まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

【昭和の怪奇事件】"ツチノコブーム"以前にもあった謎の蛇の目撃談 その正体とは

2019年09月14日:22:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 27 )

【昭和の怪奇事件】"ツチノコブーム"以前にもあった謎の蛇の目撃談 その正体とは




SekienNodzuchi


日本のUMAといえば

昭和時代、ネッシー雪男と並びUMA(未確認生物)界の大スターとなったのが「ツチノコ」である。
通常のヘビと比べて胴の中央部が膨れているのが特徴で、北海道と南西諸島を除く日本全国で目撃例があるという。

今回は昭和の新聞を賑わした「ツチノコ事件」の一部を紹介しよう。



岐阜県に現れたツチノコ騒動

岐阜ツチノコ

一般的にツチノコが有名になったのは1973年(昭和48年)に漫画家の矢口高雄が、ツチノコをテーマとした漫画『幻の怪蛇バチヘビ』を発表してからとされている。
そんな1973年の夏シーズンの読売新聞にはツチノコに関する記事が高頻度に掲載されるなど、当時のツチノコブームの片鱗を感じることができる。

8月26日には「岐阜でもツチノコ騒動」というタイトルで、岐阜県に現れたとされるツチノコの談話が収録されていたので紹介したい。

記事によると、7月30日、岐阜県大桑村という村でツチノコらしきヘビが相次いで目撃。目撃者のひとりである47歳の女性によると田んぼのあぜ道の草刈に出かけたところ、小川の沼からぬっと鎌首をもたげた、謎のヘビの姿を見かけたという。
この女性は長くこの村に住んでおり「あんなヘビこれまで見た事ない」と興奮気味に記者に語っている。

また、同じ地区に住む60代の男性の話によると「体が丸く太った不気味なヘビを見た」という証言もあったほか、7月にはなんとツチノコを踏んずけたという70代の老人の話も掲載されている。「単車で山道を下がっている時、しっぽのないヘビのような生き物を踏んずけた。帰って家族に話したら『ツチノコではないか』という話になり、現場に戻ってみたが何もなかった」という、何やら怪談じみた奇談が掲載されている。



山梨県に現れた謎のヘビ

山梨ツチノコ

このように1973年は多くのツチノコの目撃談が掲載されているが、実はツチノコが有名になる前の1971年にも謎のヘビの目撃談が掲載されている。

1970年頃には静岡県浜松市および愛知県豊川市でコブラのようなヘビが相次いで目撃。1971年には山梨県東八代郡および南部町にて、マムシや青大将とは全く違う謎のヘビの姿が目撃されている。

1971年8月25日の山梨日日新聞にると、この年の8月21日、老夫婦が田んぼで謎のヘビを目撃。ふたりが石を投げるとヘビは道路わきの茂みに逃げ込み、「キュッキュッ」と鳴いていたという。老夫婦によると、このヘビは赤い胴体と平たい頭を持っていたという。

山梨日日新聞の紙面には「正体はコブラ」と掲載されているものの、コブラの胴体は赤くはないため、もしかしたら、このコブラ騒動の主は数年後に「ツチノコ」と称される謎のヘビが正体だったのかもしれない。

参考文献:読売新聞縮刷版、山梨日日新聞
文:穂積昭雪(昭和ロマンライター / 山口敏太郎タートルカンパニー / Atlas編集部



【Atlas関連リンク】
【新事実】ツチノコは1973年に埼玉県飯能市で発見されていた
https://mnsatlas.com/?p=34556








  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【昭和の怪奇事件】"ツチノコブーム"以前にもあった謎の蛇の目撃談 その正体とは

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2019年09月14日 22:14 ID:XDXraS7C0*
突然変異か何かだったりするのかなぁ
2  不思議な名無しさん :2019年09月14日 22:18 ID:GhNti0v.0*
夢があるよな
3  不思議な名無しさん :2019年09月14日 22:23 ID:dC8z3gvs0*
アオジタトカゲ定期
4  不思議な名無しさん :2019年09月14日 22:31 ID:4pH50ODr0*
デカイもんのみこむ途中のヘビだろ
5  不思議な名無しさん :2019年09月14日 22:32 ID:7QYCqebb0*
新種だったら嬉しいなぁ、飼育したい
6  不思議な名無しさん :2019年09月14日 22:38 ID:Fj6sUWFC0*
ずっと都会ぐらしだったが郊外に転居して、ある雨の降る夜、橋の欄干に青大将が居るの見て「ヒェッ」となったことがある。
巳年生まれなのに。
7  不思議な名無しさん :2019年09月14日 22:48 ID:2.rgoNZi0*
アルビノのデカいヘビ、たぶんアオダイショウを見たときは「山の神様見たー!」って興奮した
8  不思議な名無しさん :2019年09月14日 23:06 ID:.RXS09ae0*
割りと真面目に何らかの理由で地上を移動している雷魚だと思う
9  不思議な名無しさん :2019年09月14日 23:34 ID:t8Zt3jrf0*
>>3
だろうな
70年代になってペットが脱走などで外に出た時に目撃した人が伝承のツチノコと勘違いしたってのが正解だと思う
10  不思議な名無しさん :2019年09月14日 23:49 ID:fGHflcgu0*
ノヅチで間違いなさそうだな。
11  不思議な名無しさん :2019年09月15日 00:37 ID:AYSqu0jO0*
※8
俺もそれに1票。
アオジタなら太い蛇に見えるだろうがツチノコの跳ねるというアクションは不可能。
しかし、雷魚なら可能だし見た目も申し分無い。
12  不思議な名無しさん :2019年09月15日 00:59 ID:HIl8QYsr0*
戦時中、旧日本軍が日本のある地域でトンネルを掘っていた際に、ツチノコらしき動物を発見し、捕獲。その後、記録を取り続けていた、という話をテレビでやってた。
ジャンプしてとびかかってきたりするそう。模様、その他の特徴から、ヒメハブの仲間であると語っていたな。その記録は火災のために消失したんだったか?たいていは、普段は土中にいるらしいので、山をかきわけて、大勢で探すなどのツチノコ狩りなどをしても無意味かも。
13  不思議な名無しさん :2019年09月15日 01:12 ID:ojuBRkW60*
うちの黒猫が伏せているのを見て、つちのこの正体は猫だったんじゃないかと思っている。
14  不思議な名無しさん :2019年09月15日 02:16 ID:n0JpDYgh0*
>>13
書きに来たら書かれてた。
うずくまって尻尾が出てる状態ね。シルエットツチノコだよ。
15  不思議な名無しさん :2019年09月15日 03:10 ID:CGl.7RB50*
野うさぎ消化中のマムシやで。
16  不思議な名無しさん :2019年09月15日 05:46 ID:AjqhVzsA0*
逆張りでコウガイビルとか言ってみる
17  不思議な名無しさん :2019年09月15日 08:24 ID:OOkqzgte0*
>>12
ヒメハブじゃなくてマムシだろ?
アンビリバボーでやってたヤツだ!
因みに場所は長野県な!
18  不思議な名無しさん :2019年09月15日 08:33 ID:KBqCw.y.0*
つちのこサンバ好き
19  不思議な名無しさん :2019年09月15日 10:07 ID:zIvRF.rx0*
山ごもりで特訓して疲れて全裸で休憩してたオカダカズチカだろ どうせ
20  不思議な名無しさん :2019年09月15日 10:36 ID:svFPwi6i0*
妖怪に野槌というものがある。
その野槌の子だからツチノコという名前なんだよね。
つまりツチノコは、UMAというよりは妖怪の類。
21  不思議な名無しさん :2019年09月15日 11:07 ID:9cASsolb0*
戦時中の記録は信憑性がある
目は退化しかかっているが可動牙出血毒は残っているから
マムシから分かれて土中で進化した蛇だと思う
22  不思議な名無しさん :2019年09月15日 11:36 ID:.rHf4PDK0*
今は絶滅してるが 70年代は絶滅しかかってて
個体数が超少なかった 新種のヘビの可能性が有る?
23  不思議な名無しさん :2019年09月15日 12:04 ID:HZYdLnDt0*
古事記に記載があるぐらいだし昔はいたのだろうけどとっくに絶滅してそう
24  不思議な名無しさん :2019年09月15日 15:47 ID:MBw8YcUR0*
イタチとかも上から見ると動いてても蛇にしか見えない
25  不思議な名無しさん :2019年09月15日 21:57 ID:aebFwQk10*
>>12
日本軍そんな暇じゃないと思う・・
当時でも貴重な動物とかなら大学に送ったんじゃないかな
資料焼失したなら、その話はどこから出たん?っていう
26  不思議な名無しさん :2019年09月16日 00:40 ID:N0Dngd9h0*
>>11
おー、いいセンスしてますね~。
夜鷹ってラインも捨てがたい。分かってもらえたら嬉しいです
27  不思議な名無しさん :2019年09月18日 01:59 ID:lPARQGWG0*
※3
どう考えてもこれ

 
 
上部に戻る

トップページに戻る