まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

日本の神様って謎なやつ多すぎね?

2019年07月02日:08:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 67 )

no title


1: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)01:59:47 ID:12r
ミシャグジとかアラハバキとか
やっぱ大和朝廷と対立してた異民族の神様で神道とは別のルーツなんかな?
日本神話のスサノヲ、やること滅茶苦茶すぎてワロタwwww
http://world-fusigi.net/archives/9020924.html

引用元: 日本の神様って謎なやつ多すぎね?





2: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:00:45 ID:12r
ミシャグジさま
https://ja.wikipedia.org/wiki/ミシャグジ

ミシャグジとは中部地方を中心に関東・近畿地方の一部に広がる民間信仰で祀られる神である。長野県にある諏訪地域はその震源地とされており、実際には諏訪大社の信仰に関わっていると考えられる。
全国各地にある霊石を神体として祀る石神信仰や、塞の神・道祖神信仰と関連があるとも考えられる

3: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:01:16 ID:12r
アラハバキ
https://ja.wikipedia.org/wiki/アラハバキ

アラハバキとは、東北地方を中心に古くから庶民の間で信仰されてきた日本の民間信仰的な神の一柱で、アラバキとも呼ばれます。
荒脛巾・荒吐・荒覇吐・阿羅波比・阿良波々岐など表記はさまざまですが、信仰の厚い東北地方を始め、アラハバキを祀る神社は全国にあります。


4: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:01:43 ID:PkL
土偶の格好しとるアラハバキ

10: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:02:56 ID:12r
>>4
東日流外三郡誌はNG

5: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:01:43 ID:7py
ぬっぺふほふ

11: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:03:38 ID:12r
>>5
江戸初期に駿府に現れた記録が残ってるんだよな

ぬっぺふほふ

ぬっぺふほふまたはぬっぺっぽうは、『画図百鬼夜行』や『百怪図巻』などの江戸時代の妖怪絵巻にある妖怪。顔と体の皺の区別のつかない、一頭身の肉の塊のような姿で描かれている。

1609年(慶長14年)、駿府城の中庭に、肉塊のような者が現れた。形は小児のようで、手はあるが指はなく、肉人とでもいうべきものだった。警戒の厳しい城内に入り込む者は妖怪の類であろうと思われたが、捕まえようにもすばやく動いて捕まえられない。当時の駿府城に住んでいた徳川家康が、その者を外へ追い出すよう命じたため、家来たちは捕獲をあきらめて城から山のほうへと追い出した。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ぬっぺふほふ

ぬっぺふほふ

12: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:03:43 ID:LHC
土着信仰が多めやからもう語り継ぐやつがおらんのやろ

13: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:04:23 ID:12r
>>12
代々語り継いでる一族とかめっちゃロマンあるわ

18: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:05:17 ID:LHC
>>13
ロマンあるけど大部分が途絶えてしまったんやろな
ミジャグジ様なんかその代表例ちゃう?

15: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:04:30 ID:rrq
おおよそ日本の神は四種に分類できるらしいで
古典の神、人神、民俗信仰の神、外来の神って感じで

24: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:07:30 ID:12r
>>15
古典の神の例が記紀に出てくる神で
人神が太宰府天満宮や靖国神社
民俗信仰がミシャグジやアラハバキ
外来の神は七福神
って感じかな?

27: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:08:55 ID:rrq
>>24
せやな
付け足すと古典の神は古くから大和朝廷に属してまとめられた地域の神、民俗信仰の神はそこからあぶれた神って感じやな

20: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:06:18 ID:PkL
日本て悪さばっかするヤベー神様っておんの?

22: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:07:02 ID:LHC
>>20
日本の神様って基本祟り神ばっかりちゃうん

23: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:07:14 ID:rrq
>>20
アメノカガセオは古典だと悪神扱いやな
もちろん祀ってる神社もあるけど

30: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:10:03 ID:12r
>>23
アメノカガセオって又の名をアマツカミボシって言って金星のことなんやっけ?
金星は他の星と周期性が違う動きをしてるから

35: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:12:03 ID:rrq
>>30
せや
太陽=アマテラスに逆らうくらい光り輝く星みたいな扱いで悪神になったっぽい
ちな関係ないけど、君の名はサイドストーリーでちょい名前が出てくる

25: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:07:49 ID:oJJ
>>20
一般人でも神を殺したり撃退出来るのが日本のお家芸

29: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:09:19 ID:f4N
>>20
イザナミは1日1000人殺すで
そしてイザナギは1日1500人産ませる

人間の寿命の始まりや

イザナギ

イザナミが、火の神であるカグツチ(軻遇突智、迦具土神)を産んだために陰部に火傷を負って亡くなった。イザナギがイザナミの遺体にすがって泣いていると、彼の涙からナキサワメ(泣沢女神)が生まれた。その後イザナギはカグツチを殺し(その血や死体からも神が生まれる)、出雲と伯伎(伯耆)の国境の比婆山に埋葬した。

イザナギは、イザナミに逢いたい気持ちを捨てきれず、黄泉国(よみのくに)まで逢いに行った。そこで「決して覗いてはいけない」というイザナミとの約束を破って見てしまったのは、腐敗して蛆にたかられ、八雷神(やくさのいかづちがみ)に囲まれたイザナミの姿であった。その姿を恐れてイザナギは地上へ向かって逃げ出してしまう。追いかけてくる八雷神、黄泉醜女(よもつしこめ)、そしてイザナミに、髪飾りから生まれた葡萄、櫛から生まれた筍、黄泉の境に生えていた桃の木の実(意富加牟豆美命、おほかむづみ)を投げながら難を振り切った。

イザナギは、黄泉国と地上との境である黄泉比良坂(よもつひらさか)の地上側出口を大岩で塞ぎ、イザナミと完全に離縁した。岩の向こうからイザナミが「お前の国の人間を1日1000人殺してやる」と言うと、イザナギは「それならば私は産屋を建て、1日1500の子を産ませよう」と言い返した。
https://ja.wikipedia.org/wiki/イザナギ

39: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:14:22 ID:PkL
あの頃から惑星の認識とか概念あんのかよすげえな

40: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:15:03 ID:2VF
惑星は普通の星と動き違うからどの文化でも注目の的やぞ

31: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:10:26 ID:tx5
金星と同一視される存在多くねw

37: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:13:31 ID:12r
>>31
金星=凶星っていう共通認識なんやろ

42: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:17:02 ID:9nU
アマツミカボシは金星じゃないぞ

43: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:17:36 ID:12r
>>42
そうなの?

46: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:19:05 ID:9nU
>>43
何なのかよくわかってない
そもそも日本の神話で神について善し悪しなんてかかないのにハッキリ悪神と書いてあって異様だってことやな

45: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:18:31 ID:rrq
>>42
星の神の扱いやけど、強いて言うなら金星の神って扱いやろ
北極星の扱いする説もあるけど

50: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:20:55 ID:9nU
>>45
あれは後世の俗説みたいなもんやし
アラハバキは異民族っていうか北方諸民族のうちの一派ってのはほぼ確定
ミシャグジさんはまぁ…ね

58: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:23:01 ID:rrq
>>50
色んな説あるからなあ
ただ金星は明星として強い輝きを放つからそのため太陽神の敵扱いされたって説は納得できる

26: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:07:53 ID:PkL
祟り神なんて表現されるとこわいわ

34: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:10:47 ID:LHC
>>26
生贄要求してくる系なんてその最たるもんやろ
京都の祇園祭だって祟り神を鎮魂するお祭りやし

28: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:09:00 ID:PkL
脱いでくれるらしいアメノウズメちゃんがええな
引きこもりニートのとこに出て来てくれるかもしれんで

38: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:13:56 ID:Yd9
あまり知られてないけどチートみたいな能力もった神おるんか?

41: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:16:43 ID:rrq
>>38
うーん日本神話ってあんまバトル系やないからなあ
後世平田篤胤がアメノミナカヌシに聖書の造物主の概念を取り込んで他の神とは一線を画す超越的な力を持った神って扱いにしたとかやねえ

52: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:21:36 ID:ncl
日本の神々は、いろんな地方の土着神だけじゃなく、色んな地方の世界観・自然観をごった煮にした上に、
文明発展途上でより発展した文明と出会ってしまったことで
本来なら文明発展とともに消えていくような類例の神と文明発展してから登場する神が混在した状態になってるみたいやで

神話学的にかなりめんどくさい(それでいてちゃんと他の類例がしっかり残ってる)構造になってるそうや(体系化されているわけではない)

56: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:22:41 ID:ncl
アラハバキって氷川さんとある意味同居してた神で、だから関東由来やで、たしか

75: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:28:41 ID:12r
>>56
氷川神社の中にアラハバキ神社があってアラハバキ祀ってるんやね
日本武尊の東征前に関東の住民たちが信仰してたのがアラハバキなんかな

83: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:32:38 ID:ncl
>>75
そういう認識でええみたいやね
東征に伴って東北にひろまった、ってのがまあ主流説やなかったかな

ただ「どんな神か」はさっぱりやねん

87: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:35:21 ID:9nU
>>83
アラハバキは朝廷系の神じゃないやで
主神だったのが祀ってるグループが朝廷に恭順して結果神社で主神が朝廷系の神になって客神扱いで祀られるようになったって説
神っていうか元々人だったのを神格化した説もあるし

81: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:32:28 ID:9nU
>>56
東北やで

89: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:36:06 ID:ncl
>>81
それ、『東日流外三郡誌』の影響下にある説やで、たしか

91: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:40:53 ID:9nU
>>89
少なくとも関東にはアラハバキ祀ってる神社ほぼないで
君らが採ってる説が真ならもっと色んな所にあってええはずや
因みに個人的に一番謎なのが寒川神社の寒川ヒコとヒメ命

92: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:41:54 ID:QZH
>>91
これほんま謎やな

97: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:45:41 ID:9nU
>>92
個人体にはやはりアラハバキは土地の豪族なり統治者の祖先神かなんかをシンボライズしたものだと思うんご
んで朝廷に恭順してって…って感じ

64: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:24:56 ID:ILt
記録媒体もろくにしっかり残せないから伝え間違いとかめっちゃありそうやんな
それでも残ってるってのはすごいことンゴねぇ…

68: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:25:47 ID:QZH
最近の神話学で言われてるのは最初はアマテラスではなくタカミムスヒが最高神だったと

タカミムスビ

タカミムスビは、日本神話の神である。別天津神の一柱。

『古事記』によれば、天地開闢の時、最初に天之御中主神(あめのみなかぬし-)が現れ、その次に神産巣日神(かみむすび-)と共に高天原に出現したとされるのが高御産巣日神(たかみむすび-)という神である。子に思金神(おもいかね-)、万幡豊秋津師比売命(よろずばたとよあきつしひめ-)がいる。

天之御中主神・高御産巣日神・神産巣日神は、共に造化の三神とされ、いずれも性別のない神、かつ人間界から姿を隠している「独神(ひとりがみ)」とされている。ただし神産巣日神を女神、高御産巣日神を男神とする説がある。 この造化三神のうち、高御産巣日神と神産巣日神は、その活動が皇室・朝廷に直接的に大いに関係していると考えられたため、神祇官八神として八神殿の第一と第二神殿で祀られた。
https://ja.wikipedia.org/wiki/タカミムスビ

72: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:27:15 ID:rrq
>>68
日本書紀やと天孫降臨や神武東征で活躍するのはその名残なんやろなと個人的には思ってる

69: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:26:24 ID:9nU
そもそも最高神とかいうのが結構後の考え方だしなあ

70: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:26:58 ID:ncl
沿岸航行の日本じゃあんま星の神様目立たないんやけどな
(天之御中主も大陸系やないか言われてるし)

日本じゃオオヤマツミみたいな山の神になる

74: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:28:17 ID:QZH
>>70
住吉三神は海神だけど星の神だって説があるな

80: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:31:25 ID:rrq
>>70
アメノミナカヌシがは中国の天帝思想に影響受けて後から神話を編纂するに当たって創作された説が有力やな
古い時代の神社にアメノミナカヌシ祀る神社は少なくて、のち妙見信仰と習合してから民衆に広まったとか

78: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:30:42 ID:qZ9
白山信仰は水神で立山信仰は曼荼羅なんやっけ

79: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:31:16 ID:QZH
氷川神社は出雲系氏族が武蔵に移り住んで建てた神社で、語源的には島根の斐伊川からきてる
祭神もスサノオ
だけど何でアラハバキとスサノオが対立せず同居できたのかは謎やな

99: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:49:12 ID:ncl
>>79
wikiソースだが
「主祭神がスサノオであるという明確な記述は江戸時代までしか遡れない。 」
だそうなんや
https://ja.wikipedia.org/wiki/アラハバキ

関東古神社の御多聞に漏れず、ここもヤマトタケルの在陣説話が残ってるらしいんで、
早くから大和朝廷と手を結んだ豪族なのは間違いないみたいなんやが、その主神はやっぱ謎
(最後の門のチョイ脇辺りに客神の社があるんやが、それが訊いたことない名前やったんだよな)

103: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:53:13 ID:QZH
>>99
いやいや武蔵国造やからスサノオやろ

82: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:32:33 ID:PkL
日本のヘビ信仰ってやっぱインドの影響なんか

84: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:33:08 ID:QZH
>>82
大神神社とかかなり古いし土着やない

86: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:35:02 ID:PkL
>>84
各地にあるよな家の守り神になるからアオダイショウは放置とか
かなりデカいヘッビやで

101: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:50:56 ID:12r
>>82
蛇神信仰は世界各地にあるよね
脱皮する姿が一度死んで生まれ変わるように見えるから復活や生命力のイメージになりやすいんよね
アスクレピオスの杖にも巻きついてるし
蛇が悪のイメージなのはキリスト教だけや

88: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:35:35 ID:rrq
個人的に気になってるのはクニノトコタチなんやが、あれどっから来たんやろ
日本書紀やと本文でも一書でも最初らへんで必ず出て重視されとるし、

国之常立神

国之常立神(くにのとこたちのかみ)は、日本神話に登場する神。

『古事記』では国之常立神、『日本書紀』では国常立尊(くにのとこたちのみこと)と表記される。別名を国底立尊(くにのそこたちのみこと)ともいう。

『古事記』において神世七代の最初の神とされ、別天津神の最後の天之常立神(あめのとこたちのかみ)と対をなし、独神(性別のない神)であり、姿を現さなかったと記される。『日本書紀』本文では天地開闢の際に出現した最初の神としており、「純男(陽気のみを受けて生まれた神で、全く陰気を受けない純粋な男性)」の神であると記している。他の一書においても、最初か2番目に現れた神となっている。『記紀』ともに、それ以降の具体的な説話はない。

神名の「国之常立」は、「国」を「国土」、「常」を「永久」と解し、名義は「国土が永久に立ち続けること」とする説や、日本の国土の床(とこ、土台、大地)の出現を表すとする説など諸説ある。


日本神話の根源神として一部神道・新宗教で重要視されている。『日本書紀』においては、初めての神とされる。

伊勢神道では天之御中主神、豊受大神とともに根源神とし、その影響を受けている吉田神道では、国之常立神を天之御中主神と同一神とし、大元尊神(宇宙の根源の神)に位置附けた。その流れを汲む教派神道諸派でも国之常立神を重要な神としている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/国之常立神

90: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:37:07 ID:QZH
>>88
吉田神道のイメージしかないわ

98: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:45:42 ID:12r
>>88
大本教のイメージ
出口王仁三郎は最高神をクニノトコタチにしたために
当時の天照大御神を中心にする国家神道を脅かすからって戦中に大本事件で弾圧されたんよね

100: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:50:17 ID:Yxx
>>98
近代やとそれが有名やなあ
ただ、国ってところからして、アメノミナカヌシみたいな天の思想の中国神話由来とは違う気がするんや

102: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:51:12 ID:9nU
>>100
普通にヒンドゥーとかじゃね

105: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:56:10 ID:oQZ
>>100
普通に日本古来の神やろ
古い時代からいる創造神

104: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:54:47 ID:ncl
蛇に関しては「セグロウミヘビ」ってのがおってな

コイツの影響か、太平洋には蛇絡みの説話が結構多いみたいやで

たしか出雲大社のお使いの一つやなかったかな

106: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:56:44 ID:12r
>>104
はえーめっちゃ神々しいやん
no title

107: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)03:00:19 ID:ncl
ちなみにセグロウミヘビについてはナショジオのコイツ参照

ttps://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/082600319/

海の民とともにいたのかもしれんね

109: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)03:03:55 ID:12r
>>107
蛇のくせに外洋を横断できるんやな
すごい

108: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)03:01:53 ID:9nU
ワイはアマテラスが天皇とは別の民の神だった説を採るンゴ
皇祖の神の話で多いのは海にまつわる逸話 んで神武天皇のお母さんも鮫 いわゆるワダツミを祀ってたんではないかと思うんご
んでなんかあって太陽神祀ってる民(多分卑弥呼らへん)と統合・合併したんではと思うんごね
そうすると旧唐書にある日本は倭国の別種也と符合するんごね

110: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)03:04:00 ID:oQZ
>>108
卑弥呼=天照説もあるよな

112: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)03:05:02 ID:9nU
>>110
せやな
そもそも卑弥呼個人名じゃない説あるし 日見/巫女だとか役職名ってのは多く言われてるんごね

113: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)03:06:14 ID:qZ9
邪馬台国はやっぱ畿内じゃなかったんやろな

114: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)03:08:33 ID:oQZ
>>113
でも邪馬台国って読み方ヤマト国やろ?
名前だけ大和政権が受け継いだんかな

126: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)03:34:48 ID:ncl
>>114
実は魏志倭人伝では「邪馬『壹』國」と記されてるんや

「壹は臺の誤字や」いう力技が通説になってる
(正直結論先にありきでええんかこれ、という気が凄いするんやが)

115: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)03:10:20 ID:QZH
逆に神話に名前があってもどこの神社にも祀られない神もいるよな
イヅノメとか

116: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)03:11:58 ID:oQZ
津速産霊神も祀られてる神社知らんな

119: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)03:16:14 ID:qZ9
>>116
天神社
奈良県大和高田市三和町。
祭神:高皇産霊神、神皇産霊神、津速産霊神
だそうな

117: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)03:14:49 ID:oJJ
天照によって主神はアマツカミになったけどそれ以前はヨモツカミやったしな

120: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)03:17:37 ID:oJJ
オオクニノヌシ「お前らが統治するの認めたる代わりにワシにスゴイゴウカな神殿建てろや」

122: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)03:24:05 ID:O4R
ワイの地元には国常立尊って神が眠ってるって言う山があるわ

123: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)03:24:40 ID:O4R
国常立尊ってどんな神なんや?

124: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)03:26:45 ID:Yxx
>>123
記紀の最初に出てくる神
造化神とか根元神の扱いやな

125: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)03:30:30 ID:O4R
>>124
サンガツ
以外とエラい神様なんやな
知らんかったのが申し訳なくなってきたわ

121: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)03:21:06 ID:oJJ
安倍晴明「なんかいつの間にか神になってたわ」











  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本の神様って謎なやつ多すぎね?

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2019年07月02日 08:25 ID:ajAAOycR0*
イザナギ、イザナミより前の神々はなんなん?
天(空?)に現れては消え、現れては消え、をしてただけって。
一番目からなにかしてもよかった(いや、なにかするはず)なのに。
2  不思議な名無しさん :2019年07月02日 08:57 ID:O1hw8DLL0*
日本は発祥が謎の神さまも多いけど、謎の御利益の神さまも多いね
そういえば髪の毛の神さまもいるんだが、禿げてる人達は参拝したのかな?
3  不思議な名無しさん :2019年07月02日 09:18 ID:NvWJ.AJF0*
ボールが止まってみえたり、9連覇してみたり…
4  不思議な名無しさん :2019年07月02日 09:28 ID:.LvmAsU80*
古今東西この世界中どこ見渡しても神と名のつく奴にまともな奴はおらんから気にしたら負けやで
5  不思議な名無しさん :2019年07月02日 09:37 ID:oUsYnXEV0*
そもそも神ってのがそういう曖昧なもんだからな
外国だってよくわからない神様は多い
6  不思議な名無しさん :2019年07月02日 09:42 ID:0iJS.hUm0*
神戸土着はバモイドオキ神だっけ?
7  不思議な名無しさん :2019年07月02日 09:46 ID:mj27vW9J0*
天津甕星は軍神二柱でも勝てないほどめちゃ強いのになんでおとなしく建葉槌命に懐柔されたんだろう
なんて言って説得したんだろうな
8  不思議な名無しさん :2019年07月02日 10:02 ID:Zeb2kI.a0*
八百万と言っている様に無数に居るんだから
しゃーない
9  不思議な名無しさん :2019年07月02日 10:16 ID:BsfTKMkC0*
蛇はネズミを食ってくれるからな
農耕民にはわりとありがたい存在
ただし毒蛇は除く
10  不思議な名無しさん :2019年07月02日 10:36 ID:fNkcmIh.0*
別にガチガチに信仰してる訳じゃないけどさ、
神様を「やつ」扱いとか呼び捨てとか日本人として違和感あるね
11  不思議な名無しさん :2019年07月02日 10:45 ID:0xnhQg2j0*
地元産、中国産、インド産のごった煮やからわけわからん事になるな
12  不思議な名無しさん :2019年07月02日 10:48 ID:iDhimDEb0*
イザナギ最低!子供を殺・すし、約束は守らないし、神様の癖に腐った身体を見てビビるし…
13  不思議な名無しさん :2019年07月02日 11:09 ID:eP388l9x0*
みんな詳しいな。
独神とか神世七代辺りの詳細を知りたいんだけどわかりやすい本ない?
14  不思議な名無しさん :2019年07月02日 11:13 ID:gGMevzvp0*
キングギドラのフィギュアも神様になるってんだからパネェよ日本
15  不思議な名無しさん :2019年07月02日 11:23 ID:IhnWl8i80*
土着神は敗北した民族の歴史だよ
神話は起こった出来事や歴史を表している
高天ヶ原の神々は天体を表したもの
16  不思議な名無しさん :2019年07月02日 11:33 ID:fN2JZmTR0*
【悲報】「明治政府は「神道」を高唱しながら
古くからある神社を無数に破壊した。
平田派の徒や近代合理主義的な官僚が作った「国家神道」は
西欧の基督(キリスト)教をモデルにしたもの。
その証拠に土着の文化への態度がキリシタンと酷似。
明治を高唱する日本.会議と密接な安倍一味が
国有林売り飛ばしを策すのはその焼き増し。」
 //kokuhiken.exblog.jp/
17  不思議な名無しさん :2019年07月02日 11:51 ID:YuLWj2xq0*
>>4
君は古今東西全員まともじゃない、と言えるほど全員知らないだろ
18  不思議な名無しさん :2019年07月02日 11:59 ID:FblKWcDd0*
自分語りですまんけど、うちの本家の氏神さんもよく分からん神様らしい。
氏神さんって言っても先祖が個人的(?)に江戸時代前から祀ってて
それが何時からか集落の鎮守の神様になったと。

祭りに関われるのは、村から出て無い跡取り娘と未婚の女性で、男はあくまでも補助。
嫁に来た人・村を出た人は参加資格無し。
別に本家は神職でも何でもないけど、祭りの時は本家が仕切る。大祭は大晦日。
その祭り、というか氏神さんの管理の為に
本家を継ぐのは基本的には長女で、戦前まではかなり厳格に決められてたそう。

昭和三十年代の話で、ある家の『東京から来た嫁』って人が
祭りの準備中に余所者が入っちゃ駄目な所に無理矢理入り込んだ。
村の衆も怒らせたけど、それ以上に神様を怒らせてしまったらしく
春が来る前にその家の者が誰もいなくなる、って事が実際にあったんだって。

うちは分家な上に曽祖父の代で現在地に移って、もうほとんど関わりが無いんだけど
田舎の因習みたいなのを嫌った大伯父たちが「事実だけを」調べた結果
上記の事は本当にあった話だから、と教えてくれた。

19  不思議な名無しさん :2019年07月02日 12:26 ID:HuMeYV9t0*
たかが人の身で神を知ろうなぞおこがましい
20  不思議な名無しさん :2019年07月02日 12:41 ID:fLsZDYkV0*
昔、天津甕星の存在を知ったときはワクワクしたなー
でも詳細が載ってるわけでもないから、やっぱり想像で補うしかないけど
21  不思議な名無しさん :2019年07月02日 12:45 ID:ab506oVI0*
天津神は宇宙人国津神はその前からこの星に居た宇宙人
後から来た方が格上だが共生してたって事ですよ
基本先に居た方が優先権あります
22  不思議な名無しさん :2019年07月02日 12:51 ID:0e.GCBpT0*
ヒルコと淡島が登場した意味も謎だなぁ
23  不思議な名無しさん :2019年07月02日 13:37 ID:qNeTbdz00*
>>2
どこ行ったら助けてもらえますか
24  不思議な名無しさん :2019年07月02日 13:56 ID:z6xE2wgo0*
>>18
興味深いね。よそ者が禁忌を犯すとか小説みたい。
25  不思議な名無しさん :2019年07月02日 14:10 ID:iv1..zbr0*
人間にも良い人と悪い人が居るんだから、神様にも良い神様と悪い神様が居るだろうと考えたから。
まじめなのも居れば、変なのも居るだろうと。
26  不思議な名無しさん :2019年07月02日 14:41 ID:s9ct1NRv0*
日本は皇祖神からして引きこもった経験があるんだよ
道理で日本人に引きこもりが多い訳だよ
27  不思議な名無しさん :2019年07月02日 14:45 ID:8iRrvcQ90*
御社宮司(みしゃぐうじ)→ミシャグジ。
さがむ(相模の古名)川→さむ川(寒川)。
これだけの話でしかない。
28  不思議な名無しさん :2019年07月02日 14:54 ID:s9ct1NRv0*
古事記と日本書紀で同じ神でも結構扱いが変わるんだよね
時の権力者の構図とかが色々神話にも反映されてるんだろうな
29  不思議な名無しさん :2019年07月02日 15:39 ID:ro4J3reZ0*
※9
毒蛇は毒蛇で強さの象徴だったみたいだぞ。
縄文時代から日本は蛇信仰の国。
蛇の権威を取り込みつつ、やんわりと否定したのが朝廷だと思う。

初代天皇のお祖母さんが海神の娘で、出産の時に八尋和邇っていう何だかわからないものに変身するんだけど、蛇のように身をくねらせるって描写があるから蛇の性質も習合してると見ていい。
で、この蛇を嫁にして蛇の権威は自分の家系に取り込んでるんだけど、このお祖母さんは八尋和邇の姿を恥じるて身を隠すんだよね。
これが、朝廷側の蛇信仰は止めなさいっていう意志を現してるんだと思う。

実際は土着信仰として中国の龍と習合しつつ現在までも生き延びてるわけだけど。

30  不思議な名無しさん :2019年07月02日 15:53 ID:qUZw.boN0*
謎な神様じゃなくて、謎な神話なら知ってる。

大国主(日本の国作りした神様!!)と
少彦名(部下みたいな神様)がケンカして、

ンコ我慢するのと重い荷物を運ぶのと、
どっちが長く我慢出来るか競争する話。

大国主がンコ漏らして「我慢できないもんだなハッハッ」で終わる。

何やってんの神様‥しか感想が出なかった。

「ンコは農作物を表し~」
とか、この話を大真面目に討論してる時の
学者の顔を見てみたい。
31  不思議な名無しさん :2019年07月02日 16:01 ID:Yq9wzc8V0*
ぬっぺふほふは太歳と関係あったりするかな?
32  不思議な名無しさん :2019年07月02日 16:04 ID:ro4J3reZ0*
筑波山の奇岩・裏面大黒はヒルコの暗喩だと思う。
まず、岩の形が大黒様の裏側というよりは手足のない赤ん坊と言った方がしっくりくる。
で、大黒と恵比寿は大抵ペアになってる神様なんで、大黒の裏側は恵比寿。
で、海から来るという性質から恵比寿=ヒルコになってるというのはもう常識で、筑波山の近くのヒルコの神を祭ってる神社でも恵比寿様の像があったりする。
なんで、裏面大黒はヒルコ
33  不思議な名無しさん :2019年07月02日 16:14 ID:1DFuv7So0*
>>23
京都の嵐山に御髪神社っていうのがあったはず
34  不思議な名無しさん :2019年07月02日 16:35 ID:bIgdv75A0*
※30
まさにその2柱を祀っている神社が近所にあるわ
でも少彦名命は部下ではないやろ義兄弟や
35  不思議な名無しさん :2019年07月02日 16:53 ID:eq5Xa4jw0*
役割欲張りセットこと迦具土様をすこれ
36  不思議な名無しさん :2019年07月02日 17:01 ID:zoi.NUdT0*
金星ってルシファーだっけ?
37  不思議な名無しさん :2019年07月02日 17:39 ID:QVs.mpuy0*
>本スレ121

安倍晴明は没後からすぐに神として祀られてる
天皇の命によって
38  不思議な名無しさん :2019年07月02日 17:48 ID:QVs.mpuy0*
最高神云々はタカミムスビの神含めた造化三神が天照大御神に任せてる
ってのが実情では
直接任命したのはイザナギの神か
39  不思議な名無しさん :2019年07月02日 17:54 ID:kDgNBZDG0*
2000年後ワイら「このマド神様って謎多すぎるやろ…」
40  不思議な名無しさん :2019年07月02日 18:35 ID:fNkcmIh.0*
>>18

不思議ネットらしくていい
41  不思議な名無しさん :2019年07月02日 18:46 ID:5h6qnUsX0*
東日流とかいう嘘っぱち広めた輩は万死に値する
あんなもん信用できるかボケ
42  不思議な名無しさん :2019年07月02日 19:44 ID:etW0BJTI0*
謎なやつ多すぎって
神は謎なもんやろ
どっかの国には あけすけ解りやすくて普通な神がおるんか?
43  不思議な名無しさん :2019年07月02日 19:48 ID:kHQRYC3h0*
>>30
古代はクソ漏らしやでクソ漏らしやで〜ギャハハぐらいのノリだったかもしれないのにな
44  不思議な名無しさん :2019年07月02日 19:50 ID:hOpCCCFa0*
オン コロコロ センダリ マトウギ ソワカ
45  不思議な名無しさん :2019年07月02日 19:56 ID:tc3RrQqh0*
瀬織津姫が気になる
何者なの
46  不思議な名無しさん :2019年07月02日 20:27 ID:D32IIKvY0*
そもそもアマテラスからして外様みたいだからな
伊勢あたりの漁労民の神だったらしい
熊野から上陸するときに相当協力したんだろうなあ
47  不思議な名無しさん :2019年07月02日 20:38 ID:waiWDYFR0*
ヤトノカミ忘れちゃ駄目だろ
48  不思議な名無しさん :2019年07月02日 21:34 ID:NvWJ.AJF0*
>>19
人が作り出したものさ
49  不思議な名無しさん :2019年07月03日 01:29 ID:QRM5QRyI0*
>>48
いつまでそう言ってられるかね
50  不思議な名無しさん :2019年07月03日 02:33 ID:OQ8bObJu0*
素盞嗚尊を詳しく調べたらヒャッハー過ぎて引いた記憶が
51  不思議な名無しさん :2019年07月03日 02:40 ID:1zBbCnP.0*
※30
それぞれ得意分野があって協力し合って国作りしたってことだろ
52  不思議な名無しさん :2019年07月03日 02:58 ID:.wDajPtx0*
今日大甕神社行って来たので、甕星様の名前が出ててタイムリーだった。

太古の昔に我が地元がどんな意味のある地だったのか、凄く気になってるので誰か教えてくれないかな。

大甕神社がある日立市は、日本で一番古い地層が発見されてるって事も、何か意味があるのかな。

鹿島も武甕槌様を祀る以前から、信仰の地だったそうで、かなり気になっている。
53  不思議な名無しさん :2019年07月03日 03:06 ID:.wDajPtx0*
>>34
うちの地元にもある!
出雲大社の分社!…であった別宗教団体が。
54  不思議な名無しさん :2019年07月03日 04:00 ID:WdKJUrrb0*
なんかよう分からん物はとりあえず神様の精神
55  不思議な名無しさん :2019年07月03日 06:42 ID:Vc2cXeNN0*
神話って何処も変わっとるぞ
56  不思議な名無しさん :2019年07月03日 07:45 ID:Hb9LwTZ50*
諏訪の神話なんて明らかに被征服民側からの歴史だからなぁ
それが今も消えずにミシャグジ命祀る社が今もあるのは興味深い...
57  不思議な名無しさん :2019年07月03日 07:53 ID:tSkfrzgB0*
日本の神は自然災害の擬人化だからな
そら祟り神にもなるわ
58  不思議な名無しさん :2019年07月03日 13:48 ID:QH1F6vNk0*
>>27
寒川納得。伊勢由来は朝廷?がのっかったのかな。
59  不思議な名無しさん :2019年07月03日 17:43 ID:VodelRvB0*
アラバキは縄文後期の東北先住民の祀る神だ。基本的に健康に暮らすために悪いものを移す形代だ。アイヌはその後にやってきて東北北海道を乗っ取った移民。だからアイヌはアラバキを祀らない。日本列島はもともと荒ぶる神だらけだったから、シュメール系の移民らは、もちまえの霊能力をつかって、順番に鎮めたり宥めたり消去したり浄化したり喧嘩して蹴散らしたりしながら人が住める環境を作っていった。その過程で色々わけがわからない混乱が生じた。今残る神々は何度も何度も何度も何度も調整されたり融合されたり再生されたりしたなれの果て。簡単に説明できるしろものじゃない。ミシャクジも諏訪の大神も蛇のような姿に見えるが、霊的なイノチのミズチの一種。雨乞いもするし、植物の成長を助けるし、邪魔な悪霊は蹴散らしてしまう。でかくて強い。味方にすればありがたいが、敵にするとその土地には住めなくなる。日本列島は人のいない頃から神のものであり、あとから勝手に侵入した人間は、もっと遠慮して住め。挨拶もできない礼儀知らずはとっとと消えろ。
60  不思議な名無しさん :2019年07月03日 18:44 ID:idvgMFoJ0*
日本は八百万の神の国だからな
名前だけ紹介されて終わりというのも少なくない
61  不思議な名無しさん :2019年07月03日 23:35 ID:ln42abc20*
>>6
それがサカキバラちゃうかー
62  不思議な名無しさん :2019年07月03日 23:37 ID:ln42abc20*
>>12
日本男子の鑑やな。
63  不思議な名無しさん :2019年07月03日 23:41 ID:ln42abc20*
>>27
はえ~
地元ながら色んな神さん祀ってて謎だったわ。
札幌・ススキノの先にも天津神と国津神祀ってる所あったし、何でもアリなんやなぁって。
64  不思議な名無しさん :2019年07月04日 03:26 ID:f1.DHExK0*
>その後イザナギはカグツチを殺し(その血や死体からも神が生まれる)
その血から生まれたのが茨城の鹿島神宮、奈良の春日大社の祭神タケミカヅチ。
武芸と戦の神様。 神獣は白鹿。 アマテラスの命を受け
出雲でスサノオの子孫であるオオクニヌシノカミに勝利し国を奪った。
遺跡は実際ここでは出てるから、本当になにかの戦争があったんだろうね。
陛下もたびたび出雲へ鎮魂に来られる。
65  不思議な名無しさん :2019年07月04日 22:22 ID:0IDZR2gN0*
武ミナカタ(イヅモ)と武ミカヅチ(ヤマト)
の追いかけっこはすさまじい
出雲>越後>諏訪まで追い詰める追撃戦
66  不思議な名無しさん :2019年07月04日 22:30 ID:SgD0luBc0*
多神教はだいたいこんな感じ。個性的で変な神様がわんさかいる
性道徳が乱れきってるギリシア神話に比べりゃカオス度はまだ低い
そもそも、同じ神でも一神教の神様とは全然意味合いが違う
67  不思議な名無しさん :2019年07月05日 16:51 ID:Mof1Sn2I0*
ワイ道民、いつも地元の神様の話に参加できなくて咽び泣く

 
 
上部に戻る

トップページに戻る