まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

【考察】『なぜジャパニーズホラーの女は水を滴らせるのか?』不浄の水がもたらす災い

2019年07月22日:21:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 36 )



水と幽霊

 想像してみてほしい。じっとりとした生暖かい風が吹く夜の帰り道、電灯もまばらな住宅街を一人歩いていると、行く手の電柱の下に何かが佇んでいる。近づくにつれてそれは人だ、それも白いワンピースを着た女だと気づく。「なんでこんな時間にこんな場所に?」怖くなって目を伏せ足早にそばを通り抜けようとした時、女の髪から滴った水でアスファルトが濡れているのに気がついた。「――え?今日は雨なんて降ってないぞ」思わず振り返ったその先には――。

 このくだりで彼女が「用水路に落ちてスマホをなくして途方に暮れているOL」だとか「ナイトプールで彼氏と喧嘩して髪も乾かさずに帰ってきた女子大生」ということはまずないだろう。幽霊だ。この「水を滴らせる女」という映像イメージが「幽霊」の典型の一つになっているのは90年代末から00年代にかけてのジャパニーズホラーの映画の水の表現からも見て取れる。





ジャパニーズホラーにおける「水」

 ジャパニーズホラーブームにおけるヒロインの代表格といえば1998年に映画化し、大ヒットを得た『リング』の貞子であろう。その登場時はまさしく新時代の恐怖そのものであった。クライマックスでテレビから這い出し迫り来るその姿はジャパニーズホラーの象徴と言えるだろう。

 映画の中で貞子の呪いのビデオテープを見た者は必ず7日後に恐ろしい死を遂げる。異能力を持って生まれた貞子は、それを恐れた父に生きたまま井戸に落とされ凄惨な死を迎えた。タイトル『リング』の意味の一つに「蓋をされた井戸の底から見た光景」がある通り、貞子は井戸の底で死に、そしてそこから来る。さらに貞子はもともと海から来た「何か」から生まれたものであり、水とは切っても切り離せない関係がある。


 2000年公開の『仄暗い水の底から』はさらにわかりやすい。水の事故で死んだ少女の霊は母を求め水を媒介して忍び寄り、主人公に憑りつこうとする。ラスト付近の洪水のように水が押し寄せるシーンは印象的だ。

 彼女らは「水」の中からくる霊であり、水を伴うのは必然のように思われる。2003年の『呪怨』でも水の流れるシャワーシーンで霊が現れるシーンがあり、もはやホラームービーの定番になっている。

 こういった「水」と「幽霊」のつながりはジャパニーズホラーの映画の中だけでのものだろうか?確かに冒頭で出てきた「白いワンピースの女」というイメージは貞子以降に定番となったものであり、それまでは刺激的な真っ赤な服や古式ゆかしい着物が幽霊の中でのトレンドであった。しかし「水」と幽霊の関係はもっと深く古い。


皿屋敷お菊月岡芳年画

古典から続く「水」と幽霊の関係

 最も有名な古典怪談の一つ、『番町皿屋敷』のお菊さんはご存じの通り「いちま~い、にま~い、……」と恨みがましく皿を数える幽霊であるが、彼女は井戸に現れる。というのも彼女は井戸で死んだのだ。

 『皿屋敷』には様々なパターンがあるが、多くの場合、女中のお菊は十枚揃えの皿の一枚を失ったことを咎められ、激しい折檻の末に井戸に身を投げるか、もしくは殺されて井戸に捨てられる。百年以来の幽霊界のスターであるお菊さんも貞子と同じく井戸出身(?)なのは興味深い。

四谷怪談戸板返し初代歌川国貞画

 また、同じく大御所の「四谷怪談」のお岩さんは夫である伊右衛門に裏切られた上に毒殺され、死体は戸板に括り付けられ川に流される。歌舞伎の『東海道四谷怪談』ではこの流されたはずの戸板がまた伊右衛門の所に流れつき、お岩の死体が恨みを吐くシーンは「戸板返し」と言って有名な見せ場の一つになっている。

 こういった古典にさかのぼらずとも「水」や「水場」と幽霊の関わり合いは身近な怪談にも昔からある。タクシーが人気のない道で拾った怪しい女を目的地まで運ぶと女の姿はなくシートがぐっしょり濡れている……などどこかで聞いたことがあるだろう。もっと卑近な例では学校の怪談と言えばまずトイレが出てくる。トイレは一番身近な「水場」であるからだろう、同じくプールも人気スポットだ。



災いの水、不浄なる水

 なぜ「水」なのか。これは日本の気候が関係している。
 土地の気候というのはその国の文化的な思考と深くかかわっている。例えば欧州では女性を褒めたたえるときに「君は僕の太陽だ!」などと例えることがあるが、アラブ圏では女性を褒めるなら太陽ではなく月に例える。温帯に属する欧州で太陽は暖かく光をもたらす存在であるが、砂漠帯のアラブ圏では太陽は男性的で厳しく過酷なイメージだからだ。



 ここで日本における「水」のイメージを考えてみよう。当然のことながら「水」は人間が生きるのに欠かせないものであり、日本でも昔から日照り、渇水による飢饉がたびたびあった。しかしながら、それでもなお日本は水に恵まれている。高温多湿の温帯気候で雨も多いからこそ稲作が発展し農耕文化を作り上げた。

 さらに大げさに言えば日本は「水に恵まれすぎている」のである。水が「多すぎて」起こる災害、台風、大雨、津波など、現代でも日本人はそれらと戦っている。こういった気候条件の影響から日本人は「水」に恵みや美しさ以外のイメージを持つことになった。それが「災いをもたらす不浄な水」である。

 「水」は先に述べたような自然災害だけでなく、「水による事故」という災いももたらす。井戸に落ちるのもその一つと言えるだろう。また高温多湿の日本では湿気はあらゆるものを腐敗させる上に、微生物や大腸菌を含んだ生水は「不浄」であった。簡単に言うと日本人には水は危険で、ジメジメして不衛生な負のイメージをもっており、それが幽霊への恐怖につながっているのだ。


 ジャパニーズホラーブームも随分昔のものになり、2016年には『貞子vs伽椰子』なんて、彼女らに本気でおびえていた人間が怒りだしそうな映画が公開された。意外にも高評価を得ているこの作品でもやはり井戸が出てくるが、どんなシーンで舞台になっているかは是非観て確かめてほしい。
きっと井戸や水に対して別のイメージを持つことになるだろう。

文:瀧波コウセイ




貞子 vs 伽椰子 プレミアム・エディション [DVD]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2016-12-02)
売り上げランキング: 43,583









  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【考察】『なぜジャパニーズホラーの女は水を滴らせるのか?』不浄の水がもたらす災い

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2019年07月22日 21:06 ID:jn.cxJwG0*
水は世界中の物や生物を循環してるからとかって誰か言ってなかった?
2  不思議な名無しさん :2019年07月22日 21:07 ID:ST2Euzdf0*
濡れにくいこより濡れやすいこほうが好きです
3  不思議な名無しさん :2019年07月22日 21:09 ID:WF3O76Yl0*
確かにww
4  不思議な名無しさん :2019年07月22日 21:22 ID:30b9j9CY0*
大量の水は、眠りを守る断絶であり、故に神秘の前触れである。求める者よ、その先を目指したまえ
5  不思議な名無しさん :2019年07月22日 21:26 ID:pEpFlUei0*
古くから「水の女(天皇の下半身の奉仕をする女官)」とか「水商売」とか言うように「水」=「女性」のイメージが定着してるのは確か
6  不思議な名無しさん :2019年07月22日 21:36 ID:K.pPUDjp0*
既存の作品や創作、伝承などに影響うけて
あまり考えずに同じようにしているだけじゃないの?
7  不思議な名無しさん :2019年07月22日 21:49 ID:v4DMjZA40*
沼地や湿地のイメージかな
8  不思議な名無しさん :2019年07月22日 21:50 ID:p0kGHiHE0*
ジャニーズホラーの女って何?と思ってた
9  不思議な名無しさん :2019年07月22日 21:57 ID:B1XbAdgG0*
それは、あるかも知れませんね。
確かに怪談物語にはよく出てきますね。
ですが、水は日本人関係なしに生物には必要なもので、お腹にいるときも羊水に浸かっているため、常に水を意識しているのではないでしょうか?

水をイメージした怪談は、溺死をイメージしますが、本来の体に水と云う潜在意識が知らない内に水に関する怪談を作り上げるのではないでしょうか?

10  不思議な名無しさん :2019年07月22日 21:58 ID:M.ckSLQe0*
水も滴る何とやら、美女は幽霊、ブサイクは化け物と相場が決まってる
11  不思議な名無しさん :2019年07月22日 22:11 ID:pOsJdfGK0*
怪談噺の時に暑いからただ単に納涼のために水流してたのが始まりってどこかで聞いた
12  不思議な名無しさん :2019年07月22日 22:19 ID:wKR.NSBH0*
液体って、人間(日本人)の感覚に訴えるものがあると思う

AVだって海外のは綺麗だけど全然ウェット感がないし、興奮しない
日本のAVは汗やいろんな体液が視覚的に多く、興奮するよね
ただの同種だからという問題かもしれんけど
13  不思議な名無しさん :2019年07月22日 22:30 ID:7y0PjH.o0*
くっそ浅い考察だねえ。
14  不思議な名無しさん :2019年07月22日 22:32 ID:KaO192TQ0*
ダムドファイルというホラードラマのテレビ局の回でも
水に思念が宿る云々という下りがあった
地下の薄暗いトイレ、洗面所での怪異で、まさに記事にもある「不浄な水」として描かれてた

個人的に水、髪、白装束の3つは邦ホラー神器だと思ってる
15  不思議な名無しさん :2019年07月22日 22:54 ID:IoyV7BQ.0*
>>2
濡れちゃった♡
16  不思議な名無しさん :2019年07月22日 22:58 ID:.ShxkaPb0*
零〜濡鴉ノ巫女〜面白かったぞ
怖くはないが
17  不思議な名無しさん :2019年07月22日 23:50 ID:Qno5cIVH0*
水は異界の「境界」の象徴なんだろうな
洪水等の水害、津波もそうだろうな
深夜の湖や、川、公園の池でさえも怖いし神秘的でもある。
海はスケールが大きいからまたちょっと違うかも
18  不思議な名無しさん :2019年07月23日 01:01 ID:ioGV0Fmq0*
※6
乗り逃げタイプの幽霊話ってのがある

1、ある人物(主に女性)が夜道に立っていて、乗車を求める
2、不審に思いながら乗せ、行先は人気の無いところ
3、乗客はまったく話さず、運転手は訝しがる
4、目的地に到着すると、人物は消えている
5、消えた人物が座っていた所は、ぐっしょり濡れている

タクシーの幽霊話でよくあるパターンなんだけど、この話は籠で人を運んでた江戸時代頃からある。もっと言えば、17世紀~18世紀のヨーロッパの馬車の話もある。
まぁ、古今東西を問わずに人間の発想なんて大して変わりないんだなって話だけど、大きく違う点がある。消えた人物が残す物に大きな違いがある。
西洋の乗り逃げ幽霊話は、残す物は何か消えた人物に由来のあるものだったり、そもそも何も残さないで消える。水濡れた残しものは聞いた事が無い。
東洋、つまり日本の乗り逃げ幽霊話は、何故か水跡とか水滴とか、ぐっしょり濡れていたみたいな、水に関係する物を残して消える。

確かに、場所によって語り継がれる内にお決まりのパターンを踏襲しているって考える事が出来るが、その中で何故日本が「水」「水にまつわる物」にパターンが集約されていったのかって疑問が沸く。別に残していく物は、水に纏わる物じゃなくてもいい筈だし。

という事は、日本人は何か得体の知れない物と水、水に纏わる物を何かしらの心理的理由で結び付けていたと、考えるのが無理のない考え方だと思う。
19  不思議な名無しさん :2019年07月23日 01:52 ID:FaLvNyL90*
水は血のメタファーでもあるよね。
20  不思議な名無しさん :2019年07月23日 02:13 ID:2ZlFg.o40*
水と女霊の関係って、ジャパニーズホラー以外でもあるじゃん
ルサールカとか
21  不思議な名無しさん :2019年07月23日 03:12 ID:dXptm8nx0*
日本の穢れの文化も影響があるかも イザナギが水で体を清めたように、流れる水は清いが池や井戸などの流れていない水は不浄だと聞いた
22  不思議な名無しさん :2019年07月23日 04:44 ID:wP81V9do0*
期限が江戸文化だから
江戸は水路が張り巡らせれてたし井戸なんかも沢山あったから真っ先に死体を捨てる場所がそこだったからそれを元に話が作られた
戦国時代だと落ち武者の霊や実際の人間怖いとかが主流だし
その前は誰々の怨霊とか鬼とかが主流だった
鳥山石燕の妖怪画だと水に関わるものはそれほど多くなかった
しかし妖怪は水木しげるの手でキャラクター化されてしまったせいで残るのが水死体から発生した幽霊話というわけ
23  不思議な名無しさん :2019年07月23日 06:36 ID:WP1v92yU0*
水と幽霊が密接になったのはわりと最近で昭和になってからだと言われている
戦後に起きた洞爺丸事故とか伊勢湾台風など水死による大量死が原因らしい
24  不思議な名無しさん :2019年07月23日 08:05 ID:znhhThIH0*
>>21
その思想は欧米にもある
日本特有じゃない
25  不思議な名無しさん :2019年07月23日 10:09 ID:Una.uqC90*
災害ももたらすイコール不浄ってのはちょっと強引すぎ
寺社の手水も不浄か?
26  不思議な名無しさん :2019年07月23日 11:20 ID:tFBryjWI0*
入水自殺を暗示してるから
かといって焼身自殺で頭チリチリで口から煙吐いてたらドリフのギャグだから
27  不思議な名無しさん :2019年07月23日 11:24 ID:mcFnrDaW0*
雨乞いで生贄とか立ててたんじゃね
28  不思議な名無しさん :2019年07月23日 11:41 ID:wbaLBblM0*
確かにトイレの花子さんとかあったな。納得。考えたこともなかった
29  不思議な名無しさん :2019年07月23日 14:18 ID:nKUPr04R0*
なんか最近ダサくて読みにくい妙に格好つけたジャーナリスト気取りのつまらない記事多いですけど、どうされたんですか?
自分の汚い金儲けに嫌気がさしてやりがい探しですか?
30  不思議な名無しさん :2019年07月23日 14:44 ID:Gh6piZ6K0*
さだかやは名作だろ!!! 失礼な書き方だな!!
31  不思議な名無しさん :2019年07月23日 16:52 ID:yy6PSOCJ0*
雨乞いの儀式をやってた頃から沼の神に若い娘を人質に捧げるとかあったと思う
32  不思議な名無しさん :2019年07月23日 18:30 ID:2r5LIBsY0*
ジャパニーズによらないだろ
シャワー中の女性とか
雨の中助けを求める女性とかは洋画でもよく見る
33  不思議な名無しさん :2019年07月23日 23:32 ID:V0Z76j0g0*
幽霊は怖い
濡れるのは不快で嫌
二つ合わせることで最強となる
34  不思議な名無しさん :2019年07月24日 06:46 ID:fNzA.sMk0*
>>26
あぁ、それあるなぁ
袂に石入れて心中するのは定番だからな
35  不思議な名無しさん :2019年07月25日 14:57 ID:E.SWUktq0*
>>21
それは思想的な話ではなく、普通に汚いから触らない方がいい、ということのような。
水が溜まってると雑菌が繁殖したり伝染病の元になったり虫が湧いたり、ロクなことがない。
36  不思議な名無しさん :2019年08月16日 18:24 ID:edhKVpCG0*
仄暗い水の底からは、幽霊は出てこない。母親の妄想かもしれないからゾッとするのに、映画ではがっつり出てくるのでガッカリ。

 
 
上部に戻る

トップページに戻る