まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

まつげを全部抜く…?他 昔の『美』の条件が恐ろしい

2019年05月23日:19:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 34 )

変わる価値観

国や文化が違えば、美に関する価値観も違いますよね。でも、いつの時代にも共通するのは「美しくなりたい」という思いです。しかし、その美しさも時代や文化で変わってくるようです。
今回は、ちょっと不思議な美の条件の数々を紹介します。



1. とにかく青白く(17世紀・イングランド)

Johnson, Cornelius the elder - Portrait of a Lady in Blue - Google Art Project

17世紀のイングランドでは、女性の間で、極端な青白い肌が流行っていました。富の象徴で、労働者とは異なることを示します。当時の女性たちは青白く見せるために、胸元に粉おしろいをしたり、青い静脈を描いていたそうです。





2. 歯は短く(ルネサンス)

Smiling Girl, a Courtesan, Holding an Obscene Image

当時の美しい女性の条件には、短い歯が必要不可欠だったそうです。



3. とんでもない場所にピアス(ヴィクトリア朝)

1819 Albert-12

ヴィクトリア朝時代、富裕層の間でちょっとエッチなピアスが流行りました。女性は、それぞれの乳頭にピアスをしてチェーンで繋いでいたそうです。似たような性的ピアスを男性もしていたそうです。このようなピアスは「プリンス・アルバート」として知られています。



4. 眉毛を繋げる(古代ギリシャ)

KAS843-vibia-matidia

ギリシャ人は、一本に繋がった力強い眉を美と考えていました。女性にとって、この独特な眉毛は知性と純粋のしるしです。眉毛が薄い場合、顔料を使用して自ら書いていました。 



5. お歯黒(明治時代以前・日本)

Kunisada-woman-blackening-teeth

日本の既婚女性の間で、歯を黒くする習慣がありました。これは、美しさと結婚生活への献身を示しています。日本のみならず、アジアの一部の地域でもこの習慣はあったそうです。



6. 脚をキレイに見せたい男性たち(中世)

Workshop of Hans Holbein the Younger - Portrait of Henry VIII - Google Art Project

中世の男性にとって、ふくらはぎを鍛えることが重要だったようです。当時の男性たちは見せびらかすためにストッキングを履きました。中には、内側に詰め物を入れる人もいたそうです。ヘンリー8世が、立派な脚の持ち主として知られています。 



7. つけぼくろ(18世紀)

a223e888-131d-11e7-8df0-054f474e1d5d-568x379
(Credit:BLACK GIRL NERDS)

以前はスッピンが一般的でしたが、18世紀以降、女性は濃いメイクをするようになります。そんな中、最上級のオシャレとして「つけぼくろ」がありました。星や円、四角などいろいろな形があったそうです。位置によっても意味が異なり、右頬のつけぼくろは既婚を示していました。



8. 纏足(13世紀・中国)

A Chinese Golden Lily Foot, Lai Afong, c1870s

纏足は中国の有名な習慣の一つですが、起源はわかっていません。しかし、貴族の妻や娘の間で13世紀まで流行っていたそうです。通常、女の子が5歳から7歳になったとき始めます。布で強く足を締めて、大きくならないように足の成長を止めました。



9. 頭蓋骨の形を変える(古代マヤ)

Kane Caw Wacham

紀元前1000年頃から、古代マヤでは幼児の頭蓋骨変形が行われていました。ボードや様々な道具で、頭部を縛ったそうです。この習慣は性別に関わらず、美のしるしとして行われました。似たような習慣は、世界中で確認されています。



10. 長く伸ばした爪(中国)

Chinese doctor with long finger nails, ca.1895-1920 (CHS-135)

中国の歴史では爪を長く伸ばす習慣があり、清王朝では男女ともに長さ20〜25cmまで伸ばしていました。長い爪は手を使って働かなくていいほど裕福であることを示しているそうです。その代わり、当時の人は洋服を着せてくれたり、ご飯を食べさせてくれる使用人を雇っていました。 



11. まつ毛を抜く(中世とルネサンスのヨーロッパ)

Vermeer-Portrait of a Young Woman

当時、まつ毛は性的関心の象徴になったため、女性たちは全て抜いたそうです。



12. おでこを広げる(ルネサンス)

Ercole de' Roberti 002

ルネサンスの女性の間では、大きく湾曲したおでこが美の象徴とされていました。そのため、額を広げようとして髪の毛を引き抜いたり、剃ったりしたそうです。



13. 足にペイント(第二次世界大戦中)

16mar11
(Credit:Hillmanweb.com)

戦争中ナイロンが不足し、女性のパンストが入手困難になりました。ストッキングは、キレイに日焼けした脚に見せるため、当時の女性たちには必要です。そのため、ペイントでナイロンの見た目を作り上げたそうです。



14. 胸にメリハリをつけるコルセット(19世紀)

Corset1905 117Fig93

16世紀から19世紀にかけて様々なコルセットが誕生し、多くの女性が愛用しました。19世紀になると、新たなタイプのコルセットが登場します。それは左右の胸をしっかり分けて、より大きな谷間を作るためのものでした。



15. カラフルな眉毛(古代中国)

Dahuting tomb mural detail of women wearing hanfu, Eastern Han period

古代中国の女性は、その時の流行に合わせて、黒や青、緑などのカラフルな眉毛に整えていました。漢王朝時代では鋭く尖った眉毛が流行っています。また、別の時代には短くて高い位置の眉毛が人気でした。



16. ぽっちゃりしたほっぺ(中国・唐王朝)

A T'ang Dynasty Woman with Flower

当時、美しい女性の条件は、丸顔でおでこが広く、大きなほっぺたがある太った女性だったそうです。



17. 砂時計のようなスタイルになりたくて…(エドワード朝)

Edwardian

エドワード朝の女性のファッションは、成熟した女性らしい体型を強調することでした。当時の女性たちはコルセットで砂時計のようなフォルムを作り出します。しかし、コルセットが呼吸を困難にしたり内臓を過度に圧迫したりするとして、使用を心配する人々もいたそうです。



ちょっと今では信じられない「美」の条件かもしれません。でも、流行りは一周回って戻ってくることもあります。もしかしたら、この中のどれかが今後また流行ったりして…


via:Ranker

不思議ネタ募集中
不思議.netで扱ってほしいネタ、まとめてほしいスレなどがあれば、こちらからご連絡ください。心霊写真の投稿も大歓迎です!
面白いネタやスレは不思議.netで紹介させていただきます!

■ネタ投稿フォームはこちら
https://ws.formzu.net/fgen/S13082310/








  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まつげを全部抜く…?他 昔の『美』の条件が恐ろしい

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2019年05月23日 19:15 ID:ln8r1poj0*
え、睫毛?
眉毛じゃなくて睫毛抜くの…?
ひぇえ(◎-◎;)

お歯黒は知ってたけど美しいものだったのは知らなかったな
どの時代でも美って大変なものなんだね
2  不思議な名無しさん :2019年05月23日 19:27 ID:3AFxHYm.0*
全部一遍に流行りが戻ってきた姿を見てみたい。
頭蓋変形でカラフルなつながり眉毛やお歯黒、砂時計の胴体には乳首ピアス、足は纏足…
3  不思議な名無しさん :2019年05月23日 19:29 ID:0PoFUBjP0*
>古代中国の女性は、その時の流行に合わせて、黒や青、緑などのカラフルな眉毛に整えていました。漢王朝時代では鋭く尖った眉毛が流行っています。

これスゴいな。現代の感覚に近い
髪を染めなかったのは派手すぎると思ったのかな
4  不思議な名無しさん :2019年05月23日 19:31 ID:tM6NRQ4b0*
こういうのは現代で言うと女性ファッション誌主導の意味不明流行と同じと考えた方がいいぞ
男から見た美女の基準なんて殆ど変わっとらん
平安時代はデブが美人だった?当時の庶民が太れるわけが無いでしょ
5  不思議な名無しさん :2019年05月23日 19:34 ID:IXJmLjg50*
最後のは19世初期のフランスモデルじゃなかったっけか
6  不思議な名無しさん :2019年05月23日 19:34 ID:1kHuvg6s0*
眉毛やらおでこやらはともかく、纏足やらコルセットはマジで体に悪そうやね…
7  不思議な名無しさん :2019年05月23日 19:41 ID:3AFxHYm.0*
※4
同時代でもバカな、そんなのごく一部だよという内容も少なくないんだろうけど、纏足とかはガチだからなあ。
あれだけ漢民族がご執心だったのに、あっさり捨て去るとことかも謎。
8  不思議な名無しさん :2019年05月23日 19:56 ID:a6lBU3oQ0*
纏足のレントゲン写真はマジで怖い
「成長を止める」じゃなくて「ひん曲げて成長させて小さく見せてる」だなってのがわかる
9  不思議な名無しさん :2019年05月23日 20:03 ID:D9TiNEaJ0*
やまんばもこれに連ねるのかね?
10  不思議な名無しさん :2019年05月23日 20:15 ID:mOGjAhtf0*
※4
そもそも平安時代の庶民の文化ついては資料があんま無いよ。
貴族の情報ばかりだから、美人の条件も貴族間での話。
11  不思議な名無しさん :2019年05月23日 20:18 ID:5QH9H3vz0*
青白いのなら自信あるから流行ってくんないかな
12  不思議な名無しさん :2019年05月23日 20:26 ID:tN5AyjCp0*
そういや俺の地元の村の女は首にどれだけリングはめられるか競ってるわ。
13  不思議な名無しさん :2019年05月23日 20:41 ID:W7L97NEJ0*
>>12
首長族?
14  不思議な名無しさん :2019年05月23日 20:43 ID:WTaIHoAV0*
やまんば
15  不思議な名無しさん :2019年05月23日 21:07 ID:B6jjl6jQ0*
タジキスタンだかトルクメニスタンだか忘れたけど、あの辺りの女性は今も一本眉毛の人がいるよ。ごんぶとで繋がってる。
16  不思議な名無しさん :2019年05月23日 21:14 ID:V7Kc1Dlv0*
睫毛とかしょっちゅう目に入るし抜いてもいいわ
そしたら普通のゴミ入るんだろうけどさ
17  不思議な名無しさん :2019年05月23日 21:22 ID:5gmQBlgi0*
睫毛抜くって、それ貞子やんw
18  不思議な名無しさん :2019年05月23日 21:29 ID:CbMglB5O0*
あるよ?!
3日間ぐらい
涙が止まらないだけさ。

以前より長い毛は
生えてきたよ
身体は正直だね〜危険を感じたのだろう。

長くなってから
抜けまつ毛が目に入って
目悪くなったけどな!!!
19  不思議な名無しさん :2019年05月23日 21:39 ID:AKUu9dmQ0*
言われてみるとモナリザって眉毛も睫毛もないな
20  不思議過ぎる名無しさん :2019年05月23日 22:40 ID:I23Ywj010*
今も昔も女性はここまで美を追求していたんだなあ。
21  不思議な名無しさん :2019年05月23日 22:43 ID:bVD7wBk50*
纏足は嫁にした女が逃げられへんようにする為っていうんもあったらしいけど
この時代の女に生まれんで良かった
22  不思議な名無しさん :2019年05月23日 23:41 ID:OT8J6ZI20*
一番気になったのは・・・ヴィクトリア朝時代ですかね・・・
23  不思議な名無しさん :2019年05月24日 01:03 ID:PkZZ97X20*
6番
だから中世?の貴族って白タイツ履いてたんだ
24  不思議な名無しさん :2019年05月24日 06:52 ID:hNFjJvOL0*
※23
ふくらはぎだけじゃなく股間をおっきく見せるのも流行ってたんですぜ
25  不思議な名無しさん :2019年05月24日 06:59 ID:hNFjJvOL0*
>また、別の時代には短くて高い位置の眉毛が人気でした。
もしかして平安時代のマロ眉って中国からの輸入?
26  不思議な名無しさん :2019年05月24日 11:26 ID:glaF190o0*
今でもウズベキスタンだかどこかの女性は太くつながった一本眉が美しいとされていたような気がする
27  不思議な名無しさん :2019年05月24日 19:30 ID:d15lZJsU0*
>>8
子供の頃、写真かテレビで観た。
結構最近まで残ってたんじゃなかったっけ。
28  不思議な名無しさん :2019年05月24日 19:55 ID:tlqMYjy30*
纏足だけは本当にわからん
今でも纏足のおばあちゃんとかいるんだってね
29  不思議な名無しさん :2019年05月24日 19:57 ID:tlqMYjy30*
>>2
頭蓋変形と纏足はいきなりは無理だしブームになるのはごめんだなあ。。
それ以外はまあ別にあってもいいけど
30  不思議な名無しさん :2019年05月24日 19:57 ID:tlqMYjy30*
>>11
鉄分とろうね
31  不思議な名無しさん :2019年05月27日 01:27 ID:F7SDWsVf0*
>>11
日を浴びなすぎると、ビタミンDが不足して骨粗鬆症になるぞ。
心配やわ
32  不思議な名無しさん :2019年05月27日 01:31 ID:F7SDWsVf0*
女性器割礼だけは謎やわ。
起源すらはっきりせず、しかも数千万人単位で今なお受け継がれる習俗…。
やらなかった女には嫁の貰い手が現れないという、まるで纏足の時代を思い出すかのような身体改造
33  不思議な名無しさん :2019年05月28日 02:13 ID:THDf4UFT0*
>>4
平安時代はデブが多かったんじゃなかったっけ
デブと言っても栄養失調が原因のむくみと糖尿病で太ってるように見えたとか
あと平安時代は貴族の時代だから庶民の暮らしはよく分からないって位置付けだった気がする
34  不思議な名無しさん :2019年06月09日 21:54 ID:KFPZXD7b0*
いや時代によって美の基準は変わるでしょ
昭和の女ブスばっかじゃん
今の基準の美人を昔の写真から見つけて昔も美人!って騒いでるだけだよ

 
 
上部に戻る

トップページに戻る