まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

【壮絶】生き延びるため…漂流船で"仲間を食べた"9のエピソード

2019年08月01日:19:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 54 )

【壮絶】生き延びるため…漂流船で"仲間を食べた"9のエピソード






仲間を食べてでも生き延びたい

遭難して窮地に立たされたら、皆さんはどうしますか。諦めてしまう人、最後まで全力で生き延びようとする人…様々だと思います。過去には、仲間を食べて生き延びた人がいました。今回は、漂流船で起きた、世にも恐ろしい食人殺人を紹介します。



1.メデューズ号

Wreck of Méduse img 3191

1816年、フランスの軍艦メデューズ号はアフリカ沖で座礁しました。乗組員たちは5隻の救命ボートや仮設いかだに避難し、一部はそのまま船に残ります。救命ボートの乗客はいかだを引っ張ると約束したものの、数分後、ロープを切ってしまいました。

いかだは座礁し、乗客たちは大混乱になります。12日後、いかだの乗客は尿を飲み、人肉を乾燥させて食べました。また、衰弱した人を船外に投げ出したそうです。最終的にフランス船に助けられ、15人は生き延びています。





2.ミニョネット号

Mignonette

1884年、男性4人はミニョネット号でサウサンプトンからシドニーに向けて出発しました。数週間後、喜望峰から1,600マイル離れた場所でヨットは遭難します。男性たちはカブの缶詰などを食べていましたが、だんだん衰弱していきました。その後、乗員のパーカーは海水を飲んで、体調を悪くします。

すると、別の男性がパーカーを食べようと提案しました。他の1人も賛同し、2人はパーカーの頚動脈を切ります。最初拒否していた1人も加わり、3人全員がパーカーの体をむさぼって食べました。24日後、3人はドイツ船に発見されて救出されています。



3.ノッティンガム号

Boon Island Light

1710年12月嵐の日、ノッティンガム号はメイン湾のブーン島に衝突しました。船内にあった食料を食べて、生存者13人は命を取り留めます。しかし、暖をとる手段がなかったため、寒さで死んでいきました。

その後、生存者らは船の大工の遺体を食べて生き延びます。24日後、救助隊が到着して10人が救出されています。



4.フランクリン遠征

HMS Erebus and Terror in the Antarctic by John Wilson Carmichael

フランクリン遠征はイギリスの北極海探検航海です。1845年、ジョン・フランクリン海軍大佐の指揮のもと、2隻の船でイギリスを出発しました。しかし、2隻の船はビクトリア海峡で氷に閉ざされ、フランクリンを含む129人全員が死亡しています。

その後、考古学者や探検家、イヌイットは調査を行いました。すると、一部の男性は低体温症や壊血病で死亡していたことが判明します。また、残された骨から、船内で人肉を食べていた痕跡も発見されています。



5.フランシス・メアリー号

Rowing to rescue shipwrecked sailors off the Northumberland Coast by John Wilson Carmichael

1826年2月1日、フランシス・メアリー号はカナダからリバプールへ向かう途中、強風により遭難しました。

乗組員はパンとチーズで食いつなぎましたが、その後、食事も底をつき、乗組員たちは餓死していきます。2月22日、ある男性が亡くなると、乗組員たちは男性の遺体を食べました。乗組員らは遺体を4等分に切って、乾燥させて食べたそうです。救出までにさらに9人の男性が亡くなり、体の一部が食べられていました。



6.ペギー号

De Windstoot - A ship in need in a raging storm (Willem van de Velde II, 1707)

1765年、アフリカ人奴隷1人を含む8人を乗せて、ペギー号はニューヨークを出発しました。5日後、激しい雷雨で船は身動きが取れなくなってしまいます。最初、乗員たちは革製品やタバコを食べて生き延びました。次にフジツボや犬猫を食べています。

全ての選択肢を使い果たすと、くじを始めました。その結果、アフリカ人奴隷が選ばれます。推測では、くじの結果は仕組まれていたそうです。乗員たちは、奴隷男性の肝臓を生のまま食べ、大部分の肉を調理して食べました。その後、船員たちは男性の指と頭部を船から投げ出しいます。



7.エセックス号

Moby Dick final chase

1819年、エセックス号はナンタケットを出航しました。1820年11月、船はマッコウクジラに襲われ、深刻な被害を受けます。乗務員は小さな船に移って、命からがら助かりました。

12月半ばになると、食料は不足し、乗員の1人が亡くなります。すると、乗員たちは遺体の皮膚と内臓を取り除き、焼いて食べましたアメリカ小説「白鯨」はこの悲劇から影響を受けています。



8.ラックスボロー号

Luxborough Galley on fire, 25 June 1727

1727年、ラックスボロー号の指揮官と部下らは、奴隷と引き換えにラム酒を交換していました。1ヶ月後、2人の少年が船内を調査していたところ、誤って火をつけてしまいます。火はラム酒の樽に移り、火薬樽に燃え広がりました。

そして、船の沈没前、男性23名は5メートルのボートに乗り込んで脱出します。男性たちは食料も水もない状態で5日間過ごしましたが、ついにくじで犠牲者を決めました。船員たちは、犠牲者の内臓や肉を食べて血を飲んだそうです。



9.デュマル号

Dumaru Launch

1918年4月、デュマル号はオレゴン州ポートランドを出発し、同年10月にグアム島付近で落雷を受けました。乗組員たちは2隻の小型救命ボートに避難します。

1隻の救命ボートは、のちにフィリピンに到着しました。しかし、もう1隻のボートの乗組員は人肉を食べて生き延びています。遺体の頭部を取り除き、塩をまぶして調理したそうです。



乗組員たちはどのような気持ちで仲間を食べたのでしょうか。
絶体絶命の極限状態だと、人間はどんな恐ろしいことでもできるのかもしれません。


via:Ranker











  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【壮絶】生き延びるため…漂流船で"仲間を食べた"9のエピソード

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2019年08月01日 19:06 ID:k.YUhSOH0*
絶体絶命の極限状態だと、人間はどんな恐ろしいことでもできるのかもしれません

なんだろこの一文のイラッとくる感じ
2  不思議な名無しさん :2019年08月01日 19:24 ID:McY1E.fW0*
安易に批判はできんよな。
自分だって同じ状況になったらどうするかわからない。
3  不思議な名無しさん :2019年08月01日 19:29 ID:n4MZp9N.0*
北海道のアレはないのね
4  不思議な名無しさん :2019年08月01日 19:34 ID:kArhUXd.0*
この先人口爆発で
食糧危機が起きたら
まあ珍しい光景でなくなるかもな
ははは
5  不思議な名無しさん :2019年08月01日 19:37 ID:tjnWZ.cu0*
そりゃ人くらい食うよ
他に何もなかったら
6  不思議な名無しさん :2019年08月01日 19:39 ID:6rGYJg6A0*
ミニョネット号の事件ってポーの「ナンタケット島出身のアーサー・ゴードン・ピムの物語」で予言されていたって奴か
7  不思議な名無しさん :2019年08月01日 19:45 ID:EHcqClPi0*
船じゃなくて飛行機でもあったな。
確かアンデス山脈に墜落後、生き残った人が亡くなった人の肉を、って。
8  不思議な名無しさん :2019年08月01日 19:47 ID:kEOgHw2u0*
闇に蠢く
9  不思議な名無しさん :2019年08月01日 19:48 ID:kArhUXd.0*
せめてベジタリアンの肉の方がいいなあ
肉食はくせえから
10  不思議な名無しさん :2019年08月01日 19:59 ID:75ra0KLh0*
そうなんですか
11  不思議な名無しさん :2019年08月01日 20:01 ID:BlH4S7Db0*
死んだ人を食べるならまだわかるけど、殺してまで食べるのは…
極限状態だと変わるのかもしれんが、今の自分の考え方だったら無理だ
12  不思議な名無しさん :2019年08月01日 20:03 ID:mdZ4zRrn0*
「パーカーはうまかったけど ボブはイマイチだったな」
13  不思議な名無しさん :2019年08月01日 20:07 ID:Aqg.XD.k0*
>>7
「生きてこそ」やな
14  不思議な名無しさん :2019年08月01日 20:07 ID:6tu2tvn.0*
ヒカリゴケ定期
15  不思議な名無しさん :2019年08月01日 20:24 ID:WuKqJxz40*
人類が増えて食料危機になったらヴィーガンやベジタリアンは真っ先に食料にされるな。
16  不思議な名無しさん :2019年08月01日 20:37 ID:VEcB2pVK0*
サルがご馳走の国があるのにな
17  不思議な名無しさん :2019年08月01日 20:38 ID:jIv4q4DW0*
自分にも人を食べてまで生き残る根性はあるんだろうか
18  不思議な名無しさん :2019年08月01日 20:41 ID:Zns7.VIT0*
>>1
わかる
凄惨な目にあった経験がないからこそ高見から見下してる感じ
食糧難の地域で木の根っこや地虫を貪るのを、ニュース映像見つつステーキ食べながら「え〜信じらんない〜」とか言ってるような感じ?
ついでに言うとサムネの画像にも同じものを感じてもやっとした
19  不思議な名無しさん :2019年08月01日 20:48 ID:DhU4nf380*
日本という船の上で同じようなことが起こってるよね
人が人を食い物にしてる
20  不思議な名無しさん :2019年08月01日 20:53 ID:zNhUtYuf0*
ウミガメのスープかな
21  不思議な名無しさん :2019年08月01日 21:01 ID:UABfajMv0*
味はどんななんだろう
22  不思議な名無しさん :2019年08月01日 21:04 ID:m8wpaeN20*
脳に栄養が行かず飢餓ともなれば見境なんて無くなるでしょう
23  不思議な名無しさん :2019年08月01日 21:14 ID:twlgbzsS0*
こんな難破した外国船じゃなくても太平洋戦争では食人があったのを知っておくべき
24  不思議な名無しさん :2019年08月01日 21:47 ID:DbA2Y0yd0*
昔の日本でも飢饉の時に、自分の子供と隣の子供を交換して食べたという記録あるしな
実話かは知らんで
25  不思議な名無しさん :2019年08月01日 22:01 ID:zlOie5gI0*
天保の大飢饉のときの逸話。

ある所に父親と姉と弟の3人家族が居ました。
飢饉で食料もなく父親・姉は山に食料を探しに行きます。

数時間後、姉が家に帰ると父親が鍋料理を作っていました。
「おかえり、さあ、お食べ」
父親はそう言って姉に鍋から食べ物をすくって渡します。
姉は父親に聞きました。
「弟は?その子もお腹が空いているから」
父親は泣きそうな顔で姉に言いました。
「すまない、すまない、すまない」
姉は手に持った器の中を見つめ泣きました

終わり。(仙台戒めの逸話)
26  不思議な名無しさん :2019年08月01日 22:21 ID:DbA2Y0yd0*
>>19
それ世界中
27  不思議な名無しさん :2019年08月01日 22:29 ID:fUQMKYXM0*
なぜ我々は、このタイプの物語を
延々繰り返すだけの宇宙に閉じこめられているのか
なぜ本来味わう必要のない辛苦を
神の概念を作ってまで受け入れ我慢し続けているのか
宇宙は他にも無限にあるのに
28  不思議な名無しさん :2019年08月01日 22:30 ID:8ImW57kH0*
アンジェリーナが撮った反日映画のアイツもそうやろ
29  不思議な名無しさん :2019年08月01日 22:55 ID:BlUGwnIz0*
ミートキューブの作り方はね
30  不思議な名無しさん :2019年08月01日 23:38 ID:oGP8iz750*
>>25
俺アスペやけどガチアスペは弟が犠牲になったってことわからないぞ
31  不思議な名無しさん :2019年08月01日 23:42 ID:UJYXi2AN0*
このイメージ画像のひと生肉齧ってるけど大丈夫なのかな?
32  不思議な名無しさん :2019年08月01日 23:45 ID:ySliC9VC0*
>>31
バクテリア怖い
33  不思議な名無しさん :2019年08月01日 23:46 ID:aKMhXcfB0*
次にこの悲劇が起こるのは月面基地か宇宙船だと思う
34  不思議な名無しさん :2019年08月02日 01:03 ID:ymoTRZu80*
>>9
ミスタかよ
35  不思議な名無しさん :2019年08月02日 01:04 ID:ymoTRZu80*
ミニョネット号はマイケル・サンデルの白熱教室で知ったな
36  不思議な名無しさん :2019年08月02日 03:29 ID:rFRh6eyF0*
ひかりごけ事件がない
どうせ記事にするなら日本のもちゃんと載せるべきでは?
37  不思議な名無しさん :2019年08月02日 06:29 ID:lAjaJjKL0*
>>1
生きるために本人たちも泣く泣く食べたであろう行為を「おそろしいこと」呼ばわりしてるからかな
38  不思議な名無しさん :2019年08月02日 07:07 ID:jLdES.8p0*
8のやつ、5日で食人殺人に走るのはさすがに早くないか?死体ならともかく。
39  不思議な名無しさん :2019年08月02日 10:28 ID:Igy.voob0*
クンタラか…
40  不思議な名無しさん :2019年08月02日 10:57 ID:p5UaHsJ50*
カンビュセスの籤を思い出した
41  不思議な名無しさん :2019年08月02日 11:29 ID:occWSFx60*
生き物である限り生命の危機になれば人間だろうとなんでもするのに
それが当たり前だと知りもしない人がそういったレッテルを張るんだろうね
42  不思議な名無しさん :2019年08月02日 12:00 ID:Rx91CKyF0*
生きるか死ぬかの極限状態なら仕方ないとは思いつつも
死体を食べたではなく
殺して食べたパターンはモヤモヤしてしまう
43  じょん・すみす :2019年08月02日 14:56 ID:PFCbVst60*
メデュース号の場合、人肉を食うほどの余裕が無かった
って話もあるんだけどね。

筏に乗り込んだ船員が、他の人を
海に投げ込んだ、
ってのは事実みたいだけどさ。
44  不思議な名無しさん :2019年08月02日 18:12 ID:DIpR3M6p0*
>>13
中2の頃、自分が焼肉弁当食べている横で姉がその映画を再生し始めて最悪だった。
45  不思議な名無しさん :2019年08月02日 18:39 ID:4K6xuz.X0*
いつも思うけど最初に切り分けたり料理するヤツがスゲェ
46  不思議な名無しさん :2019年08月02日 18:45 ID:Fldu4qPZ0*
>>25
南部藩「仙台藩は恐ろしい所ですね」
47  不思議な名無しさん :2019年08月02日 19:29 ID:xluu..ji0*
命の危機に陥るとそれも仕方ないでしょうね。
でも私はできないので、最初に犠牲になるのは自分だと思いますね。

弱肉強食の世界だから、例え人間で有っても、生存をかけた野生本能が働くのでしょうね。

どちらにしても、早かれ遅かれ生き物は死ぬ。
それがこの世の世界でもあり現実…それも仕方ないことですね。
48  不思議な名無しさん :2019年08月02日 20:13 ID:awMKpHRK0*
ニューギニアとかフィリピンとか鳥取城とか日本もいろいろな。
49  不思議な名無しさん :2019年08月03日 11:41 ID:tA1FQkZ60*
殺して食べるか、死んだから食べるかでも心情は変わるだろうな。それでも、そのどちらにせよ、それを食べなければ生きられなかったんだから命に感謝だな。理性があっても共食いはする、人間が証明した
50  不思議な名無しさん :2019年08月03日 16:00 ID:Ao31vF3R0*
船の帆や綱やブーツの調理法は割と有名なのに
ニンゲンの美味しい食べ方が伝わってないのっておかしくね?
猛毒のキノコや魚すら美味しく食べる方法を研究し尽くす日本人ですら
精々、生で齧るか鍋ぐらいしか伝わってないのが気になるわ
つみれにするといいだしが取れるとか骨ごとあぶるとうまいとか
尻と太ももあたりが一番大きな肉が採れるとかそういう記述がありそうなのにさぁ
51  不思議な名無しさん :2019年08月03日 18:04 ID:S5KObFAu0*
こういった状況で自分を食べさせた人はいるんだろうか
52  不思議な名無しさん :2019年08月04日 04:50 ID:EG4d91Ni0*
>>50
人間を両脚羊と読んだ中国になら美味しい調理法があると思う。
孔明は酢漬けの人肉が好きだったそうだし、本草学では人体も薬として紹介されてるくらいだから使用頻度も高かったんだろうね
53  不思議な名無しさん :2019年08月07日 22:42 ID:ZspMFas.0*
人を喰らうくらいなら死を選ぶよ俺は。
どんな状況下でも人を喰えばもうそいつは人じゃない。
俺は人のまま死にたいよ。
54  不思議な名無しさん :2019年08月07日 23:48 ID:8XQYCIjI0*
なんかもっと有名で悲惨なやつあった気がするが忘れた

 
 
上部に戻る

トップページに戻る