まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

「東条英機の自殺未遂」「ヒトラーの幼少期」他 歴史を語る18枚の貴重な写真

2019年03月13日:08:11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 34 )


世の中には、歴史を語る上で貴重な写真がまだまだ存在するようです。
今回は歴史や時代の背景がわかる貴重な写真をご紹介したいと思います。



1. 東条英機の自殺未遂
85907496
1945年9月11日、日本の無条件降状の後、東条英機陸軍大将が拳銃自殺を図った直後の様子です。




2. ナチ党党大会
85907497
1939年2月20日、マディソンスクエアガーデンで開催されたナチ党党大会に、2万人のドイツ系アメリカ人が集結した様子。


3. 歯科治療
85907498
一見拷問のようですが、1917年当時のドイツ軍の歯科治療です。


4. イースター(復活祭)
85907499
1944年、アメリカ海軍のデュアン艦船上でのイースター(復活祭)。 


5. 葬儀の仮面
85907500
1892年に撮られた、イタリア人修道僧の葬儀の覆面です。


6. 一家の食卓
85907501
1915年、アイルランドのランチ時の写真。


7. 初登校
85907502
1957年9月4日、初の黒人学生ドローシーカウントが、アメリカノースカロライナ州のハリーハーディング高校に登校している写真です。周りの嫌がらせが原因で、その後転校しています。


8. ナチスに立ち向かった少女
85907503
1943年2月8日、ユーゴスラビアの少女はナチスによって木に吊るされ亡くなりました。ナチスが彼女に仲間の名前を問いただしましたが、彼女は断固として答えませんでした。


9. シカゴ人種暴動
85907504
1919年シカゴ人種暴動の最中、マシンガンを持った男性がクック郡刑務所で撮影されています。


10. 盗まれた絵
85907505
ナチスが盗んで隠していた絵画を、アメリカ人兵士たちが賞賛しています。


11. サラエボ事件
85907506
1914年6月28日サラエボで、フランツ・フェルディナント大公夫妻が暗殺される数時間前の写真です。この事件が第一次世界大戦のきっかけとなりました。


12. 講演会講堂
85907507
1900年、シカゴのラッシュ・メディカル・カレッジ講演会講堂の様子。


13. メッセンジャードッグ
85907508
1917年、ドイツの塹壕を飛び越えるメッセンジャー・ドッグです。


14. ヒトラーの幼少期
85907509
アドルフ・ヒトラーの4年生のクラスの集合写真です。一番上の列の真ん中にヒトラーがいます。 


15. 奴隷マーケット
85907510
1852年ミズーリ州、セントルイスのリンチ奴隷マーケットの前で撮られた男性グループ。


16. ボクシング
85907511
1923年ヤンキースタジアムで行われたボクシングの試合。


17. 奴隷解放運動家
85907512
奴隷解放に従事したハリエット・タブマンと彼女に救出された奴隷の人たちです。1887年ニューヨーク、オーバーンで撮られました。


18. 飛行船打ち上げ
85907513
打ち上げの準備をするイギリスのR33級飛行船です。1919年にイギリス、ヨークシャーのバーロウで撮影されました。


目を背けたくなるようなものから、100年以上前の様子がわかるものまで色々な写真がありました。世界にはまだまだたくさんの貴重な写真が眠っていそうですね。


via:eBaum's World


不思議ネタ募集中
不思議.netで扱ってほしいネタ、まとめてほしいスレなどがあれば、こちらからご連絡ください。心霊写真の投稿も大歓迎です!
面白いネタやスレは不思議.netで紹介させていただきます!

■ネタ投稿フォームはこちら
https://ws.formzu.net/fgen/S13082310/








  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「東条英機の自殺未遂」「ヒトラーの幼少期」他 歴史を語る18枚の貴重な写真

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2019年03月13日 08:25 ID:41gVMvF20*
おもしろい
2  不思議な名無しさん :2019年03月13日 08:40 ID:HHAXxBBD0*
東条英機は自国に不利になるようなこと連続でやっていたがアメリカのスパイやったんやろかw
3  不思議な名無しさん :2019年03月13日 10:57 ID:8z1jPOtO0*
ヒトラーの集合写真。一番上の真ん中ってとこが三つ子の魂百までって感じだ。
4  不思議な名無しさん :2019年03月13日 11:04 ID:j1cDlU3U0*
少女の絞首刑の写真は切ないね。
この数分後には息を止めなければいけない運命からはもう逃れられない。
この時点では同じ空気を吸っている者どうし。違いがあるとすれば少女の首には紐が掛かっていることくらいなのに。
5  不思議な名無しさん :2019年03月13日 11:05 ID:ghNt9skS0*
東条英機、本当に自殺する気があるなら腹部じゃなくて頭を撃つだろ…
6  不思議な名無しさん :2019年03月13日 11:48 ID:BSRrAJ6n0*
貴重な写真だ
7  不思議な名無しさん :2019年03月13日 11:49 ID:cRkCJuWx0*
やっぱアメリカって神やわ
8  不思議な名無しさん :2019年03月13日 11:55 ID:Ic6mgGJC0*
飛行船打ち上げの写真って二十世紀少年のケンヂ一派の画像にすげー似てる。
これが元ネタ?調べてみても全然出てこないけど
9  不思議な名無しさん :2019年03月13日 12:39 ID:lCUSnVEZ0*
ええやん
10  不思議な名無しさん :2019年03月13日 13:01 ID:p8gXspo10*
飛行船いいなあ。めっちゃワクワクする
11  不思議な名無しさん :2019年03月13日 15:16 ID:bBP4eydZ0*
>>8
あれプロビデンスの目だろう
12  不思議な名無しさん :2019年03月13日 15:51 ID:Ic6mgGJC0*
>>11
そうじゃなくて、第一章でケンヂ達が巨大ロボットに立ち向かってる後ろ姿の写真。
カンナたちの学校の教科書にテロリストケンヂ一派として紹介されてるやつね。
まぁよくよく考えたら後ろ姿の画像なんてどれも同じようなもんか
13  不思議な名無しさん :2019年03月13日 16:01 ID:BBbnUkzK0*
人間て奴は度し難い歴史刻んでるねぇ・・
14  不思議な名無しさん :2019年03月13日 16:18 ID:SLrU2OY50*
ナチスの蛮行は許せん
15  不思議な名無しさん :2019年03月13日 18:12 ID:A0F.EtKH0*
黒人奴隷関係はナチ以下だぞ
16  不思議な名無しさん :2019年03月13日 18:36 ID:k7QQYHzU0*
※14
ユダヤの方が悪いだろう
17  不思議な名無しさん :2019年03月13日 18:57 ID:WYc1i.0s0*
人類も多くの過ちを経て倫理面で進歩はしてるんだろう
朝鮮の捏造慰安婦は論外だが
かつて若い日本人女性も性目的でポルトガル人の奴隷にされた歴史があるんだよ
18  不思議な名無しさん :2019年03月13日 20:09 ID:mVM21.Ux0*
※5
陸軍大将のくせに満足に自決すらできない男と当時も馬鹿にされていた
色々と理由は推察されてるけど、割腹して果てた阿南陸相ほど覚悟はできていなかったんだろうな
19  不思議な名無しさん :2019年03月13日 21:11 ID:7lt2f23a0*
「飛行船打ち上げ」
っておい!
20  不思議な名無しさん :2019年03月13日 22:30 ID:dOBvOB7s0*
色んな写真があるもんだな
その1枚に、その人の歴史が映るんだから写真ってのはすげぇよ
写真の歴史はそこまで長くはないのに、まるで何千年という時間を写し取っているみたいだ

俺達もいつか、こんなふうに他人に見られて語られる日が来るのかもな
21  不思議な名無しさん :2019年03月13日 23:03 ID:oeRO3qdY0*
政治や歴史の記事だと臭い厨房が滅茶苦茶わいてくる
ここはそういうの少ない方だと思ったのに
22  不思議な名無しさん :2019年03月13日 23:48 ID:IC.RDGig0*
東条英機って頭撃って失敗したんだと思ってた
23  不思議な名無しさん :2019年03月14日 00:29 ID:JqYB99QA0*
>>14
実際の所ユダヤ教徒迫害ならナチスよりソ連の方がやばい
てかソ連は自分の罪をだいぶナチスに被せてるし。一部はバレたが

ま、ソ連はユダヤ教徒も自国民も等しく粛清し飢え死にさせるし戦勝国だからな

確かヒトラー本人曰く、物事の善悪を判断する唯一の基準はそれが成功したかどうかだ、だから
24  不思議な名無しさん :2019年03月14日 00:31 ID:JqYB99QA0*
>>15
しかも黒人奴隷解放を叫んだリンカーンも人権思想からそうした訳ではない上インディアンは滅ぼそうという考えだった

あるいは南米でインディオを保護したラスカサスは、インディオがかわいそうだから代わりに黒人を使おう、と言った

かつての有色人種の人権なんてそんなもん
25  不思議な名無しさん :2019年03月14日 00:34 ID:JqYB99QA0*
>>18
銃身の長い拳銃で心臓を狙ったから弾が逸れた、とか読んだことあるがどうだか…

割腹なんて苦しいばかりで相当死ににくい方法なのに…だからこそ名誉が保たれる訳だが
26  不思議な名無しさん :2019年03月14日 00:35 ID:JqYB99QA0*
>>17
その辺はピンカーの「暴力の人類史」とかおすすめだよ
27  不思議な名無しさん :2019年03月14日 06:53 ID:sXpq0k.A0*
東条英機は、A級戦犯がどうのとか言う戯言はどうでも良いが、まあ、無能な小人物であり
首相以前には樋口季一郎との一件のような少数の評価されるべきエピソードがあるとはいえ
むしろ戦勝国より日本人に対してこそ、償わなければならない失態・横暴の多い人物ではあった
自決の失敗についても、色々と理由は推察されているものの、当時から批判の対象だった

ところが東京裁判での振る舞いや証言はそれまでの人生に対する評価を一転させるほど潔く、しかも堂々とした物だった
このことは、東条のそれ以前の行動とは切り離して、きちんと評価しないといけない
無論、逆にこの事があったとしても、首相時代およびそれ以前の評価は全く無関係に下さなければならないが
28  不思議な名無しさん :2019年03月14日 08:30 ID:FFJCcxha0*
なんか写真一枚とっても昔の日本と海外のじゃクオリティが全然違うな。
29  不思議な名無しさん :2019年03月14日 12:20 ID:9V9aPDJO0*
東条は吊るされた画像が個人的に衝撃受けた
政治家としては無能だし自殺もまともにできねーのかと思ってたが罰を受けて死んだという印象に変わって悪く言う気にはなれん
30  不思議な名無しさん :2019年03月14日 20:00 ID:9AggiIYj0*
>>16
ユダヤ人(もちろん全員ではないが)
・日露戦争で日本に協力してくれた
・東日本大震災の時に「センポスギハラの恩を返すんだ」と復興に協力してくれた

ナチス
・くだらないイデオロギーを理由に日本の日独伊ソの四石同盟計画をぶっ壊した枢軸国壊滅の主犯
・ドイツの伍長なのに、日本に英領シンガポールを攻略しろとか偉そうに言う
・しかも攻略したらした「黄色人種ごときに白人が負けた!!」とヒトラーガチギレ、ほぼ間違いなく日本軍の作戦進行に悪影響を与える
・我が闘争で日本人を侮蔑する
・ヒトラー「いずれは日本と戦う日が来るだろう」
有色人種のため、間違いなく独ソ戦以上の絶滅戦争不可避
・シュペーアによる助命のための連合軍の日本本土爆撃へのアドバイス
・大日本帝国を引っ掻き回して滅ぼしたのは、ナチが足を引っ張り、余計なことをしたせい

どう考えても日本にとってはユダヤ人の方がありがたいんだが
ナチスを有り難がっている人は、日本がめちゃくちゃキライなんだろうと思う
31  不思議な名無しさん :2019年03月14日 23:56 ID:xEmKw4Aw0*
こうして写真で直近150年の出来事を見るにつけ、つくづく歴史ってのは痛みと愚かさの蓄積でしかない。
首にロープが回された少女とナチスの男達の画像なんか狂ってるとしか言いようがないのに、こんな組織が圧倒的に支持されたんだからな。
32  不思議な名無しさん :2019年03月20日 19:49 ID:6xu98TuU0*
>>5
田中静壱大将と杉山元元帥陸軍大将は拳銃自殺だけど、どちらも胸を撃ってる。杉山元帥に至っては、胸に1度に5発撃ち込んでる。
東條英機は、十分威力のある32口径のコルト拳銃を使ったんだけど、体が頑丈だったこと。心臓が普通の人と比べて細かったこと。そして、上の二人とは違ってすぐにアメリカ人の医師によって治療されてしまったことにより生還してしまった。
33  不思議な名無しさん :2019年03月20日 19:52 ID:6xu98TuU0*
>>23
ナチだけじゃなくて、国防軍も割とユダヤ人虐殺に加担してる。あとは、ウクライナやユーゴスラビアとかの東ヨーロッパとか、ポーランドとかの中央ヨーロッパとかでもユダヤ人虐殺が自発的に起こってる。
ユーゴスラビアに至っては、ナチが真っ青になるぐらい残虐な方法で殺してる。
34  不思議な名無しさん :2019年03月20日 19:57 ID:6xu98TuU0*
>>27
無能な小人物ってあんた何を読めば、そう思うんだ?東條英機は調べれば調べるほど優れた人物ってわかるぞ。東條英機を評価するエピソードがオトポール事件しかないって言ってるだけで、あなたの知識が薄っぺらいってわかるぞ。

 
 
上部に戻る

トップページに戻る