まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

『幽体離脱してました』『不思議なネコ』『私に似ている少女』不可解な体験、謎な話~enigma~

2019年06月11日:23:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 11 )



331: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/29 10:42
幽体離脱してました
大学時代の話。
風邪で高熱にうなされてたんだけど、その日休むと美術の単位を落としてしまうので必死の思いで学校に行った。
その日は裸婦像のデッサンで、半ば朦朧としながらペンを走らせた。
で、だいぶ描きあがった頃、後ろから覗き込んだ教授が一言、
「お前、コリャなんだ。」
ハッとして見直してみれば、そこに描かれてるのは上から見下ろした姿の女性像。
やや見上げるこの位置からは描けるはずの無いアングル。
しかし自分では間違いなく目に見えてるものを写していたはずだった。
つまり何が言いたいかというと、
   俺  は  半  分  逝  っ  て  い  た  。
「幽体離脱してました。」教授にはそれで納得していただきました。
当方美術評価はA。決してデッサン狂いだったわけではなくそんなレベルでもありませんでした。

不可解な体験、謎な話~enigma~シリーズ
http://world-fusigi.net/tag/enigma

引用元: 不可解な体験、謎な話~enigma~ Part9

337: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/29 14:25
>>331

「幽体離脱してました。」で納得する教授おもろい。
芸術家は変わっとるのう。

339: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/29 19:15
>>331
すごいなー、絵自体はちゃんと描けてたわけでしょ?
上からでないと分からないはずの、ホクロとか何とかが
描かれてたりは、しなかったのかな。

340: 331 02/12/30 11:03
>>339
俺もそう思って探したが、残念ながら無かった。惜しい。



343: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/31 04:13
霊が見える女
何年か前、「霊が見える」という女とつき合っていました。
頭が変なのかと思いましたが、可愛かったので、
「あそこにいるぅ」なんて言うのに「ああ、ほんとだね」というふうに
よく話を合わせてあげました。
そんなある日のこと、「部屋の隅に血まみれの女の人の霊がいる」と
泣きながら電話がかかってきました。
「わかった!今からそっちに念を送るから、霊が消えたら電話してくれ!」
と答えて電話を切り、煙草ふかしながらTVを見てました。
15分ぐらいたって電話がかかってきました。
彼女話によると女の霊は電話を切った直後からブルブル震えだし、
やがて、ものすごい呻き声を上げて消えてしまったそうです。
彼女は電話の向こうで「すごい、すごい」を連発しました。
それから調子コイた私は、デートの度に「あ、あそこにもいるね」なんて、
でたらめに電柱の陰などを指して言うようになりました。
数ヶ月後。「あなたの霊力が強すぎて怖い」と言われ、ふられちゃいましたとさ。

347: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/31 15:36
何か
一年ほど前の話。夏だったと思う
その日は日曜で、バイトもしてなかったから暇だった
部屋で暇を持て余してるとなんか線香の匂いがする
仏壇があるのは母屋だし、部屋でお香関係も焚いたことがない
しかも家の線香とは違う、結構重たい匂い(分かりにくいかな
気味が悪いけどなんとなくTVを見てたらトイレに行きたくなってきた
離れのトイレは古くないくせにボットン
戸を開けるとなんか線香の匂いが強くなった
早目に済ましてチャックを閉じたその時
天井から(上から?)ナメクジみたいなぬめりの赤いものが降ってきて
俺のTシャツの中に入った
驚愕のあまり動けずにいると(とはいえ一瞬だけど)
「何か」はTシャツを抜けてボットンに落ちていった
胸あたりに当たった時の「ベチャ」って感覚と
それがやけに冷たかったのを今でも覚えてる

363: 03/01/02 23:56
凹を逆さにしたような立体
いつだったか、そらにヘンなのが浮かんでたことがある。

うちの父ちゃんはアル中なんだけど、
ある日、俺が部屋でテレビ見てたら近所の公園を散歩してた父ちゃんが
「なんか変なもんが見えるぞー、おもしろいから来てみ」
というので「とうとうアタマにきちまったか・・・」と思い見にいってみたんだ。
そしたら本当に遠くに変なものが浮いてるんだよ。
かなり遠くの空に”凹”を逆さにしたような立体で、
雲の大きさと比べても、相当でかいはず。
空は晴れてて、時間は夕方ごろだったと思う。
色はピンク色っぽかったけど、夕日を受けてたからかもしれない。
遠くだからあんまりわからないけど、表面はツルツルみたいで
窓みたいなのとかは何も無かった。
SFに出てくるようなUFOって感じじゃなくて、
本当に妄想が現実になったみたいだった。
俺は父ちゃんを待たせて母ちゃんを呼びに家に戻ったんだけど、
母ちゃんを連れていったらもう見えなくなっていた。
父ちゃんにいつ消えたのかと聞いてみたが、わからんと言っていた。
気づいたら無かったそうだ。

377: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/01/03 13:02
消防の頃、毎日1文字空に平仮名の形をした雲が浮かんでいますた。
10日間ぐらい続いてそれまでに出た文字を組み合わせてみたが意味不明。
当時は知らなかった言葉だったのかもしれないが、もう忘れたので謎。

366: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/01/03 01:37
ノック
沖縄の某ホテルに泊まったとき
眠りの中でドアをトントンとノックする音がした
こんな夜中になんだろう怖いなあと思い、眠いのでそのまま寝てしまった
朝起きて、隣で寝てた友人に昨日夜中にドア叩く音きこえなかったと
聞いたが、聞いてないという。
なにげに廊下に出て窓の外を見たらちょうど部屋の前に位置するとこに
ぽつんと何故かお墓が一つだけあるのを発見した。沖縄の墓って墓っぽくないようなかんじの石で
その周りにぼーぼーと草が生えていて、誰もお参りにも長い間来てないかんじ
だった。たぶんその墓の人がさみしくてドアをノックしたんだなと直感した。

372: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/01/03 11:03
ボロボロの借家
俺の家の横に借家があってさ。
しかもかな~り前から。
トタンのボロボロ。
でさ、そこは通ると塾への近道になったり、
当時、時々いっていた竹やぶも近く、よく通っていた。
ある日、いつものように通ろうとしたところ、
雨戸が開いて、「通っちゃだめだよ」と女性の声。
俺は恥ずかしがりやだったり、怒られるのも嫌だったので
走って逃げました。

そしていつだったか忘れましたが思い出しますた。
その借家を借りている人は居なかったことを。

379: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/01/03 14:58
>>372
メンテに来ていた大家のおばさんの可能性あり。

380: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/01/03 17:21
>>379
いや、なんか布団あったし、時計あったし。
おばさん、パジャマ着てたし。
数日後気になって侵入したところw
廃屋みたいにボロボロだった。
ゴミとか雑誌とか落ちててまるで生活感がなかった。
こわくてすぐに飛び出してしまった。
でもその家微妙なんだよ。
その時はもしかしたら本当に居て、夜逃げでもしたのか。(現在は確実にいない。
当時は人工芝みたいのが汚れずに残っていたし。
しかし、ツタでぐるぐる巻きの自転車もあった。
なんか家電が不法投棄してあるし。
意味不明。
ちなみに久しぶりに通ったところ、なぜか1台、パチンコ台が捨ててあったw

383: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/01/03 21:27
>>380
似たような経験あり。近所の空家のガラス戸から中を
のぞこうとしたらネクタイをした男の人の姿がいきなり
現れた。顔ははっきり見えなかったけど驚いてすぐその場を
離れた。数日後、再度中を見てみたが荒れ放題でとても人が
住める状態ではなかった。

374: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/01/03 11:30
幻覚や幻聴おきる人って過去に盲腸や交通事故の手術なんかで麻酔かけたことある
人が多いんだってね。いわば、麻薬を体に投与したことによるフラッシュバック現
象だって説がある。この現象は、手術してから、20年後に突如現れることもあり、
幻覚の原因だとは、認識されにくい。

376: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/01/03 12:35
>>374 麻酔も麻薬の一種だからねえ。

381: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/01/03 18:35
なんとなく書いてみる

我が家では、盆の時期になると必ず家の中に蛾が一匹入ってくる。
俺は虫嫌いだから小さい頃に一度追い出そうとしたら母親に止められて
母親も虫嫌いなはずなのにおかしいな、と思ったら
死んだ祖父(母方)が入ってきているから追い出すな、と言われた。
それからも毎年、気がつくと蛾が一匹入ってきている気がする。

まあ、気のせいかもしれないし、別に不思議でもないかもしれないけど。

420: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/01/05 04:45
将来の夢
俺が消防の頃から数年おきに、全く同じ夢を見てました。

内容は、
大人になった俺が(直感で)変な形の真っ赤なズボンを履き
紫色の半袖シャツを着て、二階建ての屋根の上で何かやっているのを少し上空から見ている。

それを最後に見たのは高校生だったと思う。
卒業後、俺は家屋の解体屋に就職し、それから数年後のある夏の日
22歳になった俺は、偶然にも消防の時まで住んでいたアパートと
その一帯の家を解体する事になった。

会社によって色々なのだが解体する手順として、まず初めに屋根に登り
瓦を1枚づつ剥がして1階に落とすのだ。

421: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/01/05 04:47
自宅だった隣の家の屋根に登って瓦を剥がしていた時に「ふっ」と気が付いた。

あっ俺が見てた夢これだ、と
作業着の色も形も景色も全く同じ。
思わず空を見ちゃいましたよ、俺が居るんじゃないかって。
でも何も見えなかった。その後も別に何がある訳でもない。
その時は結構鳥肌もんだったけど、良く考えるとコレを予知して何なの?って感じ。

ただその後位から、前を走っている車が実際に曲る10数秒前に
ほんの一瞬ウインカーが光って見える様になった。
最初は本当に光っているのかと思ってたのだが、同乗している人に聞いても見えないらしい。
見ようと思って見える訳でもなく、極たまーに。
しかも当たる確率が90%位なので完全じゃないし、凄い微妙~。

429: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/01/05 13:19
黒焦げの死体
20年くらい前、幼いころ家族で箱根に旅行に行ったときの話。
ロープウェーで大涌谷に着く前になんか
硫黄とか噴出してて、トロッコ見たいのがある谷間みたいなところ
の上を通るんだけど、黒こげの死体がいっぱいころがってたのを見た記憶がある。
最近旅行でそこ通ったときそのこと思い出して、気になったので両親に聞いてみた。
したら、そんなものなかったと言う。
(実際あったら壮絶な光景だったし忘れるわけはないと思う)
でもすごく鮮明な記憶なので納得いかず、後で妹にも聞いてみたら、
「あったあった、黒焦げの死体!!私も覚えてる!!」と。

あれはなんだったんだろう。
子供にしか見えないものだったんだろうか・・・

430: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/01/05 13:41
>>429
奇妙な形の真っ黒な溶岩が、子供の目には死体に見えたんでしょう。

432: 429 03/01/05 14:17
それはないです。
ちゃんと人間の形をしていました。それも何十体も。
私の推測ですが、きっと何十年も前実際にそこで起こった事故?
かなんかの光景を見たんではないかと思ってるんです・・・
あ、でもそんな事故本当にあったかは不明なんですが・・・
ググッてみよっかな。

433: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/01/05 14:27
>>432
戦争っぽいね

435: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/01/05 17:49
もう30年くらい前、自分の田舎で家畜(鶏、兎、犬等)の血が完全に抜かれてる事件が相次いだらしい。
当時は大騒ぎされたが結局謎のまま。

437: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/01/05 19:40
何年か前に近所の道路に猫が死んでた
可哀想だなと思いながら近づいていくと死体の様子がおかしい
腹のあたりから腸が出ていて直径5mほどの円を描いて
またもとの切り裂かれた穴の中に戻っていた
吐き気がしたがよく見てみるとどこにも血の跡がなく
きれいに洗ってあるみたいだった
道いっぱいに腸が伸びていたので自転車を担いでまたいだのだが
なんだったんだろ???

441: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/01/05 21:21
人の形をしたテレビの砂嵐が道をちらちら横切ってた

475: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/01/07 01:00
>>441
俺も見たことがある、去年のお盆だったかな

釣りに行った帰り、腹が減ったのでコンビニで弁当を買い、駐車場で食べてた
夕方なのに隣のぼろアパートでおばあさんがシーツを干していた
変な時間に干すね、ともう一度みたら透けてた、人相も解らないグレーの影

その日は犬の散歩をする影や歩道を歩く犬の影
道端で毛ずくろいをする猫の影など幾つも見た

不思議に恐くは無かったけど影たちは普通に生活してた

442: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/01/05 22:23
すごく嫌いな友達を模した人形(糸くずで作った簡単なもの)
を線路に投げたら
次の日その子が骨折した。
小学生の頃ですごく怖かった。

470: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/01/06 23:08
>>442
俺も友達がむかついたのでそいつの似顔絵を描き、そこの目に針をたくさん刺した絵を描いたら、
数日後そいつが網膜剥離になった。

446: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/01/05 22:36
不思議なネコ
不思議な話しって程じゃないんだけど、ずっと引っ掛かってる事がある。起こりそうで起きない話しかな?

高校生の時、部屋の網戸を強引に突き破って(数日かけて)野良猫が部屋に入ってきた。野良猫ですよ!
えさをあげた覚えもないし(親に確認したが親もあげてない)とにかく吃驚した。
捕まえても逃げるどころか懐いてくる始末。とにかく飼う気もなかったので外に出した...が翌日もその翌日も入ってきた。
入ってくる度に俺は追い返したんだけど、外に出るのが本当に嫌そうだったんだ
ある日なんて夜中に目が覚めたら頭の横に丸くなって眠っていた事もあった。
後からテレビ番組で見たんだけど、飼い猫でもよっぽど心を許してないと頭の横当たりには眠らないそうです。
 ましてや、このネコは飼ってるどころか餌をあげた事もないのに..。
野良猫って何回餌をあげてもめったに懐かないのに。あのネコは一体何だったんだろう?と今でも不思議です。

450: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/01/06 02:26
>>446
ネコの話しで昔こんな事聞いたよ

可愛がってた室内犬が散歩中に事故に遇って即死してしまった。
数日後、突然見た事もないネコが玄関でガリガリと音を立てて入ろうとするので
その家族は心を癒す為にも飼う事にした。
すると死んでしまった犬と全く同じ行動をとりはじめたとか(内容は忘れたけど)
不思議に思いその犬の名前を呼ぶと尻尾をまるで犬の様に振りながらよって来る事もしたそうです。
「お前は死んじゃったんだよ。成仏しなさい」って言い聞かせたら居なくなった。
たしかこんな話しだったと思う。
ちょっと出来過ぎっぽいけどね。

458: 446 03/01/06 13:48
>>450
そういえば、このネコがあらわれる前に飼い犬が死んでしまってたんだよなあ。もしかしたら生まれ変わりだったのかも....

454: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/01/06 05:30
>>446
正直、飼ってあげて欲しかったような気もする。

458: 446 03/01/06 13:48
>>454
そうだよねえ。あんなに邪険にするんじゃなかったなあ。

451: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/01/06 02:49
動物って言えば
俺んちで飼ってたポメラニアンも老衰したが、死後三日位いつもそいつが寝てた場所が
同じ位の大きさで、まあるく暖ったかくなってたなぁ(冬なのに)
死んだ事を知らない友だち夫婦が来た時も、しばらくして
「あれジャン(犬の名前)どうしたの?さっき居たのに」
玄関入る時に、いつもは、けたたましく吠えながら玄関まで迎えるのに
今日は部屋で吠えてるなぁと思ったほど鮮明に聞こえたとか。
死んだ事を伝えると夫婦で顔合わせてビビッてた。
俺はさすがに涙出たな。

霊感の全くない兄貴も、丁度「ジャン」が死んだ時刻位に
男の子が近くに居る雰囲気がしたらしい。
その後、音だけのポケベル(古いね)を鳴らして知らせたんだけど
その音で「ジャン死んだな」って直感したんだって。

455: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/01/06 05:36
ペットの話は泣けるね・・・。・゜・(ノД`)・゜・。

447: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/01/05 22:37
しおり
小学生の臨海合宿のとき、事前の話合いの際みんなで
旅のしおり(部屋の見取り図がかいてある。ベットだとか窓の場所だとか)
に落書きをしていた。勝手にこのベットで殺人事件がおきてー
などといいながら、二段ベットが2セット入った部屋の一つのベットに
死体の絵を書いたり。
実際に臨海学校当日、他の部屋の友達が私たちの部屋に遊びに来るたびに
「なんかこの部屋暗くない?」などという。
私たちは気にせずに笑っていましたが。
そしてその夜、旅のしおりにふざけて死体を落書きしたベットの場所に寝た
子が昼間は元気だったのに高熱を出した。
まあ疲れがでたのかな、と私たちは先生にいって、その子を先生の
部屋にしてもらいました。
そしてその夜また別の子がそのベットに寝るとまた高熱が。
首をひねる私たちに友達の一人が「あのしおり・・・」
と思い出し、大騒ぎになり、また恐ろしくなって
そのベットはつかわずに、臨海学校を終えました。
小学生ですから、自己暗示などだったかもしれませんが
今となっても不可解な出来事でした。


452: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/01/06 03:47
夢のまんま
若かりし頃の親の話しなんだけど
結婚当初から毎晩マージャンをしてた仲の良いDQN仲間が居たとかで
その内の1人と見た事もない人が家の車を盗んで事故ってる夢をある日お袋が見たらしい。電柱の住所の看板っていうのかな?それもはっきり見えたみたい。
夢って言うよりかなり鮮明に、まるでテレビを見ている感じだったって。

お袋がある朝駐車場に行くと車が無くなっていたので、
タクシーを呼び確信を持って夢で見た場所に向かった。
そうするとやっぱりと言うか当然のように夢のまんまで、
QQ車を呼んで助けたらしいけど

そんな事ってあるんだね。

457: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/01/06 13:13
俺が助手席で母ちゃんが運転して青信号を直進し、交差点に差し掛かったところで
右から真っ黒い車が結構ゆっくりめのスピードで信号無視して入って来た。
やば!ぶつかるって思い、足を踏ん張った瞬間、母ちゃんも奇声を上げてブレーキを踏んだ。
でもその車はパッと音を立てて目の前で消えちゃった。
幸い後続車が居なかったから良かったけど、あれは怖かったです。
場所は東京都三鷹市新川5丁目の交差点

459: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/01/06 15:34
以前飼っていた犬の話。
一時期、家にネズミが大量発生しまして、かなり煩かったんですよ。
罠やら薬やらを使って駆逐しようと試みたんだけど、1匹も駆除できず、我ながら少々情けなかった。
ところがある日の朝、犬小屋の前に真っ二つになったネズミの死骸が。
「犬に捕まるとは間抜けな奴」とも思ったが、愛犬の方を誉めておいた。
そしたら、その日から連日、毎朝そこで鼠が真っ二つになっていく。多い時は3体もの死骸があった。
それが10日ほど続いた後、家のネズミは全滅していた。
愛犬が家を守る為に何らかの神通力を使ったとしか思えない出来事でした。

466: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/01/06 21:19
幽霊話になるかもしれないけど、中学の時。
私が一番廊下側の前から二番目の席に座ってたら突然前にいた友達が
「なに~?」と振り返った。私が「は?」って言った途端、私の後ろの
席の子が同じように「何?」と後ろを振り返っていたのが解った。
前の席の友達は「今、肩叩いたでしょ?」 当然、私は
叩いてなかったし、私の後ろの席の友達も肩を叩かれたと言っている。
そのまた後ろの友達も叩いていない、と。
授業中だったけれど、場が騒然となった…でもその間にいた私には
何もなかったんだけどね(w

468: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/01/06 22:21
最期の別れ
以前、別のスレで書いた話だけど。もう5年くらい前の話

 彼女ってわけじゃないけど、わりと仲の良かった女友達が事故で亡くなった。

 その日、俺は休日出勤の代休で仕事を休んで、自分の部屋でPCに向かってた。
 俺は一人ぐらしのアパート住まいだから、他に誰もいるわけがないんだけど、
なんか誰かがいるような気がしたの。で、振り向いてみても当然だれもいない。

 数日後に、その彼女が死んだことを友達から知らされた。ビックリしたよ。そ
の直前の日曜日に会ったばっかりだったから。
 で、よく一緒に遊んでた友達数人がお通夜で顔を合わせたんだけど、その中の
一人が

「彼女が事故にあった時間の直後に、職場で彼女の姿を見た」

 とか言いだした。
 なんでも、ふと顔を上げると、目の前に彼女がいたらしい。そいつに向けて「
悲しそうな微笑み」(そいつの発言通り。俺は実際に見てないから知らん)をみ
せた、と。で、一瞬後に気がついたら、見えなくなってたんだと。
 最初聞いた時は、「こんな時に、オカルト話をでっちあげるなんて、なんて不
謹慎な奴」と思った。自分の体験なんか、忘れてたから。

469: 続き 03/01/06 22:21
 すると他の友達も、似たような体験をしたとか言い出した。
「さよなら」と声だけ聞こえた、だとか
 その時間の頃に、部屋の中で物音がした、だとか。(2人が体験)
 なんか、人の気配を感じた、だとか。
 何もそんな体験なんかしてない、という奴もいたんだけどね。

 で、俺は例の体験のことを思い出した。
 そういえば、人の気配を感じたのは、問題の時間だったかもしれない...と。
でも、正確な時間なんか覚えちゃいないから、きっと気のせいで、無理やりに関
係をこじつけようと思ってるだけだ、とも思った。

 友達の間では
「きっと、俺達に最後の別れに来たんだね...」
 という話になった。
(家族の方にも似たようなことがなかったか聞いて見たかったんだけど、一人娘
を亡くして気落ちしてるところに、興味本位でこんな質問する気にはなれなかっ
た)

 でも、俺としては、最近では友達みんなが俺のことをかついで話をでっちあげ
たんじゃないか、とも思っている。
(でも、そうだとすると、友達はみんな、友の死を冗談のネタにするような、と
んでもねー奴らだ、ってことになるんで、そう思いたくはないんだけど)


508: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/01/08 20:28
クラムボン
2年前、元カレにバイクで自宅に送ってもらったときのことです。
途中の住宅街の隣に小さな森があり、その森の前に坂道があります。

自宅までの近道だったので、いつもどおり2ケツでそこを通り抜けようとしたその時、
「うわっ」
と二人同時にさけんだので、お互いがソレを見たのが分かりました。
驚きました。

白い、直径30ほどの丸い球体を、バイクは「突き抜けた」んです。
球体は部分によって白さがまばらで、なんだか質感がないような感じ。
あわてて二人で突き抜けた球体を振り返ると、わたしたちが壊してしまったのか、
それとも消えてしまったのか、球体はもうどこにもありませんでした。


あとでそのことを友人に話すと
「それクラムボンじゃないの?」といわれましたが、、。
クラムボン、、かなあ、、、

519: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/01/09 00:46
今はもう居ないけど、日頃は穏便でめったに吠えない室内犬を飼ってました。
その犬が寝て居たのにも関わらず、突然上の方を向き歯をむいて吠え出し、
その後ソファーに逃げる様に上がり、物凄い勢いで左右を見て居たかと思うと
頭を叩く真似をすると首をかがめて目をつぶるでしょ?もろあの顔になって
しまいにはソファーの下に向かって吠えてました。
家族4人いましたが、誰も虫などは見えなかったらしいし、
犬が寝ぼけていたにしては時間が長過ぎるし、
(犬ってたまに寝ぼけるんですよ、気が付いてアレって顔もするし)
まだ若かったので痴ホウとかでもないですし、、、
後にも先にもあの1回だけでした。恐かったなぁ。

527: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/01/09 21:35
私に似ている少女
小学校低学年の時だから、かなり昔の事になりますか。

私はその日、母に手をひかれ、遠縁の親戚を訪ねるために駅へ来ていました。
まだ見なれない色とりどりの電車に、私は目を奪われていたのです。
気付けば私は母の手を離れ、人の波に流されていました。
母の姿が小さくなっていくのを、私は何故か冷静な気持ちで見ていました。(今考えると、とても不思議)
怖い、とか寂しいとか、そんな感情が一切浮かんでこなかったのを、良く覚えています。
私は黄色い安全線の上に立って、ぼうっと反対側のプラットホームを眺めていました。
真正面には一組の親子連れが、仲睦ましく顔を寄せ合っています。
小さい女の子と、小柄な女性。母親と思われるその女性は、身体に合わない大きめな水色のコートを羽織っています。
どうしてだか、彼女等を始めて見た気がしませんでした。
ずっと昔から知っているような、そんな懐かしい感じがしたのです。
あちら側のプラットホームに白と青の電車が滑り込んできました。

528: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/01/09 21:35

電車に遮られて、私の視界からその親子は消えるはず。消えるはずでした。
しかし、電車が親子に重なった瞬間に、白と青のコントラストは煙のように消えうせたのです。
幼い私は(きっと幼くなくても)目を疑いました。
電車の後側に居るはずの親子を、私に見せつけるように、電車はぐんぐんと透明になっていきます。
乗客は宙に浮き、椅子に腰掛けているはずの人々は、空気椅子よろしく中腰で踏ん張っているのです。
やがて電車は止まり、ドアの開く音だけが聞こえて、一斉に人が動いていきます。
私は呆気に取られながら、何を思うでもなくそれを眺めていました。
真正面の親子が電車に乗り込もうと足を上げました。その瞬間、電車が急にぐん、と私の方へ近付いてきたのです。
真横に電車が動くなんて聞いたことがありません。
私は黄色い安全線の上に立っていたものですから、電車との距離は1メートルもありませんでした。
もちろん、驚愕しました。電車が急に近付いてきた事、それから、真正面に居る少女が、私の容貌に酷似していた事に。
その後、電車は何事も無かったようにひょうひょうと発車し、私は無事に母親に保護されました。
思えば、母を見失った寂しさから白昼夢でも見てしまっていたのかと考えることもあるのですが、
その度にある事を思い出して、少し、怖くなるのです。

少女の着ていた服が、私が当時から数年前に通っていた幼稚園の制服だった事。
私と同じ位置に同じように良く目立つほくろがあった事。
そして
私を見、微かに微笑んだ事。

529: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/01/09 21:59
恐いよぉー(つД´)

531: にょきぽこ 03/01/10 04:55
金縛り
 金縛りとかは中学三年の頃に始まって、28歳になる今でもたまになる。昔は足や腕を掴まれて引きずりまわされたり、全身真っ黒の人間が部屋に入ってきたりしたが、俺の中では
典型的な入眠時幻覚ということで納得済みであり、「霊的な要素はない」と確信している。

金縛りの最中で聞こえてきた
「殺したる」という声にも「殺せるもんやったら、殺してみんかい、ぼけっ!」と心の中で念じたりしていた。しかし、今から思い返しても納得できない体験が一つ。俺の妹と一緒に体験したものだ。

532: にょきぽこ 03/01/10 04:58
続き  当時、妹は中二、俺は大学2回生だったと思う。俺の妹は当時そういう感覚が鋭く、「街は幽霊で溢れている」みたいなことをいっていた。
電信柱や路地に座り込んでいたりするのを頻繁に目にしていたらしい。

妹曰く、「お腹が空いている」などの感情が、見た瞬間に伝わってくるのだそうな。妹は就寝時にも得体の知れないものに悩まされるらしく、夜中に「怖い」と泣いて俺の部屋まで来ることがあった。両親はその手の話を信用する筈もなく、「金縛りに遭う」という体験を共有する俺の所に避難していたのだろう。

つづく

533: にょきぽこ 03/01/10 05:00
続き  大学二回の夏、深夜一時ごろ、俺は自室でブルース・リーの「燃えよドラゴン」を見ていた。すると階段を妹がすごい勢いで駆け上がってくる。ドアを蹴破るような勢いで部屋に飛び込んできた妹は泣きじゃくって声にならない。

 座らせて話を聞くと、その夜、妹はダイニングのテーブルで期末試験の勉強をしていたところ、いきなり金縛りに襲われ、体が動かなくなったらしい。斜め前方のキッチンのにある10センチ程開いた窓から髪の長い女が妹をじっと見つめている。それに気づいた瞬間、部屋が真っ暗になり、窓の外にいた女が「○○を返して・・・」と呟きつつ(○○の部分は聞き取れなかったとのこと)、妹の周りをぐるぐる歩き始めた。恐怖のあまり金縛りを必死に振りほどいて、三階の俺の部屋まで駆け上がってきたらしい。

534: にょきぽこ 03/01/10 05:02
続き  そこまで話して、少し落ち着いたように見えた妹は、「途中で掴まれた肩が濡れてる」と俺に右肩を見せる。確かにTシャツの肩の部分が濡れていた。

そこまで聞いた俺が、「よっしゃ、お兄ちゃんが見てきたる」と二階に降りてみると、ダイニングから二階の玄関(二世帯住宅)へ続く廊下にぽつぽつと水滴が落ちていた。「でも風呂から上がった親父がちゃんと体拭かんかっただけかも」と思いつつ、ダイニングへ入るが、テーブルの上に英語の教科書とノートがあるだけ、なにも異常はなかった。

 その夜は、そのまま妹を俺の部屋で寝かし、俺は「燃えよドラゴン」の続きを
見て寝た。あれはなんだったのだろう。その妹も結婚して、今は母親に肉じゃが
に作り方なんぞを電話で聞いている。俺は例のダイニングの隣に位置するリビン
グからこの書き込みをしている。とくに異常はない。

476: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/01/07 03:20
行者の呪文
17年前の受験浪人の秋。なかなか勉強に身が入らず、あせってた。ある日眠くなって、自宅の机で突っ伏してうたた寝をした。その時夢を見たのだが、自分が10m程上空に浮かんでいる。
と同時に行者数名が呪文のごときものを唱えながら、歩いている。それを斜め上から見ている。イメージは巡礼の一団のようだ。そのうち彼らの呪文と金剛杖をジャンジャンと鳴らす音が、すごく大きくなって、自分に襲い掛かってくる感じにまでなった。体の中に入ってくるような感じ。

そこで、ガバッと目が覚めたが、その夢があまりにリアルでまだ心臓がドキドキしていて、一瞬訳がわからなかった。ただ、その後頭が冴え渡り受験まで一気に突破した。すごい集中力がそれ以来持てた。
受験が終わりそれ以降、そんな状態は二度とない。

478: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/01/07 03:40
476だけど肝心な事忘れてました。
受験は前年全くダメで、浪人しました。この経験後、猛烈に勉強がはかどって、その年は早慶はじめ7戦全勝。
今仕事してて、あの時の集中をまた取り戻したいとふと感じる。

不思議ネタ募集中
不思議.netで扱ってほしいネタ、まとめてほしいスレなどがあれば、こちらからご連絡ください。心霊写真の投稿も大歓迎です!
面白いネタやスレは不思議.netで紹介させていただきます!

■ネタ投稿フォームはこちら
https://ws.formzu.net/fgen/S13082310/










  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『幽体離脱してました』『不思議なネコ』『私に似ている少女』不可解な体験、謎な話~enigma~

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2019年06月11日 23:56 ID:UqgT3aWc0*
わたし一昨年に全身麻酔してるから幻覚や幻聴おきる可能性あるんか
怖いな…
2  不思議な名無しさん :2019年06月12日 03:27 ID:o0OFIpst0*
私は小さいときに全身麻酔したことあるけど、幻聴や幻覚は何も無いよ。
3  不思議な名無しさん :2019年06月12日 06:16 ID:X84QHUFZ0*
麻酔の種類によるんじゃないか、と。
静脈に注射するタイプの全身麻酔だと、効いてる間すごい幻覚見る。
起きてるのか寝てるのかわからないどころか、生きてるのか死んでるのかもわからない夢を見る。
よくある臨死体験みたいな夢じゃなくて、キュビズムの世界みたいな。
お産直後のトラブルでそれ使ったんだけど、完全に自分は死んだくらいに思ってて、今産んだばかりの子供を育て上げた記憶まで持ってた。
んなわけない、と気づいた瞬間に現実に戻ってきたけど。
酸素マスクタイプの全身麻酔の時は、夢すら見なかったし、夢うつつじゃなく、いきなり意識が戻った感じだった。

注射で全身麻酔を何度も受けると、幻覚体質になるのかもね。
滅多に使うものじゃないらしいけど。
4  不思議な名無しさん :2019年06月12日 09:23 ID:5IRVY2Lr0*
「決してデッサン狂いだったわけではなくそんなレベルでもありませんでした。」
デッサン狂いって専門用語か何か?そんなレベルっていい意味?悪い意味?わかめ
5  不思議な名無しさん :2019年06月12日 11:03 ID:QOygBeoG0*
この場合の「デッサン狂い」とはデッサンが好きでデッサンやりまくってるようなタイプと言う意味でしょ
ホストに貢ぐの大好きな女を「ホスト狂い」とか言うのと同じような意味合い
そんで何で自分が「デッサン狂い」ではないと書いたかといえばこの人の中では「デッサン狂い」の連中は脳内でイメージをとらえて好きな方向から絵を描くのは朝飯前の天才と認識してるから
ようは自分は天才じゃないからそんなこと出来ないよって言ってるわけ
6  不思議な名無しさん :2019年06月12日 11:47 ID:3dkLx8520*
QQ車…
7  不思議な名無しさん :2019年06月12日 14:13 ID:.mLV6Ehx0*
※4,※5
「デッサンが狂っている(歪んでいる)こと」を指して「デッサン狂い」と言ってるんだよ
だから「自分の絵はきちんと描けていた、しかし描いたアングルが本来ならありえないものだった」という意味
8  不思議な名無しさん :2019年06月12日 15:23 ID:kzncdfM90*
※7
キミちょっと可哀そうなレヴェルですね

※5が正解
9  不思議な名無しさん :2019年06月12日 16:52 ID:Z7SqY5iK0*
「私に似ている少女」は、幼い頃母親と一緒に出かけた時のことを思い出して、母親が違うって気づいたってこと?
10  不思議な名無しさん :2019年06月14日 20:28 ID:OALuusvO0*
シャツに落ちてきたのは普通にヤマビルだろ。
11  不思議な名無しさん :2019年07月20日 21:19 ID:U3HOtEdt0*
※8
ええ…※7だと思うけど

 
 
上部に戻る

トップページに戻る