まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

CIA大丈夫!?あまりにも稚拙すぎる『カストロ暗殺計画』10選

2019年08月08日:21:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 34 )

CIA大丈夫!?あまりにも稚拙すぎる『カストロ暗殺計画』10選






失敗ばかりのカストロ暗殺計画

1959年キューバ革命の成功で、カストロとアメリカの対立は激化します。そして、アメリカ政府はカストロ暗殺を600回以上試みましたが、計画は全て失敗しました。今回は、CIAが企てた、ちょっと残念な暗殺計画を紹介します。



1.ダイビングスーツ

1

スキンダイビングはカストロの趣味の1つで、CIAは暗殺計画にも取り込まれています。トランプ大統領の指示で公開された資料によると、CIAは真菌症を織り交ぜたダイビングスーツ結核菌を散らばせたシュノーケルを作り出したそうです。

そして、ダイビングスーツとシュノーケルでカストロを病気にさせようとしました。しかし、担当の外交官が別のダイビングスーツを贈ってしまい、計画は失敗しています。





2.ハニートラップ

2

カストロは女性の扱いに長けていることで知られており、噂によると生涯で35,000人以上の女性と関係を持ったといわれています。CIAは暗殺計画に女性も利用しました。カストロの元恋人を説得して、食事に毒を入れるように指示します。

しかし、カストロは元恋人と2人きりになると、「自分を殺すのか?」と平然と尋ねました。そして、頷いた女性に自分の銃を渡し、「私を殺せない。誰も私を殺せない。」と言ったそうです。暗殺計画は失敗し、その夜、女性とカストロは2人で消えていきました。



3.マフィア

3

CIAはマフィアと組んで、暗殺計画を企てたこともありました。1960年に明らかになった報告書によると、CIAはシチリアマフィアのリーダーと連絡をとって、殺害方法を練っていたそうです。

検討された方法は射殺毒殺でした。しかし、不運にもピッグス湾事件の失敗が影響して、計画は中止になっています。



4.ひげをなくす

4

たとえ世界中から嫌われていても、カストロはキューバでとても人気がありました。そして、カストロを象徴するヒゲにCIAは目をつけます。カストロのあごひげを取り除けば、人気を一気に失墜させられると考えたそうです。

海外旅行中、カストロはホテルの部屋で靴を脱ぎ、部屋の外に靴を置く習慣がありました。そこで、CIAは強力な脱毛剤を靴に入れて、体毛を完全に取り除く計画を立てています。しかし、旅行日程が正確でなかったため、この計画は実現しませんでした。



5.貝殻爆弾

5

カストロお気に入りのダイビングスポットに、美しい貝殻の爆発物をCIAは仕掛けようとしました。貝殻の美しさに惹かれて、カストロがこの爆発物を拾ってしまうと考えたようです。

しかし、この計画は中止になり、理由は明らかになりませんでした。計画があからさまだったことが原因だと、一部の報道は伝えています。



6.葉巻

6

カストロはキューバの葉巻をとても愛用していました。そして、CIAは葉巻にも注目しています。CIA医務局長はカストロをボツリヌス菌で暗殺しようとしました。理由は、痕跡が残らないからです。

しかし、水や飲み物では毒の効力が最大限に発揮できないことが分かると、葉巻に菌を混ぜることを思いつきます。その後、ボツリヌス菌を混ぜた葉巻を作って金庫に保管しておきました。しかし、この葉巻はカストロの元に届けられなかったそうです。



7.ミルクセーキ

7

CIAの暗殺計画の中には、ミルクセーキに関するものもあります。CIAはアメリカのギャングと組んで、カストロのミルクセーキに強力な毒を入れようとしました。この計画なら、証拠は残らず、カストロは即死します。

そして、カストロが宿泊していたホテルの冷蔵庫に毒を置くところまで、計画は成功していました。しかし、最終段階で、冷蔵庫の壁に錠剤がくっついてしまい、破れてしまったそうです。



8.爆弾を見つけられてしまった

8

2000年、カストロがパナマで演説を行った時にも、CIAは暗殺を企てています。CIAはキューバ人テロリストを雇い、演説の壇上に爆薬を仕掛けさせました。しかし、演説前のセキュリティチェックでキューバ当局は爆薬を簡単に見つけ、暗殺を阻止しています。



9.ペン

9

ジョン・F・ケネディ大統領の暗殺はアメリカの歴史を変えた瞬間で、国内に混乱をもたらしました。ちょうどその頃、CIA諜報員はペン型の皮下注射器でカストロを暗殺しようとして、準備を進めていたそうです。しかし、大統領の暗殺後、国内情勢の混乱によって、計画は中止になりました。 



10.偽キリストの再来

10

CIAは奇妙な暗殺計画も企てていました。その計画とは、キューバでキリストの再来を捏造することです。キューバの人々は、宗教を深く信仰しています。そのため、反カストロの神が現れれば人々が反乱を起こすと思いつきました。

キリスト再来の雰囲気を出すために、CIAは潜水艦から弾を発射することも考えていたそうです。当時の責任者はこの計画を否定していますが、文書が残っています。



冷蔵庫に毒がくっついてしまったり、暗殺兵器が送られていなかったり…ちょっと残念なエピソードです。

アメリカはこんなに暗殺を試みましたが、カストロは90歳まで生きました。


via:LISTVERSE











  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CIA大丈夫!?あまりにも稚拙すぎる『カストロ暗殺計画』10選

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2019年08月08日 21:09 ID:K6jivWUZ0*
だっっっっっっっっっっさ!
2  空缶 :2019年08月08日 21:18 ID:IRFcnyuB0*
国家がバックについてて力は無尽蔵、ってのはすごいけど
基本、汚れ仕事担当のアウトローみたいな存在だしまあ。
3  不思議な名無しさん :2019年08月08日 21:23 ID:QhQ1RInM0*
逆に暗殺されてて草
4  不思議な名無しさん :2019年08月08日 21:24 ID:yQVrF8dw0*
滅茶苦茶暗殺計画あったのは知ってたけどこりゃひでーやw
5  不思議な名無しさん :2019年08月08日 21:25 ID:D3voFjc10*
コイツいっつも失敗してんな
6  不思議な名無しさん :2019年08月08日 21:26 ID:2NVyzY7G0*
CIAが間抜けな集団なのかカストロが神に匹敵するぐらいの強運の持ち主なのか。
7  不思議な名無しさん :2019年08月08日 21:28 ID:lK7YorbR0*
スキンダイビングはスカトロが趣味の1つで
8  不思議な名無しさん :2019年08月08日 21:32 ID:lIaYExcE0*
当時のCIA長官だったダレスが実に面白い人物で、
ピッグス湾事件で失脚した後もCIAに影響力を残してたもんで、
組織から外されたくせに私怨でカストロの失脚のためなら何でもやろうとしてた。
結果、こんなにもやる気のない陰謀だらけになる。
9  不思議な名無しさん :2019年08月08日 21:59 ID:.BUiQNWy0*
結局カストロ大往生してて草
10  不思議な名無しさん :2019年08月08日 22:01 ID:tdNeD06A0*
その夜、女性とカストロは2人で消えていきました。が格好良すぎる
11  不思議な名無しさん :2019年08月08日 22:05 ID:cFQhx59R0*
スカトロ暗殺に見えた
12  不思議な名無しさん :2019年08月08日 22:07 ID:qGpMR.7S0*
靴に仕込むだけで身体中の体毛除去が期待できる脱毛剤なんて存在するの?
怖すぎるわ
13  不思議な名無しさん :2019年08月08日 22:13 ID:msfQW8bB0*
これただの噂も混じってるでしょ。
ボツリヌス菌は普通の大人には大して影響ない。
ボツリヌス菌が作る毒素だったら死ぬが、葉巻ではボツリヌス菌の増殖に必要な低酸素状態を作り出すことは難しい。
ソーセージや真空パック食品なら容易。
そして、筋弛緩による呼吸困難で死ぬので割と原因がわかりやすい
14  不思議な名無しさん :2019年08月08日 22:55 ID:NQoeTwmH0*
CIAがマヌケってよりカストロが豪運だったんだなって
15  不思議な名無しさん :2019年08月08日 23:30 ID:iSCnY1Wj0*
求G13型トラクター
16  不思議な名無しさん :2019年08月08日 23:36 ID:3tR5HzTJ0*
CIAって超超超超絶エリート集団なんでしょ
人一人暗殺できないとかザコすぎないか
17  不思議な名無しさん :2019年08月08日 23:45 ID:Mgh7Ueer0*
>>8
それむしろダレスを政治的に切除するために失敗させたのでは…?
18  不思議な名無しさん :2019年08月09日 00:00 ID:aJKn7cxB0*
これは酷いw
19  不思議な名無しさん :2019年08月09日 00:02 ID:g0.0sL6o0*
CIA舐めんな
CIAは猫をスパイに仕立て上げようとした組織なんだぞ
その計画は室内実験を経て屋外実験に移行したが、猫が言う事を聞かなく道路に飛び出して車に轢かれて、「やっぱ猫は言う事聞かないわ」って事で中止になったんだからな
20  不思議な名無しさん :2019年08月09日 00:08 ID:uhOBvbze0*
>>12
俺の毛が抜けたのもこの脱毛剤のせい!?
21  不思議な名無しさん :2019年08月09日 01:46 ID:FhvjWel60*
私を殺せない。誰も私を殺せない。
かっこよすぎ
22  不思議な名無しさん :2019年08月09日 03:17 ID:NcVpPIqh0*
やる気なかったんやろ
それと、カストロの周囲やスパイが優秀やったんやろ
23  不思議な名無しさん :2019年08月09日 04:44 ID:3mAhmf2Q0*
CIAと言ってももピンからキリまである様だな
24  不思議な名無しさん :2019年08月09日 06:34 ID:qD7Ayxoc0*
スカトロ暗唱計画に見えた
25  不思議な名無しさん :2019年08月09日 08:13 ID:cX2MMo5F0*
1カストロ=2.76校長か

やっぱ校長ってすげーな
26  不思議な名無しさん :2019年08月09日 09:03 ID:rP7DwkL00*
本の読みすぎや
27  不思議な名無しさん :2019年08月09日 11:29 ID:W5Jz7khD0*
>カストロは元恋人と2人きりになると、「自分を殺すのか?」と平然と尋ねまし
>た。そして、頷いた女性に自分の銃を渡し、「私を殺せない。誰も私を殺せな
>い。」と言った

カッコよすぎやがな
こんなん、男も憧れてしまうな
28  不思議な名無しさん :2019年08月09日 11:54 ID:V6ot1iS30*
※25
校長って単語で誰なのかが分かる校長マジ校長
ほんとすげーわ
29  不思議な名無しさん :2019年08月09日 12:36 ID:gviDfbtZ0*
>>12
タリウム塩だったとなにかの本で読んだことがある
30  不思議な名無しさん :2019年08月09日 12:38 ID:gviDfbtZ0*
>>13
俺が読んだ本ではミルクセーキにボツリヌス菌仕込んだことになってた。んで、ミルクセーキが凍ってスカトロ議長が飲もうにも飲めなくなったというオチだった。
31  不思議な名無しさん :2019年08月09日 15:36 ID:z.GkyAEc0*
案の定コメントに時々スカトロが混じってた
32  不思議な名無しさん :2019年08月09日 16:23 ID:TtA8xhmM0*
むしろわざと失敗してるんじゃないのか
33  不思議な名無しさん :2019年08月09日 16:45 ID:XBCsBLdc0*
スーパーカリスマだったんやなー
この人も裕福な生まれだったらしいが
34  不思議な名無しさん :2019年08月09日 16:58 ID:ETGKJToH0*
他国がアメリカ大統領の命狙ったら戦争なのに勝手なもんやな
イランやグアテマラなんてアメリカの勝手で政権転覆されたけどカストロは凄いわ

 
 
上部に戻る

トップページに戻る