まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

男「DEATH NOTE…?」

2019年07月16日:22:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 16 )

3e8a1917-s


1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 02:18:59.173 ID:criz/bot0
学校

やる夫「村夫、一緒に帰るお」

男「あ、やる夫、隣のクラスから来てくれたところ悪いけど今日は用事があるんだ」

やる夫「お、女かお!?」

男「○モ夫…違うよ」

やる夫「よかったお」
デスノートのキラは正義か悪か?
http://world-fusigi.net/archives/8960889.html

引用元: 男「DEATH NOTE…?」



3: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 02:20:34.912 ID:criz/bot0
男「さて、花も供えたし、そろそろ帰るか…」

男「あまり遅くなると母さんが心配する…ん?」

男「なんだ?なにか落ちてきて…」

男「DEATH NOTE…?」

5: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 02:21:25.670 ID:criz/bot0
母「創、おかえりなさい」

男「うん、ただいま母さん」

母「行ってきてくれたの?」

男「ああ。今日だからね、命日」

母「そう…ね」

男「じゃあ僕は勉強するから」

母「また?たまには休まないとだめよ」

男「はは、これくらいしないと東応大学には入れないよ」

7: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 02:25:24.600 ID:criz/bot0
男「さて…なんで僕はこんなものを持ち帰ってきたんだ…」

男「ん?なにか書かれて…このノートに名前を書かれた人間は死ぬ」

男「書く人物の顔が頭に入っていないと効果はない、ゆえに同姓同名の人物に一遍に効果は得られない」

男「名前の後に人間界単位で40秒以内に死因を書くと、その通りになる」

男「死因を書かなければ全てが心臓麻痺となる」

男「死因を書くと更に6 分40 秒、詳しい死の状況を記載する時間が与えられる」

男「…殺しには顔と名前が必要…心臓麻痺で死ぬ…」

男「まるでキラみたいだな」

男「なんてね、馬鹿馬鹿しい…テレビでも見るか」

8: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 02:28:38.804 ID:criz/bot0
アナウンサー「自作の究極細胞を知人の男性に投与し、死亡させたとして、無職ハルコ・オッペンハイマー容疑者を逮捕しました」

アナウンサー「オッペンハイマー容疑者は容疑を認めており…」

男「試しに書いてみるか」


ハルコ・オッペンハイマー


男「待てよ?万が一死んだら僕は殺人犯か?」

男「ってまさかな。さあ勉強だ」

9: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 02:30:08.479 ID:criz/bot0
母「胡散臭いさくらテレビなんか見てないで他のにしましょ」

男「いやだ」

母「もう…あら?このテカテカ肌の人って…」

アナウンサー「午後7時30分頃、ハルコ・オッペンハイマー容疑者が心臓麻痺で死亡しました」

男「…え?」

母「あら、きっと天罰ね」

男「ご、ごちそうさま母さん…部屋に戻るよ…」

10: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 02:32:24.801 ID:criz/bot0
男「ど、どういうことだ…まさか本当に…」

「ヒヒっ…」

男「!?うわああああああああああ!」

グック「そんなに驚くなよ、そのノートの持ち主の死神、グックだ」

男「しに…がみ…?」

グック「お前、もう使ったんだろ?デスノート」

男「ちが…これは…」

グック「隠さなくていい、デスノートを手に入れて使わない奴なんていねえよ」

グック「このノートには誰でも1度は使ってしまう魅力があるからな…ん?」

11: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 02:38:13.288 ID:criz/bot0
男「死神…いやグック、僕はデスノートでハルコ・オッペンハイマーを殺した」

男「僕はどうなる?お前に殺されるのか?」

グック「死神をなんだと思ってんだ…」

グック「俺はお前に何もしねえよ」

グック「お前がデスノートを使うならお前がやることを眺めているだけだ」

男「冗談じゃない。お前みたいな奴が常にそばにいたらそれだけでヤバいことになるじゃないか」

グック「安心しろ。今、俺が見えるのはお前だけだ。嘘だと思うなら後で母親で試してみろ」

男「…」

男「そのノート、使わないならお前のデスノートに関する記憶を消し、俺は他の人間のところへ行く」

男「…」

グック「さあ…どうする?」

男「…」

男「使うよ」

12: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 02:41:28.765 ID:criz/bot0
グック「ヒヒ、そうか」

グック「それで?お前はデスノートで何をしたいんだ?」

グック「周りの邪魔な人間を殺すか?安楽死で死ぬか?それとも…」

グック「犯罪者を殺し、犯罪の無い社会を作るか?」

13: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 02:46:23.652 ID:criz/bot0
男「キラへの復讐…」

グック「ほう?」

男「僕の父はキラに殺された。それも冤罪でね」

男「銀行員だった父は警察に横領の濡れ衣を着せられ、そしてキラに…」

男「…僕は、尊敬する父を殺し、母を悲しませたキラを」

男「そしてあの人殺しを崇拝するキラの信者たちも。裁きたいんだ」

グック「でもキラは死んだんだぜ?」

男「わかっているよ、5年前を境にキラの裁きが止まったからね」

グック「いいことを教えてやろう。キラはリュークという死神に殺された」

男「そうか…」

14: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 02:47:37.291 ID:NKj400RO0
胸熱

15: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 02:48:42.077 ID:criz/bot0
グック「しかしお前、どうやってキラを裁くつもりだよ?」

グック「死んでる奴は殺せないだろ?生きてるキラ信者は殺せるけど」

男「キラ信者を裁くことがキラを裁くことになる」

グック「?」

男「まあ…じきにわかるよ」

16: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 02:50:48.932 ID:criz/bot0
男「ふう…」

グック「なんだよ。結局犯罪者の名前を書きまくってるじゃないか」

グック「しかも凄い数だこりゃ。ずいぶん頑張ってるな」

男「ああ…ところでグック、顔はわかってても名前がわからない奴がいるんだけど」

男「どうにかならないの?」

グック「ああ、そういえば言ってなかったな」

グック「死神の目のこと」

17: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 02:53:46.327 ID:criz/bot0
グック「死神の目には人間の名前と寿命が見えるんだ」

グック「もちろん今俺の目にはお前の名前と寿命が見えている」

グック「そして俺と取引をすれば、お前の目を死神の目にしてやることができる」

グック「その代償として、お前の残りの寿命が半分になっちまうがな」

グック「さあ…どうする?村夫 創」

男「『つくる』じゃない」

グック「え?」

男「『アダム』だ」

グック「あ、アダム…?」

男「そうだ。創と書いてアダムと読むんだ」

グック「あ、アダム…ヒヒヒッ…ヒヒヒヒヒヒヒヒヒイッ…これが噂のキラキラネームって奴か…ヒヒッ!」

男「いくらなんでも笑いすぎだろ」

18: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 02:57:33.745 ID:criz/bot0
グック「すまんすまん。読み方までは見えないんだ」

男「そこまで親切な眼ではないってことか」

グック「おわびってわけじゃないが取扱説明書に書いてあるデスノートのルールを教えるから許してくれ」

グック「ところで取引はどうする…?」

男「あ、うん」

男「残りの寿命の半分か…100歳まで生きれたとしても50歳まで寿命が縮む」

男「…」

20: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 03:01:21.488 ID:criz/bot0
男「なるほど…こう見えるのか」

男「これでキラを裁くのが簡単になる」

グック「そういえばまだ聞いていなかったな」

グック「お前、どうやってキラを裁くつもりなんだ?」

男「死因を書かなければ皆心臓麻痺で死ぬ、そこがデスノートの一番いい所だよ」

男「すでに主だった凶悪犯罪者の名前は書き尽くし、ネットに顔を晒しているキラ信者の名前も書いた」

男「それが皆心臓麻痺で死んでいくんだ」

男「徐々に犯罪者の殺害数を減らしていき、キラ信者の殺害数を増やす」

男「するとどんな馬鹿でもキラ信者がキラに殺されてるってことに気づく」

男「そうすればキラ信者はいなくなり、救世主としてのキラは完全に死ぬ」

男「そうすることで僕の復讐は完了する」

男「これは正義の裁きなんだ」

21: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 03:04:12.660 ID:criz/bot0
翌日

グック「朝早くから精が出るな」

グック「ん?こいつは心臓麻痺で殺さないのか?」

男「ああ、こいつは操って殺すんだ」

グック「美不出やらない夫…こいつはキラ信者だったな」

男「ああ」

グック「こいつをどう操るんだ?」

男「まあこれを見てくれよグック」

23: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 03:09:13.437 ID:criz/bot0
やらない夫の常識的に考えるブログ

キラ様の同志の美不出やらない夫だ 。
常識的に考えてキラ様は正義だからキラ様を支援してる 。

キラ様がいれば犯罪者は消滅して世界は平和になる。
この世から悪を抹消してくれる存在。それこそがキラ。
警察なんて上っ面の役立たずの正義とはちがう。
究極にして唯一無二の存在。

キラ様の復活=神の復活。
神の復活は世界を真の平和へと導く。

キラこそが正義。
キラこそが神。

俺と同じ考えの奴は是非友達になってくれ

24: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 03:11:10.136 ID:criz/bot0
グック「なんだこの電波みたいな文は…ふざけてんのか」

男「おそらく本人はいたって真面目さ」

グック「人間って意味分かんねえな…で、これがどうした?」

男「まあ見てな。そろそろ更新される頃だ」

男「あ、来たよグック」

26: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 03:15:09.701 ID:criz/bot0
やらない夫の常識的に考えるブログ

衝撃的な事が起きた。
なんとキラ様から連絡が来た 。この俺にだ。
常識的に考えたらありえない話だが間違いない、これは間違いなくキラ様からのメッセージ。
衝撃と感動で常識ではありえないほどの体液という体液が身体から溢れてきている。
今もキーボードを打つ指がぐちょぐちょだ。

いや今は俺様のことなんてどうでもいいな。
キラ様からのメッセージを伝える。

悪人を裁くために必要だから、我々同志たちの顔写真が欲しいそうだ 。
いったい我々キラ信者の写真がなんの役に立つかは分からないが細かいことは気にするな。
神の言葉だ。そこには海よりも深く血よりも濃い理由があるのだ。

同志諸君、諸君らの顔写真を俺のメールアドレスに送ってくれ 。
できれば、写真の顔が諸君だという証拠に自分の身分証もいっしょに写してくれ。

27: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 03:17:29.572 ID:criz/bot0
グック「いや…これで送る奴なんて居ないだろ」

男「美不出はブログでの言動のせいかキラ信者に信用されている」

男「そんな美不出に悪を裁くため…なんて言われたら熱心なキラ信者なら顔写真を送ってしまう」

グック「それをお前が殺すってか?えげつねえな」

男「何を今更。言っただろ。これはキラへの復讐なんだ」

28: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 03:18:56.613 ID:criz/bot0
美不出やらない夫

2019年7月16日 午前7時

自身のブログで「自分の身分証を一緒に写す」という条件つきで
キラ信者たちの顔写真を募り、午後8時ごろ集まった顔写真をプリントアウトした紙を袋に入れ
スペースランド前のベンチまで持っていく
ベンチに袋を置いた後スペースランドの前の車道に立ち入り、車に轢かれ死亡。

29: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 03:25:06.677 ID:criz/bot0
男「ふう…まあこんなところか」

グック「相変わらずノートに名前書くの早いなあ。…ん?なんだまだ数人残ってるじゃないか」

グック「写真の中に名前と寿命が見えてる奴がいるぞ」

男「ああ、こいつらもいつか使うよ」

男「何かあった時のために残しておくのさ」

30: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 03:26:03.147 ID:criz/bot0
学校

男「さ、帰るか」

やる夫「村夫、一緒に帰るお」

男「ああいいよ、帰ろうか」

グック「 ヒヒ…これは面白い」

男「ん?」

やる夫「どうしたお?」

男「あ、いやなんでもないよ」

男「さあ行こう」

31: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 03:27:44.524 ID:criz/bot0
やる夫「村夫、知ってるかお?キラが信者を殺したって話」

男「ん、ああ、知ってるよ」

やる夫「たぶんあれは本物のキラじゃないお」

男「やる夫、あまりそういうことを大声で言わない方がいいよ」

男「近くに今のキラがいたら殺されるじゃないか」

やる夫「村夫、夢も希望もなく生きてきたやる夫にもやっと夢ができたんだお」

男「夢?」

やる夫「やる夫は今のキラを探し出して殺してやるんだお」

やる夫「あんな偽物に世界を支配させるわけにはいかないお」

やる夫「まあ、そうは言ってもやる夫に直接人を頃す度胸なんてあるわけないお」

男「はは、それもそうか」

やる夫「じゃ、また明日だお」

男「ああ、じゃあね」

32: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 03:30:31.929 ID:criz/bot0
グック「ヒヒ…なかなか面白い奴じゃないか」

男「そうだね、やる夫がホモでキラ信者なのは知ってたけどあんなに熱弁するとは」

グック「で、どうすんだキラ?殺しでやるって言ってたぞ?」

男「人を殺す度胸なんてないとも言ってたろ」

男「どうせやる夫はファッションキラ信者だよ」

男「キラを、僕を殺すなんてできるわけがない」

男「そもそも僕がキラだなんて考えもしないだろう」

グック「ヒヒ…そうだといいがなあ」

33: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 03:30:39.169 ID:Ei5U7J3Ja
やる夫お前…

34: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 03:33:17.023 ID:criz/bot0
夕食

母「ねえ、またさくらテレビなんか見てるの?」

男「たまたまテレビつけたらこのチャンネルだっただけだよ」

母「そうなの…あら?この番組って…」

男「ん?ああ、キラ王国だね」

司会「キラ様の裁きの対象は再び世界中に広がりまたもや犯罪者裁きが始まりました」

男「…え?」

母「あら、自分のファンを殺したりしてたキラを様付けなんてねえ」

男「ご、ごちそうさま母さん…部屋に戻るよ…」

グック(なんかデジャヴ)

35: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 03:36:34.401 ID:criz/bot0
男「世界中の犯罪者が殺されている!?」

男「どうなってるんだ!僕は何もしてないぞ!」

グック「人間界に二冊目のデスノートが落ちてきたとかじゃね?」

男「つまりそいつがキラの真似事を…?」

グック「気をつけろよ創、そいつが一番頃したい奴は」

グック「もう一人のキラであるお前なんだからな」

男「…」

男「キラだとバレたら殺される、か。だとしたら今の僕ができることは…」

36: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 03:38:16.688 ID:criz/bot0
【キラ様】世界中で犯罪者が心臓麻痺【万歳】

1 :名無しでも死にます:2015/03/26 (木) 21:32:51.17 ID:3ArikTXen
やっぱキラ様がナンバーワン!


2 :名無しでも死にます:2015/03/26(木) 21:33:12.74 ID:YZCMwOhZ0
信者殺してたのはなんだったんだよ


3 :名無しでも死にます:2015/03/26(木) 21:33:45.21 ID:jVUTbdxqd
犯罪者殺したり信者殺したりとキラ様忙しいですね


4 :名無しでも死にます:2015/03/26(木) 21:34:24.92 ID:Gkia0SZ2M
キラ様になら殺されてもいい

5 :名無しでも死にます:2015/03/26(木) 21:34:26.31 ID:mhZ81CPQ0
叩いても信じても殺されるってどうすればいいんだよ死ねキラ

37: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 03:40:07.642 ID:criz/bot0
リューク「ククッ、創って奴もすげえな」

リューク「この短期間でここまでキラの評判を下げるとはな」

リューク「そろそろあいつを殺さねえとヤバいぜ」

リューク「いや、今すぐにでも殺さないとまずいかもな」

リューク「どうするんだ?」

リューク「やる夫」


やる夫「…」

38: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 03:48:17.889 ID:gz4ILAFxa
みてるぞ

40: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 03:49:31.400 ID:criz/bot0
やる夫「まさか最近始めたYouTuberの動画のネタのために村夫の部屋に監視カメラを仕掛けたら」

やる夫「デスノートを持ってたことが分かるなんて思わなかったお」

リューク「相手もそんなことで所有者だとバレるなんて思わなかっただろうな」

やる夫「でもきっとキラ様なら監視カメラが仕掛けられたとしても気付くんだと思うお」

やる夫「村夫はやっぱりキラの器じゃないんだお」

41: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 03:51:10.899 ID:criz/bot0
やる夫「村夫は…やる夫の親友だお」

やる夫「できることなら殺したくないんだお」

やる夫「でも村夫はキラを憎んでいるお。父親を殺されたから」

やる夫「だからキラ信者を殺しているんだお、信者の理想とするキラを殺すため」

やる夫「やる夫はキラ信者でありキラだお」

やる夫「信者としての自分の身はどうなってもいいけど、キラの命は守らなくちゃいけないお」

やる夫「親友の命とキラの命、天秤にかけるまでもないお」

やる夫「許してくれお…村夫、キラ様の世界のために」

やる夫「…ここで死ね、村夫創」

42: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 03:52:33.518 ID:d3rWkczmp
やる夫クオリティwwww

43: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 03:54:35.412 ID:criz/bot0
男「うぼあああああああああああああ!!!」

男「ち…」

男「ちくしょう…」

グック「ヒヒヒッ…残念だがここまでだな」

44: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 03:59:42.404 ID:i/1/hfr30
やる夫、すごい怖いことしてんのに喋り方がマイルドだからウケたお

45: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 04:00:09.050 ID:criz/bot0
一週間後

リューク「おいおい、昨日からずっと寝てばかりじゃないか」

やる夫「一昨日飛ばしすぎて手が痛いから治るまで休憩だお」

やる夫「新世界の神といえどたまには休憩も必要だお」

リューク (新世界の神ねぇ…)

やる夫「でもせめてネットで情報収集ぐらいはしておくお」

46: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 04:03:50.872 ID:criz/bot0
リューク「学校は休んでもネットのチェックは欠かさないんだな」

やる夫「…キラは犯罪者裁きをしながら学校もサボらず全国模試も常に一位だった」

やる夫「やっぱりキラは格が違うお」

リューク「お前なんて今日で学校行かなくなって一週間だもんな」

やる夫「……こ、これは!?」

リューク「ん?」

47: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 04:04:38.860 ID:criz/bot0
キラに彼女殺された

1 :名無しでも死にます:2015/03/29(日) 10:15:41.87 ID:gpN9Y3vRp
キラ死ね

2 :名無しでも死にます:2015/03/29(日) 10:16:12.21 ID:nlLQGfcB0
お前の彼女キラ信者だったの?

3 :名無しでも死にます:2015/03/29(日) 10:16:39.11 ID:70NWRIqm0
俺も妹が殺された!
キラ死ね!地獄に堕ちろ!

4 :名無しでも死にます:2015/03/29(日) 10:17:01.75 ID:X9Tn3hdap
今日の朝、カーチャンが心臓麻痺で死んだ
キラ絶対許さない、頃してやる

5 :名無しでも死にます:2015/03/03/29(日)10:17:13.90 ID: FaRIkMada
キラに恨みがある奴のためのサイトを作ったから来てくれ

48: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 04:06:45.641 ID:criz/bot0
やる夫「キラ…!?今朝…!?」

やる夫「どういうことだお!やる夫は今起きたんだお!」

リューク「村夫が死んだ後、村夫に憑いてた死神が別の人間にノートを渡したんだろ」

やる夫「グック…だったかお、お前の友達の」

リューク「ああ、俺が死神界で賭けをした相手だ」

やる夫「全く…余計なことをしてくれるお」

やる夫「これじゃあなんのために村夫を抹殺したのかわからないお!」

リューク「またキラを始末しても、グックがいる限りいたちごっこだぜ」

やる夫「くそっ…どうしたらいいんだお…」

49: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 04:12:10.240 ID:criz/bot0
リューク「教えてやろうか? 死神の殺し方」

やる夫「えっ? 死神が殺せるって本当かお?」

リューク「ああ。俺は実際に死神の死体を見たことがあるからな」

やる夫「そ、それなら教えてくれお!」

リュークじゃあ取引だ。リンゴくれ」

やる夫「…買いに行く……ん?LINEだお?」

やる夫「こ、これは……!?」

50: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 04:13:52.026 ID:criz/bot0
やる夫「なんで…なんで生きているんだお!」

リューク「何をそんなに驚いてんだ?」

やる夫「LINEのメッセージの相手…村夫からだったお」

リューク「は?」

リューク「いや…あいつの名前はノートに書いたんだろ?…」

リューク「あいつの父親か母親のイタズラじゃね?」

やる夫「村夫の父親はキラに殺されたお!母親はやる夫が殺したお!」

リューク「そうだったな」

やる夫「だから村夫のアカウントからメッセージが来るなんてありえないんだお!」

やる夫「とにかく村夫の家に行ってみるお!」

51: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 04:18:36.504 ID:ONl3FE4U0
見てるぞ

52: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 04:22:46.896 ID:criz/bot0
やる夫「ハァハァ…やる夫、普段走ったりしないから死にそうだお…」

リューク「言ってもやる夫の家と村夫の家、大して離れてないだろ」

リューク「ていうかどうやって村夫の家に入るんだ?」

やる夫「…そんなことやる夫が思いつくわけ…」

ガチャ

やる夫「普通に開いたお」

リューク「鍵、かかってなかったのか?」

やる夫「なんでもいいお。とりあえず入るお」

53: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 04:24:29.030 ID:criz/bot0
……


男「…やあ、やる夫。久しぶりだね」

リューク「ウホッ!? 本当に生きてた!?」

やる夫「村夫…どうして…!?」

男「どうして生きているかって?」

男「グックのおかげだよ」

やる夫「グッグ?村夫に憑いてる死神かお」

グック「ヒヒ…」

54: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 04:26:33.865 ID:criz/bot0
男「僕は非常時のために殺さないでおいたキラ信者にある封筒を送った」

男「内容は…僕の顔写真と手紙、そしてデスノートの切れ端」

男「手紙には『私はキラです。この写真の男の名前は材大倉といいます。私の言葉を信じればあなたは救われるでしょう』と書いておいた」

男「そしてデスノートに信者の名前を書いて操った」

男「死因は心臓麻痺…死の前の行動は」

男「送られてきた封筒に入っていた顔写真をよく見ながら、写真の男の名前は村大倉と思い込みながら同封されていた紙切れに村大倉と4回書き込んだ後、封筒、顔写真、手紙、紙切れを焼却」

やる夫「い、意味が分からないお!」

男「4回名前を書き間違えるとその人間に対してデスノートは効かなくなる」

男「僕の名前を間違えたおわびにグックが教えてくれたんだ」

男「2人目のキラが現れたと聞いて、殺されないためにやったんだけど…」

男「まさか母さんまで殺してくるとはね、計算外だったよやる夫」

55: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 04:33:30.981 ID:criz/bot0
リューク「ほう。デスノートが効かなくなる方法があるなんてな」

やる夫「で、でもっ!いったいどうやってやる夫がデスノートを持ってるって気づいたんだお!?」

男「ああ、そっか。じゃあやる夫は死神の眼の取引もしてないわけだ」

やる夫「顔を見ると名前と寿命が分かるようになる眼のことだお!?バカにするなお!」

男「そう。僕の眼は死神と同じでね。顔を見るだけでそいつの名前と寿命が見えるんだ」

男「ただし、この眼で見たとしても寿命が見えない人間がいるんだ」

やる夫「…?」

男「一つは既に死んでる人間。当然だよね、死んでるんだから寿命なんて存在しないんだし」

男「そしてもう一つ、寿命が見えない人間がいる。それは」

男「デスノートを持ってる人間だ」

57: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 04:37:10.295 ID:criz/bot0
やる夫「ノートを持ってる人間は寿命が見えない…?」

男「そう。最初は僕も見落としてたけどね」

男「やる夫。君の顔だけがね、見えなかったんだよ。残りの寿命がさ」

グッグ「ヒヒっ…リュークも冷たいな。俺みたいにルールについて教えてやればよかったのに」

リューク「レムに聞いたことがあったけどすっかり忘れてたぜ」

男「さあ、僕にデスノートは効かない」

男「ならばどうする?殴り殺すか?」

58: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 04:39:16.277 ID:criz/bot0
やる夫「…く…ふふ…ははは…」

やる夫「ははははははははははははははははははははははは!!!!!」

やる夫「やる夫の…負けだお」

やる夫「殺せ…」

男「やる夫…キラとしてのお前は嫌いだったけど」

男「友達としてのお前は大好きだったよ…」

やる夫「…はは」

やる夫「デスノートを拾わなければ…やる夫は…ホモとして村夫に好かれていたのかお?」

男「どうだろうね」

やる夫「はは…」

男「じゃあね…やる夫」

59: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 04:41:46.808 ID:criz/bot0
男「さて…」

リューク「ククッ、はじめまして、リュークです」

男「はじめましてリューク、君に言っておきたいことがあったんだ」

男「キラを殺してくれてありがとう…」

リューク「ククッ、どういたしまして」

男「父の仇が無様に死んだ…それを聞いただけでだいぶ救われたよ」

リューク「そいつはよかった」

男「でも、やる夫にノートを与えたこと。それだけは死んでも許せない」

リューク「…そうか」

60: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 04:44:29.962 ID:criz/bot0
男「そろそろお別れだね。リューク、そしてグッグ」

グック「おい、そのナイフは…」

男「もう少し信者たちを裁いていたかったが…遅かれ早かれ、警察はいずれ僕に辿り着くだろう」

男「グッグ、君の話が本当なら警察はデスノートの存在を知ってるだろうからね」

男「僕に辿り着くことも容易だろう」

グック「…今まで色々楽しかったぜ、ボケモンバトルとかな」

男「はは…まさかこの僕が死神に負けるとはね…」

グック「うんばああああああとか奇声をあげてたな」

男「はは…」

グック「じゃあな…村夫創」

62: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 04:46:44.094 ID:criz/bot0
男「ここは…僕は死んだはずじゃ…」

やる夫「村夫、何やってるんだお?ほら、村夫の家族も待ってるお」

男「え…」

母「あ、おかえりなさい創」

男「…ただいま、母さん」

父「おかえり、待ってたよ創」

男「ああ…」

男「ただいま、父さん」

父「さあ、行こう」

男「ああ…」


死んだ後に行くところは、無である

END

65: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 05:01:27.979 ID:criz/bot0
最近デスノートの新作が出たんでみなさんも読んでくださいって言う宣伝のために書きました

63: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 04:48:33.326 ID:jqmVnODJp

64: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 04:54:50.482 ID:ONl3FE4U0
感動した

67: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/16(火) 05:19:44.375 ID:D86iBr/Vr
乙やで











  • このエントリーをはてなブックマークに追加
男「DEATH NOTE…?」

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2019年07月16日 22:30 ID:7y0k1KNC0*
新作のデスノート面白かった
2  不思議な名無しさん :2019年07月17日 00:15 ID:lfmA62210*
新作のネームも面白かったしこれも面白かった
3  不思議な名無しさん :2019年07月17日 00:51 ID:njU.6yzQ0*
漫画で読みたい
4  不思議な名無しさん :2019年07月17日 04:20 ID:dPMsmXyQ0*
わぁ〜!
二つ目のコメントのハートの数すごい!他の人は0とかなのに
5  不思議な名無しさん :2019年07月17日 07:40 ID:J2m9zLb20*
新作のネームも面白かったしこれも面白かった
6  不思議な名無しさん :2019年07月17日 07:48 ID:wiFa8gTG0*
男「ASS NOTE…?」
7  不思議な名無しさん :2019年07月17日 11:18 ID:HpBOejML0*
8  不思議な名無しさん :2019年07月17日 11:39 ID:8JC5sUXd0*
わざと名前を間違えると書いた人が心臓麻痺になるんじゃなかったっけか まぁいいけど
9  不思議な名無しさん :2019年07月17日 12:12 ID:3ohmXbGn0*
シブタクはどう説明すんの?このルール
10  不思議な名無しさん :2019年07月17日 12:49 ID:1JAEFgAC0*
ネーム発表されてるの知らなかったから教えてもらえて嬉しい
このSSも新作の方も綺麗にまとまってて面白かった
11  不思議な名無しさん :2019年07月17日 15:37 ID:XrRBIy0J0*
令和になったこの時代でやる夫が存在してる事が驚きだよ
12  不思議な名無しさん :2019年07月17日 18:35 ID:jE05UCh30*
横領の冤罪で裁かれたってのがちょっと違和感
月がターゲットにしてたのは主に連続殺人犯とかの凶悪犯で横領ぐらいは対して気に留めなさそうだけどな
まあシブタクの時みたいに対して悪人でもない奴を実験で殺したこともあるからそういうので運悪くターゲットになった可能性もないではないが
13  不思議な名無しさん :2019年07月18日 17:08 ID:5HvrbIY10*
>>8
それを回避したくてあのやり方なんだろ
あれで実際に回避できるかは知らんが
14  不思議な名無しさん :2019年07月21日 16:16 ID:pUDn9kVu0*
>>12
最初は凶悪犯から裁いて、裁いている者がいることを知らしめて、その後徐々に重大でない犯罪者も裁くことで、誰も犯罪をしようと思わない、平和な世界を目指す計画だったんだよ
だから横領とかも裁きの対象になるよ
15  不思議な名無しさん :2019年07月21日 16:27 ID:pUDn9kVu0*
>>9
ファンブックだと月が運良く一度目で正しい名前を当てたって書かれてる
その場面では、故意に名前を間違えたわけではないから、どのみち月は死なない
ただし、しぶたくはデスノートが効かない人間になって、月がデスノートが本物と確信するのが遅れるくらいの違いは生まれる
16  不思議な名無しさん :2019年07月23日 11:05 ID:3bCcC0zw0*
いや、ごめん、これはまじでつまらないと思う…

 
 
上部に戻る

トップページに戻る