不思議.net

怖い話・オカルトまとめブログ

アクセスランキング(5日間)
    本日のおすすめニュース
    本日のおすすめニュース一覧
    14

    『大きな魔人』『幻の臨時ニュース』『ベヘリット』不可解な体験、謎な話~enigma~



    319: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/29 01:29
    大きな魔人
    5歳くらいの頃、父の仕事の都合で田舎に引っ越して
    しばらく経ったときのことです。
    夜は自分の部屋で一人で寝ていました。
    ある晩のことでした。
    はくしょん大魔王のようなアラジンのランプのような
    ものすごく大きな人が自分の部屋にいました。
    そして、「夜の散歩に連れていってあげる」と言うのです。
    幼かった私は何の疑問もなくその人の背中に乗りました。
    すると、その人は私を背中に乗せて
    隣の部屋で寝ていた父と母の部屋を通り抜けて
    空を飛んで夜の町を見せてくれたのです。
    しばらく経って、またその人がでてきました。
    夜の町を飛んだあと、
    今度は空のどんどん上の方まで連れていってくれました。
    そして大きな半透明なえんとつの様なものの中に入り、
    それでもどんどん登っていきました。
    でも、天井には蓋があって、
    「この上に行きたい」と言うと、
    「まだ若いからこの上に行ってはいけない」と言われ引き返しました。

    夢だと思うんです。
    でも、まだ引っ越したばかりで、家の周りしか知らない私が
    この場所にはこんなものがあると、
    あそこの場所の隣はこれがあるとか
    その町のことを言い当てるので
    親はとても不思議だったそうです。

    わたしは、魔法使いに連れていってもらったんだと
    言いましたが信じて貰えませんでした。

    ヘンな話ですみません。

    不可解な体験、謎な話~enigma~
    http://world-fusigi.net/tag/enigma

    引用元: 不可解な体験、謎な話~enigma~ Part9

    321: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/29 01:42
    >>319
    なんかいい気分になれた。
    ありがとう。



    55: 竜神X 02/12/19 03:12
    工房の時の話
    1月某日の夜、寒いので廊下を早足で歩いて居間に入ろうとした時、誰かが階段を
    上がって行く足音が聞こえた。2階には兄専用の部屋しかないので、あぁ兄が階段
    上がって行ったな、電気もつけないで...と思いながら居間に入ると兄がいた。
    漏れ「あれ?今誰かが階段トントンあがって行った......」
    兄「ん?........」
    兄「............」
    兄「今日は父ちゃんの命日だったな....」




    62: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/19 12:45
    >>55
    いい話ぃだな。

    57: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/19 08:21
    漏れがリアル厨房の時の冬
    いつものように学校へ向かって行くと
    五重塔が立ってたんです、「へ~五重塔なんていつ立てたんだ」
    と思いながらその日の放課後友達にその話をすると、そんなものあったか?
    という反応
    まさかと思いながら友達と一緒に行ってみると跡形もなく消えていました

    その日を境に幾つか変なものが見える様になってたんですが
    今ではすっかりと見えなくなりますた

    60: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/19 10:03
    >>57
    不思議なはなしだねー。

    オカルト板だいすき 興味尽きない

    59: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/19 09:35
    >>57
    その「幾つか変なもの」の、詳細をきぼん。

    67: 57 02/12/19 18:40
    >>59
    一応ほかの幾か見たものをざっと上げると
    ○昼間空を飛んでいたボールを2つくっつけた感じの銀の飛行物体(なぜか先週も見た)
    ○自分の部屋の机に座って下向いてたら視界の隅に映ってた赤い服の女
    (母親だと思ったが一緒に居た弟は母は居なかったというし、そのすぐあと部屋に入ってきた)
    ○家の前にある駐輪小屋の隅で手招いてる白い手
    ○夜空に飛んでた緑の高速飛行物体

    見てないけど体験したのは
    金縛り(金縛りに悪態をつくと強力になった、謝ったら弱まった)
    寝ている後ろでの足音
    自転車に乗ってたら後ろから服を引っ張られた

    こんなもんかな・・・・

    13: (0^~^0) 02/12/17 17:35
    すごい偶然で物事を予知したことない?

    15年ぐらい前
    テレビ甲子園を見ていた
    鹿児島実業っていう高校の試合がもうすぐ始まるところだった

    その時、ふと思ったんだ
    甲子園ってゲームが始まるときにサイレンの音が鳴るよね
    ピッチャーが第一級を投げるときはまだサイレンが鳴っている
    だからそれをホームランにしたら試合開始のサイレンが鳴り終わるまでに1点が入ることになる

    そうなったらおもしろいなぁって隣の奴と話してたんだ




    そうなった

    20: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/17 18:47
    ありえない場所ってことで、父方の実家にあった「扉を開けたら即、壁」だった土蔵を書こうと思ったんだけど、
    よ く 考 え た ら 、 そ れ っ て 牢 屋 じ ゃ ん ! !
    田舎じゃ昔、ダウン症の人を座敷牢に入れてたって言うけど、未だに何かを閉じ込めているのだろうか。

    26: 984 02/12/17 23:01
    ガキの頃、近所のマンションで一家心中事件が起きて
    それから数週間経ったころから変な噂が広まってて
    そのマンションって、道路を挟んで反対側に公園があるんだけど
    その公園のブランコが誰も乗ってないのに揺れるって噂で
    そんな噂なんて信じて無くてさ
    いつもの様に塾から帰る途中、その公園の前を通ったんだけど
    なんか微かに子供の笑い声が聞こえてさ
    そんとき、11時近かったかなぁ
    こんな時間に公園で遊ぶ奴が居るのかぁ~とか思って
    公園を覗いたら、マジで誰も乗っていないブランコが揺れてた・・・

    28: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/17 23:25
    この話しは、随分前のムーと言う雑誌に不思議体験として載せた
    話しなのですが、この名スレに再び書きこまさせていただきます。
     
    小学校三年の体験でした、出来ない坊主の私はその日も
    算数の宿題をさぼり、なんとか学校も行かないですまないものか
    と考えてる時、隣のクラスメイトがいつものように呼びに来ました。
    ズル休みを決め込んでいた私に、「小林君が待ってるから早くしなさい!」
    母は情け容赦なく登校させるつもりです。「おなかが痛くていけないよ~」
    押し問答が終わると、母が隣の小林君に先に行ってもらい
    後から鬼の形相で叱る母に押出され、いやいや登校しました。
    さて、いよいよ宿題の提出です、(先生のものさし叩き)我慢すれば
    すぐ終わる・・そう思いながらやっていないノートをなにげなく開くと
    解ける筈もない算数の宿題が、しかも自分の下手な字でちゃんと書いてある
    のです。
    家に帰り母に「宿題やってくれたの?」と聞きましたが、相手にも
    されなかった事は、言うまでもありません。


    29: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/17 23:33
    出来ない坊主って言葉とものさし叩きにワラタ

    43: らくしゅみ 02/12/18 22:30
    他スレでも書いたが書いちゃう。
    6歳の時、壁から紫色の人が出てきて、反対側の壁に消えて行った。
    怖くて今まで誰にも言えなかったが(言ったら死ぬ気がして)
    大人になった今、話す勇気が出てきた。
    もう時効だろう。

    45: らくしゅみ 02/12/18 22:34
    高校の時にも同じような人を見たけど、その時は白い色の人
    だったなぁ。
    制服に着替えていた時出て来たからちょっとびっくり。
    でも、その時は怖くなかった。

    44: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/18 22:31
    >>43
    あぁ~ぁ 言っちゃった・・・・・・・・

    71: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/19 20:51
    お墓の話カキコの者です。
    PART3までロムりました。(結構真剣に見ちゃうよね)
    今まであんまし深く考えてなかったんですがココを読んで書き込もうと思いました。
    少しずつ時間を見計らって、カキコるのでよろしく。
    ・・・というか、同じ体験した人がいればうれしいなーってことで。

    私は時々、足や腕にお水がかかった感覚があります。
    雨粒がポチリと落ちたような感じで、「あ!ぬれた?」って思って
    触ると、何も水気はついてないのです。
    (室内でも室外でもあるよ)

    皮膚感覚のびょーきかな?



    74: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/19 21:05
    >>71
    私も時々あります。




    72: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/19 20:59
    皮膚感覚びょーきの者です。

    小さい人の話ってどっかで立ってるかもしれませんけど・・・

    何年か前に、ふと目がさめたんです(基本的に同時刻に目が覚めるヨ)
    そしたら、私の体の上に小さい人がたくさーんいて
    なんと「祭り」をしてました。
    屋台みたいなものもでてて、男の人達はおみこしを担いでました。
    しかも、思いっきり張り切って担いでるらしく
    その肩は激しく上下斜めに動いてました(笑)
    よくある、祭りの風景でした。

    私があっけにとられてると、屋台のおじさん(?)が私に気がつき
    真っ青な顔になり、みんなに「にげろーー」と声をかけたんです。
    そのとたん、小さいみんなが一斉に私を見て
    化け物を見たかのように、ダダダダーーと体を降りて、ちりじりに
    逃げていったのですよ。

    私はもちろんあっけにとられたし、逃げていったほうを確認しましたが
    もう何も無かったです(屋台も片付けちゃったみたい)

    なんで、私の体の上が会場になったのか?が謎です。

    ちなみに私はお酒飲んでたわけでもないです。

    76: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/19 22:01
    >>72
    そういうのは楽しそうでイイなぁ。

    86: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/20 14:00
    ばんばんカキコしちまいますが・・・

    友達宅はいつも押し入れのふすまが10センチくらい開いてるので
    「なんでいっつもココあいてるの?」って聞くと
    「なんか閉まりにくいし、閉めたつもりが開いちゃうんだー」とのこと。

    後日、双子の友達(やや霊感強し)とその子の家に遊びにいったんだ。
    そしたら双子の友達が部屋に入ったとたん
    開いてるふすまを見て
    「顔がたてに三つ並んでハサマッテル!・・・」
    「・・・・」

    こわくて、みんな一斉に飛び出したよー。
    その家に住んでる子はもちろん半泣だたよ。

    93: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/20 18:43
    幻の臨時ニュース
    今から10年前のこと、
    私は美大の学生で、デパートのショーウィンドウディスプレイのバイトをしていた。
    クリスマスの飾りつけだったから、季節は秋から冬に入るころ
    バイト先の人の車に友達3人と乗って、調布パ○コに向かった。

    なぜかその日は世界が白っぽくてへんな感じだった。
    友人と喋る話題もなく、おとなしくカーラジオを聴いていた。
    車が調布刑務所のあたりにさしかかったあたりで臨時ニュースが入った。
    「臨時ニュースをお知らせいたします。
     ロシア、○○にあります○○原子力発電所で事故が発生いたしました。
     詳しいことはまだわかっていません。
     この事故により、数日後に日本にも放射能が届く可能性があります。
     引き続き、今後の情報に注意してください。」

    94: 93 02/12/20 18:45
    そんな感じの切迫したニュースが入ったと思ったら、ラジオは先ほどの音楽番組に戻った。
    「次の曲は山口百恵さんの○○ストームです。」
    なんで今ごろ山口百恵なんだろう。古いなぁ。とその初めて耳にする曲を聴いていたら、
    臨時ニュースの内容が今ごろ頭に響いてきて涙が出てきた。
    明日かあさってには放射能が日本に来るんだ。
    世界がゆっくりと終わりに近づいていく気がした。
    車内の友達は誰もラジオが耳に入っていなかったらしく、話しても信じてくれなかった。
    深夜にバイトが終わり、家に帰ってからずっとニュースを付けていた。
    朝になっても、放射能事故のニュースなんて流れなかった。
    へんな白昼夢を見たんだろうな。

    95: 93 02/12/20 18:56
    たまたまこのスレに書き込むにあたって
    山口百恵の歌がほんとうにあるか調べたけどわからなかった。
    その曲はあれから一度も聴いていないし、そもそも存在しているはずがない。
    ジェラシーストーム~ジェラシーストーム~
    サビの部分だけがぐるぐるまわる。
    この歌は脳内で作られたものなんだろうけど、今でも時々思い出す。

    私以外誰も聞いていない臨時ニュースだったけど、
    こことずれた世界では、ほんとうにあったことなんじゃないかと今でも思う。

    96: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/20 19:07
    >>93
    あなた、自分に酔うタイプですね…。
    山口百恵に該当する歌詞のついてる歌ありますけど?

    98: 93 02/12/20 19:20
    >>96
    ごめん。自分に酔ってたのでしょうな。
    検索したらいっぱい出てきた、なんてことだ。

    無いと思った曲が出てきて、なんか本当に不可解な体験になりつつある。。。
    次は放射能事故を検索してみようかと。

    103: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/20 22:00
    リアル厨房の時、夜に親に頼まれてタバコを買いに家の隣のタバコ屋に行った。
    当然店が閉まってる時間だったから自販機で買ったんだけど、
    2つ買いボタンなんて知らなくって一回一回金入れて買ってたのさ。
    そしたら「まとめ買いボタン押せよバカ」って結構大きい声で言われたんだ。
    周りを見ても誰もいない、誰の声かもわからない。
    大体、人が道を歩き回ってるような時間じゃないし、田舎だし。
    寒い冬の日だった。

    106: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/21 01:23
    >>103
    きっと君は、遠からぬ将来、その晩のことを夢に見るのだ。
    モタモタしている厨房の君の姿に、きっと君はじれったくなる。
    そして叫ぶのだ、「まとめ買いボタン押せよバカ!」
    …そこで、目が覚める。

    なんちて。

    120: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/21 14:50
    うろ憶えで申し訳ないですが、自分の彼女に聞いた話です。
    何年か前、彼女が一家で親戚の家に車で出かけた時の事
    高速道路で帰宅途中、そろそろ家に近付いてきた時
    一家全員で窓の外に巨大な雪山を見たそうです。
    ちなみに彼女の家は神奈川県の都心部で、付近にそんな山はなく、
    普段から見慣れた風景にそんな雪山が出現したということは、
    未だに不可解な体験だそうです。

    127: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/21 15:26
    >>120の話、俺もどっかで聞いた事がある気がする。気のせいか?

    131: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/21 15:50
    >>120
    この話と関係あるかは微妙なんだが

    友達が家族でドライブに行ってたら
    空の上に山が浮いていたんだと
    あんまし関係無かったかな

    121: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/21 14:52
    予知夢
    私の姉はいたって健康体ですが、なぜか子供がなかなか出来ませんでした。
    (最近そういう女性が多いらしいですね)
    そんな姉も不妊症治療の甲斐あって(体外受精しました)今では4歳児の母親です。
    もう一人子供が欲しいと希望している姉に周囲の人間は
    「一人生んだ後はホルモンバランスが整って自然にできるものだよ」
    などと言っていたのですが、やはり自然には出来ませんでした。
    本人には直接聞かなかったのですが、母から不妊症治療を再開したという話をなんとなく聞いていました。
    続く


    122: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/21 14:53
    続き
    今から4ヶ月ほど前の事です。
    姉が双子を出産する夢を見ました。
    その夢が妙にリアルに感じて、
    「お姉ちゃん、もしかしたら今双子を妊娠しているのかな?」
    と、夢の内容をメールで伝えました。
    返ってきた返事は
    「今生理2日目でグッタリしている・・・・」
    という内容でした。
    続く


    123: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/21 14:54
    続き
    昨日実家の母と電話で話したのですが、
    聞けば「姉が妊娠した」との事。
    しかも双子だというではありませんか!
    私がメールで連絡した翌排卵日に妊娠した計算のようです。
    姉も「○○子(私の事)すごいよ!!!」と母に話していたらしいです。
    予知夢?というか、結果的に正夢になった訳ですね。

    前スレにも書かせていただいたことがあるのですが、
    私自身「死」に関する予知は4回経験した事があります。
    しかしながら、単なる偶然であったとしても
    「生」に関する予知は今回が初めて!!!
    あまりに嬉しかったのでカキコしました。
    たいした話ではなくてスミマセン。

    145: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/21 22:52
    今朝起こったことです。
    いつもどおり会社に向かって車走らせてたら、急に浪曲のようなモノが聞こえてきたのです。
    ベンベンと琵琶だか三味線の音がはっきり聴こえ、念仏のような唄(?)も聴こえる。
    40キロ以上で走ってる車にぴったりついてきている・・・というより車内から聴こえてくる。
    「?!」
    一応、ラジオのボリューム部分をいじってみたけど変化なし。
    運転中だから下手にパニックになるわけにも行かず、冷や汗流しながら運転してたのですが、30秒ほどで消えました。
    会社に着いてからいろいろ調べましたが、音源となるものはありませんでした。
    訳がわからなくて怖いです。

    164: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/22 18:26
    ポルターガイスト
    今から、20年くらいまえかな。俺が小学2年のころだったか、
    確か盆休みに、家族全員で、ある島の海辺の民宿に海水浴目的の二泊三日の旅行へ出かけた。
    ちなみに、うちの家族構成は両親と3つ違いの兄、そして私の4人家族で、俺が一番下なんだが、今でもあの出来事ははっきり覚えてるよ。
    今から考えると、盆に海水浴にいくのもなんだとは思うが、とにかく行ったわけだ。
    普通は、旅行先で奇妙な出来事に遭遇した、てのが王道だろうが、現実は違ったさ。
    まあ、その海水浴は楽しく過ぎさり、帰りの車中、眠りコケながら家へと帰り、盆の最後の日の晩は家で迎えた。

    その晩起きたんだよ。
    俺と兄は押し入れつきの六畳間和室に、二人で寝ていた。
    その部屋は隣の八畳間部屋と襖一枚でつながっており、もうひとつの出入り口に洋風の簡易ドアが取り付けられた少し面白い作りをしていた。
    兄は押入れを改造したベッドでドラえもんのように寝、俺は、畳の上に布団を引き寝苦しい夜を過ごしていたんだ。
    多分、深夜2時や3時だったと思う。
    突然、その簡易ドアがゆっくりと開き始めた・・。
    当然「ギィー」といやな音がする。
    怖くなった俺は、布団を顔までかぶって様子を見ていた。
    すると、また「バタン」と音を立てて、扉は閉まった。
    恐る恐る、布団から顔を覗かせ部屋をうかがってみると何ともなく、少しホッとしたのだが、
    安心したのもつかの間、すぐまた、「ギィー」と開き始めた。
    同時に俺も、布団をかぶる。
    そして、また「バタン」と扉が閉まる。俺はガバッと跳ね起き様子を見る・・。
    こんな事を、数十分も繰り返していた気がする。もしかしたら数分だったのかもしれない・・。
    今思えば、かなり間抜けな状況に思えるが、子供だった俺は必死だった。

    165: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/22 18:27
    しばらくして、押入れで寝ていた兄が、扉と私が布団を跳ね上げる音に気が付いたのか、
    俺に、おびえた声で話し掛けてきた。
    「おい・・起きてるのか?・・」
    俺は、内心、
    布団ガバガバさせてるんだから起きてるに決まってるだろう!
    と思いはしたが、今考えると、兄も怖くて布団をかぶっていた様なので、それもしかたなかったのかもしれない。
    なににしろ、その異常な状態の中、仲間が増えた事に心強く感じていた。
    その後、ドアが開閉する中、お互い布団を被ったまま、恐々相談し、電気をつける事になった。
    つけるのは俺・・。弟の権力の弱さか、結局そうなった・・。
    俺は、ドアが閉まると同時に跳ね起き、間髪入れず部屋の明かりをつけた。
    すると、その現象は収まり、兄も、恐々押入れから出てきた。
    兄と色々話したが、まあ収まったし、風か何かだったという事にして、もう一度寝ることにした。
    お互い言わなかったが、その扉を開けるのが怖かった、と言うのが本音だったと思う・・。
    兄が、押入れに戻り、俺が明かりを消し速攻で布団に入る。
    ・・「ギィー」「バタン」「ギィー」「バタン」・・・・
    それから、しばらく兄も、俺も沈黙だった・・・。

    途絶えることのない緊張の中、俺はまた意を決して、閉まると同時に起き上がり明かりをつけた。
    また収まる・・。
    兄がゆっくりと押入れから出てくる・・。
    どうしようもなかった・・。結局、二人では解決しないので、親の寝室まで行くことに決めた。
    でも、その為には、扉を開けなくてはいけなかった。
    半ばやけくそで、二人一緒に扉を開ける事にし、廊下の明かりのスイッチを押すまでの最短行動を計画し行動に移す事にした。
    「せぇのぉ・・」
    掛け声と同時に、扉を開けた。
    真っ暗で、奥にある窓の明かりしか見えない。
    二人とも、明かりをつける事しか、頭になかった。
    兄がすぐさまスイッチまで走る。その後ろに俺が続く。
    そして、明かりがついた。

    166: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/22 18:27
    そこには、

    何の変哲もない、何時もの廊下があった。
    今までで、一番の安堵だった。
    後は、2つのフロアと廊下を挟んだ、親の寝室まで行けばいい。
    心に余裕が出来た事もあり、途中、窓を見て回ったが、どの窓も閉まっていた。
    風が原因では、なかった。それを兄と二人で確認した。また、俺の中で少しの恐怖が、ぶり返し鳥肌を立てた。
    突然、キッチンの方で、お皿の擦れ会う音が響いた。
    兄と俺は、また固まった・・。

    しかし、今度はキッチン自体が目視出来る位置にあった事もあったのだろう。
    二人共、恐れずお皿の在るであろうキッチンのシンクに駆け寄った。


    お皿などなかった・・・・・。

    結局、その後、両親を叩き起こして説明したが、笑い飛ばされて、この体験は終わった。
    今考えると、あれは、いわゆるポルターガイスト現象だったのだと思う。

    176: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/23 06:33
    縁の下に・・・
    現在進行形のはなしなんだけど。
    今22歳の大学生で、実家に住んでます。
    自分の部屋はフローリングで、今までは布団をひいて寝ていたんだけど、
    大学一年の時にベットを購入した。んで、部屋の隅に設置した時からのこと。
    フカフカベットですぐに眠りにおちたのだが、案の定金縛りに会った。
    まぶたは閉じてるんだけど、周りが見える。左半身を下にして寝てたら
    貞子みたいな女が右半身を下にして、俺の顔を覗き込むようにしてる。
    相当びびったんだけど、弱みを見せたらだめだ!と思い「死人の癖にふざけんな!消えろぼけ!」
    とか言ってたら スッ。。。。 っと消えた。ほっとしたのだが、次の日も、また次の日も貞子が
    出現するので、注意深くしてると、貞子の口がパクパク動いたあと、直接頭の中に「そこで寝ないで・・・」
    と伝わってきた。金縛りがとけて、次の日ベットを移動したら貞子は現れなくなった。

    その場所の下が気になったので、懐中電灯を持って縁の下を照らしてみた。
    裁縫とかで使う錆びた裁ちバサミが半分だけおちてた。
    拾うかどうか迷ってたら急に怖くなったのでほっておいた。
    多分まだある。こわいっす。

    182: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/23 15:13
    今月の歌
    小学生の時、毎朝「今月の歌」を歌う習慣があった。
    文字通り毎月違う歌を歌うんだけど。
    私は目が悪かったので、黒板の上に貼ってある歌詞が見えなかった。
    なので周りに合わせて口パクで歌っていた。
    さすがに毎日同じ歌を聴いていたので、月末には歌えるようになっていたけど。

    ある月初めの日、また「今月の歌」が新しくなった。
    そして聴いたことのない音楽が流れ、隣の席の友達は
    歌詞を食い入るように見て、先生に合わせて歌っている。
    私は歌詞が見えないので、ボーっとしていた。
    その時急に記憶が飛んで、気がついたら歌も最後のほうになっていた。
    その時、驚いたことに、私がでかい声を出して歌っていたのだ。
    我に返ったとき、当然私は歌詞がわからないので黙り込んでしまった。
    歌が終わり、皆が着席したとき、隣の子に
    「私、歌歌ってた?」と訊いてみたところ
    「あんたこの歌知ってるん?誰よりもでかい声で歌ってたよ。
     いつもは歌声一つ聴こえてこないのに。
     最後のほう歌ってなかったみたいやけど、疲れたん?
    と言ってきた。
    もちろん私はこの歌は一回も聴いたことも歌ったこともない。

    …もう10年以上前の話だけど、鮮明に覚えてます。
    不思議だったなぁ…長い割に怖くも面白くもなくてスマソ。

    197: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/24 11:47
    今から25年位前に、ユーフォーらしきものを見た。
    姉と、姉の友達と家の裏の田んぼや丘で遊んで
    5時のチャイムがなったので、そろそろ帰ろうかってところでなぜか3人で空を見てた。

    遠くの空でかなり鋭利な三角の物体が二機。
    なんとなく、こっち方向へ進んでるかんじ。
    金色でも銀色でもなく、なんともいえない色だった。
    3人で見ていたら、そのうち二機がくっついて(?)一機になり
    ちょっと後ろに下がったかなーーってところで
    パッと消えた。

    かえって母親に話したら信じてもらえなかったけど
    次の日の朝刊に、その謎の物体が記事になっており写真もでていたよ。

    200: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/24 15:17
    子供の頃、夕方に兄弟三人で家にいたら、
    家から自転車で十分の会社に勤めている父親から、急に電話がかかって来た。
    「おい、西の山の上にUFOがいるぞ!見てみろ!」と。
    急いで兄弟で外に出て、西の山を見たけど何もない。
    東の山?と何度も周りを眺めたけど何もなかった。

    10年以上も経って、ふと兄弟で思い出して「あれは何だったんだ?」と
    父親に聞いてみたことがある。
    でも、父親はよく憶えてないという。いまいち要領を得ないのだ。
    そもそも、不思議な話はあまり信じる方ではない父親が、
    いきなり…しかも勤務中に会社から…わざわざ電話を
    かけてくるというのも不可解な話だ。

    207: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/24 20:04
    不自然な傷
    私は基本的に幽霊とかオカルト的なものは信じないのですが,
    ちょっと不思議に思っていることがあるので...

    高校生のころからなのですが,朝起きて顔を洗おうと思って
    鏡を見ると,顔に「鋭利な針の先で引っ掻いたような」傷がある事があります.
    大抵長さ2cmから4cmくらいの傷で,円弧状だったりします.
    場所は鼻のすぐ横であったりホッペであったりします.
    朝起きたときは殆どかさぶた状態です.昼ころには傷跡は無くなります.
    枕の周辺を探しても傷つくような物は無いですし,爪も丸く研がれていて
    自分で引っ掻いたものではありません.
    (自分の爪では同じ傷跡がつきようにありません)
    数週間続けて毎朝傷があることもありますし,数ヶ月まったく傷ができない
    事もあります.住む場所は転々としているので場所にも関係なさそうです.

    原因がわからないのですが,もしなにか思い当たる方いらっしゃいましたら,
    コメントよろしくお願いします...

    209: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/24 20:52
    >>207
    枕と蒲団をよく調べてみれ。ホチキスの針が出てくるかもしれない。


    211: 207 02/12/24 20:59
    枕や布団はずいぶん調べました.
    それに傷の形が,寝返りや自分で引っ掻いてできそうな形では
    ないんです.高校生のころからずっと続いていることなので
    ホチキスなどの可能性は無いと思っています.

    213: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/24 21:11
    俺はたまに眉間にアザみたいのが出来ることがあるけど、傷となると奇妙だな。

    222: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/25 01:24
    おれも昔あったな、細い切り傷。
    おれの場合は胸と肩口、たまに背中。
    風呂に入って気づくんだけど、結構深いときもあって、
    化膿したことがある。
    引越してからはなくなったから、やっぱ何か微細な
    金属片かガラス片でもあったんじゃないかな。
    発見できずじまいだったが。

    234: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/25 19:03
    顔や体に覚えのないひっかき傷が出来るのは、
    霊が関係あるとちょっと霊能力がある友達に聞きました。
    彼はよく道端でついてこられちゃう性質らしいのですが、
    そんな日には翌日の朝起きるとごあいさつのように
    顔にひっかき傷をつけられていることが多いそうですよ。

    236: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/25 19:27
    中学生の時、手の甲から5ミリくらいの針金?が出てきた
    刺さった跡とかは何もなくてぽこってふくらんでたから
    「何かな?」って思っていじってたら皮膚突き破って出てきた

    237: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/25 19:43
    >>236
    ガキの頃読んだ原爆の絵本で、爆風で刺さったガラスの破片が
    何年もしてから主人公の女の子の頭からぼろぼろ浮き出てくる
    場面を思い出した。

    いつの間にか刺さってたんじゃないのかなあ?
    私は顔にできたニキビ風の吹き出物をしぼったら爪の様なものが
    出てきてびびったことがある。3ミリくらいの大物だった。

    240: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/25 21:20
    二段ベットで寝てた子供の頃、目が覚めると
    子供がほしそうなモノが、円になって浮かんでる。
    大きさは小さいんだけど、手を伸ばすと消えてしまう。
    お菓子バージョンの時と、おもちゃバージョンの時とがあって
    とろうとすると消えるのがわかってるので、しばらくは観てる。

    姉も同じように経験していたらしく、「今日見えたけど、消えちゃった」などと
    言っていた。

    最近、おぼえてるか聞いてみたら「あーー思い出したよ!」って。
    なんだったんだろうなぁ。

    250: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/25 23:23
    うちの家族はTELが鳴ると「あ、○○ちゃんにだよ」とか「あ、○○からだよ!」
    などと、たいてい誰からかかってきたかわかってました。
    どこのうちもそうなのかな?って思っていたくらい。普通のことでした。
    今は、結婚したりしてばらばらだけど、「今日、母からTEL来る」とかわかったり
    TELすると「今日かかってくると思ってたよ」って言われる。
    電話が鳴る前に、「あ、電話かかってくる」ってわかったりする。
    携帯でも、ふと手に取ったとたんにメールきたりする。
    これも一種のテレパチイ?

    それと、出会った人の誕生日がぴったんこにあたることが結構あるよ。

    257: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/26 01:57
    気配がない
    謎か不可解な話しかわかんないけど私は足音や気配がまったくないらしいんです。
    例えば家でジュースを飲もうと冷蔵庫に行く。すぐそばのキッチンで母が洗い物をしている。
    「あ、そ~いえばさ~」と母に話しかけると「うわ!アンタ居たの??」と驚かれる。
    くっつきそうなくらい相手に接近してもきずいてもらえないこともたびたびあるので
    最近は自分で意識してバタバタ足音たてたりしておどかさない様にしてるくらいです(笑)
    「アンタは本当に気配を感じさせないね」と周りから言われます。
    そして「気配を感じない人って死期が近付いてるらしいよ」と言われ今少し気になってます
    前から言われてたけど最近特に人を脅かしてしまう確率高いんで{{ (>_<)}

    これってマジなのかな??....だったらイヤなんだけど(;-_-P;)

    258: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/26 02:02
    >>257
    私もそうだけど、「存在感がない」ってことらしい・・・

    259: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/26 02:02
    >>257
    俺は10年前から「気配がない」と言われてますが生きてます

    265: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/26 11:19
    小学生の頃、仲の良い友達5人といっつも遊んでました。
    夏はキャンプしたり、海に行ったり。
    お互いの誕生パーティーなんかもしました。

    中学生になってから2人は転校し,学校もバラバラで会う機会が
    なくなっていました。
    去年、みんなと連絡をつけて久しぶりに会ったんですが,
    あたしを含めて4人しかいないんです。
    「もう一人居たよね」って言うと,
    「ずっと4人だったでしょ?」って言われたんです。
    3人でからかってると思ってたんですが,
    よく考えてみると、もう一人の子の名前が出てこないんです。
    他の3人はフルネーム、ニックネームとすぐ出てきました。
    でも本当に5人組だったんです。



    266: 超党派笑いの鉄拳 ◆UXUJJUbRMk 02/12/26 13:26
    >>265
    それは、天狗のしわざかも。
    そうやってよく人をたぶらかします。

    268: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/26 14:14
    ベヘリット
    子供の頃に、卵の形の不思議な石を拾ったことがありまふ。
    卵型の上のほうには、くるりんっと渦みたいに模様(立体的)がありました。
    色は普通のグレーっぽい感じだったかと思います。
    変わっていたので、すぐに拾いしばらく持って遊んでましたが
    その日のうちに、道路において置きました。(捨てた?)

    すっかり忘れていた頃(でも子供)に、まったく違う場所で、同じ石を見つけました。
    今度は、捨てないで持って帰ったんだけどいつの間にか紛失。

    しぃかし、また何日後かに川の中から発見したのです。

    けっこく、3回同じ石を拾った・・・ちゅう話なんですが
    その形といい、偶然といい不思議です。

    玉渦石とでもいう石があるとか??なんだったんだろうなぁぁん。

    270: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/26 14:23
    268
    ベヘリットだ。

    280: 268 02/12/27 00:02
    ヘベリットだけど(?)実はちょっとした後日談があってさ
    石を拾ったのが小学生低学年だったんだけど
    20歳くらいの時に(かなーりあやふや)夢で出てきたのサ、その石が。
    夢の中では巨大化されてて、自分くらい大きな石になっていたわけ。
    夢の中でも「あーー!あの石だ!」ってわかってるの。
    だけど石の中から、虫とかなんだかわからんものがウジャリウジャリと出てくるの。
    背景も暗い感じで、ちょっと怖かったよ。

    あんましオチないけど、その後は石も夢もみないでふ。

    282: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/27 00:37
    ベヘリットのお話を読んでいて思い出したのですが、
    俺もあります。何度無くしても絶対に戻ってくる人形。

    パテを固めた物を削り出して作った親指大の人形で、
    ケータイのストラップからちぎれて落ちても誰かが気付いて拾ってくれたり、
    同様に落としても、家に帰ったらジーンズの折り返したスソに入ってたり。

    自分で作ったモノなので「失くしてもイイや」と思っているのですが、
    紛失しそこね続けています。

    今では、怖くなって道具箱にしまったままですがw

    301: うめ 02/12/28 23:20
    はじめてこの板に来ました。みなさん面白い体験していますね。
    僕もいくつか不思議体験のエピソードがありまして、誰にも話すつもりは無かったのですが
    このまま記憶を風化させてしまうのは惜しいと思って書き残しているエピソードがいくつかあります。
    せっかくだからこの場を借りて紹介したいと思います。
    大して面白い話ではありませんし、まあよくある偶然程度の話ですが、紛れも無い実体験ですので。
    それでは第一弾「陸運局」

    大学4年生の終わり間際の3月に僕は愛車の180SXを個人売買で購入しました。
    そして約1ヶ月して大学を卒業し、実家の四国にその車に乗って帰ってきました。
    就職した会社は4月1日付けで入社ですが、その4日程前から新入社員研修が始まるため実家に帰って2日しか空いた日がありませんでした。
    しかも卒業式前から風邪を引いていたためほとんど寝ていました。それでもどうしてもしておかなければならない手続きなどをしておこうと
    市役所や銀行などに出掛けなんとか重要な手続きを済ませました。
    そのとき車の住所変更をしていなかったのですが、まあ急がなくてもいいだろうと思いそのままにしていました。


    続く

    302: うめ 02/12/28 23:21
    新入社員研修も終わり会社に入社し、仕事をするようになりましたが、この仕事はなかなか大変で忙しく、そう簡単に休みや有給休暇を取れるような状況ではありませんでした。
    早く車の住所変更を済ませないと次の車検を神奈川県で受けなければなりません。どうしようと悩んでいると、丁度会社で必要な書類を県庁まで取りに行く用事が出来ました。
    丁度良いと午前中に県庁と陸運局を回って会社に戻ろうと思って朝家を出てまず陸運局に向かいました。窓口で職員の指示通りに書類に記入しナンバーをはずし、書類やお金を提出しました。
    そして待合室で待機しているとなぜか僕の順番を飛ばされました。あれ?と思っているとどうも職員たちが数人僕の書類を見ながら「あーだこーだ」いっているようでした。
    そのうち職員の一人が僕の方にやってきて「申し訳ないのですがこの場合あと1万円追加課税になります」といった内容の説明をしに来ました。
    「えー、そんなこと言われても今は手持ちが無いよ」と言ったのですがへそくりがあることを思い出しました。

    303: うめ 02/12/28 23:23
    「あっ。あるわ、あるある」と急いで車の中のへそくりを取り出し職員に渡しました。
    「あー、へそくりしていて良かった。」とほっとしていると暫くして又同じ職員がさっきよりももっと申し訳なさそうな顔で近づいてきました。
    「すみませんまことに申し訳ありませんがやはりこの場合あと2万5千円必要なんです。でももちろん2重課税になるので後から還ってきますので…。」
    ちょっと待てよ!そんな大金持ってないよ。先に言ってくれないともうナンバー外したから銀行に行くにしても車で行けへんやん。
    しかももうお昼直前やし今からどこにあるかも分からない銀行に歩いて行ってお金を下ろして歩いて戻って午後の窓口まで待って手続き済まして、
    ナンバー取付けて県庁行って書類もらって会社に戻ったらもう夕方になるやないか。

    続く

    304: うめ 02/12/28 23:25
    そんなことを口には出さなかったが心の中で思いながら「困ったなあ」と取り敢えず車に戻って運転席に座りました。
    「ナンバー外してしまったしなー」後ろのナンバーの封印を外してしまったら再交付されるまでナンバーは無効になるのです。
    普段ならそのくらい少々気にしないのですがここは陸運局のど真ん中。もう一度封印無しでナンバー付けて道路走るからナンバー返せとは言えません。
    「仕方ない。歩いて銀行に行こう。今日は遅くまで残業やな。上司にも怒られるな」とふと上を見上げるとサンシェードが目に入りました。
    「ん?」そういえば免許証はこのサンシェードの裏ポケットに入れてたっけ。次の書き換えいつだったかな?となんとなくサンシェードの裏ポケットの免許証を取り出しました。

    つづく

    305: うめ 02/12/28 23:28
    その時!中指の先にガサッという感触がありました。あれ?と思い奥に手を突っ込んでみるとお金が入っている。
    「あれれれれ?」その額ちょうど2万5千円!ぴったりの金額であった。何でこんな大金が?と思いよくよく考えてみると、
    そういえば大学を卒業する直前に後輩に貸していた金を返してもらい、その時免許証と一緒にサンシェードに入れた様な気がしました。
    しかし完全に忘れていました。それにこんなドンピシャの金額をドンピシャのタイミングで見つけ出すとは偶然にしては出来すぎている。
    まるで最初からこうなることが分かっているかのように仕組まれていたようでした。その時に必要だった金額は正確には覚えていませんが、
    3万8千5百円だとすると財布の中身とへそくりとサンシェードの埋蔵金をすべて足すと3万8千5百30円くらいだったと思います。
    もし途中でジュースを買ったりタバコを買ったりしていれば間違いなく足りなかったでしょう。
    そのお金を使い手続きを済ませ、その後県庁に書類を取りに行き、会社に戻ったのは予定時間ぴったりでした。

    続く

    306: うめ 02/12/28 23:30
    このような出来事を確率的に数字で表すことは出来ませんが、ずーっと忘れていて車を買ってから今まで触ったことも無いところにあるお金を見つけ、
    それが丁度の金額であったなどということは確率的には限りなく「0」ではないでしょうか?
    この体験は僕の不思議体験の中でも「守られている体験」だと思います。僕を守ってくれている存在が、後輩に返してもらったお金を
    「このお金が必要な時が来るよ。その時が来るまでここに置いておきなさい。でも使っちゃだめだからこのお金のことは忘れなさい。
    その時が来たら教えてあげるから」とそっと耳打ちしてくれたのでしょう。そして僕は無意識に財布の中ではなくサンシェードにしまってこの日まで忘れていたのだと思います。
    不思議な出来事ですが僕を守ってくれている存在を感じることが出来た貴重な体験だったと思います。感謝!


    おしまい。 長文乱文すんまそ。まだいくつかあるけど、もう読みたくない?

    323: フェイ 02/12/29 03:42
    こんなとこ あるなんて知れなかったぞー
    そんな体験いっぱいあるよー 

    4年生の秋 家族で田舎にお墓参りに行った 家族と親戚
    10人くらいで田舎の親戚の家からお墓までの田んぼの見渡しのいい一本道を歩いていた
    日頃からぼんやりしている私は、
    いつのまにか 一人お墓に取り残されていた 時間は夕方 お墓に一人
    私は、猛ダッシュして親戚の家まで走った しかし誰もいない 帰る途中誰にもあわない・・・
    一本道なのに??? 泣きながら お墓と家を3往復した。
    4回目にやっと家族と親戚がいる次元?に帰れた 今でもその時 自分は
    どこの世界に行ってたのか 不思議 



    324: 02/12/29 03:50
    化かされたんですよ

    不思議ネタ募集中
    不思議.netで扱ってほしいネタ、まとめてほしいスレなどがあれば、こちらからご連絡ください。心霊写真の投稿も大歓迎です!
    面白いネタやスレは不思議.netで紹介させていただきます!

    ■ネタ投稿フォームはこちら
    https://ws.formzu.net/fgen/S13082310/










    本日のおすすめニュース1
    本日のおすすめニュース2
    本日のおすすめニュース3

    おススメ記事ピックアップ(外部)

    コメント一覧

    1  不思議な名無しさん :2019年06月04日 23:51 ID:8bPkUMMo0*
    グリフィスおるやんけ
    2  不思議な名無しさん :2019年06月05日 01:49 ID:Bm.XSswl0*
    …げる
    3  不思議な名無しさん :2019年06月05日 01:50 ID:o4f2IHDJ0*
    ベルセルク新刊はよ
    4  不思議な名無しさん :2019年06月05日 05:05 ID:1DDZeJ5Z0*
    エレベーターを降りたら階段使えって言われた
    クソ豚が!
    5  不思議な名無しさん :2019年06月05日 07:08 ID:1LSaOxrR0*
    臨時ニュースの話は、単純にチェルノブイリのことじゃないん?
    6  不思議な名無しさん :2019年06月05日 07:59 ID:aTQeCUOL0*
    臨時ニュースの話、ちょっと眉村卓っぽくていい。
    7  不思議な名無しさん :2019年06月05日 08:53 ID:OerNIiUJ0*
    ???「カンちゃんはまだ若いのでここは行けないでおじゃるよ〜」
    8  不思議な名無しさん :2019年06月05日 08:58 ID:zjPG06Sc0*
    17年前のスレかよ
    9  不思議な名無しさん :2019年06月05日 13:09 ID:qlhlYRh80*
    17年前から10年くらい前だと1993年にトムスク-7での事故ってのがあったみたい
    原発じゃないけど詳細不明な段階なら間違えて報道した可能性もあるし
    チェルノブイリはソビエト時代だし、時期的にもこっちじゃないのかな
    日本に影響がないならその後の報道がなくても頷けるしね
    10  不思議な名無しさん :2019年06月05日 14:06 ID:IAXRBzmI0*
    ふすまに挟まったのって団子3兄弟なんじゃないのかえ。
    10cmって人の顔にしてはどうも小さすぎるし。
    ふすまにぎゅ~って挟まれて圧縮されたわけでもあるまい。
    11  不思議な名無しさん :2019年06月05日 15:11 ID:uAmZMDfW0*
    車検はどこのナンバーが付いていようと全国どこでも受けられるんだが・・・
    12  不思議な名無しさん :2019年06月06日 19:26 ID:fSyw6JkL0*
    日常会話で西の山とか東の山って言うかなぁと気になる...
    あと引っ掻き傷の話は本当は霊障だよ気づいてゾッとしてね感がすごい、ホチキスとかそういう可能性を全てあっさり否定すんのやめたら半分オカルトかもねってとこまで持っていけたかも
    リアルさの追求大事
    13  不思議な名無しさん :2019年06月06日 23:31 ID:PlD.9n1q0*
    チェルノブイリの事故は直後は隠ぺいされてて後から事実が報道された。
    北欧のどっかの国で異常な放射線が観測されて、それをきっかけにいろいろ調べてばれたんじゃなかったっけ?

    だから、ニュースが流れた時にはすでに各地で放射性物質が届いてたタイミングだと思う。
    ってことは、スレのニュースはこのチェルノブイリの事故のことではないんじゃないかな。
    14  不思議な名無しさん :2019年06月20日 16:48 ID:3RjPH62l0*
    >145は秋田県にあるラジオの音が聞こえるガードレールの様に
    電波塔の近くを通った時に車体全体がラジオみたいになってたんだろう

     
     
    topページに戻るボタン

    不思議ネット
    とは

    不思議.netでは怖い話・オカルトから科学ネタまで、2chを中心に世界の不思議な話題をお届けしています。普段2chを見ない人でも気軽にワクワクできる情報サイトをっころがけて毎日絶賛更新中!