不思議.net

怖い話・オカルトまとめブログ

アクセスランキング(5日間)
    本日のおすすめニュース
    本日のおすすめニュース一覧
    16

    『蛇田』『差し入れが多くなった理由』『いつまで』他 何でもいいから怖い話を集めてみない?



    157: 本当にあった怖い名無し 2012/10/16(火) 17:36:46.38 ID:U5R8ZsYR0
    蛇田
    自分らの地域で実際にあった出来事なんだけど落ちも何もないんでここに書く
    自分の住んでるところは田舎の中核都市で
    田んぼはなくなってくけど家はあんまり建たず人口は増えも減りもせず
    郊外に大型店はできるものの駅前の小売店は軒並みシャッターを閉めてるようなところだ
    自分の家のまわりも田んぼだったんだが
    県立大学のキャンパスが分かれて移ってくるってんで
    そのあたりだけ急にバタバタと建物ができた
    学生めあてのアパートが多いんだが、その他にも飲食店とかいろいろだな

    で、田んぼの中に一枚だけ地元では「蛇田」と呼ばれる一枚があって
    そこは田んぼの南の隅に竹と藁で作った簡単な祭壇が設けられてあった
    ちょうど盆送りの棚みたいな感じで
    月に何回かお供物があがっているのを見たことがある
    これがアルミホイルにのせた鶏肉なんかで
    そんなことをすればカラスが来るだろうと思うだろうが
    自分が見たかぎりでは荒らされて様子はなかった

    不思議な体験を語るスレ『山のご馳走は誰のもの?』『不思議な蛇の死』他
    http://world-fusigi.net/archives/9277333.html

    引用元: 何でもいいから怖い話を集めてみない?Part2



    158: 本当にあった怖い名無し 2012/10/16(火) 17:37:28.34 ID:U5R8ZsYR0
    興味深かったんで小学校の行き帰りに遠回りしてのぞいてみたこともあったが
    お供物は次の朝にはなくなってる
    野犬が食べたような汚らしい様子はないから
    その家の人が夜にかたづけてるのかもしれない
    この話は家族にもしたことがあるけど
    遠くからムコにきた親父はまったく要領を得なくて
    母親のほうはその話をしたくないらしくすぐに話題をそらしてたな

    その田んぼの持ち主は専業農家で
    かなり広大な耕地を持ってて人に貸したりもしてたんだけど
    その蛇田だけは当主の老夫婦が手植えで毎年稲を植えていた
    かなりの重労働なんだけど、ここだけは近所でもだれも手伝わず
    みなそうするのが当然みたいな雰囲気だった
    収穫したここの米も卸には出さず自分らで持ち帰っていたようだった

    ところがその老夫婦が相次いで亡くなって
    大学のキャンパス移転にかかって売りに出された
    で、その田んぼも含めた敷地に大きなスーパーマーケットができることになった
    老夫婦の子どもは数人いたんだけども地元には残っていなくて
    家屋敷をすべて売って遺産分けしたという話だった

    ただこの蛇田を売ったことについては地元での評判はよくなかった
    特に古くからの人たちは町内会でいろいろ批判も出てたらしい
    母親も、田んぼをやめるならせめて死に地にしておけばいいのにみたいなことを言ってた
    例によって理由は教えてくれなかったけど
    蛇田は建物本体ではなく駐車場の一部になった

    159: 本当にあった怖い名無し 2012/10/16(火) 17:38:05.16 ID:U5R8ZsYR0
    スーパーは大資本のチェーンではなく
    県内の別の市からきた夫婦が自分らで経営する小さな店だった
    自分も何回か会ったけどどちらも50代初めくらいで
    旦那さんの早期退職金と、あとは銀行からかなりの借金をして始めたらしい
    気さくでやる気にあふれた人たちだった・・・初めのうちは

    そのスーパーで開店セールをやるってんで
    母親に連れられて行ったんだが
    母親はその蛇田の駐車場に車を停めず、近くの道に路上駐車した
    「今どき何も起こらないだろうけど、近寄らないにこしたことはないから」と言って

    で、学生も来るようになって初めの一ヶ月はけっこう繁盛してたと思うけど
    すぐに事故が起きた
    駐車場に停めてあった車が車両火災になったんだな
    タバコとかが原因ではなくて電装関係のトラブルらしい
    その車は全焼して隣の車にも影響があったが幸いケガ人はなかった

    そしてそれから2週間ばかりして
    深夜その駐車場で焼身自殺があって、大学の男子学生だった
    ガソリンをかぶって火をつけたんだな
    その夜は救急車や消防車のサイレンがやかましくて
    起きて野次馬をしにいった母親が事情を聞いてきた
    原因はノイローゼだとも失恋だともいろいろ言われてたんだけど結局は不明

    160: 本当にあった怖い名無し 2012/10/16(火) 17:39:15.05 ID:U5R8ZsYR0
    その現場が蛇田で、祭壇があったすぐ近く
    自殺の跡は黒いシミになって後からその上にさらにアスファルトをかぶせて段になった
    で、当然ながら気味悪がってその近辺には誰も車を停めない
    この事件以来、スーパーの人の入りががくっと悪くなった
    最初は数人いたパートの店員も一人やめ、二人やめって感じで
    できて二ヶ月後には夫婦二人だけで切り盛りするようになった
    夜の仕入れとかもあるため、スーパーには旦那さんが泊まり込んでたけど
    開店の当時からするとげっそりと痩せて笑顔がなくなった

    その頃、自分は中学生になってたんだけど
    日曜日に友達が家に来るから菓子類を買おうとそのスーパーに入ってみたんだ
    そしたらレジに油気のない髪の奥さん
    そして生鮮食品売り場に旦那さんがいてガラス戸の奥で魚をさばいている
    商品は仕入れが少ないらしく開店時よりだいぶ減ってスカスカの状態で客は自分一人だけ
    で、店の中は少ない商品が中央に集められて
    店の片側に段ボール箱が天井あたりまで積まれてる
    それはちょうど駐車場のほうが見える窓で、まるでそちらの方を見たくないってふうに感じた

    自分がポテチとかを選んでると、ダン、ダンという音がする
    旦那さんが奥で魚を切ってる音なんだけど、やけに強くて力が入ってる
    それで生鮮品売り場の方に見に行ったんだけど
    そこらはひどい嫌な臭いがする
    腐った臭いとはまた違って、何というか自分はタバコは吸わないんだけど
    吸い殻のいっぱい詰まったバケツに水を入れたときのような臭いがする
    見れば並べある肉も魚もなんだか乾いてぱさぱさした感じで
    古いのかと思ってパックの賞味期限を見れば仕入れたばかりのものなんだな

    161: 本当にあった怖い名無し 2012/10/16(火) 17:40:44.48 ID:U5R8ZsYR0
    旦那さんがガラス越しに魚を切ってるのが見えるけど
    こっちの方を見もせず下を向いて包丁に力を込めてる
    切ってるのは魚だと思うがガラスの下でよく見えない
    ただその魚が動くのを片方の手で押さえてるような動きで
    すると旦那さんが「あちっ」と叫んで押さえていたものが伸び上がって
    それが見間違いだと思うけど大きな蛇の頭に自分には見えた

    「いやだ!」と思って走ってレジにいき買った物を投げ出すようにレジに置くと
    奥さんが無愛想な顔で精算して、レシートを渡すときにじろっと自分の顔を見て
    「・・・あんた○○中学校の生徒だね、学校行ったら他の生徒にうちで万引きしないように
    話してくれる・・・あんたらの校長に電話かけてもらちがあかないんだよ・・・」
    とものすごく無愛想な声で言ってきた

    そんな感じでいやーな気分で店を出たんだけど、
    飲み物を買い忘れたことに気づいてもう店にもどるのはいやだったんで
    外の自販機でペットボトルを何本買った
    そのときに横にあったゴミ箱のビン・カンのほうだけ中身があふれてたんで
    ペットボトルのほうをのぞいてみたら
    シマヘビだと思うけど、うねうねと何匹もからみ合って中で球になっていた
    あわてて後ろに飛び退いて
    何で買い物するだけでなんでこんな
    お化け屋敷のような目に遭わなければならんのかと思いながら帰った

    162: 本当にあった怖い名無し 2012/10/16(火) 17:43:23.36 ID:U5R8ZsYR0
    夕食の時に母にその話をすると
    「やっぱり蛇田だから、そろそろ準備しとかないと」みたいなことを言った
    それから2週間してスーパーの夫妻が首を吊った
    それが駐車場のあの祭壇があった場所、焼身自殺の場所のすぐ近くに
    物干し台を持ち出して二人並んで
    ただ物干し台だから両足とも地面に引きずるような形になってたって噂だ

    それからそのスーパーは後を継いで経営する人もなく
    取り壊されもせずに心霊スポット化したが
    事情を知ってる地元民は絶対に近寄らない、特に駐車場は
    大学生が肝試しにいくらしくていろいろよくない話が聞こえてくるが
    人が死んだりはまだしていないと思う

    蛇田についてはよくわからないけども
    田んぼの持ち主だった老夫婦の先祖が何か蛇と約束をして
    そこで獲れる米とお供えを捧げる約束があったという日本昔話みたいなのは聞いた
    だけどそれだけではなく聞かせてもらえないことがまだあるような感じがする
    これで終わり
    書いてみると思ったより長文になった
    自分の文章がまずいせいだろうスマソ

    164: 本当にあった怖い名無し 2012/10/16(火) 22:03:07.94 ID:tOPA3ePS0
    >>162
    ぞっとした。
    淡々とした文章だけど、それが余計怖い。

    293: 本当にあった怖い名無し 2012/10/29(月) 05:40:45.36 ID:VJXVxKMd0
    上で「蛇田」の話を書いたもんだけど
    あれを書いてから自分でも妙に好奇心がわいてきて由来を調べてみた
    で、わかったことがあるんで投下する
    うちの母親は教えてくれないし近所でも聞きにくい感じがあったんで
    この隣町に住んでる中3のときの担任の先生を思い出して話を聞きに行った
    先生は男で社会科担当、数年前に教頭で退職して
    今は市史編纂室というとこで嘱託で仕事をしている
    地元の新聞社から郷土史の本も出してるんでもしや何かわかるかと思ったんだ

    久しぶりに会った先生は自分から要件を聞いてかなり驚いていたが
    スーパーの件は耳にしてたらしく
    それほど嫌な顔もせず昔のことをいろいろと話してくれた
    自分の住んでる町内は旧道と呼ばれる一本道沿いの家が昔からの集落で
    その一帯はほぼ同族だったために今でもある同じ名字の家が並んでる

    旧道はずっといくとだんだん山に登るようになってて
    突き当たりが集落の氏神だった小さな神社
    その手前に蛇田の持ち主だった老夫婦の家があった
    ただ老夫婦の家はその昔は分家で、そこは本家だったということだが
    本家に養子に入るという形で何代か前に移ってきたらしい

    294: 本当にあった怖い名無し 2012/10/29(月) 05:41:23.87 ID:VJXVxKMd0
    その本家は名主格で、かなり広い田地があってそのほとんどを小作人に貸していた
    分家は蛇田のあった場所にあり旧道からはだいぶ離れてる
    で、分家はわずかな田もあったが家業は薬屋で
    蛇・・・たぶんマムシから取った強精剤のようなものを
    製造して行商の薬売りに卸していた

    そして薬を絞った後の蛇の死骸を大きな穴に投げ込んでいたのが
    蛇田の祭壇のあった場所
    それだけではなくて集落の拝み屋のようなこともしていたという
    ・・・メモを見ながら書いてるんだがわかりにくかったらスマン
    ここからは昔話だと思って聞いてくれ

    時代はたぶん江戸から明治に変わるあたりだと思う
    分家は食うに困らない暮らしではあったものの
    親戚の中では殺生をする賤しい家業ということで
    親戚付合いではいろいろと差別されていたらしい
    で、あるとき分家の10歳くらいの女の子が
    本家筋の子らといっしょに川に遊びに出かけて
    本家の長男坊がその子が川に流されたと大声で叫びながら村に走ってきた

    295: 本当にあった怖い名無し 2012/10/29(月) 05:42:22.34 ID:VJXVxKMd0
    村人たちが行ってみると女の子の姿はなく
    何日か後に下流で裸で引っ掛かって見つかった
    男の子らは裸で川で泳いで、女の子数人が河原で石拾いをやってた
    それがいつのまにか川に入っていて
    見ている前で流されていったと子供たちは口をそろえて言う

    当時はもちろん巡査などもいない混乱期で
    それは不幸な事故としてけりがついたんだが、分家の主人は納得できなかった
    臆病な子で自分から川に入るなんてまず考えられないと思った
    それで他の子供らの様子をうかがっていると
    村で主人に会うと非常にばつの悪い顔をしてこそこそ逃げていく
    で、思いあまってある日同じ分家格の子を一人家に呼んで問い詰めたらしい
    すると女の子は男の子らに嫌がるのを無理矢理川に入らされて流されたのだと白状した

    それから分家の主人は夜になると蛇穴の前に祭壇を築いてなにやら儀式をする
    すると親戚の子らが死んでいくんだな
    何も不自然な死に方ではなくて当時ありがちな急な病気で
    2年で3人目の男の子が死んだあたりで本家でも事情を察して掛け合いにきた

    分家の主人を威したりすかしたりして呪詛をやめさせようとするんだが
    主人の恨みは強くて村を叩き出してもやめそうもない
    官憲に突き出しても、子供らははっきり病死で何の証拠もないし
    文明開化の時期で呪詛の話など相手にされないだろう
    そうしてる間に今度は女の子が1人死んだ

    296: 本当にあった怖い名無し 2012/10/29(月) 06:07:25.60 ID:wOc+nauG0
    で、親戚中で話し合って分家の主人に流されて死んだ女の子の弟
    その子は5歳くらいだったんだが
    これを本家で養子にもらって跡取りにするからもうやめてくれと詫びを入れて泣きついた
    すると主人は硬い顔で「・・・わかった、そうしてもらおう」と言って引っ込んでいった
    次の朝、蛇穴の中で無数の蛇の死骸の上にうつぶせに顔を埋めるようにして
    死んでるのが見つかったという

    297: 本当にあった怖い名無し 2012/10/29(月) 06:09:28.19 ID:wOc+nauG0
    それから本家では分家の家を取り壊して田地にし薬作りもやめてしまったんだが
    分家の妻が蛇穴のあったところに新しく祭壇を築いて供養をする
    そのうちに男の子が本家の跡を継ぎ
    ずっと何代も老夫婦が亡くなるまでこの供養が続いていたということなんだ
    ・・・やっと最後まで説明できた

    298: 本当にあった怖い名無し 2012/10/29(月) 06:12:30.80 ID:wOc+nauG0
    この話は明治の中頃に東京から偉い学者が来て
    聞き取り採集していったのが学術雑誌に残ってたんだが
    こんな陰惨な話はとうてい市史には載せられないから、と先生は話し
    蛇田の場所はとにかく土地が悪い
    スーパーの顛末も、人に学問を教えるものがこんなことを言ってはいかんのかもしれんが
    昔からの因縁に関係があるんだろう
    お前も近づくなよと言ってくれた

    441: 本当にあった怖い名無し 2012/11/18(日) 15:36:05.79 ID:e7ogIZNw0
    差し入れが多くなった理由
    1年くらい前、近所の人たちが「これ多く作りすぎちゃったから」
    とか「田舎からたくさん送ってきたから食べて!」と、
    料理や食料品を頻繁にうちに持ってくるようになった。
    うちも、器を返す時に中にお菓子などをお返しに入れたりして持って行ったけど
    「そんな・・・無理しなくていいのよ」と言われた。
    しまいには「今日うちの子、風邪で学校休んで友達が給食のパンを
    届けにきてくれたから、給食の物で悪いけど食べて?」
    と持ってきた家の人がいて、これは絶対おかしいと思い
    母と2人で最近、近所の人が食料品を持ってくることを言うと
    「お宅、大変なんでしょう?」と心配そうな顔で言われた。
    聞くと、うちの近所の家約20軒(わかってるだけ)に
    【○○(うちの苗字)です。突然で大変恐縮ですが、
    一家の大黒柱でありながら先日失業いたしました。
    我が家の経済事情により明日食べる物も困っている状況です。
    どうか、娘と息子の食べる分だけでも何か分けていただければ幸いです。
    恥をしのんでお手紙させていただきました。
    息子と娘には失業云々を知られたくないので事情を察していただければと思います。(以下省略)】

    という内容の手紙が、和紙に筆で達筆な字で書かれて各家の
    郵便ポストに入れられていたと知らされました。
    それも、各家一通一通内容が微妙に違って
    「破産宣告を受けた」だの「生活に困って車も売却する予定」だの
    ありもしないことが書いてありました。
    もちろんうちの父が失業したとか、経済難という事実は一切ありません。
    近所の人づてに怪文書を集めて20枚ほどになり、
    警察に被害届けも出しましたが犯人も捕まっていないし
    何が目的なのか、犯人の心当たりもありません。
    全国の県の市役所のトイレにお金と一緒に筆文字の
    手紙が置かれた事件をテレビで見た時は、このこととダブって
    すごい恐怖感を覚えました。
    近所の人の話では、朝刊を取ろうとしたら朝ポストに入っていたそうです。
    気持ち悪いし、すごく怖い。

    149: 本当にあった怖い名無し 2012/10/11(木) 22:05:57.39 ID:ht3zogaG0
    拝み屋
    昔知り合いのAに聞いた話です
    酒も入っててもしかしたら細部が違うかもしれないけど、妙に気になった話があるので書いておきます


    昔Aの祖母が病気になったんだがどうにも治りが悪いってことで、いわゆる拝み屋を呼ぶことになった。
    で、いざ拝み屋がやってきて祖母の部屋に通されたんだが、その拝み屋急に固まったと思ったら自分には無理だと言い出した。
    それを聞いた親戚はなんとか頼み込んでお祓いしてもらった。
    その後祖母は順調に回復して、ああお払いが効いたんだなとみんなで喜んでたんだが、その後何年かしてまた同じように寝込んでしまった
    そこでまた前回の拝み屋を呼ぼうとしたんだが、来てくれないということで仕方がないから別の人を呼んだ。
    お祓いはすぐに終わったんだが、その後祖父だけ呼ばれて何か話し込んでる。
    周りがうまくいかなかったのかと心配したんだが、拝み屋の顔を見るとそういうことでもないようだった。
    ただ、話を聞いているうちにだんだんと祖父の顔が青くなってきて、話している拝み屋もだんだんと深刻な顔になってきた。
    その後拝み屋は帰り際に自分の連絡先を書いておいていったが、祖父は何故かそれを捨ててしまったらしい。
    周りがなにか聞いてもお祓いは成功したとしか言ってくれない。
    そしてその言葉の通り祖母はみるみる回復していき、80過ぎた今も元気にくらしているという。
    幸か不幸か当時のことはずっと寝込んでたのでよく覚えていないらしく、事情を知る祖父もだいぶ前に鬼籍に入ってしまった。




    だいぶ昔の話だし自分には関係ないよと笑うAだったが、私は今もこの話が気なっている。
    それで何か答えが出ればと思い、ここに書き込ませてもらいました。

    154: 本当にあった怖い名無し 2012/10/14(日) 23:41:29.42 ID:i1IO79fn0
    内容入れる前に書き込んでしまったry

    >>149
    想像だけど状況からして呪詛っぽいね。
    しかも組織的呪詛。何かカルト宗教か何かに関わりがあったんじゃないだろうか。
    最初の拝み屋が自分には無理と言ったのは、自分個人の力で対抗できないと悟ったから。
    二番目の拝み屋は、呪詛の向き先を祖父に変えさせる対処を行っただけなのかもしれない。
    そのとき祖父が青ざめたのも御祓いは成功といったのもそういうことかも。
    その拝み屋に連絡すれば、呪詛の向き先を戻すこともできたのかも知れないが、連絡先を捨てたって
    ことは、自分が代わりに受ける決意ともとれる。

    165: 本当にあった怖い名無し 2012/10/16(火) 23:14:36.76 ID:0iqobqJI0
    フローリング
    怖いといえばそれなり怖いんだが友人が台無しにした話
    もう10年以上前の話になるんだけど

    地元の大学に、隣の県から進学してきて友人になったAって奴がいたんだね
    Aの地元は当時テレビのチャンネルの数も3つくらいしかなくて、それは田舎だったそうなんだ
    比べればこっちはチャンネル数はそれなりあるから、Aは「最高」って喜んでたのを覚えてるなあ

    で、な

    勿論県外から来たんだから、一人暮らしを始めるわけだよ
    大学から自転車で通えるアパートに入ってAは暮らしていたんだけど
    ある日Aからこんな話を聞いたんだ

    「俺のアパートさ、ちょっと変」

    変?何が変なんだよ、と聞いてみた
    何でもアパートというより、Aの部屋が変なんだと言う

    166: 本当にあった怖い名無し 2012/10/16(火) 23:15:23.26 ID:0iqobqJI0
    「大家が俺の部屋だけフローリングにしたんだよなあ」

    そこのアパートは全室畳の部屋なんだそうだ
    だがAが住む部屋(仮に404号室としとくわ)に入室が決まった直後に、大家が一面フローリングに改装したらしい
    それもAの部屋だけ

    その時点で「?」って感じだろ?
    何かあるんじゃないのかって思うよな
    だがAはこっちに来るまでに地元でも結構心霊的な事は色々経験しているらしく、「まあ何かあるんだろな」くらいの認識でそのままその404号室に住んだ
    短大通いだから2年で退去だし、家賃も安かったってのもあったんだろう

    けど在学中にAから聞いた話はどう考えたっておかしい話だった
    普通にベッドに入って寝たのに、朝起きたら背の高いキッチンテーブルの上で猫が手足全部かくして丸くなってる格好で目を覚ましたとかありえんだろ?
    寝相は決して悪くないと言うし、夢遊病の気も全くない奴がそんな格好で寝て起きるわけない
    おまけに鉄筋のアパートにも関わらず家鳴りは部屋の中からも外からも日常茶飯事らしい

    そんな話をたまにしてくれながらも、Aは404号室で住んだ

    167: 本当にあった怖い名無し 2012/10/16(火) 23:16:14.90 ID:0iqobqJI0
    2回生になったある日、Aが「とうとう首絞められちまった」とぼやきながら大学に来た
    聞けば、数日前から夜眠っていると気配がしてぼうっと眼が覚める
    日を追う毎にその気配が徐々にベッドに近づいてくる
    で、とうとうその日は体の上に乗っかられて首まできつく絞められたんだと

    話を聞いておいおいおいと思ったんだがそれ以上にAはたくましかった
    首を絞められるその直前まで見ていた夢が地元の母ちゃんに怒られているという内容だったらしい
    ねぼけた意識の中、首絞められてんのも母ちゃんが怒って絞めてるんだと思いこんじまって、つい笑ってしまったんだと
    そしたら手は離れていったらしい

    こいつスゲーただもんじゃねーわwと感心したこいつはきっとビッグになるぜ
    で、ある日そのAの部屋に泊る事になった

    夜になってから失礼したので周りがよく見えていなかったが街灯で照らされたアパートが目に入った
    話には聞いていたものの、アパートを実際見るのは初めてだった
    ぱっと見は普通のちょっと古めのアパート
    部屋に案内されて入ってみたが別に何がどうこうってのは俺は感じない
    フローリングはやはりまだまだ綺麗だった

    168: 本当にあった怖い名無し 2012/10/16(火) 23:16:49.47 ID:0iqobqJI0
    朝になってAは「いやーここ最近で一番熟睡できた」と嬉しそう
    俺はというと寝ている合間合間で部屋の中やら外やらからの謎の家鳴りの音でたまに起きてた

    首絞められる事も無かったしまあいいや、と思いながら朝アパートを出てぎょっとした
    アパートの敷地内に、大家の家があった

    木造の古い一軒家
    あっちこっち、あらゆる場所に魔よけやら何やらの札が貼りまくられている
    窓にも玄関にもそれはもう思わず顔がひきつるくらいに

    「家に入ってこないようにしてやがる」

    俺が見ても分かる程に札で埋め尽くされていた
    これの方が怖かった
    ちりりんと自転車のベルの音がしてその方向をみると一人の老人が敷地内で自転車を漕いでいた
    この老人が「大家だ」と分かった

    フローリングの事を考えても大家は何がいるのか分かっていてそのまま淡々と管理人を勤めている
    首まで絞めるような奴が404号室にはいるんだ
    それを分かっていて、自分の家だけを札で守りながらAを404号室に入れた大家が怖かった

    だがまあ、世の中にはそういう大家はごまんといるのだろう
    無事にAは卒業してそこを退去したが、その後に入った奴の事までは知らない

    176: 本当にあった怖い名無し 2012/10/19(金) 02:08:35.22 ID:ulULrQHa0
    >>168の気取らない性格は嫌いじゃないぜ
    逆にリアルで真実味が出て怖え・・・

    345: 本当にあった怖い名無し 2012/10/29(月) 22:26:26.79 ID:3phzxVbT0
    優しい声
    高校の頃は、土曜日になると友達の家によく泊まりにゆきました。
    メンバーは、その家の友人、自称霊感のある友人、私の彼女、彼女の女友達です。

    その家の両親は土曜日、
    たいがい居ません。家も山の中腹にあり 
    どんちゃん騒ぎをしてもクレームが付くことが無くビール、酒を買い込み一杯会を行っていました。

    いつもの様に泥酔して騒いでいると、私の彼女の様子が変になってきました。霊感少年は、
    「取り憑かれている。除霊しなければ駄目だ。此処に、数珠かお札はないか?」
    とその家の友人に言っています。
    丁度、その家は、創○学会に入っていたので数珠とお札は用意できました。

    「今から除霊するみんなの雑念が入ると旨くいかないからからみんなは、隣の部屋に行ってくれ」
    私たちは、半信半疑で隣の部屋に待機しました。
    酔いはいっぺんに醒めてしまいました。
    30分ぐらい隣の部屋で待っていました。

    私は、横になって目をつぶっていました。
    その時、脳裏に隣の部屋の様子が浮かんできました。
    横たわっている彼女、彼女の枕元で正座をして何かお祈りをしている友人。
    さらに、2人の上に浮かんで行ったり来たりを繰り返す、髪の長い女の人。
    そう、白い服を着て右手に扇子を持った女の人(幽霊?)が行ったり来たりしています。
    その幽霊が、彼女の頭の上に居ると彼女は苦しみます。
    そんな光景をずっと見て(思って)いました。

    その後、霊感少年が、
    「終わったよ。」
    それを合図に彼女のところへ向かいました。彼女は寝ていました。

    つづく

    346: 本当にあった怖い名無し 2012/10/29(月) 22:26:59.96 ID:3phzxVbT0
    「なかなか、しぶとかったけどどこかに行ったよ。」

    私は、さっき見たイメージを確認するために霊感少年に質問しました。

    「おい、しぶとかったと言ったけど幽霊かなにかか?」
    「そうだよ。女の幽霊だった。」
    「え!本当。俺も隣の部屋でこの部屋の光景が浮かんでいたんだよ。どんな幽霊だった?」
    「その女の幽霊は、ちょっとたちが悪くて 優しい言葉でY子を連れて行こうとしてたんだぜ。
    奴は白い洋服を着た髪の長い女だった、右手に団扇を持ってて、それで彼女を扇ぐと彼女が苦しむんだよなぁ」

    ”げ!”私が見た光景と一致しています。
    違うのは、扇子と団扇、彼女を扇ぐ でした。そこで、私は霊感少年に聞いてみました。

    「その幽霊は、お前達の上を行ったり来たりしてなかった?」
    「してたよ。」
    「お前は、Y子の枕元で正座して座ってた?」
    「そうだよ。よく分かるじゃ。お前見てたの」

    私は、隣の部屋に居たときイメージした光景を霊感少年に話しました。
    「お前か。 なんか、もう一つの感じがしてたんだよな。お前も霊感有るんじゃない。」
    とのことでした。

    つづく

    347: 本当にあった怖い名無し 2012/10/29(月) 22:27:17.09 ID:3phzxVbT0
    「今日は、この数珠とお札を枕元へ置いて寝させよう」
    と言い、私は、彼女の横に寝、後の3人は、隣の部屋に休みました。

    夜中、寝苦しく目が覚めました。
    横を見ると彼女が居ません。
    先ほどのことが有ったし何か嫌な予感がして探しに行きました。
    彼女は、玄関のところに座っていました。
    丁度出かける時に靴を履く様な格好になっていました。

    「おい。何やってんだよ」
    彼女は、返事しません。
    玄関のガラスの引き戸を見ています。
    再度、「おい」と言って肩をたたきました。
    「外で、名前を呼んでる。行かなきゃいけないけど。立てない」と言います。

    その時、引き戸のガラス越しに外の街灯に照らされた木々の陰が画背も無いのにすごい勢いで揺れています。
    よく見ると、人間が、万歳の様な格好でゆらゆら揺れているように見えます。
    私は、非常に怖くなり、彼女を布団に連れて行き一睡もせずに起きていました。

    翌朝、昨日のことを彼女に聞きました。
    「あの時、外で私の名前をよんでいたんだよね。
    わたしは、行きたくて行きたくしょうがないのだけど、誰かが止めてる様で玄関から外にでれなかった。
    でも、あの声は、優しくて聞き覚えが合ったような気がする。」

    と行っていました。あのまま、外にでていったら彼女はどうなっていたのでしょう。

    後で気が付いたのですが、枕元においてあった数珠とお札は、玄関に有りました。
    お札は、下からライターで焙った様に所々黒く焦げていました。 おわり。

    372: 本当にあった怖い名無し 2012/11/01(木) 18:57:34.57 ID:+MQ0O8wX0
    エレベーター
    昨日のエレベーターの事故を見て思い出した友達の話

    そいつはエレベーターの会社に勤めてる
    階段や映像恐怖なんかで、誰もボタン押してないのに勝手にエレベーターが動く
    とか、扉が開くとかあるけど別に当たり前らしい
    管理センターで「あれ?なんか機械に異常かな?」っていうことがあると、そこから
    遠隔操作でエレベーター動かして確認するんだって
    後、違法な強電波の無線なんかでも動くこともあるって

    ほんとに怖いのはエレベーターの中って誰にも見えないから、点検の札貼って
    何にも点検しない会社があって、そんなエレベーターに当たるほうだって言ってた

    388: 本当にあった怖い名無し 2012/11/04(日) 00:12:05.62 ID:QKJeFzv/0
    真っ黒な奴
    半年ほど前の話
    夜22時前くらい、コンビニから家に帰る途中の道で車が止まっている。
    横を通りつつなんとなく運転席の方を見ると
    名探偵コナンの犯人のように全身真っ黒な奴が座っていた。
    夜の暗さのせいかと思ったが、やっぱりシルエットのように黒い。
    そいつは鼻の形や顔の凹凸はあるんだが、
    のっぺらぼうみたいに目も口も無かった。

    つづく

    389: 本当にあった怖い名無し 2012/11/04(日) 00:23:56.22 ID:QKJeFzv/0
    意味不明な状況に数秒硬直していたら、
    そいつがゆっくり振り向き、口(が本来あるあたりの部分)がベコッとへこんだ。
    そして
    「ア゛ア゛ア゛ア゛!」
    と物凄い叫び声を上げて、その後正面を向いてどこかへ行ってしまった。
    今考えたらただの変質者かもしれないが、
    一番怖かったのは、とんでもない大声にもかかわらず、
    周りの住民が全く気付いていなかったこと。  おわり

    409: 本当にあった怖い名無し 2012/11/09(金) 02:24:11.19 ID:qlSwjFf1O
    見栄を張る方向を間違えた人
    あんまり怖くないかも。
    小学校低学年の時、近所にきれいな家があった。小金持ちって感じの。
    おしゃれな門構えだから、植木や花を置くんだけど、
    その家の人間は置くだけで一切手入れをしない。
    草花も、結局はただの枯れ草になる。でも、それすらも片付けない。
    それからいつか、その小金持ちの家が犬を飼い始めた。
    気の優しい感じの、吠えないなつっこい柴犬で、子供だから折り越しに会いに行ったりした。
    でも、やっぱり世話をしていないのか、柴犬に、いつしか私の目でもわかるような、
    大きな黄色みがかったできものが、犬のお腹にぶら下がっていた。
    小さかった私は、その家の人と交流はなく、「こんなにわかりやすい病気なら、すぐ気がついて病院に行ってくれる」と思っていた。
    しかし、しばらくすると、その家から犬ごと一切がいなくなっていた。

    410: 本当にあった怖い名無し 2012/11/09(金) 02:32:40.28 ID:qlSwjFf1O
    つづき。
    私は結構ショックだった。あの雰囲気からして、犬はしんだんじゃないか?と思っていた。
    案の定、犬は二度と現れる事はなかった上、犬小屋など、痕跡も一切消されてた…。
    今もその家はあり、一度、家を改装。もっときれいな家になった。
    住む人も、家でできるオサレな職業の人だから、何事もなく生徒さんが通っている。
    でも、その家がきれいになればなるほど、あの人なつっこい、痩せてお腹からおできがぶら下がった犬を思い出してしまう。
    何か、見栄をはる方向を間違えた人たちだと思った。

    あんまり怖くないけど、生きてる人間って怖い。

    427: 本当にあった怖い名無し 2012/11/13(火) 21:50:57.55 ID:MK5KFeLm0
    いつまで
    283 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2007/10/13(土) 01:55:06 ID:qUSrXY7O [1/2]
    大学時代に友人から聞いた話。
    釣りが大好きだった友人はその日も朝から釣りに出かけていた。
    場所は川の上流域で、かなりの山奥である。
    ここから先は、友人の語り口調で書かせていただきます。

    「車で行ったんだけど、途中からは獣道すらなくてな。
    仕方なく歩いたんだよ。かなりの悪路だったな。
    崖も越えたし、途中クマが木をひっかいた痕もあったな。
    で、やっと釣れそうなポイントにたどり着いてな。
    早速、そこらへんの石をひっくり返して川虫を集めたのよ。」
    俺「餌ぐらい買えばいいのに。」
    「いや、現地でとった餌は食いつきが違うんだよ。何よりとるのも楽しいしな。」
    俺も現地で餌を調達したことがあるが、あの作業は虫が嫌いな人間にとって
    地獄である。それ以来、俺はもっぱらイクラ派だ。
    そんなわけで不本意ながら同意し、話の続きを催促した。
    「虫を確保して、早速釣り始めたんだ。
    そしたら面白いぐらい釣れてな。ものの3時間で十五、六匹は釣れたんだ。
    でも朝まずめが終われば流石に途絶えるだろうなって思ってたのよ。」

    知ってる人も多いと思うが、釣りは朝と夕方の「まずめ時」が最も釣れる。

    428: 本当にあった怖い名無し 2012/11/13(火) 21:51:14.87 ID:MK5KFeLm0
    284 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2007/10/13(土) 01:55:41 ID:qUSrXY7O [2/2]
    「けど爆釣モードは昼を過ぎても全く終わる気配がない。
    生涯で最高の一時だったね。時がたつのも忘れて夢中になったよ。
    気付いたら辺りは薄暗くてな。もう夕方になってたんだ。
    身の危険を感じて、帰り支度を始めたんだよ。
    ふと背後に気配を感じて振り返ったら、小さい女の子が背を向けて立ってる。
    少し近づいて「こんなとこで何してんだい?」って聞いてみたんだよ。
    振り向いた顔を見てギョッとしたね。顔がお婆さんだったんだよ。
    しかも、顔がひきつるぐらい満面の笑顔だったんだ。」

    俺もギョッとした。
    「でも病気か何かだと思って、同じ質問を繰り返したんだ。
    今度は丁寧語でな。
    そしたら笑顔を崩さないまま、「いつまで」ってつぶやいたんだよ。何回も。
    キチ〇イだったんかなあと思って、軽く会釈して帰ろうとしたんだ。
    「そしたら、急に婆さんの声が合成音声みたいになって、
    「いつまで生きる?」って言ったんだよ。背筋がゾクッとして、
    こいつはこの世の人間じゃないと思ってな。
    凄い勢いで下山したんだよ。途中、婆さんのつぶやく声が何度も聞こえた。
    薄暗い山奥でだせ?発狂寸前だったよ。あ~あ、最高のポイントだったのにもう行けねえなぁ…。」

    俺は自分の膝がガクガク震えているのを感じた。
    話の途中から友人は気持ち悪いほど満面の笑顔だったのだ。
    それからしばらくして友人は自殺した。

    429: 本当にあった怖い名無し 2012/11/13(火) 22:43:07.91 ID:3uySj9oh0
    自殺の頻発
    今年に入って知人の自殺が頻発してる、比喩じゃなくガチで頻発と言っていい
    これで○○時代のメンバーとか××に一緒に行った仲、とかならオカ板向けの話になりそうなんだが共通項が「俺の知り合い」くらいしかない
    仕事絡みの知人が4名が別々のタイミングで自殺、中学時代の友人が1名、高校時代の知人が2名これまた別のタイミング、大学時代の教授と小学校の恩師も自殺
    これ全部今年の話

    ここまでくると自分がなんかやらかしてるんじゃないかと不安になるが、小学生時代事件に巻き込まれて以来実質零感人間で見当もつかない
    自殺前に予兆を感じたこともないし、自殺の直前に会った話したって事も一切ない
    でもここまで頻発するとさすがに怖くなってくる、だからといってどうできるって話でもないんだが

    以上怖いというより気味が悪い話、なんか解決法あるなら教えて下さい

    433: 本当にあった怖い名無し 2012/11/16(金) 12:15:58.11 ID:uNWDyoU/0
    自殺ばっかってのが怖いね、一度どこかでお祓いしてもらったら?

    436: 本当にあった怖い名無し 2012/11/17(土) 11:16:26.52 ID:lLmmdkUvO
    実は自殺に見せかけた殺人事件がいくつか紛れてたり・・・しないか?
    一人二人くらいならともかく、死にすぎじゃね?

    474: 1/4 2012/11/26(月) 01:41:10.14 ID:LIVD3HyW0
    飛び降り
    数年前どうしようも無くなって自殺しようと思っていたときの話。レベル足りずに細切れでスマン。
    なるべく苦しくない方法で死にたかったから色々模索していたんだけど、第一候補だった睡眠薬も市販の物じゃ到底死ねないらしい。かと言って当時未成年だった俺がわざわざ病院に行って貰うのも無理そうだし、仮に出来たとしても医者を騙せるような自信は無かった。

    475: 2/4 2012/11/26(月) 01:44:14.52 ID:LIVD3HyW0
    という訳でオーソドックスに飛び降りか首吊りかなーという結論に至る。でも首吊りって苦しそうだし、事後処理が大変だけどやっぱり飛び降りが楽かなって思うようになった。
    落ちていく途中で気絶するって言うし仮に気絶出来なくてもコンクリートなりアスファルトなりに頭が接触しちゃえば痛みを感じる暇も無く死ねると思ったんだ。
    で、それからは毎日何処から飛び降りるか、いつ飛び降りるかを考えて生きていた。いつでも死ねる、逃げられると思うと皮肉な事に気持ちも大分楽になった。

    476: 3/4 2012/11/26(月) 01:46:21.85 ID:LIVD3HyW0
    でもある日やたらと怖い夢を見たんだ。怖い者に追いかけられるっていう有りがちな夢なんだけど有りがちな設定通り夢の中では手足が上手く動かない。
    走っても走っても前に進まず怖い物はどんどん近づいてくる。
    それでも必死に逃げてたんだけど、暫くして気がついたんだ。こんなに怖い辛い思いをするくらいなら死んだ方がマシだって、死ぬのは一瞬なんだから痛くも怖くも辛くも無いんだって。

    477: 4/4 2012/11/26(月) 01:52:44.38 ID:LIVD3HyW0
    それで逃げるのを止めて丁度お誂え向きの深そうな穴があったから飛び込んだんだ。
    でもその瞬間から聞こえる音が、落下時なら凄いスピードで流れていく筈の景色全てがゆっくりになった。
    人間ってピンチになると五感処理のスピードが速くなるって聞いた事があったしヤバいと思った。このままじゃゆっくり地面に叩きつけられてゆっくり自分の頭蓋骨とか首の骨とかが折れる痛みを感じながら死ぬんだって。
    で、体感速度普通に戻れ速く落ちろって念じながらガクガクしてたら耳元にボソッと低い声で「楽に死ねると思うなよ」って。

    汗びっしょりで目が覚めた。たかが夢の話だし微妙かもだが、俺の一番怖かった体験。

    478: 本当にあった怖い名無し 2012/11/26(月) 03:08:10.55 ID:OEbZ9BvO0
    まあ、なんだ、生きろ

    不思議ネタ募集中
    不思議.netで扱ってほしいネタ、まとめてほしいスレなどがあれば、こちらからご連絡ください。心霊写真の投稿も大歓迎です!
    面白いネタやスレは不思議.netで紹介させていただきます!

    ■ネタ投稿フォームはこちら
    https://ws.formzu.net/fgen/S13082310/










    本日のおすすめニュース1
    本日のおすすめニュース2
    本日のおすすめニュース3

    おススメ記事ピックアップ(外部)

    コメント一覧

    1  不思議な名無しさん :2019年04月05日 22:31 ID:AiDV48p40*
    長っ!
    2  不思議な名無しさん :2019年04月05日 22:58 ID:0q0PRZHj0*
    関係ないけど宮城県に蛇田って地名があるよね
    3  不思議な名無しさん :2019年04月06日 00:04 ID:iFpNT7vJ0*
    犯人の犯沢さんは、車運転していってしまったのか?
    だとしたらエンジンの音より大きな声って、すげーな。普通なら、近所の人が飛び出してくるレベルだって言うし。
    4  不思議な名無しさん :2019年04月06日 00:31 ID:ylOKfGBq0*
    宮城県石巻市蛇田
    石巻赤十字病院があるとこだね
    5  不思議な名無しさん :2019年04月06日 02:27 ID:GnvQGDCP0*
    「いつまで」という話が怖かった。
    創作だとしたらよく出来てる。
    6  不思議な名無しさん :2019年04月06日 03:27 ID:pA62V6Z.0*
    差し入れこえーよ
    7  不思議な名無しさん :2019年04月06日 06:35 ID:QmB0nOgy0*
    特に読む記事もなくやること無い時間帯はオカルトネタ読むに限る
    なんだかんだと読める仕上がりになってるし暇潰しとして最適ですわ
    8  不思議な名無しさん :2019年04月06日 09:49 ID:l2KAv2Lw0*
    近所に配られた怪文書の話が気味悪くて怖いわ
    目的はなんだろう、哀れませようとしたのか?言い方は悪いけどこの一家が周囲から見下されるよう仕向けたとか?
    しかし近所の人々優しいな
    9  不思議な名無しさん :2019年04月06日 16:07 ID:K5WasaPe0*
    蛇って、やっぱり何かあるね。
    怖い。
    でも、沖縄とかハブ退治してるけど
    大丈夫なのかな?
    中国あたりは蛇、食べるけど。。。
    10  不思議な名無しさん :2019年04月06日 16:16 ID:K5WasaPe0*
    「いつまで」
    は、フジテレビの『ほん怖』で再現して欲しい。
    11  不思議な名無しさん :2019年04月06日 18:57 ID:ujA3PVdt0*
    いつまで は 以津真天から思いついたんじゃねーの
    12  不思議な名無しさん :2019年04月07日 00:09 ID:FwLmW.Rx0*
    >>8
    やってることが小学生並みってことに気付けと思うが、死ぬまで気付かないんだよな、こういう奴は。でも、向こう三軒、旦那が働きに行ってるとか気付かないかね普通。
    13  不思議な名無しさん :2019年04月07日 01:51 ID:CYhybeev0*
    優しい声
    創価○会にはお札はないよ。
    数珠と経本ならあるけどな。
    14  不思議な名無しさん :2019年04月07日 12:27 ID:iMFip5m80*
    >>2
    俺もタイトルでそこ思い浮かんだw
    何か栄えてるとことシャッター街とか冒頭似てるし。違ったけど。
    地名の由来とか何かあるかもね
    15  不思議な名無しさん :2019年04月09日 07:51 ID:8wc0RI0f0*
    霊感持ってると除霊できるのかって思う
    16  不思議な名無しさん :2019年04月09日 18:23 ID:3Rw2fi1S0*
    >>15
    おわり
    って書くやつの文章は嫌悪感ある

     
     
    topページに戻るボタン

    不思議ネット
    とは

    不思議.netでは怖い話・オカルトから科学ネタまで、2chを中心に世界の不思議な話題をお届けしています。普段2chを見ない人でも気軽にワクワクできる情報サイトをっころがけて毎日絶賛更新中!