まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

アメリカ先住民の恐ろしい儀式や暴力行為

2019年07月21日:21:00

  • カテゴリ:  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 36 )



アメリカ先住民の恐ろしい儀式や暴力行為

生け贄、ミイラ、血の儀式…先住民族にこんなイメージはないでしょうか。今回は、アメリカ大陸の先住民の恐ろしい刑罰や儀式、暴力行為を紹介します。



1.アステカの心臓除去(アステカ)

1

アステカ族は敵を捕まえると、最低4日間は断食をして心臓の儀式を始めました。アステカの人々は歌って踊り、儀式にそって捕虜は清められます。そして、大ピラミッドの祭壇の上で、捕虜は心臓を取り除かれました。

記録には、寺院やピラミッドの中で、犠牲になった男性や少年、血で溢れた壁や祭壇を発見したと残っています。さらに、偶像の前で横たわる犠牲者や心臓を引き裂いた石が見つかったことも記されていました。10万体ほどの遺体が積み重ねられていたそうです。





2.流血の儀式(マヤ人)

2

マヤの戦いに関する詳細は未だ謎に包まれています。文書の記録が残っていないため、最近解読された絵が手がかりです。壁画には、戦士たちが頭飾りや胸鎧、武器を身につけ、戦う様子が描かれています。

また、殺戮の様子が描かれた壁画もあり、黒曜石の刃やアカエイの骨で、王が自分自身の舌や耳などを切りつけています。神々を鎮めるために、司祭も同様の方法で人間の生贄を捧げていたようです。人間の血は人生を表し、マヤの儀式において重要視されていました。



3.死の宴(ワイアンドット族)

3

北アメリカを拠点とするワイアンドット族は、親族や先祖の死体を掘り起こして、死者の祭りを行なっていました。死体の中には、ウジ虫が沸き立っていたものもあったようです。ビーバーの皮でできた服に死体を着替えさせ、骨をキレイにして剥がします。

再びビーバーの皮で再び包むと、人々は祝宴を始めました。数日間後、家族は穴に遺体を運び、大声で叫びながら骨を穴に埋めていきます。そして、掛け声や叫び声が大きくなるにつれて、食べ物や衣類も投げ込むそうです。この儀式は、亡くなった魂が安全に来世に移動できるように行われました。



4.戦争ダンス(マイアミ族)

4

マイアミ族の首長が戦争に行きたくなると、赤のバンドを持って他の軍の司令官たちのところに向かいます。戦う計画と理由を説明した後、みんなで戦争の見通しについて話し合いました。戦争に合意すると、メンバーはそれぞれ聖戦束を持って会合に参加し、シャーマンが1つの束にまとめます。

その後、一晩中、戦闘ダンスを踊りました。その一つがカルメット・ダンスです。戦士たちは柱をたたき、カルメットと呼ばれるパイプを吸い、立ち上る煙に合わせて体を動かします。翌朝、火を消して、戦闘に出発しました。





5.追悼戦争とカニバリズム(イロコイ族)

5

イロコイ族は、アメリカ合衆国及びカナダの国境付近の五大湖地域に広がり、北東部の大半を支配していました。家族が亡くなると、悲しみを克服するためにイロコイ族は強力な儀式を必要とします。そして、追悼の戦争を行い、捕虜を部族に入れるか拷問するかを選びました。

拷問を選ぶと、捕虜は指を切断されます。そして、足場の上で歌わされたり、踊らされたりしました。イエスズ会の記録によると、亡くなった捕虜の体をイロコイ族の兵士が切り刻んで食べていたそうです。



6.銃を手にしたら好戦的になっちゃった(クリー族)

6

クリー族は北アメリカ先住民族の最大部族の1つで、カナダの北部と西部を中心に生活していました。ある日、ハドソンズ・ベイ・カンパニーがこの地域に取引の拠点を置きます。その際、アメリカ先住民との争いを避けるため、毛皮などと引き換えにクリー族に銃を渡しました。

その結果、クリー族は好戦的になり、銃を持って北へ侵攻していきます。1700年代後半には、イヌイットも銃を入手したため、戦争は沈静化していったそうです。しかし、クリー族の人口は全域で減少し、女性と子供だけが奴隷として残りました。



全ての先住民族が残虐ではなく、平和的な部族もいます。

しかし、血なまぐさい民族だからこそ、強大な勢力を持ち、長く生き残るのかもしれませんね。

via:Ranker











  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アメリカ先住民の恐ろしい儀式や暴力行為

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2019年07月21日 21:06 ID:WjHzWVyz0*
いろいろ居るんだねぇ
2  不思議な名無しさん :2019年07月21日 21:12 ID:OjjFJIij0*
こういうのって話色々盛られてそう
3  不思議な名無しさん :2019年07月21日 21:15 ID:qLWnDUvA0*
弔い方について「暴力的、野蛮」みたいに言うのは違うと思うんだ
4  不思議な名無しさん :2019年07月21日 21:27 ID:3AuWmLXH0*
鵜呑みにはできないな
侵略した側のこんな野蛮な人種だったから滅ぼしたという誇張もあるだろう
5  不思議な名無しさん :2019年07月21日 21:31 ID:5W4mcQHZ0*
ま、どれだけ残酷な儀式をしていた先住民でも、そんな先住民を虐殺しまくった白人様より野蛮で残酷ってことは無いけどなw
6  不思議な名無しさん :2019年07月21日 21:40 ID:sYKHsni30*
マヤの石版画像、高貴な戦士の腸を出して神官がぺろぺろしてるように見える
7  不思議な名無しさん :2019年07月21日 21:50 ID:2Se3oUT40*
当時の伝統、習慣を今の世に当てはめて野蛮や暴力的と一括りするのは違うと思う。
8  不思議な名無しさん :2019年07月21日 21:57 ID:83Xa9W8T0*
こういう先住民族を皆殺しにしたり、民族浄化したり、奴隷として売ったりする方が残虐行為だと思うけれどな。それも宗教の名のもとにとかさ。それで膨大な利益を得たカトリック国のスペインとかポルトガルはどうなのよ。
あいつらの方がよっぽど怖いわ。
9  不思議な名無しさん :2019年07月21日 22:01 ID:6siZ6kJE0*
正直ヨーロッパ人の記録は「こんな野蛮な奴らだから侵略してOK」みたいな大義名分作るために盛ってるんじゃないかと思ってしまう
10  不思議な名無しさん :2019年07月21日 22:09 ID:fFHoVcQU0*
インディアンから土地を取り上げ殺しまっくったアメリカ開拓民には負けるだろ
11  不思議な名無しさん :2019年07月21日 22:21 ID:JS1Y8juy0*
先住民族について調べると白人は糞なんだなって再認識させられる
他人の土地を奪っておいて今も「かなりひどい差別」があるみたいだし、やってる事今の中国と変わらんのな
日本にも切腹があったように当時は生贄に選ばれた人は最高に名誉な事と認識していたと言う研究もあるし
今の価値観で語っても意味ない
12  不思議な名無しさん :2019年07月21日 23:35 ID:dSUAS7Nx0*
北アメリカ大陸の先住民族を一括りにするのが乱暴すぎる
日本人、モンゴル人、チベット人を一緒に語ってるようなもん
13  不思議な名無しさん :2019年07月21日 23:35 ID:xc3CfGUN0*
>>8

アフリカの黒人国家には、元々奴隷売買の風習があったからなんとも。
白人貿易商は、その制度を利用した顧客に過ぎないので。
14  不思議な名無しさん :2019年07月21日 23:39 ID:I.g.oIm.0*
あと何百年もすれば現在の人間は争いに核を持ちだしていたのです!とか言ってバカにされるんだろうな
15  不思議な名無しさん :2019年07月21日 23:45 ID:cCmlydq20*
※2
中南米アメリカの古代の物は、かなり研究が進んでるんで、大方間違いは無いよ。
だから、話を盛ってる位に変な話があるけど、それは事実であった、もしくは限りなく事実に近い状態である話と思って間違いは無い
16  不思議な名無しさん :2019年07月21日 23:54 ID:OjjFJIij0*
>>15
おお!どうもありがとう
なるほど古代のものは、ね
17  不思議な名無しさん :2019年07月21日 23:54 ID:go51Yo.80*
白人キリスト教徒が残虐非道だったのはインディアスの破壊についての簡潔な報告に見るスペイン人によるアメリカ先住民1200万人虐殺や
イギリスのアフリカと新大陸をつなぐ大西洋三角奴隷貿易やアボリジニ狩りなどでわかるが、かといって先住民が残虐でなかったとは言えないと思うがね
インドやイスラムなんか今でも遅れてて価値観おかしいし、中国とかカンボジアとか毛沢東の文革やクメールルージュがあったわけだし
白人が残虐だとしても、それはそれとして非白人だって残虐だっただろう
18  不思議な名無しさん :2019年07月22日 00:03 ID:.dl6msQq0*
歴史を遡ればどの国もどの人種も残虐行為なんて当たり前のようにしてるのに白人は~とか言ってる奴らの頭の悪さはヤバすぎる。たまたま近代で力を持ってた人種なだけで生まれながらに残虐性の高い人種なんているわけないじゃん。白人コンプこじらせるとここまでガイジになれるんだな
19  不思議な名無しさん :2019年07月22日 00:23 ID:8YIEVUKG0*
現代基準だと、日本人だって近代以前は普通に残虐だったのにな
20  不思議な名無しさん :2019年07月22日 00:45 ID:aHQRkeHk0*
ポトラッチってあるよね
部族間で贈り物をしあってるうちにどんどん高価なものにエスカレートしていって
そのうち贈るんじゃなくて相手の目の前で壊し始めて最後は族長が嫁や妾を殺したりする
自分達の方が豊かだ、こんな風にしても何の痛痒もないって自慢のし合いなんだけど
21  不思議な名無しさん :2019年07月22日 00:49 ID:s.HbjNrE0*
中南米にキリスト教がもたらされた時、
一般の人々は大歓迎したんだよ
それまで崇め奉っていた神殿を壊して回るほどに・・・

それくらい血なまぐさい儀式や宗教観に支配されていたんだな
22  不思議な名無しさん :2019年07月22日 02:12 ID:012CrPAF0*
でもアステカの治安は最高に良かったというぞ。
江戸時代の日本よりも良かったらしいし。
23  不思議な名無しさん :2019年07月22日 02:57 ID:VGXhDFf50*
※21
そのあと大虐殺されとったら世話無いな
24  不思議な名無しさん :2019年07月22日 03:12 ID:tLC6v9.h0*
えぇ…ちょっとこのタイトルや文章の一部は変更した方が良いんじゃ…タグついてないから海外翻訳じゃないですよね?
文化や歴史が全く異なる部族を名指しかつあくまで大昔の伝聞なのに「野蛮」「血生臭い」って断定するのは無責任すぎる
ここのコメント欄の皆さんは大人の意見で当時のヨーロッパ側の政治的思惑のフィルターがかかった記録で誇張があるんじゃないかなどそのまま間に受けてないですけど
反論できない相手をゲテモノ扱いして怖い怖い言ってる感じ
今時こんな表現の記事を全世界にむけて発信する方が前時代的だと思う
ここのサイト楽しみに読んでたけど今回はなんか違う
25  不思議な名無しさん :2019年07月22日 04:50 ID:aHQRkeHk0*
※24
本文最後の via:Ranker のリンク先。翻訳ですよ
26  不思議な名無しさん :2019年07月22日 05:29 ID:tLC6v9.h0*
>>25
※24です
そうなんですね、前は海外翻訳記事だとタグ付けされてることが多かったので見落としてました…
教えてくださりありがとうございます!
てことは向こうだと未だにこんなどストレートに他民族の古い風習や歴史を見下す姿勢を隠しもせず野蛮と言いきってるのか…
27  不思議な名無しさん :2019年07月22日 07:20 ID:JtjaqkGr0*
※23
まさかとは思うが仲間を大虐殺した相手に
ちぎれるほど尻尾振って愛想振りまいてる
民族もいるみたいだぞ
28  不思議な名無しさん :2019年07月22日 07:35 ID:Sh2SlZQg0*
人間少ない方が
ワケマエ増えて
全員金持ちになれるのに…

29  不思議な名無しさん :2019年07月22日 08:04 ID:E8vGbWfF0*
石で作られた仮面を付けて生贄の血を浴びせたりもしていたし
30  不思議な名無しさん :2019年07月22日 08:21 ID:dRBZLR1a0*
それでも白人の野蛮な行為には勝てないけど
あいつらやる事が人間じゃねえもん
31  不思議な名無しさん :2019年07月22日 12:51 ID:nhzIzQE60*
生贄の民「貴様らが白い悪魔に滅ぼされる夢を見たー、苦しんで死ぬがよい」
32  不思議な名無しさん :2019年07月22日 13:42 ID:SukYVuxX0*
ガリア人「カカシに捕虜詰めて燃やしたろw」
33  不思議な名無しさん :2019年07月22日 14:13 ID:0KfJ7jdC0*
ヨーロッパ側から見てるから盛ってる所あるだろうけど、当然ネイティブアメリカンは勇猛果敢で有名なんだから、言い方変えれば野蛮で残虐だろ
戦闘ヘリの名前に冠されるぐらいなんだから
34  不思議な名無しさん :2019年07月22日 17:55 ID:Ud6KV3R00*
>>9
うーむ確かに
35  不思議な名無しさん :2019年07月22日 22:26 ID:ttjVU8Gf0*
※21
白い神様がいつか帰ってくるって伝説持ってる人たちの所に白人が来たから
白人の言う事聞いちゃった、て部分もあるんじゃない?
36  不思議な名無しさん :2019年07月22日 22:55 ID:2HWqTd6M0*
おいおいおい
黒人奴隷貿易は恐ろしくないのか?
神の愛がどうのこうの言ってた連中の所業だぞ?

 
 
上部に戻る

トップページに戻る