まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

不可解な体験、謎な話~enigma~『死んだはずの転校生』『冷蔵庫のフランス人形』他

2019年01月08日:22:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 15 )



458: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/03/13 15:59
未来の自分

私の体験


高校の就学旅行へ行き、自由行動で仲間3人と何気なくビルの横を歩いていた時、30メートルくらい向こうからスーツを着た自分が歩いて来るのを見た。

あれっと思い、もう一度確認すると、その姿は無かった。錯覚だったんだと思い、そのまま俺達は歩いていった。

修学旅行から4ヶ月たって就職シーズンに入り、俺は東京にある一つの会社を受けることになった。試験と面接の為、その会社を訪問した時、会社の前で俺は何気なく周辺を見渡した。そして愕然とした。

何とあの修学旅行で歩いてくる自分を見たその場所だったのである。俺は確信した。あの時見たものは、やはり自分だったという事を。その後この会社の就職試験に合格し、現在スーツを着て徒歩で通勤している。

3日間が消えた?小学生の時に体験した不可解な話
http://world-fusigi.net/archives/8731212.html

引用元: 不可解な体験、謎な話~enigma~ Part2





470: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/03/16 09:45
>>458
ゲーテの話にチョト似てるね。



467: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/03/16 01:57
不可解ではある妙な話。ゴメン、恐くない話だ。

出先で急に腹痛。交通事故に会いかける。財布を落とす…etc。
まあ偶然なのかも知れないけど、小さい時から
「赤い服」を着ていると何故だかアクシデントに遭遇してしまう。
さすがにリアル工房の時から身につけなくなったし、買わなくなった。
気のせいかもしれんが、なんか嫌なんでこの先も赤は着ないんだろうな。

占いとかでよくある「ラッキー、アンラッキー」みたいなのかもしれない。
間違いなく、俺のアンラッキーカラーは「赤」だ。


476: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/03/17 17:30
金曜の夜ロフトに気配があったけど、「霊がなにかやってんのかな?」
程度に思い邪魔しちゃ悪いと思って掛け布団だけ降ろして、
下のソファーで寝た。
夜中に手とか顔らしきものがチラチラ見えてたなー。
心の中で「明日からは上で寝かせてくれよ」と思っていたら昨日は静かだった。
話しの判る奴でよかった。って酔っていたせいかも…

478: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/03/17 18:45
>>476
ほのぼの…

498: 02/03/22 16:47
>>476
俺も似てる話があります!
以前にロフト付きのとこに住んでたのですが、夜に「さぁ、そろそろ寝よう」とテレビを消して、何気に物置と化しているロフトを見上げると見知らぬ男がこっちを見ている。
(というか、テレビの方を見てた)怖いというよりも「あれ?誰だ??」と思って良く見直してみたが知らない顔・・・そのうち俺と目が合った途端にニッコリ笑って手を振った。
つられて俺も手を振った(藁
けど、次の瞬間にふっと顔を引っ込めた。泥棒かと思い、慌てて俺もロフトに駆け上がるも誰も居ない・・・勿論逃げられる場所も隠れる場所も無かった。
今でも納得いかない!

480: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/03/18 16:35
ある日前触れもなく電話がかかってきて、受話器取る前から
電話の相手が誰かわかるってことなかった?

482: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/03/18 17:00
>>480
あるある。

483: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/03/18 17:04
特に家族と住んでて、家の電話が鳴るとき。
自分に対しての電話か、他の家族への電話かって言う事がよく分かる。

484: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/03/18 17:45
眠っていたとき、首を絞められる夢を見た。
リアルな感触で目が覚めて、首を触ったところ‥‥
クロゼットの中にしまってあるはずのネクタイが首に巻き付いていた。

これも不可思議な話に入るかな‥

489: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/03/18 19:07
訃報
多分、小学校1~2年の頃の話。
夏休みを利用して千葉の田舎に帰省した時のこと。
その日は大雨で廊下に面した部屋に祖母と二人で寝ていた。
夜中。何かの気配を感じて目が覚める。
その頃は子供だったし、日中さんざん海で遊んだため疲れていたから
夜中に眠りが浅くて起きるなんてことはなかったんだが何故か目が覚めた。
「おばあちゃんが起きたのかな?」気配についてそう思い目を開けると
横で祖母は寝ている。「だれだろう?」
外はすごい雨の音。
ふと廊下側から視線を感じた。
そちらを見る。しかし誰もいない。
「気のせいかな?」
と思ったそのとき・・・

490: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/03/18 19:12
田舎なんかでは雨戸が廊下の窓についていて、その日は当然、夜だし
雨だし閉まっていた。(外の景色は見えない)
しかし、その雨戸の上にあかりとり用の小さな長方形の窓がある。
そこに気配を感じ、視線を送るとそこには
見知らぬ年老いた老婆の顔が逆さに屋根からぶら下がるような感じで
こちらをのぞきこんでいたのである。
目があった瞬間、俺は気を失った。
次の日の朝、目が覚めても誰にも怖くて話せなかった。
そして帰京。
数日後に祖母の訃報が電話で知らされた。

497: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/03/22 15:29
町の近くの山(って行っても200mくらいの高さしかない)
の歩道を歩いていると
時間に関係なく、人もいないのに囁きや笑い声が聞こえる、
との言い伝えがあったが
それは昭和初期までの話だった。

でも、最近その声を聞いた者が何人か現れ、騒ぎになっている。
何が原因で聞こえるのだろう?

514: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/03/24 02:21
縊鬼
あれは数年前、まだ私が就職してすぐの頃の事でした。
初めての社会人経験の中、仕事で失敗ばかりしていた私は、その日も
酷く落ち込みながら自宅への帰路につきました。
当時、自分の乗換駅は秋葉原でした。総武線のホームから山手線のホームに下りる時
急に『死んでしまえば楽になるかも…』と不穏な考えが頭をよぎりました。
すると、不思議な事に山手線のホームで後ろから私の背中を押すモノがいたのです。
勿論目には見えません。
広場が見えるホームの縁に向かって、2、3歩よろけるように私は進みました。
あ、落ちる。落ちたら痛いな。と思った時その力は消えました。
あれはあの世に連れていこうとする力だったのか、
死にたいなんて考えてはいけないと教えてくれた力だったのか…今でも不思議です。

520: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/03/25 00:59
>>514
くびれ鬼だね。
くびれ鬼に取り付かれるとたまらなく自殺したくなるそうだ。
その気配を感じた親分が取り付かれた男を取り抑えていたら
その近所で自殺があったと。
どうやら親分に抑えつけられたお蔭でくびれ鬼は
近所の別人に取り付いたらしい。
とか妖怪百物語で読んだ。

522: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/03/25 01:07
マヨイガ
漫画「ちびまるこちゃん」の特別編に載ってた
子供の頃みんなで探検して知らない土地に迷い込んじゃって
そこにはお城があった。とても綺麗な場所だった。でも次行ってみたら、探せど探せどそんなところはなかった。
それと全く同じような体験が私にもある。今も探しているけど今もって見つかっていません。

523: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/03/25 01:33
>>522
「ごきげんよう」で不思議な話の例としてちびまるこちゃんの
その話が例に出てた。
で、その時に小堺かずきが自身の経験として
「小学生の時自分のクラスに入ろうと教室の戸を開けたら
 全然知らない子供たちが授業受けてて慌てて戸を閉めた」
という話をしてた。

526: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/03/25 01:59
>>522
遠野物語のマヨイガって言う話が似てるね。
山の中に立派な屋敷が在るけど…って話。
ちょっと違うけど、知り合いが京都に行った時、行きたい店が在ったのだが
1日目はどうしても見つけられなかったそうだ。
しかし2日目には簡単に見つかったそうだ。
同じ地図を見、まったく同じ通りを歩いていたのに、
何故1日目には見つからなかったのかとても不思議だと言っていた。
2日目に店が在った所は、前日散々店を探して行き来した場所だったらしい。

541: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/03/29 01:07
住職が力不足だと迷う
すこーし、長いはなし。
中2の時におれのばあちゃんがしんだときの話。
ばあちゃんは80を越えてて大往生だったんだけど、そのときの葬式が30分
くらいで全部おわって親戚みんなで短くてよかったねっていってた。
うちの田舎は49日まで延々と御詠歌を毎週とあげる風習が残ってるんだけど
14日目くらいからいろいろおこった。
最初は誰もいないはずの仏間で音がするって言う程度だったんだけど、
だんだんエスカレートしていった。

542: 541 02/03/29 01:17
仏壇のまわりの造花が揺れる音がしたり仏壇の鐘が鳴ったりしてて
親戚のうちでも程度の低いおれやおかんは心霊現象って喜んでた。
でも4週目くらいから俺の親父にいろいろ起こりだした。
いたって健康体だった親父がどんどんやせていって体重が60キロを
割るまでいった(身長は182)。んである朝飯食ってたら兄貴が
親父に目が赤いって言い出しておかんがやばいって言うんで親父が医者に
言ったら眼底出血しててすこーしだけ危険っていわれてかえってきた。

543: 541 02/03/29 01:41
おやじはそのころ仕事のトラブルが続いていたので気休めにっていうことで
霊媒師に親父とおかん、親父の兄夫婦でみてもらいに行った。そしたら
ばあさんの葬式の時のお経の力が足りなくてばあさんが迷ってて、成仏するために
近親者の葬式のお経後からを利用しようとしてるっていわれてかえってきた。
ほとんど同時に親父の姉さんが別の霊媒にみてもらったら親父にばあさんが
取りついてるっていわれていたらしい。

544: 541 02/03/29 01:50
それでこりゃやばいっていうことでうちらは別の寺(本家の寺)で
2度目の葬式をした。その時の住職の説教が「人生。露のごとく、
***(ばあさんの名前)観念して成仏せい」という異例のものだった。
のでもう一回、儀式的に墓に行ってお経を上げて家に帰ったら
我が家の犬が死んでた(8才)。

545: 541 02/03/29 01:55
いま、30近くなって友達の話をいろいろ聞くと
***の7人殺しとかっていって人死にがつづくことの
多い地方があるけど、お寺の住職の修行不足が原因なのかなっと
思う今日この頃です。

546: VIVA 02/03/29 02:33
死んだはずの転校生
はじめてカキコします。

幼稚園の頃、同級の子が車に撥ねられて死にました。

それから月日がたち、小学校4年の時に、そいつが
転校生として私のクラスにやってきたので面食らった。

幼稚園の時に、同級だったうちの4、5人が当時のクラスメートにいて
皆で昼休みに体育館裏に集合し「あいつ、事故で死んだよな。どういうことだ?」
とパニックになって激論したが結論でず。
本人には、まさか「おまえ、死んだはずだよな」などといえないので
普通にクラスメイトとして過ごしたが、皆びくびくものだったよ。

その転校生と話をすると、確かに同じ幼稚園にいて、私のことも覚えていた。
本人の話によると、父親の仕事の都合で小学校からは別の土地になり、
今回、また父親の転勤で帰ってきたんだと。

別に事故になんか遭っていないし、ましてや死んでなんか居ない。
なのに、幼稚園の同級生が何人も、そいつの葬式に参列した覚えがあり
確かに死んだはずだと思っていたのは、今でもとても不可解で、今に至るまで
嫌な気分にさせられている。
しかも最近、仕事先で偶然、幼稚園以来一度も会っていなかった友人と再会し
懐かしい話に花をさかせたが、ふとそいつが
「そういえば、幼稚園の時に交通事故で死んだやつがいたよな」と例の男の
名をあげて話をし始めた時は、さすがに気の遠くなるような寒気を覚えた。

全然霊体験もしたことのない自分だが、いまでもこのことだけは納得いく説明が
つかない。

547: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/03/29 02:50
>>546
それすごい。
久々に恐い話。ネタじゃないよね?ネタじゃないことを祈る。
私も気になるな。私だったら幼稚園にまで電話して当時の先生にお話聞いちゃいそう。
調べてみれば?

548: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/03/29 03:13
>>546似た話。
とある漫画家が小学時代
近所のババアが住むあばら屋を数人で探検したそうだ。
その時ババアに見つかり一人捕まってしまったが
あとの皆は何とか逃げて帰ったと。
で、それ以来捕まった子が学校に来ることはなく
皆で「あぁ、ババアに捕まったからしょうがないか」
と思ったそうだが自身でも不思議だと。

552: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/03/29 04:02
>>546
なんだかその話ネタっぽいな・・・。
小学生じゃその子に「お前死んでなかった?」とか一回は聞いてるはず。
誰もそのことに触れない大人な小学生なんていないんじゃない?
その子は「幼稚園のとき親の転勤で引っ越した」と言っていました?


568: VIVA 02/03/30 12:40
>>547~552さん。

546を書いたものです。レスありがとう。
オカルト版は、ほとんど覗かないので遅レスで
すみません。

レスに書いていただいた質問の一部について答えます。
まず、幼稚園の時にそんな葬式はありませんでした。
これははっきりしています。幼稚園ならば、当然
お葬式があれば、親と一緒に行くはずです。
しかし、私の親も、他の友人の親も、誰もその葬式については
記憶がないとのことでした。それどころか、彼の印象が驚くほど
薄く、卒園アルバムの彼の写真を見ても、こんな子居たっけ?という
反応をされたのを覚えています。そんな子は、どのクラスにもいると
思うので、さして不思議ではありませんが。
(この事実は、不可解な転校生がきた時点で、皆が各自の家で確認
 しております。546では言葉足らずですみませんでした。)

また、552さんのレスにもあるように、彼本人は、幼稚園を卒園してから
小学校に上がる間の3月ごろに、大阪に引越ししており、彼自身にとっては
ゴク普通の引越し→大阪の学校への入学なのです。これも、当時確認済みです。

ですから、普通にかんがえれば、私自身の勘違いと認識できそうな
ケースなのですが、ここでひとつ問題があります。

なぜ、私だけでなく、他の同幼稚園出身者も、私と同じように彼が
死んだことを「確信」していたのか。
小学校当時のクラスメイトだけならば、なにか共通の意識を植え付けられる
ようなことがあったのでは?ともこじつけられますが、546に書いたように
当時の園にいて、その後、ほとんど音信不通だった人間でさえ、彼の葬式には出た、
そして彼は確かに事故にあい、そして、死んだ!!(はずだ)と断定して
居ることに、私はつかみどころのない焦燥を感じているのです。

ちなみに、卒園の前後に事故に遭った「はず」なので、既に卒園アルバムは
配布後で、アルバムから真偽の判断をする材料を見つけるのは困難です。
また、当時通っていたミッション系の私立幼稚園は、その後の経営不振で、
現在存在しません。

日常の社会人生活が忙しく、普段は気にもとめないのですが、ふっと
この奇妙な出来事を思い出すことがあり、その不可解さに決まって気分がなえる
のです。また、例の「彼」は、いわゆる転勤族の息子のようで、中学に上がる前
に、また別の土地へ転校して行き、その後は没交渉です。
彼には何の責任もありませんが、もしも彼が今後私の前に現れるようなことが
あったら、私はどういう反応をして良いか困ってしまうはずです。

ながながと、だらだら書いてすみません。もう追加して書くようなことは
ないので、この辺で中座して、いつもの板に戻ります。

それでは。

572: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/03/30 13:37
>>568
本当に事故で死んだ子と転校していった子の二人がいたんじゃない?
その時期が同じ頃で記憶がごちゃごちゃになってるとか

573: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/03/30 14:09
>>572

568のやつがいいたいのは、大勢の人間が、そろいもそろって
「記憶がごちゃごちゃになる」なんてことが考えられないから
不可解だっていうことじゃないの?

554: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/03/29 13:08
私が小さい頃の話。おじいちゃんの法事の時だったか、仏壇に線香をあげた。
そしたら、普通お線香って灰(?)のようになって落ちていくよね。
なのにその時の線香は、コイル状に3、4回くるくるまいて灰になっていた。
もちろん、落ちないでそのままの形で、、。
それも1本だけじゃないんだよ。
あの時、3本線香があって3本とも。
親戚一同とても驚いてその後ずーっとその話題でもちきりだった。
その時、誰かが「聞いた話なんだけど、仏様が喜んでいるとこんなふうに
なるらしい」と言ったので皆でおじいちゃん喜んでくれてるんだねと話し
ていた。
しかし、私は後にも先にもあんなふうになった線香は見た事がない。
誰かそんなふうになった線香見た人いる?
なんか、うまく説明できなくてゴメン。

565: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/03/30 06:33
>>554
見たことはないけど話で聞いたことあるよ。
お線香の燃えた先が落ちないで丸まっていって
ぜんまいの芽みたいになったんだよね?(イメージ違ったらゴメソ)
すごく善い状態のときはそうなるんだってお坊さんが言ってたよ。

567: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/03/30 10:22
>>565
うちのばーさんときもそうだったYo!
 線香がくるくる丸まっていって、子供心に
 不思議だったのよ。善い状態だったのか。
 よかった。

557: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/03/30 00:57
ちいさいころ、髪の毛を洗われるのがすごくきらいな子だったんですけど、
っていうか顔に水がかかるのが怖かったんです。
だからいつもうつむいて顔を押さえながらお湯をかけてもらってたんです。
で、あるとき、祖母の家にとまりに行ったとき、祖母とお風呂に入ったんですけど、
祖母はそんなこと知らないもんだからいきなり頭からお湯をかけたんです。
その瞬間、
天井近くの上の方からお湯をかけられてる自分の姿をみました。

これって、幽体離脱とか言うやつですよね。

558: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/03/30 01:05
ビートたけしが餓鬼のころ先生に叱られて並ばされて順に
ぶん殴られたって。
で、自分が殴られる時、あんまり恐いんで一瞬自分を
離れた視点で見てたって。
子供ってあまり恐いとそうなるもんかもね

574: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/03/30 14:38
>>558
それはよく報告あります。そういうのが日常的にあると、多重人格障害に繋がっていく、
という説があります。虐待を受けていた子供は同じようなことをよく言いますよ。

561: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/03/30 02:03
不可解っつーか、今でも気になる変な偶然なんだけど、
例えば何かを探すときに「私の命をあげますから○○を見つけてください」
と願うと不思議と何十分探しても見つからない物がすぐに見つかった。
ほかにも凄く低い確率のことを何度やってもできなくて、
「私を呪ってもいいから成功してください」と死人や側の人形に頼むとすぐ成功した。
幼い頃の願いと偶然なんだけど、無意識のうちにやっててけっこう成功したので不思議。

562: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/03/30 02:17
>>561
もう何年かすると、悪魔がツケの集金に来るから
楽しみに待ってるように(w

576: 雨虎 02/03/31 02:51
カエル姉
親父から聞いた話。
ある夏の日、家の近くにある川原を歩いていたら、向こう岸にでっかいかえるがいた。
あまりにでっかいかえるだったんで、石を投げていじってみた。
すると、そのかえるが「いてっ!」てしゃべったんだと。
でも、親父は「かえるがしゃべるはずがない」と思ってもう一度石を投げてみた。
だが、やはり石をぶつけられたかえるは「いてっ!」としゃべり、
しかも今度は、「何すんだー!」と怒鳴ってきた。
親父はもうびっくりして逃げ帰ったそうな。

で、その日の夕飯のとき。
なんだかねーちゃんが怒っている。
おそるおそるなんで怒っているのかきいてみたら、
「お前、昼間私に石投げただろ。」と言ったそうな。

「暑さにやられてぼけてたのかな…」と親父は言ってました。

578: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/03/31 03:06
>>576
ねーちゃんの正体はカエルだったんだ

590: 玉ルンペン 02/04/01 18:08
幽霊を信じる派になった話
別のスレでも書いたことですが、こちらにも書かせてください。

僕が小2か小3の時に、白浜温泉に旅行に行きました。僕の家族は旅行の時、いつも朝早く起きて出発して、向こうに着いたら一度昼寝をし、夕飯時に起きて旅館の食事を頂いてから、風呂入ったり外出したりするというパターンでした。

その日もいつものように、旅館に着いたら速攻家族全員で昼寝をしました。しばらくするとベッドの下から、ガンガンガン…と工事現場のような音が鳴り始めました。その内収まるだろ、と思いながら無視して寝てたんですが、一度音が止んだと思えば、そろそろ眠れる…と思った頃に再度鳴り出し、「絶対に寝させないような音の鳴り方」が寝てる間ずっと続きました。

窓の外を見ても工事してる所は見当たらず、皆全然寝れないから親父がフロントに電話して、「音があまりにうるさいから部屋変えてくれ」と言いました。そしたら音の発信源を探してくれて、上下階(別スレでは下階だけと書いたけど、親父に聞いたら上の階もだった)に位置する部屋と両隣の部屋を確認してくれました。でも音の発信源と思われるものは全く見当たりませんし、他の部屋では何も聞こえないとのこと。

そして部屋を変えてもらったんですが、その部屋では全く音がしませんでした。んで一度寝てから旅館の食事を頂き、やっと温泉に行こうとした時最初の部屋を通過したんですが、坊さんとホテルの人数人で何かを唱えていたんです(ドアの外側から中に向かって全員で)。後でおかんが聞くと、そこは数年前の同日に、前社長が経営苦で自殺した部屋だったそうです(トイレでやったらしい)。

僕はその話の真相を知らず、その時は「何してんねんこのボケ共」と思っていました。そしてその頃のことなんて気にも留めず、中学ぐらいになるとほとんど忘れてて、その頃は「霊なんかおる訳無い」という考え方の持ち主でした。

でも多分高校ぐらいの時に、おかんとその頃の話がたまたま出て来て「そんなことあったなぁ」と思い出しました。そしてその時に初めて「あれは社長が自殺した部屋だったんだよ」という真相を教えられました。おかんが言うには当時僕に本当のことを言ったらしいのですが、僕は全く覚えていませんでした。

最初は「おかんが嘘をついておちょくってるだけかも」と思ったのですが、もう一つ変な事件もあったんですね。その旅行に行く時、地元から天王寺駅までタクシーで行ったのですが、そのタクシーの運転手が手に数珠を巻きつけて運転していて、タクシーの中も仏壇やら何やら変なものが至る所に置かれていました。その人がおかんに「肩に子供乗ってるよ」と言ったのです。

おかんは僕を産んだ後子供が出来た時、産む時の痛さを知ってるし水商売もしていて休まれるのはかなり困る立場だったから、その子供をおろしたそうです。僕は当時その言葉の意味が全然分からず、「気持ち悪いおっさんやな」と思っていました。でもこの話をしている時は高校生だったから意味を理解でき、「本当に水子が見えたんだろうか」と思いました。

実は中学ぐらいの時におかんの肩に子供が乗ってる写真を見せてもらってて、その時は気にも留めなかったのですが、再度見返すと撮影の問題とかじゃなくどう考えても本物だと思いました(専門家じゃないので断言できませんが)。

この写真を再確認した時、タクシーの奇妙な運転手の言ってたこと、その運転手に出会うタイミング、白浜温泉での怪音、ホテルの人達がお払いをしていたこと、社長が自殺した部屋だったこと、社長が自殺した日と同日だったこと…等あらゆる要素が全てリンクしたんですね。それで今は完全に幽霊を信じる派になってしまいました。

その後もおかんはそのタクシーの運転手に仕事場に行く時に何度か会っており(ほぼ毎日乗ってたから確率的には怪しくないんだけど)、いつ会っても数珠を巻いてたそうです。僕と親父はその白浜に行った時だけで、それ以降一切会ってません。

でもおかんも含めて、一番最初に出会ったのは「白浜旅行の初日」です。よりによってその日が「初対面」とは、タイミングが良過ぎるような…。そしてその日が「始まりの日」だったかのように、「今まで会ったことも無い運転手」に「定期的に会う状況が突然始まる」というのも不自然と言えば不自然ですね。僕の予想、というよりは只の希望なんですが、その運転手が白浜の社長だったんじゃないかなー、と思ってます。

621: 彼の地 02/04/02 09:13
冷蔵庫のフランス人形
リア厨の頃、姫路のとある廃屋に肝試ししようって友達2人と忍び込んだことがある。
なぜかこの2人とつるんでいると、不思議な体験をすることが多かったんだが…。
その廃屋はまさに洋館という感じで、広い玄関ホールは薄暗く、埃が積もっていた。
俺らは、そんなもんあるわけないのに「食い物探そうぜ」と、台所に向かった。
台所に着いて、棚やなんかを探したけれどもちろん食い物なんか何も無く。
「やっぱ何もねぇなー」とか言いながら最後に、でかい冷蔵庫を開けた。

そしたら、そこには目がパッチリした、金色の髪の人形。
古びたフランス人形がちょこんと座っていた。

俺らはメチャクチャビビって、「うわ、悪趣味な悪戯すんなよ!」とか
「誰かがこれ仕掛けてったんじゃねぇの」とか
「なんで冷蔵庫にフランス人形なんだよ!」
とか口々に叫んだ。
でも俺らだけが脅かされるのもムカつくんで、次誰か来たときのためにと思って
フランス人形をそのままにして冷蔵庫の扉を閉じておいた。

次に俺らは暖炉のある広い部屋に忍び込んだ。
扉の真正面の壁にデカイ暖炉がすえつけてあって、
机とソファーもそのままに残っている。
何か面白いもんねぇかなと思って暖炉の中を覗き込むと、
暖炉の床に何か不気味な燃えかすが残っていた。
頭の無い、人の形をしたもの。
服は燃え焦げているけど、それがフランス人形だったんだろうってことはわかる。

それを見た時はさすがに3人ともぞっとして、
「おい、もう帰ろうぜ!」ってことになった。
クルッとドアの方を振り向いた瞬間。
全身が総毛立った。
開け放してあったはずのドアがなぜか半分閉じていて、
ドアのちょうど目線の高さの位置に、焼け焦げたフランス人形の頭が
釘で止めてあるのが見えたからだ。
部屋に入ってきたときには確かにそんなものは無かったはずだった。

その時、冷蔵庫に入れっぱなしのフランス人形が気になった。
なんとなく、燃やされたフランス人形を見てかわいそうな気がしたので、
三人で話し合って「あのフランス人形、冷蔵庫から出しといてやろう」
ってことになった。

台所に戻って冷蔵庫を開けると、
そこにいたはずのフランス人形はなくなっていた。
さっき冷蔵庫を閉めたのも、二度目に冷蔵庫を開けたのも俺自身だった。

その後は3人で一言も発さずに脱兎の如く廃屋から脱出し、
廃屋が見えなくなってようやく息ができるようになった。

長文&わかりにくかったらスマソ。
不思議体験他にもあるんだが怖すぎる…。

623: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/04/02 09:38
>>621
怖いねえ

不思議ネタ募集中
不思議.netで扱ってほしいネタ、まとめてほしいスレなどがあれば、こちらからご連絡ください。心霊写真の投稿も大歓迎です!
面白いネタやスレは不思議.netで紹介させていただきます!

■ネタ投稿フォームはこちら
https://ws.formzu.net/fgen/S13082310/








  • このエントリーをはてなブックマークに追加
不可解な体験、謎な話~enigma~『死んだはずの転校生』『冷蔵庫のフランス人形』他

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2019年01月09日 00:02 ID:jzrHt0wA0*
智恵の和香?っていう渦を巻いて落ちないお線香が売ってるよ
多分それだったんじゃないかな
2  不思議な名無しさん :2019年01月09日 01:06 ID:VFIH4HCt0*
ある会社を訪問する→「ああ、ここは修学旅行の時に来たことあるわ」
→記憶の中で日付と映像の情報がバグる→「未来の自分」の出来上がり
一緒にいた友達には見えてないし、気のせいだから日記とかにも書かないしね
3  不思議な名無しさん :2019年01月09日 02:21 ID:iDANXQmo0*
幼稚園の頃の記憶なんかほとんど無いだろ
幼稚園の時に誰かが死んだとか絶対覚えてるわけ無いわ
4  不思議な名無しさん :2019年01月09日 06:41 ID:JnRoP7XS0*
いや幼稚園の記憶くらいあってもおかしくないだろ
5  不思議な名無しさん :2019年01月09日 07:39 ID:gaqpRsIm0*
幼稚園の時に友達が病死して葬式行ったのが、自分の一番古い記憶だな。
冬休み入ってすぐのことで、正月明けて幼稚園行ったら、同級生が「友達ちゃんどこ行ったの?」「神様のご用事済んだらまた遊べる?」とか言ってて(ミッション系だったので先生が「神様のお手伝いでお空に行った」とか説明した)、こいつらバカか、と思ったよ。
ただその後幼児心理学学んでる時に、子供は小2くらいまでは自分の世界から人がいなくなることを理解できない、と知った。引っ越しでもシベツでも。
そのうちまた遊べるだろう、と考えてたり、単純に自分の知ってる理由をいなくなった理由にしてしまったり。
昨日までいた友達がいない→この前交通事故ってので近所のおじさんが亡くなって葬式ってのがあった→いきなりいなくなったあの子は交通事故でいなくなったんだ!という思考があったとしても、それを誰かが言ったことで、聞いたことでなく体験したこととして共有したとしても、おかしくない。
6  不思議な名無しさん :2019年01月09日 07:43 ID:gaqpRsIm0*
親は知らないってんだろ。
その当時、少なくとも自分より長く生きて理解力があって情報も処理能力もある大人の記憶のほうが整合性高いと考えるのが普通じゃね?
なんで、人間になってたかだか6年かそこらの自分たちの記憶の方が、正しいと思ってんだ。
7  不思議な名無しさん :2019年01月09日 07:46 ID:JnRoP7XS0*
>>6
だから本人たちも葬式なかったのは確認しててそれでも複数人に「間違った記憶」ができた原因があるんだろうけどそれが分からないと冷静に分析してるやん
8  不思議な名無しさん :2019年01月09日 11:44 ID:s7KIYoh00*
昔泊まった民宿で、うとうとしたら部屋がガタガタ揺れた。古い建物だったし、自分の家も古かったから、天井裏でネズミが走っているんだろうとそのまま寝ようとしたら、ガタガタ揺れる。気になって辺りを見回したら止まるからうとうと➡揺れる➡目を開けたら止まる➡うとうと➡揺れる➡目をーの繰り返しで朝まで眠れなかった。帰宅して撮り貯めた写真を現像して、自分の回りに変なものが沢山写っているのを見るまで、ずーっとネズミのせいだと思っていた自分のアホさに呆れた。そして写真を祖母に見せたら無くされてしまい、どこにやったのと聞いたら、そんなもの見てない知らないと云われて怖くなった。
9  不思議な名無しさん :2019年01月09日 12:20 ID:gaqpRsIm0*
実際の話じゃないと思うんだけど、消防の頃実話系の番組で見たやつでさ。

ムードメーカー的に笑いをとったりするポジションの生徒で、笑いのために軽いからかいを受けることもあった。教師も空気悪くなりそうになると彼に笑いをとらせるみたいな。
ある日彼が休んで、次の日クラスメイトが冗談のつもりで机に花瓶を置いて、「あれ?死んだんじゃなかった?」的なことを言った。よく分からないが担任もそれに乗ったらしい。
そしたら彼はそのまま窓から飛び降りてしまった。
ちょうど葬式ごっこイジメジサツの時代だったから、ちょー怖かった。

「シんだはずの転校生」に「死んだんじゃなかった?」て聞かなくてよかったんじゃないの。
10  不思議な名無しさん :2019年01月09日 12:31 ID:19OvV5Ji0*
いくつか文が稚拙で読みにくいやつあるな
11  不思議な名無しさん :2019年01月09日 12:35 ID:Se4l6vui0*
タクシーに仏壇なんてどうやって乗せてたのかしら。助手席にシートベルトで固定?
12  不思議な名無しさん :2019年01月09日 18:38 ID:oLc52ftg0*
寺ってお祓いしないよね
13  不思議な名無しさん :2019年01月10日 03:15 ID:KZc7v6CO0*
マンデラエフェクト?
14  不思議な名無しさん :2019年01月10日 04:00 ID:qyAEhX.40*
別に不思議は無いけど、この間寝てて足元が寒くて起きたら掛ふとんと毛布が綺麗に90度回転してた。
どんな寝相でそうなったのか気になる。
15  不思議な名無しさん :2019年01月10日 10:22 ID:vGHC6vqz0*
寺の住職が〜って話、30近くであの文章力は酷い。途中まで中学生が書いてるのかと思ったわ

 
 
上部に戻る

トップページに戻る