まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

【大正の怪奇事件】震災の陰にグロ事件…156人の脳みそを盗んだ男

2019年07月06日:22:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 45 )



関東大震災の陰で

1964年東京オリンピック開催までの日本スポーツ界を描いたNHK大河ドラマ『いだてん』。6月23日の放送では、1923年(大正12年)に神奈川県・東京府(現在の東京都)を中心に南関東全域に甚大な被害をもたらした「関東大震災」が描かれた。

マグニチュード7.9、死者および行方不明者11万人以上と、東京を一時的に壊滅状態にまで追い込んだ関東大震災は、日本を襲った20世紀最大の自然災害と呼ばれた。

さて、この「関東大震災」は『いだてん』でも描かれた通り、震災による混乱で、一部外国人が井戸水のなかに毒を入れたというデマが広まり、自警団による外国人の大量虐殺が発生するという痛ましい事件もあった。本事件のように関東大震災は人間的による二次被害も少なくなかったのだが、今回ご紹介する事件は震災の陰で発生した、なんともいたたまれないグロ事件をご紹介したい。





納骨堂に現れた怪しげな人物

脳みそ泥棒_1

1925年(大正14年)9月2日の朝日新聞に「三年前の罪にふるへ 納骨堂を拝む犯人」という記事が掲載されている。

関東大震災が発生して2年目の9月1日、震災の被害者が眠る本所区(現在の墨田区南部)の納骨堂で、黒山の人ごみのなか、新聞紙を地面に敷き座り込んでいる不審な人物を、警備にあたっていた警官が声をかけた。

「おい。そんなところに座らず、正面から並んで拝んだらどうだ」と薦めるが、警官が話しかけたところ、ソワソワと怪しい挙動をはじめ怪しいので、警官は事情を聞くため署へ連れていくことにした。そして、この男は世にも恐ろしい「懺悔」をはじめたのである。



生きる希望を無くした男

この男は帽子製造業を営むMという45歳の男性で、Mは震災の時に実母を亡くしており生きる希望を失っていた
もっとも生きる希望を失っていたのはMだけではなく、当時の東京都全体であった。火事により多くの住宅が焼けてしまい生活用の物資が足りず、排泄物の処理が追いつかなかったため、病気なども流行してしまっていた。そのため、地震で生き延びたとしても病気によって死亡するケースもあり、「まさに明日えも知れず命」だったのだ。

そんななか、東京ではある迷信が流行し始めた。

それは「人間の脳みそはあらゆる病気に効く」という迷信であった。

以前、本稿でもご紹介したが、明治から昭和の初期までは人間の心臓や肝臓(「少年生肝抜き取り事件」)、そして若くて新鮮な脳みそ(「脳みそ泥棒事件」)が不治の病に効くという話が囁かれており、その迷信は東京のド真ん中でも流布されていたのだ。

死を恐れた男は、なんと震災の焼け跡から述べ156人の脳みそを取り出し、自宅に帰ると脳を火であぶり黒焼きにし、薬のように飲んでいたのだ。

プラシーボ効果なのか、本当に病気しなかっただけなのはわからないが、結果Mは2年間無病で生き残った。震災から2年が経過し、死体を貪り脳を盗んでしまった自分に対して後悔と罪の意識が芽生えはじめ、多くの被害者が眠っている本所の納骨堂へ足を運んだのだ、という。

その後、Mは本人の希望する通り死体損壊・遺棄罪の罪で逮捕されたという。

参考文献:朝日新聞縮刷版
文:穂積昭雪(昭和ロマンライター / 山口敏太郎タートルカンパニー / Atlas編集部



【Atlas関連リンク】
【都市伝説】『いだてん』と地震の奇妙な関係!新たなシンクロ現象か?
https://mnsatlas.com/?p=49206












  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【大正の怪奇事件】震災の陰にグロ事件…156人の脳みそを盗んだ男

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2019年07月06日 22:05 ID:2e.0KGZD0*
霊天蓋の有名な話だね

明治期から大正に掛けて、脳みそや頭蓋骨に溜まった雨水を霊薬として売る闇商売があって、政府が何度も取り締まりを掛けてるし。
長谷川時雨って作家が、何にでも効く妙薬として霊天蓋を見せられて腰を抜かしたって話も残ってるし。
2  不思議な名無しさん :2019年07月06日 22:12 ID:Kow19jI80*
>一部外国人が井戸水のなかに毒を入れたというデマ

○○人らが一部の井戸を占拠して水を汲みに来る人達へ言った事
「この井戸の水が欲しかったら金払え。他の井戸には毒を入れた」と脅した

これがデマが広まった元凶というのは有名な話
3  不思議な名無しさん :2019年07月06日 22:28 ID:CfmOStTW0*
殺したわけではないんか、ちょっと安心?した
4  不思議な名無しさん :2019年07月06日 22:43 ID:siG6RJRj0*
外人が毒を入れたのはガチなのかどうか、自警団が大量虐殺とか初めて聞いたんだが。
したいから脳味噌とったより、そっちをあげろよ。
5  不思議な名無しさん :2019年07月06日 22:53 ID:aaDK8Hbg0*
※4
被害者は君らが好きな隣国の人たちだよ
「いだてん」でも主人公に「お前は何人だ?」と民衆に問い詰められていた日本の黒い闇さ
これも正確な人数が分からないということでうやむやにされている
6  不思議な名無しさん :2019年07月06日 22:58 ID:to.ASR3n0*
※5
で、具体的なソースは?

このご時世ソース無いとは言わせんぞ。
7  不思議な名無しさん :2019年07月06日 23:12 ID:T4KG2.T10*
>一部外国人が井戸水のなかに毒を入れたというデマが広まり
これ入れる直前で逮捕されて朝日新聞に乗ったやつやろ
ググれば当時の記事出てくる
NHKがデマって言うのは平常運転やな、信じる奴はテレビ信じる奴
8  不思議な名無しさん :2019年07月06日 23:17 ID:ZDziruEy0*
外国人の大量虐殺www
9  不思議な名無しさん :2019年07月06日 23:21 ID:FinM0gIx0*
ソースはコメント内のワードだけでも十分見つけられるだろ?
NG多くてここでは語り切れないが
10  不思議な名無しさん :2019年07月06日 23:21 ID:ZDziruEy0*
黒い闇って頭が頭痛みたいだな
11  不思議な名無しさん :2019年07月06日 23:29 ID:nfnD9.Kc0*
>>5
そう言えば、その隣国で震災時の虐殺された遺体の証拠写真とか言ってたのが、普通に日本人の被害者の写真とかそんなのばっかりだったな。

12  不思議な名無しさん :2019年07月06日 23:41 ID:8.fJSLoq0*
>>4
気になるなら人に頼らず自分で調べたら如何か
13  不思議な名無しさん :2019年07月07日 00:02 ID:gwGJBes60*
別の病気になりそう 腐りかけてたろうし
14  不思議な名無しさん :2019年07月07日 02:09 ID:bdAV.ITk0*
外国人+外国人に間違われた日本人も殺されたから
アホの極み
15  不思議な名無しさん :2019年07月07日 03:51 ID:2pdlsnx50*
明日えも知れず命ってなんのこっちゃ、毎度お粗末な日本語だなもう
16  不思議な名無しさん :2019年07月07日 03:58 ID:jrG8Ckcn0*
余計な事わざわざ書くから荒れるんだよ
管理人はパヨクですか?
17  不思議な名無しさん :2019年07月07日 04:24 ID:pDwlof1l0*
>>15
いつもこうなの?出だしからしておかしな日本語だったけど。
18  不思議な名無しさん :2019年07月07日 05:19 ID:utq4WS2Z0*
すきあらば韓国の話題
やっぱ日本は韓国大好きだから仕方ないね
気になって気になってしょうがない
19  不思議な名無しさん :2019年07月07日 08:05 ID:rW2xh5xw0*
人の脳って食べても病気にならないのか!
20  不思議な名無しさん :2019年07月07日 08:08 ID:9OGW.Wr20*
話題と好き嫌いは別物、一緒くたにしない。間違った情報を持ち得たくなく正確な情報を知りたいだけ、然らば相応の決断下すのみ
21  不思議な名無しさん :2019年07月07日 08:27 ID:GT3w2wFN0*
人間の脳を食べた人だけが感染する病気って無かったっけ?

迷信的な話でなく、れっきとした医学的な話で。
22  不思議な名無しさん :2019年07月07日 08:39 ID:eIDpGN1E0*
あの毒の井戸水の話は、震災の混乱で市民同士で争いが起こるのを防ぐために政府から流布された噂であったっという資料が昔はあったんだが、今ではなぜか見つからなくなってしまったね
まぁ昔といっても20年余り前の話だが
そもそも、日本国内でかなりの迫害を受けていた当時の外国人達がそんなことやって無事じゃ済まないというのは
自分たちが一番知っていたはずだからね。ほんとに毒の嘘を自分で流したのだとしたら辻褄が合わなくなる
23  不思議な名無しさん :2019年07月07日 09:00 ID:0BQSq.Hd0*
陰謀関連のソースは何故か参照できない不思議
24  不思議な名無しさん :2019年07月07日 09:29 ID:GmQvh4Jb0*
大正のハンニバルや
25  不思議な名無しさん :2019年07月07日 10:31 ID:Zn1Hg90n0*
オエー
26  不思議な名無しさん :2019年07月07日 10:52 ID:VPB6xj3W0*
どんな味なんだろう
ウニみたいな感じかな
27  不思議な名無しさん :2019年07月07日 11:06 ID:bgExyYCe0*
同種を食ったらどうなるか
牛が教えてくれただろ
28  不思議な名無しさん :2019年07月07日 11:17 ID:KqgyEWS00*
田舎訛りのある地方出身者までが外国人扱いされて狩られていたというのはショックだった
29  不思議な名無しさん :2019年07月07日 11:18 ID:0WVpC4Ez0*
怖いな。人間危ない状態に陥ったらあり得ない話もたやすく信じてしまうんだな。
30  不思議な名無しさん :2019年07月07日 11:47 ID:KrI9pYqE0*
>>21
プリオン
31  不思議な名無しさん :2019年07月07日 12:50 ID:PuCA8nsU0*
クールー病になるだけ
32  不思議な名無しさん :2019年07月07日 13:50 ID:yTYzRGBp0*
この頃から日本の教育がゴミだった証
33  不思議な名無しさん :2019年07月07日 14:36 ID:Ln8BMxX50*
現在のアフリカでもアルビノの子供の体はエイズの特効薬になるという迷信があって多くのアルビノの子供が殺されたりしているんだが、ほんの200年前に日本でもこんな迷信が信じられていたなんて
34  不思議な名無しさん :2019年07月07日 15:21 ID:bT635lkW0*
>>30
人間だとヤコブ病、牛だと狂牛病、羊だとスリーピングだったかな?
正常なプリオンと呼ばれるたんぱく質の中から悪性のものが発生すると残りすべてが悪性に変化してしまうってやつ
発生個所は脳の部分で症状は悪性プリオンによって脳細胞が溶かされてしまう
結果、いろんな記憶の情報が物理的になくなってしまうという病気
35  不思議な名無しさん :2019年07月07日 17:44 ID:qHM1ig0E0*
その後クロイツフェルト・ヤコブ病を発症したか
気になる。
36  不思議な名無しさん :2019年07月07日 20:25 ID:bT635lkW0*
>>35
ヤコブ病は潜伏期間が長いって話だからね
(大体20年たってからでも発病する例があるとか)
発病要素が珍しすぎてこの頃では病気の発見すら難しかったかも
37  不思議な名無しさん :2019年07月10日 15:50 ID:wtwbfHMn0*
少し違うが
猿の脳だったか、それを同じように焼いたのが万能薬になるて漫画で描かれていた
それのことなのか
38  不思議な名無しさん :2019年08月10日 08:31 ID:MJNV2BEa0*
東京人によるジェノサイド
39  不思議な名無しさん :2019年08月10日 11:23 ID:1QeFR05n0*
※38
はいはいwいつでも被害者の弱小民族さんいらっしゃいw
「〇〇で勝利した!」ってのは全部嘘だって自白だもんなw
40  不思議な名無しさん :2019年08月10日 21:41 ID:mSSWXY200*
朝日新聞の文だから事件自体が捏造の可能性あり
41  不思議な名無しさん :2019年08月11日 04:05 ID:.LeOUEYW0*
当時からフェイクニュースだったのか
42  不思議な名無しさん :2019年08月11日 11:45 ID:.1fiSVpb0*
>>一部外国人が井戸水のなかに毒を入れたというデマが広まり、

こういったデマを撒いたのが小泉純一郎の親父。
43  不思議な名無しさん :2019年08月11日 13:32 ID:kUOFtKKj0*
フェイク
156人も脳味噌取り出すって不可能だしそんな一部損壊してる死体だらけだったら警察も動く
焼け跡からって、そんな状態の死体はほぼ黒こげか骨で脳味噌無事なわけない
44  不思議な名無しさん :2019年08月11日 19:41 ID:ob9FolUP0*
NHKはドラマに悪質な虚偽歴史をぶち込んで
日本下げをやってくるから早くつぶれろマジで
45  不思議な名無しさん :2019年08月11日 22:48 ID:O.h6rYob0*
ソースっていうけどそれ自体の真贋をどこで見極めるんだよ

現代でもメディアに載ってるから真実と限らないのに
昔なんてどれだけいい加減だったか

何でも他人にソースっていえばいいってもんじゃない
自分の経験と知恵・知識で補え

 
 
上部に戻る

トップページに戻る