まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

ロマン溢れる遺物『像の中に秘匿されていた物』10選

2019年05月01日:19:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 7 )

ロマン溢れる遺物

宝物や暗号など、大昔に誰かが隠したものは心をワクワクさせてくれますよね。
今回は、中から思わぬものが発見された像の数々を紹介します。



1. キリスト像のお尻に…

10-statue-of-jesus-letters

数年前、スペインにある240年前のキリスト像のお尻から2枚の手紙が発見されました。手紙は、1777年にブルゴ・デ・オスマ聖堂の聖職者ホワキン・ミンゲスが書いたもので、そこにはキリスト像を製作した人物の名前が書かれていたそうです。

また、手紙にはその年が豊作だったことや、村人を腸チフスが襲っていたこと、当時カルロス3世が統治していてマドリッドに宮殿があったこと等が付け加えられていました。

像を所有していた教会が手紙を複製して、原本を大司教に、コピーはお尻に保管したようです。





2. 仏像の中からミイラの僧侶の骨が…

9-mummified-buddha-statue

1990年代に、仏像の中からミイラになった僧侶の骨格が発見されました。仏教では僧侶が自ら土に埋まってミイラになる即身仏という慣習があります。

亡くなる前から即身仏の準備は始まり、僧侶たちは全ての食事を穀物に変え、のちに一切の食事を断ち、塩水だけを飲んで入定という瞑想をするそうです。その後、生きたまま埋葬されて、しばらく経った後、ミイラになったか確認するために掘り起こされます。

今回発見されたのは、掘り起こされた後に2世紀に渡って展示された即身仏が、彫像で包まれたものだったようです。

仏像をスキャンしてみたら中に1100年前のミイラがいたらしい
http://world-fusigi.net/archives/7812794.html



3. ブッタ像の中から古代の紙幣が発見される

8-Ming-Dynasty-banknote-inside-statue

2016年オーストラリアの芸術の専門家が、645年前の仏像の頭から古代の紙幣を発見します。発見された紙幣は1371年に発行されものでした。1371年は明の最初の皇帝、朱元璋が統治していた時代です。

紙幣の価値は、28グラムの銀に値するものでした。像の持ち主がオークションに出そうと準備していた時、この紙幣は発見されたそうです。この発見の前に、2人の持ち主がいましたが、2人とも古代の紙幣が入っていたことに気づきませんでした。



4. X線を通したら、人間の歯が・・・

7-jesus-statue-with-human-teeth

2014年、メキシコで木製のキリスト像の修復中、中から人間の歯が発見されました。歴史の専門家も、どのようにして人間の歯が300年前の像に入ったのかわかっていません。他にも発見現場付近からは、髪や爪、歯が入った古い像が発見されています。

今まで、ウサギの歯が入ったイエス像や、犬の歯が入った悪魔の像などが見つかってきましたが、人間の歯は前代未聞でした。像の口はしっかり閉じてられており、今回の発見はX線で見つかったそうです。

メキシコのクリスチャンは、17世紀や18世紀に身体の一部を教会に寄付する習慣があったので、発見されたものも寄付された歯である可能性が高いと言えます。



5. コカインで造られた像

6-jesus-statue-made-of-cocaine

麻薬の密輸業者は、これまで像の中に薬を隠して運んでいましたが、もっと革新的な方法を思いつきました。それは麻薬そのもので像を作ることです。

コカインと他の材料を混合して作られた11kgの像を、コロンビア警察は空港で押収しました。アメリカでもメキシコから輸送されたものの中から、コカインを混ぜたイエス像が探知犬によって発見されています。 



6. たくさんの鍵とラブレター

5-juliet-statue-with-love-notes-inside

イタリアのヴェローナには、シェイクスピアの悲劇「ロミオとジュリエット」のジュリエット像があります。2015年、ジュリエット像の修復中に、像の中からたくさんのラブレターと鍵が発見されました。

ヴェローナはジュリエットの故郷とされていたため、1969年にジュリエット像が設置されています。観光客が幸運をもらうために像の胸や腕をこすったため、だんだん像は劣化していき、ヒビが入ってしまいました。

そして、たくさんの観光客がラブレターや鍵をヒビから入れるようになったようです。



7. 兵士の銅像から見つかった謎の箱

4-metal-box-confederate-time-capsule

フロリダ州オーランドには、ジョニー・レブと呼ばれる南軍兵士の像が建っていました。しかし、この像は人種差別者であり、白人至上主義の象徴とされ撤去されることになります。

2017年に像が撤去された時、中から小さな金属製の箱が発見されました。箱の中には、南軍の旗や紙幣、新聞の切り抜きが入っていたことが明かされています。その後、像は37人の南軍兵士が眠る墓地に設置されました。



8. タイムカプセル

3a-lion-statue

2014年、ボストンのオールドステートハウスのライオン像の頭からタイムカプセルが発見されました。タイムカプセルは忘れられていたわけではなく、1901年にタイムカプセルの存在が記載されていたと報告されています。

タイムカプセルの中には、新聞の切り抜きの他に、ボストン住民や政治家が書いた手紙が入っていました。ボストン市当局は、今回発見されたタイムカプセルを複製し、新しいものと一緒に入れて、新たなタイムカプセルを22世紀に発見できるようにするそうです。



9. 菩薩像の中にたくさんのものが隠されていた

2-japanese-statuette-scrolls-etc

2018年5月、奈良県の法華寺にある菩薩像に、180の遺物が詰まっていることが発見されました。像の中には180点の巻物などがあり、頭部に30個、胴体部分に150個、隠されています。像をCTスキャンをしたことで明らかになりましたが、像はまだ封印されているため、中身はまだ確認されていません

鎌倉時代の仏像内部に大量の巻物など確認 奈良 法華寺
http://world-fusigi.net/archives/9120456.html



10.仏像の中から金の像が…

1-solid-gold-buddha-statue

プラ・プッタ・マハ・スワン・パティマコンは、タイのバンコクにある仏像で、彫刻は漆喰で覆われています。13世紀から14世紀の間にインドで彫刻され、1801年にバンコクに渡り、寺院に展示されました。

1935年に別の寺院に移されましたが、価値のないものと見なされ、何年も寺院の外に放置されていたそうです。1955年に、バンコクの別の寺院に運ぶ際、像が落ちてひびが入ったことで、内側の金が明らかになりました。

漆喰を取り除くと、内部から18カラットの金が出てきたそうです。17世紀の侵略から隠すために彫像を漆喰で覆ったと信じられています。


隠されていたものが発見されると、とてもワクワクしますね。私たちの身近にも、誰かが意図して隠した何かが眠っているかもしれません。


via:LISTVERSE

不思議ネタ募集中
不思議.netで扱ってほしいネタ、まとめてほしいスレなどがあれば、こちらからご連絡ください。心霊写真の投稿も大歓迎です!
面白いネタやスレは不思議.netで紹介させていただきます!

■ネタ投稿フォームはこちら
https://ws.formzu.net/fgen/S13082310/








  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ロマン溢れる遺物『像の中に秘匿されていた物』10選

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2019年05月01日 21:11 ID:XcCDdk7q0*
仏像に骨てGANTZやん
2  不思議な名無しさん :2019年05月01日 21:21 ID:EqHbfLS.0*
9すげぇなって思ったら、中身は経典か
史料になるものだったら面白かったのに
3  不思議な名無しさん :2019年05月01日 22:21 ID:Nh0H..vW0*
骨じゃないけど仏像の中に臓器があるのはわりとあるね。
長崎の興福寺の仏像もX線写真撮ったら五臓が見つかったとかある。
4  不思議な名無しさん :2019年05月02日 00:40 ID:a8KSMi.Z0*
9の菩薩像のなかに物がいっぱいってのはニュースで見たけど開けてはいないのか
まるで歴史の福袋やな わくわくするけど開けたら罰というか、変なものが解放されそう
5  不思議な名無しさん :2019年05月03日 21:01 ID:07AztPIV0*
いいね
ワクワクする
6  不思議な名無しさん :2019年05月06日 13:47 ID:anaqhfkO0*
魏の国は、阪急電車だった。何かの規格を統一して、財政が莫大になりすぎていく
7  不思議な名無しさん :2019年05月06日 14:00 ID:anaqhfkO0*
奈良時代の宗派で、南都六宗派は、生き残ることのできる、真言密教は、分かるやつには分かる

 
 
上部に戻る

トップページに戻る