不思議.net

怖い話・オカルトまとめブログ

アクセスランキング(5日間)
    本日のおすすめニュース
    本日のおすすめニュース一覧
    41

    『スクリューの異物』『B29が戦っていたモノ』他 海にまつわる怖い話・不思議な話

    lonely-821489_960_720


    452: 本当にあった怖い名無し 2008/12/03(水) 01:21:39 ID:7RsU+P6YO
    スクリューの異物
    スレ違いかもしれないんですが、海に関係する変なん話しを
    長くなるので分けます
    職場の後輩が高校時代に実際に体験した話し
    後輩の高校は船乗り?の養成やってる学校で実習で実際に船にのって海に
    も出てたそうです
    これはグワムだかハワイだかへの遠洋実習のときの話しです

    つづく

    引用元: 海にまつわる怖い話・不思議な話 12



    454: 本当にあった怖い名無し 2008/12/03(水) 01:30:13 ID:7RsU+P6YO
    >>452のつづき
    航海から何日かした早朝に突然、船が航行不能になりました
    船長、教官以下で原因究明したところ、機関には異常はないが
    スクリューが動かないことが判明しました
    船尾から観察したところどうやらスクリューに異物がからまったとのこと
    つづく

    455: 本当にあった怖い名無し 2008/12/03(水) 03:20:53 ID:NfoHFYzWO
    >>454のつづき
    異物は50~60㎝ほどの、黒く細長い海藻のようだが
    その先に鯛の死骸のような白い物体を捉え、水中に
    揺れていました
    白い物体から海藻が生えているようにもみえます
    小魚がつつくその物体を、教官がデッキブラシの柄で転がすと
    つづく

    457: 本当にあった怖い名無し 2008/12/03(水) 06:51:20 ID:7RsU+P6YO
    >>454つづき
    船尾から観察するかぎりなにか大きいものがスクリューに巻きついて
    よく見ると大型のイカからしかった
    巻きついていない触手が海に漂っているが長さは少なく見積もっても
    15m以上はあった(基準は船体で約50mだったそうです)
    イカの本体は船体の下に入って確認できず、おそらくすでに死んでいる
    スクリューを逆転させても触手は排除できず、直接取り除く以外ない

    つづき

    460: 本当にあった怖い名無し 2008/12/03(水) 08:32:17 ID:7RsU+P6YO
    携帯でカキコなもので‥
    >>457つづき
    結局、ロープとカラビナでダイバー要員が二人ナイフとノコギリを持って
    潜行作業のため海中へと消えていきました
    2~3分でダイバーが一人浮上し作業は困難で一時間以上はかかるのと
    絡まっているのは見たこともないくらいの大型のイカであると言った
    ダイバーは作業に戻り浮き沈みしながら30分ほどたったころ突然二人の
    ダイバーが一緒に浮いてきて何か叫んでいます

    つづく

    461: 本当にあった怖い名無し 2008/12/03(水) 08:47:43 ID:7RsU+P6YO
    >>460つづき
    ふたりは「はやくあげろ!」と叫んでいました
    わけもわからず船上で数人が二人のロープを引き上げました
    最中に船に少し大きめの衝撃に続き地震のような揺れがありました
    それはダイバーを引き上げた後も数秒続き、最後にまた大きな衝撃と
    ともにおさまりました
    船上のいる者は一斉に海中を覗き込みます
    みな声を失いました

    つづく(仕事なのでお昼にカキコします)

    468: 本当にあった怖い名無し 2008/12/03(水) 15:05:27 ID:7RsU+P6YO
    あんまり期待しないでください
    >>461つづき
    船長以下が水面に見たものは巨大なイカの本体部分とそれをくわえた
    有り得ない大きさの鮫の魚影でした
    水深は約3mほどを目算で畳六畳ほどのイカと体長20mほどの鮫の魚影
    シルエットでしか目視していないが間違いなくホホジロザメに似た形
    それはそのまま海底へと消えていったそうです
    おれはこの話を聞いたときマッコウクジラかジンベイを見間違ったのでは
    と疑いましたが、同乗していたベテランも当のダイバーも間違いなく
    ホホジロザメだと譲らないし、ジンベイがそんな大きいものは食さない
    とのこと
    結局スクリューはシャフトを曲げられ作動不能になった
    おそらく鮫らしきものが絡まったイカを無理やり引きちぎったのが原因
    らしい

    つづく

    469: 本当にあった怖い名無し 2008/12/03(水) 15:22:36 ID:7RsU+P6YO
    >>468つづき
    すったもんだして救難信号で通りかかった日本行きのオーストラリアの商
    船に牽引してもらい数日後には日本に帰国したそうです
    スクリューに絡まったイカの足はほとんど消えていたそうです
    さて、彼らの見たものはいったいなんだったのでしょう?
    いったい船長はどう報告して、航海日誌にはなにを書いたのか
    興味が湧きます

    心霊とかじゃなくてUMA系のはなしでした
    長文静聴ありがとうございました
    あと、祖父に聞いた似たようなはなし(こんどはお空でのはなし)も
    あるんですが、どこのスレに書いたらいいでしょうか?

    おわり

    470: 本当にあった怖い名無し 2008/12/03(水) 16:24:48 ID:6RVzDHJg0
    レポ乙です
    でっかいホオジロザメって言うとメガロドンの可能性があるな

    https://ja.wikipedia.org/wiki/メガロドン

    480: 本当にあった怖い名無し 2008/12/04(木) 13:59:37 ID:0NnMj6b6O
    B29が戦っていたモノ
    ではつぎ祖父のお話書きます。海とは関係ないが東京湾近郊の空での話

    これは祖父が太平洋戦争時に体験したおはなしです
    現在祖父は95歳で介護老人ホームに入所してます
    このはなしを聞いたときにはすでにすこしボケはじめていたのを了承ください
    祖父は当時、おそらく海軍の航空隊に所属しており夜間攻撃機の操縦士を勤めていた
    はっきりは聞かなかったがおそらく「月光」という夜間攻撃機らしい
    夜間に飛来するB29爆撃機を迎撃するのが主任務だったそうです

    つづく

    481: 本当にあった怖い名無し 2008/12/04(木) 14:18:11 ID:0NnMj6b6O
    >>480つづき
    たしか横須賀だったかに所属みたいなはなしをしてました
    昭和19年のおわりくらいから首都圏も爆撃が盛んになってきて
    あけた終戦の年の昭和20年3月10日(俗にいう東京大空襲)でした
    前日の夜23時ころに空襲警報が発令されたがなぜか解除され呆けてると
    日付も変わり午前0時半ばころ再び空襲警報と出撃命令が発令された

    つづく

    485: 本当にあった怖い名無し 2008/12/05(金) 08:16:24 ID:pAo+nceMO
    >>481つづき
    祖父と電探士(レーダー操作のひと)ともう一人(なんのために乗ってるか不明)の三人で出撃
    高度を上げ東京方面に機首を向けるとすでに東京は火の海だったそうです
    空は火災の炎で真っ赤に染まり煙は高度何千メートルにもおよび
    上昇気流が凄まじく首都圏上空は飛行困難でした
    祖父は必死で操縦と目視による索敵をはじめ機首を西に向けたときです

    つづく

    486: 本当にあった怖い名無し 2008/12/05(金) 08:28:23 ID:pAo+nceMO
    >>485つづき
    電探士がレーダーに感ありを祖父に告げました
    電探士の誘導にて操縦すると首都圏からはなれ東京湾上空にでました
    しばらくするとかなりの抵高度で機関銃の曳光弾(夜でも光の尾を引くたま)
    を吐き出す機影を発見しました
    どうやら戦闘中らしいが機影はその機体以外確認できない
    祖父は敵味方識別のため接近をこころみた
    あまり近づきすぎるとこちらが攻撃される可能性があるので少し間を置く
    しかし妙な事に気がついた

    つづく

    487: 本当にあった怖い名無し 2008/12/05(金) 08:39:06 ID:pAo+nceMO
    >>486つづき
    間違いなく敵機B29であるのは確かであった
    四発あるエンジンのうち三発から煙を吐いている満身創痍のようだ
    それよりおかしいのは機体中央部から機関銃を上空に向けて撃っている
    そもそも敵機の上空には機影はない
    それ以前にB29の機体中央部には機関銃の砲塔は存在しない
    さらに接近を試みた
    そして祖父は見た、見てしまったと話していました

    つづく

    489: 本当にあった怖い名無し 2008/12/05(金) 09:32:41 ID:pAo+nceMO
    >>487つづき
    B29は機体中央部を激しく損傷しており天井装甲が剥離しており中はまる見えであった
    おそらく旋回砲塔から取り外した機関銃を機内から米兵がなにかに向けて撃っている
    銃口の先にはありえないものがいた
    体は人間ににているが痩せこけて体毛は確認できない
    肌は浅黒く顔はひととも獣ともつかない
    耳はとがりまるで悪魔的な‥
    背中には翼をはやしまるでコウモリのようだ
    それよりおどろいたのはその大きさだった
    目算(また?)で身長は約5m以上で翼を広げた幅は20mはあろうか‥
    こいつは片手に首のない米兵の死体をぶらさげ片手で機体にとりつき
    機内の米兵をねらっているようだった

    つづく

    493: 本当にあった怖い名無し 2008/12/05(金) 14:25:54 ID:pAo+nceMO
    >>489つづき
    祖父は電探士に意見を仰ぐも信じられないの一辺倒もう一人の搭乗者はその位置からは確認できず
    祖父は攻撃しようと(どっちを?)考えたが月光の機関砲は機体真上の前斜めに設置されており
    攻撃は背面飛行でもしないかぎり不可能である
    祖父はこれ以上関わるのは危険と判断し離脱を決心した
    というより逃げ出したそうです
    遠くに見えるB29はどんどん高度が下がるしかし米兵は戦闘をあきらめる
    ことはないようで曳光弾の軌跡が上空に吐き出される‥
    最後まで見届けることはでかなかったそうです
    事後は都心部にむかい迎撃任務にもどるがこころここにあらず
    早朝に基地に帰投したそうです

    つづく

    494: 本当にあった怖い名無し 2008/12/05(金) 14:44:01 ID:pAo+nceMO
    >>493つづき
    早朝帰投し報告を終える「戦果なし」例の件は報告できなかった
    同乗者には口止めをした
    話したところで信用されないしもの狂いと思われるのが関の山
    祖父は墓場までこのはなしを持っていこうとおもっていたそうです
    おれが小学生の夏休み宿題のため
    祖父の戦時中のはなしを作文にするため
    たまたま聞けたお話です
    これは自分の家族や親戚にも話したことはありません
    それは何のために日本上空で米軍機を襲っていたのか?
    怖いというより疑問がのこります

    おわり
    長文清聴ありがとうございました
    まだネタはあるのでいつかまた違うスレで投下します

    498: 本当にあった怖い名無し 2008/12/05(金) 18:33:53 ID:6zlt2Q4FO
    イカとサメも面白かったが、
    これも何とも言えない味わいがある話だな。
    マジ面白かった。
    またそのうち楽しみにしてます。

    505: 本当にあった怖い名無し 2008/12/06(土) 07:40:54 ID:dLboMENMO
    助けてくれた狐
    おれはいま北海道に住んでいます
    知り合いに趣味で狩りをしている方がいまして
    その方から聞いた山での不思議なおはなしをかきます
    少し地味です

    つづく

    506: 本当にあった怖い名無し 2008/12/06(土) 07:48:00 ID:dLboMENMO
    >>505つづき
    彼は趣味といえど狩歴20年のベテランで主に道東(北海道の東のほう)を
    ホームグランドに鹿狩りを行っており、狩猟期間が解禁になると
    毎週のように山に分け入る生活をしています
    ある秋のに体験したおはなしになります

    つづく

    507: 本当にあった怖い名無し 2008/12/06(土) 07:59:33 ID:dLboMENMO
    >>506つづき
    早朝から山に入り慣れた森林に踏み入りました
    散弾銃と鉈と少しの食料と秋といえど北海道は
    寒いので防寒対策は怠らず、2日前より風呂に入らない
    これはげんかつぎと石鹸臭さは野生動物に臭いで感づかれないためらしい
    足跡などの痕跡を見逃さぬようそしてなるべく音をたてないよう
    慎重かつ大胆に

    つづく

    508: 本当にあった怖い名無し 2008/12/06(土) 08:13:02 ID:dLboMENMO
    >>507つづき
    一時間に2km歩く速度で移動します
    痕跡はみつかるが古いものばかりでそうこうするうちに昼近くに
    なるころに足跡とは違う痕跡を見つけました
    獣臭がする
    間違いなくヒグマの臭いです
    やばい
    彼に言わせればヒグマは特に珍しいものではないのですが
    秋口と春先のヒグマは冬眠前後は凶暴になる可能性が高いので困るらしい
    つづく

    509: 本当にあった怖い名無し 2008/12/06(土) 08:26:22 ID:dLboMENMO
    >>508つづき
    ほどなくして獣臭のもとを見つけました
    木の袂に土を掘った形跡がありキツネが中途半端に埋められていました
    木には爪を研いだあととヒグマの体毛と糞尿らしき形跡
    マーキングです
    これは警告です
    ここはおれさまのもので近づくことまかりならんということだそうです

    つづく
    仕事いくんですこし中断します

    511: 本当にあった怖い名無し 2008/12/06(土) 15:51:25 ID:dLboMENMO
    >>509つづき
    そしてまずいという理由がもうひとつありました
    彼はヒグマに対抗する手段をもっていません
    散弾銃は持っているが弾は四発だけです
    重くなるのを嫌い最小限の装備でさらに鹿用の散弾しか所持してません
    ヒグマのぶ厚い皮膚と筋肉を貫通し致命傷を負わせるには心もとない
    彼はあきらめて帰ることにしました

    つづく

    512: 本当にあった怖い名無し 2008/12/06(土) 16:02:43 ID:dLboMENMO
    >>511つづき
    ほどなく帰り道で正午をむかえました
    昼食のため彼は適当な場所をさがすと座れそうな倒木をみつけました
    ここで座って食事となりました
    リュックからパンと麦茶をとりだします
    もぐもぐごくりとやっていたところ突然あしもとに気配を感じました
    みると子ギツネが二匹靴にじゃれついていました
    どうやら倒木の根元に巣穴があるらしくそこから出てきたようだ
    まだ産まれてまもないのだろうか、ころころのもはもはである

    つづく

    513: 本当にあった怖い名無し 2008/12/06(土) 16:14:30 ID:dLboMENMO
    >>512つづき
    パンをひとつまみして子ギツネにあたえてみるとひと嗅ぎしてむさぼる
    サバ缶も開けてあたえてみるとなかなかの食いつきであった
    そのとき
    横目に映った
    しまった油断しすぎた
    約5m先のやぶからヒグマが現れた
    風下から接近されたので臭いで気づくことができなかった
    しかも成獣だ

    つづく

    514: 本当にあった怖い名無し 2008/12/06(土) 16:25:48 ID:dLboMENMO
    >>513つづき
    銃は手元にはない
    一足等の距離にあるが動けない
    いや、動いてはいけないのである
    急激な動作はヒグマを刺激する
    この距離で飛びかかってきたら銃を手にした時にはズタズタにされる
    それ以前に弾がこめられていない
    左胸ポケットに四発おさまっている
    まず目が離せない
    ヒグマもこちらに目を合わせいる
    子ギツネがキューと鳴く
    まずい(冷や汗)
    そのときいきなり背後に気配を感じた

    つづく

    515: 本当にあった怖い名無し 2008/12/06(土) 16:38:33 ID:dLboMENMO
    >>514つづき
    なんだこの気配は?
    今まで感じたことのない寒気がはしる
    背後を見たい衝動にかられたとき
    「動かないで」
    女性の声がした
    心臓がくちからとびだすかと思うぐらい驚いた
    そのときヒグマが立ち上がった
    体長2.5mはあろうか
    威嚇している
    鼻からブフーッと息をもらし興奮しているようだ
    背後の気配がいきりたつ
    周囲の気温がいっきに下がったように感じた
    ヒグマが四つ足をつき目を離した
    おびえている

    つづく

    516: 本当にあった怖い名無し 2008/12/06(土) 16:45:02 ID:dLboMENMO
    >>515つづき
    子ギツネがキューと鳴いた
    ヒグマは回れ右で再びやぶの中に消えていった
    しかし彼はまだ動けない
    背後の気配がまだ消えない
    「たのみます」
    また女性の声がした
    同時に気配も消えました
    子ギツネが靴ひもにじゃれついている
    彼はその場にへたりこみました

    つづく

    517: 本当にあった怖い名無し 2008/12/06(土) 17:11:34 ID:dLboMENMO
    >>516つづき
    彼は混乱する頭をかかえそして空気的に二匹の子ギツネをかかえて下山
    帰りのクルマのなかで子ギツネが癒やします
    二匹は養うことに決めました
    そうしなければならないと感じたそうです
    そんな彼ですが定職はありません
    この事件のあとパチプロとして生計をたてています(現在も)
    不思議とギャンブル運に恵まれるようになり、バカ勝ちしないが1日の儲
    けは地味ながら五千円~一万円でその事件以降はパチンコで負けたことは
    ないそうです
    おれも二匹のキツネには合わせてもらいました
    同居して五年くらいになるそうです
    キツネなのにかなりデブちんで人なつっこいやつらでした

    おわり

    518: 本当にあった怖い名無し 2008/12/06(土) 17:18:40 ID:dLboMENMO
    追伸
    すこし説明不足でした
    おそらく埋められていたキツネは親ギツネだったのでしょう
    彼は幽霊とか信じるタイプではありません
    でもキツネは可愛がります
    溺愛してますよ

    長文清聴ありがとうございました
    また書きます

    526: 本当にあった怖い名無し 2008/12/06(土) 19:07:06 ID:suC3n50c0
    女性の声の主は母狐の霊ってところか

    366: 本当にあった怖い名無し 2008/10/26(日) 18:46:01 ID:HGXtnWfg0
    それでは海にまつわる不思議な話を

    俺は海なし県から毎週海に通うほどの釣り好きなんだけど
    秋から早春にかけてのスズキ釣りしか海に行かない
    不思議なのは人生の節目に大漁の年が来る
    今までで一番大きなスズキは92センチ、それを釣った年には彼女に捨てられた
    そして嫁と知り合った

    数年前には行く度に大物が釣れた
    平均で80センチ以上、行く度に2匹から3匹、多いときは5匹
    その年にはうつ病を患って自殺未遂
    会社も辞めて半年は一人で外出できなかった

    今年は悲しいかな一匹も釣れない
    それは運命なのか腕なのか、判断に迷っている

    368: 本当にあった怖い名無し 2008/10/27(月) 22:14:23 ID:kLkCALymO
    >>366さんは、もう釣りやらない方がいいんじゃないかな?かな?

    今度でかいの釣ったら嫁に捨てられるかもよ…?

    369: 本当にあった怖い名無し 2008/10/27(月) 23:12:37 ID:/bc/Qh/00
    >>368
    やっぱりそう思う?
    俺もそう思うんだ

    しかし釣りってのは辞めることが難しい
    しばらく行かないと夢に出てくるんだよ
    あんなに楽しいことって他に見当たらない

    370: 本当にあった怖い名無し 2008/10/28(火) 02:30:45 ID:O5dwOxhfO
    >>369
    単に因果応報に悩まされ、釣りを心から楽しめていないから釣れないんだと思う。
    人生自分の好きなことやらないで何するの!

    393: 本当にあった怖い名無し 2008/11/02(日) 13:29:59 ID:URH2y4rx0
    妹が以前バイトしてた海沿いのホテルは
    幽霊が出ると従業員達の間でもよく言われていたそうだ。
    実際、妹も客が出た後に部屋の掃除をしに行きドアを開けたら
    ベットに黒服の男性が俯いたまま座っていたのでまだ客が
    いたのかと慌てて「すみません!」と言ってドアを閉めた。
    でも「あれ?おかしいなぁ…」とまたすぐドアを開けたら
    ベットに男性はおらず、部屋中を確認したんだけどやはり
    どこにも男性がいなかった。フロント係りに言ったら
    「そういう事はよくある。お客からもこの部屋幽霊が出るって
    たまにクレーム来るんだよ~」と言われたとか。

    657: 本当にあった怖い名無し 2009/01/09(金) 23:59:59 ID:bDg8/PeZ0
    やっと帰れる
    あれは初めてラフィティングに挑戦した時のこと
    ラフティング=ゴムボートで急流下りね 
    8人乗りのボートが6槽あって私達は先頭のボートだった
    川の流れは予想以上に激しくて翻弄されたけどスリリングですごく楽しかった
    状況が一変したのはガイドの あれ、何だ?の一言からだった
    見ると黒いボーリングの玉みたいなのが浮いてる? ん? 頭!!!
    よく見るとうつ伏せで浮かんでる男の人だった
    全員氷ついた 衝撃のあまり悲鳴あげる人すらいなかった
    他のボートをストップさせ なぜか私達のボートだけで彼を追い始めた
    レスキューすればまだ助けられるかもしれないって思いもあったと思う
    必死でオールを漕いだけどなかなか追いつけない
    一部の女の子が泣き出した 私が思わず
    がんばって!まだ間に合うかもしれない って言った瞬間だった

    嫌だ 嫌だ このまま流されるのは嫌だ 海の藻屑になるのは嫌だ
    帰りたい 家に帰りたい ここは嫌だ 寒い 冷たい

    って声が聞こえた 頭の中には水の中から彼を追いかけてる私達の映像が
    はっきりと見えた まるで私自身が流されてるかのようだった 




    658: 本当にあった怖い名無し 2009/01/10(土) 00:39:41 ID:p8pWfeWd0
    そんな白昼夢?の中でも私の意識ははっきりしていた
    その時 スゥ~っと彼が私の元に流されてきた
    彼の着ていたフィッシングベストをオールに引っ掛けて
    つかまえた~!って叫んだらガイドが飛んできた
    ガイドと二人で彼を引き上げた瞬間 彼のシャツがめくれあがった!
    そこには 赤・青・紫の死斑がブワァァっと浮き上がってた!!
    手は白蝋のように真っ白でグローブのように膨れて皮がベローンと垂れ下がってた
    レスキューどころじゃない 完全に逝ってる!
    でもとりあえず彼をボートに引き上げた が、しかし
    すごい悪臭が漂い始めた マズイと思いつつふと足元を見るとなぜか赤い??
    彼を見たら体中の穴 目・耳・口から血が噴出してる!!!
    みんな青くなった このままじゃボートが血の海になる!!
    みんな死に物狂いでオールをこいでなんとか砂地にボートをつけて
    蜘蛛の子を散らすようにボートから逃げ出した
    やっと帰れる・・・その時 私の口から出た声は低い男の声だった

    659: 本当にあった怖い名無し 2009/01/10(土) 00:55:45 ID:p8pWfeWd0
    その後は警察が来てガイドが事情聴取を受けたり鑑識の人が手袋を赤く染めながら
    彼を調べたりしていた 警察が血まみれのボートを洗ってくれるはずもなく
    ガイド達が半泣きでボートを洗ってくれた

    その晩 彼はしっかり私の枕元に立って頭を下げてた
    この時は声は聞こえなかったけど 翌朝枕元がびっしょり濡れてたw
    海の話じゃなくてゴメン

    858: 本当にあった怖い名無し 2009/03/21(土) 12:08:28 ID:bZBCrc9x0
    >>659
    土左衛門が鼻血を出すのは、喜んでいる印らしい
    昔から漁師の間では、土左右衛門を引き上げた船には
    必ず幸運が付いてくるらしい、何でも引き上げた土左衛門のお礼らしいよ。

    751: 本当にあった怖い名無し 2009/01/26(月) 03:25:13 ID:ky6NWv1n0
    沖縄で流木に笑われたことがある。
    毎年梅雨明けに石垣島まで旅行に行くんだが、石垣から竹富島に移動して、
    誰もいない砂浜で日差しを避けて木陰の下に半分埋もれた流木にもたれてのんびり海を見ていたら、
    流木の中から「ぎーひっひっひっひっひ」って声が聞こえてくる。
    ギロっていう、空洞の木の表面にギザギザつけた楽器があるけど、あんな感じの音とも声ともつかないものだった。
    最初はヤドカリかカニかなんか、変な生き物がいるのかと、
    その流木をどけてみたり周囲の砂を掘ってみたりしたが、やっぱり声は流木から聞こえてくる。
    「ぎーっひっひっひ」「ぃぎーっひっひっひっひ」
    たっぷり五分ほど笑った後、声はぷっつりと途絶えた。怖いというより、妖精かなんかにバカにされた気分。

    827: 本当にあった怖い名無し 2009/02/24(火) 21:16:40 ID:MMRtU3kL0
    怖い話ってほどじゃないんだけど
    小さいころ海の近くの小さい水族館みたいなところで
    魚にさわったりできるところがあったんだよ
    そこで茶色い矢印みたいな20センチくらいの魚みたいなのがいたんだよ
    シュモクザメみたいだけど先がとがってて目は先端についてなくて
    そんで何年後かして急にそのときのこと思い出して「あの魚なんて名前なんだろうな」
    って思って図鑑で調べたけど乗ってなかったんだよ
    いろいろ調べても見つからなくてレアな魚なのかなーって思ってたんだけど
    ある日ネットでその魚に手足が生えたような画像みつけたんだよ
    そんで「この魚見たことある」って書き込んだら「これはとっくに絶滅した生物」みたいな
    レス返ってきて驚いた
    結局あの魚は何だったのか・・絶滅したやつを蘇らせたとか?

    830: 本当にあった怖い名無し 2009/02/25(水) 09:33:57 ID:1y4/VAaoO
    >>827
    IDがMMR
    つまりその魚は…

    857: 本当にあった怖い名無し 2009/03/21(土) 01:00:02 ID:YkPX6cjtO
    近付く水死体
    にわかに信じられないんだが、うちのおふくろがおふくろの祖父に聞いた話し。
    母方のばあちゃんの実家は漁師の網元だったらしい。で、おふくろの祖父(以降祖父)がよくおふくろに話していたらしい。

    祖父が若い頃、海に出て漁をしていると水死体に出くわすことがあったらしい。
    事故にしろ自殺にしろ、水死体というのは無惨な姿で波間に浮いているんだが、不思議と船に近付いてくるんだそうな。

    当時まだ戦前だから地方の漁師で船外機のついた船なんか乗ってるはずない。引き離そうと必死に漕いでも付いてくるんだそうな。
    小さなてこぎ船で一人で漁をしてるので引き上げるわけにもいかないし、生活がかかってるから漁を中断することもできない。

    そういう時に昔かたぎの漁師にはある種のまじないみたいなのがあったらしい。
    と、いうのは、水死体に手を合わせて「スマンが今から漁をしなけりゃならないから少し離れて邪魔をせんといてくれんか。そのかわり、あんたを何がなんでも陸に帰してやるけん」ってお願いするらしい。
    そうすると水死体はいつの間にか波間に見え隠れするぐらいのところでつかず離れずに浮いているそうな。

    で、漁を終えて帰途につく時に「漁は終ったけん、今から帰るけんの。しっかり付いてきんさいよ」って声をかけて帰るんだそうな。
    すると不思議と水死体はつかず離れずの距離を保って港までついてくるんだそうな。

    祖父が言うには、どんなになっても人間ってのは海にはおられんもんなんだろうって。何がなんでも陸に上がろうとするのが人間の性なんでしょうね。
    以上、長文すみませんでした。

    859: 本当にあった怖い名無し 2009/03/21(土) 23:35:25 ID:eLXfUvMO0
    >>857
    山口県あたりの人?
    赤江瀑「海贄考」って短編小説に同じような話が載ってあった。

    861: 本当にあった怖い名無し 2009/03/22(日) 13:12:49 ID:+oPYt+qRO
    >>859
    レスありがとうございます。
    実家は広島の呉の外れです。
    瀬戸内に古くから伝わる話しなんですかね?
    波の荒い外海だとこんなふうにならないかもしれませんね。

    865: 本当にあった怖い名無し 2009/03/23(月) 04:11:56 ID:YLCNAYYWO
    電話を伝う
    たいしたことない話なんだが。
    俺サーフィンしてるんだが、ちょうど台風後でいい波が来てた8月16日に海に行った。
    で、海には多量のサーファー。みんな普段と変わらず波に乗ってる。
    俺も気にせず海に入ったんだが、直後から酷い頭痛が始まり浜で横になったけど治まらず帰宅。
    痛み止め飲んでも効かず、だんだん酷くなって歩くのも不可能に。
    そしたらいきなり職場のオバサンから電話が。「あんた海行ったでしょ。
    とりあえずこっちに3人引っ張ったから、あんたはゆっくりしときなさい」とだけ言って電話が切られた。

    866: 本当にあった怖い名無し 2009/03/23(月) 04:24:17 ID:YLCNAYYWO
    不思議なことに10分程で頭痛は治まり、何事?と思った俺はオバサンに電話するが電源offのまんま連絡とれず。
    後日職場でオバサンに聞いたら、「なんとなくあんたが絡まれてるイメージが浮かんで電話したの。
    電話伝って来た3人は帰ってもらったから大丈夫よ」と普通に言われた。
    ついでに「あんた霊媒体質だから修行したら?」だと。
    霊が電話伝うのもびっくりしたが、俺が霊媒体質ってのが一番びっくりした。
    だって見えないし、嫌な感じがすることもあるけど気のせいと思ってたし。
    最後にオバサンから「二度と盆明けに海入るな」と忠告受けました。

    以上、怖くないし携帯だし長文だしでスマンですm(_ _)m

    867: 本当にあった怖い名無し 2009/03/23(月) 07:45:35 ID:5xFH87qJ0
    電話伝うんだ・・

    884: 本当にあった怖い名無し 2009/03/24(火) 23:25:35 ID:V7iReauV0
    >>867
    マトリックスみたい

    871: 本当にあった怖い名無し 2009/03/23(月) 17:46:27 ID:DcQEaA3M0
    やっぱお盆過ぎたら海に入っちゃいかんのかね?

    874: 本当にあった怖い名無し 2009/03/23(月) 19:14:24 ID:YLCNAYYWO
    >>871
    865だけど、多分日にちが悪かったんだと思う。
    盆明けで帰る霊に引っ張られるって言われた。もうちょい日にち明けると大丈夫みたいだ。

    あと電話は飛ぶらしい。
    俺の大叔母一家が霊能者?(観音様がついてて時々指示があるらしい、拝んでる時に聞いたことない声で話しだしたりする)で、
    俺病院勤務なんだが用事があって病院から電話すると必ず何人か来るって。
    その度にこっちで祓っとくから~って軽く言われる。

    949: 本当にあった怖い名無し 2009/04/09(木) 11:52:24 ID:UnvTEjUBO
    今日ついさっきの話だ!
    宮城県の原発の近くの寂れた港に釣りに行ったら若いお姉さんが凄い表情で絵を描いていたんだ。俺は若い画家さんかな…くらいの気持ちで釣りを始めたんだが、まったく釣れないもんで暇つぶしにウロウロしてたんだよ。
    そして何気なく彼女の描いてる絵を見たら…びっしり顔で(しかも苦悶の表情の)埋まってた…海なんて一個も描いてない。
    なのに本人はまるで写生するみたいに時々海を見ながら描いてる。
    俺はなんだか怖くなって逃げるように帰ってきたんだ…


    不思議ネタ募集中
    不思議.netで扱ってほしいネタ、まとめてほしいスレなどがあれば、こちらからご連絡ください。心霊写真の投稿も大歓迎です!
    面白いネタやスレは不思議.netで紹介させていただきます!

    ■ネタ投稿フォームはこちら
    https://ws.formzu.net/fgen/S13082310/










    本日のおすすめニュース1
    本日のおすすめニュース2
    本日のおすすめニュース3

    おススメ記事ピックアップ(外部)

    コメント一覧

    1  不思議な名無しさん :2019年03月14日 22:17 ID:hFjxrmGp0*
    このB29の話は有名な話
    2  不思議な名無しさん :2019年03月14日 22:23 ID:1SBWi.sR0*
    B29の機銃なんて人間が抱えて撃てる代物じゃないし、かといって普通の小銃なら曳光弾なんて物はない。
    組ついてた悪魔よりそっちのほうが気になる。
    3  不思議な名無しさん :2019年03月14日 22:25 ID:YeIAZT6C0*
    B-29の話は面白いけど嘘だろうなぁ もしくは何かと混ざってるか…B-29の防御機銃は12.7mmと20mmだけどどちらもとても手持ちで、しかもフルオートで撃てるもんじゃない
    4  不思議な名無しさん :2019年03月14日 22:52 ID:Cdm1IQfM0*
    戦時中の日本の戦闘機にレーダーなんて付いてたのか?
    5  不思議な名無しさん :2019年03月14日 22:53 ID:oUTAeVVQ0*
    シュワルツネッガーやスタローンみたいな兵士が機銃を撃ってた事にすればいいのに何を真面目に考察してるんだか。
    曳航弾と言うから機銃を思い浮かべたのかもしれないが、軽機関銃も曳光弾を発射してたのかもしれないし。
    6  不思議な名無しさん :2019年03月14日 23:17 ID:Ch9hwljr0*
    *4
    一応、陸海軍ともに機上搭載型を開発していて装備機もあったとされてはいる
    7  不思議な名無しさん :2019年03月14日 23:44 ID:Gm5SnAH80*
    イカと鮫の元ネタはメガシャークvsジャイアントオクトパスかとw
    8  不思議な名無しさん :2019年03月15日 03:44 ID:sTPQp4IO0*
    天狗と戦ったて有名な話だよね、戦闘機に式神の名前つけたり何でもありだったんでしょうね
    9  不思議な名無しさん :2019年03月15日 04:29 ID:KgJhMtgk0*
    5
    あほ?
    10  不思議な名無しさん :2019年03月15日 07:48 ID:mgV0XxLO0*
    827の魚が何か気になる…
    11  不思議な名無しさん :2019年03月15日 08:26 ID:0mdtu73k0*
    月光は二人乗りやで
    12  不思議な名無しさん :2019年03月15日 08:28 ID:0mdtu73k0*
    あ、彩雲夜戦型なら三人乗るな
    13  不思議な名無しさん :2019年03月15日 10:31 ID:VKMooAnw0*
    飛行機の奴はガーゴイル?
    14  不思議な名無しさん :2019年03月15日 10:50 ID:geZvTITO0*
    B29の話はグレムリンだろ
    うちのばあちゃんの兄も死ぬ前に話してたわ
    15  不思議な名無しさん :2019年03月15日 11:34 ID:6A5LOk640*
    戦時中にグレムリンのせいで戦闘機落ちたという話は結構あるな
    整備不良とかで戦わずに落ちちゃった言い訳もあるんだろうけど
    16  不思議な名無しさん :2019年03月15日 11:36 ID:9qAMS4I40*
    >>3
    M2ブローニング単体で38kgだっけ。
    17  不思議な名無しさん :2019年03月15日 11:42 ID:0qaaaci60*
    グレムリンとか飛行機が生まれる前はどうやって生きてきたんだろう
    18  不思議な名無しさん :2019年03月15日 12:21 ID:Fi6a3rd60*
    B-29の話まんまハウルやん
    19  不思議な名無しさん :2019年03月15日 12:47 ID:Cu.sP9i30*
    > 長文清聴ありがとうございました
    に引っかかる
    20  不思議な名無しさん :2019年03月15日 14:29 ID:t9HGYbmQ0*
    949が無事だと良いんだが…あらゆる意味で怖すぎる
    21  不思議な名無しさん :2019年03月15日 15:21 ID:pW2MfSzi0*
    366が海に通っているのは毎週なのか、スズキ釣りの時だけなのか、どっちなんだ?
    22  不思議な名無しさん :2019年03月15日 16:03 ID:.uybWO3F0*
    ※16
    まあ創作に突っ込んでも不毛だけど
    一応不時着時とかに砲塔から引っ張り出して持ち歩けるようになってる
    あとは機体のどっかで支持してやれば一人でも撃てることは撃てるが
    普通は最低2人、基本3人で持ち歩く
    23  不思議な名無しさん :2019年03月15日 21:05 ID:C1GGwsUG0*
    ※10
    その魚に似てる絶滅した生物は多分ディプロカウルスじゃないかな
    24  不思議な名無しさん :2019年03月15日 22:00 ID:i.vNDdeD0*
    B-29の話は妖怪が日本のために戦ってたという感じに捉えると感動的
    25  不思議な名無しさん :2019年03月15日 22:08 ID:Lc5VYcOY0*
    語り口調の雰囲気が好きだわ
    良いストーリーテラー
    26  不思議な名無しさん :2019年03月15日 23:30 ID:cesvO0eS0*
    最後のやばいな
    27  不思議な名無しさん :2019年03月16日 07:14 ID:6iV0hmbf0*
    『B29が戦っていたモノ』
    当時の本土防衛を担った戦闘機乗りたちは昼夜問わない攻撃に対しヒロポンで戦意を高揚させて出撃してたから数多くの幻を見ていた
    ちなみにヒロポン出撃の効果は絶大だったそう
    28  不思議な名無しさん :2019年03月16日 19:40 ID:4XKLLli90*
    >>16
    しかも4連装だしな。
    29  へそ吉 :2019年03月16日 21:06 ID:ztF4y8oY0*
     1945年3月10日の東京空襲の際、アメリカ軍は日本の対空砲火や戦闘機が弱体である事、焼夷弾の搭載量を増やす事などから、B29の機体から機関銃・機関砲をすべて取り外しました。
     東京空襲に来たB29が機関銃を撃っていたなんて、創作もいいところ。
    30  不思議な名無しさん :2019年03月16日 22:36 ID:e3OkwC.c0*
    >>27
    アメリカはアメリカでMDMAとか使いまくってたしお互いにラリってるというね。そりゃフー・ファイターも出るわ
    31  不思議な名無しさん :2019年03月16日 22:39 ID:RCyC.ixy0*
    >>4
    月光は戦争終盤には対空レーダーを搭載した個体が大半だったらしい
    対空レーダーっていっても現代のパラボラとかフェイズドアレイじゃなくて八木アンテナみたいなやつだけど
    32  不思議な名無しさん :2019年03月17日 18:31 ID:hZpxrB7a0*
    ※29
    今更だけどマジレス
    外したのは全部じゃなくて尾部~後方下部は残しておいた
    敵機に付かれる可能性もあったし、なにより地上を掃射できるから
    当時の人の手記とか読むと低空飛行で機銃掃射食らった話もかいてある 
    33  不思議な名無しさん :2019年03月21日 13:05 ID:OnpgpNin0*
    女川原発か…
    34  不思議な名無しさん :2019年03月22日 22:20 ID:t9Kto2Of0*
    最後は東日本の…
    35  不思議な名無しさん :2019年03月23日 11:05 ID:baaarTNd0*
    B-29って東京で空襲したあと、蔵王連峰の最南端の山、不忘山に激突して大破したよ。
    後に慰霊碑も作られ、おととしだったかな、ケネディ駐日大使も訪れたよ。終戦の日かなんかの番組の中継で見た。

    実家が不忘山からそう遠くないんだが、当時じいちゃんがチャリで墜落地点まで行って見てきた言ってた。
    機体の残骸と肉片が転がってて、全員即死が見てとれたって。
    日本のより高性能な戦闘機が高くもない山にぶつかるなんて、霧でも出てたのか?燃料だとしても、途中で切らすような量なんて積ませて飛ばさないだろうって不思議に思いつつ、蔵王が仇をとってくれたんだ!という理論に、当時至っていたようだ。
    36  不思議な名無しさん :2019年03月23日 11:08 ID:baaarTNd0*
    >>35
    墜落した時間帯は夜です。抜けてた。
    37  不思議な名無しさん :2019年03月28日 00:57 ID:lSI1OhAx0*
    >>34
    一読して直ぐに、女川町で御亡くなりになった方々を写生してたと解った(私自身、震災当年の11月から翌2012年9月まで女川原発に仕事で通っていたので、あの近辺は良くわかる)。
    その若い女性は、啓示を受けて未来を予言する、謂わば巫女さんの様な能力を持っていたのではないかと思う(私の母や母方祖母も、時々夢や直感の様なもので先々の事を当てていた)。
    であるから、「約2年後(!?)」の情景(風景では無い)を写生していた、と思われる。
    因みに、私自身初の心霊現象を、宿が有った石巻市(わたのは地区)で体験した。
    其れは、22時頃国道沿いのファ〇マに歩いて行く途中、店の南西側の家から人が「くしゃみした声」が聞こえた(宿からコンビニ周辺までの民家は、ほぼ津波で流され壊滅状態)。
    まだ寒い時期(確か2月か3月)なのに、何で窓開けて家に居るのかな?と思い近づいて見ると、その二階建ての民家は中ががらんどうで真っ暗だった…。(一応、人が居るか確認したがいるはずも無し)
    亡くなった方は、寒い思いしたのかなといたたまれない気持ちになった、当時の思い出です。
    38  不思議な名無しさん :2019年03月29日 15:10 ID:1.seBKay0*
    *8
    烏天狗と八咫烏は同じ者ではないか
    とか言われてるね。
    ゴブリンとか西洋風な者ではなく
    やはり日本のUMAだから烏天狗だったのかな?って考えると納得できる。
    ちなみに八咫烏はとてもとても大きな鳥らしいよ。
    それが日本を助ける為に戦ってくれてたのかと思うと、感動するわ(笑)。
    39  不思議な名無しさん :2019年03月29日 15:19 ID:1.seBKay0*
    *38
    ゴブリンじゃなくてガーゴイルの間違いです。
    失礼しました。
    40  不思議な名無しさん :2019年03月30日 06:23 ID:m.4W3OXl0*
    東京の空襲の時?
    で、近くの天狗だとすると、高尾山の天狗?
    41  不思議な名無しさん :2019年03月30日 12:11 ID:rf0do5YH0*
    *38
    八咫烏と、烏天狗は同じもの...

    そういえば、烏天狗を遠目で見たら
    大きな烏に見えるもんね。
    烏天狗というかガーゴイルには尻尾があるようだから
    それが遠目には脚が3本ある烏に見えたのかも知れない。
    (八咫烏は3本脚)

     
     

    次の記事

    怖い社長の話

    topページに戻るボタン

    不思議ネット
    とは

    不思議.netでは怖い話・オカルトから科学ネタまで、2chを中心に世界の不思議な話題をお届けしています。普段2chを見ない人でも気軽にワクワクできる情報サイトをっころがけて毎日絶賛更新中!