まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

不可解な体験、謎な話~enigma~『蔵の犬神』『小瓶で育てていたのは・・・』他

2019年03月05日:22:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 3 )

secret-3120483_960_720


19: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/06/09 18:29
蔵の犬神
学生のとき、友人と民宿に泊った。
そこは古い民家みたいなところで、母屋の隣にでかい蔵があった。
で、民宿のばあちゃんが言うにはその蔵には神様が祀ってあるから入るなとのこと。
そんなこと言われると、入ってみたくなるのが人情ってもんで、例に漏れず友人と連れ立ってこっそり蔵の中をのぞいてみた。

覗いた僕らは唖然とした。
蔵の内壁には伊勢神宮にあるような神代文字?が赤い塗料でびっしりと書きこまれており、そこかしこにお札が貼ってあった。

で、やばいと感じた僕らはそそくさと部屋に戻り、その後は飯食って酒を飲んでた。

そうして夜も更けた頃、蔵の方から突然ばんばん!!ばんばん!!と、音がする。
蔵の扉をたたいているような音だった。
不審に思った僕らは泊っていた母屋の2階から蔵のほうを見てみた。
蔵の扉は内側から強い力で叩かれ、叩かれるたびにすごい音をたてていた。
僕たちはその光景を呆然と眺めていた。

すると突然、蔵の扉がばん!!と開き、中から人影が飛び出してきて
あっという間に外に走り去ってしまった。

目の錯覚かと思った。 見間違いかと思った。

蔵から走り出てきたのは、犬の頭部を持った人間だったからだ。

その後、祟りなんてものには全くあっていない。
ただ、その地方に犬神っていう神様がいることだけは何かで聞いた。


呪われてるのかもしれない。『犬神様』
http://world-fusigi.net/archives/8791543.html

引用元: 不可解な体験、謎な話~enigma~ Part4





20: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/06/09 18:53
>>19
そこは四国でしたか?

21: 19 02/06/09 19:06
>>20
いいえ。 大分県の山奥でした。
何か関連でもあるんですか?

54: 20> 02/06/10 22:54
>>19
遅くなりました
いえ、何かあったわけじゃなく
ひょっとして犬神憑きの話があるM村かな・・・
と好奇心でした



202: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/06/21 00:36
自転車の荷台
14~15才の頃の話。

私の故郷はその昔小さな城下町だった町。
いつも一緒の6人と、その日も私の家で、遊んでいた。
時は午前2時。
その中でもなかのよいYは「やっぱり帰る」と言い出した。
仕方がないので6人が、ずらずらと自転車で送ってやる事になった。

途中にアーケードの商店街。

そこを抜けて、すっと暗くなった頃から、
Yの自転車のスピードがおかしくなってきた。
私達5人を置いて、先へ先へと行っている気がした。
「おい、Y」「おい。Y」「おい、Y」
何度呼んでも振り向かず、とうとうそのまま家に着いた。
Yは振り向きもせず、玄関を閉めた。

怒った私は次の日、Yを問いただした。
すると、
「最初に名前を呼ばれた時、振り向いたら、荷台にシラナイ女が乗っていた
もう、振り向けなかった」


74: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/06/11 12:38
黒いバイク
あれは、10年程前の事です。
バイク好きの私は友人3人と、長野の美ヶ原周辺のワインディングを楽しんでいました。
ふと気がつくと、一番先頭の友人の前に黒いオートバイが走っているではないですか。
しかも、たよりげないフラフラとした走り方で、かなり古いバイクのように思いました。

何個かコーナーを抜けると突然道が悪路にかわり、全員が一時停止しました。
黒いバイクがいないので、先頭を走っていた友人に尋ねると「何、言ってんだよ。そんなバイクは見てないぞ」との答え。
私は「こいつは、なに言ってるんだ。確かに黒いバイクが…」と全員に聞きましたが、誰も見ていないとのことでした。

不思議な気持ちのまま悪路をスローペースで10分程走ったところで、また全員がストップしていました。
なんとそこには、先ほど私の見た黒いバイクがボロボロの状態で木に突き刺さっていたのです。

私が見たバイクは確かにこれだと言うと、友人たちは真っ青になり、その場から一目散に逃げだしました。
私の見た物は、事故死したライダーの亡霊だったのでしょうか。
[F.N]



155: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/06/20 01:45
助けてくれたおじいさん
中学生になった時、親に新しい自転車を買ってもらいました。
夏休みに近所のおばさんに誘われて母とおばさんの家に遊びに行きました。
するとホームセンターで特売の物があるという話になり、母が「そうだ、自転車あるんだから買ってきてよ」と言い出し、おばさんにも頼まれて自転車で買いに行きました。

が、朝ごはんを食べていなかったのと暑さで帰りの坂道を自転車を押しながら登っていると気分が悪くなり、貧血になってしまいました。
幸い人や車の通りが少ない道だったので、自転車を止めて座って吐き気が治まるまで休んでいることにしました。

すると農協の帽子をかぶり、首にはタオル、見るからに農家の格好をした70代くらいのおじいさんが近づいて来て
「どうしたの?暑いから具合悪くなっちゃったか?」と笑顔で話しかけてくれて、雑然と置いた自転車を横に寄せて私の隣に座って具合が良くなるまで話をしてくれました。

買ったばかりの自転車で名前も書いてないのに
「あなたOOさんとこの娘さんだろ?」と私の名字(地元ではめずらしい)を言い当てました。
しばらくして私の気分もよくなったのでお礼を言って帰ろうとすると「家まで送って行ってやろう」と自転車を引いてくれました。

私が家の道を教えてないのにおじいさんはどんどん私の家へ。
私はただ驚いてついて行くばかりでした。
家に着くとおじいさんは「横になって涼しくしているといいよ」と言ってくれ、お礼を言って別れました。
<つづく>

156: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/06/20 01:46
うちのことを知っているし、農家の格好だったから父に聞けばわかるだろうと思い父におじいさんの特徴を話すと
「誰だろう?そういう人はこの辺にいない」ということで、わかりませんでした。
おばあちゃんに言うと「きっと守護霊さまだよ」と笑いました。

後でわかったことですが、私は父と母の両方のおじいちゃんは生まれた時からいなかったので会ったことがなかったんですが母方のおばあちゃんの家に行った時におじいちゃんの遺影をよく見てみると、あの時助けてもらったおじいさんに顔がよく似ていました!!

父も「お前が言ってた人に似ている!」と驚いていました。
あの時のおじいさんは今だにどなたかわかりません。
本当に守護霊さまだったのかも・・・

157: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/06/20 02:25
>>156
優しいじーじやん

159: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/06/20 02:36

弟が交通事故で無くなり2年が経ったころ、母を元気付けるため、父と相談し、那須に別荘を購入することにしました。早朝から家族3人で北に向け出発。弟は外出があまり好きではなかったのですが、温泉は大好きだったので、別荘を買うなら温泉が出るところがいい、と、温泉地の不動産屋さんに行きました。

暑い日だったので、不動産屋に入るとおねぇさんが冷たい麦茶を出してくれました。担当の方と家族3人の4人分でいいはずのところを、なぜか5杯出てきました。「あ、一つ多いですよ」と担当の方がおねぇさんに返しながらいいました。おねぇさんは「失礼しましたぁ」と下げていきました。

そのあと、温泉地を家族3人で歩きながら、アイスキャンディを食べようと、露店のお店で「3つ頂戴」。というと、おじちゃんはアイスを4本出しました。「一本多いですよぉ」と言ったら「あ、人数分だと思って・・・」と不思議そうな顔をしました。人数分でも3本なのに。。

その後、昼ご飯を食べようということになり、蕎麦屋さんに入りました。すると、店員さんが水を4つ出してきました。俺が冗談で、「おいおい、弟ついてきてるんじゃないか?あいつ温泉好きだったし」というと、母は「もしかして、これもってきてるからかな・・・」とカバンの中から位牌を出しました。

母は、家族で買う別荘だから、弟も連れて行こうと位牌を持ってきたそうです。。。
こんなことってあるんだなぁ、と家族で妙に納得しました。

160: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/06/20 03:06
>>159
きっと弟さんも一緒にいたんですね。
なんかいい話だなぁ。

162: 159 02/06/20 04:01
それまで家族みんな、あっち側の世界というのをあまり信じていないほうだったんですが、
この出来事以降、母も父も「あっちに行くのが楽しみだ」と明るくなりました(涙

164: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/06/20 04:46
>>162
深く考えると怖いけど、ええ話や・・・。

137: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/06/17 22:29
数字好きのおばあちゃん
他の板にも書いたんですが、
私の母方のおばあちゃんのお葬式の日、叔母が
「お金をおろしに銀行と郵便局に行くけど一緒に行く?」と
言うので気分転換に妹と一緒について行きました。

最初に行った郵便局で番号カード(自動で出てくる機械の)を取ると番号が「444」、次に行った銀行で取った番号カードは「333」でした!

実はおばあちゃんは生前「平成5年5月5日」などの記念キップ(555,666,777など)を集めるのが大好きで、私たちの分まで買ってくれていて、「平成7年7月7日」の
「777」の記念キップの時は、おばあちゃんが入院していたため私が代わりに買いに行ってあげました!

だからそういう数字が好きなおばあちゃんが444、333にしたのかなと思い、不思議な気持ちになりました。

8: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/06/09 15:47
2段ベッドから
つまんないんですが。

昔消防の頃宿泊研修で泊まったユースホステル。
女子だけ別棟の2階。一階は倉庫とかホールで人はいない。
部屋は5部屋くらいで、ウチ3部屋が2段ベット方式だった。

夜中にドシン、ドシン、ドシン、とちょうど2段ベットから飛び下りるような音がし、女子全員が部屋の前の廊下に出てきて「うるせぇぞ!」「誰だ」と騒ぎになったが、誰1人そういう事はやっていない、見ていない。

「とにかくもう絶対やるな」と全員一致で部屋に入ると…
またドシン、ドシン、ドシン。

キレてもう一度廊下に集合したところで、先生に怒られました。
しかしやはり続くんです。ドシンドシンって。
「まだ飛び下りてる。」「飽きねーよな」「どうせ○○(学年の嫌われ者集団)の部屋なんでしょう?」

しばらくして気付いた。どうすればこんなハイペースで登って飛び下りてができるのか。いやさ、不可能だろう、と。その話をして、皆怖くなったんで寝ました。

今でもあれは謎だけど取りあえず後日その宿泊研修の写真の中にTVにだせば放送禁止間違い無しの鮮やかな心霊写真が撮れていました。

9: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/06/09 16:16
>>8
その写真は、もうお持ちではないんで?

10: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/06/09 16:22
見たいなー。見たいなー。

13: 8 02/06/09 16:34
>>9.10
もう無いです。というか、学校で売り出された写真なので買いませんでした。
そういうのを売るのもどうかと。
写真は「悪霊ってこんな顔してるんだろうな」ってな「顔」がたくさん写ってました。。

ちなみにそのユースホステル周辺の宿泊研修所に高校の時2年連続でオセワになったですが、一年生の時に泊まった部屋で、ロッカーの扉が何もして無いのに開いたり気分が悪くなる人が続出。部屋の横の談話室で一晩中なごんでました。

翌年その部屋は立ち入り禁止に。勘弁してくれよ…。

15: 糞猫 02/06/09 17:40
箸を折ったのは
それほどの話ではないですが。

高校の時に中学の同級生が亡くなった。
むちゃくちゃ親しいワケではなかったが、すごく衝撃的な事件でした。
なくなった知らせを受けたその日の夕食で、大して古くもない私の箸が突然、折れてしまいました。

親とかは、その亡くなった子がさよならを言いにきたんでは、と半ば冗談で言っていました。
しかし、その子とはあまり親密でもなかった為に腑に落ちませんでした。

1日~2日後、かわいがっていたウチの猫が死んでいるのが弟の友人が伝えてきました、
どうやら、私の箸が折れた日あたりに死んだようで、屍体はドブに棄てられていました。
私は今でもその猫が、自分の知らせを伝えようと箸を折ったのではないかと信じています。

16: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/06/09 17:46
>>15
シンクロニシティだね。
自分がそう感じたんだったら、その通りだよ。

17: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/06/09 17:55
消防の時通ってた英語塾に、一つ下の女の子がいたんだけど体育の授業の時みんながプールからあがったら、その子がプールの真ん中に浮かんでたらしい。くも膜下出血だった。
俺にからんだりしてきて生意気だったけど、可愛い子だった。

その後俺が厨房になってから、夏の夜中、その小学校のプールに忍び込んだ。
友達とパンツ一丁で泳いでいる時、その子のことを思い出した。
するとさっきまで何でもなかったプールの水が、突然何か言いたそうにパシャパシャと波立ったように感じた。
多分俺が思い出した事が嬉しかったんだろうな。そんな気がした。

18: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/06/09 17:58
>>17
チョトイイハナシ(ホロリ)

34: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/06/10 04:26
俺は心霊現象は否定派 でも、小学生の時、俺と弟と友達と友達の妹の4人で肝試しをする為に、墓場に行った。お墓の入り口の前で火の玉を見た。4人とも目撃した。火の玉は、円形の形をしていて、赤色の光で円形を崩さず浮遊していた。

30秒ぐらい浮遊していて消えた。俺は一つだけ飛んでいるのを見たけど、もう一つ火の玉が飛んでいたらしい。お経のような声が聞こえたと言っていた。俺は聞こえなかったけど。

今、考えたら、不思議な話。でも小学生の時は、火の玉を見た事に対しては、不思議とかコワイという感情がなかったと思う。だから冷静に、火の玉を見ても驚いて逃げなかったんだなぁと思う。4人同時に見ているから錯覚ではないと思うが・・・・・   

35: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/06/10 04:32
火の玉は心霊現象ではないと思うが

70: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/06/11 09:31
>>35戦場ではよく見かけるらしい

40: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/06/10 16:33
その日、隣のクラスの顔と名前は知ってるけど話したことのない男の子と廊下で何度も目が合った気がした。
で、帰りに下足箱のとこで「バイバイ」って言ってみたら、向こうも「おう」って答えてくれた。
友達になれるのかな?って思ってたら、翌日、バイクの事故で亡くなってしまった。なんだか不思議な気がしました。

133: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/06/17 17:57
子供の頃の体験

時々父親が雨漏りを修理するために二階の押入れから天井に入っていくんだけど(家ぼろなんで)押入れの中の脇に小さな引き戸がついててそこから入っていってた

俺と妹はそこに入ってみたくて仕方なかったんだが決して入らせてもらえなかった
親のいない隙に入ってみようと妹と2人でその引き戸を探すがいつも発見できなかった

中学生くらいの時に俺がその修理をやることになって引き戸を探すがやっぱりない
そこで父親に尋ねるとそんなものは昔からないという押入れの上の板を持ち上げて入っていたと
???と思いつつも作業をしたが腑に落ちない

確かに押入れの中には引き戸なんてものは存在しないし大体その引き戸があった壁の向こうは考えてみれば階段だ俺一人の記憶ならなにか勘違いだとおもうけど
妹も確かに脇の引き戸から入っていったと記憶していた

あれは一体なんだったのだろう?

面白くもないし読みづらくてすまん

141: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/06/17 23:34
>>133
幼い子供には、押入れの天井の板を持ち上げるという行為が理解どころか想像もできず、自分を納得させるために、引き戸の存在を作り上げたとか。

134: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/06/17 18:20
いやーなかなか面白い。

166: 165 02/06/20 05:25
安アパートの怪
小学生の頃、私の両親は離婚をしました。
母親は私と弟の2人を引き取った為、生活は楽では無く、必然的に住居も格安なアパートに住む事が多かったと記憶しています。
これから語るのは、そんな安アパートで体験した事です。

安アパートとは言っても、借りていたのは管理人室というやつ。
他の部屋とは違い、建物の1Fが丸々一つの賃貸になっていました。
部屋は3つ、ダイニング、風呂、トイレがあって、月5万くらいだったと聞いています。

うち一つが私に割り当てられた部屋だったのですが、これが変な部屋でして…
押入れがあるんですけど、開けると板が打ち付けてあって使えません。
夜中に妙な音がしたりする事もありました(笑

そしてこれが一番嫌だったんですが、

『部屋の外からしか鍵がかからないんです』

167: 165 02/06/20 05:25
当時、中学生になりたてだった私は、自宅でもYシャツで過ごす習慣がありました。

ある日いつものようにダイニングで食事をとっていると、学校から帰ってきた弟が怪訝そうな顔で「どうしたん?」と聞いてきます。
(゚Д゚)ハァ?と聞くと「あんたのYシャツ、血だらけじゃん」

え?と確認すると、Yシャツの胸元から腹にかけて、文字どおり血染めになっています。鉄のような臭いも確認。血です。
私はケガもしていないし、ケンカしたわけでもなく、歯槽膿漏もありません。
何故か、母に怒られる!とビビッた私は、コソーリと洗濯したのでした。

168: 165 02/06/20 05:26
この家のお風呂は、沸かすと必ず「長ーい髪の毛」が浮いている…そんな素晴らしいオプションが付いていました。

母も私も弟も、皆せいぜい肩までしか髪を伸ばしていなかったのですが、何故か浮いているのです。長い髪が。

お風呂掃除のジャバを使ったりしましたが無駄でした(笑
6年くらいそのアパートにいたのですが、結局ほぼ毎日「長ーい髪の毛」が浮いていましたね。

170: 165 02/06/20 05:27
また、ある別の日はこんな事がありました。

その日は雪が降っていました。
買い物に行くのも嫌なので電話で出前を頼み、家に篭って昼間からFFで遊んでいましたと記憶しています。

30分程すると、雪だというのに出前のバイク音が聞こえてきます。
自分の部屋に財布を取りに行き、玄関で出前を受け取り、「雪なのにすいませんねー」などと世間話をしていると、出前の人が不思議な事を言い出しました。

「お宅のお婆さん、お元気ですねー いつも窓越しにご挨拶していただいて」


……うちにお婆さん?  そ ん な 人 い ま せ ん よ ?

171: 165 02/06/20 05:28
と、まぁ色々あった建物でしたが、残念な事に既に解体され現存しません。
青春の1ページとしては、なんとも(´・ω・`)ショボーンなのですが、
一体何があった部屋だったのか最後までわからずじまいでした。

実は現在住んでる部屋も微妙な部屋でして…

「深夜の決まった時間にドアに何か当たる音がする」

そんな部屋に暮らしております(笑

まだエピソードはあるのですが、いかんせん怪談とよべるかどうか…
微妙な話しが多いので、そのうちまた書きこむかもしれません。
長々と書いてみましたが、最後に…ウゼェ!と感じた人…スミマセン
2重カキコまでするしまつ…逝ってきます。トホホ

173: ;;; 02/06/20 06:29
小瓶で育てていたのは・・・
先ほど某サイトで 2ch有名スレッド集というのを拝見していたところ
怖い話というとこで髪の毛の話を見て 1年ほど前に オレが体験した事を思い出し書かせていただきます

当時はちょうどYチャットにはまっていて 某部屋である同年代のPCにめちゃ詳しい男性と友達になり たまたま住所も近かったので遊ぼうって話になりました 

あまり気がすすまなかったんですが丁度オレが欲しかったソフトを焼いてくれるということで 行くことにしました 

その方は一人暮らしで結構広い部屋に住んでいたんですが昼間というのにカーテン締め切っていたんですよね

それで 部屋の隅みると 20本ほど よく雑貨やで売ってあるような小瓶が並んでるんですが その瓶の中に黒くてドロっとした液体が入っていてその瓶から1本糸のような物が出て垂れ下がってました 

瓶によって長さが違うんですが 短い物で10センチ程度 で長いもので1mほどあったと思います

気持ち悪いなー と思ったんですが その人はチャットで会話するのと違いとても暗い雰囲気で 話すネタが尽きたこともありあの瓶何? って聞いたんですよ 

すると その人は「人の髪育ててるんだ だんだん成長してるんだよ」って言いってました 
めちゃめちゃ気持ち悪くなり それから全然連絡とってませんがあういう人見るの初めてでした 


179: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/06/20 06:50
夜自分の部屋に入り手探りで電気のスイッチを探す時
よく手を触られる

不思議ネタ募集中
不思議.netで扱ってほしいネタ、まとめてほしいスレなどがあれば、こちらからご連絡ください。心霊写真の投稿も大歓迎です!
面白いネタやスレは不思議.netで紹介させていただきます!

■ネタ投稿フォームはこちら
https://ws.formzu.net/fgen/S13082310/










  • このエントリーをはてなブックマークに追加
不可解な体験、謎な話~enigma~『蔵の犬神』『小瓶で育てていたのは・・・』他

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2019年03月06日 11:35 ID:LUR2V2To0*
なんでここコメント無いの?
2  不思議な名無しさん :2019年03月06日 13:42 ID:zGimGZXq0*
犬の頭ってのは不思議だな アヌビス神か?
3  不思議な名無しさん :2019年04月18日 18:03 ID:D81ssJ070*
人魂はリンが燃えてるというけれど、土葬しない現代では有り得ない。
子供の頃、室内で見た事があるからあれは物理ではなくてオカルトだと思う

 
 
上部に戻る

トップページに戻る