まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

【超高額】途方もなく高値がついた世界の切手

2019年07月12日:21:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 15 )



高額な値がついた切手13選

オリンピック記念切手、天皇陛下即位の記念切手…切手ファンなら、手に入れた人も多いのではないでしょうか。今回は、トンデモナイ高値がついた世界の13枚の切手を紹介します。



1. 英領ギアナ1セント・マゼンタ(1856年)

British Guiana 13A

価値:948万ドル(約10億円)

収集家の間で最も有名かつ貴重な切手です。1856年に英領ギアナで発行されました。一時期、行方がわからなくなりましたが、1873年に幼い少年によって発見されています。切手の最後の所有者になったのは、アメリカ人収集家ジョン・デュポンです。

しかし、デュポンは友人を殺害して、2010年に収監されたまま死亡してしまいます。2014年、オークションにかけられると、切手は948万ドルで競り落とされました





2. 1セント・ベンジャミン・フランクリン・Zグリル(1868年)

Stamp US 1868 1c Z grill Gross

価値:最大300万ドル(約3億2千万円)

この切手は、2枚だけ現存しています。所有しているのは、ニューヨーク公共図書館とアメリカの資本家ビル・グロス氏です。2005年、グロス氏はこの切手を300万ドルで獲得しました。



3. 逆さのジェニー(1918年)

"Inverted Jenny" C-3a (P57)

価値:最大300万ドル(約3億2千万円)

これは、アメリカの24セント切手で、逆さのジェニーで知られています。ある男性銀行員は、切手発行日に中央の飛行機が反転して印刷されていることに気づきました。男性は、100枚切手を24ドルで購入し、その後15,000ドルで売却しています。



4. 3シリング・バンコの黄色(1857年)

Gul tre skilling banco

価値:約230万ドル(約2億5千万円)

このスウェーデンの切手は、青緑色で印刷されるはずが、1枚だけミスで黄色になっています。この切手の所有者は複数おり、ルーマニア国王も含まれていました。正確な金額は公表されていませんが、2010年に約230万ドルで販売されています。



5. バーデン・9クロイツァー・エラー(1851年)

Baden-Fehldruck

価値:最大130万ドル(約1億4千万円)

このドイツの切手は、ピンクで印刷されるはずが、ミスで緑色になっています。このエラー切手は4枚存在していて、3枚は手紙に貼られ、1枚は未使用だと考えられてきました。しかし、2019年5月、熱心な切手収集家によって、5枚目の切手が発見されています。



6. アレクサンドリア・ブルーボーイ(1847年)

Scott 1X2

価値:100万ドル〜(約1億円〜)

この切手は、恋愛を禁止されたあるカップルの手紙に添付されていました。2人は異なる宗教をもついとこ同士でした。手紙の最後に、送り主は手紙を燃やすように書きましたが恋人は残すことを選択しました。そして1907年、この手紙は親族により発見されました。1913年時点では、切手の価値はわずか5,000ドルだったそうです。



7. 12Dブラック(1851年)

Stamp Canada 1851 12d black empress

価値:最大75万ドル(約8,100万円

この切手はカナダ初の公式切手です。100枚以上存在すると考えられています。



8. プレート77・ペニーレッド(1863年)

Stamp UK Penny Red pl148

価格:約71万6,000ドル(約7,700万円)

この切手は世界に5つ残っているそうです。収集家の間で人気があり、2012年と2016年には、別のペニーレッドがそれぞれ取引されました。切手の1つは大英博物館に展示されています。



9. ティフリス・ユニカ(1857年)

Tiflis stamp var

価値:最大70万ドル(約7,500万円)

当時はロシア、現在はグルジアになっている地域で、この切手は作られました。1857年には数枚しか印刷されておらず、5枚のみ現存しています。2008年に70万ドルで、2015年に60万ドル以上で出品されていますが、売却された記録は残っていません。



10. 2セント・ラージクイーン(1868年)

Stamp Canada 1868 2c

価値:最大47万5,000ドル(約5千万円)

このエラー切手は、3枚のみ現存しています。2013年に3枚目の切手が認証されました。ミスで別の紙に印刷されてしまったため、珍しい切手とされています。1925年までこのミスは発見されず、切手は偽造されたものと考えられていました



11. 反転した白鳥(1855年)

Inverted Swan

価値:最大17万2,000ドル(約1,850万円)

反転した白鳥のエラー切手は、オーストラリアで最も希少で最も価値のある切手と考えられています。切手が導入された当初、印刷手順が複雑で、画像が反転してしまったそうです。現存数は15件と推定され、未使用のものはありません。



12. ペニー・ブラック(1840年)

"Penny Black" postage stamps MET SF2002 236 1 img2

価値:最大12万7,000ドル(約1,370万円)

世界初の郵便切手ペニー・ブラックは、1840年に導入され、1841年に廃止されました。ペニー・ブラックは、印刷されたプレート番号と切手のカット具合で価値が判断されます。



13. レッドマーキュリー(1858年)

Zinnoberroter Merkur

価値:最大4万5,000ドル(約500万円)

オーストリア初の切手であるレッドマーキュリーは、1851年に初めて導入されました。この切手は多くの変更を経ています。その中でも、フランツ・ジョセフがデザインした1858年の切手が、最も希少で最も価値があるそうです。


小さな紙にこんな高値がついてしまうんですね。自宅にある切手の中にも、お宝が眠っているかもしれません。


via: Ranker











  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【超高額】途方もなく高値がついた世界の切手

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2019年07月12日 21:04 ID:ZDBTFTXX0*
お金持ちの投機の対象なのかもしれんね
2  不思議な名無しさん :2019年07月12日 21:05 ID:y7oMpslo0*
切手はワシも集めてるで。父親からのを引き継いでるんで、もう5千枚くらいにはなったな。
3  不思議な名無しさん :2019年07月12日 21:19 ID:jG0w5a2Q0*
>>2
それは凄いコレクションだね
そこまでいくと立派な財産
4  不思議な名無しさん :2019年07月12日 21:42 ID:fV8LkE1p0*
値段の根拠が知りたいな
5  不思議な名無しさん :2019年07月12日 22:16 ID:A5K15.rd0*
高額切手というと映画「シャレード」をおもいだすなぁ。
6  不思議な名無しさん :2019年07月12日 22:43 ID:GCeD2.3F0*
6は切手じゃなくて手紙自体が高額なの?
7  不思議な名無しさん :2019年07月12日 22:46 ID:pjEP.75X0*
なんで高値が付いたのかも書いてくれんと
8  不思議な名無しさん :2019年07月12日 23:15 ID:cBZSZuMH0*
エラーを故意で作って高値を待つとか?
9  不思議な名無しさん :2019年07月13日 01:23 ID:1YAfE4Ft0*
出来たら安い順にしてほしかったな...
10  不思議な名無しさん :2019年07月13日 01:49 ID:SHYGE32O0*
なぜ高いって圧倒的に数が少ない150年も前の切手をオークションにかけてるからや
欲しい人間同士で競り合うから相場なんてものはない
11  不思議な名無しさん :2019年07月13日 07:32 ID:9OTPOEWy0*
英領ギアナ1セントと逆さのジェニーだけ辛うじて知ってた
ありがとう、学研のひみつシリーズ
12  不思議な名無しさん :2019年07月13日 09:22 ID:No6w9B3F0*
世の中には切手で生計を立てる国家も少なからずあるんだからなかなか面白いね
13  不思議な名無しさん :2019年07月13日 09:54 ID:yQYslcSd0*
子供の頃おばあちゃんに貰った切手をキッカケに集めてたなぁ
最近の切手は発行枚数が多すぎて全く価値が出ない
14  不思議な名無しさん :2019年07月13日 13:57 ID:lLepjJNY0*
※13
分かる
なんでもありになってきて萌え切手とか出てきたくらいで冷めた
昔は味のある記念切手がおおくて集めてたら
その年になにがあったか思い出せるようなものだった
15  不思議な名無しさん :2019年07月13日 15:09 ID:X0Eqk7QC0*
5,000ドルをわずかというのは違和感あるなあ

 
 
上部に戻る

トップページに戻る