まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

【番狂わせ】弱小部隊が手強い相手を倒した8つの戦い

2019年08月01日:21:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 36 )

【番狂わせ】弱小部隊が手強い相手を倒した8つの戦い






強国に勝った弱小部隊

戦いで勝つために必要なのは、たくさんの兵士と優れた武器…確かにこれは重要です。しかし、最も大切なのは闘争心と作戦かもしれません。今回は、人数も武器も関係ない、弱小部隊が強国に勝利した戦いを紹介します。



1.フィンランド軍40万人がソ連軍100万人に勝利

1

1939年11月30日領土拡大のため、ソ連赤軍は100万人規模の部隊を引き連れ、フィンランドの国境へ向かいました。ソ連軍はフィンランド軍40万人に数週間で勝利すると確信していましたが、国境で予想外の事態に遭遇します。フィンランドの農村部には伐採用の道路しかなかったのです。

ソ連軍は一列部隊で進むことになり、フィンランド軍はこの状況を最大に生かします。フィンランド軍が列の最初と最後の戦車を攻撃すると、ソ連軍は行き場を無くしてフィンランドのスキー部隊に捕まりました。





2.ギリシャ軍20万人がイタリア軍50万人に勝利

2

イタリアの独裁者ムッソリーニはローマ帝国の再建を夢見て、隣国に侵攻しました。1940年10月、イタリア軍はギリシャ国境を超えて、都市を攻略しようとします。イタリア軍は50万人規模でしたが、5ヶ月後、ギリシャ軍20万人に敗北して撤退しました。

要因はいくつかありますが、地形や天候の問題もあるといわれています。戦地は山岳地帯で雨季だったため、イタリア軍は泥だらけになり攻撃するのが難しかったそうです。その点、ギリシャ軍はこの環境に慣れていました。



3.地元民60人が4000人の十字軍に勝利

3

ボヘミア(現チェコ共和国)でマルティネス5世が十字軍が結集しました。1420年7月、十字軍は3,000〜4,000人を引き連れて、プラハの城壁に到達します。そして、ヴィートコフ丘を攻撃し、60人の地元民と戦いました。

しかし、一部の農民が暴力的かつ激しく抵抗したため、十字軍は驚いてパニックを起こして撤退したそうです。



4.ドイツ軍15万人が、ほぼ2倍のロシア軍に勝利

4

第一次世界大戦が始まると、ロシアのニコライ2世は、ドイツ帝国の東プロイセン領土(現ポーランド)に侵攻します。しかし、1914年8月、ドイツ軍15万人に2倍規模のロシア軍は敗北しました。

ロシア敗北の原因は戦術ミスで、ドイツ軍はラジオでロシア軍の会話を盗聴していたそうです。ドイツ軍は2万人の兵士を失いましたが、ロシア兵士10万人を捕まえ、3万人を殺害しました。小規模な軍隊でも柔軟な戦闘秩序があれば大軍に勝利できることを、ドイツ軍の勝利が示しています。



5.アフリカの小部隊がイギリスに勝利

5

1899年、南アフリカ植民地化のため、イギリス軍はボーア共和国やオレンジ自由国と戦争します。当初、イギリスは数週間で戦争は終結すると信じていましたが、結局、この戦争は17年続きました

3度にわたる戦争で、イギリスは2,276人の死傷者を出した一方、ボーア人の犠牲は308人に留まっています。また、イギリスは最新式の銃で戦いましたが、ボーア人は家にあった銃や散弾銃で戦っています。ボーア人は険しい地形を利用して、ゲリラ戦を展開していたそうです。



6.アメリカ原住民1000人がアメリカ軍を襲撃

6

アメリカ独立戦争後、アメリカ先住民マイアミ族の軍事指導者リトル・タートルは激しい抵抗運動を主導し、入植地を攻撃しました。1791年、アメリカ先住民と米軍の衝突後、リトル・タートルは1,000人の戦士を率いて、アメリカ兵920人の野営地を急襲します。

アメリカ兵は銃で応戦しようとしますが、深い森の中で動けませんでした。この襲撃で、アメリカ軍920人のうち896人が死傷し、632人が亡くなっています。その一方で、先住民の犠牲者は100人以下でした。



7.イギリス海軍がヨーロッパ最強のスペイン艦隊に勝利

7

オランダ独立を支持したために、エリザベス女王1世はスペインと戦うことになりました。当時のスペインはヨーロッパの最強力国です。

エリザベス女王の提督は、スペインと直接対決すれば敗北することを知っていたので、スペイン海軍を無力化することを思いつきます。スペインは、130隻の戦艦と合わせて、水兵8,000人と兵士2万人を送っていました。

1588年7月29日早朝、イギリス兵は数隻の船を炎上させ、燃えた船を風でスペインの船に近付けます。その結果、スペインの船は炎上し、スペイン海軍は大混乱になりました。そして、スペイン海軍が慌てた所をイギリス軍が攻撃し、スペインの戦艦を沈めています。



8.最新の兵器で戦ったイギリス軍がアフリカ民族に苦戦

8

1879年、イギリスはボーア諸国やズールー諸国を攻撃しました。ズールー軍はイギリス軍よりも兵士数は多かったものの、槍と盾、バッファローの角で戦っています。

一方で、イギリスは最新の武器を持っていたにも関わらず、苦戦を強いられました。ズールー戦争は血生臭い戦いになりましたが、最終的に、イギリスが勝利しています。



弱小でも危機感があるからこそ、しっかりと戦略を立てて賢い勝ち方をしたようです。
弱そうに見えても侮ってはいけませんね。


via: Ranker











  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【番狂わせ】弱小部隊が手強い相手を倒した8つの戦い

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2019年08月01日 21:11 ID:nwGQZ.of0*
ベトナム戦争があると思って見に来たらなかった
あれは後ろ盾があったからまた違うか
2  不思議な名無しさん :2019年08月01日 21:30 ID:BU.OnBEz0*
三国志とかその辺の話を見に来たら思いっきり近代で
3  不思議な名無しさん :2019年08月01日 21:31 ID:FM.9v.3Y0*
ボーア戦争で史上初めて登場したのが塹壕
迷彩服そして人類に暗い影を落とす強制収容所
ってホントなのかな?
4  不思議な名無しさん :2019年08月01日 21:44 ID:qjHBlVQB0*
絶対にカンナエの戦いが1位としてあげられて終わるパターンだと思ったら
5  不思議な名無しさん :2019年08月01日 21:45 ID:LM1xNyeD0*
これ不思議なんか?
6  不思議な名無しさん :2019年08月01日 21:56 ID:p3YtoOCF0*
指揮官「実は同じくらいの兵力だったけど、有能指揮官として歴史に名を残したいから、話盛ったろwww」
7  不思議な名無しさん :2019年08月01日 22:04 ID:QSwh.8da0*
1の時点で見る気なくした
確かに異常なほどの戦果を挙げて粘ったがフィンランドとか普通に負けてるだろ……
8  不思議な名無しさん :2019年08月01日 22:05 ID:LcQWGp0A0*
少数が多数に勝つのは異常なこと、そんな奇跡みたいな事をあてにされて戦争を始められたら前線の兵士はたまったものじゃありませんよ。
9  不思議な名無しさん :2019年08月01日 22:06 ID:eE3tzvlL0*
日本だったら桶狭間
10  不思議な名無しさん :2019年08月01日 22:23 ID:TiPI61t20*
戦略だよ戦略。
兵数や武器は戦術要素にすぎない。
勝利戦略がより正しいほうが勝つ。
百万の軍勢も、戦略が間違っていたら必敗だ。
11  不思議な名無しさん :2019年08月01日 22:34 ID:GoMSLg.o0*
一部の農民の部分ざっくりしすぎてて草
12  不思議な名無しさん :2019年08月01日 22:37 ID:efBebdu50*
数百で数千を倒すとおースゲー!と思うけど、数万数十万だと大勢側が立て直しできなくて瓦解みたいなちょっとガッカリパターン
現代戦だと無線があるから数が多くても体制分解みたいなケースは少ないけどさ
13  不思議な名無しさん :2019年08月01日 22:54 ID:uoMyC1jH0*
バッファローの角ってのは、
ズールーの王であるシャカがあみだした戦術の名前であって、
実際に角を持って戦ったわけじゃない。
14  不思議な名無しさん :2019年08月01日 23:02 ID:rXJ.OIlW0*
キスカの日本軍(犬二匹)が最強だな
15  不思議な名無しさん :2019年08月01日 23:06 ID:DvbZNZI.0*
最近増えた、こういうカラパイア風の記事はどこからの引用なんだろう?
自分はスレのまとめの方が好きだけど…良質なスレも少なくなったし、サイトを維持するためには致し方ないのかしら。
16  不思議な名無しさん :2019年08月01日 23:18 ID:Dj8zi.FD0*
1978年第1回鈴鹿8時間耐久ロードレース。
無敵艦隊RCBを率いる大企業ホンダを破った、不遇の町工場ヨシムラ。あれこそ最高の番狂わせ。
17  不思議な名無しさん :2019年08月01日 23:45 ID:yVROiBz30*
100万(戦闘員数は40万程度らしいが)対1万で1万が勝った昆陽の戦いは?
18  不思議な名無しさん :2019年08月01日 23:50 ID:uc5ciGSk0*
弱小部隊じゃなくて数の利で負けてるが相手を倒した戦いやん

弱小とか言うの失礼やない?
19  不思議な名無しさん :2019年08月02日 00:03 ID:6mlnmAtj0*
アルバニアにもスカンデルベクって化物もいましたね、
ひたすら防戦からの兵站破壊による撃退だったから地味なんだけど。
20  不思議な名無しさん :2019年08月02日 00:40 ID:.vj9h4vq0*
ハヤオ御大が泥まみれの虎で漫画化した
第502重戦車大隊のタイガー戦車二台による
ソ連侵攻の迎撃作戦あたりで。
21  不思議な名無しさん :2019年08月02日 00:55 ID:k5qih5Co0*
海外のテキトー記事

こういうのは

まとめなくていいよ
22  不思議な名無しさん :2019年08月02日 01:21 ID:P3aPtxWe0*
しょうもない英文記事って感じ
23  不思議な名無しさん :2019年08月02日 01:46 ID:y2Jg8a690*
>>15
しかも訳がひどいと来たもんだ笑
24  不思議な名無しさん :2019年08月02日 03:43 ID:vOgTxXf90*
少数で大群に立ち向かったといえばレオニダス1世がかっこいいぞ
25  不思議な名無しさん :2019年08月02日 05:05 ID:wwAreyTl0*
弱小というよりも少数精鋭じゃないの?
26  不思議な名無しさん :2019年08月02日 06:24 ID:bCuT56Dj0*
木崎原の戦い、耳川の戦い、沖田畷の戦い、泗川の戦いという戦力差が大きいほど劇的勝利が多い島津さん家。
27  不思議な名無しさん :2019年08月02日 07:21 ID:EN6bbFfR0*
マイアミの奇跡
28  不思議な名無しさん :2019年08月02日 07:48 ID:ZtoAYCT60*
少数(精鋭)なら項羽の彭城の戦い
29  不思議な名無しさん :2019年08月02日 09:39 ID:4FBd..u50*
300人の精鋭スパルタ軍対ペルシャ軍100万
30  不思議な名無しさん :2019年08月02日 09:59 ID:a8hSjJuC0*
ロシア負けてばっかやな
31  不思議な名無しさん :2019年08月02日 10:16 ID:BMgjnTpL0*
ソ連にもT34ー85でキングタイガー3両撃破したオスキンがいるぞ。
32  不思議な名無しさん :2019年08月02日 12:32 ID:xunfVHYC0*
流石おシャカ様。
33  不思議な名無しさん :2019年08月02日 18:10 ID:y0yJiLta0*
7って赤壁みたいなことやってるんだな
34  不思議な名無しさん :2019年08月03日 15:01 ID:4K6YcZnJ0*
>>7
>確かに異常なほどの戦果を挙げて粘ったがフィンランドとか普通に負けてるだろ……

典型的な、結果論バカ
「異常なほどの戦果」をあげられず大軍に踏み潰される方が普通で、それを覆したからこそここで取り上げる人が出てくるってのに

何なら同時代のポーランドの事例でも調べてみたら?(東からソ連、西からナチスドイツの大軍が攻めこんできた)
日本なら、秀吉の九州征伐
まともな戦いにならず島津はズルズル後退して降伏する羽目に
35  不思議な名無しさん :2019年08月04日 17:53 ID:wZI9.8zg0*
※30
有能な士官は政治将校に睨まれて嫉妬されてしまうので
結果無能が現場に口出して台無しにしちゃうんだ
36  不思議な名無しさん :2019年08月07日 08:43 ID:6ZKp3wfD0*
>>8
異常だろ。
戦争っていうのは大原則として攻撃は相手兵力よりも多くやるもの。
それさえ守れてなかった旧日本軍は異常やぞ

 
 
上部に戻る

トップページに戻る