まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

これはエグい…昔は効果があると信じられていた治療法20選

2019年05月31日:21:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 68 )



ゾッとする治療法

いつの時代も患者は医者を信頼して、勧められた治療法に従います。でも、もしその方法がトンデモナイものだったら…今回は中世の医師が実際に行った狂気の治療法を紹介します。



1. 処女を見つけて…

Angelico, madonna dell'umiltà washington

16世紀、「処女と関係を持てば、性感染症は治る」という神話が広まりました。どうやら、梅毒や淋病を患っていた権力者が、関連付けたようです。発展国、特にアフリカでこの神話は現在も信じられており、多くの子どもたちが被害に遭っています。





2. マラリア投与

Histopathology of malaria exoerythrocytic forms in liver 07G0024 lores

かつて、マラリアの熱で梅毒が死滅するという説が広まりました。そして、治療として意図的にマラリアを梅毒患者に投与しています。しかし、実際は効果がないどころか梅毒患者はマラリア熱で亡くなったようです。



3. 死んだネズミ

ranker3
(Credit: WIKIMEDIA COMMONS

古代エジプトで、ネズミの死骸は歯の痛み止めとして使用されました。その後、イギリスではイボの治療として使われています。他にも、百日咳、はしか、天然痘、おねしょ治療で使用されましたが効きませんでした



4. ラジウム

Radium226

ラジウムが発見されると、様々な製品や薬が誕生します。中には放射性物質を含んだ家庭用飲料水までありました。製造に関わっていた作業員が死亡したことで、人々は危険性を理解するようになったそうです。



5. 液体の水銀

Pouring liquid mercury bionerd

昔から、水銀は人気の治療として知られていました。古代ペルシアや古代ギリシアでは、軟膏として使われ、2世紀頃の中国では、寿命を延ばす薬であると信じられています。しかし、この治療を信じた結果、当時の人々は苦しみながら亡くなりました



6. ロボトミー

Lobotomy 1

ロボトミーは、抑うつ症状を抑えるために、脳の一部を切除する手術で、1930年代に精神疾患の治療として普及しました。当時でも、後遺症のリスクを伴う危険な処置であることは認識されています。しかし、アメリカ国内では4万人以上が同意なしで手術を受けました。



7. パラフィンろう

Paraffin wax

19世紀の医師は、シワを目立たなくさせるボトックス治療や豊胸手術パラフィンろうを使用しました。しかし、ワックスが硬化して固まることが明らかになります。その後、この治療法は中止になりました。



8. サナダ虫

ranker8

(Credit:WIKIMEDIA COMMONS

 20世紀初頭、サナダ虫を使った減量方法が広まります。体内に入ったサナダ虫が摂取した栄養分を食べるという理屈ですが、科学的には根拠がありませんでした。残念ながら、人体に与えた影響は大きく、栄養失調や嘔吐、下痢や貧血を引き起こしたそうです。



9. タバコ

Smoking Pot in Vegas

現在では信じられませんが、タバコはかつて健康によいものとされ、医者から使用を推薦されることもありました。19世紀末から20世紀初頭には、喘息の治療法としてタバコの煙が提案されていたそうです。



10. 動物のフン

Brown cow in a field

19世紀まで、動物のフンは治療薬とされてきました。ヴィクトリア時代、当時の人々は喉の痛み止めとして乾燥させた犬のフンを使います。また、古代エジプト人は、ロバや牛、犬やハエのフンを使用しました。破傷風を引き起こすこともありましたが、効果を発揮したこともあったそうです。 


11. サメの軟骨

Bullshark Bahamas2

「サメの軟骨をすりつぶした錠剤がガン治療に役立つ」という研究が、1950年代に報告されました。しかし、最近の研究で、効果は認められておらず、薬の有効性は証明されていません。



12. 医学の占星術

Medical Astrology-Man

中世の医学は迷信に頼っていた部分もあったそうです。医学占術師はとても尊敬されており、天候や収穫量、子育てや病気に関することなど、人々はいろいろなことを相談しました。



13. 流血

ranker13
(Credit:WIKIMEDIA COMMONS

中世の医学では、 血液、黄胆汁、黒胆汁、痰の4つの液体が重要でした。そして、この4つのバランスが健康に影響すると信じていました。中世の医師らは、中でも血液が多すぎることが問題であると考えます。そのため、痛む部分をヒルに噛ませたり切断たりして流血を引き起こしていました



14. 穿頭

Trepanning instrument (1)

穿頭とは、頭皮を切開して頭蓋骨に穴を開ける治療方法です。この治療法によって頭部の圧迫が軽減し、てんかんや偏頭痛、精神障害が治るとされました。



15. 浣腸

ranker15
(Credit:WIKIMEDIA COMMONS)

中世から、腸の病気の治療に浣腸が使用されていました。チューブを体内に挿入し、薬液を結腸に注入して使用します。薬液として、イノシシの胆汁を調合した液体の他、コーヒーやカモミール、ハーブやハチミツが用いられました。在位中、ルイ14世は、浣腸を2,000回以上行ったそうです。



16. 電気療法

Bergonic chair

1940年代、精神疾患のロボトミー手術の代用として電気ショック療法が用いられました。しかし、麻酔をしないことや、患者への事前の承諾が欠如したことなどが問題になったそうです。それにもかかわらず、現在でも重度のうつ病などの治療として、電気ショック療法は行われています。



17. インチキ万能薬

"Can You See Your Ribs?" (SSS patent medicine advertisement)

18世紀から19世紀にかけて、インフルエンザや胃のむかつきなど、あらゆる病気に対応した万能薬が出回りました。そして、ボッシュ博士のドイツシロップなど、薬の名前に「博士」などを付けて、人々を信じさせています。実際のところ、治療に効果があるものは全く調合されていませんでした



18. コカイン入りのワイン

Cheret, Jules - Vin Mariani (pl 77)

イタリア人化学者アンゲロ・マリアーニは1863年、コカの葉で処理をした赤ワインを作り出しました。その後、このワインは人気商品になり、医師にも推奨されるようになります。働きすぎの男性や繊細な女性、病弱な子供を対象にしていたようです。



19. ヘビのオイル

Snake oil, potent stuff

中国の水蛇から抽出されたオイルは、関節痛を和らげるための漢方薬として、使用されました。その後、中国人労働者がアメリカへ持ち込んだことで、さらに広まります。この薬には科学的な根拠もあり、抗炎症作用がある物質を豊富に含んでいるそうです。



20. 日射療法

Before and after photographs for heliotherapy Wellcome L0074522

日射治療は、太陽を模したランプでビタミンDの生成を促進します。結核の治療のほか、うつ病や皮膚疾患にも使用されました。



中には効果があったものもあるようですが・・・、治療しない方が良い場合も数多くあったのかもしれませんね。


via: Ranker

不思議ネタ募集中
不思議.netで扱ってほしいネタ、まとめてほしいスレなどがあれば、こちらからご連絡ください。心霊写真の投稿も大歓迎です!
面白いネタやスレは不思議.netで紹介させていただきます!

■ネタ投稿フォームはこちら
https://ws.formzu.net/fgen/S13082310/








  • このエントリーをはてなブックマークに追加
これはエグい…昔は効果があると信じられていた治療法20選

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2019年05月31日 21:07 ID:Y1QE.yny0*
浣腸が体にいいだって!? 不思議だなぁ~
2  不思議な名無しさん :2019年05月31日 21:09 ID:1cDYrmK40*
治療じゃないけど乾布摩擦ってどうだったんだろ
おじさん子供の頃によくやらされてたよ
体にいいのかもよく分からないまま
3  不思議な名無しさん :2019年05月31日 21:12 ID:Psetgii70*
水銀は何も知らずに初めて見たら勘違いする
4  不思議な名無しさん :2019年05月31日 21:15 ID:XiYYWUjw0*
電機けいれん療法は時々すごく効く患者がいる。
今は麻酔かけるからけいれんしないし苦痛はない。
麻酔医が必要だから乱発も出来ない仕様
5  不思議な名無しさん :2019年05月31日 21:16 ID:XiYYWUjw0*
>>4
あと重大な副作用はない。
術後の軽い混乱くらい
6  不思議な名無しさん :2019年05月31日 21:42 ID:xXlV3gGI0*
いい世の中になったもんだ
7  不思議な名無しさん :2019年05月31日 21:42 ID:P4BFpKvu0*
やってもやらなくても助からないような時代だっただろうし
何かにすがりたくなるだろうね
昔の民間療法をオイオイって俯瞰して見られるの、医学の発展さまさまだわ
8  不思議な名無しさん :2019年05月31日 21:45 ID:zO9cUOFE0*
漢方にはミイラが薬として用いられているよ
9  不思議な名無しさん :2019年05月31日 21:46 ID:dZspvxvG0*
蝦蟇の油はどうなんや?効果あったんか?
10  不思議な名無しさん :2019年05月31日 21:47 ID:oPzy6e8U0*
赤チンが無くなったのは水銀のせい?
11  不思議な名無しさん :2019年05月31日 21:55 ID:bRnHpFMj0*
流血って何やねん、瀉血やろ
12  不思議な名無しさん :2019年05月31日 22:04 ID:Ekx3FBGI0*
剣とかで切られた場合軟膏を切られた箇所じゃなくて剣の方に塗る治療法があったとか
13  不思議な名無しさん :2019年05月31日 22:17 ID:zO9cUOFE0*
※9
ガマの油は馬油という説もあるそうだ
14  不思議な名無しさん :2019年05月31日 22:18 ID:OOQBNWWG0*
中国では、子供のおしっこを結晶化させたものやウンコを乾燥させたものを薬にするそうな。オネショが治らない場合に処方されたりするらしい。
15  不思議な名無しさん :2019年05月31日 22:19 ID:bt0D.dGu0*
>>8
他にも漢方の竜骨は恐竜や古代生物の骨の化石だし、辰砂(硫化水銀)を使ったものもあるよね。
漢方の配合を考えた古代中国人は凄いわ。
16  不思議な名無しさん :2019年05月31日 22:31 ID:Ok.aaJqJ0*
※13
蒲の穂の油を勘違いしたって説もあるね
これは神話でも、ワニザメに皮を剥がれたウサギの治療に大国主命が教えてたやつだから
17  不思議な名無しさん :2019年05月31日 22:54 ID:IpOOfpX20*
そのサナダさん、宇宙人にしか見えん
18  不思議な名無しさん :2019年05月31日 23:09 ID:9Tl.YtkM0*
フンたまに効くんかいw
19  不思議な名無しさん :2019年05月31日 23:18 ID:Kb4GbaWX0*
日射療法は今でもされてると思ってた
あとロボトミーは憧れるなあ
20  不思議な名無しさん :2019年05月31日 23:20 ID:63rOT0.j0*
穿頭、浣腸、電気ショックなんかは中身違えど今もやってるよね
21  不思議な名無しさん :2019年05月31日 23:27 ID:5O2HGiIZ0*
梅毒にマラリアは、抗生物質がなかった時代には、一応完治はしないかもだけど有効と考えられていたし、理論的には有効な治療法なんだがな。
寄生虫ダイエットは論文出ているし、有効と言えば有効だと思うけど。都合が悪ければ駆虫薬飲めばすむ話だし。
22  不思議な名無しさん :2019年05月31日 23:37 ID:FcwNGLKp0*
>>21
マリアカラスが痩せるために飲んだと言う噂のさなださん。
23  不思議な名無しさん :2019年05月31日 23:44 ID:EQEmxP.U0*
飲尿健康法とかあったなぁ
24  不思議な名無しさん :2019年05月31日 23:44 ID:8cmAFky20*
電気けいれん療法は統失と重症うつに効く真っ当な治療法だよ。昔は懲罰的にやられてたからイメージは悪いけどね。
てんかん持ちの患者に統失とうつが少ないから意図的にてんかん波を脳内で起こす目的で電気流したんだってさ。
昔はただ電気を変換して流すやり方だったから時々火傷もしたんだけど、今はサイマトロンっていう必要な電気だけを流せる機械があるから安全よ。
25  不思議な名無しさん :2019年05月31日 23:57 ID:B6.IMXlU0*
昔、ウグイスの粉(糞)で洗顔してた人もいるんだよね。
加水分解酵素が含まれているらしい。
26  不思議な名無しさん :2019年06月01日 00:44 ID:NbQ553bx0*
ウグイスの糞は今もなかったっけ?
27  不思議な名無しさん :2019年06月01日 00:45 ID:Aja4xvBw0*
こういう無茶苦茶な事をしていた当時のデータがあって今の医学があるんだろうな
ヤバい
28  不思議な名無しさん :2019年06月01日 00:55 ID:EQ5zwqd90*
ヘビのオイル有能やん。この仲間に入れるのかわいそうや。
29  不思議な名無しさん :2019年06月01日 01:00 ID:zltLa.Rg0*
寄生虫ダイエットは20世紀末にもチラッと流行りかけたけど寄生虫が人間を痩せさせるほどの養分は必要としないだろで終わった覚えがある。

※27
「漢方薬はン千年に渡る壮大な人体実験の成果」って誰かが書いてたけど、医学ってどこのでもみんなそうだよね。
30  不思議な名無しさん :2019年06月01日 01:11 ID:9QC9.Qrc0*
梅毒治療法としてのマラリア感染は
・梅毒の菌は熱に弱い
・マラリアに感染すると高熱がでる
・梅毒に効く薬は(当時は)ほとんど無いが、マラリアには効き目のいい薬がある
→マラリアに感染させれば梅毒菌が死滅して治るんじゃね?その後にマラリア直せばいいし
という考えで実行されたとのこと。
この治療法でノーベル賞貰ってる
31  不思議な名無しさん :2019年06月01日 01:37 ID:viK7ViO80*
水銀は梅毒に効果あった
32  不思議な名無しさん :2019年06月01日 01:52 ID:vj8uTaEu0*
病人に栄養スープを浣腸して腸からダイレクトに栄養吸収させようぜ!
なお大腸は栄養吸収能力がほとんどない上に細菌が多数いるために大腸内で浣腸した栄養スープが腐敗して大腸が壊死して死亡するということも多々あったもよう
33  不思議な名無しさん :2019年06月01日 01:56 ID:J0TsfX7u0*
日光浴はセロトニンがたくさん分泌されるから最後のはあながちとんでも療法ではない気が
34  不思議な名無しさん :2019年06月01日 02:11 ID:aQbnmLYh0*
今当たり前にやっている治療にも、100年後から見たらヤバイものがあるのかもしれない
35  不思議な名無しさん :2019年06月01日 02:37 ID:pZb0FDR40*
※9
刀の一部の刃を削る→そこに口紅を塗る→その部分を腕に当てて
血が出てるように見せる→がまの油のラベルに張り替えたメイク落としを塗る。
って聞いたよ。
36  不思議な名無しさん :2019年06月01日 02:56 ID:L90ZIkaB0*
「昔は癌の人に放射線浴びせてたんだって!」
「無理やり体の中から取り出したりとかもしてたんでしょ?」
「「無知ってエグーい!」」
37  不思議な名無しさん :2019年06月01日 04:41 ID:m4hmTEjl0*
※36
迷信や呪術的な医療と
真っ当な治療効果と一定のエビデンスがある現代医学を一緒にすんなよアホ
38  不思議な名無しさん :2019年06月01日 06:07 ID:I0uLCUIM0*
水素水
39  不思議な名無しさん :2019年06月01日 07:16 ID:PWSlp5pa0*
日射というか紫外線照射なら今でも皮膚病治療に使うよ
40  不思議な名無しさん :2019年06月01日 07:29 ID:svwMTUV30*
※38
今現在はまっとうな医療かもしれないけど、
将来遺伝子療法やら画期的な薬の開発で切除が必要なくなったら、
一定の効果はあったが今では考えられないって言われる可能性は高いぞ。

ここで紹介されている医療だって、
今の知識で考えれば迷信や呪術的に見えるけど、
当時の知識・技術の範囲で考えれば最善のまっとうな医療だったものも多いはず。
41  不思議な名無しさん :2019年06月01日 07:43 ID:tn7GdaEI0*
今でも似たような民間治療を信じてやってるような気がするんだが
42  不思議な名無しさん :2019年06月01日 07:58 ID:a5Ceizo10*
日射治療ってイギリスだとけっこう重要じゃなかったっけ。

イギリスでは日照時間が短いので日が出ている時はできるだけ日光浴をするとか。
そうしないとビタミンD不足になるそうな。

それを知らなかった日本人留学生がそれで倒れることがあるそうな。
43  不思議な名無しさん :2019年06月01日 09:16 ID:kghicb4j0*
.彡⌒ミ
(´・ω・`) ワカメ、昆布、ひじき…
44  不思議な名無しさん :2019年06月01日 09:20 ID:.O7A6lGn0*
流血はオモロい。
ブッチャーは絶えず実践してたわけか・
瀉血はあの酸っぱい顔した絵で有名なのにな。
まあ病は気からと言うから気休めでも治った例は幾らでも有るんだろうよ。
タバコだって昔はタン切りだったし、回虫は減量に効いたし、
日本でも人間の肝が効くと信じられてたからのう。

45  不思議な名無しさん :2019年06月01日 11:11 ID:vKjH0YxR0*
紫外線照射療法はきちんと医学的根拠があるし今でも行われているな
皮膚ってのは紫外線に当たりすぎるのも良くないが、当てて病状が改善する場合もある
46  不思議な名無しさん :2019年06月01日 11:17 ID:nz.9ArYQ0*
>>11
瀉血なら日本でも最近まで民間療法であったよね
地域によっては今でもしてるとこあるみたいだけど(鍼灸師とか)
医療行為に当たるからやっちゃダメだぞ
47  不思議な名無しさん :2019年06月01日 12:27 ID:NLxR36Me0*
日射療法ってクル病やん
48  不思議な名無しさん :2019年06月01日 12:42 ID:.kWvHUhv0*
抜歯健康法が無いやん
49  不思議な名無しさん :2019年06月01日 12:49 ID:c2Y2RQwv0*
>>29
いわゆる民間療法って日本だと似非科学の代表みたいな扱い受けるけど、欧米だと病院を受診する前にハーブの温浴を勧めたり立派な医学だしな。

日本の場合、江戸末期から明治にかけて欧米医学取り入れた際に当時の最先端(今の西洋医学)を取り入れて、旧来の治療を否定したら、日本と欧米両方の古典医学が途切れてしまったが。
50  不思議な名無しさん :2019年06月01日 13:01 ID:8vKV.Cl.0*
医学の発展に感謝感激あめあられ
51  不思議な名無しさん :2019年06月01日 13:34 ID:.reQZOIl0*
こういうのなんか興味そそられるわ
52  不思議な名無しさん :2019年06月01日 13:38 ID:gjtXfjv00*
数百年後には虫歯の抜歯、壊死で足切断、ガンで乳房切除とかも同扱いになるのかな
53  不思議な名無しさん :2019年06月01日 13:49 ID:Z0rAL5Ej0*
>>12
武器軟膏、効果も認められてた
効果があったのではなく薬が悪すぎて塗らずに自然治癒のほうが良かったかららしい
54  不思議な名無しさん :2019年06月01日 16:29 ID:UDrQnoSp0*
昔、韓国時代劇のやつ観てたら、お腹痛がってた子供にいきなり肥溜めから糞尿を器に入れてきて嫌がる子供に親が飲ませるシーンがあったなー。オェッ
半島の人って今でも虫下しの薬が手離せないって聞いてたから、こういうの信じてるのが原因じゃねーの?と思った。
55  不思議な名無しさん :2019年06月01日 16:56 ID:2CzEQ1gc0*
江戸時代に人胆とかあったしねえ
サナダムシは現代でも実際に自分の腹で飼ってる大学教授がいたような
あと古代エジプトだと脳みそは鼻水作るだけの器官としか考えられてなかったんだっけ
56  不思議な名無しさん :2019年06月01日 17:03 ID:N03fDOOf0*
6,8,9,18,20はリスクを補った以上の効果がある
何でも濫用はダメだけどさ
57  不思議な名無しさん :2019年06月01日 18:45 ID:4oM1XB.R0*
肩まで浸かって100秒数えると考えられるとか?
58  不思議な名無しさん :2019年06月01日 19:38 ID:VxC7IBny0*
もう何世紀もしたら「昔は病気の治療で刃物で腹を切り開いたりしてたんだよ」とか語られるようになるんだろうな
59  不思議な名無しさん :2019年06月01日 19:56 ID:U.xCKf7L0*
エグくないけどイボは蜘蛛の糸を巻くと
取れるって子供の頃教えられたよぉ
60  不思議な名無しさん :2019年06月01日 20:09 ID:C6rI9l9o0*
きな粉×牛乳は、ハゲに効果あるのかな?
もし効果ありだったら爆売れだろうけど・・・
61  不思議な名無しさん :2019年06月01日 23:31 ID:KdL1AvvA0*
蚕の糞と鶯(ソウシチョウ)の糞は今でも売ってるだろ
62  不思議な名無しさん :2019年06月02日 00:40 ID:yY3YS.vH0*
13の流血は、多血症の治療としてはアリなんだよなぁ。
63  不思議な名無しさん :2019年06月02日 04:08 ID:5bZKAsj10*
ノーベル賞ならロボトミーも取ってるよ
64  不思議な名無しさん :2019年06月02日 04:50 ID:QTAYZnnZ0*
ゲームのムービーでロボトミー見たけど怖かった
65  不思議な名無しさん :2019年06月02日 12:17 ID:3VyWh32U0*
瀉血は今でも治療としてされてるだろ
真性多血症とかさぁ
66  不思議な名無しさん :2019年06月02日 16:30 ID:Q3JzqyEO0*
この電気療法の紹介の仕方は誤解を招くよ。
大学病院でも行われるきちんとした治療だよ。
現在は全身麻酔で安全を確保されて行われてるし、適応条件も厳しい。
この書き方だとやばい治療法なのにやり続けてるって誤解を招く。ググったら簡単に情報が出るんだから訂正をしたほうがいい。
危険な治療だったが今は安全に行われているって。
67  不思議な名無しさん :2019年06月15日 05:03 ID:YNP9mFID0*
パラフィンが冷めて硬化することなんて誰が見ても明らかだろwwwそれとも、当時は冷めたパラフィンを見たことある人がいなかったのか……??
68  不思議な名無しさん :2019年06月15日 05:05 ID:YNP9mFID0*
>>2
乾布摩擦無い世代?ですが、中年に差し掛かって効果ありそうと思います。
体表面をゴシゴシするだけでマッサージ効果ありそう。

 
 
上部に戻る

トップページに戻る