まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

【昭和の怪奇事件】「夫はヤケ酒、私はヤケ死」大阪で発生したトンデモ事件

2019年05月18日:22:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 10 )

ヤケ酒ヤケ死

焼け死

これは昭和50年(1975年)12月24日、クリスマスイブに大阪の地方新聞「大阪日日新聞」に掲載された事件の記事である。
「夫はヤケ酒、私はヤケ死」という関西らしいなんとも凄いタイトルの記事が掲載されている。今回の「昭和の怪奇事件」は大阪で発生した。





原因は夫婦喧嘩だった

昭和50年(1975年)11月30日の昼下がり、大阪府守口市の会社員Aさん(39歳)の自宅から煙が出た。
この日は日曜日ということもあり、近隣住民は「火事だ!」と大パニック。

「Aさん!大丈夫ですか!?」とばかりに消火器片手にAさん宅にやってきた近隣住民。ところが、Aさんと同居している内縁の妻、Bさんが玄関から出てきて「放っておいてよ!」と叫びながら、玄関にカギをかけ誰も入れないようにしてしまった。

Bさんの鬼のような形相から、近隣住民たちは火事の原因は「夫婦喧嘩」だとすぐに感づいたが、このまま火を放置していくと、周りの住居に燃え広がる危険性もあるため、住民たちは守口署へ連絡。消防署の出動もあり、すぐに炎は消し止められたのだ。



ラーメン屋台が結んだ恋

Aさん宅の火事は天井が少し燃えただけで、怪我人も出なかった。
放火の実行犯であるBさんは「夫(Aさん)が酒を飲んではずっと帰ってこず、朝から喧嘩ばかり。イライラして新聞紙を丸めて炎を付け威嚇したら火事になってしまった」と告白した。

Bさんは放火に至った原因をこう語っている。
39歳のAさんは運送会社に勤めているが、真面目な社員ではなく、毎日酒を飲む生活している。収入は当時にして10万円程度しかなく生活は困窮。さらにBさんは、これからお金がかかる小学生の子供もいたため、家族3人食べるものも困る生活となってしまった。

AさんとBさんはそもそもの仲が悪いわけではなかった。
Aさんは運送会社に勤める前は、屋台のラーメン屋を経営しており、またBさんもこの時は屋台の飲み屋を経営しており、飲食店同士で意気投合。

いつしか、二人はお酒も出しながらラーメンの屋台を引く運命共同体となり、そしていつしか二人は愛情で結ばれたのである。



「この生活をいつしか灰にしてしまいたい」

最初は互いに惹かれあっていた二人だったが、飲食店の運営は厳しく、ラーメン屋台を捨てなければならなくなった。
そこでAさんは一念発起。ラーメン屋を廃業し、運送会社のサラリーマンとして第二の人生を歩むことにした。
しかし、毎日決まった時間に通勤しなればならないサラリーマン生活はAさんに合わなかったようで、すぐに酒浸りの日々となり、いつしかBさんは「この生活をいつしか灰にしてしまいたい」と考え、新聞紙に火を付けてしまったのだという。
その後、AさんとBさんの仲がどうなったのかわからないが、平和な家庭を築いていることを願ってやまない。

参考文献:大阪日日新聞
文:穂積昭雪(昭和ロマンライター / 山口敏太郎タートルカンパニー / Atlas編集部



【Atlas関連リンク】
火事を呼ぶ呪いの絵「泣く少年」
https://mnsatlas.com/?p=45442












  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【昭和の怪奇事件】「夫はヤケ酒、私はヤケ死」大阪で発生したトンデモ事件

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2019年05月18日 22:06 ID:nHV..vkl0*
平和な家庭は無理でしょうよ
2  不思議な名無しさん :2019年05月18日 22:39 ID:tVzeavqk0*
子供はどうなったんだろな
こんな親に巻き込まれる子供は大変だわ
3  不思議な名無しさん :2019年05月18日 23:41 ID:FyiASIQz0*
見出し笑
誰が上手いこと言えと。
4  不思議な名無しさん :2019年05月18日 23:51 ID:gLBmpiFc0*
ヤケ死不謹慎過ぎて草
5  不思議な名無しさん :2019年05月18日 23:52 ID:MpZCQftl0*
何で異業種に転職してしまうかな。手に職ついてるのだから、屋台ラーメンで踏ん張れば良かったのに。運送業も荷物か人かで差があるけど、始めて芽が出るまで時間かかる。勝手が違い、職場で苦労したのかもしれない。
6  不思議な名無しさん :2019年05月19日 00:32 ID:9j1v0gHH0*
経営破たんで屋台を手放した後
どっかのラーメン屋とか飲食店で働くわけにはいかなかったのかね
まるで畑違いの職場よりはストレスも軽減されると思うけど
7  不思議な名無しさん :2019年05月19日 03:59 ID:rCaOSO5M0*
地元や
守口のどこらへんなんやろ
8  不思議な名無しさん :2019年05月19日 12:28 ID:8EMJzZwf0*
もう一方はヒステリー気味だけと仕事はしっかりしていそうだから、一念発起して屋台じゃなく固定店舗の店で酒を出し、そこでラーメンとか食事を出すようにすれば大化けしてた可能性が微レ存
9  不思議な名無しさん :2019年05月20日 00:55 ID:bAHw.0AP0*
※6
自営でやってきた人間が同業種で雇われになるってのはなかなか上手く行かない
スキルが生かせる場合もあるが大抵は方向性の違いに絶望するもんだわ
10  不思議な名無しさん :2019年05月21日 10:13 ID:CwA.qj.v0*
これは離婚か心中やろなあ。巻き込まれる子供が可哀想。

 
 
上部に戻る

トップページに戻る