まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

【昭和の怪奇事件】狂った父親が息子を火葬爐に・・・凶行の原因とは

2019年06月29日:22:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 16 )

昭和8年の猟奇事件

hakkyou


これは1933年(昭和8年)の読売新聞に掲載された猟奇事件である。
「生きているわが子を火葬爐に押し込む」という衝撃的な見出しの記事が掲載されている。本日の『昭和の怪奇事件』はこちらの猟奇事件について、ご紹介しよう。





父親が突然発狂!

4月25日、神奈川県横須賀市で15歳の少年が自動車に轢かれて死亡する交通事故が発生した。翌、26日には少年の両親、知人、親戚などが集まり葬儀が行われた。

そんななか、息子と一緒に葬儀に参列していた事故で死んだ少年の叔父であるN(32歳)の様子がおかしいと親戚の間で話題になった。

この叔父は普段は土木業を営む真面目な人物だったが、この日は葬儀中からブツブツと何やら独り言を言っており、あたりをキョロキョロと見渡していた。

「Nさん、どうしたんですか?」

周りの親戚がNを心配して声をかけたが、Nは終始うわの空。もっとも今は葬儀中ということもあり

「きっと可愛い甥っこが亡くなったのがショックなのだろう」

と親戚一同はNを気遣った。

そして、少年の火葬がはじまり、親戚・知人達は別室に移動したその時、

「助けて!!!」

と男の子の叫び声が聞こえた。
親戚たちが驚いて、叫び声の聞こえた火葬爐へ向かうと、なんとNが自分の実の息子(5歳)を炎燃えたぎる火葬爐のなかにぶち込まんとしていたのである。

親戚たちは

「ちょっと!Nさん何をしてるんですか!!」

と、Nと子供を引き離したが、子供の顔は炎で大やけどを負っており、息も絶え絶えとなっていた。結果、葬儀は一時中止となり、実の息子を焼き殺そうとしたNは横須賀署へ引き渡され逮捕となった。





原因は暑さのせい?

さて、Nが実の息子を焼き殺そうとした理由だが、具体的な原因は不明となっており、当時の新聞によると「気候の乱れによる発狂」と書かれている。

確かに戦前の新聞などを見ると「熱さで発狂」「気候の変化により自殺」といった見出しの記事が掲載されることがある。

現に、今回の「火葬爐事件」の発生した1933年(昭和8年)は1961年に更新されるまで「日本観測史上最も暑い夏」であり、体調を崩した人も多かったのだ。

現にこの年の7月25日には山形県の観測所で40.9°Cが記録されるなど、異常気象が相次いだ。もっとも、今回の「火葬爐事件」が発生したのは、本格的に気温があがる直前の4月25日であり、気がふれた原因が本当に異常気象の影響なのかどうかは微妙なところであるが、当時はそう珍しいことではなかったようだ。

なお、顔を焼かれた息子は幸いにも命を取り留め、全治三か月の火傷で無事に退院できたという。

参考文献:読売新聞縮刷版
文:穂積昭雪(昭和ロマンライター / 山口敏太郎タートルカンパニー / Atlas編集部



【Atlas関連リンク】
【芸能事件史】妻と娘が夜中にメッタ刺し!大阪のある落語家の惨劇
https://mnsatlas.com/?p=39537














  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【昭和の怪奇事件】狂った父親が息子を火葬爐に・・・凶行の原因とは

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2019年06月29日 22:17 ID:npSpcQws0*
これ助かったのはいいけど
その後の父親との関係はどうだったんだろう?
5歳なら記憶もはっきりしているだろうし
2  不思議な名無しさん :2019年06月29日 22:28 ID:XLzXfnxF0*
1933年って三陸地震があったのね。しかも3月。
2011年と似たようなタイプの津波地震で経済的に大打撃だったみたいだし、なにより土木関連みたいだから、復旧に駆り出されたりで休む暇なくて忙殺される日々で、すでにおかしくなりつつあったんじゃなかろうか。
と邪推してみる。
3  不思議な名無しさん :2019年06月29日 23:08 ID:QHci.BgH0*
国自体がおかしくなって行った時代だったのだろう。
4  不思議な名無しさん :2019年06月29日 23:29 ID:qh.UiQcu0*
突然發強

いいよなあ
5  不思議な名無しさん :2019年06月29日 23:54 ID:JTDo7NIh0*
自分の子供も死んじまえばいいんだって感じかな……
6  不思議な名無しさん :2019年06月30日 00:03 ID:JAZMrlve0*
息子が引きこもりニートだったら
無罪だったのになぁ
7  不思議な名無しさん :2019年06月30日 00:29 ID:de7GlUxR0*
全治3ヶ月の火傷の傷って相当なんじゃ…
8  不思議な名無しさん :2019年06月30日 01:46 ID:ASJiVsN30*
1933年なら火葬場は墓場にあるもので、よくてレンガに鉄の扉、下手すると半分屋根ないタイプもあった。
土葬の地域も多かった。
棺桶も火葬だと今のタイプじゃなく、戸板に乗せて火葬場に運んでた。
骨になるのに1日かかる事もあった時代だな。
墓場に別室があるのかぁ、怖いなあ。家に戻って、炉の火が消えたら骨になったか確認してたと聞いてるがなぁ。
9  不思議な名無しさん :2019年06月30日 01:47 ID:ASJiVsN30*
叔父が15歳の子を轢き殺した犯人だったわけではないのか。
10  不思議な名無しさん :2019年06月30日 02:13 ID:RuqNGIbZ0*
やっぱキチは即隔離するべきやな
息子可哀想すぎるやろ
11  不思議な名無しさん :2019年06月30日 04:06 ID:Yb0Zot6t0*
こんなどうでもいいことが一々事件沙汰にされてたのか
わが子が捨てられても罪にもならなかった頃なのにね
12  不思議な名無しさん :2019年06月30日 10:15 ID:WZr6CmMM0*
「高校大パニック」という映画をなんとなく思い出した
暑さが原因で発狂という訳ではないんだけど、熱気の中で狂気のボルテージが高まってくような描写
13  不思議な名無しさん :2019年06月30日 12:57 ID:L57nWGRp0*
心療内科系の病気だったんだろ。若しくは、脳そのものの病気とか。今の医学なら簡単に解明出来るんだろうけどな。
14  不思議な名無しさん :2019年06月30日 15:18 ID:4OtSM6WT0*
神奈川だしそんなもんだろ
15  不思議な名無しさん :2019年06月30日 21:06 ID:6SUKTT260*
なんで今は暑さで発狂しないんだろね
16  不思議な名無しさん :2019年07月02日 21:03 ID:ieac5CLp0*
昔はこういう事件で顔写真出してたんだねえ
多分実名もだろうな
で、心神耗弱で不起訴になったのか
殺人未遂で重罪か、顛末が気になるところ

 
 
上部に戻る

トップページに戻る