まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

【大正の怪奇事件】関東大震災時に現れた「生首を抱いた女」

2019年07月20日:22:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 39 )



震災哀話桂話

以前、本稿では「大正時代の怪奇事件」として、関東大震災(1923年9月1日)に発生した脳みそ泥棒事件、今回も同じく関東大震災時に発生した遣り切れない怪奇事件をひとつご紹介したい。





生首を抱いた女

生首

1923年(大正12年)9月19日の朝日新聞に「震災哀話桂話」というタイトルの小さな特集記事が掲載されている。
これは、関東大震災時に発生した逸話などを特集したコーナーで、朝日新聞紙上で10回ほど連載された記録がある。そのなかに、「生首を抱くふたりの若い女」というタイトルの記事が掲載されており、当時の震災被害の悲惨さを伝える、ショッキングな内容となっている。

震災から4日経過した9月5日。神奈川県横浜市の横浜港から避難民を乗せた船が出航した。
関東大震災は人口の多さから東京都の震災被害が注目されがちではあるが、震源地は相模湾北部であり、横浜市の被害は東京よりも甚大で、住家全壊率は80%以上、当時の横浜市内の人口の5パーセントに当たる2万3000人余りの人間が死亡しているのだ。
横浜から怪我人を乗せた船は東京へ向かっていたのだが、すし詰めの船内のなかでどこからか人間の腐敗臭が漂ってきた

「おい臭いぞ!」

その腐敗臭の元は船内に乗っていた二人の若い女性の持つ小包から放たれていた
他の客が空けたところ、なんと包みからは腐った人間の生首がゴロリと出てきた。
女性たちは「これは私たちの大事な人です。せめて顔だけでも故郷を見させてあげたいと思って……皆さん許してください」とその場でオイオイと泣き崩れたという。



横浜の女教師

この生首を持ち込んだ女性のうち、一人の話は「震災哀話桂話」に掲載されていたため、一部抜粋してご紹介しよう。

この女性は横浜市内で教師している女性で、震災当時(9月1日11時58分32秒ごろ)は赴任先の小学校におり、強震で崩れ落ちる瓦礫のなかで命からがら自宅へ逃げ帰ってきた。

彼女は自宅に別れた夫のとの間に幼い子供がふたりおり、子供の命を救うため急いで帰ってきたのだ。しかし、彼女の自宅は既に真っ赤な猛火に包まれており、子供の姿は既になかった。彼女は愛児を失った絶望のあまり、その場に立ちすくみ動けなくなってしまった。



頭を滅多打ちに

しかし、神は彼女を見放さなかった。愛児ふたりは近所の優しい住民の手によって保護されており、ケガひとつしていなかったのだ。

「お母さーん」と駆け込んできた子供たちを彼女は大手広げギュッと抱きしめた。しかし、その直後、彼女は突然発狂。ゲラゲラと笑い出し地面に落ちていた瓦の破片を手にし、愛児ふたりの頭を滅多打ちにし殺してしまったのだ。

そして、彼女は血まみれになりながら死んだ子供の首を切断し、愛児の死を悲しんだ、という。いったい何故、彼女は再開した愛児を自らの手で殺してしまったのか。

その心境は、当事者にしかわからない部分も多いと思うが、地震によりすべてを失ったショックと、死んだと思われた子供が突然目の前に現れたことにより錯乱状態に陥り、その恐怖心から「もっとも大事な人」を自分の手で殺してしまったのではないだろうか。

発生から90年近くが経過しようとしている関東大震災。昔の新聞にはまだまだ現代に伝わっていない震災被害者の本当の姿が記されているのだ。

参考文献:朝日新聞縮刷版
文:穂積昭雪(昭和ロマンライター / 山口敏太郎タートルカンパニー / Atlas編集部



【Atlas関連リンク】
【超絶心霊写真】麻薬中毒で亡くなった息子が母親に会いに帰ってきた!?
https://mnsatlas.com/?p=44036












  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【大正の怪奇事件】関東大震災時に現れた「生首を抱いた女」

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2019年07月20日 22:05 ID:E.eOg3Hm0*
ガイジやな
2  不思議な名無しさん :2019年07月20日 22:19 ID:siCxKwur0*
なんでもかんでもガイジの一言で済む、良い時代になったもんだ
3  不思議な名無しさん :2019年07月20日 22:34 ID:wGM.nkVy0*
朝日だから捏造じゃない?
元になる話があったのかどうかまで
わからないけど、
角度つけたんだろ。
4  不思議な名無しさん :2019年07月20日 22:35 ID:3OuUAQeg0*
こんな朝日新聞の与太話を間に受ける方がガイジ
5  不思議な名無しさん :2019年07月20日 22:37 ID:EvXaXWYG0*
短期間に精神の振れ幅が大きすぎた
それで脳内で情報処理できる許容量の限界超えたんだろうな
6  不思議な名無しさん :2019年07月20日 22:41 ID:0EdM0LPS0*
朝日の話は月日以外嘘だと思える。
時々間違えるが。
7  不思議な名無しさん :2019年07月20日 22:43 ID:RjSDsVGu0*
この話は本人から聞いたのか?
8  不思議な名無しさん :2019年07月20日 22:59 ID:ixM.nJFj0*
戦前の新聞なんてみんなこんな感じだよ
ドコソコの何丁目何番地のナニガシさんの奥さんが犬の子を産んだとか普通に記事にしてるんだから
9  不思議な名無しさん :2019年07月20日 23:04 ID:FsW0NzUR0*
狂骨の夢の元ネタ?
10  不思議な名無しさん :2019年07月20日 23:21 ID:CoaTOiSk0*
そんなにあり得ん話じゃないと思うがなあ
11  空缶 :2019年07月20日 23:21 ID:dQifgigO0*
パンクだぜ...
12  不思議な名無しさん :2019年07月20日 23:25 ID:kxTlPG4o0*
>>2
ジャアアアアアアアップwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
13  不思議な名無しさん :2019年07月20日 23:25 ID:kxTlPG4o0*
>>3
バーカwwwwww
14  不思議な名無しさん :2019年07月20日 23:35 ID:vZlQoEhX0*
東日本大震災の時にネットでみた覚えのある、自衛隊に取材した記事

電柱の上にひっかかってる遺体を女の子がじっと見上げてるのを隊員が見つける
聞くと「たぶんお母さんだと思う」といいながらじっと見上げていた

というのは本当だったのか
ただのネットの創作だったのか
15  不思議な名無しさん :2019年07月20日 23:43 ID:6vg5nySZ0*
全然意味が分からない・・
女性2人のうちの1人がその狂った女性だったんだよね?
もう1人は誰なの?
生首は子供だったの?
子供は2人居たんだよね?
なんで東京に連れてこうとしたの?
16  不思議な名無しさん :2019年07月21日 00:48 ID:SQlNpLOV0*
オカルト的な話しだけど、どうして生きていた子供を自分の手で殺したのか?
普通に考えて理解出来ない話しですね。
推測は色々考えられますが、考えない事にします。
17  不思議な名無しさん :2019年07月21日 00:52 ID:LStcJwZP0*
>>15
そこが1番不思議😱誰の頭だったの?
18  不思議な名無しさん :2019年07月21日 01:08 ID:.yQIGV380*
職場の教え子たちの死を目の当たりにして、彼らを見捨てて必死に帰ってきて生きてる自分の子を見てこの子も死ななければならないと思ってしまったのかな。
19  不思議な名無しさん :2019年07月21日 01:19 ID:J.gg646Q0*
>>12
チョ,ンさん早速ファビョってて草
20  不思議な名無しさん :2019年07月21日 01:20 ID:hz3ma8GF0*
普通に頭がおかしい女
21  へそ吉 :2019年07月21日 01:21 ID:WGprwFhs0*
 『東北怪談の旅』(山田野理夫 自由国民社 1974年)という本の中に、「女乞食」と題し、これと似た話が記載されています。以下に概略を。

 天明年間の、大飢饉が続いた頃の話。3~4才の子供を連れた女乞食がいた。子供は「何か食べたい」と泣きじゃくるが、女(母親)は「誰でも腹が減っているんだ、泣くな」と優しくあやす。子はあきらめて黙った。
 急に女は子供を抱え、川岸に駆けて行き、石で子供の頭を殴り続けた。子の頭は割れて、死んだ。女は死体を川に捨てて、水で顔を洗うと、平然と立ち去った。多くの者がこの様子を見ていたが、不意の事とて誰も手出しできなかった。
 女乞食は、まるで別人のような微笑を浮かべ、美しい女になっていた由。
 殺された子は、後に河童に化身して河原で遊んでいたとも言う。
22  不思議な名無しさん :2019年07月21日 03:33 ID:4N0T6i7J0*
なるほど、わからん。ソースがね…信憑性薄い
23  不思議な名無しさん :2019年07月21日 04:55 ID:xILaF5aw0*
もうこの手の昔々の新聞記事から引き抜いてきた事件まとめ気分が悪くなるからやめてほしい
24  不思議な名無しさん :2019年07月21日 06:40 ID:1zXLYqOx0*
記事内容もともかく、それを補填する情報がほぼ皆無に等しいのも、信ぴょう性云々になっちゃう理由だね。
女教師の話にしても、その狂っている状態だったのにどうやって話を聞きだしたのか?
もしくは誰からそんな詳細のことを聞いたのか?

まぁ大混乱とか伝言ゲームで錯綜することはよくある時代だったとは思うけれど、真偽問わず聞きかじった話を脳内でつなぎ合わせて作った虚構に思えるな。
何かそのもとになる似たような事例はあったのかもしれないけれど。
25  不思議な名無しさん :2019年07月21日 07:20 ID:BFmXL2W.0*
なんか京アニの事件からこんな嘘くさい記事出すなよ
26  不思議な名無しさん :2019年07月21日 07:59 ID:OjjFJIij0*
朝日かぁ…9割増しで話持ってる予感
27  不思議な名無しさん :2019年07月21日 08:27 ID:9.h.Z2bU0*
>>6
虚構新聞より虚報が多いからしゃーない
28  不思議な名無しさん :2019年07月21日 08:52 ID:sVrBRYMv0*
生首じゃないけど亡くなった人の頭蓋骨を大事そうに持って徘徊するて話は明治かそれ以前にあった
それを引っ張ってきたんじゃないかな
29  不思議な名無しさん :2019年07月21日 09:05 ID:fVtcB7WB0*
>ID:kxTlPG4o0*

1人で発狂中の朝日社員
30  不思議な名無しさん :2019年07月21日 09:11 ID:VYdBvLHE0*
>>16
ソースが朝日なら考えるだけ無駄では
31  不思議な名無しさん :2019年07月21日 09:26 ID:lcEOtmqY0*
昔の新聞でしょw
今以上に娯楽のためのゴシップ紙だと理解してあげないと
この悪乗りで戦争までやっちまったけどさ
32  不思議な名無しさん :2019年07月21日 09:36 ID:X8xq8j0P0*
発狂したやつは前に誰かが震災の資料買ってきたってんで内容の一部あげてたけど、その資料もどこソースで引っ張ってきて作られたのかわかんないな
一部の半島人は炊き出ししてたとかも書いてたし、今ですらそんなことしてないのに当時やってたとは思えんわ
33  不思議な名無しさん :2019年07月21日 09:45 ID:wRPQnwpT0*
母さんです
34  不思議な名無しさん :2019年07月21日 12:21 ID:hz3ma8GF0*
>>25
昔からこんな感じなのに何言ってんだw
35  不思議な名無しさん :2019年07月21日 17:34 ID:I0fELXQ30*
今の防災の日があるのは関東大震災でパニック起こした人が多発したからって聞いたことある。子供と間違えて壺を抱えて逃げたとか。
36  不思議な名無しさん :2019年07月22日 01:41 ID:.xeiHOFC0*
>>3
昔の新聞は結構誇張されてたりデマ話があるよね
今と違って一般人は事実確認も出来ないし好き勝手やってたんだろう
阿部定もあることないこと面白おかしく書かれて激怒してなかったっけ
37  不思議な名無しさん :2019年07月22日 16:42 ID:tcIp1kMl0*
まだ誰も突っ込んでないけど
元の新聞記事のタイトルは「佳話」
この記事では再三「桂話」となってる
単なる変換ミスとか見間違いとかのレベルでなく意味が通らないのになんの違和感を持たずに言葉を使っているライターってどうなんだろうか

記事の内容を楽しみたかったのに他にも見当たる誤字がなんだか興醒めしてしまう
38  不思議な名無しさん :2019年07月23日 00:02 ID:cOclI7wu0*
オカルトやグロ系みたいなマイナージャンルの
ブログでまで朝日がどうとか書き込んでるヤツって
何が楽しくて生きてるんだろう
39  不思議な名無しさん :2019年07月23日 16:55 ID:gbLKQaBZ0*
id:kxTlPG4o0 氏ね

 
 
上部に戻る

トップページに戻る