不思議.net

怖い話・オカルトまとめブログ

アクセスランキング(5日間)
    本日のおすすめニュース
    本日のおすすめニュース一覧
    68

    孤児を海外で奴隷のように働かせた最悪の計画『ホームチルドレン』とは

    孤児を海外で奴隷のように働かせていた最悪の計画『ホームチルドレン』とは






    地獄のような生活

    かつてのロンドンはとても貧しく、その中でも最も苦しんだのは子どもたちでした。そのため、政府のプログラムで、子どもたちは外国に送られます。

    しかし、待ち受けていたのは地獄のような生活でした。今回は、孤児の子どもを外国へ売り飛ばした、イギリスのホーム・チルドレン・プログラム(ホームチルドレン)を紹介します。



    1.イギリスの「ホーム・チルドレン・プログラム」とは

    ビクトリア朝時代、イギリスには貧困の子どもたちが溢れていました。児童労働法が制定されていなかったため、3歳から子どもが工場で働いています。そこで、政府は「ホーム・チルドレン・プログラム」を作り、貧しい子どもをオーストラリアやカナダなどの英連邦王国に送りました。

    1869年から1967年までに、15万人の子どもたちが海外へ送られています。しかし、送られた場所での生活は、想像を絶するほど悲惨なものでした。





    2.性的虐待が多発

    Interieur de la Berliner Gramophone - Saint-Henri

    数百人の子どもたちが、オーストラリアの農家の学校に送られました。しかし、食事は十分に与えられず、教育をほとんど受けていません。たくさんの子どもが杖で殴られ、性的虐待を受けました。聞き取り調査の結果、少なくとも60%の子どもが、性的虐待を経験しています。



    3.両親は死んでいると伝えられた

    Ogrejlander

    英国国教会やカトリック教会などの慈善団体に子どもを預けなければ、貧しい家庭は生活できませんでした。そのため、当時の両親は子どもたちを手放しています。しかし、孤児として子どもが海外に送られていることを、両親は知りませんでした。

    また、両親が生きていても、多くの子どもたちは孤児だと言われたそうです。実際のところ、孤児は全体の2%しかいませんでした。



    4.ただただ働かされた

    Die Gartenlaube (1887) b 369

    ある14歳の少年はカナダに送られました。少年の母親は兄弟3人を施設に送りましたが、兄弟はバラバラになっています。少年はカナダでカウボーイになれると思っていましたが、実際は働きづめの毎日でした。

    プログラムの条件は、幼い子どもは養子になること、18歳までの子どもは食事と住居と引き換えに働くことです。しかし、現実は全く違っていました。



    5.殺害された子ども

    William Wade alias Nursay, arrested for stealing money (16444304673)

    農民たちは子どもを受け入れたものの、実際のところ、養子よりも労働者を求めていました。そして、子どもたちは使い捨てのように扱われ、殺害された子どももいます。

    1897年、カナダの農場で働いていた少年は農場主の息子と喧嘩になりました。同日の夕方、燃焼した納屋で喉を切られた少年の遺体が発見されています。しかし、少年の死は自殺として扱われました。



    6.両親を忘れられない子ども

    Abattoirs Lecavalier et Riel - Saint-Henri 1890

    1940年、ある少年は10歳でオーストラリアに送られました。両親は亡くなっていて家族がいないと言われていたそうです。オーストラリアでは強制労働させられ、暴力を受ける日々を過ごします。

    1980年、母親のことを知るためにイギリスに戻りました。その結果、1年前に亡くなっていたことが判明します。少年は、母親の写真を1枚も見つけられませんでした。



    7.カナダとアフリカで離れ離れになった兄弟

    Thomas Benjamin Kennington - Orphans

    慈善団体が派遣国を決める際、兄弟などの家族関係を全く考慮せず、健康と年齢だけを優先させました。そのため、兄弟で孤児院に入っていても、1人だけを送ったり、別々の国に送ったりしています。子どものことよりも、農民のニーズだけを優先してました。



    8.劣悪な環境

    Queensland State Archives 4313 Children on tobacco farm at Beerburrum 1933

    子どもたちは労働者として扱われて、家族の一員としては決して迎えられませんでした。1907年、ある少年はカナダに送られて、農場で働きます。部屋は寒い屋根裏で、窓にガラスはありませんでした。そのため、雪が部屋の中に入ってきて、少年の足はしもやけで腫れてしまいます。

    その結果、少年はブーツを履けなくなり、冬の間、裸足で働きました。その後、病気で働けなくなってしまうと、農夫に暴力を振るわれます。この出来事がきっかけで、少年の足は変形してしまいました。



    9.子どもが海外に送られたことを知らない両親

    Doctor D. Jayne's Expectorant (3093723278)

    子どもたちは自分が孤児だと伝えられてきましたが、ほぼ全員の両親は生きていました。失業や病気などを理由に子どもを手放しています。子どもたちを海外へ送る際、多くの慈善団体は両親に通知しませんでした。



    10.イギリスにいるよりも幸せだと信じられていた

    Matchgirl strikers

    このプログラムの目的は、貧困の子どもたちを救うためのものです。産業革命の間、貧しい子どもはスラムに住み、厳しい環境下で強制的に働かされていました。また、英連邦王国は労働不足に直面していたそうです。

    そのため、ロンドンで奴隷のような生活を送るよりも、外国で働く方が子どもたちにとって良いと、人々は信じていました。



    11.マッチ工場で働く少女たち

    Match and match labels, 100 years ago

    貧しい少女たちはロンドンのマッチ棒工場で働いていましたが、労働環境は最悪でした。少女たちは4歳から毎日12時間以上働き、有毒な化学物質を扱う仕事をさせられます。一日中マッチをリンに浸していたため、歯が腐って顎に骨ガンを発症しました。

    話すことも座ることも許されず、許可なしでトイレに行けば罰金を課せられます。しかも、罰金を払えば、少女たちは無給になってしまいました。そのため、マッチ棒工場で働くよりも海外に行った方がマシだと考えたようです。しかし、過酷な生活は全く変わりませんでした。



    12.イギリス首相が謝罪

    12

    このプログラム開始からほぼ100年後、1967年に最後の子どもが海外に送られました。2010年、プログラムの子どもたちと家族に向けて、当時のイギリス首相ゴードン・ブラウンは公式に謝罪しています。

    家族を再会させるため、イギリス家庭児童登録局は65,000人以上の子どもたちのデーターを集めました。



    こんな辛い状況に、子どもたちは必死で耐えたんですね。
    この戦略の背景から、当時のロンドンの悲惨な状況が伝わってきます。


    via:Ranker











    本日のおすすめニュース1
    本日のおすすめニュース2
    本日のおすすめニュース3

    おススメ記事ピックアップ(外部)

    コメント一覧

    1  不思議な名無しさん :2019年08月06日 21:04 ID:w76.jm1N0*
    少子化に苦しむ日本に今こそチャウセスクの政策を
    路上は子供で溢れかえります
    赤ちゃん牧場も整備
    2  不思議な名無しさん :2019年08月06日 21:13 ID:BwOqGnP00*
    白人ってDNAレベルで立場が弱い者を支配するんだと言う証明。
    3  不思議な名無しさん :2019年08月06日 21:20 ID:tRczNwT40*
    国際標準。
    こんな連中が歴史を捏造し、日本を貶めてきた。
    4  不思議な名無しさん :2019年08月06日 21:24 ID:0D.IlDQM0*
    子供を奴隷として働かせるとか、絶対無理。
    写真を見たら、未就学児くらいの子もいるし、一体どういう脳みそになったら、あんな小さい子に過酷な労働をさせられるのか全く理解が出来ない。
    5  不思議な名無しさん :2019年08月06日 21:27 ID:1RJDOrFv0*
    慈善団体って表現に違和感を感じる…
    偽善団体だろ…
    6  不思議な名無しさん :2019年08月06日 21:31 ID:1W8d8GRn0*
    すげーな貧困わかっててもやる事だけはやるんだな
    人種問わずヤベーな
    7  不思議な名無しさん :2019年08月06日 21:36 ID:4mG4.tdU0*
    イケメンまたは美女が、個の王として必要なんや
    ご容姿だけでなくいのちすべてがぶさいくな野郎にけんりょく持たせるからあかんねん
    かずのぼうりょくの王様がかずのぼうりょく武器持ち不意打ちなんでもありで、個の弱者からいのちすべてを奪い続けけんりょくしゃ様を必ず守るからな

     有史以来、かずのぼうりょくの王様に、個でいくさ倒しできたのはゼロやからな
    フィジカルエリート様のくせにぼりすてどっぴんぐつかいまくりのやつらだらけでもかずのぼうりょくの王様にはなんにもできないのが現実

     先天性のまじもんの個のフィジカルエリート様でさえ少なくとも今の現状では個の弱者を守るためにはいくさ倒ししないからな。うまれながらにして、ぼうりょくと個でやりあえるちから持ちなのにもかかわらず
    8  不思議な名無しさん :2019年08月06日 21:41 ID:oT0LX7Gx0*
    イギリスってとんでもない国だな。
    大きな顔しやがって。
    恥を知れ。
    9  不思議な名無しさん :2019年08月06日 21:44 ID:XATg6g3c0*
    徳川綱吉って先見の明があったんだな
    10  不思議な名無しさん :2019年08月06日 21:46 ID:HiHC74fF0*
    子供出荷しまくったんかー

    大人じゃ反乱起こすもんな
    11  不思議な名無しさん :2019年08月06日 21:48 ID:7J2n1DVW0*
    やっぱイギリスはカス国家だわ
    そこまでしてまで発展したくは無い
    12  不思議な名無しさん :2019年08月06日 21:52 ID:3vSjKWei0*
    まともな教育が受けられない時代だからね。
    子どもの権利はなく、仕事で使えるようにならなければ生きられない世界。
    イギリスは大昔は野蛮で洗練されていない、理不尽な国だったんだね。日本もそうだけど。
    13  不思議な名無しさん :2019年08月06日 21:58 ID:5JEPtkSE0*
    そういやマザーテレサも大概やべえ奴だったけど
    キリスト教が聖女的な触れ込みしちゃったからバチカンぐるみで悪い情報は隠してたらしいな
    14  不思議な名無しさん :2019年08月06日 21:59 ID:qbygMgiH0*
    赤毛のアンが孤児院からカナダの農家に引き取られた子供だったはず・・・闇が深い
    15  不思議な名無しさん :2019年08月06日 22:02 ID:eICX8.M70*
    2010年にようやく帰国させ始めたってこと?遅過ぎない?
    後期送られた子供で生きてても50代じゃん
    16  不思議な名無しさん :2019年08月06日 22:10 ID:vjC3ag7a0*
    >>12
    日本は子供が大事にされてるってザビエルが手紙で言ってた
    17  不思議な名無しさん :2019年08月06日 22:13 ID:4I5Jx.TH0*
    オレンジと太陽
    18  不思議な名無しさん :2019年08月06日 22:15 ID:vjC3ag7a0*
    辛い…只々辛い
    19  不思議な名無しさん :2019年08月06日 22:20 ID:eICX8.M70*
    リアルロミオの青い空
    20  不思議な名無しさん :2019年08月06日 23:04 ID:.BcJmZw20*
    >>17
    見たわ
    地味な映画だけどずっしり重く考えさせられた
    21  不思議な名無しさん :2019年08月06日 23:20 ID:w4mlp9RU0*
    かわいそうなのは、抜けない
    せめて十分な食事と教育と休みを与えてから
    ぐへへへへ して欲しい。
    22  不思議な名無しさん :2019年08月06日 23:22 ID:jVA.RV8N0*
    ブリカスさんは黒歴史が多すぎる..
    23  不思議な名無しさん :2019年08月06日 23:58 ID:mi75yi7B0*
    >>16
    そうはいうけど日本だって子供をこき使っていた歴史はあるのよ
    そういった搾取から子供を護るための制度が義務教育
    24  不思議な名無しさん :2019年08月07日 00:01 ID:NlXwMGp10*
    白人の野蛮さがモロに出てる。
    キツイ。子どもが犠牲が一番嫌だ。
    25  不思議な名無しさん :2019年08月07日 00:04 ID:jwKL.fLE0*
    >>14
    アンは本来こうなるはずだった
    少なくともブリュェット夫人に引き取られていれば、間違いなく奴隷扱いだった
    無償の愛を注いでくれたマシューを生涯慕いつづけるのは、孤児の扱いの酷さの現実が背景にあったからだろうね
    26  不思議な名無しさん :2019年08月07日 00:09 ID:7LL8IHwt0*
    国家主導の口減らしとは…
    唐行きさんも似たようなものだけど、こちらは年齢が低すぎる
    27  不思議な名無しさん :2019年08月07日 00:30 ID:rZauix910*
    日本だって似たような事散々やってるのに、それを棚に上げて
    白人は~とかいうネトウヨ共が哀れすぎる。
    28  不思議な名無しさん :2019年08月07日 01:30 ID:QQ07nNT70*
    >>19
    煙突掃除もバンバンしんでたらしいしな…
    29  不思議な名無しさん :2019年08月07日 01:35 ID:JyQaSxVJ0*
    3歳児働かせるって凄いな
    言うことなんか聞かねーぞ
    30  不思議な名無しさん :2019年08月07日 03:13 ID:p6borSty0*
    最近までやってたんだね…
    貧困なのに子供を産んだ親も悪いんだけど怖いな
    31  不思議な名無しさん :2019年08月07日 04:01 ID:BEaypWP90*
    >>17
    これと「あなたを抱きしめる日まで」は必見
    32  不思議な名無しさん :2019年08月07日 04:04 ID:BEaypWP90*
    >>30
    貧困だから子供を産むんだよ。
    昔は掃除機もガスコンロも電子レンジもない。家事はすべて人力。
    貧乏だから一生独身なんて、現代だからできる贅沢。
    33  不思議な名無しさん :2019年08月07日 06:08 ID:5.4IwK2p0*
    この前の今治タオル思い出す
    34  不思議な名無しさん :2019年08月07日 08:00 ID:7CyEYJQ70*
    >>32
    学校が助けるんだな。
    誰が原因かを
    理解できるように。

    35  不思議な名無しさん :2019年08月07日 08:01 ID:7CyEYJQ70*
    >>27
    人間は簡単に増え過ぎる。
    36  不思議な名無しさん :2019年08月07日 08:05 ID:7CyEYJQ70*
    >>32
    二度の大戦終わってだいぶ経つのに
    こんな苦痛な世界に
    産みたがるなんて
    よっぽど幸せなんじゃない?

    子供まで
    貧乏生活なんて
    させられないよ。
    可哀想で。
    37  不思議な名無しさん :2019年08月07日 08:08 ID:fQt8U.810*
    日本は現在進行形で外国人技能実習生を使ってこれに近い事をしている会社があるんだから、イギリスの事をどうこう言えた義理じゃない気がする。
    38  不思議な名無しさん :2019年08月07日 08:28 ID:.qdUGxgi0*
    >>29
    しつけって知ってるかな?
    39  不思議な名無しさん :2019年08月07日 09:07 ID:bP.TdJEL0*
    >>23
    第三者が日本を見た感想の例としてザビエルさんの手紙を出したんだけどね
    ここで重要なのは、ザビエルさんが見たのは裕福で無い農村の子供
    よく笑っていて、とても大事にされていると書き残してる

    そりゃ、日本も含めどこの国も暗い側面はあるけどさ
    40  不思議な名無しさん :2019年08月07日 09:13 ID:yNbFauvB0*
    鬼畜欧米
    41  不思議な名無しさん :2019年08月07日 10:05 ID:LDePjTQ.0*
    >>38
    その躾がきかないのが大半の3歳児だよ。
    3歳で素直に言う事聞く子どもは、稀。
    それか虐待されまくって、萎縮してるかのどっちか。
    42  不思議な名無しさん :2019年08月07日 10:31 ID:LO.2em8j0*
    躾というより調教だね
    43  不思議な名無しさん :2019年08月07日 11:10 ID:5TX.GxKj0*
    こんなことしてた連中が善人ヅラして人権語ってんだから笑えるわな
    日本の徒弟奉公も相当酷かったが、流石にここまで人間やめてないわ
    44  不思議な名無しさん :2019年08月07日 11:14 ID:5TX.GxKj0*
    3歳児働かせるメリットある?
    仕事なんか出来るわけないんだから、躾の手間が増えるだけなんだが
    45  不思議な名無しさん :2019年08月07日 11:21 ID:OMm0uw.S0*
    オレンジと太陽が先に出ててホッとした
    46  不思議な名無しさん :2019年08月07日 11:28 ID:6yFgk.bc0*
    ※7
    はーい支援学級に帰ろうね
    47  不思議な名無しさん :2019年08月07日 11:59 ID:.j4LACim0*
    ほんとブリカスって感じの内容だな
    やっぱあいつら人類悪だわ
    48  不思議な名無しさん :2019年08月07日 12:19 ID:i4k8Lkd30*
    キリスト教の伝統的な犯罪
    キリスト教孤児院ってのはそういうとこ
    キリスト教は宗教っていうかそういう支配搾取用の隠れ蓑って方が本体
    49  不思議な名無しさん :2019年08月07日 12:46 ID:znqMJN..0*
    >>44
    健康に育つよう幼児食食べさせて規則正しい生活させて
    情緒豊かに育つよう子守唄歌って
    文字覚えて知識を持てるよう読み聞かせして
    っていうようなのやらずに、運ぶだけとか草取りだけとかさせて
    失敗したら体罰ってのなら、手間かからないし3歳児もできるんじゃない?
    で、大人になるまで生き延びたとしても負の連鎖
    50  不思議な名無しさん :2019年08月07日 13:49 ID:vcSuXK.I0*
    慈善団体()
    51  不思議な名無しさん :2019年08月07日 13:57 ID:LDePjTQ.0*
    >>36
    ど貧乏なんだね、かわいそう
    52  不思議な名無しさん :2019年08月07日 13:58 ID:CYRNwZUp0*
    奴隷とか人聞きの悪い事いうな
    研修生って言えよ
    53  不思議な名無しさん :2019年08月07日 14:41 ID:iuhov2zK0*
    お恥ずかしい話だが今日初めて知った。赤毛のアンの話もそう聞くと何だか見方が変わるな。
    54  不思議な名無しさん :2019年08月07日 14:48 ID:fixplJph0*
    1967年なんてつい最近だよね 野蛮もいいとこ
    55  不思議な名無しさん :2019年08月07日 16:42 ID:52nb7AXM0*
    >>49
    まともに指示も聞けない3歳児に体罰するだけ時間の無駄だろ。生かすなら最低限の食い物はやらんといかんし。
    虐待用のペット扱いなら分かるがね。
    56  不思議な名無しさん :2019年08月07日 16:45 ID:52nb7AXM0*
    >>54
    これ。「日本でも同じようなことやってる」とか言うやついるが、流石に1967年でこれはねーよ。
    個人で見れば酷い虐待やってる奴はいたんだろうが、イギリスのこれって国策だろ。国を挙げて虐待してるわけだ。
    野蛮なんてレベルじゃないわ。人非人すぎ。
    57  不思議な名無しさん :2019年08月07日 16:48 ID:52nb7AXM0*
    >>37
    外国人技能実習生の件も問題ではあるけど、流石にここまで酷くないわ。しかもイギリスのこれって国策だぞ。国を挙げて児童虐待してたわけ。極めつけが、最後に行われたのが1967年って。むっちゃ最近じゃねーか
    58  不思議な名無しさん :2019年08月07日 16:49 ID:52nb7AXM0*
    >>27
    1967年までやってるのは流石に頭おかしいと思いません?
    59  不思議な名無しさん :2019年08月07日 17:12 ID:fQt8U.810*
    >>55
    3歳児は幼稚園なら年少組。
    教えれば単純作業や簡単な集団行動も普通は出来る。
    即戦力としては弱いけど使えないわけじゃないし、暴力や恐怖などで支配しやすい。

    それでも耐久性考えたら需要は低いだろうけど、でもゼロでも無かったって事なんじゃないかな。
    60  不思議な名無しさん :2019年08月07日 21:51 ID:3VnjpjR.0*
    >>27
    貧困の子供を海外に売り飛ばすプログラムを1960年代までやってたんなら教えて欲しい
    61  不思議な名無しさん :2019年08月07日 21:53 ID:3VnjpjR.0*
    >>37
    そんな気がするのはあなただけです
    62  不思議な名無しさん :2019年08月08日 09:24 ID:uzXQIcKU0*
    3歳半の子供いるけど、働かせるとか考えられない。まだまだ甘えん坊だよ。単純労働なら教えればできるかもしれないけど…。酷い時代だったんだね。
    63  不思議な名無しさん :2019年08月08日 17:03 ID:TtEwaLbj0*
    1967年に最後の派遣???
    冗談だろ
    つい最近までこんなことやってたのか?
    日本が万博と東京五輪に浮かれまくってた頃じゃねえか
    64  不思議な名無しさん :2019年08月09日 15:38 ID:smBn9gKh0*
    ニホンモ〜!ニホンモ〜!!
    しつっけぇったらありゃしねぇな。
    65  不思議な名無しさん :2019年08月10日 03:38 ID:9szuA.HI0*
    反吐がでる
    66  不思議な名無しさん :2019年08月15日 14:50 ID:498NoKZF0*
    流石元世界帝国発想が常人のそれではない
    白色人種が近年になって人権人道でよそに首突っ込むのは、神に選ばれし白色人種ですらこのようなミスをする、劣等なる有色人種はより非人道的なことを行っているに違いない!っていう思い込みからだよな
    67  不思議な名無しさん :2019年08月16日 06:50 ID:QgfSId9N0*
    >>21
    十分な食事教育休みあたえて最終的には性搾取するんか…それも別種の拷問だな
    あとこんなまとめにするコメントが抜けないって…
    バケモンみたいな精神構造してるんだね、気持ち悪い
    68  不思議な名無しさん :2019年08月18日 23:37 ID:VUQnJYIu0*
    白人は階層が違えば互いに違う生き物として存在を理解し合っていたとは学んだつもりではあったが、こうして具体例を読むとキツイな。
    二都物語にも見られる市民革命の狂気は故無くして生まれた訳じゃないって分かるよ。
    1967年は近すぎる気がするとはいえフランスでギロチンが廃止されたのも1977(78?)年だからなぁ。

     
     
    topページに戻るボタン

    不思議ネット
    とは

    不思議.netでは怖い話・オカルトから科学ネタまで、2chを中心に世界の不思議な話題をお届けしています。普段2chを見ない人でも気軽にワクワクできる情報サイトをっころがけて毎日絶賛更新中!