まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

オーパーツさん、解明されすぎるも実はガチの物が存在していた!

2019年03月16日:08:10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 139 )

1: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 04:46:30.78 ID:enov2gr70
炭素測定器、オーパーツのロマンをことごとく破壊してしまう


水晶ドクロ!
最近作られただけだぞ
no title


モヘンジョ・ダロ核攻撃滅亡論
ガイガーカウンターは反応しないし汚染体もないぞ
噴火の跡が見つかったぞ
no title


バクダット電池!
偶然だし実用できる発電量はないぞ
no title

古代クロムメタル刀剣!
中国の業者が売れ残りを投棄しただけだぞ
no title

ガラス化した街!
噴火の煤がガラスに見えるだけだぞ

カブレラ・ストーン
1940年に作られたお土産だぞ
no title

アンティキティラデバイス
紀元前に作られた天体測定端末の一部だぞ
地動説を元に作られていて六曜星の動きを1/37000000の誤差の精度で予測するほか
現代では認知されていない16種の天体の予測装置がついてるぞ
失われたであろう大部分はいまだに明らかになってないぞ

アンティキティラ島の機械

アンティキティラ島の機械は、天体運行を計算するために作られた古代ギリシアの歯車式機械。

この機械は1901年にアンティキティラの沈没船から回収された。ただし、その複雑さや重要性は何十年もの間気づかれることがなかった。紀元前150 - 100年に製作されたと考えられており、同様な複雑さを持った技術工芸品は、その1000年後まで現れることはなかった。

アンティキティラ島の機械に関する最新の研究を指導しているカーディフ大学のマイケル・エドマンド教授は「この装置はこの種のものとしては抜きん出ている。デザインは美しく、天文学から見ても非常に正確に出来ている。機械の作りにはただ驚嘆させられるばかりだ。これを作った者は恐ろしく丁寧な仕事をした。歴史的にまた希少価値から見て、私はこの機械はモナ・リザよりも価値があると言わねばならない」としている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/アンティキティラ島の機械

アンティキティラ
現代より進んでた古代文明って本当にあったのか?
http://world-fusigi.net/archives/7252234.html

引用元: 【悲報】オーパーツさん、解明されすぎて終わる





6: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 04:48:02.31 ID:k3/mPZUI0
ガチのオーパーツで草

7: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 04:48:05.91 ID:64aS9DlR0
アンティキティラの機械だけガチやん

9: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 04:48:27.69 ID:7vJfWPlR0
まだ最後の砦残ってるやんけ!

11: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 04:49:34.86 ID:OniqmQP50
アンティキティラ有能

14: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 04:49:54.51 ID:QFk9z+l7d
やっぱ古代ギリシャって神だわ



260: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:16:42.04 ID:IPC4MHvMa
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?curid=3022700
>>1
クロムメッキ刀剣はガチなんだよなぁ

269: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:17:28.21 ID:haO+qq2R0
始皇帝のクロムメッキだけはまじで謎

16: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 04:50:03.47 ID:K6AcIEJG0
モヘンジョ=ダロは超高度な技術によって隠蔽されているだけでは?

古代核戦争説(モヘンジョダロ遺跡)

インダス文明の古代都市モヘンジョダロの遺跡は周囲5平方キロの広大な遺跡であるが、現在発掘が進んでいるのは全体の4分の1ほどの地域である。

遺跡で見つかった白骨遺体46体は突如、死がやってきたような状態であった。そのうちの9体には高温で加熱された跡が残っていた。

また、『ラーマーヤナ』の記述に基づき戦闘の日時と場所を特定した研究者によると、炭素14の分析もして戦いの期間を紀元前2030年から紀元前1930年の間と特定したものの、モヘンジョダロにおいては400年程度の食い違いが見られるという。ずれの可能性としては放射能の影響が考えられるがはっきりしない。

(中略)
このような広範な範囲の砂が溶けてガラス化するという現象はこれまで自然界では見つかっておらず、同様の風景は今のところ地表で核実験が行われた場所(砂漠)でしか見つかっていない。

wiki-古代核戦争説-モヘンジョダロ遺跡の項より引用-より引用
関連:モヘンジョダロ
関連:世界に残る古代核戦争の痕跡 - 人類はかつて滅びたか
Mohenjodaro_Sindh

17: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 04:50:14.55 ID:hZer6C4y0
古代ローマの都市だけでも
当時の日本の暮らしと比べたら十分オーパーツやと思うんやが

21: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 04:52:32.15 ID:tTRdsC+60
紀元前の技術がそんなに優れてるんならなんでしょっぱいギアしか遺産が残ってないねん

24: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 04:53:18.21 ID:lUzDVr640
>>21
2000年後にガラケーが精巧に残ってると思うか?

43: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 04:57:07.03 ID:PYyboLhd0
>>21
20年前だかの初期型MACが何百万で売れるんだからもっと前の歯車なんてちゃんと残ってるはずがないんや

25: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 04:53:59.81 ID:fmKqjn/S0
フィラデルフィア実験ってなんや?
no title

フィラデルフィア実験

フィラデルフィア実験―第二次大戦中の1943年、アメリカ海軍によって行われたというこの実験は、軍事技術者やUFO研究者のみならず、一般にもその名を知られている。だが、フィラデルフィア実験について書かれた文献は極めて少ない。日本ではチャールズ・バーリッツの『謎のフィラデルフィア実験』が、ほぼ唯一といってよい状況である。

 そこではフィラデルフィア実験はこう描かれている。―戦時中の米国海軍の新兵器開発の現場。駆逐艦エルドリッジにはデガウザーと呼ばれる強力な磁気パルス装置が搭載されている。

スイッチが入れられ、駆逐艦の周囲に強力な磁場がかけられた。するとエルドリッジはみるみる緑色の霧に包まれ、海面に船底の跡だけを残してその姿は全く見えなくなってしまった。さらにエルドリッジはフィラデルフィアからテレポートしてノーフォークに忽然と姿を現し、数分後、再びフィラデルフィアへと戻ってきた―。
http://amanakuni.net/uchu/34.html
https://ja.wikipedia.org/wiki/フィラデルフィア計画


27: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 04:54:19.26 ID:6l4hlWSTa
古代ギリシャの技術力ほんまおかしいやろ
https://ja.wikipedia.org/wiki/アンティキティラ島の機械

この機械が博物館やロドス島の公会堂で一般に向け展示されていた可能性があるとしている。
ロドス島は機械工学、特にロドス島民の専門技術であるオートマタ(機械人形)の展示で知られていた。
古代ギリシャの9歌唱詩人の一人ピンダロスは著作「オリンピック叙情詩」の第7巻においてロドス島について次のように言及している。

"The animated figures stand(命を与えられた人形が立っている)
Adorning every public street(あらゆる街角を飾って)
And seem to breathe in stone, or(石の中で息をするように)
Move their marble feet.(大理石の足を動かすように)"

67: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 04:59:19.75 ID:dIbfnXZt0
>>27
ワクワクする

31: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 04:54:31.09 ID:jG6m+MJl0
アンティキティラデバイスだけほんまもんやん

32: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 04:54:31.81 ID:nPW2FhZ90
ローマの水道がオーパーツやったってのはマジなんかなあ

ローマ水道

ローマ水道(ローマすいどう)は、紀元前312年から3世紀にかけて古代ローマで建築された水道。ローマ水路とも。古代ローマでは、都市や工場地に水を供給するために、数多くの水道が建設された。これらの水道は古代の土木建設でもっとも偉大な業績のひとつであり、古代ローマ滅亡後1000年以上も、これに匹敵するものは作られなかった。現代においても、この古代の水道は多くの都市で実用に供され、実に2000年以上も水を供給しつづけている。

ローマ人は帝国内のどのような大都市でも、水道を建設した。中でもローマは最大の都市であり、500年かけて建造された11の水道から水が供給される、最大の水道の集積地であった。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ローマ水道

Pont_du_gard

33: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 04:54:34.29 ID:AAf6Gmw60
アステカの祭壇って結局どうなったんや
http://karapaia.com/archives/51520958.html

no title

39: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 04:56:42.63 ID:6l4hlWSTa
>>33
カメラの裏蓋が開いて露光しただけ

60: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 04:58:57.81 ID:Imjfro2F0
>>39
取り扱った番組の関係者ばたばた死んどるで
前の日まで普通やったのに翌日ポックリや

75: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:00:36.88 ID:fmKqjn/S0
>>60
こわE

66: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 04:59:18.38 ID:L/VpELiua
>>33
アンビリバボーの心霊企画がなくなったからガチ

42: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 04:57:03.54 ID:g4hpsMdw0
ハンマーの化石とかあったやん
あれはオーパーツとは言わんか

no title

49: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 04:57:57.95 ID:Vjz7SlMM0
アンティキティラ島の機械って難破船から見つかったんやっけな
たまたま発見されたけど当時一つしか作られてなかったんやろか

69: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 04:59:29.72 ID:M9mWkXN50
>>49
そら当時は量産技術なんてないからフルスクラッチの一点物やろうな

52: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 04:58:17.89 ID:havmBvy30
天文学とかいう早熟すぎる分野

62: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 04:59:02.65 ID:3RSIErPXd
マチュピチュはガチのオーパーツや

63: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 04:59:11.93 ID:ng24YTuj0
コスタリカの石球とかもガチ手作業だったんよな

コスタリカの石球

コスタリカの石球とは、1930年代の初め、コスタリカの密林で発見された石の球体である。現在までに200個以上が発見されている。

スペイン語でラス・ボラス・グランデス(大きな玉)。石球のほとんどはタラマンカ山地のふもとに産する花崗閃緑岩が素材であるが、貝殻石灰岩によるものも少数存在する。大きさは直径2センチの小さなものから直径2メートルを超えるものまでと様々である。最大級の石球は重量にして約25トンである。現在、石球の持ち出しや売買は法律で禁じられている。

wiki-コスタリカの石球-より引用
関連:オーパーツ疑惑もあった、コスタリカの「石球」

5-s

74: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:00:30.47 ID:WB+gUvu7p
モアイ像とピラミッドの作り方教えて

83: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:01:59.74 ID:Avp974uEa
>>74
モアイの作り方は知らんけど動かし方は揺らすんや

88: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:02:40.69 ID:MRa91t6OM
>>83
ロープで両側から引っ張って揺らしながら歩かせるんよな
あれ倒れたらどうするんやろ

GIF
no title

155: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:08:49.45 ID:BVyBZXM8M
>>74
モアイが作られた当時はイースター島には木が生えてたんや だからコロで石像を運ぶことができた
島民が無計画に人数を増やしていった結果、島の土壌はどんどん荒れていって焼いて肥料にするために木を切り倒すペースも増えていった
この頃には石像を作ろうとしても途中で放棄されることも増えるようになっていた 作るだけの生活の余裕がなくなったのと、少ない食料を島民同士が争ってバラバラになっていったから 今でも島の一部で集中的に作りかけのモアイが見られるのはそのせい
やがて島は丸裸になり、像をどうやって運んだのかも島民が忘れた頃になって西洋人が上陸して、モアイ像のミステリーが生まれたんや

194: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:11:31.93 ID:WB+gUvu7p
>>155
はえ~詳しいな
サンガツやで

514: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:33:32.45 ID:WbkGnkQ+M
no title

no title

モアイ作ったろ!←わかる
モアイの首から下埋めたろ!←わからない

頑張って背中に文字まで掘ったのに

523: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:34:01.28 ID:VgXIfkw20
>>514

553: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:36:20.84 ID:qngJ9DLW0
>>514
そら儀式だから意味があったんやろ

611: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:40:24.09 ID:siOeeXJdd
>>514
あそこめっちゃ血生臭い歴史の島でお互いのモアイ壊し合いまくってたらしいし
埋めた方が倒されたり壊されにくかったんじゃね知らんけど

86: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:02:15.61 ID:M9mWkXN50
古代中国のクロムメッキ刀剣って墓の発掘調査で出てきた埋葬品やろ?
どこで業者の売れ残りが入り込むんや

越王勾践剣

越王勾践剣(えつおうこうせんけん)とは、中国春秋時代後期の越の王「勾践」が8本保有していた名剣である。1965年12月湖北省江陵県望山1号墓より、そのうちの1本が出土した。

剣の長さ柄8.4センチメートルを含めて55.7センチメートル、幅4.6センチメートル。重量875グラム。剣の両面に菱形の連続パターンが施され、ターコイズと青水晶とブラックダイヤモンドで象嵌されている。

柄頭は11同心円で構成され、剣のグリップには絹が巻かれている。

越王勾践剣は、2千年以上経過したにも関わらず腐食する様子も無く、今でも鋭さを保っている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/越王勾践剣

no title

no title

90: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:03:02.82 ID:btd8cCxc0
ピラミッドは人類文明が消えても残ってそうだから
高度文明生物が何か情報を伝えようとしたものじゃね?

もう壊したかもしれないが
現在の人類が後世に残す大容量積層ガラスディスクやからなw

91: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:03:03.26 ID:JNkuhoyw0
ネブラ・ディスクは?

ネブラ・ディスク

ネブラ・ディスク は、2002年に保護されたドイツ中央部、ザーレラント地方の街ネブラ(英語版)近くのミッテルベルク先史時代保護区で1999年に発見されたとされる、青銅とその上に大小幾つかの金が張られた円盤である。この円盤は、初期の青銅器時代ウーニェチツェ文化とかかわる天文盤と考えられ、紀元前17世紀からのこの時代の終わりには、ヨーロッパの北部がウーニェチツェ人の独占を逃れて、原材料(銅とスズ)とそれらを加工する技術において、中部ヨーロッパの流通ネットワークに参加することができたとみられる。

直径約32cm、重さおよそ2050gの青銅製。円盤の厚さは、中央から外側へとおよそ4.5~1.5mmへと減少している。現在の状況は緑色の緑青をふいているが、元の色は茶色を帯びたナス紺色である。

約3600年前に作られた人類最古の天文盤であると、2005年ドイツの研究チームが結論づけた。この盤の上には金の装飾(インレー)で、太陽(または満月)と月、32個の星(そのうち7つはプレアデス星団)などが模られ、太陽暦と太陰暦を組み合わせた天文時計であると考えられている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ネブラ・ディスク

610px-Nebra_Scheibe

100: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:04:14.50 ID:PqN/IecC0
天動説に基づいて計算された星の動きと
地動説に基づいて計算された星の動きが
実はほとんど変わらないらしいね
それが天動説が長い間信じられてた理由の一つだとか

102: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:04:33.77 ID:Xvrara710
いきなり原始人の集落にやってきて暦、車輪、文字を教えたシュメール人さん
もはや理解不能!知れば知るほど謎が深まる古代シュメール人の文明とは
http://world-fusigi.net/archives/7701972.html

113: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:05:44.23 ID:8FfgBYC50
>>102
こいつら何者やねん

116: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:05:45.95 ID:0KCdA/uZ0
>>102
no title

目大きくて可愛い

124: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:06:19.15 ID:fmKqjn/S0
>>116
マジで何者なんやろ

229: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:14:27.87 ID:9lr5ygPu0
シュメール人のこと知らんかったけどすごいね
突如現れたあたりやはり宇宙人なんやろか

207: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:12:34.89 ID:VfIY87fy0
>>116
最初見るとビビる

103: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:04:40.13 ID:cLCIfjWtd
バクダッド電池はメッキに使われてたぞ

バグダッド電池

バグダッド電池とは、現在のイラク、バグダッドで製造されたとされる土器の壺である。

電池であるという意見と、そうではないとする意見が存在するが、もしこれが電池として使われたのであれば、電池が発明されたのは18世紀後半であるから、これはオーパーツ(時代錯誤遺物)と言うことができる。
wiki-バグダッド電池 -より引用
関連:オーパーツ・世界最古のバグダッド電池の謎 - NAVER まとめ

vaso_di_baghdad_chiuso

105: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:04:50.25 ID:4pNhgtTl0
電池もすごいやん
年代が古くて画期的で人工物ならオーパーツやろ

111: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:05:35.41 ID:WB+gUvu7p
ガチのオーパーツやったからあんまり騒がれんために
パチモンやったってあえて言ってるやつもありそうやけどどうやろ

368: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:23:57.75 ID:+iHQFBCS0
>>111
ありうるで世界機関が隠してるんやで

121: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:06:06.94 ID:6l4hlWSTa
ピラミッドも一般的な説のように土の斜面を作って積み上げたらありえないほど時間と労力がかかるんで
もっと別の未知の方法で建設したんやないかって言われとるらしいな

130: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:06:31.00 ID:ZV5Ug7M9K
宇宙人云々は違うと思うよな
いつの世も技術力が優れたチートみたいな奴はいただろう
遮光器土偶もすごい精巧に作られたフィギュアかもしれん

no title

150: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:08:14.55 ID:tQZTFkzPd
>>130
いつの時代も天才がいたのは間違いないな

302: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:19:53.61 ID:KScdTkn90
>>130
そらそうやろ。
ピラミッドの時点で日本なんてネアンデルタール人と変わらんレベルやったんやし、逆に今でもインドの孤島にはそのレベルの原住民がいるんやからなぁ。
数千年レベルの文明の差異なんてホモサピエンス6万年の歴史から言えば誤差範囲やん。

131: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:06:44.34 ID:9lr5ygPu0
ナスカの地上絵はどうやってかいたんや

ナスカの地上絵

ナスカの地上絵は、ペルーのナスカ川とインヘニオ川に囲まれた乾燥した盆地状の高原の地表面に「描かれた」幾何学図形、動植物の絵

紀元前2世紀から6世紀の間に、「描かれた」と考えられている。
1939年6月22日、動植物の地上絵は考古学者のポール・コソック博士により発見される。ドイツの数学者、マリア・ライヒェがこの地に住み着き、彼女を中心として、地上絵の解明作業と、保護が行われるようになった。あまりにも巨大な絵が多く、空からでないとほとんどの地上絵の全体像の把握が難しい。このような巨大な地上絵を何故描いたのかというのが大きな謎の一つとなっている。

wiki-ナスカの地上絵-より引用
関連:https://www.google.co.jp/ナスカの地上絵

2ee83d67-s

6a5914ca-s

142: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:07:50.70 ID:C7pe4oOn0
>>131
気球で上から指示して描かせた

144: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:07:59.00 ID:5SelD/MuM
>>131
地面に絵貼って
そこから等間隔に距離測って線引いた

165: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:09:02.29 ID:kor2xx8w0
>>131
あれ割と描けるみたいやで

252: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:15:54.55 ID:FYe8EP+w0
>>131
ナスカの地上絵はイッテQで手越でも描けたんやからいけるやろ

133: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:07:05.83 ID:0KCdA/uZ0
惑星ニビルとかえぇ...ってなるけど好き
もはや理解不能!知れば知るほど謎が深まる古代シュメール人の文明とは
http://world-fusigi.net/archives/7701972.html

ニビル

第10番以降の惑星のうち、普段は冥王星の外にありながら、小惑星帯や地球にまで迫る極端な楕円型の軌道を持つもの。

3600年周期の楕円軌道で太陽をまわる惑星で、アヌンナキという知的生物が住むという惑星ニビルは、第5番惑星ティアマトに自らの衛星を衝突させ、ティアマトを崩壊させたとされる。
wiki-仮説上の天体-より引用

https://youtu.be/SmDLJzjNn0A?t=22s

134: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:07:09.24 ID:Xlntn6230
ギリシャの文明が直接残されなかったのほんまもったいないわ
数千年レベルの損失やろあれ

202: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:12:18.17 ID:bN9+6O6g0
文明の後退はいつ始まるんやろ
そろそろ始まってもおかしくないと思っとるけど

152: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:08:21.30 ID:WB+gUvu7p
与那国島海底地形とかも何か分かってないんやろ?

与那国島海底地形

与那国島海底地形は、沖縄県八重山諸島与那国島南部の新川鼻沖の海底で発見された海底地形である。人工的に加工されたとも考えられる巨石群からなることから、海底遺跡と考える説もあり、この立場からは与那国海底遺跡、与那国島海底遺跡とも呼ばれる。
自然地形なのか、人工的な遺跡なのかについては後述の通り論争がある。

wiki-与那国島海底地形-より引用
関連:歴史を覆すかも?与那国島付近の謎遺跡

97097d7705befdf2a671f5389d8a36ca

169: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:09:29.57 ID:urfUYarNr
>>152
人工物だぞニキと自然でできたもやんぞニキの熱いレスバトル

189: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:11:24.42 ID:VbhMH0Mt0
>>152
ディスカバリーチャンネルで人工物って言ってたわ

280: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:18:18.56 ID:KWACVn8qM
>>152
海に沈んだアトランティスの一部

182: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:10:49.10 ID:lUzDVr640
ダマスカス鋼ってまだ精製法不明なんやっけ?
それっぽい柄の包丁見るけど

230: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:14:29.07 ID:Xvrara710
>>182
ウーツ鋼(ダマスカス鋼)は製法がわからないから作れない
見た目だけ似てるものは日本人が製法を開発したが、本物はカーボンナノチューブが入ってたり全くの別物や

196: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:11:39.23 ID:64aS9DlR0
オーパーツではないけど田中久重の万年時計すき

https://youtu.be/N35jJKJKRl8

万年自鳴鐘

万年自鳴鐘(まんねんじめいしょう)とは江戸時代の発明家、田中久重によって製作された機械式の置時計である。万年時計の名で広く知られている。1000点を超える部品(ほとんどが田中による手作り)から作られている。

(中略)
ぜんまいばねには厚さ2ミリメートル、長さ4メートルの真鍮を使い、このぜんまいを2機装備、一度巻けば一年動く(実際には約200日前後だと推定されている)という機械式時計としては驚異的な持続時間を実現している。六角柱様の本体の各面に7つの機能が配置され、それらが底部のぜんまい動力によって連動して動作する。
https://ja.wikipedia.org/wiki/万年自鳴鐘

万年自鳴鐘

225: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:13:59.85 ID:bnS4tGPr0
>>196
東芝の元になってるてのがなんか凄えな思う

240: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:15:00.89 ID:urfUYarNr
>>196
すごいんやけど一部どうしても真似出来なくて西洋時計の機構そのまま使った部分があるらしい
そんでも大天才やけどな

203: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:12:19.92 ID:8Nt5IUtX0
ヴォイニッチ手稿も気になる
ただのイタズラ書きなのか何か意味あるのか

213: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:13:02.72 ID:AAf6Gmw60
>>203
最近解明されてただの健康食品と健康法の本だってよ

521: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:33:59.49 ID:OoaayPqs0
>>213
わざわざ謎の言語作って記すことがそれなんか

253: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:16:01.09 ID:8Nt5IUtX0
>>213
サンガツ
解明されてたんやね

397: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:25:54.97 ID:9pViZlQI0
>>253
まだ解明されてないで

解読不能の奇書「ヴォイニッチ手稿」、ついに解読!? 懐疑的な意見も続々

何度解読されれば気が済むのか……。評価は芳しくなかったようです。
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/spv/1709/14/news093.html

特にITデータの暗号化を得意とするドイツの科学者フォン・クラウス・シュメー(Von Klaus Schmeh)氏は、反論記事を書くにあたり「ケネディ大統領の暗殺とヴォイニッチ手稿は、マニアと研究者によって幾度となく解決されてきた」と揶揄(やゆ)しています。

 こうした数多くの反論には、以下のような内容が見られました。

自説に沿う2文節を抜き出し、当てはめただけのもの
「これで5行以上解読できたら大したものだ」
「すでに試みられている解読法だが、今後役立つ可能性のある新たな視点は含まれている」
「解読法のひとつに過ぎない内容にも関わらず、権威あるTLSが大々的に“解読に成功した”と伝えた理由がよく分からない」
 結局のところ「権威と実績のあるTLSから“ヴォイニッチ手稿の解読に成功、その内容は健康法を紹介する医学書であった”と大々的に報じられたことで大きな話題を呼んだが、実際には解読説がひとつ提示されたに過ぎない」という程度の話であるようです。
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1709/14/news093.html

566: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:37:15.09 ID:glYB85510
ヴォイニッチ手稿すこ

no title

no title
「記憶が2つあるんだが」 謎に包まれたヴォイニッチ手稿が読める男の話
http://world-fusigi.net/archives/4300708.html

205: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:12:27.38 ID:OnwzJb4TM
鎌倉時代の刀もオーパーツなんやろ
その時代の刀が一番やばかったらしいじゃん

226: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:14:16.64 ID:haO+qq2R0
銅鐸も今の技術じゃ作れないらしいからな
オーパーツというより銅鐸作りの職人がいたんだろうが

銅鐸

銅鐸(どうたく)は、弥生時代に製造された釣鐘型の青銅器である。紀元前2世紀から2世紀の約400年間にわたって製作、使用された。

語源となった「鐸」は古代中国において用いられた柄付きの青銅器の楽器である。上部が開口しており下側の柄を持ちもう一方の手にもった打器で鐸を打ち鳴らして音をだしていた。銅製で鐸のような形をしているので「銅鐸」と名付けられたが、下部が開口し吊るして使用されるものは本来「鐘」と呼ばれる。そもそも楽器であったかは定かではない。
https://ja.wikipedia.org/wiki/銅鐸

Epoca_yaoi_finale,_campana_rituale_dotaku,_da_shizuoka,_III_sec

357: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:23:00.98 ID:9Vyc+wYN0
>>226
歴史秘話で作ってるの見たぞ

376: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:24:29.21 ID:haO+qq2R0
>>357
薄さが再現できないらしいで
大阪の中小企業が作ってみたら5mmの厚さだったとか

362: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:23:16.21 ID:haO+qq2R0
銅鐸は今再現しても5mmの厚さしか作れないけど
薄さ2mmの銅鐸が出土してるという謎

246: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:15:34.16 ID:Mmw27vOX0
ちなみに飛鳥時代の日本に水道技術持ってきた蘇我氏には有能な渡来人がたくさんおったらしいで

258: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:16:31.27 ID:Jl4NihTt0
ローマンコンクリートは

270: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:17:29.47 ID:bnS4tGPr0
>>258
海水が良かったとか聞いた

293: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:19:11.08 ID:nFkYHZeZ0
>>258
作り方もわかってる
日本でも研究して広めようとしてる大学教授がいたはず

273: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:17:42.57 ID:0KCdA/uZ0
もしかしたら別の人類が知識全部抜いた人類を地球に放ったら何万何千年でワイらの同じ何千何万年の進化とどれぐらいスピードに差が出るんやろかとかいう実験してたりして

274: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:17:48.53 ID:/TlX59ss0
オーパーツかは知らんけどこいつは好き
no title

286: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:18:38.59 ID:1WCkx89p0
>>274
これ普通に作れへんのか?

320: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:20:51.82 ID:haO+qq2R0
>>286
柱のない螺旋階段
作れないらしい

288: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:18:51.04 ID:bnS4tGPr0
>>274
いつ見てもこれ普通に出来んか思う

324: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:21:01.38 ID:L2ZLeoW10
>>288
ワイもずっとそう思っとったけど、この階段の乗れるとこ全部に人が乗っとる写真見たら同じの作るの絶対無理やなこれって思ったわ
設計した人頭おかC

no title

281: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:18:18.71 ID:Mmw27vOX0
日本には大分県だかに佐田京石って古代の訳分からん遺跡あるで
古代九州はかなりの技術を持ってたそうで
あとはふたなりの像とかもあるぞ九州

http://hifumi.sakura.ne.jp/powerspot11.html
http://www.usa-kanko.jp/spots/detail/56

410: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:26:52.77 ID:Xvrara710
>>281
九州は縄文時代に阿蘇の噴火で全部焼けてしまったからよくわからんのや
大分、宮崎あたりはほんま怖いくらい巨石の文明跡が残っとる
なお、鬼伝説も多い模様

287: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:18:42.26 ID:kEy1Hcxcd
ピラミッドには円周率が隠されているから凄いって理論アホらしくてすき

291: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:19:03.09 ID:B+JfIGn10
ピラミッドを必死に作ってたやつらですらいつ作られたのか知らないスフィンクスのほうが興味あるわ

301: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:19:41.04 ID:CBM0+bmC0
岩塔ヶ原行ってみたいわ
サンカの遺跡があるとかなんとか

今なら近くまで行ってドローンで探せそう
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51760401.html

356: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:22:59.45 ID:B+JfIGn10
>>301
サンカが遺跡なんか残すんか

371: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:24:03.31 ID:CBM0+bmC0
>>356
都市伝説レベルの話だけど民俗学の権威が存在するみたいなことを言ってる

314: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:20:44.76 ID:p/1UN3uGa
オーパーツではないけど
はじめて埴輪作ったやつ天才やろ
no title

335: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:21:32.40 ID:zXvDVubw0
>>314
この埴輪って踊ってる訳ちゃうんよな

336: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:21:38.95 ID:lQB/4Q9Dp
ちなみに昔の出雲大社の神殿は発掘された柱のデカさからして45mくらいの高さやった言われてる
コレだけは大林組の奴らも作り方分からん言ってる正真正銘のオーパーツ
昔の出雲大社には伝説の巨大神殿が実在した!!過去の巨大神殿の「柱の数・高さ・造られた由来・歴史」にせまる!!
https://goo.gl/Vn3hCL

346: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:22:25.12 ID:urfUYarNr
>>336
これの想像図見てたまげたわビルやんて
さすがに嘘やろて思った

407: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:26:46.21 ID:f3Z9Yxkxr
>>336
今の出雲大社はロマンがねーわ
古代の階段が沢山あるクッソ高い本殿を再現すべきや
建築法なんて無視や

515: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:33:34.04 ID:FBZypk6O0
>>407
no title

ほんまヤマト王朝って糞だわ

554: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:36:23.63 ID:f3Z9Yxkxr
>>515
神話だと1番最初のは96mあったらしい
流石に嘘やろうけどガチならロマンしかない

570: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:37:30.67 ID:4C/mAIVld
>>515
コンビニ弁当かな?

578: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:38:12.26 ID:k3/mPZUI0
>>570

347: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:22:32.89 ID:62+oKPnga
夢で女神に教えてもらったわ!で新しく数式編み出すやつがいる以上宇宙人じゃなくても超発展はしそう
いやあいつが宇宙人という可能性はあるけど
no title

353: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:22:44.57 ID:VgXIfkw20
いうて目の前にあるCPUやら何やらも知識人が全員死んだら速攻オーパーツやで
数億のトランジスタやらなんやら知らんが無理やろもう

366: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:23:42.96 ID:xal9MStK0
本当の謎は南極にあるから

395: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:25:50.42 ID:64aS9DlR0
カルピスは菌が絶滅するともう作れないからシェルターに保管してるらしい

396: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:25:50.56 ID:GvDSlm4l0
そう考えると今の世の中も現役の職人が死んだら他の誰も作れないようなものは無数あるわけだから
ロステクって案外簡単に生まれてしまうんやね
やっぱり技術の継承って大事だわ

423: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:27:31.75 ID:Xlntn6230
>>396
言語とかもものすごいスピードで失われるからな
アイヌとかもネイティヴもうすぐ全員死亡するんやろあれ

482: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:31:30.93 ID:OniqmQP50
>>396
日本の伝統工芸なんてボロボロロステクになっとるな

400: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:26:01.58 ID:P6ow+g1R0
突然発見されて古代史がパニックになった一万二千年前のものとされる遺跡の彫刻
http://karapaia.com/archives/52238036.html

no title

ギョベクリ・テペ

ギョベクリ・テペは、アナトリア南東部、シャンルウルファ(前ウルファ、エデッサ)の郊外(北東12km)の丘の上に在る新石器時代の遺跡。遺丘の高さは15メートル、直径はおよそ300メートルに及ぶ。地名は「太鼓腹の丘」の意。標高はおよそ760メートル。ドイツの考古学チームにより発掘調査が行われた。発掘は1996年から始まり、チームの指揮を執ったクラウス・シュミット(Klaus Schmidt)が他界する2014年まで続いた。

ギョベクリ・テペの遺丘に残された構造物は紀元前1万年から紀元前8000年の期間に建てられた。祭祀に用いられたと考えられるこれらの構造物には2段階の発達が見られる。第一段階では巨大な丁字型の石柱がいくつも円を描くように並べられている。物理探査(リモートセンシング)により石柱の総数は200本以上、それらの描き出す円が20確認されている。各石柱は6メートル以上、重さは20トン。それらが基盤岩に穿たれた穴にはめ込まれている。第二段階では石柱は小さくなり、磨かれた石灰の床を持つ長方形の部屋に立てられた。遺丘の隣に位置し発掘調査が待たれている構造物は1万4000年から1万5000年前のものであることがトポログラフィック・スキャンによって明らかにされた。これはともすれば更新世を1000年遡行することになる。先土器新石器B期が終わると遺跡は打ち捨てられた。比較的新しい構造物にはギリシャ・ローマ時代のも見られる。

この構造物が何に使われていたのかははっきりしていない。発掘に携わったクラウス・シュミットは初期新石器時代の神殿だと信じていた。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ギョベクリ・テペ

800px-Göbekli_Tepe,_Urfa

409: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:26:49.37 ID:0KCdA/uZ0
>>400
これもデマやったん?ガチ?

427: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:28:00.14 ID:P6ow+g1R0
>>409
いまだに発掘と検証が続いている程度にはガチ

438: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:28:35.81 ID:0KCdA/uZ0
>>427
楽しみやな

428: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:28:08.14 ID:VgXIfkw20
>>400
何がおかしいんや?

448: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:29:15.50 ID:P6ow+g1R0
>>428
このままだと最古の文明の記録の数千年前の時点でかなり高度な文明があったことになる

477: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:31:17.82 ID:QjLMnS+x0
>>448
ヒエ~ッwwwwwwwwwww

519: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:33:49.72 ID:6BQmyJJc0
>>448
この時代は大した文明はなかった→実はあったぞ

こんな流れ考古学での日常やのにまだ気にしとるやつおるんか

613: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:40:31.73 ID:Xvrara710
>>519
今の世界文明ってせいぜい2000年前後のタームだからな
数万年前にかなり高度な文明があったなら、世界的に文明が何度か滅びてるってことになるやんか
怖過ぎや

401: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:26:03.26 ID:zXvDVubw0
オーパーツじゃないけど百万塔陀羅尼とかはなんなんや
ちょっとした内乱で5年半で100万個作るとかアホすぎやろ

417: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:27:12.93 ID:N/lNn2oJ0
いつも思うのが、文明同士の交流がなくても必ず神っていう概念ができるの不思議

451: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:29:29.17 ID:zDIOUGGW0
逆にネットの情報は文明廃れたら終わりやろうな
ネットワークありきの情報保存やし

452: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:29:36.61 ID:0KZPMWHB0
アンティキティラの観測できない惑星のが気になるわ
ワイらが気付いてないだけで案外近くに惑星あるんかもな

497: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:32:42.10 ID:2U70CnqG0
棺の彫刻をロケットに乗ったパイロットやって言い出したデニケンはロマンチストやな

511: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:33:23.92 ID:Mmw27vOX0
かつて世界が共通の言語で繋がってたのはガチみたいや
ペトログリフで検索や
ホンマにバベルの塔があったかもしれん

ペトログリフ

ペトログリフとは、象徴となる岩石や洞窟内部の壁面に、意匠、文字が刻まれた彫刻のこと。

人類が後生に伝えたいさまざまな意匠や文字を岩石に刻んだもの。筆記具や紙を持たない古代の人々が残した記録や文字・文章システムの先駆けを示すものとして注目されがちであるが、アメリカ合衆国ハワイ州などには16世紀や17世紀にかけて刻まれた比較的新しいものもある[1]。また、近世や現代においても、宗教的な儀式の目的やアートとして刻まれるものも多数存在している。日本では主に漢字伝来以前の物をペトログラフ、漢字伝来以後の物を「碑文」または「絵」と呼んで区別している。

世界中で調査され、GPSで記録されたペトログリフを分析した結果、紀元前3000年から7000年頃のペトログラフに、大陸の全域の広い範囲で共通性がある事が分かっている。 よく見られる模様としては、うずくまる人、キャタピラー、梯子、アイマスク、ココペリ(インディアンの神様)、輪留めをかけられた車輪、等が挙げられる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ペトログリフ

Petroglyphs_in_Bryce_Canyon

558: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:36:44.29 ID:58kVvx3v0
>>511
世界祖語とかの記事読むとワクワクするンゴねえ

548: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:35:46.08 ID:N/lNn2oJ0
ワイら人類って分かってないこと多すぎで楽しいわ

564: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:37:06.30 ID:sb9icoa6r
東京タワーも何気に凄い技術で作られとるよ

580: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:38:26.55 ID:P6ow+g1R0
ロマンありすぎ
no title

587: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:38:53.86 ID:L2ZLeoW10
>>580
それ実は宇宙人のコンロやで

581: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:38:28.53 ID:haO+qq2R0
期限前2世紀の7不思議

ギザの大ピラミッド
バビロンの空中庭園
エフェソスのアルテミス神殿
オリンピアのゼウス像
ハリカルナッソスのマウソロス霊廟
ロドス島の巨像
アレクサンドリアの大灯台

ピラミッドが2000年以上ずっと謎なのはすごいわ

609: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:40:11.71 ID:N8xs+L7K0
建築物系のオーパーツでなんか不思議なものってあるか?
出雲大社とかピラミッドとかダメ元で作ってみたらできたってだけに思えてしまう

625: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:41:48.29 ID:Erwz58B7a
>>609
バールベックの巨石

バールベックの巨石

中東・西アジアのレバノンにある宗教都市バールベックの遺跡には、世界最大を誇る巨石オーパーツが複数ある。
まずは通称「トリリトン」(驚異の三石)と呼ばれる3つの組み石で、バールベック遺跡の象徴でもあるジュピター神殿の土台に使われている石だ。
(中略)
これはジュピター神殿から南西に約1キロ離れた場所に存在している。その大きさは、長さが約21.5メートル、高さ4.2メートル、幅4.8メートル、重さはなんと2000トンもある。
(中略)
また一方で、人力ではなく現代の最新技術を用いても巨石の運搬は不可能である。世界最大のクレーン運搬装置の吊り上げ可能な重さの限度は、NASAがロケットの移動に使用しているもので700トンしかないからだ。

超常現象の謎解きより引用
関連:バールベック
関連:wiki:オーパーツ一覧に説明あり。


get_image

650: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:44:02.71 ID:KWACVn8qM
>>609
スマホやパソコンが無かった時は想像力がすごかったやろ
大昔はさらに想像力がすごかったと考えたらできるんかもしれん

664: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:45:01.00 ID:dJOJas1A0
>>650
ポケベルの解読みたいなもんか??
数字で会話できるのめっちゃ不思議なんやが

530: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:34:30.27 ID:KWACVn8qM
バーミヤンとかの巨大石像が破壊されたように知らんうちに破壊された物がたくさんあると考えるとかなしいな
イスラム国が破壊しまくってるらしいし

アフリカの泥の建物とか壊さないでほしい

687: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:46:50.98 ID:Qn+IXIrT0
巨石文化って世界各地にあるけどほんと謎やよな

143: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 05:07:51.89 ID:64aS9DlR0
ストーンヘンジもモアイもピラミッドもナスカの地上絵も巨人がいたと考えれば全て解決

不思議ネタ募集中
不思議.netで扱ってほしいネタ、まとめてほしいスレなどがあれば、こちらからご連絡ください。心霊写真の投稿も大歓迎です!
面白いネタやスレは不思議.netで紹介させていただきます!

■ネタ投稿フォームはこちら
https://ws.formzu.net/fgen/S13082310/










  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オーパーツさん、解明されすぎるも実はガチの物が存在していた!

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2019年03月16日 08:18 ID:.86khDtt0*
この記事前にも観たよ
2  不思議な名無しさん :2019年03月16日 08:28 ID:3RKStTqu0*
水晶ドクロを炭素測定して意味があるの?
3  不思議な名無しさん :2019年03月16日 08:34 ID:VRqUTOCq0*
100年後の未来を見てみたいし
シュメール人やらアヌンナキが
本当に存在していたなら過去に
戻って見てみたいな
4  不思議な名無しさん :2019年03月16日 08:38 ID:bGBgN4wn0*
コスタリカの大石球はどうなった?
5  不思議な名無しさん :2019年03月16日 08:41 ID:HQNkF.B00*
歯車一個でそこまで分かるわけないだろ
昔の歯車の性能盛ってるだけ
6  不思議な名無しさん :2019年03月16日 08:45 ID:uYUYuLDB0*
オーパーツを過大評価してるパターンと
学者が少ない情報から適当な推測結果で否定してるパターン
が混在してるやろから真実がどんどん闇の中やろなぁ。
7  不思議な名無しさん :2019年03月16日 08:47 ID:E7qnBNmI0*
オーパーツとロストテクノロジーごっちゃになってる箇所あるな
8  不思議な名無しさん :2019年03月16日 08:48 ID:9TNY2er50*
現人類は後世の為に今のうちに色んな技術品を億年持つような樹脂の中に埋め込んでおこう
ミニ地球儀とか都市の写真とか飛行機の模型とか
9  不思議な名無しさん :2019年03月16日 08:53 ID:9745FvaD0*
アンティキティラの機械は「地球ドラマチック」の渡邊徹さんのナレーションが神なんだよ、あの人のナレーションは最強だぜ。
10  不思議な名無しさん :2019年03月16日 08:54 ID:yfRZTMv60*
シュメール人ってリアルな、なろう系みたいやな
11  不思議な名無しさん :2019年03月16日 09:06 ID:Pq6zB3zB0*
鎌倉時代の刀の肌を現代になって再現したのが実は包丁職人だったという。
とはいえ、今の刀鍛冶のやり方は江戸時代に確立された方法に基づく必要があるので、その方法で再現すると日本刀としては認められることがない。
12  不思議な名無しさん :2019年03月16日 09:21 ID:CYNNzPrN0*
材料と耐性からして巨石以外ないだけじゃ…
13  不思議な名無しさん :2019年03月16日 09:21 ID:dcWqw1YW0*
炭素年代測定は有機物を測定するものだから、
水晶ドクロや刀剣なんかを測定は無理だぞ
14  不思議な名無しさん :2019年03月16日 09:22 ID:.G9sPjjv0*
精巧なのは単に携わった職人が凄かった位の話なのかなと
どの時代にも天才はいるだろうし丁度出来のいい一点物が残ってたとか
15  不思議な名無しさん :2019年03月16日 09:28 ID:lEGXzWhW0*
>>100
違うぞ 適当な嘘をつくんじゃない
16  不思議な名無しさん :2019年03月16日 09:36 ID:eDHp48Qb0*
モアイ像も、本来は>>116みたいな目が付いてたからな。
シュメール文明とモアイ像を作った文明に何か関係があったかも。
17  不思議な名無しさん :2019年03月16日 09:40 ID:eDHp48Qb0*
※16
ついでに言うと、シュメールのアレは下を見ると前で手を組んでるんだけど、モアイ像も同じポーズをしてる。
18  不思議な名無しさん :2019年03月16日 10:04 ID:RtK9U9uE0*
難破船から発見てことは
実はアンティキテラじゃない場所で造られて
船でアンティキテラに運ばれてくる予定だった
品物である可能性もあるのん?(´・ω・`)
19  不思議な名無しさん :2019年03月16日 10:16 ID:5w.UZUB.0*
建築系でいえば、当時世界最大のスタジアムの甲子園球場は、
大正時代たった4か月で完成。しかも1995年の阪神淡路大震災でも耐えたという。
byチコちゃん
20  不思議な名無しさん :2019年03月16日 10:18 ID:rVnVgr6p0*
最近、『ロマン』が くちまん に見える
21  不思議な名無しさん :2019年03月16日 10:22 ID:oUya2mKN0*
アンティキティラの機械はそもそも同年代に書かれたキケロの「国家論」に同様の天体観測機械の記述があるので、単なるロストテクノロジーでありオーパーツではない
22  不思議な名無しさん :2019年03月16日 10:27 ID:5gwi8PuX0*
フィラデルフィアはエルドリッジの航行記録からデマだったって判明してるだろ
23  不思議な名無しさん :2019年03月16日 10:52 ID:B8si5rNA0*
スレに出てるやつのほとんどは解明されている
24  不思議な名無しさん :2019年03月16日 10:58 ID:6FJILUnr0*
相変わらず、デリーの鉄柱の影の薄さよ。
25  不思議な名無しさん :2019年03月16日 10:58 ID:bBtCnFli0*
>>6
>天動説に基づいて計算された星の動きと
>地動説に基づいて計算された星の動きが
>実はほとんど変わらないらしいね
>それが天動説が長い間信じられてた理由の一つだとか

こういうのが居るからな
普通にシミュレーション動画とか見たり普通に考えて解りそうなもんだが
簡単な例を出していうと天動説だと星が左右にぶれながら移動するんだぞ
26  不思議な名無しさん :2019年03月16日 11:10 ID:I20RCW9l0*
ワクワクさんがYouTubeでモアイの動かしかたで工作してた、モアイもワクワクさんが作って運んだんだろ
27  不思議な名無しさん :2019年03月16日 11:12 ID:UGffonW.0*
フェイクを正史とできるのが中共。
クロムメッキもバッタモンだろうね。
28  不思議な名無しさん :2019年03月16日 11:24 ID:6PEQNBAW0*
いちおう書いておくけれど、インボリュート歯車が考案される前の
三角歯車にはおそらく 1/37000000 の精度は無理なんじゃないか?
まぁ、そういう機構のものを作り上げただけでも十分お釣りのくる技術に変わりはないけどな。

で、問題なのは、1人の人間が月と地球+アルファの軌道計算を出来るほどに
精密な観測機器が無かったであろう時代のことを考えれば、
アンティキラの機械を作るための情報をどこからどうやって入手したのだろう?
というのが一番大きな謎なんだから、
そのへんをちゃんと突っ込んであげようぜw

29  不思議な名無しさん :2019年03月16日 11:25 ID:V8ev4ZA00*
流石に電池が偶然ってのは無いだろ、じゃあ何なんだよって

インディアンの知恵みたいな愚かな人間は真実を知ってるってのやつや技術は全て白人が作ったとか
この手のモノは社会科学の方面からの検証も必要なんだぞ
30  不思議な名無しさん :2019年03月16日 11:29 ID:RkRlokTH0*
パールベックの巨石、結局運搬できなかったからそのまま放棄されてんじゃね?

31  不思議な名無しさん :2019年03月16日 11:40 ID:ySkJnko70*
ローマ水道は「より便利に」を追求更新し続けた果てなだけでオーパーツではないよ
アンティキティラはガチ
32  不思議な名無しさん :2019年03月16日 11:49 ID:0VhYbSrK0*
アンティキティラの話が出るたびにこれはガチとか聞くけど

失われたであろう大部分はいまだに明らかになってない ってなってるけど

それでなんで何に使ってた装置ってわかるんだ?

仮に見つかってる部分が歯車の集合体だとして、大部分が失われてるのにその装置の使用用途がわかるものなの?

こんなパーツが付いてたに違いないって修復したら何にでもなるんじゃないの?

それは修復ではなくてこじ付けなんじゃないの?

煽りとかじゃなくて純粋な疑問。
33  不思議な名無しさん :2019年03月16日 12:07 ID:ZG441z.50*
>かつて世界が共通の言語で繋がってた
今の日本でもA社とB社で同じ単語が真逆どころか全く違うモノの意味になってたりするで。

そう言うのの積み重ねが酷くなって会話出来ないほどに言語が分裂していっただけかと。
34  不思議な名無しさん :2019年03月16日 12:28 ID:g3WRonmr0*
※32
残ってた部分が用途が分かる程度あったんだろ
35  不思議な名無しさん :2019年03月16日 12:33 ID:4cS9alve0*
バグダッド電池はそもそも発掘されたままの密封構造だと電池として機能しない。
デリーの鉄柱はここ数十年で保護性錆と極端に乾燥した気候のせいと結論が出てる。しかも根元付近や観光客が触ってた部分は普通に錆びてるしな。
36  不思議な名無しさん :2019年03月16日 12:34 ID:0VhYbSrK0*
※34
てことは 失われたであろう大部分はいまだに明らかになってない っていう説明が間違ってるってことなん??
37  不思議な名無しさん :2019年03月16日 12:35 ID:quJYeISa0*
「プマプンク遺跡」
「南米のボリビア国、ティワナクにあるプレ・インカ期の遺跡」
「多数の巨石のH型ブロック。すべてが同一設計、同一サイズ。つまり、高度な設計図に基づいている」
「古代ティワナク人(先住民アイマラ族の先祖)は文字も数字も持たない人々だった。だから、彼らには高度な設計図を描くことができない」
「誰が設計図を描いたのかが謎のまま」
「つまり、古代ティワナク人とは別種の「古代の未知の科学技術者」が実在したのだ」

「以下の仮説はアメリカの工学技術者、Christopher Dunn氏が発表した」
「巨石のH型ブロックはプレハブ工法の巨大部品である」
「巨石のH型ブロックには蟻継ぎ(ありつぎ)の構造の特徴がある」
「巨石のH型ブロックは巨大な蝶番(ちょうつがい)の土台の部品であり、超巨大な石材のドアを開閉させる仕掛けだった」

「多数の巨石のH型ブロックは1個が約2トン。それが100個ぐらいある」
「巨石の加工品で最大のものは131トン」
「石切り場は数十キロも離れた場所にある」

「プマプンク遺跡は標高4000m」
「日本で一番、高い富士山の山頂が標高3776mだから、これよりも高い場所だ」
「これだけの巨石を人力、ころ、ロープで運んだのか? しかも平地ではなく、上り坂なのに?」
「標高4000mは低酸素だ。人間の49%が高山病にかかる」
「しかもティワナク全体も標高が高いから、寒冷地だ。広大な農業用地を作れない。大量の食糧を確保できない。だから、大量の人員を動員しても、彼らを飢え死にさせてしまうのがオチだ」

「「古代の未知の科学技術者」は大量の巨石を少人数で楽々と運搬したような印象がある。標高4000mの低酸素の寒冷地へ」
38  不思議な名無しさん :2019年03月16日 12:47 ID:7wbMGart0*
こういうの見てて思うけど寒い地方や地下に何かしらの遺跡や遺産は隠されているだろうね
そして龍游石窟のようなものも世界にはまだあるだろうね
39  不思議な名無しさん :2019年03月16日 12:49 ID:jtkGnMSa0*
一部は単に陳腐化したのをロステクいうてるからなぁ
40  不思議な名無しさん :2019年03月16日 13:10 ID:fDAF4XBb0*
でも数学のオパーツって全くないと言うね。
数学の結果はシンプルだからオパーツがあってもいいのに。
数学だと古代文明1人の天才だけじゃどうにもならなったんだなとw
41  不思議な名無しさん :2019年03月16日 13:25 ID:u1MMCkXX0*
日本だけだぞ四大文明未だに言って遅れてるのはww
42  不思議な名無しさん :2019年03月16日 13:31 ID:iIFv3Xbe0*
あの電池ってようは、ソースの起源と同じで
適当にまとめて入れて保存してただけってオチやろ
43  不思議な名無しさん :2019年03月16日 13:33 ID:av2N4Ho00*
水晶のドクロは炭素で出来てるから炭素測定で年代分かるんだな。
44  不思議な名無しさん :2019年03月16日 13:36 ID:av2N4Ho00*
バクダット電池は金メッキに使ったから現代の実用性とか関係ないだろ。
45  不思議な名無しさん :2019年03月16日 13:39 ID:sffa3Ff70*
オーパーツは地球の文明由来の失われた技術的な物と地球由来でないであろう完全にぶっ飛んだものと二種類あるよね
シュメール人にはアヌンナキという宇宙人に創造されたって伝説があって最近流行りの古代宇宙飛行士説の根拠の一つになっている
46  不思議な名無しさん :2019年03月16日 13:41 ID:8HnOo6ZE0*
法隆寺の爬虫人像はどうだ?
あれこそレプティリアンなんじゃ?
47  不思議な名無しさん :2019年03月16日 13:44 ID:5HcwGvM10*
もしかすると、何億年も前にも人間じゃない生物で知的なのがいたのかもしれん。
だってさ、地球生命は40億年ぐらいの歴史あって、人類の文明はたかだか数千年だよ。
でも、数億年経ったら流石に文明の遺跡は残っていない。ロマンじゃないか。
48  不思議な名無しさん :2019年03月16日 13:50 ID:Nva67wrd0*
手付かずの本物が放置されて失われていってるのに
詐欺宣伝にしかロマンを感じない阿呆が多すぎて絶望しかない
49  不思議な名無しさん :2019年03月16日 13:58 ID:zqs8rOSh0*
最近のロステクなら、大和の46cm主砲の砲身も技術が断絶して作り方が
不明になってるそうだね。日本刀と同じか。
50  不思議な名無しさん :2019年03月16日 14:13 ID:xmVleNqj0*
ナスカモアイピラミッドとかあんだけ巨大で見返り薄い事業の実施を
宗教・文化・示威行為で軽く片付けられるのはどうも腑に落ちないし
作ったあと明らかに邪魔だけどどうしたって観点も抜けてる気がする
「当時でもやれた」から本当に作られたかは違うと思うんだ
51  不思議な名無しさん :2019年03月16日 14:15 ID:cr0iA0pU0*
元スレ155は
ジャレド・ダイヤモンド著「文明崩壊」で紹介されてるね。
江戸時代の日本についても
森林の管理と人口のバランス調整に成功した例として照会されてる。
その矛盾を当時は正式に日本領に組み込まれていなかった蝦夷地(北海道)に
押し付けていたというところまで言及してる。
細かい突っ込みどころは多々あるってことを頭に置きながら読む必要はあるが面白い本だと思う。
52  不思議な名無しさん :2019年03月16日 14:18 ID:6L.Te9l60*
水晶髑髏はダイヤ研磨剤の跡が水晶量産してる町のものと一致したみたいなこと言ってなかったっけ?
昔よんだ本で唱えられてた職人の一家が代々ものすごい時間をかけて削り出した魂の一作っていう説ホント好きだったんだけどなぁ
53  不思議な名無しさん :2019年03月16日 14:22 ID:cr0iA0pU0*
※33
お隣の半島でも北と南の国で言葉の意味がすでに違ってきてるんだって。
何年か前に向こうの国語国文学の研究者の南北会議やって
とんでもなく意味が乖離している単語が多々あるということが確認されたそうな。
54  不思議な名無しさん :2019年03月16日 14:29 ID:PtZ3XC740*
人類の歴史はどんどん過去にさかのぼり続けてるみたいだし
何があってもそこまで驚かんけどな
55  不思議な名無しさん :2019年03月16日 14:33 ID:.KoSf7uK0*
こういうの見るとワクワクするしアサクリしたくなる
56  不思議な名無しさん :2019年03月16日 14:46 ID:UZJJ.GGj0*
※50
奈良の大仏さん「ほ~ん、お前の中ではそうなんだろうな、お前の中だけでな」
57  不思議な名無しさん :2019年03月16日 14:51 ID:Po4TIcYv0*
疑問なんやがアンティキティラデバイスってあんな朽ち果てたパーツ1つからどうやってそんな高精度があるってわかったんや?
考古学っていい加減な学者も多いし工学の専門家でもなんでもない歴史学者が予算が欲しくて適当なこと言ってるだけじゃないの?
58  不思議な名無しさん :2019年03月16日 14:53 ID:Po4TIcYv0*
※49
単に当時の設備がなくなったからやろうとすると物凄く大変ってだけでやる気と予算があれば同じものは作れる
59  不思議な名無しさん :2019年03月16日 15:12 ID:j8I.Z5.m0*
モヘンジョダロのガイガーカウンターうんぬんって、広島ですらもはや反応しないレベルなんだから当たり前じゃね?
60  不思議な名無しさん :2019年03月16日 15:17 ID:4KO7eyj30*
三葉虫を踏んでる足跡の化石は?
61  不思議な名無しさん :2019年03月16日 15:53 ID:GlxO6WBV0*
アンティキラデバイスはピタゴラスさんが作ったんやろ?前にNHKかなんかのドキュメンタリーで見たで
なんやどっかの国の王様が色々聞き出す為に生け捕り命じたのに現場の兵士がアホでピタゴラスの首だけ持ってったらしいわ
62  不思議な名無しさん :2019年03月16日 16:27 ID:6L.Te9l60*
米59
ガイガーカウンターはまさにその通り
だけどモヘンジョダロの遺跡にあると言われていたガラスになった町そのものがない可能性がある
研究者がガラス化した石をとったガラスになった町を訪れているにもかかわらず写真がないってのもかなり怪しい
胸キュン要素多いけど嘘である可能性が高そう
63  不思議な名無しさん :2019年03月16日 16:50 ID:LGIvLHCG0*
>>40
ユーグリッドとかが早い段階で学問のシステム作ったのがでかいわ
それまでは経験則だったしな
64  不思議な名無しさん :2019年03月16日 16:56 ID:JiXVJEl80*
古代ギリシャは、都市国家群でそれぞれが民主国家だったから、学問・技術が大幅に発達したのかもね。古代ローマは、古代ギリシャの都市国家群を占領して、そこから学問・技術を吸い取って行った。今のローマに残って遺跡は、すべて古代ギリシャから来ている。
だから、ヨーロッパが発達したのは、古代ギリシャ都市国家群があったから。
65  不思議な名無しさん :2019年03月16日 17:13 ID:1EGmTC0J0*
※9 あれはホントに神回
いまだに録画したの保存してるもん
66  不思議な名無しさん :2019年03月16日 17:43 ID:LGIvLHCG0*
>>25
どうせ惑星だけのシミュレーション見たんだろうけど他の星は普通に回るからな「ほとんど」で十分許容できる範囲だと思うわ
理系の知識があるのは立派だけどもっと日本語を学んだ方がいい
67  不思議な名無しさん :2019年03月16日 18:10 ID:d7kSYuzE0*
※64
大カタストロフでヒッタイト、エジプト、ミケーネなどの
当時の先進文明が持っていた技術・知識が拡散したこと、
その拡散の道中にギリシアがあったことが大きい。
発展は位置関係によるものだよ。
68  不思議な名無しさん :2019年03月16日 19:29 ID:EpIqKWxJ0*
機関の妨害がこんなところにまで…!
69  不思議な名無しさん :2019年03月16日 19:43 ID:GUJYD5WZ0*
こういうのって元を辿れば数学じゃん?
過去の時代に天才がいて、たまたまひらめいた数式用いて現代以上の代物作っても不思議じゃないよな
70  不思議な名無しさん :2019年03月16日 19:50 ID:ELMwMjiQ0*
※61
ヘウレーカ!
71  不思議な名無しさん :2019年03月16日 19:57 ID:T.iwa4Sr0*
あんな錆だらけの歯車がなんでそんな高度な天体観測が出来る機械だってわかるのかが謎、歯車の作られた年代は正しいのかもだけどその用途や説明の方を盛られてる可能性…
72  不思議な名無しさん :2019年03月16日 19:57 ID:nefYNXPK0*
バグダッド電池は偶然じゃなくてちゃんと作られたヤツだけどな。金箔を貼り付けるときに電流を使ってた。

理科の教科書に世界最古の電池って紹介されてた。
73  不思議な名無しさん :2019年03月16日 20:03 ID:OCc.CdPk0*
これだけ解明されてる中に一つでも解明されてないのがある逆に燃えるなw
74  不思議な名無しさん :2019年03月16日 20:35 ID:Cx5grWqm0*
>>32
何年か前にNHK BSの「コズミックフロント」で、どういう経緯で解明されていったかがかなり詳細に語られてたよ

詳しく覚えてはないけど「なるほどすげー!」て思いながら見た記憶がある
75  不思議な名無しさん :2019年03月16日 20:48 ID:6UVmGi0M0*
水晶ドクロが仮に現代のものでも現代技術での作成は困難って話だからオーパーツには変わりないんじゃないのか?それとも今は作れるようになってるのか?
76  不思議な名無しさん :2019年03月16日 20:53 ID:8x4WWCCP0*
>>2
あれほんとは回転研磨する工具とかドリルの加工跡が見つかった
あとはダイヤモンド研磨剤も見つかった
炭素測定方以外で突き崩した
77  不思議な名無しさん :2019年03月16日 23:03 ID:.pgJwFUD0*
なお調べれば分かるし、画像もいっぱい出てくるが、錆びにくいというだけでクロムメッキなぞ傷が少しでも付けばあっという間に錆びる
数千年を経て剣が錆びてない…ってそりゃメッキのおかげじゃなくて別の要因だよ
好意的に解釈すれば、水や空気に触れない環境にあった、とか
懐疑的に解釈すれば、どこかで誰かが嘘をついている、とかね?
78  不思議な名無しさん :2019年03月16日 23:12 ID:4cS9alve0*
>>75
そもそも「現代技術での作成は困難」ってのがペテン。実際は現代の職人が普通に作った。
79  不思議な名無しさん :2019年03月16日 23:13 ID:DwX9T1A30*
(核戦争レベルの)超古代文明はなくても、未発見・非人類の(中世レベルの)古代文明はいっぱいあったのかもなー
80  不思議な名無しさん :2019年03月16日 23:13 ID:.IwXIgNm0*
>>75
できるよ
てかそもそも地元の土産物店で作ってたのを発掘品として売り捌いた例もあるくらい
あとドクロも実は1個だけじゃなくて似たようなのが世界じゃうにある
どうも1900年代初頭に作ったもんが多い見たい
81  不思議な名無しさん :2019年03月16日 23:32 ID:6TvCX2UZ0*
ドイツで見つかったっていう星座盤みたいなやつ
月とか太陽とかほんのぽっちり星があるだけなのに、プレアデス星団があるって気になるな。
星空を肉眼で見てて目立つ星団じゃないよね?

チャネリング界隈でよくプレアデス星人の話題でるけど、宇宙人がプレアデス星団から来て地球の未開人に知識を授けて、ここが我々の星だよって教えてたりなんて妄想が捗る
82  不思議な名無しさん :2019年03月16日 23:41 ID:McrUL1Zx0*
螺旋階段は作ろうと思えば作れる
階段そのものが支柱の役割も果たしている
謎とされているのは1人、短期間でどうやって作ったのか
材料もどこから調達したのか、という部分
83  不思議な名無しさん :2019年03月17日 01:20 ID:Kft2YFe70*
>>32
本当に疑問に思ってるならWikipediaくらい読もうな
84  不思議な名無しさん :2019年03月17日 01:23 ID:iaR5d1ls0*
当時の科学技術でできることをやってるだけで古代ギリシャを舐め腐ってるだけやんけ
85  不思議な名無しさん :2019年03月17日 02:28 ID:MyDbkv180*
歩くモアイは茶番だよなー
直後の写真にもあるけど、地中に埋められている地上の倍の長さを完全に無視している
元スレにあるとおり、丸太のコロが現実的
86  不思議な名無しさん :2019年03月17日 02:35 ID:4cX0aKDy0*
ヴォイニッチ手稿ここで初めて知ったけど面白い
87  不思議な名無しさん :2019年03月17日 03:23 ID:Ek2wwN3S0*
誰かが言ってた、スフィンクスの耳の後ろ?の秘密の扉が気になる
88  不思議な名無しさん :2019年03月17日 03:51 ID:jI3br.lp0*
>>14
やたらスケールダウンさせたがってるけど、じゅうぶん凄いことだからなそれ
89  不思議な名無しさん :2019年03月17日 05:31 ID:IIioAO.P0*
>>86
ロードオブザリングってあんじゃん?あれ作者が一から全部作ってんだよね
気候も地形も文化も植生も生態系も歴史も、言語すら作ってる
世の中時々異才は現れるもんよ
90  不思議な名無しさん :2019年03月17日 05:53 ID:IIioAO.P0*
>>66
あれは当時のまだ正確な観測ができない時代だからこそ“十分許容できた”だけであって、今で言う公転する地球の周りをさらに月が公転する軌道なんだから現代になってまでそれを“普通に回るからな”と擁護するのはちょっと無理が…実際観測技術が発達したらさらに二重三重に別の公転軌道組み合わせないと成り立たなくなったし
91  不思議な名無しさん :2019年03月17日 06:05 ID:IIioAO.P0*
>>50
>ナスカモアイピラミッドとかあんだけ巨大で見返り薄い事業の実施を
宗教・文化・示威行為で軽く片付けられるのはどうも腑に落ちない

それは実利を取る現代人の価値観、現代ですら創価学会やオウム真理教みたいに見返りを求めない奴らは大勢の居るし、古代はそれらが最高権力であり協力すること自体が義務であって見返りであった
あと現代だってアメリカみたいに土地があるなら街ごと放棄(デトロイト)するし、諸事情で解体できないなら街の中に放置する
ぶっちゃけると示威行為なら片付けなんて発想すらないでしょ、まさか天皇家の墓とか家をぶっ壊したりしないでしょ…
92  不思議な名無しさん :2019年03月17日 07:40 ID:O.Efm2ns0*
ページ数多くて読みづらいブログだな
2ページにまとめればいいのに
93  不思議な名無しさん :2019年03月17日 08:10 ID:qpF4a5NP0*
フェルヌクパンも忘れるな
94  不思議な名無しさん :2019年03月17日 09:00 ID:RbAxv1.V0*
スフィンクスってピラミッドよりもはるか前からあったらしいな
しかも表面に水に浸かった痕跡があるとか
95  不思議な名無しさん :2019年03月17日 09:43 ID:FLOwQir50*
>>4
アレは多分四年に一度くらいで国をあげて行われる『石球コンテスト大会』みたいなのがあって、各地の職人達が仕事の合間にコツコツ作ったのを持ち寄って品評会をしてたんだと思う。
よくできた石球は神への捧げものとされてソレを作った者には栄誉と褒美が与えられたんだと思う。
時間と情熱と根気があればつくれるとおもう。
96  不思議な名無しさん :2019年03月17日 09:46 ID:FLOwQir50*
>>5
現物がサビサビなのにどうしてそこまでの精度があった事がわかるかってんだよなぁ

あと、
「現代では認知されていない16種の天体の予測装置がついてるぞ」
ってそれは間違ってるって事なのではないのかな
97  不思議な名無しさん :2019年03月17日 13:02 ID:7M2JGz740*
>>29
みかんに二種類の金属指してみ
98  不思議な名無しさん :2019年03月17日 13:56 ID:72Jz2..50*
電池は別の用途だとすると、なぜああいう構造なのかの説明がやや弱い感じがする。封については使用済みで使えなくしたとも考えられそう。構造的にあるいはコンデンサかもとも思ったけど、容量が小さすぎて落雷でもない限り充電できなさそう。
99  不思議な名無しさん :2019年03月17日 14:02 ID:CTkx09I.0*
どの時代にも天才がいるけど、そういう人が作ったってことなんだろうなと思う
ヴォイニッチはたぶん厨二病みたいな奴が適当に文字作って遊びで書いたとしか思えんけどな
今でもわけのわからん文字と絵を使って落書きしてる子供いるのと同じように
100  不思議な名無しさん :2019年03月17日 14:15 ID:yaGwZu110*
シュメールが突然始まったとか、にわかか?
ちゃんとウバイド期などの先行文明期が有ったんやぞ。
101  不思議な名無しさん :2019年03月17日 14:16 ID:yaGwZu110*
>>98
バザーで販売されてたジュース(果実酒)説。
102  不思議な名無しさん :2019年03月17日 14:22 ID:yaGwZu110*
>>94
ピラミッドって、どのピラミッドや?
古王朝時代ですら上下王朝が別々だった時代から500年ぐらい経っとるんやぞ。

スフィンクスも、作られた時期は判ってるけどどの王が作ったか決定的な証拠が無いだけや。
103  不思議な名無しさん :2019年03月17日 14:27 ID:VLw9DwHd0*
コスタリカの石球って言うほどすごいのか?
泥団子作る感覚で作れそうだけど
てか石工術とかに関しては現代より古代のほうが技術的に優れてるだろ
104  不思議な名無しさん :2019年03月17日 15:29 ID:FLOwQir50*
>>94
水に浸かった跡があるのはすぐ近くを川が流れていたから
氾濫した時などは間近にまで迫っていた
その様子は写真にも残っている
建築時はその水運で建築資材を運搬していた説もある
あと現在でも地下水とその塩分に侵食され続けているとも聞く
なんら不思議ではない
105  不思議な名無しさん :2019年03月17日 16:37 ID:xc7mWnt30*
水晶髑髏や似た感じの硬いもの削る系は火の鳥で水滴で岩削って作品作ってる和尚出た時に「あっこれかぁ…」って小学生当時の俺でも気づけたからそれじゃないかと思うが…
106  不思議な名無しさん :2019年03月17日 16:38 ID:WFce9fpx0*
最近のだと埼玉で作ってた砲丸投げ用の砲丸がオリンピックとかでシェアのほとんどをとってたけど
職人の爺さん死んじゃったから再現出来ないらしいな
107  不思議な名無しさん :2019年03月17日 21:35 ID:4nluHpiy0*
カブレラ・ストーンは最初発見したのは本物で村人に同じ石を持ってきたら
買い取ると言って偽物作られたんじゃないの?
ネズミの買い取りと同じ感じで
108  不思議な名無しさん :2019年03月17日 22:36 ID:YWdRe9P80*
コスタリカの真球!
画像検索だ!
……………えーと真球って何だっけ?
109  不思議な名無しさん :2019年03月17日 22:51 ID:CFxHOTXh0*
金と必要性がないだけで今の技術でも作れると言う馬鹿がいるが、理論的に作ることが可能ということと実際に昔に作られたという事実とは天と地の差がある。

110  不思議な名無しさん :2019年03月17日 22:56 ID:YWdRe9P80*
>>94
その説唱えてる教授の名前を英語で検索してみよう
アメリカのAmazonで著作が引っかかるけど、バリバリの超古代文明論者なのよね…
なお、「神々の指紋」を書いたグラハム・ハンコックと親交があるらしく、一緒に写ってる写真も出てきた(白目)
111  不思議な名無しさん :2019年03月18日 08:02 ID:wpiVkmrJ0*
>>1
多分なんjの子供達が不思議ネットの記事コピペしてスレ立てたのをまた管理人がまとめたんじゃない?
112  不思議な名無しさん :2019年03月18日 11:43 ID:qtil9jEh0*
「現代の技術でも不可能!」って言い張ってた超誇大文明論者に対する枕詞に対して、いきなり痴呆症を発症する子はまあどうでもいいんだけど
そういえばバールベックの南方の石、重さを2000tとか誇大に見積もって
「現代のクレーンでも運搬不可能!」
って散々言ってたなぁ超誇大文明論者
…現代のクレーンなら動かせるんだけど、それ以前にあの石、石切場から全く動かされてないんだが
「動かされていないという証拠はない!」
…あのね、とても重要な話なんだけど、あの石、基底部が岩盤と繋がったままなのよ?
「トリリトン!」
…あのね、そっちは出土物から運搬方法と設置方法まで判明してるのよ
113  不思議な名無しさん :2019年03月20日 10:01 ID:.iMqUE.C0*
シュメール人さ、今のカラコンや黒コンつけてる女と似てる気がするんだが
タイムマシン??
114  不思議な名無しさん :2019年03月21日 00:25 ID:2fVCoCK20*
サグラダファミリアも東方から来たりしタヌキ顔な石工のおっさんが
250年はかかるところを一晩で完成させたことになるんだろうなぁ
115  不思議な名無しさん :2019年03月24日 14:07 ID:K6BCjGHQ0*
兵庫県の高砂市にある石の宝殿神社にも不思議な巨石がある。
おそらくは古代の古墳の石室用に切り出そうとしたんだろうけど、切り出す技術と運搬方法とか、古代にどうやったのかとわくわくすると同時に「動物扱いの奴隷」さんらが使い捨てにされてた可能性も高いので萎える部分もある。
116  不思議な名無しさん :2019年03月25日 19:48 ID:ST2OcSrQ0*
誰か※43にも突っ込んでやれよ
117  不思議な名無しさん :2019年03月27日 11:49 ID:dCRqLefz0*
大石球、これは人の手では絶対に作り出せない!
石工「タガネとハンマーで作れたぞ三日かかったけど」
「ひえ~寸法ほぼ正確じゃん」
「石工ナメんな」
118  不思議な名無しさん :2019年03月31日 02:38 ID:B9VwZUEo0*
越王勾践剣 は偽物
119  不思議な名無しさん :2019年04月04日 00:45 ID:bdwciHRa0*
「プマプンク遺跡」
「南米のボリビア国、ティワナクにあるプレ・インカ期の遺跡」
「多数の巨石のH型ブロック。すべてが同一設計、同一サイズ。つまり、高度な設計図に基づいている」
「古代ティワナク人(先住民アイマラ族の先祖)は文字も数字も持たない人々だった。だから、彼らには高度な設計図を描くことができない」
「誰が設計図を描いたのかが謎のまま」
「つまり、古代ティワナク人とは別種の「古代の未知の科学技術者」が実在したのだ」

「以下の仮説はアメリカの工学技術者、Christopher Dunn氏が発表した」
「巨石のH型ブロックはプレハブ工法の巨大部品である」
「巨石のH型ブロックには蟻継ぎ(ありつぎ)の構造の特徴がある」
「巨石のH型ブロックは巨大な蝶番(ちょうつがい)の部品であり、超巨大な石材のドアを開閉させる仕掛けだった」

「多数の巨石のH型ブロックは1個が約2トン。それが100個ぐらいある」
「巨石の加工品で最大のものは131トン」
「石切り場は数十キロも離れた場所にある」

「プマプンク遺跡は標高4000m」
「日本で一番、高い富士山の山頂が標高3776mだから、これよりも高い場所だ」
「これだけの巨石を人力、ころ、ロープで運んだのか? しかも平地ではなく、上り坂なのに?」
「標高4000mは低酸素だ。人間の49%が高山病にかかる」
「しかもティワナク全体も標高が高いから、寒冷地だ。広大な農業用地なんて作れない。大量の食糧を生産できない。だから、大量の人員を動員しても、彼らを飢え死にさせてしまうのがオチだ」

「「古代の未知の科学技術者」は大量の巨石を少人数で楽々と運搬したような印象がある。標高4000mの低酸素の寒冷地へ」
120  不思議な名無しさん :2019年04月10日 14:46 ID:DnCxjk160*
2000年後くらいには月面着陸もオカルト扱いされるのかなぁ
121  不思議な名無しさん :2019年04月10日 15:29 ID:mExRfY9I0*
建造物とか重量物なんかは学者や一般人が見たら現代で再現不可能とかいうけど、
職人が見たらほとんど出来そうと考えると思う。
122  不思議な名無しさん :2019年04月17日 12:51 ID:rJHRadH90*
オーパーツなんてものは妄想の中で話を盛るもの。
123  不思議な名無しさん :2019年04月18日 08:16 ID:q5grcj9A0*
オーパーツとロストテクノロジーの区別がつかないやつ多すぎちゃう?
124  不思議な名無しさん :2019年04月23日 00:13 ID:Me45.pcZ0*
天文分野を考えると数千年前の空気なんて綺麗に決まってるし月も今より近くにあった
視力も良さそうだし星なんか相当はっきり見えただろうな
125  不思議な名無しさん :2019年04月24日 09:01 ID:N8AfVnR60*
>>37
プマプンクは惹かれるよね!
126  不思議な名無しさん :2019年05月08日 10:36 ID:zTFKgQiK0*
仮にピラミッドの建造目的として、前もって言ってきたので、まっとうに理解力があるはずの世界が、それをミスリードしたら、
してはならないはずだから、これで決定的なことが起きないことが、まず許されないのが人類になる。
127  不思議な名無しさん :2019年05月13日 22:44 ID:q86.vAzE0*
世界中で発見されて石玉は大古に海だった地層から発見されている
その成分はカルシウム等で貝等の海洋生物が地中で死んだ状態で化石化したもの
こないだテレビでやってたな
128  不思議な名無しさん :2019年05月13日 23:48 ID:2F53d0pp0*
こういう系の話はさ、初めに聞いてスゲーと感じて→実際はもう解明されてます
オーパーツじゃないですという記録を読む→どや顔で知ったかするやつ。
それでも中立な考えで情報集める奴に分かれるよな。
子供にサンタはいないと得意げに言うやつ。
俺はそれでもサンタの元は?とかそもそも何故サンタに?と考えるのが好き。
考古学とかは修正して修正してのくり返しだし、身のふたもないこと言うと
実際のところは過去に戻って見る事は出来ないから。
でも考古学とかの楽しさは、現代の物凄い一点物の腕時計があったとして
部品バラバラで設計図もない、そこを素人が一から作り上げ「あーでもない」
「こーでもない」を繰り返し作り上げるが
それが正解なのかは分からない、それに近い。
ある時点でこの建造物は○○と判明した、それでもまだ試行錯誤の途中なんだよね

なので「それはもう判明してる」とか断言するのはどうかと思うね。
そういう人はどの段階を経てきたのか気になるね。
大人に「そんなもんできるわけないだろ」そう言われ悔しい思いをしてきたのに
いざ大人になると同じ事言うんだなとがっかりしますよ。
129  不思議な名無しさん :2019年05月16日 14:15 ID:.zpVWLee0*
最近何かで読んだんだけどね、ローマの円形闘技場の杭を調べたら
地震波を打ち消すような配置だったんだって、それも驚きだよね
130  不思議な名無しさん :2019年05月17日 14:28 ID:1q0dOlJ70*
中国の偽物はガチとか連呼してるレスを見ると移民推奨で民度が落ちるだけ落ちてるのを肌で感じる
131  不思議な名無しさん :2019年05月18日 04:13 ID:UEwK4LLs0*
始皇帝のクロムメッキは、当時の塗料に使われていた成分が残ったのだそうな。
それが化学分析で検出されただけ、ということらしい。
錆びなかったのはメッキの御蔭ではなく、埋められた土質的な影響だと。
ナショナルジオグラフィックには、そういう記事が載ってたよ。
132  不思議な名無しさん :2019年05月18日 04:21 ID:UEwK4LLs0*
あ、ナショジオ記事というより、「英ユニバーシティー・カレッジ・ロンドンと中国、秦始皇帝陵博物院の研究者から成るチーム」の成果論文だと。
133  不思議な名無しさん :2019年05月18日 04:23 ID:UEwK4LLs0*
2019年4月4日付けで学術誌「Scientific Reports」に発表された論文だそうな。
134  不思議な名無しさん :2019年05月18日 04:36 ID:UEwK4LLs0*
越王勾践剣のクロムメッキについても、
わざわざリンクされてるwikiをみてみたけど、クロムメッキとは書いてない。
むしろ、以下のとおり否定的な内容だと思うが・・・

「1977年復旦大学と中国科学院は近代的な手法蛍光X線で解析を行った。」
として、次に「元素量の割合」の表を示してあるが、そもそも「クロム」が出てこない。そして、「表面の模様には硫黄が多く含まれ変色を抑えていることが判明した。この結果から、化学組成が空気を遮断する鞘と同じ効果を発揮し状態のよい保存となった可能性が高いと考えられる。」とある。

クロムメッキ説、どこから出て来たんだ・・・?
135  不思議な名無しさん :2019年05月21日 02:54 ID:pcY9OEwU0*
※15

本格的にシュメール文明が成立するまでに数千年以上の歴史があるんですけどそれは無視かよ。中石器→新石器→ハラフ文化→ウバイド文化→ウルク期、これらを経てようやくシュメール文明が登場するんだぞ。
136  不思議な名無しさん :2019年05月21日 03:02 ID:pcY9OEwU0*
※129

建築の専門家が解説文でわざわざ驚異的!と感嘆符付きで言及するくらい凄まじい構造だっらそうだ。例として挙げるならあるローマ時代の階層型のコロッセウムが円形の土台の真ん中を柱が貫く構造だったのだが、なんと柱以外に土台を支える物が無かったという。どうやってそんなもん作ったのか誰にもわからんらしい。
137  不思議な名無しさん :2019年05月21日 10:49 ID:EHV9LuUQ0*
電池は金メッキのスプーンが発掘されてて使用目的は解明されてる。
錬金術だから技術継承は行われなかったんだろう。
138  不思議な名無しさん :2019年05月21日 18:08 ID:HVHNBsGL0*
ドイツ調査で異常に古いものが見つかる・・・ってまたかよってくらいあるあるなんだよなぁ・・・。
あいつら何か年代いじくってるんじゃないかと疑いたくなる。
139  不思議な名無しさん :2019年05月21日 18:39 ID:HVHNBsGL0*
ギョベクリ・テペ ドイツ人調査で12000~10000年前
テル・ハラフ   ドイツ人調査で8000年前
↑この2つはすぐ近くの遺跡
テル・ハラフから見つかった狩りを描いた玄武岩製の浮き彫り(紀元前850年から830年頃)  多分他の学者は3000年前

この3つ、どれも同じ様な浮き彫りに見えるんだけど、1万年近く変わってないとでも言うのだろうか。縄文土器ですら進化してるのいに

 
 
上部に戻る

トップページに戻る