯「ひ、ひいいっ! 許してっ! 許してぇぇぇっ!」

女(よかった! 効いてる!)

弟子「そうか、ネズミは猫に弱いから……!」

店主「…………」

女「許してやるニャ。そのかわり……」

出っ歯「その代わり?」

女「ネズミっていわれたぐらいで……怒っちゃダメニャ!」

出っ歯「は、はいぃぃぃ……!」シュン…

64: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 22:43:36.258 ID:5/41IJzs0
弟子「いやぁ、さっきはすごかったですよ!」

弟子「ネズミで怒るお客さんには、猫で対抗するなんて!」

女「たまたまよ、たまたま」

店主「…………」

店主「やるじゃねえか」

女「!」

女(少しは認めてもらえた……ってとこかな?)

65: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 22:46:19.121 ID:5/41IJzs0
店主「店は閉めたし、パン作りの修行だ」

弟子「はいっ!」

弟子「うんしょ、うんしょ」コネコネ…

店主「なんだその力は!? そんなんじゃいいパンはできねーぞ! いつも何を学んでやがる!」

弟子「すみませんっ!」

女(パン作りって厳しいんだなぁ……)

67: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 22:49:28.066 ID:5/41IJzs0
女「あなたのお師匠さん、闇のパン屋さん……厳しいわね」

弟子「はい、だけどこれも修行ですから」

女「それと……」

女「さっきは助けてくれて、ありがとう。あたしのせいでケガしちゃって……」

弟子「い、いえっ! これぐらいへっちゃらです!」

女「明日からもよろしくね」

弟子「はいっ!」

68: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 22:53:27.055 ID:5/41IJzs0
……

医者「やぁ」

店主「これはこれはドクター、いらっしゃい」



弟子「あ、お医者さんですね。あの人も常連さんですよ」

女「ふうん……いけ好かないわね」

弟子「え、どうして?」

女「医者っていえば金持ちでしょ? あたし……金持ちが嫌いなの」

弟子「そうなんですか……」

69: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 22:55:33.797 ID:5/41IJzs0
医者「いつも通り、パンの耳をいただこうか」

店主「すぐ持ってくる」クルッ



女(パンの耳? しかもいつも通り?)

女(なんでお金持ちなのにパンの耳なんか……)

女(昔は貧乏でよくパンの耳を食べてて、未だにその味を忘れられないとか?)

70: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 22:58:12.518 ID:5/41IJzs0
店主「どうぞ」

医者「お~、ありがとう! 相変わらず素晴らしい出来栄えだぁ!」

女「…………」チラッ

女(うげっ!?)

女(なにあれ!? 人間の耳!?)

女(いえ、そうじゃない……パン生地で“ものすごくリアルな耳”を作ったんだわ!)

71: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 23:02:31.344 ID:5/41IJzs0
医者「見た目から触り心地まで、まるで本物の耳のようだよ」

医者「いただきま~す」モニュ…

医者「おいちぃ~~~~~!!!」



女「どういうことなの……」

店主「ドクターは腕のいい外科医なんだが、“人の耳を切り取りたくて仕方ない”という性癖を持ってる」

女「……へ」

店主「もはやその衝動を抑え切れなくなった時、彼はこの店にやってきた」

店主「以来、定期的にあのパンの耳を買いにきてるというわけだ」

店主「パンの耳を食べることで、自分の衝動を抑えるために、な」

女「はぁ……」

72: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 23:04:05.100 ID:PBlwSC270
ノヴァ教授かよ

73: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 23:05:32.515 ID:5/41IJzs0
女「あー、今日も疲れた」

弟子「お疲れ様です」

女「それにしてもあの人、パン生地であんなリアルな耳を作れるなんて」

女「性格はともかく、パン作りの腕はたしかに一流ね」

弟子「師匠のファンは多いですよ。みんな心に何かしら抱えてますけど」

女「でも、どうしても分からないのよね」

女「あなたみたいな真面目な子が、どうしてあんな人の弟子になったのか……」

弟子「師匠は……ボクの命の恩人ですから」

女「……え?」

75: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 23:09:21.001 ID:5/41IJzs0
弟子「ボクは物心ついてまもなく、親に捨てられたんです」

女「ど、どうして!?」

弟子「理由は“育てるの飽きたから”とか、そんな理由だったと思います」

女「な……!」

女「ゆ、許せない! 許せないわっ!」

女「せっかく産まれた命を……捨てるだなんて!!!」

弟子「…………!」

弟子「でも、その時――」

76: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 23:11:25.443 ID:HSUz7xOKr
ほう

77: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 23:13:13.950 ID:5/41IJzs0
~回想~

店主「…………」

店主「驚いたな。こんなところにガキが捨てられてるとは」

少年「…………」ピクッ

店主「お、まだ生きてるのか」

少年「う、ううう……」

店主「おい、ガキ」

少年「?」

店主「ここに二つのパンがある」スッ

78: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 23:16:25.386 ID:5/41IJzs0
店主「こっちは普通の……いやとてもうまいパンだ。俺が作ったんだからな」

店主「もう一つのこっちは……猛毒のパンだ。食えば一瞬で楽に死ねる」

店主「好きな方を食え」

少年「…………」

少年「う、うう……」サッ

モグモグ…

少年「お、おいしい……」

店主「そうか、まだ生きたいか」

79: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 23:19:16.517 ID:5/41IJzs0
店主「だったら俺が……お前を拾ってやる」

少年「…………!」

店主「嫌か?」

少年「い、い、いえ……! ぜ、ぜ、ぜひ……」

店主「じゃあついてこい。手は貸さねえぞ」

少年「は、は……はい……!」

80: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 23:22:25.034 ID:5/41IJzs0
女「そんなことが……」

弟子「師匠がいなきゃ、ボクはとっくに死んでいたでしょう」

弟子「パン作りをやりたいっていうのも、ボクから師匠に志願したんです」

女「なるほどね」

女「ところで、あなたが選ばなかった猛毒のパンってホントに毒入ってたのかしら?」

弟子「入ってたと思いますよ。そういう人ですから」

女(お~……怖っ!)

81: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 23:27:06.639 ID:5/41IJzs0
……

ペタペタ…

店主「…………」

女「今日はなにを作ってるの?」

女(これは……ご飯!? なんでパン屋でご飯を!?)

女(いいえ、違うわ……パンで作った米粒!)

女(なんでこんなものを……!?)

店主「よし、できた」

82: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 23:30:12.002 ID:5/41IJzs0
ギィィィ…

老人「こんにちは」

店主「ジイさん、いつものパンだ」

老人「おお、ありがとう!」

老人「わしはこのパンじゃないとダメなんじゃよぉ~」



女(どういうことなんだろ?)

83: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 23:34:38.232 ID:5/41IJzs0
閉店後――

弟子「ああ、あのおじいさんは、パンが大好きなんです」

弟子「だけど日本人たるもの、パンなど食べずご飯を食べなきゃいかんという信念も持っていて」

弟子「どうすればいいか途方に暮れていたところ、師匠はあのご飯のようなパンを作ったそうです」

弟子「これなら食っても大丈夫だろ、って……」

女「へぇ~。おじいさんのために、あんな手間のかかることを……」

弟子「師匠は厳しくて怖いけど、決してそれだけの人じゃないんです」

弟子「この闇のパン屋は、ただ暗いだけの闇ではなく、闇を抱えた人を温かく包み込んでくれる」

弟子「そんなお店なんです……」

女「…………」

85: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 23:39:06.439 ID:5/41IJzs0
女「そうね、そういえばあたしも……元々死にたがってたのに」

女「この店で働き始めてからはすっかりそんな気持ちなくなっちゃった」

弟子「死にたがってたって……どうして?」

女「……もう話してもいいかな」

女「あたしね、ある大金持ちの御曹司と付き合ってたの」

女「別にその人がお金持ちだったからってわけじゃなく、純粋に好きだったわ」

女「そんなある日、あたしに子供ができてしまった。彼の子供なのは間違いなかった」

女「あたしがそれを告げると、彼は冷たく言い放ったわ」

女「“そんなの困る、おろしてくれ”と」

弟子「!」

86: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 23:41:29.720 ID:5/41IJzs0
女「あの瞬間、彼にあたしに対する愛情はもうないんだってのが分かったわ」

女「それでもあたしはどうしても産みたかった……」

女「だからあなたには迷惑かけないし、お金も請求しないから、一人で産むわっていったの」

女「そしたら彼は……」

88: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 23:45:10.650 ID:5/41IJzs0
~回想~

御曹司「いやいやいや、おろしてくれないと困るんだよ」

御曹司「あとになって隠し子がどうとか問題になっても困るしよぉ~」

御曹司「今はDNA鑑定もできるし、そうなったら面倒なんだよねぇ~」

女「だから、そんなことしないって……!」

御曹司「いいや、信用できない。女ってのはきったねえ生き物だからなぁ~」

御曹司「あっ、そうだ! いいこと思いついた!」

女「な、なにすんの!」

89: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 23:49:13.045 ID:5/41IJzs0
女「……あたしは彼にお腹を殴られたわ。何発も何発も……」

女「もちろん、お腹の中の子は……」

弟子「…………!」

弟子「なんて奴だ……! 許せない……!」

女「ふふっ、怒ってくれてありがとう」

女「この話を他人にするなんてはじめて! おかげでスッキリしちゃった!」

弟子「あ、よかったら、ボクが作ったパン食べませんか? メロンパンです」

女「いいの? ありがとう!」モグッ

女「うん、おいし~! もうお師匠さん超えてるんじゃない?」

弟子「アハハ、まさか!」



店主「…………」

90: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 23:51:46.933 ID:5/41IJzs0
……

店主「おい」

女「なに?」

店主「たまには休みたいだろう。休みたければ休んでもいいぞ」

女「あら、珍しい。あなたが優しい言葉をかけてくれるなんて、米粒でも降るかしら?」

店主「そんな口がきけるなら、休みを与える必要はなさそうだな」

女「ちょっとぉ、怒らないでよ」

91: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 23:53:03.601 ID:HSUz7xOKr
ちょっといい仲に

92: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 23:55:39.734 ID:5/41IJzs0
女「あっ、そういえば、この店は闇のパン屋さんよね?」

店主「それがどうした」

女「だったらさ、“光のパン屋さん”もどこかにあったりするの?」

店主「光のパン屋があるかどうかは知らんが――」


ギィィィ…


和服娘「こんにちは」

女「あっ、いらっしゃいませ!」

女(わぁ、キレイな人……)

和服娘「あら、初めてお目にかかる方ですわね」

和服娘「私、“光のおにぎり屋”を営んでおります。不束者ですが、どうぞよろしく」

女(光のおにぎり屋……!)

店主「まさに噂をすれば、だな」

93: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/19(月) 23:59:11.634 ID:5/41IJzs0
店主「なんの用だ」

和服娘「あら、ご挨拶ですね。私はあなたと違って行商のような真似もいたしますのよ」

女(“光”を自称するだけあって、所作がいちいち上品だし、なんていうか後光が差してるわ)

女(おにぎりも心なしか光り輝いてて、どれもおいしそう……)

和服娘「よろしければ、お一ついかが?」

女「いいんですか? それじゃあ……」

女「!」ハッ


店主『お前がパンを選ぶんじゃねえ……パンがお前を選ぶんだ』


女(おっと……あぶないあぶない)

94: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/20(火) 00:05:20.721 ID:0OCEQ95m0HAPPY
女「自分じゃ選べないな~。なにかオススメとかあります?」

店主「バッ……!」

和服娘「…………」ビキッ

女「え?」

和服娘「なぁにが『オススメあります?』だァァァァァ!?」

和服娘「なぜ自分で選ばない? なぜ自分で選ぼうとしない?」

和服娘「おにぎりってのは自分で選んで、“自分の手で握り取る”もんだろうがァァァァァッ!!!」

女「ひいいいいいっ!」

和服娘「おにぎりを侮辱しおって……許さんッ!」ガシッ

女「むぎゅっ!」

和服娘「私の握力は100kgを軽く超える……このままおにぎりにしてあげる!」グググッ…

女「あが……あがががっ……!」ミシミシ…メキメキ…

95: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/20(火) 00:06:35.035 ID:csXWSaVr0HAPPY
まともなの弟子しかいねえ

96: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/20(火) 00:08:19.052 ID:0OCEQ95m0HAPPY
店主「やめろ」ジャキッ

女(トングがおにぎり屋さんの首筋に……!)

和服娘「…………」ギロッ

店主「…………」ギロッ

ゴゴゴゴゴ…

女(パン屋とおにぎり屋の、すんげえ睨み合い……!)

和服娘「……失礼しました。おにぎりを一つ差し上げるので、どうぞお許し下さい」ペコッ

女「あ、どうも……」

和服娘「では私はこれで……」スタスタ…

98: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/20(火) 00:12:17.976 ID:0OCEQ95m0HAPPY
女(このおにぎり……食べてみよ)モグッ

女「お、おいしい……!」

女(さっき握り潰されかけたことも忘れちゃうようなおいしさ……!)

女「助けてくれて……ありがとう」

店主「せっかく仕事を覚えてきたバイトを殺されたらたまらねえからな」

店主「だが、もしあのまま戦いになってたら、お互い無事じゃ済まなかった……」

店主「あんなことで人一人殺そうとするとは……相変わらずイカレた女だ」

女「あなたも人のこといえないって」ボソッ

店主「なにかいったか?」

女「いーえ」

99: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/20(火) 00:15:27.091 ID:0OCEQ95m0HAPPY
……

会社員「からっ……!」

店主「おい水だっ!」

女「もうバケツで用意してあります!」サッ


女「出っ歯だからって気にすることないわよ。愛嬌あって可愛いもの」

出っ歯「ありがとう……俺っち嬉しいよ……」


医者「う~ん、君の耳、実にいい形をしているね。切り取ってもいいかい?」

女「せっかく両親からもらったものなので、遠慮しときます」

100: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/20(火) 00:17:29.680 ID:lbZoYfkzrHAPPY
順応してやがる・・・

101: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/20(火) 00:18:07.398 ID:ODr+h9z70HAPPY
朱に交わればなんとやら

102: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/20(火) 00:18:42.020 ID:0OCEQ95m0HAPPY
女「この梅干しのおにぎり、おいしいっ!」

和服娘「ありがとうございます」

和服娘「初めて会った時はごめんなさいね。あなたのような方を握り潰そうとして……」

和服娘「私ったら、おにぎり屋失格ですね……」

女「いえいえ、世の中首絞めてくるパン屋もいますから」

アハハハ… オホホホ…



弟子「だいぶこの店に馴染んできましたね! 常連さんともすっかり仲良しです!」

店主「ああ」

店主(だが、まだあの女の“心の闇”は……)

103: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/20(火) 00:23:50.259 ID:0OCEQ95m0HAPPY
……

ギィィィ…


店主「……ん」

弟子「お客さんですね」

女「あたしが出るわ。いらっしゃ――」

女「!!!」

104: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/20(火) 00:26:12.729 ID:0OCEQ95m0HAPPY
御曹司「なんだここ? パン屋? ふらふらと変なところに迷い込んじまったな」



女「…………」

女(なんで……なんであの人がここに……)

弟子(どうしたんだろ? あのお客さんを見たとたん――)

女「…………」ワナワナ…

弟子「!」ハッ

弟子(まさか……? まさか、あのお客さんは……!)

105: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/20(火) 00:27:26.725 ID:lbZoYfkzrHAPPY
きたか

106: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/20(火) 00:29:11.119 ID:0OCEQ95m0HAPPY
店主「おい」

女「は、はいっ!」

店主「あの男とお前の間に何があったのかは知らんが、私情で仕事をおろそかにすることは許さん」

店主「いつも通り接客しろ」

弟子「師匠! ここはボクが……」

女「ううん、いいの。ありがと、弟子君」

女「あたしが……やらなきゃ。接客はあたしの仕事だもの」

店主「…………」

108: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/20(火) 00:32:29.469 ID:0OCEQ95m0HAPPY
女「い、いらっしゃいませ……」

御曹司「おお? 店員がいたのか。出てくるの遅すぎだっつの」

御曹司「……んん?」

女「!」ビクッ

御曹司「お前……もしかして、昔俺が遊んでやった女じゃね?」

御曹司「なんでこんなとこいるんだぁ!? ずいぶん落ちぶれたなぁ!」

御曹司「お腹の赤ん坊は元気か? あっ、流れちまったんだっけ?」

御曹司「どんぶらこ、どんぶらこってお前の股から! ギャハハハハハハッ!」

女「…………」

109: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/20(火) 00:36:45.395 ID:0OCEQ95m0HAPPY
御曹司「ああ……思い出した。そういえばお前にはいいたいことあったんだわ」

女(え……)ドキッ

女「なん、でしょうか……」

御曹司「俺がお前を妊娠させてガキを処分した件は、親父がもみ消してくれたんだけどさ」

御曹司「おかげで俺、親父にずいぶん怒られちゃってさぁ~」

御曹司「月のお小遣いを100万円も減らされちゃったんだよね~」

御曹司「それもこれもてめーのせいだろ! どうしてくれんだてめえ!」



弟子「なんなんだあいつは……!」

店主「もしもし……」

弟子「師匠、こんな時になに電話なんかかけてるんですか!」

110: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/20(火) 00:39:17.062 ID:0OCEQ95m0HAPPY
御曹司「てめえが産みたいだなんてほざくからよぉ~。安っぽいドラマみてーによぉ~」

御曹司「おい謝れよ! 今すぐ土下座しろよ!」

女「…………」プルプル…

御曹司「なに震えてんだ? もしかしてまた俺に抱かれたくなったか?」

御曹司「いいぜ、今ヒマだし、抱いてやっても」

御曹司「またできちまったら、もちろん生まれる前に処分すっけどな! ギャハハハハハッ!」

女(悔しい……!)

女(こんな奴を、本気で好きだったことが悔しくてたまらない……!)ポロポロッ

御曹司「あらら? 泣き出しちゃった! ったく女ってのはこれだから……」

111: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/20(火) 00:42:15.518 ID:0OCEQ95m0HAPPY
御曹司「てか、お前泣き顔ブスすぎだろぉ~。あんまり笑わせんな! 頼むから!」

店主「お客様」

御曹司「あん?」

店主「ここはパン屋なんで、パンを買って下さらないと」

御曹司「ああ、そうね。なんだったら全部買ってやってもいいぜ?」

御曹司「こんなチンケなパン屋のパンくらい、いくらでも買い占められる」

店主「でしたら、お客様のぴったりのパンを」

御曹司「へえ、なにそれ?」

112: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/20(火) 00:45:14.270 ID:0OCEQ95m0HAPPY
ドズゥッ!!!


御曹司「おうっ!?」

御曹司「げぼぉぉぉぉっ……!」ビチャビチャ…

女「え……」

店主「“腹パン”だよ」

御曹司「がはっ、げほっ、げほっ……!」

113: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/20(火) 00:46:51.696 ID:39OL7wT4aHAPPY
続き気になって寝れない

115: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/20(火) 00:49:20.982 ID:0OCEQ95m0HAPPY
御曹司「な、なにしやが……」

店主「こいつ、店を汚しやがった。おい、お前も殴ってやれ」

弟子「いいんですか?」

店主「やれ」

弟子「はいっ!」

御曹司「ちょっ……」

弟子「あなたは最低の男だ!」

ドゴォッ!

御曹司「ぐえええええっ……!」ゲボォッ

店主「おい、お前もくれてやれ」

女「……いいの? この人、お客さんなのよ?」

店主「今日は腹パンのバーゲンセールだ」

116: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/20(火) 00:52:12.095 ID:bbZauMrNrHAPPY
バーゲンセールw

117: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/20(火) 00:52:50.905 ID:x1mFR8TG0HAPPY
ワロタ

118: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/20(火) 00:53:26.749 ID:0OCEQ95m0HAPPY
女「えいっ!」

ボフッ!

御曹司「ぶほぉっ!」ガフッ

女「はぁ、はぁ、はぁ……」

店主「一発でいいのか?」

女「!」

店主「ここでなら、死ぬまで殴ったってどうとでも処理できる」

店主「こいつも心に闇を抱えた客だが、はっきりいって手の施しようがないタイプの闇だ」

店主「殺したところで、誰も咎めはしねえ」

女「……そうね」ザッ

御曹司「ひいっ!」

119: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/20(火) 00:56:15.182 ID:0OCEQ95m0HAPPY
御曹司「や、やめろよ! 昔は愛し合った仲じゃねえか……。ゆ、許してくれぇぇぇっ!!!」

女「…………」

女「あなたはあたしの赤ちゃんを殺した……許すわけないでしょ」

御曹司「そんなぁ……」

女「だけど、もういいの」

女「もう二度と、あたしの前に姿を見せないで。女の人を泣かすような真似はしないで」

女「いいわね!」ギロッ

御曹司「ひゃ、ひゃいぃ……」

121: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/20(火) 00:59:11.631 ID:0OCEQ95m0HAPPY
店主「帰しちまってよかったのか?」

女「うん、いいの……」

女「あれだけみじめな姿を見れば……だいぶスッキリしたわ」

女「二人とも、ありがとう!」

弟子「とても立派でしたよ! ボク、感動しました!」

店主「…………」

123: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/20(火) 01:04:08.334 ID:0OCEQ95m0HAPPY
……

御曹司「はぁ、はぁ、はぁ、ふざけやがって……あのアマァ……」

御曹司「遊んでやった恩も忘れて、俺に腹パンなんざかましやがってぇ……」

御曹司「こうなったら金でチンピラ雇って、あのパン屋襲撃してやるぅ……」

御曹司「あのアマをメチャクチャになぶった後、店に火ィつけてやるぅ……」

御曹司「なぁに、親父が全部もみ消してくれるさ……」



「おや、それはいけませんね」

124: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/20(火) 01:08:25.188 ID:0OCEQ95m0HAPPY
御曹司「え?」

会社員「この人、あのパン屋さんに火をつけるといってましたよ」

会社員「だったら私が先にあなたに火をつけてやらねば」

医者「ふ~む、君の耳なら切り取ってしまってもよさそうだ」

医者「あまりいい形ではないがねえ」

御曹司「え、え?」

出っ歯「あんた、あの店員ちゃんにひどいことしたんだって?」

出っ歯「俺っちの“いかりのまえば”を思い知れ!」ニョキニョキニョキ…

御曹司「なんだよ、てめぇらぁ!?」

和服娘「ですが皆さん、殺してはいけませんよ」スッ…

125: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/20(火) 01:09:55.795 ID:dZhRr6ujdHAPPY
総出演w

126: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/20(火) 01:10:18.475 ID:0OCEQ95m0HAPPY
和服娘「なぜなら、この方は私が直々に“おにぎり”にして差し上げるのですから」

和服姿「じっくりと、時間をかけて、極上のおにぎりに仕上げてみせます」ニギニギ…

和服娘「この方がいなくなった方が、この世は光を増すことでしょう」ニッコリ

御曹司「や、やめ……!」


うぎゃぁぁぁぁぁぁ……!!!



………………

…………

……

127: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/20(火) 01:14:12.826 ID:0OCEQ95m0HAPPY
……

客「またクロワッ様買いにくるよ」スタスタ…

女「ありがとうございましたー!」



店主「近頃、だいぶスッキリした表情になったな」

女「ええ、彼を一発ブン殴ったおかげかしら」

店主「…………」

店主「だとしたら、もういいぞ」

女「え?」

店主「もうここを出ていって、元の生活に戻ってかまわない」

女「…………!」

128: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/20(火) 01:17:28.726 ID:0OCEQ95m0HAPPY
女「…………」

弟子「そ、そんなっ!」

弟子「やっと女さんも慣れてきたっていうのに……!」

店主「どうする?」

女「あなたが許してくれるというのなら……そうさせてもらうわ」

弟子「! ど、どうして……!」

女「あ、勘違いしないでね? ここが嫌だってわけじゃないの」

129: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/20(火) 01:20:22.905 ID:0OCEQ95m0HAPPY
女「むしろ、あたしもここに慣れちゃって、ずいぶん居心地がよくなっちゃったわ」

女「一生ここで働いてもいいかもって思うくらい」

女「だけど……だからこそ、こうして許しを得た以上」

女「ちゃんと元の生活に戻ることがあなたたちへの誠意になると思うから……」

弟子「…………」

女「今までありがとう」

弟子「……ボクこそ、楽しかったです!」

130: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/20(火) 01:23:38.131 ID:0OCEQ95m0HAPPY
店主「なら……今までのバイト代だ」スッ

女「こんなに……いいの?」

店主「それと、持ってけ」ポイッ

女「これは……コッペパン!」

店主「いっただろ? パンがお前を選んだんだ」

女「ありがとう……」モグッ

女「うん、ふわっふわでおいしい!」

店主「俺が作ったんだから当たり前だろ」

131: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/20(火) 01:25:26.264 ID:dTq7ON9RrHAPPY
うまそう

132: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/20(火) 01:29:18.499 ID:0OCEQ95m0HAPPY
女「これでよし、と」

店主「準備はできたか?」

女「ええ……」

女「それじゃあ、またね!」

弟子「また遊びに来て下さいね!」

店主「心に闇ができたら……いつでも来い」

女「うん!」

133: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/20(火) 01:33:14.079 ID:0OCEQ95m0HAPPY
……

会社――

女「課長、できました」

課長「うむ、ご苦労さん」

若手「あ、あの……」

女「ん?」

若手「今夜、飲みに行きませんか?」

女「ごめんなさい、今日はちょっと行くところがあって……」

若手「そ、そうっすか……残念」

女「ありがと、また誘ってね!」

若手「は、はいっ!」

134: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/20(火) 01:34:07.254 ID:k33NAV/CdHAPPY
なんだこの良SS

135: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/20(火) 01:35:43.784 ID:0OCEQ95m0HAPPY
課長「ハッハッハ、フラれたな」

若手「ええ、残念です」

若手「それにしても、新しく入ったあの人、妙な魅力がありますよね……」

課長「うむ……」

課長「なんというか、深い闇をくぐり抜けてきたというか、そういう魅力がある」

若手「ですよねえ! くっそー、諦めないぞ!」

136: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/20(火) 01:38:55.033 ID:0OCEQ95m0HAPPY
ギィィ…

女「こんばんはー!」

弟子「!」

弟子「いらっしゃいませー!」

店主「…………」

店主「また来たのか。心の闇ができたらといっただろうに」

女「今日も会社で色々嫌なことあったのよ。それだって、立派な心の闇でしょ?」

弟子「そうですよ、そうですよ!」

137: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/20(火) 01:43:09.688 ID:0OCEQ95m0HAPPY
店主「まあ、俺としてはかまわねえがな。お前が来ると弟子が元気になるし」

弟子「し、師匠!」

女「ふふっ」

女「さぁ~て、今日はどのパンに……選んでもらおうかしら」カチカチ

女「うんっ、これにしよっと!」







―おわり―

138: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/20(火) 01:45:17.042 ID:dZhRr6ujdHAPPY
乙 これは名作

139: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/20(火) 01:52:38.087 ID:dTq7ON9RrHAPPY

この世のどこかにこんなパン屋があってもいいな

140: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/20(火) 01:55:53.692 ID:MvAFtQgX0HAPPY
面白くてわろた

143: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/20(火) 02:51:48.800 ID:ODr+h9z70HAPPY
おつおつ

146: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/20(火) 03:01:34.606 ID:aF14Z42IMHAPPY
ボキャブラリーが貧弱で感想が思いつかん
最後の総出演で御曹司をボコる展開は熱かったぞw

147: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/20(火) 03:19:54.772 ID:mBXi5vXs0HAPPY
おにぎりになった男編はよ

141: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/20(火) 02:00:01.709 ID:5lztZUoJaHAPPY

久しぶりに面白いSSに立ち会えた

不思議ネタ募集中
不思議.netで扱ってほしいネタ、まとめてほしいスレなどがあれば、こちらからご連絡ください。心霊写真の投稿も大歓迎です!
面白いネタやスレは不思議.netで紹介させていただきます!

■ネタ投稿フォームはこちら
https://ws.formzu.net/fgen/S13082310/








  • このエントリーをはてなブックマークに追加
闇のパン屋「お前がパンを選ぶんじゃねえ……パンがお前を選ぶんだ」

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2018年12月08日 20:07 ID:Jby0sXDG0*
ロシア的倒置法かと思った
2  不思議な名無しさん :2018年12月08日 20:15 ID:ok1XQ9o.0*
俺もパンに選ばれてぇな
3  不思議な名無しさん :2018年12月08日 20:57 ID:sBZpy.He0*
どんな古いスレッドかと思ったら
今年のなのか
4  不思議な名無しさん :2018年12月08日 21:23 ID:V9HiwFH10*
不覚にもホロリときた
5  不思議な名無しさん :2018年12月08日 21:31 ID:tvPQNPDZ0*
最近秀逸なSSに連日のように巡り会えているなぁ。
6  不思議な名無しさん :2018年12月08日 21:55 ID:Pv.B5cQ20*
これはいい
7  不思議なパン屋さん :2018年12月08日 22:12 ID:QArGA2.P0*
さーて仕込みすっか!
8  不思議な名無しさん :2018年12月08日 22:53 ID:ro5ddeDL0*
これは文才の塊
9  不思議な名無しさん :2018年12月09日 01:38 ID:0BR3mXlR0*
パンパンスパパン!
パンスパンパンパンパンパンスパンパン!

(ついに藤森がパン言語で煽りだした)
10  不思議な名無しさん :2018年12月09日 12:17 ID:A3BIkkIX0*
クロワッ様ほんと好き
11  不思議な名無しさん :2018年12月09日 12:48 ID:Ndd7CglI0*
くじら「俺が魚を選ぶんじゃねえ。魚が俺を選ぶんだ!増井要次郎!!」
12  不思議な名無しさん :2018年12月09日 16:06 ID:oO3CBWVt0*
おもろい
13  不思議な名無しさん :2018年12月09日 18:26 ID:KUCvwsok0*
スレタイが初代闇遊戯で再生された
14  不思議な名無しさん :2018年12月09日 19:25 ID:0BR3mXlR0*
>>9
間違えた。
パンパンスパパン!
パンスパンパンパンパンパンスパパン!
だった
これめっちゃ重要。
15  不思議な名無しさん :2018年12月10日 21:26 ID:oDP6Vr0y0*
パンが食べたくなったじゃないか!
16  不思議な名無しさん :2018年12月11日 01:02 ID:dIEtK8GX0*
似た雰囲気のssを読んだことがある気がする
この人前にもなんか書いてただろ
17  不思議な名無しさん :2018年12月12日 13:58 ID:zusvr0Xf0*
ヤンジャンかなんかにちょっと違うけど似たテイストの漫画あるよね
18  不思議な名無しさん :2018年12月18日 15:45 ID:8vi2fCFN0*
面白かった
19  不思議な名無しさん :2018年12月18日 15:51 ID:HhJAa31E0*
ダイナーって小説及び漫画思い出したわ
20  不思議な名無しさん :2019年01月09日 00:32 ID:VhPFKtaj0*
最後良い話風に締めてんじゃねぇよwww
凄く面白かったよ

 
 
上部に戻る

トップページに戻る