まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

教科書から士農工商という記述が削除されたようだが 江戸時代 露骨な身分制度は無かったということでいいの?

2018年12月22日:16:04

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 56 )



4: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 10:35:36.17 0
士農工商はまじで無かったよ
農民でも財力が有れば武道と学を付けて武士に成れた
武士から商業従事者に転職する人もいた

5: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 10:36:46.77 0
「鎖国」ってワードも明治になってから発明されたんだよな

7: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 10:42:25.62 0
士農工商という明確な身分格差が農工商に無かった
もっと多様な職業による区別が町民と農民の中にあった
コメを作る農民が奉行所の仲介で話し合う時に
町人より上座に座ったという記録は多々あるが

8: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 10:43:25.28 0
朱子学とかが理想とする秩序として士農工商という理念はあった
現実にはそうはならなかった

10: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 10:44:27.94 0
「士農工商はなかった」と言うと論理的思考力のない低能は勘違いするようだが
士>農>工>商という説明が不適切というだけで身分制度はきっちりあった

12: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 10:48:30.41 0
よく時代劇とか昔話に出て来る村の代表的存在の庄屋さまって農なの?商なの?

13: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 10:48:47.90 0
農は固定されてただろ
生産性が低くて一定人数が必要だから

16: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 10:51:51.40 0
×士>農>工>商
○士>農・工・商(別枠えたひにん)

「士農工商」という言葉は中国で古くから使われていたもので日本で作られた言葉ではない
漢書に「士農工商、四民に業あり」とあるように
本来は広くあらゆる職業の人々を指す言葉で「民衆」「みんな」といった意味で使われていた

19: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 11:01:11.08 0
>>16
こういうことだろ
武士と農民町人がボーダーレスってことじゃないだろ

42: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 12:07:37.02 0
>>16
なお漢語の「士」は文官(に成れる識字層)という意味だから、
武士を意味する日本語とはズレがある
ただし武士の方も江戸時代中期以降は実質文官になったので、
一周回って似たような内実になってしまったのだがw

20: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 11:02:52.89 0
農ってのは大地主のことだからな

21: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 11:03:56.28 0
今の子供に勉強教える親は大変そうだな

22: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 11:04:37.50 0
農民が武士とぶつかって「無礼者!」と殺されても農民の妻や子供はそれは殺されても仕方ないしむしろ謝罪しないとって本気で思ったんだよな

26: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 11:35:18.40 0
>>22
それホント?
切り捨て御免なんかなかったって聞いてたけど

62: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 12:43:51.49 0
>>22
そんなことしたら農民一揆を起こされるよ
その辺の浮浪者と領民とは全然違う

23: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 11:12:25.73 0
下級の武士は農民と何も変わらない

27: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 11:36:25.64 0
>>23
農民は帯刀できない

24: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 11:33:06.47 0
武士いうたって江戸期のそれは末端の公務員だもの

29: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 11:38:01.23 0
商人が強い大坂に幕府おいてたらそんな身分制度もなかったやろ

30: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 11:39:38.43 0
切り捨て御免は実際は不可能だと結論が出ている

31: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 11:41:08.02 0
時期と場所によるだろ

34: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 11:45:18.13 0
無礼がそれ相応と認められなかった場合逆に死刑となった
だからめったなことでは刀を抜くなんてできなかった

39: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 12:00:00.06 0
農が工商を抑えて二番目に位置してるのはそうやって不満を逸らす為だとしたり顔で教えてた連中

根拠なかったのかよ

40: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 12:00:57.63 0
武士が官僚公務員で
農民商人がサラリーマンみたいなもん
もちろんそれぞれピンキリ

50: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 12:27:04.15 0
士農工商という身分制度がはっきりしてなかった説は
昔から識者の間では常識だったの?
おっさんの俺世代は当然のように学校で教えられたけど

52: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 12:28:54.11 0
御家人株:江戸時代、御家人が生活困窮によって農民・町人などに売り渡した家格

53: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 12:30:40.40 0
豪農は町に商店や芝居小屋を出してたぐらいだからな
小作農だって裕福な地域じゃ羽振りが良くて他に土地を買って地主になったりしてた
途上国から先進国へ出稼ぎに行って稼いだ金で自国で不動産賃貸業を始める感覚

55: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 12:31:45.47 0
士分とそれ以外ははっきりしていたよ
士分の中でもさらに細かく分かれてる

56: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 12:32:34.78 0
職業に関わらず一般人はみんな百姓なんでしょ?

58: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 12:36:44.83 0
中国でも春秋以前の士は兵士とか武士だろ?
科挙以降は郷士とか進士の方に変わってるだろうけど

59: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 12:37:53.21 0
百姓というのはもともと民草と言うような意味でそれが転じて日本では農民を指すお百姓さんになった

60: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 12:38:03.51 0
士分は殆どが食うのに困る下級官僚だからな
金の持ってる都市近郊の農民の方が遥かに威張ってた

61: はるなん 2018/12/21(金) 12:39:39.78 0
主観によるだろう

64: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 12:45:17.49 0
武士が農民一揆を起こされたから家督を継げない可能性もあるし一大事だからな

65: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 12:47:46.43 0
「士農工商がなかった」というだけで「身分制度がなかった」と言ってるわけではないし
そもそもそんなことは歴史を知る人間なら既知のこと

実際には武士に代表される支配層と支配される層があり
支配される側は行政司法上の管轄の違いによって百姓と町人に分かたれるがその間には上下関係はない
(「農民」というのは当時の用語ではなくマルクス主義的階級史観の用語なので今どき使ってる奴はアホ)
支配層と百姓町人層のそれぞれの内部にも身分差がある
エタヒニンは身分制度の埒外

67: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 12:53:53.28 0
今だって大卒は高卒を下に見るし高卒は引きこもりを下に見てるんだから江戸時代だってそういう区分けはあったはず

70: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 12:57:04.88 0
族称の中でのヒエラルキーは当然そりゃあるさ
武士言ったって藩主から浪人までおる

71: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 13:02:01.48 0
「武士」というのも本来は身分用語ではなく職能を表す言葉
法令ではあまり出てこなくて「武家」とか「諸士」とか「士分」と言う方が多い

翻って「侍」というのは本来は身分用語で
武士でない侍もいるし侍でない武士もいる
前者は公家や門跡に仕える侍
後者は騎乗や主君に拝謁できない身分又は大名

73: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 13:04:11.91 0
藩が正式にできたのは明治元年
江戸期のことで藩というのは厳密には間違い

74: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 13:07:05.56 0
明治になって戸籍に書き写す時には
士族と平民としか分けられてないので
農工商という区分けなんてものは存在してない

75: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 13:07:29.62 0
さむらいが統治層としての自己認識を反映させた自称が武士と言う言葉でしょ
だから士をさむらいと読むようになったの

78: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 13:13:10.31 0
簡単に言えば階級闘争史観だよ

79: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 13:13:47.45 0
穢多は当時の職業区分としての賎民の中の1つ
賎民は律令制度において五色の賎とされた人たちの
流れも含む複雑な階層群の事
非人は無職の輩

83: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 13:55:24.11 0
士農工商ヲタ撮り鉄

85: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 14:01:44.36 0
非人も一応職階であって
本物のアウトカーストではない
他に何の帳簿にも籍にも乗らない野良が居た

87: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 14:06:35.81 0
江戸の農村てじつは豪農とかいうのが実態で
村長はいわゆるその土地の豪族の家筋
だから氏族姓や苗字も当然持っていたわけ
村長が一揆おこしたときに責任取るのも当たり前で
その土地の実質の支配者が村長=殿様
こういう土地支配の仕組みの上に
幕府と藩がのっかけていたわけ
この長い歴史性は律令制導入の頃から浸透したわけ
そこが王朝交代の中華半島と違うところ

92: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 14:20:56.94 0
>>87
そのころ藩はなかっただろ

93: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 14:23:04.75 0
えた非人にしても特定の業務の独占を許されていたから優遇されていたとも言えるわけで

95: fusianasan 2018/12/21(金) 14:27:52.05 0
農工商は何してたのかイメージできるけど士は普段何してたの?

102: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 14:58:05.51 0
>>95
現代の公務員だと思えばいい

96: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 14:30:00.70 0
役目がある人は出仕してお仕事
役目の無い人はブラブラしたりアルバイトしたり

97: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 14:33:49.54 0
世襲の小役人だよ

98: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 14:33:53.48 0
人口の殆どが農民で士族以外はあまり関係ない
その農民の中で地主と小作に階層が出来て
同じ農民の中で格差があった方が問題が大きかった
今の感覚で江戸とか大坂を念頭に考えると見えなくなる

99: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 14:35:51.74 0
>>1
あるとしたら武士と平民とえたひにんぐらいじゃね?
農工商は単なるジャンル分けでしかない

100: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 14:36:32.15 0
20XX年の教科書

「外国人研修制度なんて無かった、非正規制度なんて無かった」

101: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 14:38:27.77 0
一応は警察とか教師とか役所とかの行政なんだが
石城日記という絵日記を書いた人みたいな食いっぱぐれの下級武士は
絵を書いて家庭塾やってとバイト生活みたいな感じで笑える酒飲んでぐうたらしてるし

104: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 15:44:46.55 0
階級闘争史観 かいきゅうとうそうしかん
経済上の利害や地位や性質などを同じくする集団である階級 (社会階級) をキーワードとしたマルクス主義に基づく史観。
たとえば,古代ギリシアの貴族と奴隷,中世の封建領主と農奴,近代の資本家と労働者などのように,各時代に生産手段を所有する階級と所有しないで主な生産の担い手となる階級がいて,両者の闘争が次の時代を準備したとするもの。
そして,近代の階級闘争は,プロレタリアートの独裁を経て無階級社会にたどりつくとも説明する。
しかし,社会主義体制の崩壊や社会主義の低迷は,階級闘争理論の誤りと不毛を示すものとも考えられる。

111: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 16:57:29.30 0
士以外はすべて同じ身分だったということらしい
つまり士だけはるかに別格だったようだ

113: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 17:08:56.18 0
>>111
公家は?

114: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 17:26:47.28 0
>>111
これは間違い
身分制度としては貴族と士農工商(=一般国民)の区分
だから従何位とか貰ってる殿様は偉い

115: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 17:35:49.13 0
武家の官職は公家とは別口ですけどね

118: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 18:21:37.03 0
士でもどこかの藩に仕えてないとダメだったそうだよ
いわゆる浪人は町人と同じ扱い
公家、僧侶は身分制度から除外された人達

119: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 18:34:25.03 0
質屋に侍が刀売りに来たっていうからな

120: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 19:38:17.92 0
薩摩藩は士族の割合が多く全人口の30%が士族だったと言われている
そのために薩摩藩は慢性的な財政難に陥り、藩の会計係を担当していた大久保一蔵は維新後、士族の平民化を急いだのはそのせいである

124: 名無し募集中。。。 2018/12/22(土) 06:09:27.05 0
江戸時代生きるなら庄屋がベスポジだよね

130: 名無し募集中。。。 2018/12/22(土) 09:29:18.39 0
農本主義で米本位制なんだから農家が上に決まってるだろ

134: 名無し募集中。。。 2018/12/22(土) 10:06:39.27 0
切り捨て御免

57: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 12:34:48.19 0
どうせこれもまた覆るんでしょw
歴史教育とかマジで意味ねえw

不思議ネタ募集中
不思議.netで扱ってほしいネタ、まとめてほしいスレなどがあれば、こちらからご連絡ください。心霊写真の投稿も大歓迎です!
面白いネタやスレは不思議.netで紹介させていただきます!

■ネタ投稿フォームはこちら
https://ws.formzu.net/fgen/S13082310/








  • このエントリーをはてなブックマークに追加
教科書から士農工商という記述が削除されたようだが 江戸時代 露骨な身分制度は無かったということでいいの?

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2018年12月22日 16:17 ID:.LIjtVrn0*
士農工商がなかったなら四民平等は何だったのか
鎖国がなかったならペリーは何しに日本に来たのか

適当なもんだな
2  不思議な名無しさん :2018年12月22日 16:21 ID:mtty3Yf30*
中世から昔の歴史教育ってもっとザックリで良いだろ
ホントくっだらねぇ
3  不思議な名無しさん :2018年12月22日 16:24 ID:k2gKyzjm0*
日本は縦長で、気候も人の気質も差があるのに狭い範囲にまとめようとするからごちゃごちゃする。
4  不思議な名無しさん :2018年12月22日 16:25 ID:W8IbcZPX0*
>>27
農民も長脇差っていう名目で大刀を持ってた
新選組の幹部として有名な土方歳三とか近藤勇とかは農民だったが武士のように二本差ししてて天然理心流という剣術流派の皆伝持ちだった
5  不思議な名無しさん :2018年12月22日 16:33 ID:kJayegzs0*
如何に歴史修整を試みようと江戸時代は身分制度がある階級社会だったのは変わらない
まあ明治以降も身分や所得の差はあるし、現代も格差は激しいんやけどな
現代でさえそうなんだから江戸時代が平等なわけないやろ
6  不思議な名無しさん :2018年12月22日 16:34 ID:Xyyq.zCZ0*
江戸時代はよかったよな、昼寝の時間や、昼寝の時間とか、昼寝の時間まであったんだから。

今はなんでこんなに時間がないのだろう?
昼寝して二度寝して三度寝しただけで夕方になっているとか、
何かがおかしくなっているのではなかろうか?
7  不思議な名無しさん :2018年12月22日 16:40 ID:W8IbcZPX0*
※5
別に江戸時代の身分制や階級社会の存在自体は否定してないだろ
士農工商っていう明確な区分はなかったってことが分かっただけであって
8  不思議な名無しさん :2018年12月22日 16:40 ID:W8IbcZPX0*
※6
その代わりに江戸時代は土日も仕事だったけどな
9  不思議な名無しさん :2018年12月22日 16:42 ID:69Y6u4tg0*
※1
江戸時代後期に日本に来た欧米人によると士族と農工商はもちろん明確に区別がされているが士族は支配層として権力を振るう側というよりはむしろ士族同士だけでガチガチのルールに縛られた苦行に近い封建的生活していて逆に農工商の民はそういった世界とは無関係にのびのび自由に生活して儲けたり楽しんだりしてるって印象だったようだ。つまり身分制度があって平等じゃないはずなのに民が自由気ままに暮らしてて実質平等という欧米から見ると不可思議な国だった模様
10  不思議な名無しさん :2018年12月22日 16:44 ID:SIg3u89p0*
まず士農工商「丁髷の形が違う」。
武士のマネゴトは「一本差し」。武士は「二本差し」。
マネゴトしても「苗字がない」。
武士にしても薩摩や土佐など[上士/下士等]の『二重構造』。
昭和47年頃までの旧戸籍には[士族]と書き込む欄が存在した。
 よくもまぁ「なかったことに」などというバカげた教科書作るもんだ。
これは「なかったこと」にしたいアホ勢力があるんだろうな。
11  不思議な名無しさん :2018年12月22日 16:46 ID:tV4tvzFo0*
>>1
鎖国(造語)ではなく海禁策ってだけの話ではなかった?
12  不思議な名無しさん :2018年12月22日 16:48 ID:eY6sRD6k0*
「変わるから意味ない」
とか言うなら歴史に限らず全ての学問・学習を否定することになると思うんだが……
13  不思議な名無しさん :2018年12月22日 16:50 ID:51zRWheh0*
みんな言ってることバラバラで草
やっぱ歴史なんて所詮主観の押し付け合いなんやなって…
14  不思議な名無しさん :2018年12月22日 17:10 ID:0C2jy.y80*
農民でも平家の落人がルーツだったりする人たちもいるから、苗字も家紋もなかったというのは嘘な。農民でも、武家がよく使う「丸に違い鷹の羽」を家紋にしてる家は一定数いるし。
江戸の町民とかは、どっちもなかった可能性はあるけど。
15  不思議な名無しさん :2018年12月22日 17:23 ID:E9gk.irg0*
こうやって歴史は都合よくドンドン書き換えられていくんやね
そのうち秀吉は「朝鮮からの侵略を防いだ英雄」とかになりそうw
16  不思議な名無しさん :2018年12月22日 17:33 ID:x3Z002F40*
>>2
江戸時代は中世じゃないぞ……
17  不思議な名無しさん :2018年12月22日 17:51 ID:dwUz0bAh0*
身分制度は厳然としてあったのだけれども、現在の人間が思うような権力とは在り方が違ったという話。江戸時代も中期以降になれば武士は食わねど高楊枝は大名から浪人まで等しく実践するところだった。禄を頂くような武士でも、格式に応じて人を雇う必要があったし、雇い人への給金なんかも見栄を張る重要なところだった。
18  不思議な名無しさん :2018年12月22日 17:54 ID:VcpVC56v0*
※15
じゃあ君は戦前の教科書読んで大楠公万歳とか言いながら特攻でもしてきなさい
19  不思議な名無しさん :2018年12月22日 18:02 ID:hlHOaC.50*
本家が庄屋で二本差しやけど、殿様の家より古いから分家も当然苗字あるし
分家筋には中流藩士になった家も複数あるし、本家も分家も商売で諸国に店持ってたりする
全国ならもっと極端なものもあるんとちゃう?
身分の固定化として教わる士農工商は政治としてはともかく歴史用語としては不向きな用語
20  不思議な名無しさん :2018年12月22日 18:26 ID:HHvWZACP0*
商士工農な
21  不思議な名無しさん :2018年12月22日 18:52 ID:rVR5UpOn0*
>>15
そうだねw
エタヒニンだって実は穢多(屠殺業など一般に忌避される職業集団)、非人(犯罪者や藩抜けなど)なのに区別されなくなったもんなw
22  不思議な名無しさん :2018年12月22日 19:09 ID:tV4tvzFo0*
>>21
少なくとも大学受験では区別されて問われるよ
23  不思議な名無しさん :2018年12月22日 19:53 ID:JFZrhqT40*
あるよ。自分の父方の出身地では武士と農民の結婚は基本許されてなかった。嫁不足の年だけ特例で許可する旨のお触れが残っている。
24  不思議な名無しさん :2018年12月22日 20:16 ID:J1xd6lUt0*
身分制度はあったのは確かだろうね
特に士族の間なんか出自によって上下がほぼ決まるようなもんだし士族への身分移動も養子縁組などを繰り返してロンダリングするのが前提だし
とはいえ今の人が士農工商から連想する例えばカースト制度のような身分制度ではなかったから、その当時の身分制度を表現するものとして適切じゃないから消えるのでは?
25  不思議な名無しさん :2018年12月22日 20:19 ID:J1xd6lUt0*
あと戦後のマルクス主義的な歴史史観や歴史教育への反動もあるのでは?
26  不思議な名無しさん :2018年12月22日 20:45 ID:lIltUfLA0*
こうやって世代で会話かみ合わなくなるんだな
27  不思議な名無しさん :2018年12月22日 20:56 ID:S6GGjZ8.0*
どのレスもソースもないのによくここまで知った顔で話せるな
議論ですら無い口論をまとめてどうするんだろう
28  不思議な名無しさん :2018年12月22日 22:06 ID:YEeAw5Xy0*
近藤勇が処刑されるときに、武士じゃないと切腹させなかったと聞いたから、きっちり身分は別れていたんじゃないの?
29  不思議な名無しさん :2018年12月22日 23:13 ID:JwwNYWdO0*
 教科書を書いたり監修している連中が階級闘争史観にとらわれてるから
どうしようもないと思ってたが、最近は多少まともになったのかね。
 
 文部科学省も女子高生貧困調査ばかり熱心で
学習指導要領なんてはなから守る気も無い様子だったのにな。
30  不思議な名無しさん :2018年12月23日 01:32 ID:6ubDtwoA0*
>>1 ケンペルの書いた日本誌?だったかを志筑忠雄が訳した時に鎖国という言葉が出来たのであって江戸時代では別に鎖国意識してたわけではなく、外国拒否しまくってたら結果的に鎖国になったって聞いたけど
31  不思議な名無しさん :2018年12月23日 01:34 ID:6ubDtwoA0*
じゃあ士農工商について論じてる石田梅岩の都鄙問答はどうやって教えるの?

資料には明確に士農工商って書かれてなかったっけ?商が最下位なのは意味がわからんみたいな内容だった気がする
32  不思議な名無しさん :2018年12月23日 01:52 ID:PQGBGzZd0*
教科書を見ずに言えることはなく
買って読むほどの情熱は今はない
33  不思議な名無しさん :2018年12月23日 02:11 ID:SKU.Zltz0*
>>10
書き込む欄は明治の半ばで消えてるんですが…。
ただ戦後になっても昔の戸籍の記載を閲覧できたから、閲覧禁止+黒塗りにしたというだけ。
34  不思議な名無しさん :2018年12月23日 02:20 ID:SKU.Zltz0*
>>31
「士農工商という身分制度がなかった」という話を「士農工商がなかった」と取り違えてるのか?
誰も士農工商がなかったなんて言ってないぞ。
35  不思議な名無しさん :2018年12月23日 05:13 ID:bdmzsnhG0*
>>22
そりゃ高等教育の集大成かつ、ゆくゆくは専門の道に進むんだから理解できてないのは論外でしょw
問題なのは漢字表記しないこと、世間一般に穢多・非人と分けずに、エタヒニンとしてること
成り立ちも経過も違う集団を一緒くたにしてるせいでエタがヒニン同様に貧乏で極めて劣悪な生活を今も強いられてるかのような誤解が広まっている
36  不思議な名無しさん :2018年12月23日 06:29 ID:4wXW96X70*
歴史のアップデートや英語のネイティブ表現なんかで、すぐに「じゃあ学校教育の意味ない」とか言う人がいるけど、そうやって対比的な見方ができてる時点で充分元は取れてるじゃん。
問題なのは、それを真に受けて学校の知識を軽視する層。
37  不思議な名無しさん :2018年12月23日 10:10 ID:W.HfMp.a0*
元猿楽師の間部詮房が老中になってる時点で分かるやろ
38  不思議な名無しさん :2018年12月23日 11:29 ID:iSx6f..U0*
他の身分の移るのが大変だっただけで
幕府が制度として身分を固定化しようとしていたわけじゃ無いって話でしょ
当時の他国だって農民の子は、だいたい農民になっていただろうし
39  不思議な名無しさん :2018年12月23日 11:42 ID:y50pc.LK0*
幕府という権力が公式に職業を規制して厳格に運用したってわけじゃないってだけで、庶民レベルでは職業上の資本や動員力の有無で暗黙のルールがかなり厳格に守られてたって感じでしょう。
現代で言えば憲法上、社長も平社員も平等だし、平社員が転職したり無職になるのも自由だけど、かといって平社員が社長にタメ口きいたり、分不相応な振る舞いをしたら干されるかクビになるかは覚悟しなければならないし、徒らに転職を繰り返したり長期間無職だったりすると社会的信用がなくなる。そんな感じだよ。
40  不思議な名無しさん :2018年12月23日 12:31 ID:n9GIGnKw0*
>>1
こういう話題でマウント取り合ってるやり取りあるけど見てきた奴なんて一人もいなし
これいっちゃおしまいだけど、誰も歴史の真実なんて知らないからな。

例えばお前が書いた書き込みが後生で有力とされればお前が歴史の印になるんやしな
41  不思議な名無しさん :2018年12月23日 17:44 ID:HzZXEyJo0*
>>36
「三角関数なんて知りませんけど私はこの通り立派にやってきましたよ。学校の勉強なんて社会では役にたちません」と威張ってるおっさんとか、「大学の講義聴いて死んだ知識身につけても仕方ない。本だけ読んでればいいよ」と世の中知り尽くしてるような顔して得々と持論を述べるひと昔前の早稲田の文学部あたりに多く棲息してたような学生とかな
42  不思議な名無しさん :2018年12月23日 21:41 ID:GrhIJB.d0*
土地の問題じゃね?
士農工商っていうよか、土地所有してるヤツが偉い
江戸時代スタートあたりだと、土地所有してるのが士、農あたりで工商で土地所有者が少なかったぐらいのランキングじゃないかと
43  不思議な名無しさん :2018年12月23日 23:29 ID:KWeFiRvb0*
※29
JK援交=女子高生貧困調査にすり替えた
マスゴミと聖人前川さんの悪口を言うな!

講演会をさせるために前川さんを呼んだ学校や
自治体もあるんだぞ!
44  不思議な名無しさん :2018年12月24日 01:49 ID:1.d1bSb70*
同和利権とかの力を削いでいく布石だったりしてね
45  不思議な名無しさん :2018年12月24日 03:24 ID:BIuM.1w00*
現代の法律、数学、言語、人類の歴史を覚えればいいんだよ
社会は世界史50点公民50点に分ければいい!
国語も英語50点日本語50点
数学も物理50点数学50点
理科は天候50点生物50点
新たに宇宙を増やして天文学50点地質学50点で国民宇宙人材派遣総動員しろ!
46  不思議な名無しさん :2018年12月24日 04:13 ID:bhR67PrO0*
士農工商が無いとか言ってるのはあると困る人だろ。
つまり、士農工商「以外」に区分された人がいたのを消したいのだ。
47  不思議な名無しさん :2018年12月24日 04:20 ID:bhR67PrO0*
※19
苗字を公式に使うことが許されてなかっただけで、江戸時代以前からの日本人
ならみんな苗字は持っていたのは当たり前だぞ。
48  不思議な名無しさん :2018年12月24日 04:22 ID:bhR67PrO0*
※42
土地は関係ない。武士の大半は「石高」という給料をもらっていただけで
地主だったわけじゃないわ。
49  不思議な名無しさん :2018年12月24日 08:11 ID:wMt7.U1Z0*
>>27
偉そうに言ってるが、君もよくそんなこと言えるな
匿名でまとめのコメント欄なんかに書き込んでる癖にw元スレに乗り込んで言って論破でもしてきたらどうだい?
50  不思議な名無しさん :2018年12月24日 16:09 ID:1PQpo.ak0*
身分はあった。でも西洋学問でいうところの階級社会とは異なる運用形態だったって話だろ。
農民の中でも最下層の小作人と土地持ち百姓との格差が酷かった。待遇はヤクザのタコ部屋そのまんまのほぼ奴隷。飢饉とかで死ぬのはだいたいこの層。畑を耕しても小作料で巻き上げられて食べていくだけしか手元に残らない。年貢と小作料は違うので、税5民5とか関係なく巻き上げられる場合もある。払えなかったら借金で、子供は一生か買っても稼げないくらいの親の借金背負ったところからスタートで一生奴隷確定とか。
そういう小作人は地主に頭が上がらないし、小作料払えなかったら殺されても娘を売られても文句は言えないわけだが、そういう上下関係と幕府が布いてる士農工商の身分制度とをごっちゃに考えたら混乱するから分けて考えないと。
51  不思議な名無しさん :2018年12月24日 21:31 ID:yXMsD2fU0*
現代日本だって身分はないとしつつ
底辺層と上流層とハッキリ分かれている。
そしてその身分が固定化されて身分制度になって来ている。
だけどだからと言って平成史に身分制度があったとは書かないだろう。
52  不思議な名無しさん :2018年12月25日 13:24 ID:gKEh4Hsh0*
刀刺してりゃ「武士」だと思ってる人って結構いるのね。
53  不思議な名無しさん :2018年12月26日 17:41 ID:pe.Fholf0*
ぶっちゃけ士農工商なんて、藩政や幕政に関われるか否かくらいの差しかない
国家公務員や地方公務員になれる条件が資格試験ではなく血筋が原則だったってレベルのことだからな
今で言う知事や代議士相当の地位に就くなら、それこそ江戸以前の先祖の立場次第なわけだし
54  不思議な名無しさん :2018年12月28日 18:19 ID:Xd43otC20*
>>57お前みたいなバカが学ばないんだろうな
55  不思議な名無しさん :2018年12月29日 23:42 ID:9GeLUDJk0*
大学で被差別身分について研究してた
この士農工商ってのは誤りでがちがちに身分が固定されていたわけではない
農民でも兼業で商売や職人をやってた人もかなりいた
ほんで上の※21でもあるけど穢多が必ず屠殺業に従事していたわけじゃない
むしろ大半が農業や雑業をやっていた
非人が犯罪者ってのは正解でもあるが、一概に非人=犯罪者とは決めつけることはできない
宗旨人別帳を見ると刑吏をやっている村がある地方では穢多村であるが、ある地方では非人の村となっていたりする
まぁ穢多非人というのは身分外の身分と考えるのが一番やと思う
で彼らが貧しくて厳しく差別されてたのかというと必ずしもそうではないし
屠業をやっていたりしたらむしろその辺の農民より豊かな暮らしはできていたはず
で非人ていうのは穢多より身分は下になる
ただ周囲の差別意識というのは穢多よりも持たれなかった
他にもおんぼうとか声聞師、民間の陰陽師とかもおったけど彼らも大半が農業を兼ねていた
56  不思議な名無しさん :2018年12月31日 19:22 ID:czRTHSk.0*
ほぼ同じ事実ついて、視点や語りたいことによって端的に別の言葉で表現して、またその言葉に噛みついて
クソみたいに不毛な記事

 
 
上部に戻る

トップページに戻る