まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

海にまつわる怖い話・不思議な話『溺れるおっさんの大合唱』『海の恐竜』他

2018年12月20日:22:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 8 )




527: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/01/06 20:04
溺れるおっさんの大合唱
海に関する怖い話しとしては既出かもしれんが、俺が小学生の時に体験した
話しをば一つ・・・

小学校中学年の時のことであんまり詳しい状況を覚えてないのだが、
当時、家族と旅行でフェリーに乗ったのよ。
夕暮れが迫る時間帯で俺は船の船尾の方で一人で海を見てたんだけど、(家族は
部屋みたいなところにいた)気が付くと薄暗くなり始めた海から

「お~い お~い」

と俺を呼ぶ声がする。
俺はふと呼ばれたほうを見ると、変なオッサンが海から首から上だけ出して
俺に一生懸命叫んでる。 しかも「お~い」ばっかりで他には何も言わない。

こんな偶然てありえる?って話『驚異すぎる偶然、運命のビーチサンダル』
http://world-fusigi.net/archives/9202000.html

引用元: 海にまつわる怖い話・不思議な話 3







528: 527 04/01/06 20:11
続き・・・

俺は
「ミャ~!! ひ、人が溺れてる~よ!」
と思い、ダッシュで近くにいた船員さんに人が溺れていることを
伝えて一緒にもとの場所に戻ったがその時にはもうすでにその
オッサンはいなかった。
船員さんが詳しい状況を求めてきたので、ことの次第を詳しく話したら

「ああ・・ それは見なかったことにしたほうがいいよ・・
それに気にしなくていいから・・・」

とだけ言って去って行ってしまった。

529: 527 04/01/06 20:27
続き・・・

俺は
「人が溺れて死にそうになってるのにわけのワカランこと言って
見殺しにすんのかよ!!」

と憤りながら、もう一回オッサンを見た船尾のところに戻った。
「気のせいだったのかしら・・」と思ってたら、
「お~い お~い」
と俺を呼ぶ声がまたもや薄暗い海から聞こえてきた。
俺がもう一度海に目をやるとさっきのオッサンがまたもや海から首上だけ出して
俺に向かって呼びかけてる。
「ヤパーリ人が溺れてるジャン!!」
と思って、再び船員さんに知らせに行こうとした瞬間・・

530: 527 04/01/06 20:47
続き・・

呼びかけてるオッサンの隣にポコっともうひとつ別のオッサンの
顔が海から浮かび上がってきた。
その時にやっとその異常に気が付いた。
船は進んでいるのにそのオッサン達は船と同じ速度で船についてきている
じゃない!!
新たに浮かんできたオッサンも「お~い お~い」とだけ俺に向かって叫んできた。
そして、あれよあれよという間にオッサンは増え、全部で5つもの
別々のオッサンが俺に向かって「お~い お~い」の大合唱を始めた
のだ。
さすがに俺も尋常じゃないものを感じてすぐにその場を立ち去り
親に今あったことを夢中で話したのだが、家族だれ一人とて信じて
くれなかった・・・
しょせん人生そんなものなのかも。人間が信じられなくなりそうな
一瞬でございました。

オワリ

534: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/01/07 22:10
>>527-530
面白かった。
新しい首が無表情でボコンと浮いてくるキモいヴィジュアルが脳裏に浮かんだ。

6: コピペ 03/05/25 04:37
海でトンボかける人
942 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/09/30 04:56
>>938
眠れないので初書き込みします。

何年か前、夜中にちょうどマリンの後ろくらいで花火して遊んでました。
で、一息ついた所で友達と二人でベンチに座って暗い夜の海を眺めてました。
すると、海に膝くらいまでつかりながら野球のトンボ掛けするような動き
(トンボってピッチャーマウンドなどを整える木の棒みたいなやつね)をしてる人がいました。
初めのうちは「あの人、こんな時間になにやってるんだろう??」くらいにしか思いませんでしたが、
あまりにも長い時間そうやってるので不思議に思い友達に話かけました。

「あの人、なにやってるんだろうな?」
「あぁ、あれ、さっきから俺も気になってたんだ」
「見にいってみよっか?」
「おう」

7: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/05/25 04:38
944 名前:続き :02/09/30 05:05
で、二人で近づいてきました。

すると、その海に膝浸かってる人はどんどん海に入っていって、
今度は腰まで海に隠れ上半身しか見えない状態になりました。

「あれって人かな?」
「いや、わからん」

暗くて顔が見えないのですが、影としては完全に人でした。
で、もっと近づいてくと今度は首まで海に隠れてしまいました。

「戻ろっか」
「・・・うん」

8: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/05/25 04:38
945 名前:更に続き :02/09/30 05:10
ベンチの方に向かって戻る途中です。
ふと後ろを振り返るとその人(?)が徐々に海から上がってくるのです。
近づいていった時と逆に首から腰、膝と、そこまで上がってくると、
また同じ動きがはっきり見えるようになるのです。

「・・・・」
「もう一回近づいてみるか?」
「・・おう」



9: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/05/25 04:39
947 名前:更に続き :02/09/30 05:18
怖いのもありましたが未知のモノへの好奇心が勝りました。
近づいていくと案の定その人(?)はまた海の方へ入っていくのです。

近づく、離れる、2,3回繰り返したでしょうか、ただその人(?)とは、
常に一定の距離があるので影の細部がよく見えませんでした。


最後に近づいてベンチの方まで戻るとき、
今までその人(?)との間隔がおかしいのです。
そいつとの距離がどんどん距離が狭まってくるのです。

「おい!これ、ヤバクないか??」
「・・・・」
「逃げようぜ!!」
「でもアレ、人じゃないの!?」
「絶対生きてる人ではないだろ!!」

トンボのような木の何かを持ちながらソイツはどんどん近づいてきました。

10: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/05/25 04:47
948 名前:更に続き :02/09/30 05:22
影で顔は見えないのですが、確実に人の形してるのです。
海での不審な動きがなければ完全に普通の人だと思うくらい。

詳しい距離はさすがに覚えてませんが、
夜中に人の顔がぎりぎり認識できない距離といった所でしょうか。
ただソイツは確実に二本足で手に木の何かを持ちゆっくり近づいてくるのです。

11: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/05/25 04:48
949 名前:更に続き :02/09/30 05:30
ホントに全力で逃げました。
一緒に居た友達は心霊的な経験がなかったので心の底から怯えてました。

正直いうとこの辺りの記憶が曖昧なので書くのは控えますが、
次にはっきりと覚えてる場面は朝日が昇ってきた時でした。

ソイツが居た場所に戻ってみるも何もなく、
いったいソイツが何だったのかは全くわからずじまいです。


後味の悪い話ですが、自分の体験談なので・・・。
ただハッキリわかるのは、あのマリンスタジアムの裏辺りの
砂浜は決して良い場所ではないという事くらいです。
別の日の夜にはシャワールームが並んでる前を歩く何かを目撃してますし。

歯切れ悪くてスマソ。

20: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/05/30 22:33
お水一杯飲んで動けなくなっちゃった
中2の時の話し

男四人で海に行くことになった、もちろんチャリ(藁
ビーチボールで遊んでいると風に乗って沖の方まで飛ばされる事が何度かあり
監視員の人に何度も取ってもらって少し悪い気がしていたその時

ふと横の方を見ると誰かが飛ばしてきたビーチボールが見えた
また監視員の人に取ってもらうのが可愛そうな感じがしたんで泳いで取ってあげると
そのボールは小学生くらいの男の子の物で、
その子の父親が「どーもありがとうございます」と、軽く会釈したので
「いえいえ」と皆笑顔で返事をしてますた

21: 20 03/05/30 22:34
昼食をまったり海の家で食べているとオバハンの話し声が耳にはいってきた
「いやーかわいそうねさっきの子供」「まだ小学生くらいなのにねぇ」
胸騒ぎがしたのでご飯をそのままに、子供を捜しまわりました
すると、かき氷を食べているさっきの子供が

「一人で食べてるのー?お父さんは?」と尋ねると
「お父さんお水一杯飲んで動けなくなっちゃった」
たった2.30分のうちに人の命を奪ってしまった海が
とても怖く思えた中2の夏でした

23: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/05/31 01:22
>「お父さんお水一杯飲んで動けなくなっちゃった」
現実を理解してなかったのか。不憫だ。。。

⊃д`)

42: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/06/07 23:42
小学校ぐらいの時、
オヤジとボートで海釣りに出たんだけど、
何回かサオを投げてるうちに、根がかりしたのね。
(水中の何かに引っかかって、釣り針が戻らなくなること。
でもそこは水深10メートル以上あるのよ。
そこまで落としてないはずだし、変だなーと思って海面を見ると、
水深1m(ぐらい)のトコロに金属製のはしごがある。
でもそんなところにあるはずがないし・・・。
ぐいぐいやっているうちに針が外れて釣り針は戻ってきたんだけど、
もう一回見てみたら、はしごが無くなってた。
たぶんはしごに引っかかっていたんだろうけど、あのはしごは一体なんだったんだろう・・・。

45: ◆ozOtJW9BFA 03/06/08 01:28
座っていた場所は・・・
こないだ会社で新入社員の歓迎会がありました。海沿いの旅館の宴会場を借り切って宴会やって車で来てて飲んだ奴は泊まる。という、まぁ普通の宴会でした。で、旅館の近くにカラオケがありました。

僕の会社は大体この旅館で宴会して次にそのカラオケに行くというのがパターン化していました。ではじめテクテクみんなの歩いていたんですが、飲んでない奴は車で移動していました。

それである後輩が僕のお気に入りの女の子を自分の車に乗せてそのカラオケに向かっていました。僕はほろ酔い加減だったんですが酔っ払らったフリして(結構妬いててムカついてたんで)酔いを醒ますからと1人海の方へ歩いて行きました。

それでポートから降りるとすぐ岩場になっているのでそこに腰掛けました。しばらくボーっと海を眺めていると突然携帯がなりました。この時なんとなくお線香の香りがしたような気がしましたがやはり酔っていたのでしょう。あまり気にしてませんでした。(茨城に戻ってきてから6年間心霊体験が無かったので油断してました)

46: ◆ozOtJW9BFA 03/06/08 01:29
携帯に出ると会社の先輩が怒った感じで『今、どこだ!?一人で海の方歩って行ったからみんな心配してるぞ!!』との内容でした。

その先輩は僕がその子の事好きなのを知っている先輩だったので事情を話そうと思い『ちょっとこの辺にいるんで来て下さい』と今いる付近を説明しました。するとすぐ先輩がやってきて僕を見つけて声をかけました。

振り返るときなんか手にあたった気がしましたが特に気になりませんでした。
先輩を見るまでは。

先輩がなぜかどもりながら上ずった声で『お・・・前?何して・・・んだ?』と聞いてきます。僕は『え、?別に岩場に座って海を見て・・・!!』戦慄が走りました。凍りつきました。

『何してんだ!?オレ!?』信じられませんでした。周りは一面花が添えてあり缶ジュースやら缶ビールやらが回りにいっぱいあります。さっき手にあたったのはおそらく缶ジュースかなんかだったのでしょう。

47: ◆ozOtJW9BFA 03/06/08 01:31
しかも座ってる場所はそのど真ん中のスーツケースの上!!(おそらく遺品)夏は有名な海水浴場がすぐ近くにあって観光客がいっぱいいるんだけど自殺者も多いんですよ。この海。よく遺体があがってるし。

知ってるだけでこの6年間で9回上がってるし。多分その数倍はあると思う。(友達、近くに住んでいてその場に居合わせて遺体あげるの手伝わされてたし・・・)おそらくここもあがった場所の1つだろうとは想像に難くない。あがったとこってこんな感じだし・・・。さっきの線香の香りはこれだったのか!?と恐ろしくなりました。

その後カラオケで先輩に僕がどこにいたかみんなにばらされて『罰当り野郎』とか『いくら酔っ払っても普通そんなとこ座らねーよ』とか散々呆れられました。しかしこれって僕は酔ってた!?呼ばれた!?でも座った時は気付かなかったんだよなー・・・?

あん時携帯鳴らなかったらどうなってたのかなー?姿は見えなかったけど香りはしたし・・・。まじで怖かったっす(((((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル



104: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/06/13 14:37
漏れが知り合いから聞いたハナシ

須磨海岸の海辺のアパートに知り合いが住んでいた時のハナシで
昼の日中にアパートの2階の部屋から海を眺めていた時に
目の前の海岸で見知らぬオッサンがリュックに砂を詰めてたらしくて
「何・・・?」って思いながら眺めてたら、おもむろに砂入りリュックを
背負い防波堤まで行ったオッサンが防波堤の先端から「ドボンッ!」
って、オモリを現地調達した入水自殺を目撃したらしい・・・

105: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/06/13 18:08
>>104
((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

116: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/06/20 04:46
光の力
過去レスでフェリーから落ちた人の話があったので
ちょっとスレ違いだけど・・・

俺の知り合いが瀬戸内海をフェリーで旅してた時に転落事故があったらしい
もう夜だったんだけど、たまたま甲板にいた客が目撃してて船員に通報
船はすぐに停止して(といっても、数キロは行き過ぎた後だったらしい)
サーチライトをつけて転落した人を探索
客も甲板にいっぱい出てきて大騒ぎになったらしい
で、運良く波間に浮かぶ人を発見したんだけど、救助のための装備なんてないので
海上保安庁の船が到着するまではサーチライトで照らすしかないらしい
なかなか保安庁の船が来なくて、1時間近くその場に停泊して照らし続けてたらしいけど、
サーチライトがずれて見失ってしまった
すぐに人の浮かんでたあたりに戻したけど、いくら探してももう見つからなかったそうな・・・

一瞬ずれたくらいで見失うものなのか?と思って知り合いが後で船員に尋ねてみると
「ああいう状態になると、体力を奪われ精神力だけでなんとか持ちこたえてる状態
光が当たってるうちはなんとか頑張ってるが、光が当たらなくなると
『もう、だめぽ・・・』となって、沈んでしまう・・・」という答えだったらしい

117: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/06/20 04:50
フェリーって浮き輪と縄梯子くらいは装備しているのかとオモータ・・・

118: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/06/20 06:11
救助船は有ると思うけど。
後、救命胴衣は有るはずだよ。手当たり次第投げ込めばいいのに。

160: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/06/30 20:06
神奈川県H町のM海岸の近くは、首都圏に一番近いダイビングスポット
と言われて人気があるが、実はここは海の神様M神社の領域でよくその
たたりにあってか水深1.5Mぐらいの所でもダイバーが水死します。
その半数以上が、足に海藻がからみついてしまっているらしいです。
以上

230: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/07/12 21:53
海の恐竜
数年前の話だけどさ(実話)

漏れと親父で田舎(北国)に逝った時に、暇だから釣りしようと漏れが言ったら
海釣りする事になったんね、そして田舎の人のツテから釣り舟出してもらって
数時間釣りしてたんだわ。そしたら、何か見えるじゃありませんか。
距離およそ100m 俺が( ゚д゚)ポカーンしてたら親父が、船酔いでもしたか?
って聞いてきたから親父に「おい、ネッシーみたいのが(滝汗)」って見せたら
親父も( ゚д゚)ポカーン・・・んで俺が釣り舟のおっちゃんに、あれ見てあれ!!
と騒いだら「あー時々見かけるな」と平然と一言。追いかけて!!っつーたら
気味が悪いから、出ても皆(漁師仲間とか)シカとする事にしてるから駄目って
言われて(´・ω・`)ショボーン でも漏れは信じた。恐竜だか未知の生物は
ホントに居ます。。。マジで漁師のおっちゃんが近づいてくれればな~と
悔やんでまつ。

231: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/07/13 05:54
海に双子が遊びにいくと片方が死んでしまう可能性がかなり高いらしい

232: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/07/13 10:31
それは、友達同士で出かけた二人組と比べてどれくらい高い率なんでしょう?

235: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/07/14 11:06
>>232
友達二人ってのはたいてい違う顔をしてるんで、片方がいなかったらすぐに他の人がわかる。
でも、双子(一卵性の場合)は同じ顔なので片方がいなくなっているのに周りの大人が気が付かない事がある。
それで、高確率で片方が事故に…

243: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/07/15 12:48
咲き乱れるイカ
私は趣味の一つである釣りによく行きます。
もっぱら海釣り専門なのですが私は船に弱いので防波堤とか磯でやります。
その日も 朝早くから支度をして出かけました。
そこは険しい崖になっていて、人があまりこないため
絶好の穴場で、私のお気に入りの場所でした。
夕方になり、そろそろ引き上げようと思っていた頃
静かだった海面がいきなり光を発してしぶきをあげ始めた。
はじめは何事が起こったのかと思い、海面を見ていると
どうやらイカの大群である事に気づいた。
釣れるどうか分からなかったけど、とりあえず糸を垂らしてみた。
すると、すぐに食いついてきた。
リールを巻いているとかなりの力で引っ張られる。
イカにしてはやけに強い力で引っ張るので、改めて海面をのぞいてみた。
それは、イカなんかじゃありませんでした。
うねうねとうごめく それは

何百、何千という人の手でした。

海面をもがきながら私の投げ入れた糸に向かって集まっている。
ますます、引っ張る力が強くなっていき思わず釣り竿を離してしまった。
海中に沈んでいく竿にどっと手がからみついていく。

後で知ったことだが、その崖は
自殺の名所として有名な場所だったらしい。
私も、もう少しで海の中に引きずり込まれるところでした。

264: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/07/26 15:44
海水から酸素を得る
怖くはないけど、海の不思議体験。 小6のころ、伊豆の海でシュノーケリングを楽しんでいた。 深さは5メートルくらいのところで、めちゃめちゃはしゃいで泳いでいた。 

目立つ石を投げて、海底からそれを拾ってくる競争を友達と夢中でやっていた。 何回かやっているうちに、だんだん疲れてきて、石を拾って海面に上がるまでに息が続かなくなっている自分に気づいた。 

しかしまだ海面までは3メートルくらいあり、「やばい!溺れる!」と思ったが時すでにおそく、海水を思いっきり飲んでしまった。 しかし、ふしぎなことに、海水を思いっきり飲んだ直後に体が元気になり、普通に海面にあがってこれた。 

皆誰も俺が溺れかかっていたなどと思わないくらい、俺は普通に元気だった。  人間はもしかしたら海水から酸素を得ることが出来るのでは?と大発見に胸躍らせた小6の頃の俺。  
でもそれ以来試してません。

507: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/12/16 16:12
>>264
それと全く同じ体験を漏れの妹がした。
何かの原因で波が高くて、それでも遊泳禁止じゃないので泳いでいたら
波にのまれたそうだ。結構深くまで押し込まれて「ヤバい息が…」となって
苦しくなって水中で息をしてしまった。しかし水は肺に入らずに
何故か飲み込んでしまい、「あれ?」と思いながらそのままゴクンゴクン
と2~3回飲み込みながら水をかいたら水面に出られたそうだ。
妹が22~23歳の頃の話だと思う。ネタじゃなくて実話。

513: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/12/21 07:27
>>264>>507
子どもの頃、調子に乗って沖まで泳いで
ふと、我に返ったとき、なぜだかおぼれました。
で、もがいたのですが、
海水浴シーズンで周りにはたくさんの大人がいたはずですが
誰も気が付いてくれず・・・・

気が付くと海底を歩いてました。
不思議と苦しくなかったんです。

ちなみに、両親ともにおぼれた事に気が付いて無く
おぼれて帰ってきた私に
「なにしてたの?」
なーんて涼しい顔で聞く始末。

おぼれたことより
両親の対応が怖かったw

294: リアル漁師見習 03/08/02 03:23
正直、漁船でどざえもんをたまに引き上げる事があるんですが、
海上保安庁に連絡するのがまず面倒だし、それだけで丸一日かかってしまいます。
それにどざえもんを海上保安庁の船にageるためには自分の船にいったん乗せなければなりません。
それが一番イヤなんです・・。知っての通り漁師はとても迷信たぐいのものを大事にします。
自分の愛船になんてだれもそんな縁起の悪い物ageたがりません・・・。
と、言う訳でこの前そのままスルーしちゃいましたw
この場を借りてお詫びする。

295: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/08/02 05:30
>>294
昔は水死体はエビス様と呼んで、豊漁を呼んでくれるから
漁師たちは丁重に扱って埋葬した。
なんてのを聞いた事があるんだけど、今ではやっぱりそういうことはないのか。

301: 鱒之助 ◆IApAHNvIKg 03/08/03 08:25
>>294

あれ!? それは変だなぁ~
土佐衛門は引き揚げてくれたお礼に、豊漁を約束するんだが..........
自分が入った舷側から魚が入る=大漁 ということらしい。
ただ、知ってる通り、臭いから引き揚げるモノ好きは少なくなった。保安部が来るまで待ってるか、やっぱし、スルーだぁね

> 自分の愛船になんてだれもそんな縁起の悪い物ageたがりません・・・。
土佐衛門は縁起悪くなんかないよー ただ臭いからイヤなだけだろ?

358: 1/2 03/09/05 00:37
貝人
保守の意味もかねて一つ。
今年の夏、海がある母方の実家に遊びに行きました
冷夏と町の過疎化で余り海には人がおらず
晩酌のつまみに、ウニでも取ろうかと思って
午後四時ごろ、少し肌寒い海に入り
漁業組合の監視をちょっと恐れつつ
浜から50メーター位のところでウニやツブを拾ってたんです
手持ちの袋にそれなりの数も溜まったので
海面に突き出た岩礁に座って休みをとり、沖合いの夕日を見ていました
ふと沖の赤くきらきら光る海面に目をやると
逆光の中を頭まで被った黒いスウェットスーツと
赤いシュノーケルをつけた人がこちらにすーっと泳いできたんです

359: 2/2 03/09/05 00:39
ヤバイ、密猟がばれたか、と思って覚悟を決めて岩礁に立ち
「すみませーん、お金払いますんで」と呼び掛けて手を振ったら
向こうの人は急に泳ぐのをやめて水面から顔を上げたのです
その時、私の目に飛び込んできた相手の顔は
水を出し入れする管がある、開いた二枚貝そのものに見えたんです
もう怖くなってしまって、すぐさま海に飛び込み全力で浜に向かって泳ぎました
この時ほど50メーターが長く感じたことはありませんでした
浜に着いたときは心臓がバクバクして、岩で足はすりむき、袋は無くしていました
海を振り返って見ると
そいつは、そこはひざ位も深さが無い浅瀬に顔を沈めたまま泳いでいました
その後、家に駆け込み、あたためた酒を飲んで落ち着きましたが
あの時の不気味な恐怖は忘れられません

360: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/09/05 01:06
金はしろがね、銀は神社
海ではないんですけど、小学校の時に湖で怖い体験をしました。
近所の家族三組でキャンプへ行き、姉や近所の友達と
そこにある湖で一人1隻ずつボートに乗って遊んでました。
みんな離れてバラバラに漕いでたのですが、姉がキャーキャーわめきながら
私を呼ぶので、私は姉の方までいそいでボートを漕いで近づきました。
「船代わって!!!!」と言って慌てて私のボートへ乗り込んできたので、
私は姉のボートに移りました。
姉は遠く離れていきました。
壊れてるようでもないので、また普通に一人で漕いで遊んでたのですが、
ボートの木目が、よく見ると微妙に変わってきたのです。
モナリザのような長い髪の女性のようになり、あきらかに人の顔と
いう状態になりました。私もこれには大慌て。
半狂乱になって姉を呼び戻し、急いで姉のボートへ乗り移りました。
そしたら姉は「やっぱり見た?」って。
私は泣きながら「見たよ!こんなボートに変わらすな!!」と
姉に怒鳴りました。
そして父親の所まで行き、事情を説明して、父親と近所のおじさん達で
そのまま乗り捨てたボートを取りに行ってもらいました。

361: 360 03/09/05 01:07
キャンプ場へは毎年行っていて、そこの山で暮らすおじいさんと
少し顔見知りになって、おじいさんが不思議な言葉を言ったのが気になります。
「金はしろがね、銀は神社」と言いました。
姉も私も今でもはっきりと覚えています。この諺か何かしりませんけど、
知ってる方いらっしゃいます?小学生の頃の記憶なので、
どこかで間違った記憶になってるかもしれませんが、近い言葉だと思います。
そのおじいさんと別れた後にボートに乗ったので、関係あるのかと。
長文失礼しました。

395: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/09/15 09:32
あんまり怖くない話だけど。

去年の夏に友達と海に泳ぎに行ったんです。
ちょうどその日は台風が近づいていて波が高く監視員がいる浜は遊泳禁止だった
ので、監視員の居ない河口の小さな浜で泳ぐことにしたんです。
そこは河口なので水が濁っていて2mぐらい下が見えない所だけど大学から
近いし日曜なのに誰もいなかったんです。(他の浜には泳がなくても人はいました)
おかしいな、と思いながらも友達と遊んで、最後に遠くのテトラポットまで競争して
帰りました。
数日後別の友達にそのことを話したところ、私たちの泳いだ一週間前にその浜で
私たちと同じようにテトラポットまで競争した学生の一人が溺れて行方不明になり
昨日近くの漁港で見つかったと教えてくれました。

怪奇現象は何も無かったのですが、溺死した学生と同じことを同じ浜でし、しかも
近くで沈んでいたことを考えるとぞっとしました。

425: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/10/10 14:13
おいら海で夜釣りをよくするんだけど、釣果写真を撮るためカメラは
欠かせない、リリースするからだ、その日は東尋坊の近くの磯でウエーデング
(海の中に入って釣りする事ね)結構良い型のキジハタや黒鯛が釣れたんで

陸まで行って写真をパチパチ、使いかけのフイルムが残ったポケットと
いつものカメラ二台で撮影、出来上がった写真を見てちとビビッタ、ポケット
だけならまだしも、生活防水のポケットにも同じ物が写りこんでる、それは

磯から上え昇るようなオレンジ色の影、その日その時に撮った写真だけに
写りこんでました、それ以来そこには行ってません。

440: 1/2 03/10/25 11:06
海に立つお地蔵さん
怪奇現象とかそういうんではないですが、子どもの頃に見て怖かった話です。
私がまだ小学校の低学年だった頃の話なので、ちょっとウロで申し訳ないですが、
もしこれを読んで、場所とか謂れとかが分かる方いたら教えてください。

ある日、家族で海へ遊びに行き、船に乗せてもらってクルージングをしました。
と言っても、ちいさなモーターボートに乗せてもらって、ちょこっと沖へ出る
程度の安い観光です。30分か1時間足らずのもので、場所は、神奈川県内の
江ノ島(か、小田原あたりと記憶違いしてるかも)で、海もどんより、景色も
関東ではお馴染みの黒いガツガツの岩場くらいしか見る物のない、子どもには
退屈な観光だったのですが、途中で変な物を見つけて、私は船のおじさんに
それが何であるかと訊ねたのです。

陸を離れて沖へ出たあたりで、海の中から唐突に岩が出ていて、その上に
150センチくらい(?)の大きさのお地蔵さんが立ってるのです。

441: 2/2 03/10/25 11:07
岩の大きさは5,6メートルくらいしかなく、人が乗れなくもない広さですが、
わざわざそこに乗る用事もなさそうな、殺風景な岩です。
船のおじさんの話しでは、むかし、6人(?)の兄弟が船でこの岩にやって来て
ここでケンカをしたか何かで、ひとりがこの岩に置き去りにされたそうです。
そしてそのまま、石になって、ここに立っているのだと言いました。

その石像が、道ばたでみかけるお地蔵さんに比べてずっと大きく、ちょうど
12,3歳の華奢な少年くらいに見えて、ぞっとしたのを覚えています。
もう30年近く前の記憶なんですが、今でもあるのでしょうか。
何ぶん海の上のスポットですから、サーファーかダイバーか、釣り人でもなければ
知らないのかとも思います。

あの賑やかな神奈川の海岸から沖へ出たところで、ぽつねんと立つ哀れな
お地蔵さんを思い出すと、ちょっと怖いです。

443: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/10/25 12:24
>>441-442
海の上のお地蔵さん…すげー気になる…
誰か知ってる人いないの?

446: 蠢 ◆ldIBuAcZTY 03/10/26 12:54
これ怖ッ…
俺、広島の厳島神社なんかも駄目だから。
想像しただけで鳥肌立つ…

447: 440 03/10/26 14:30
うわ、こんなにレスが! 本当にウロ覚えな話ですいません。
ひょっとすると、神奈川じゃなくて、静岡の伊東だったかもです。スマソ…
でも神奈川の江ノ島か小田原か、静岡の伊東のどれかには違いないです。

とにかく、たまたま遊びに行った海辺で、「船乗らねぇかー」みたいな呼び込みの
観光船にお金払って乗せてもらっただけです。
去年たまたま松島へ観光に行ったのですが、そこで似たような船の観光をしました。
海沿いの観光地なんかだとよくあるんじゃないでしょうか。船で湾内を案内して
くれる、「海上タクシー」みたいな…。あんな感じです。

船を運転してくれてた人が、「ああ、あの石はね、」って感じで説明してくれたんです。
石は、自然にあんな形になったという物ではありませんでした。人の形です。
子ども心に「お地蔵さん」って思っただけかもしれませんが、とにかく人の形の
石像です。

うーん。観光地での思い出なので、ひょっとして「知ってる人は知ってる」んじゃ
ないかと思って書いてみたんですけど…。

489: 間ーだ^-^ 03/11/30 23:55
静岡の大瀬に近い古宇という港にヨットを係留してるんだけど
深夜ヨットの上を歩く音をみんなが聞いている。
ポンツーンからは100mくらい離れていて、だいたいテンダーで船に
つけるんだけど、出てみると近くにボートはないし深夜だし。

鳥が歩くのかなとも思うけど少し違った感じです。
そして次の日は必ず何かトラブルが起きる。少し不思議な体験。

493: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/12/01 13:54
>>489
いわゆる「船魂」っぽい。船魂さまは女神なんだそうだ。
そしてその声が聞こえた時(声といっても何らかの音によるシグナル
であることがほとんどで、実際に声が聞こえるわけではない)は、
船にトラブルが起きる前兆だという。
昔の船なら神棚吊ってたりすることもあったんだがな。

まあたまにはお礼も兼ねてお神酒でもまくといいかもしれない。


506: 731 03/12/16 00:36
死体回収
824 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・投稿日:03/07/30 09:44

ところで、話は変わりますが、
有名な観光地A市の消防署を定年退職した叔父に聞いた話です。
叔父は、市内の有名自殺スポットNが浦で自殺があるたびにかり出され、
死体回収を何年もやっていたそうです。
最初は嫌だったのですが、何年もやっているうちに死体にも慣れ、全然、
平気になったそうです。まったく動じない叔父はNが浦で自殺があると、
必ず、かりだされるようになってしまったということです。
そんな叔父が一つだけ、思い出したくないことがある、と言って、話してくれました。

ある晩のこと、たまたま家中に誰もいなくて、一人で寝ていると、玄関を叩く音がしました。
行ってみても誰もいません。すると少し経って、今度は窓を叩く音がします。
が、窓を開けてみても誰もいません。誰がいたずらしてるんだと怒りながら寝床につくと、
今度は、布団をひいて寝ている部屋のフスマを叩く音が....。
勢いよくフスマをガラッと開けても誰もいません。
さすがに気味が悪くなり、布団をかぶって寝ていましたが、
今度は布団のまわりの畳を叩く音がしたそうです。
だんだん叩く音が強くなり、しまいには、枕もとをドンドンと叩かれる。
叔父は怖くなり、布団をかぶったまま身動きできなかったそうです。
そのうち、だんだんと叩く音が弱まり、どのくらい時間がたったのか、すうっと叩く音はやんだ。
すると、いきなり電話が鳴ったので、布団をおそるおそる出てみると、もう朝でした。
そして、電話に出ると同僚から、またNが浦で自殺があったから来てくれと頼まれました。

その自殺者は、まだ若い女性でしたが、崖の上から飛び降りたものの、
海まで落ちることができず、崖の途中の松の木に引っかかっていました。
片目に松の枝がささり、崖の岩で打ったのでしょう前身打撲で亡くなっていたそうです。
しかし、即死することができず、何時間も松の木にぶら下がって、こと切れたようで、
無事だった片腕で、思い切り近くの岩を叩いていた跡が、血まみれで残っていたそうです。

508: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/12/16 16:47
助けてくれたのは
高校の頃、部活の合宿で海に行った時の事、
自由時間に海でみんなで遊ぶ事になったんだけど
結構海が荒れていて、何かの遊びだったかは忘れたけど
もしもの時の為に縄に捕まって海に入る事になった

しかし、途中でカナリでかい波が来て
それを正面から受けた拍子に縄を離してしまった。
一応、泳げるハズだったが波の勢いに勝てずに苦しくなり
「もうダメだ…これで終わりか…」と
バカみたいに悟った気になりながら、意識が無くなりかけたその時、
誰かにイキナリ手を掴まれて引っ張られた。

そして、気が付くと縄をシッカリ手に握って居て
先生が縄を引っ張り、何とか浜まで戻る事が出来た。
飲んだ水を吐き終えて、誰が助けてくれたかと
一緒に遊んでた部員に聞いて見たが、誰も助けてないと…

ちなみにここに来る前に河で遊んだんだけど
その時、何故か自分の泳いでた所だけ水面下に渦が出来て溺れそうになった
周りのみんなは、ニヤニヤしながら「何ふざけてんの?」と見てるだけだった
怒りが込み上がり自力で脱出

523: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/01/03 16:08
一昨年の元旦に、友人三人が神奈川の葉山の一色海岸に釣りに行った。
その時、たまたまそのうちの二人が迷彩柄のズボンを履いていた。
岩場付近をウロウロしていると、突然、サーチライトのようなもので照らさ
れ、警察官十人近くに取り囲まれてしまった。中には機動隊のように出動服
をきている人も。どうやら某国工作員と間違えられてしまったようだ。
一応、身分証明書を提示してその場は収まった。
それから一週間ぐらいして突如、公安の人が家にやってきて任意で引っ張られ
そうだが、すぐに返されたそうだ。

どうやら、江ノ島の不審船騒動に巻き込まれてしまったようだ。

524: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/01/03 16:44
静岡の大瀬崎?ってどこかの掲示板に、地元のものは
決して行かないとか、夜は絶対行かないとかって書いてあったのだけど
何か、昔からのいわくつきの土地なのですか?、そのレスを見てから
妙に気になるので詳しい人がいたら教えて?

526: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/01/03 18:13
>>524
ダイバーがいっぱい死んでいるからかな。

536: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/01/08 03:30
目を赤く光らせるお地蔵さん
わたしの母の実家が香川県なのですが、わたしが子供の頃、その香川県で
体験した話です。
場所は津田の松原というところで、わたしは母のこぐ自転車の後ろに乗っていました。
右は海岸。左には港町の、うら寂しい家並みが見えていました。時刻は夕暮れ。
ふと、路地のはしに、お地蔵さんが見えたのですが、なんとその目が真っ赤にギラギラと光っているのです。
わたしは怖くなり「お母さん、お地蔵さんの目が光ってるよ」と言ったのです。
すると母は自転車をこぎながら「それはね、海で死んだ人の霊が悪いことしないように見張っているんだよ」と・・・。

何年か後に、母にそのことを話しましたが、母はそんなこと言った覚えはないの一点張りです。
母は幽霊などを極端に怖がる人なので「死んだ人の霊が・・」などというのは変という気がします。

今思うと、あの声は母の声ではなかったのかもしれません・・・。

598: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/02/07 02:34
554 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/08/19 13:59

「お盆に漁をしてはいけない」という。
地元の漁師たちは船を出さないが、他県から来た釣り客が
陸から100m程離れた岩場にゴムボートで渡り釣りしてた。
朝は穏やかだった海が次第に荒れ始め昼近くには岩場は波で洗われ始める。
一人が救助を求めボートで岸に向かい、残った一人は泳ぎに自信が無いのか
その場に留まった。

岩は海苔を採るためコンクリートで平ら均され手掛かりは無い。
海上保安庁の船は岩礁と定置網に阻まれ近づくことができず
消防署所のボートも波に翻ろうされ救い上げられず、結局は
泳いで岩に向かった人達が釣り客に救命胴衣を着けさせ岸まで誘導した。

荒れる海でボートの転覆を恐れて残ったんだろうが
一人で待ってるほうがよほど怖いのでは?
言い伝えは守らなきゃいかんと思わせる今年の盆だった。

599: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/02/08 06:38
俺の先祖は村を丸ごと飲み込む津波で全滅しました。
家族の生存者は曾祖母のみ、10人いた家族は全員帰らなかった。
人的被害は80人、総人口200人程度の小さな島での出来事です。

不思議な話はここから。つっても2行で済みますが。
小船に乗っていた曾祖母は、そのオールに抱き付くようにして浜に流れついたそうです。
今は名前変わっちゃったけど、祖母の実家は漁師、苗字は「梶」といいました。

701: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/02/23 23:32
前少し話が出てたが、静岡の大瀬崎がどうも苦手で、
昔、ダイビング講習で湾内に潜った時、初心者と言う事を除いても急に
水が何か生き物のような異様な雰囲気が、なぜか「あっ!喰われる!?」
唐突にからだが、それ以上進むのを拒否してしまいました。結局3m位でリタイヤ。
その後、ある程度スキルを積んで,今度は神社の外側のスポットで潜ってみたけど、
猛烈な頭痛で2ダイブ目リタイヤ。
相性が悪いのか、自分がただのヘタレダイバーなのか、でも他のスポットにはない独特の何かは感じる。

774: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/02/28 07:20
小麦粉スレから拾ってきた。

844 :名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! :04/02/28 02:29 ID:sI1ILF1S
イギリスだったか?の実話なんだけどさ。
ある島の灯台守達が全員行方不明になった事件があって。
連絡がつかないので、数日後救援隊が向かったら、灯台日誌だけが残ってて。
その日記が、行方不明になる数日前からなんか変だったらしい。

実際にはその数日間晴天続きだったにも関わらず、すごい嵐がきてパニックおこしている描写があったり。
「灯台守の仲間の一人が祈りを捧げている。もう一人は喚いている。」とか
段々意味不明な記述が増えていって。
最後は、嵐が去ったという描写のあと、「天は光に満ち、神は我とあり」と書かれて終わっていた。
そして灯台の中は、灯台守達のレインコートだけがなくなっていた・・・という話。

なんて名前の島の話だったか失念した。オカ板住人なら知っているかなぁ。
いや無駄レスだけどさ。この話を聞いた時の恐怖と雪の日記の恐怖が、似ているなぁ、と・・・
この話のパクリなら、もっと日記が意味不明になっていって、雪失踪でENDじゃなかな。



582: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/01/25 14:14
昔、船に乗っていた頃に聞いた話。
「・・海で死ぬと竜宮で裁かれるので、閻魔庁には行かない。」
出典が何処にあるかは知らない。

不思議ネタ募集中
不思議.netで扱ってほしいネタ、まとめてほしいスレなどがあれば、こちらからご連絡ください。心霊写真の投稿も大歓迎です!
面白いネタやスレは不思議.netで紹介させていただきます!

■ネタ投稿フォームはこちら
https://ws.formzu.net/fgen/S13082310/








  • このエントリーをはてなブックマークに追加
海にまつわる怖い話・不思議な話『溺れるおっさんの大合唱』『海の恐竜』他

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2018年12月20日 23:11 ID:yh.Ox00L0*
海は魔物を飼っています。
その大きな母の如き懐の深さであらゆる物を抱き込んでしまう海には善も悪も関係なく全てが包み込まれているのです。
悪しきものは自らの境遇に耐えられず同じ苦しみを他者に与えんとしますし、善なるものは限りないほどの恵みをもたらします。
2  不思議な名無しさん :2018年12月20日 23:33 ID:dGDGiEfV0*
海と山には魔物がいるって言われるからね。
海はレヴィアタン、陸はベヒモス、空はジズだっけ?
3  不思議な名無しさん :2018年12月21日 07:07 ID:67UPK78g0*
自分の話にわざわざタイトル付けてるの草
4  不思議な名無しさん :2018年12月21日 11:50 ID:t44W118y0*
※3
後で付け足してるんやで。
5  不思議な名無しさん :2018年12月21日 14:32 ID:uGothC..0*
静岡県の大瀬崎は夏は海水浴場もやっている静かな人口ビーチです。
なんか無理やりオカルトスポットに仕立て上げ様としているけど、ビーチの周りは民宿が立ち並び、夜は普通にナイトダイビングもやっている普通の観光地です。
先端の大瀬神社は趣が有って良いよ。
6  不思議な名無しさん :2018年12月22日 14:31 ID:whcaZVb10*
マリンの話って単にアサリの密漁者じゃねえの?
7  不思議な名無しさん :2018年12月23日 01:00 ID:KTDZ1pEg0*
フェリーの話は風評被害を招くぞ
救助のための設備がないってあり得ない
不思議な話は嘘だろうが何だろうが楽しめればいいと思うが、こういうのはあかんと思う
8  不思議な名無しさん :2018年12月25日 11:19 ID:coEcNdCx0*
お地蔵さんは伊東だ
以下にもありそうだけど自分の時は見なかったなー。

 
 

次の記事

怖い漢字教えて

上部に戻る

トップページに戻る