不思議.net

怖い話・オカルトまとめブログ

アクセスランキング(3日間)
    本日のおすすめニュース
    本日のおすすめニュース一覧
    12

    【初代】不可解な体験、謎な話~enigma~『雪見る遺影』『マトリックスのような世界から・・・』他



    435: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/11/27 22:13
    人工衛星の電波を受信できる体質
    以前、別なところにも書いたんだけど
    スレが行方不明になって皆の意見が読めなかったので
    もう一度書きます。

    4、5歳の頃、寝る前に目をつむると月面が見える事があった。
    はじめて見えたのがいつ、どうしてだかは思い出せない。

    「見える見える。今日は見える...」そう集中すると、ぽっ、と
    まぶたの裏に月面が映る。
    上空数キロを飛びながら、眼下の月面を見下ろしている感じ。
    黒ぐろとして荒れた大地が視野を流れていく。
    不思議なのは、

    ・白黒映像な事。
    ・見える光景が、肉眼の視野よりはるかに広いこと。
     目が左右1メートルくらいに離れた時のワイド画像というか。
    ・視野の左下に、何やら英語のテロップが明滅している事。

    アポロ計画の記録映像にインスパイアされて、その映像が
    「見えている」だけなのかも、とも思う。
    ただ、その当時はなぜか、リアルタイムで月面を見ているという
    直感があり、子供ながらに考えた推理が
    「アメリカの人工衛星の電波を受信している」だった。

    どうでしょう? まあ地味な体験(笑)ですが...

    管理人です!
    初代のenigmaスレから後半をまとめました。

    前半はこちら
    不可解な体験、謎な話~enigma~(初代)
    http://world-fusigi.net/archives/8729567.html

    タイトルの雪見る遺影は
    >>684から、
    マトリックスのような世界から・・・は>>617からです。
    【厳選】2ちゃんの不思議な体験談まとめ【保存版】
    http://world-fusigi.net/archives/8690847.html

    引用元:  不可解な体験、謎な話~enigma~ 







    438: 童貞厠之助 01/11/29 02:05
    二人になった妹
    推敲が苦手で幾分文章が長いですが、御容赦下さいませ。

    私は10才の頃、家族で欧米のある都市に住んでいました。
    家はマンションの15階の一室です。
    ある休日の午後、両親が買い物に出かけると言って出ていきました。
    五歳下の妹は私の背後でセサミストリートを見ていました。
    私は日課のピアノの練習を始めました。

    そのとき弾いていた曲にはよく間違えるパートがあり、
    何回もつっかかっているうちにイライラし出しました。
    私は後ろを振り返り、妹に「ちょっと音を下げて」と言いました。
    妹はテレビのすぐ前にあぐらをかいて座り、
    口をぽかんと開けたままテレビから目を離さずに「うーん」と、
    確かに答えました。
    しかしいつまでたっても音を下げる様子がないので、注意しようと振り返ったところ、
    妹はいつの間にかテレビの前からいなくなっていました。

    440: 童貞厠之助 01/11/29 02:08
    トイレにでも行ったのかと思い、腹を立てながらテレビの音を自分で下げに行きました。
    そしてまた譜面に向かい、妹のことなど忘れて弾き鳴らしていると、
    しばらくして両親が買い物から帰ってきました。
    玄関に迎えに行くと、何故か「ただいまー」と言いながら妹が入ってきました。
    驚いて「○○ちゃん、いつの間に外に出たの」と聞くと、
    「何言ってるの、一緒に買い物に行ったじゃないの」と母親が言いました。
    妹は、買ってもらったお菓子を嬉しそうに私に自慢しました。

    私たちが住んでいた場所はいわば新宿のど真ん中のような場所で、
    治安の悪さから、マンションはカード式ロックでガードマン体制完備でした。
    昼間でも小学生以下の子供だけで外を歩いてはいけないことになっており、
    私たちは一人で外出するという考えさえ持っていませんでした。
    第一、両親は地下駐車場から直接車で出ていくので、
    両親が嘘をついていたとしても(ありえませんが)、
    妹があとから追いかけられたはずがないのです。

    未だに私が見た妹は誰だったのか気になっています。
    ただ、そのときテレビっ子かつ甘えん坊の妹は、
    セサミストリートを見るか両親についていくか、かなり迷っていたそうです。

    455: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/11/29 12:17
    >>438
    テレビを見たい妹さんとお母さんについてきたい妹さんが分かれちゃったんだねー不思議!

    448: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/11/29 04:23
    昨年末だったと思うんだけど、ユリゲラーが出てたTV番組で、ユリゲラーが
    紙に書いた絵をテレビ越しに送るから、そっちでも書いてくれっていう
    コーナーがあったんだけど、何げに試してみたら、その絵が完璧に一致した。

    449: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/11/29 05:15
    友人とヒマ潰しにESPカード実験やってみた。
    向こうからこちらに送るのはほぼ全滅。
    しかし自分が送ったイメージを相手が当てる番になったら
    30回中15会適中。
    自分のイメージングは確かにスムーズにできたのだが、
    相手の言うには、俺の眉間の前あたりにうっすらと像が浮かぶので
    すぐ判ったとのこと。
    友人は記号のイメージングが上手く行かなかったらしい。

    458: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/11/30 10:03
    いったんもめん
    バイト先の友達の話なんだけどね。
    その子が彼女を助手席に乗せてドライブに行ったんだって。
    夜の透明高速で。
    結構スピード出して走ってたら、前方から白い布のようなものが飛んできて
    助手席側のサイドミラーに引っかかったのね。風にまたたいてビロビロしてるんだって。
    なんだ?と思って彼女に取ってくれって頼んだんだって。
    それで彼女が窓を開けて、その布のようなものに手を伸ばした瞬間に
    それがクシャクシャクシャって丸まってきて(チラシの紙をクシャクシャに丸めたように)
    玉状になったかと思ったら、びっくりして八の字を描くような飛び方をして
    すごい勢いで前方にピューっと飛んでったんだって。
    バイト中にこの話を聞いたんだけど、最初は本当かよ?って感じだったのね。
    でもその子にとってはつい先日の話で興奮冷め遣らぬって調子で話してたから
    最終的には本当かもって思ったよ。
    話を聞いたのは2年前ね。

    459: 鬼太郎 01/11/30 10:56
    >>458
    いったんもめーーーん!

    464: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/01 02:56
    >>458
    珍しい話だね。おもしろい。

    466: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/01 03:34
    体験というほどではないので上げずに書きますが、
    子供の頃、ベッドに入っていざ寝ようとすると、
    何故か口の中の舌の位置がなんとなく気になったり、
    仰向けになった足指先にかぶさった布団の重さに違和感を覚えることがありました。
    普段は自然に行なっているであろうことを思い出そうとするのですが、
    「いつもはどんなふうに置いていたっけ、ここに乗っけても良かったっけ、」
    と考え出すと止まらなくなり、かえって眠れなくなりました。

    百足が自分の足をどう動かしているかを問われ、
    意識した途端に歩けなくなった話を知ったとき、
    その気持ちがすごくよくわかりました。
    早熟だった私は、パラノイアを疑い、しばらく気に病みました。

    468: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/01 06:38
    >>466
    私も寝る前自分がどうやって息(呼吸)して
    いたか妙に意識して息苦しくなってた事がありました。
    普通に息が出来なくて深呼吸何遍もしたり。(w

    476: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/02 00:42
    ちょっと前にあった出来事 …。夜中(明け方)パッと目が
    覚めたら真っ暗闇のなかで、赤と緑に光る丸いモヤがあった。
    でも、その時は眠くて眠くて何だろ~?って思いながら手を
    伸ばしてみたりしたけど、そのまま眠ってしまって …。

     最近、また 急に目覚めて 同じモヤがあって今度は
    緑のモヤが、映像に変わっていくんだけど、途中で恐くなって
    目を閉じても見えて来る …。慌てて、電気付けて そのまま
    朝までテレビも電気も付けっぱなしだった。(なので、映像は
    なんだったかはわからない。)

     他に変わったことがあるわけでも、私自信に霊感もないけど
    気になる~。何で???

     

    481: 近所のおっさん。 01/12/02 18:55
    徘徊おじさんの正体
    自分が小学生のころ、近所でわりと有名なおっさんがいた。
    ぶつぶついつも呟いて、町を徘徊していた人だった。両親も
    含めて、奇妙な人だから近寄らない方がいいと、皆言っていた
    ので、話し掛けたことはなかった。
     当時、サッカークラブに通っていたのだが、ある日、おれは
    思いっきり、接触してしまい、首をうってしまった。結局、
    鎖骨の骨がおれてしまい、急遽病院へ。そのとき、校門から
    「あのおっさん」が俺のことを見ていた。
     翌日、首をがちんがちんに固定して学校へ。休み時間に
    廊下の窓から、外をみると「おっさん」がいるではないか。
    帰り、友人と一緒に家に帰る途中でおっさんは待機していた。
    おもむろに俺に近寄ると、首のところにスッと手をあてて
    くれた。その間、およそ数分間。おっさんの額は汗ぐっしょり。
     さすがに、怖くて、おっさんが手を離すとすぐに、おれは
    家に向かって走った。家について、両親にそのことを話そうと
    して変化に気づいた。首の違和感がまったくないではないか。
    1週間後、経過確認で病院にいったら、医者が驚嘆してた。
     骨折の跡がまるでなかったらしい。俺はその話を両親に
    したけど、まるで信じない(直ったこと自体は不思議がって
    いたが)。俺自身も半信半疑だったが、一応、おっさんに
    お礼を言おうとおもったら、行方をくらましていた。。
     今から思えば、子供には評判がよかったおっさんであった。
    元気であって欲しいと思う今日この頃。

    486: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/02 19:56
    >>481
    不思議だけど良い話だね

    そういえば、俺が幼稚園の頃にもそういう人が居たな
    おっさんじゃなくてお兄さんだったけど…
    高い木に登ってみせてくれたり、よく飛ぶ紙飛行機を折ってくれたりしたよ
    みんなの人気者って感じだったなぁ…
    今ごろ何をしてるんだろう…

    503: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/04 23:33
    空飛ぶマンボウ

    以前勤めていた学校(丘の上にあった)帰り、ふと地平線の方を見たら
    きらきらと光る飛行物体を発見、こりゃUFOだとおもい興奮しながら
    じっと見ていたらその飛行物体、高度をそのまま保ちながらこっちの方
    へ向かってきた、若干の恐怖感を感じながら近付いてきたその飛行物体
    ををよく見ると、それは銀ラメのでっかいマンボウの風船だった。
    空飛ぶマンボウ、そのままの高度を保ちながら私の頭上を通過し東の空
    にきらきらと光りながら消えていった。

    不思議?な出来事だった。

    505: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/04 23:41
    >>503
    柄本明の映画で、ビルの屋上にいる柄本の上に、
    脈絡なく鉄人28号のバルーンが落ちてくるシーン思い出した。
    なんか珍妙でヨイ。

    507: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/05 00:35
    >>503
    丘の上、UFO、風船というと、遠藤周作の「白い風船」という短編を思い出す。
    小学校6年の国語の教科書に載っててすごく好きな話だった。

    513: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/06 00:06
    幽体離脱?
    俺は子供の頃、夜寝付けないときによく頭の中で↓みたいな夢想をしていた。

    ・家の横にある、長くて車通りも少ない道に立っていると想像する。
    ・助走をつけてジャンプ、を繰り返す(あ、あくまでも頭の中で、ね)
    ・すると、ごく希にそのまま高く飛び上がる。
    ・そのまま、実在の街とはちょっと違う夢の中でお馴染みの街へ。
    ・そして安眠。

    で、慣れてくると、いつも通っている道とはいえ夢想とは思えないぐらいリアルに
    風景を思い浮かべることができる様になってきた。たまに車や人が通ったり、通りに
    面した友だちの家が電気消したりとかを見ることができたり。
    そしてあるとき、夢想の中で友だちの一家が夜中に家からでてくるのが見れた。

    それから2日間、そいつは学校を休んだ。で、3日後にやっと出てきたので理由を尋ねた。
    俺「なー、なんで休んでたんだ?」
    H「いやーおとといの夜にさ、爺ちゃんが急に倒れてそのまま死んじゃって。
      お通夜とか葬式とか手伝わされてたんだよ。」
    そこでふと例の夢想を思い出して、
    俺「そのおとといの夜ってさ、10時半ぐらいじゃなかった?」
    H「そうそう、みてたの?あ、そういや思い出した!家でたときになんか白い影が
      道の真ん中でゆらゆらしててさ、その時はまだ爺ちゃん倒れたって話だけだった
      けど、やっぱりそれって今考えると爺ちゃんの幽霊だったのかなって。窓から
      みてたなら、お前も爺ちゃんの霊見なかった?」

    ……それってもしかして俺の幽体だったのか?それとも本当に爺さんの幽霊??

    514: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/06 00:28
    他にもけっこう居ると思うんだけど、部屋の中で「カーン」って
    金属音聞いた事がある。あれは不思議。

    515: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/06 01:05
    俺が部屋で昼寝をしていた時、夢を見た。俺はテレビの前で横になって寝ていた
    のだが、奇妙な事に、現実と夢…同じアングルの映像だった。
     何も映っていないテレビのコンソールパネルに向かって白い腕だけが伸びる。
    俺は夢の中で、「あの腕がパネルに届けば、パチンと音がなるだろう」と思考した。
            「パチン!」
     実際に音が聞こえて目覚めたのだが、おかしな事に「閉じたまぶたを開いた記憶」
    が無かった。時間も2,3分しかたっていなかった。
    …っていう事は、白い腕の登場から退場まで強制的に見せ付けられたのだろうか?

    516: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/06 03:42
    怖い話では無いんですが、不思議な体験。
    無性に普段食べないモノを食べたくなる時ってありますよね?

    学生の頃、深夜のコンビニでアルバイトをしていました。
    仕事も一通り終わり、休憩していると
    なぜーか、むしょうに”おはぎ”が食べたくなりました。
    「うちの店におはぎって置いてたっけ~?」
    とお店中を探してみたんですが、残念ながらありませんでした。
    普通はそれで諦めるんですが、その日に限って”食べたい心”がおさまりません。

    どーしてもおはぎが食べたかった僕は、お店にあった大福からアンコを取りだし
    弁当コーナーにあったライスの上に乗っけて食べました(そこまでして食べたかったんです!)
    しかしあくまでも応急処置なこの方法、僕の”おはぎ食べたい心”を抑えるまでには至らず
    「おはぎ食いてー」とイライラしながら仕事をしていました。

    そしてそんな気分のまま朝になり、交代のパートのおばさんがやって来ました。
    おばさんは開口1番
    「旅行のお土産で買ってきたから、食べてね」
    と、お土産のつつみを渡してくれました。
    その包みを開けてみると、なんと中から”おはぎ”が!
    ナゼかわかりませんが、その時ポロポロと涙が出て来てしまいました。

    20歳にもなっておはぎで泣くとは思いませんでしたが(笑)
    ちょっぴり不思議な体験でした。

    517: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/06 04:05
    >>516
    いいシンクロニシティだな。
    悪いシンクロニシティの場合おはぎをたらふく食べてから
    おみやげをもらうことに。

    526: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/07 00:58
    先日、学校から部屋に帰ってきたとき
    道沿いの自転車をとめてあるのところの前を通ったら
    一台の自転車のライトが急についた。
    そのライトはよくある、ペダル漕ぐとつくやつ。
    一瞬びびったけど「なんだライトがついただけか」と思い
    眠かったので部屋についたら即効寝た。
    よく考えたら、なんでついたんだろ??
    今このスレ読んでたら思い出したよ。

    527: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/07 09:52
    小学校3年の頃の不思議な話。
    月に一度怖い夢を見ていたんだけど、内容がなぜか毎回同じ。
    怖い夢は、俺が真夜中の厠で大してる場面からはじまる。
    外は月明かりで青白く照らされ、虫の声も聞こえない静寂の世界。
    用を済ませた俺はさっさと家に入りたい(厠は離れにあった)のだが、
    なぜかしゃがみ姿勢から立ちあがれない。
    恐怖に駆られ、しゃがんだ状態で足を擦るように厠から出る。
    そして月を見上げると、オレンジ色に光る2機のUFOが見えるのだ。
    ひとつは、まあ普通の形をしていたが、もう1機のほうは
    菱形で夜空に静止し、下方向に光線を出している謎の物体だった。
    俺はそのUFOを時折確認しつつ、しゃがみ擦り足で庭を横切って家に入る。
    で、ここで必ず目が覚める・・・。この夢は1年間(約10回)見た。
    そんなある日。俺は本屋でなにげにUFOの本を手に取って読んでみた。
    そこには・・・。
    あの菱形のUFOが載っていた! 下方向に光線も出ている。
    なんでもメキシコだかで実際に目撃されたヤツらしい。
    全身に鳥肌が立ったのは言うまでも無い。
    その後、UFOの夢はぱたりと見なくなった。今思い返しても謎な体験である。

    つまんないうえに長文でスンマソン。逝ってきます。

    529: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/07 13:12
    10年位前、夜8時過ぎ。
    「どーーーーーーーん」と、ばかでかく低く長い音がとどろき渡った。
    近所の人がみんなでてきて、何かと周りを見回したが交通事故ではない(かなり長い
    音だったので、車がぶつかったのとは明らかに違う)。
    飛行機事故かとも思ってニュースを見ていたが、なにもなかった。
    一体何の音だったのか、いまだに不明。

    540: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/08 15:07
    >>529
    私も小学校の清掃時にすっごい音が聞こえてね。
    理科室にいたからそりゃ怖かった。
    先生の説明では、航空機が通るとき空気の層とぶつかって
    地上にすごい爆音することがあるんだって。

    533: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/07 16:42
    体がバラバラになるカメラ
    小学校低学年のときに友達の誕生パーティに招かれ、
    ポラロイドカメラ(当時始めて見た)でみんなで写真を取ろう、
    ということになりました。
    試し撮りで一枚目を撮って、部屋がちょっと暗いかな?ちゃんと取れてるかな?
    なんて言いながら、そこ家のおばちゃんがカメラから出てきた写真を見るや、
    「あらやだ!いやらしい!」

    なんだ?と思って脇からチラっと見たら、
    (そこのおばちゃん、子供にみせちゃイカンと咄嗟に判断したらしく、
    ちゃんと見せてくれなかった)

    ・・・誕生日の子の体だけがバラバラに写っていたんです。!!!
    おおおお。!!!
    両手両足、首、同体があらぬ位置にあらぬ角度で、宙に浮いてたり、
    とにかくメチャクチャな配置に写っていました。
    全体的にピンぼけ気味でしたが、なんとも気色悪いことこの上ない写真でした。

    そんでまあ、このカメラ壊れてるわ、オホホ、なんて言いながらおばちゃん
    その場を取り繕ってましたが、いまだあのときのショックが忘れられません。
    あれはなんだったのか。。

    535: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/07 17:12
    風呂場からあがって身体を拭いてた時。
    鼻歌なんか口ずさみながら何とはなしに
    ヘアドライヤーを取りながらドアを閉めたのだが。
    ちょっと待て一本の腕は身体を拭いている。
    仮に二本目の腕がドアを閉めたとして、
    僕はいったいどの腕でドライヤーを取ったんだ...?
    後で気付いて思わず回りを見回してしまいました。

    537: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/07 18:09
    >>535
    怖いっていうより笑ってしまった、便利だ

    539: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/08 05:22
    ずっと忘れてたんだけど、ここ見ていたら思い出した。
    小学生の時、飼っていたネズミが身ごもった。
    妊娠期間も過ぎ、出産間近になってきたある日の下校途中、
    家まであと数十メートルというところで、パッと映像が浮かんできて確信した。
    「今うまれた」
    走って帰った家には、生まれたばかりの仔ネズミたちが数匹。
    確かに毎日「生まれたかも?」と思いながら家路についていた。
    だけど、あの時は瞬間的に「わかった」んだよね。不思議でたまらなかった。
    何かスレ違いっぽいかもsage

    545: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/08 16:50
    10年以上前、犬の散歩をしていて急にトイレに行きたくなった。
    犬を道端の金網に待たせておいて、使われなくなって荒れた果樹園の
    なかに入っていった。
    もうここまでくれば絶対大丈夫だというところに来て
    ふと下も見たら、男子の普通の学生服の上下が落ちていた。
    「?」と不思議に思い取り上げてみたら、
    びっくりするくらい小さな学生服で、タグやボタンは
    全部はずされていた。
    捨てられてからあまり日数が経っていないらしく、
    わりときれいなのがなまなましくて気色悪かった。
    単なるいじめとかいたずらだったらよかったけど、
    あの持ち主は生きているのだろうか。

    ちなみにこれを興奮して親に報告した。
    「なにもするな!!手を出すな!!」の一喝で打ち消された。
    今思えば、直接警察に持っていけばよかったなと思う。

    546: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/08 16:53
    >あの持ち主は生きているのだろうか

    死亡、もしくは行方不明になってたら
    事件扱いになって耳に入ってくるでしょう。

    547: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/08 17:08
    そうですね。
    いたずらであることを願います。

    553: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/08 18:56
    言霊
    前に勤めてたとこに、すんごいイヤな奴が居て
    「あの親父の会社つぶれればいいのに」
    と、思ったらしばらくして本当につぶれた。

    むかつく役員のおっさんがいて
    「あいつ役員はずれろ」
    と、思ってたらはずれて、息子さんが早死にした。
    別に関係ないんだろうけど気持ち悪かった。

    旦那が3連休で自分だけ旅行に行く、とか聞いて
    むかついてたら旅行2日前に急性腸炎で入院した。
    それからは旦那は私を決して怒らせる事はなくなった。

    557: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/08 21:08
    子供の頃変な能力があった
    人が話す言葉を、一語一句相手の喋る癖もリズムも完璧に同時に合わせる能力だった
    たしか小5~6ぐらいだったと思う。
    みんなもこんな経験ある?

    559: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/08 22:03
    >>557
    おばさんとかで、こっちが喋ってるのに合わせて
    口が動く人がいるけどそういう感じ?
    あれってなんだかわからないけどスゲー気になるんだよね…。

    594: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/09 08:30
    >>557
    そのまんま成長してたら、語学の達人になってたかも知れないのに…

    同じような奴で、「一度人が話したことは絶対に忘れない」って奴がいた。
    異常に記憶力がよくて、人が何年何月何日何時ごろに、どういうシチュエーション
    で何と言ったかっていうのを鮮明に覚えている奴。
    単に記憶がいい人はいくらでもいるが、この人は他愛もない話や雑談程度の
    ことでも一字一句覚えている。映画なんか一回見ただけで、台詞覚えちゃうんだと。
    頭の中でビデオまわしてるようなもんだな。

    558: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/08 21:53
    うちの姉は小さい頃、歌番組で初めて聴く歌でも一緒に
    歌えてた。すげーと思ってたが、今考えると適当に歌ってた
    だけかもしれん。

    560: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/08 22:09
    昔、親戚のおじいさんが亡くなった時。
    家から柩を運び出す時に、生前とても庭を大事にしていたので庭を見せてあげようと言う話になり
    柩を数人で持ち上げ庭に出たとたん、おじいさんの目がカッ!と見開いた。
    親戚連中は「まあ、おじいちゃん、やっぱり庭が気になるのねぇ」なんてしんみりしてたが
    私は子供心にも恐怖におののいたよ・・・。

    561: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/08 22:24
    >>560
    その親戚連中は心臓が強いんですね!
    私はとてもしんみり出来ません。

    571: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/09 00:04
    >>560
    目が見開いたって、生き返ったんじゃないの?
    そのまま火葬にしちゃったの?
    そっちのほうが気になる、っつうかコワイ

    572: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/09 00:07
    >>571
    振動で目が開いたり死後硬直が解けたとき棺がガタガタしたりとかは
    よくある話。

    577: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/09 01:00
    そういえば10年以上昔の話
    TVの心霊特集番組で『今から霊感のある人に金粉を降らせます!』
    とか言ってる霊能者のおばはんが出てたのね。
    母親と2人で『おもろいことやってんな~』て感じでみてたら…
    なんかあるんですよ。私の身体に。金粉が。
    手やら首筋やらにきらきらと金粉がへばり着いてて。
    母と2人で『なんでやねん!』と驚きつつ、私は内心びびりつつ。
    なので思わず。『きっと、今日校庭の鉄棒で遊んだから。雲母がついたんだよ!』
    と私の発言。母もソレに同意(内心母もびびってたのか…)
    番組終了後、なにげに自分の手をみてみると。
    なかったね!雲母!
    ホンマに不思議でしたわ。あれは。ワシ霊感あんのか!とも思いましたが。
    (雲母って漢字あってるんですかね。よく校庭とかで遊んだら手とかに着いてた
    金色に光るアレ。名前すらあやしいわ。ウンモ)

    578: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/09 01:54
    私の知り合いの体験談。

    九州の方の高校の卒業写真を見せてもらった。
    心霊写真みる?って感じで。

    クラスの集合写真。なんの変哲もない写真なんだが
    一人の女の子の顔が消えている。
    丁度、顔の所だけ光が入ったように白く抜けていたそうだ。

    「その子ね、自殺したのよ。」との事。
    卒業して何年か後に自殺したらしい。
    その話を聞いた時、知り合いと、その写真、自殺してから顔が
    なくなったのかしらそれとも発行したときから?と話し合った。
    たしかに普通、そんな欠陥のある写真、載せないですよね。

    599: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/09 18:16
    >>578
    そういうことって、あるみたいですよ。
    他のスレにも書いたけど、
    昭和初期くらいの小学校の集合写真で2~3人の顔が消えている
    心霊写真を見た事がある。
    早く生まれ変わるために生前の記録を消すそうなんだけど・・・

    579: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/09 03:37
    妖怪クツカクシ
    不可解です。一昨日の話しです。

    最近、新しい靴を買ったので、今まで履いていた靴は
    あまり履かなくなっていました。
    その靴はかかと部分を潰して履けるタイプなのでサンダル代わりには
    していたんですが。(一応革靴です)

    4日前はずっと家で仕事していて全然外出しなかったんです。
    で翌日深夜に寝て、朝方宅急便の電話で目が覚めて荷物を受け取り
    に寝ぼけながら玄関に行ったんですよ。で、上記の靴を履こうとしたら。

    無い。靴が。

    とりあえず荷物をキッチンに置き、玄関、キッチンをくまなく探しても無い。
    おかしいなぁと部屋に戻ると(ウチは1DKです)、あったんです。その靴。

    ベッドの枕元に立つように。正直ビビりました。

    いくら記憶を辿っても、置いた覚えもそこまで履いていった記憶が無いんですよ・・。
    なんでだろう・・。

    584: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/09 03:56
    >>579
    こわっ
    深く考えずに妖怪の仕業と考えたほうが気が楽だな(^^

    585: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/09 04:05
    はきふるした靴が玄関に置いてたはずなのに、
    なぜか枕もとに置かれてるってことがあったら
    それは古くなった靴に魂が宿ったからなんだ。
    昔の人はそれを妖怪「靴運び」と呼んで恐れうやまったんだ。

    587: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/09 04:22
    >>585
    意味もなく感動した

    602: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/09 19:53
    こたつでうたたね。
    こたつの中で何かもぞもぞしてるから、猫かなと思って
    開けてみたら
    赤ちゃんより小さくて顔ばかり大きい
    目がぎょろっとしてて歯がぎざぎざなものが
    中からこっちを見ていた。
    飛び出してもう一度中を見たが
    ゴミ一つない,,,,

    604: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/09 21:40
    >>602
    それも何か妖怪っぽいね。

    家族でキャンプに行って、夜に立ち話してる時、いったんもめん(と勝手に決めた)を見た。
    右隣に兄、向いに義姉、義姉の後ろに車という状況で、車の向かって右手側から、車の後方5メートル
    くらいの所をす~っと白くて長い影が移動して車の陰にかくれた。びっくりしてそのことを言うと、
    兄は蒼白な顔で同じ物が車の左側から出て来て森に消えるのを見たと言う。
    私と兄の視野の関係で移動経路の前半と後半をそれぞれ見たのだろう。
    ふたりで騒いでいたが義姉も両親もまともに聞いてくれなかった。

    605: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/09 23:35
    大学生の頃、森進一と不倫する夢を見た。とてもリアルな。
    べつに最近TVなどで見たわけでもないし、ファンでもないのに。

    「いやぁ、やけに生々しい夢みちゃったな~。でもなんで森進一?(笑」
    などと思いながら、朝、大学に行くため電車に乗った。
    ふと、前のおじさんが読んでるスポーツ新聞(たぶん東スポ)を見ると
    一面大見出しにデカデカと『森進一不倫!!(か?)』と。
    ひゃ~~~~~! !どうして知ってんの? と赤面。←バカ

    ま、単なる偶然だったんですけど、なんだか頭の中を世間様に
    さらされてしまったようで、とにかく恥ずかしかった。
    記事内容は、森と新人演歌歌手?との噂で、ガセだった。

    どうせなら、他の人とシンクロしたかった。

    615: 勃起君@相模原 01/12/10 03:41
    5歳位のガキの頃、2階の部屋でボーッとしてた時、誰もいない真横からオナラの音がした事があった。
    その後、テープレコーダーで自分の声を録音して遊んでいたら「イッチャッペッ」と何とも言えない声で録音されていた事もあった。
    ガキだったので、オナラとか「イッチャッペッ」で爆笑していたが、今考えると謎…

    617: 信じてよ。 01/12/10 13:56
    マトリックスのような世界から・・・
    学校の帰りに友達とパチンコ屋によって、その後メシを食って帰ったんです。
    終電もちょうど終わる頃でタクシーで帰ったんです。
    パチンコ屋は上野でウチは足立区です。車で20分弱くらいかな。
    タクシーを降りて、マンションの入り口からエレベーターにつづく通路で起きた事です。

    いきなり体が動かなくなりました。とゆうか、動かそうとゆう気力みたいなものがなくなりました。
    そして、辺りの景色がグニャグニャ曲がって見えるんです。 マトリックスってゆう映画のラストの方で、キアヌリーブスが腕に力をいれると壁がウニャーンウニャーンってなったじゃないですか。 あんな感じです。
    なぜか僕はその時冷静で、頭の血管が切れたりしいて、この後気絶でもするのか
    もしくは何か想像もできないような力が働いて、それに引きずり込まれそうなのか
    そのどちらかだと思いました。
    もしこのまま意識が無くなり、呼吸も止まり、死んだりしたら、親に迷惑かけるなあとか、 部屋汚いから管理人も嫌な顔するかなあなど 想像してました。

    しかし、意識はなくなりませんでした。
    地べたに倒れる事もなかったと思います。

    618: 信じてよ。. 01/12/10 13:57
    だけど、目を開けていたのか、閉じていたのか分かりませんが、辺りは真っ暗です。
    真っ暗なんですが、妙な物が飛んでいるんです。 説明しづらいんですが、でっかいオモチみたいなヤツで、色は白や緑色をしていました。 割と固めなアメーバみたいな感じです。
    それには口とか目なども付いてないんですが、なぜか僕には生き物だとゆうことが分かりました。 生き物だ、とゆう雰囲気がありました。

    あまりに単調な世界だったせいなのかどうかは分かりませんが、急に睡魔に襲われました。

    気が付いた時、僕は埼玉県の飯能市の山道、ジャリ道に寝転んでいました。
    時間は朝の4時すぎぐらいでした。 体は風邪の引き始めとゆう感じの感覚でした。すこしダルい感じです。
    あと、洋服はニットを着ていたんですが、潮吹いたみたいな、なんか白い粉のようなモノがいっぱい付いていました。 その後は始発で家まで帰りました。

    この話を友達とか何人かにした事があるんですが、みんな、すぐ苦笑いをして まともに信じてくれる人はいません。 僕に起こった事をそのまま書いてみたんですが、意味不明だと思いますが、本当にこういう事があったんです。 僕は精神的におかしい人でもないと思います。

    620: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/10 16:49
    >>618
    面白い話しだが友人達が“苦笑い”しているってのが気になる・・・(笑)

    637: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/14 02:48
    ようやく今全部読み終わった。おもしろい。>>618はクリッターみたいだ。
    漏れの体験を一つ。最初に言っておくけど、怖くないし、面白くも無いよ。

    小学生の時、同じ団地に住んでいた友人と朝学校に行ったときの事。
    当時流行っていた東映マンガ祭りの、ゲッターロボ対グレートマジンガーの
    話をしていて、ふと空を見上げると、上空に変なものが。

    大きさは、空港でジャンボが今着陸するぐらいのかなりのデカさ。団地のすぐ
    上にいて、形が、銀色の、ゲッターロボに出てきたジャガー号みたいな形。
    (知らない人スマソ。でもこういう表現しか出来ない)

    で、子供心に、最初、「あ。ジャガー号だ」と思って、数秒後、「そんな物が
    実際にある訳無い」と気付いた。
    すると上空のそれが、アルミホイルをクシャクシャ丸めたみたいに変形して、
    平行移動したかと思うと、パッと消えた。
    「今の見た?」と友人に聞くと、「何?」と答えられた。

    あれが幻覚というものなのかと思いつつ、でも当時UFOとかの話題がさかん
    だったので、UFO?と思いつつそのまま学校へ。帰って、何か話題になって
    ないかと新聞の三面記事を見ていた所、その日、気球の誤認によるUFO騒ぎが
    あった事を知る。でも、当時俺が住んでいた所は埼玉。で、その目撃談が有ったのは
    埼玉ではない別の場所。(東北?)

    最後が釈然としなかったけど、今では子供時代の良い思い出。
    もう一つ体験したことがあるけど、別の機会に。

    621: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/10 17:15
    カミさんの実家にある掛け軸が、おばあさんが亡くなる前の日の夜にヨコ真一文字に切れた。
    おばあさんはちょっと離れたトコに住んでたんだが、亡くなる前日まで元気だった。
    掛け軸が切れたその夜に亡くなった事になる。

    自分でも試してみたが、短冊状の紙を真一文字に破こうとしても
    どういうふうに力を加えればいいかわからない。(ナナメになる)

    その掛け軸にかかれていた文字は
    「天照大神」
    です。ま、かなーり古いものみたいだけどね。経年変化といえば終りかな。

    626: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/10 21:50
    私の彼が不思議な体験をしたそうです。
    お風呂からあがって洗面台の前で体を拭いていて
    ふと鏡を見たら、自分を後ろから見たそうです。
    鏡に頭の後ろがうつってたってことですね。
    本人は寝ぼけてたのかなぁ・・・とか言ってました。
    私にはそんな体験ないから寝ぼけてたとしてもうらやましいわ。

    634: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/14 01:12
    高校の頃華道部にいたのですが、あやまって
    アヤメ(菖蒲だったかもしれない)の蕾を切り落としてしまいました。
    戯れに手にぎゅっと握り締めてみたところ、なんと蕾が開いて花が咲きました。
    もう1回友人の前で他の蕾でやってみたところ、また咲きました。
    多分、手の体温で温められて咲いたのだと思いますが、
    あれ以来一度もそれができたことがありません。

    なんとなく不思議に思った体験です。

    639: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/14 09:14
    他人には馬鹿にされそうだから公言したことは無いですけど
    母親の胎内にいたときの記憶があるんです。
    映像としてはオレンジ色の液体の中にいる様子。
    育児番組で羊水の抜き取り検査を見てうっすらと記憶にあるオレンジ色
    の液体包まれている自分の記憶が胎内にいた時のものだと認識した。
    おかしな話ですよね。

    642: 01/12/15 04:26
    中2の頃、幽体離脱に凝ってて毎晩のように幽体離脱してた。
    そしたら近所のオヤジが「ゆうべあんたんとこの屋根に人が登ってたぞ!」っ
    て忠告に来た・・・。

    高3の頃に久し振りに幽体離脱しようとしたら、誰かに両足を両手で掴まれて
    下(足の方向&ベッドの下の方向)に引っ張られた。「うげ!!」と思ったん
    だけど、どう考えても自分の手の感触。こりゃなんかヤバいことをしてるんじ
    ゃないか?と思って起き上がったら消えた。
    寝ようとする時に耳元で金属音(スプーンを何個かまとめて硬い床に落とした
    ような音)がするのはよくあるね。そういう人は幽体離脱できるよ、きっと。

    643: 純粋だったからかな・・・ 01/12/15 05:23
    まっくろくろすけ
    別に信じてもらえなくてもいいんだけど、
    消防の頃、マジで『まっくろくろすけ』見たことあるんだよ・・・

    俺んち昔、店やってて、止めちゃったからそのとの土地売ることになったのね、
    で、建て壊しした後に後かたずけみたいな事してたんだよ、
    んで、何気なく壊した店の鉄パイプの中見たらさ、いたんだよ。

    何か目だけが光ってて可愛いんだよ。
    そんなもん、当然親連れてきて見せたんだけど、見えないって言うのよ、
    だから俺は何とか取り出してやろうと思って、その辺の木の棒やらで
    鉄パイプの中をかきましてたのよ。
    そしたら、何故かだんだん悪い事してるような気になってね・・・
    かわいそうで怖くなってそのままにしておいたんよ・・・


    この話、誰も信じてくれないんだけど、親だけが信じてくれるのが嬉しい。

    644: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/15 05:28
    まっくろくろすけを見たことがある人は
    結構多いらしい。

    645: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/15 05:32
    福の神
    ずーっと前に別スレで書いた話だけど、なんかココ見てたら思い出したから
    また書きこんでみたり。読んだことある人いたらごめんなさい。
    子供の頃、祖父母の部屋で寝てたときの話。祖父母は普段は別のとこに
    住んでたんだけど、たまにうちに来てたんだよね。んで、地階に祖父母の部屋があった。
    んで、そんとき漏れはじいちゃんばあちゃんと一緒に寝ようとしてたのな。
    でも、なかなか寝られなくてふと目を開けて部屋の外を見たのさ。
    したら、部屋の外、すりガラスの向こうに変な影が見えて、それが
    部屋の前を通りすぎてくのが見えたの。ETみたいな形した、小さい奴。
    そいつの影が通ってくの。
    むっちゃ怖くてばあちゃん起こしたけど、信じてはもらえなかった。
    あんまし怖い話でなくてスマソ。

    646: 645 01/12/15 05:37
    ただ、その時期は我が家はなにかと変なことが多くて、
    弟がヒンズースクワットをしてる男の子を部屋の中で見たり、
    地域の福引買い(盆踊りとか、お正月のやつ)で特等とか一等をう
    ちが連続して獲得したり、宝くじあたったり、やたらと妙なことが起きてた時期では
    あったよ。今思うと、福の神でもいたのかな。
    他にも。地下の倉庫の酒のびんが一つ残らず空になってたこともあった。
    (ちなみに、倉庫には鍵無しでは入れない)

    655: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/19 22:34
    祖父の話。
    いつも乗る電車で居眠りして乗り過ごした。
    降りたらそこは全くしらない駅。
    (ちなみに隣の駅も。)
    異な事だ、と驚いたが
    常に持っていたカメラで駅や周りの景色を撮ったのだそうだ。

    そこからの記憶がまったくないまま目がさめると、
    そこは自分の乗り降りする駅だった。

    写真を現像してみたが、白い渦巻きのようなものや
    青い筋のようなものが写っていただけだったと言う。

    656: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/20 01:38
    恐いね

    657: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/20 02:19
    今日、というかもう昨日か、
    朝電車に乗り込むと、お爺さんが話しかけてきた。
    あなたは○◎町の方ですか?(私は○◎町駅から乗ったので)
    私は戦時中にここにいて、憲兵隊だったんですよ…
    何故か懐かしそうにその頃の話をはじめた。
    私も愛想がいいので、ずっと聞いてあげた。
    降りる時、お爺さんは聞いてくれてありがとうと
    お礼を言った。

    その後私は県外の、チョットしたパーティーに
    参加したのですが、そこで今度は65歳のおばあさんが
    「あなた○◎町の人なの?隣町ね。私はあそこに
    戦時中にいて.....」と、戦時中の事を、
    とうとうと聞きもしないのに話し始めた。
    ほんの数時間の間に、別に激戦地でもなかった、
    私の街での、戦時中の思い出を語る全くの別人。
    そのおばあさんに、実は…と朝の事をはなすと、
    自分もなんでこんな話しを私にしだしたんだろうと、
    首をかしげる。だって、その人隣町の人なんですよ。
    別に私が○◎町だからって、珍しくもないし、
    戦時中の話なんて何故はじめるの?へんですよね。
    大した事ないんだけど、なんだか謎な気分でした。

    661: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/20 09:40
    俺が小学5年生の時、
    その日は小雨が降ってて、自転車で近所の駄菓子屋にお菓子を買いにいった。
    自転車片手運単で、左手に傘持って走ってたら、急に傘が重くなった。
    「なんだ!?」と思ってチラっと傘を見ると、上から何かがのっかってる様に傘が少しヘコんでる。
    特に恐くもなかったので「負けるかぁ!」とか「どっちが耐えられなくなるか勝負だ!」なんて心の中で思いながら走ってたら
    そのうちフッと軽くなった。
    その後は何事もなかったかの様に駄菓子屋でうまい棒とすももを買って帰った。
    オチは無いんだけど、実際不思議な話ってこんな物かなって思う。

    662: あやや 01/12/20 10:10
    今朝、誰もいない二階の 部屋から、
    手のひらに載せると喋る おもちゃのハム太郎の
    「へけっ、てれるのだー。」という声が聞こえてきました。
    息子に、「お二階、みてきてよ。」といわれましたが、怖くて
    見に行けれませんでした。
    オカ板には、びっくりするような話がいっぱいで
    こんな話はとるに足りないでしょうが、
    自分の身にこういう事が起こるとちょっと、妙な気分になりますね。

    663: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/20 11:04
    ああそう、身近で不思議な事があっても
    怪談みたいな因果関係出て来ないんだよね。
    その唐突さが恐いんだけど。

    680: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/21 01:44
    餓鬼の頃の記憶。
    高原のような緑の芝のような場所で木の十字架を見上げてる俺。
    そんなしゃれた所に行った覚えはないのに。
    何なんだろうと思ってたが
    母ちゃんにこんな記憶があることを話したら
    俺が餓鬼の頃青森のキリストの墓を見に行ったことがあったと。
    「だからか!」と俺は納得した。~おしまい~

    681: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/21 02:19
    >>680
    そいつあ、『新郷村』でしょ。
    道路沿いの看板にも『キリストの墓→』みたいな記述が大真面目に
    書かれているよね。
    ・・間抜けだけど、自治体総出でそんな間抜けネタをプッシュしようと
    する向こう見ずな姿勢、正直言って好きだぜ、俺。

    687: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/21 20:37
    >>680
    よくキリストって言われてるけど、宣教師だったらしいというのを聞いたよ。

    689: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/22 15:33
    子どもの頃、姉と家にいるとき
    「今一番霊がいそうな場所を指差そう、せーのっ!」
    ってやったら全く同じ場所を指差した。

    最近、あるWeb漫画を読んでいたら同じことをしている
    子どもたちが出てきて、
    まず、その行動が割とポピュラーなものなんだなと知った。
    次に、子どもってなんだかわかんない感覚があるものだなと思った。

    こういうのってなんなんだろう。

    690: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/22 15:46
    ふうん。おもしろいね。
    子供と神秘体験は近いものなのかも知れないね。

    695: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/22 20:57
    黒白テントのサーカス
    黒白テントのサーカスの話、聞いた事ある?
    70年代頃にいろいろな地方に現われた旅回りのサーカス。

    特徴
    黒白の不吉なテント
    夜しか興業しない
    大蛇がいる
    左右の顔がずれたメイクの道化師
    限界まで太ったマスクの団長
    3つ子の軟体芸の美少女

    んで、舞台に引っ張り上げた子供を
    あとでさらいに来て、
    さらった子を食うとか、どこへともなく連れてくとか、
    子供達のガイコツを飾ってるとか
    そういう話があったんだけど。。。

    699: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/23 16:47
    >>695
    なんかそういう話好き。
    ソースはないの?

    701: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/24 02:30
    >>699
    ネット上では今の所見つからず。
    昔、和歌山の自分の家の辺りではかなり有名だったんだけど…

    703: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/24 05:06
    真偽はともかく子供時代ってこう言う話
    猛烈に萌えたよな>サーカス

    712: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/24 09:43
    親指にホチキスを打ち込んでる記憶がある。
    血は出たけど痛かった記憶は無い。
    親も知ってたから夢ではないと思うんだけど、
    相当前なんで記憶があいまい。

    717: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/24 12:23
    子供のころ死にかけたことがあった。

    病院のベッドで意識が回復するまでの夢の中で、
    外見の妙なおっさんと会った記憶がある。
    おっさんは、僕の質問をはぐらかしながら、
    「ン十ン年後、ドコソコで、また会える」
    と言い残して消えてしまった。

    10年以上後でマスコミで紹介されたサイババが、
    そのとき会ったおっさんに似ている気がする。

    後から作られた記憶だろうと思いながらも、
    自分がその時その場所に行くのか、ちょっと気になる。

    724: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/24 21:50
    友人が学校で自殺した。 その翌日近くの私の下宿にみんなであつまり飲んだのだが、
    僕はその死がくやしくて そいつの文句を散々いった。
    臆病者 いくじなし ばかやろうとか
    さんざん文句をいって疲れてシャワーをあびにいった。

    いつもと同じシャワーなのだがその日にかぎって
    上の電灯が大爆発してガラス片や電球のかけらが風呂場中にとびちった。
    友人もおどろいて何事かとかけつけた。。。
    幸いけがはしなかったがあれ以来霊を信じるほかない。

    725: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/25 08:22
    コワイヨ。。。

    737: 理系の道を選んだ理由 01/12/26 00:46
    消防の時、昼休みの校庭で、
    10秒ほど周囲が1/10秒シャッタで写真を撮ったように止まったことがあった。
    パニクリながらも「あっ,止まってる」っという思考を頭の中でなんとか搾り出した頃、
    再びズンと周りが動き始めた。
    止まっただけなら良かったが、その前後で友人関係が変化していたからあの時は参った。
    今でもあれは単なる妄想だったんだと言い聞かせている。

    739: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/26 15:36
    >>737
    十秒って結構長いよね。
    時々そうやって時間が止まる体験話聞くけど、
    自分も動けなかったの?
    友人関係はどんなふうに変化したの?

    744: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/26 23:50
    >>739
    単に止まったと言うのは少し語弊があったかも。
    止まっている映像が見える以外、一切の感覚器官からの入力は無かった。
    (体が固まったとか動かないなどということなど感じ取る能力は喪失していた)
    自身も含め、慣性の法則を無視して静止。
    動きが戻るときも同様に体は何の違和感も無く、バランスを崩すことも無く、
    事が起こる前と同様に走り続けていた。
    友人関係に関しては、顕著なところでは
    仲の良かった仲間3人組みが解体しており、各々友達以前の
    只のクラスメートに、また一番いがみ合っていたやつは違和感無く
    普通にしゃべりかけてくる、ちょっと仲のいいやつになってた。

    747: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/27 02:55
    >>744
    止まった事よりもその後の人間関係の変化の方が興味深いね

    755: 739 01/12/28 01:26
    >>744
    いつもと同じ光景なのにちょっとだけ違うのね。
    もしかしたらあなたはそのときから別次元の世界に住んでるのかもしれない。
    だから友人も家族もにちゃんもあなたがもといた世界のものじゃないの。
    もちろん、このレスを書いてる私たちもね。


    と、思うと怖くない…?ないか…。
    なんかこういう漫画か小説あったなー。

    738: なかにし霊 01/12/26 01:10
    ある激鬱な出来事があった日、うとうとしていたら、
    唐突に、部屋にストリート系の馬鹿数人が乱入してきて
    「ヨッ! ちっとおとなしくしてろやゴルァ」と凄みをきかせながら
    俺のテレビをかっさらっていった。
    極度にローな気分だった俺は、抵抗するでもなく、寝たまま
    「ああ、これが白昼夢というものか」と思いながら眠りに落ちた。
    目が醒めたら本当にテレビがなかった。
    警察に電話したよ。

    748: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/27 05:46
    5年程前に天国に行った猫の話。

    ごく普通の猫だったんだけど、一つだけおかしなとこがあった。
    それは「たけのこ」に異常に反応するところ。
    キャットフードで育てたから人間の食事に興味は無かったんだけど、
    たけのこにだけはまとわりついて離れない。
    調理したあとも食卓に登る始末。普段はそんなことしないのに。
    でも食べるわけじゃなく匂いを嗅ぐだけ。
    そんな猫だったけど天寿を全うし、庭に埋めてあげた。
    そうしたらその年から庭にたけのこが生えるようになった。
    竹はそれより以前に植えているから偶然なのかもしれない。
    でもそのたけのこを食べるたびに一家全員、
    「お礼だな。」
    「うん、お礼だ。」
    と、ごく自然に受け止めて在りし日の姿を思い出す。
    おいしいたけのこ、ありがとう。

    749: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/27 14:02
    >>748
    ええ話や
    日本人的美徳感を感じますね

    752: なかにし霊 01/12/27 19:22
    猫って、花の匂いとか嗅いでうっとりしてる時あるな。
    自分のうんこを嗅いだ時はつまらなさそうな顔をする。

    757: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/28 02:37
    >>752
    花ならまだいいけどさーうち猫二匹いるんだけどさー
    片方は封筒についてるノリの部分が好きでマタタビ並になめまくってもうメロメロなんよ。
    もう片方は本棚組み立てるときに余った金属の棒に同じような反応する。
    要は何フェチの猫かってことなのかなー。

    ・・ま、可愛いんだけどさ(照

    794: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/01/09 01:37
    不思議体験って全くしない方だったんだけど、一度だけ。
    昔アマバンやってて、合宿めいたことやった時のこと。
    スタジオ施設+宿泊施設がある所に止まって寝ていた夜、
    メンバーの一人が私の部屋にやって来る夢を見た。
    いきなりドアをバン!と開けて、私の首筋を掴んで何か叫びながらぐらぐら揺さぶる。
    それがすごく苦しくて、そこで何故か夢だと分かっていて、「起きなきゃ!起きなきゃ!」
    と思ってるのね。で、やっと目が覚める。そうしたらまたドアがバン!
    彼女が入ってくる。ぐらぐら揺さぶられる。「起きなきゃ!」の繰り返し。
    夢の中でもその繰り返しを認識していて、「いつ終わるの~」と思っている。
    まさに無限ループという感じで、無茶苦茶辛い。
    やっと本当に朝目が覚めた時は、体中汗びっしょりでシーツまで濡れてた。
    起きあがるのも辛かった。
    で、朝ご飯に起きていったら、彼女が既に起きていて、他のメンバーと夢の話をしていた。
    それが私と全く同じ夢。彼女の部屋には私が行っていたらしい。
    ともかく無茶苦茶怖かったです。合宿、あと一日だけ残ってたんですけど、
    別の子の部屋に泊めて貰いました。もう夢は見ませんでした。

    795: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/01/09 01:56
    (゚д゚)コワー

    796: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/01/09 02:17
    スタジオって怖い話多いからねえ……

    684: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/21 17:41
    雪見る遺影
    働きづめだった母が亡くなって
    孝行できなかったから激しく後悔した。
    雪を見たいと言っていたから、遺影と位牌を持って北海道に行った。
    オレも初めてだった、
    雪は凄く綺麗で、遺影に話しかけながら長い事見た。

    朝、宿で目を醒ましたら、枕元に置いてた遺影が窓側に向きをかえており、
    窓枠の内側が濡れていた。
    夜の間も雪が見たかったんだ
    と思って、謝った。

    不思議ネタ募集中
    不思議.netで扱ってほしいネタ、まとめてほしいスレなどがあれば、こちらからご連絡ください。心霊写真の投稿も大歓迎です!
    面白いネタやスレは不思議.netで紹介させていただきます!

    ■ネタ投稿フォームはこちら
    https://ws.formzu.net/fgen/S13082310/








    本日のおすすめニュース1
    本日のおすすめニュース2
    本日のおすすめニュース3

    おススメ記事ピックアップ(外部)

    コメント一覧

    1  不思議な名無しさん :2018年12月04日 00:09 ID:h8kNB8e40*
    ふ〜ん
    2  不思議な名無しさん :2018年12月04日 01:37 ID:zWQwZJez0*
    何年前のネタだよ
    3  不思議な名無しさん :2018年12月04日 02:53 ID:NVElgrbm0*
    金粉のテレビの話、多分同じ番組見てた。そんで私も手にキラキラした物が出て来てびびった記憶がある。
    4  不思議な名無しさん :2018年12月04日 07:36 ID:tkus8w.i0*
    別世界の誰かの続きがこの世の自分で再現されるって感じ
    5  不思議な名無しさん :2018年12月04日 07:51 ID:8VJDv7qj0*
    庭を大事にしてた爺さんの話、似た体験あるわ
    爺ちゃんが死んで火葬場に向かう時にやたら工事しててバスが迂回迂回で最後は行き止まりでバスの運ちゃんが工事現場の人とあーだこーだ言い合ってた
    その行き止まりで停車した所が爺ちゃんが生まれ育った実家だったっつーね
    6  不思議な名無しさん :2018年12月04日 12:52 ID:lBytNYsG0*
    最後の話の、窓の内側が濡れてたのはなんで?
    7  不思議な名無しさん :2018年12月04日 14:55 ID:rRK.iA..0*
    テレビ盗まれた話はずるい
    笑った
    8  不思議な名無しさん :2018年12月04日 16:52 ID:PNWFWLga0*
    前世の記憶?というか、自分は前世32歳か33歳で死んだ?ような妙な感覚がある
    記憶というより感覚としか言いようのないものなのが自分でも不思議
    9  不思議な名無しさん :2018年12月04日 22:43 ID:G7arWhLp0*
    本編>>481の「首をがちんがちんに固定して」の「が」を見落として読んでびっくりした
    10  不思議な名無しさん :2018年12月06日 12:45 ID:nUrR9S.T0*
    >>695はからくりサーカスっぽいね、2001年だとまだ連載中だったし
    まあ衛生博覧会とごっちゃになってる都市伝説のようなイメージ
    11  不思議な名無しさん :2018年12月12日 18:55 ID:BQWaXmQB0*
    712と同じようなことは自分もあるみたいだけどよく覚えていない。おぼろげな記憶をたどると、昔近所にあったスーパーに親と買い物に行ったときのこと。当時はレジ袋は紙袋が普通だったように思うけど、作荷台にあったホチキスで紙袋を綴じさせてもらおうとしてそう言いながら手を出したのだけど親が無視してホチキス綴じて指に刺さったらしい。それ以来どこのスーパーでも作荷台からホチキスがなくなって、セロハンテープばかりになったようにも思うけど意識しすぎかもしれない。どちらにしろレジ袋がポリ袋になってからはまったく見かけなくなった。
    12  不思議な名無しさん :2018年12月27日 14:32 ID:D3cdeXs00*
    上の人も書いてるけど
    私も金粉のやつ覚えてる!!本当に手のひらに金粉ついててびっくりした。

     
     
    topページに戻るボタン

    不思議ネット
    とは

    不思議.netでは怖い話・オカルトから科学ネタまで、2chを中心に世界の不思議な話題をお届けしています。普段2chを見ない人でも気軽にワクワクできる情報サイトをっころがけて毎日絶賛更新中!