不思議.net

怖い話・オカルトまとめブログ

アクセスランキング(5日間)
    本日のおすすめニュース
    本日のおすすめニュース一覧
    71

    かつてUMAだとされてたけど実在した生物

    かつてUMAだとされてたけど実在した生き物っているの?




    no title


    1: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:25:54.44 ID:H1FP0hl7d
    UMAって言われてるモノってゆうて結局…おらんやん…?その認識って今まで覆されてきたもんなんかなって

    今は普通に認知されてるけど元はUMA扱いだったみたいなさ
    それか実在が確定してるUMA
    ネッシーの正体、ついに判明か!環境DNAを調査した結果がこちら→
    http://world-fusigi.net/archives/9467083.html

    引用元: かつてUMAだとされてたけど実在した生き物っているの?





    2: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:26:07.87 ID:17nEIs5d0
    ゴリラとかオカピ

    4: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:26:15.64 ID:38S+Wchc0
    ゴリラ
    パンダ
    カモノハシ

    6: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:26:28.86 ID:X7AiH0680
    イッカク、オカピ、コビトカバ

    27: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:28:18.01 ID:8fOF8Hrh0
    上半身は馬
    下半身はシマウマ

    こんなんファンタジーとしか思わんやろ?

    28: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:28:21.86 ID:Y/Ob/bvg0
    発見された未確認生物UMA

    ①イッカク
    https://ja.wikipedia.org/wiki/イッカク

    イッカクはその名のとおり大きな1本の角を持つクジラの仲間です。この角は正確には長く伸びた牙で、中には神経が張り巡らされています。

    出典:wikipedia,tenmainfo
    この牙は雄のイッカクのみ発達しており、雌へのアピールや周囲の環境の変化を感じ取るのに使われると考えられています。イッカクはその不思議な姿と生息域への侵入の難しさから19世紀頃までは伝説上の未確認生物とされていました。

    shutterstock_665981161

    47: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:30:04.07 ID:nqMzT4Pu0
    >>28
    イッカク見つけた時めっちょ興奮したやろな

    59: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:31:03.86 ID:JIwtoXnR0
    >>47
    現地では有名だったけどアホ白人は伝説だと思ってたんや
    だからイッカクの角をユニコーンの角として売ってた

    532: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 21:23:29.95 ID:7qyXloo9M
    >>59
    角かと思ったら歯で草
    痛そう

    42: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:29:46.08 ID:cgWcS9p1p
    イッカクはガチでUMA感あるな

    37: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:29:06.22 ID:JIwtoXnR0
    イッカクは有名だな

    34: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:28:51.92 ID:Y/Ob/bvg0
    ②ゴリラ
    https://ja.wikipedia.org/wiki/ゴリラ

    動物園に行けばいつでも観れるゴリラですが、19世紀に正式に確認されるまでは空想上の未確認生物とされていました。目撃情報に対して当時の動物学者たちは「そんなに大きな類人猿がいるわけがない」と存在を信じなかったそうです。

    出典:wikipedia,pixabay
    ゴリラは生息地がジャングルの奥地であったため、人類の開拓が難しく発見が遅れることになりました。
    意外に多い未確認生物については関連記事にまとめています。

    Bristol.zoo.western.lowland.gorilla.arp

    62: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:31:23.41 ID:H1FP0hl7d
    ゴリラ未確認生物やったんか…
    まぁそら見つけるまではそうか
    ただもう今の人類に地上でこれ以上探せるとこなさそうやけどな

    64: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:32:07.99 ID:pyR9LhiR0
    >>62
    海中はまだ探るとこ大量にあるからなぁ

    69: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:32:30.53 ID:fLqiMx0r0
    >>62
    アマゾンのジャングルとか富士の樹海とか全く人が立ち入れてない場所はかなりあるぞ

    108: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:35:57.66 ID:H1FP0hl7d
    >>69
    はぇ~
    精々水中、地中くらいかとおもっとったわ
    探索行って前から知らん化け物出て来たらと思うとキツいな

    124: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:38:13.42 ID:fLqiMx0r0
    >>108
    アマゾンは未だに新しい部族とかが発見されたりするし上空から見ても木々で隠れてるしかなり奥が深い

    39: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:29:22.08 ID:Y/Ob/bvg0
    ③ダイオウイカ
    https://ja.wikipedia.org/wiki/ダイオウイカ

    世界最大の頭足類であるダイオウイカは「クラーケン」など海の未確認生物の正体とされています。普段は深海に生息しているため目撃されることが極端に少なく、昔の人々は巨大な頭足類を船を沈める海の魔物だと考えていました。

    出典:wikipedia,do-butsu
    海のUMAクラーケンについては関連記事にまとめています。
    合わせて読みたい関連記事

    Architeuthissanctipauli

    Giant octopus attacks ship

    121: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:37:56.69 ID:NhFimG4H0
    >>39
    ワイはこれがクラーケンだとは思えないわ

    231: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:51:57.82 ID:3hgB+RCy0
    >>39
    ダイオウイカ自体も20年くらい前は存在してはいるけど実物はわからないって感じやったんやろ?

    40: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:29:25.39 ID:vj0ZkGvk0
    河童は川で遊んでたホモやろ?
    河童に関する雑学や伝説を書いてく!
    http://world-fusigi.net/archives/9279443.html

    107: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:35:56.01 ID:GNPnhVzaH
    >>40
    しかもハゲ

    44: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:29:48.12 ID:Y/Ob/bvg0
    ④オカピ
    https://ja.wikipedia.org/wiki/オカピ

    オカピは馬のような上半身とシマウマのような下半身を持つキリンの仲間です。このオカピも20世紀に入ってその存在が確認されるまでは未確認生物とされていました。

    出典:wikipedia,Raul654
    その美しい模様から「森の貴婦人」と呼ばれています。非常に警戒心が強く、現在でも詳しい生態はわかっていません。

    Okapi2

    318: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 21:00:32.94 ID:tmNNkAmFa
    >>44
    森の貴婦人ってーとウィッチャー3思い出す

    46: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:29:57.66 ID:H1FP0hl7d
    イッカク調べたけどこれ実在するってマ?
    アルミラージとかユニコーン枠ちゃうんか

    50: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:30:29.07 ID:WQ54xtcVa
    >>46
    発見されたのわりと最近やけどな
    しかもあれなんと角じゃなくて歯

    72: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:32:35.34 ID:H1FP0hl7d
    >>50
    発見されたの最近って尚更UMA感あるな
    あんなん海で見つけたら失禁して死ぬわ

    48: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:30:13.18 ID:Y/Ob/bvg0
    ⑤セイウチ
    https://ja.wikipedia.org/wiki/セイウチ

    大きな体と長い牙が特徴のセイウチも恐ろしい海の未確認生物とされていました。セイウチは北極海などに生息しており、長いあいだその詳しい生態は明らかになりませんでした。

    出典:umafan,A. C. Tatarinov
    13世紀頃のヨーロッパ人たちはセイウチを「クジラゾウ」と呼び、その巨体や長い牙から非常に獰猛な動物であると考えられていました。

    Noaa-walrus22

    52: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:30:38.93 ID:Y/Ob/bvg0
    ⑥カモノハシ
    https://ja.wikipedia.org/wiki/カモノハシ

    カモノハシはビーバーのような体に鳥のようなクチバシ、毒のある爪を持つ非常に奇妙な生物です。あまりにも不思議な姿をしていたため、発見された当時はその毛皮やスケッチはねつ造品という扱いを受けました。

    出典:wikipedia,Kersti Nebelsiek
    現在はすっかり認知されているカモノハシですが、未確認生物とされていた時代がありました。こんなに不思議な姿ですからUMAとされるのも納得ですね。
    世界一有名なUMAネッシーについては関連記事にまとめています。

    Platypus

    53: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:30:40.20 ID:ZJLJyMfF0
    ゴリラが昔UMAだったってマ?

    54: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:30:40.37 ID:ndBA5Ynb0
    イッカクの角折れたらショック死しそう

    58: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:30:59.92 ID:Y/Ob/bvg0
    ⑦パンダ
    https://ja.wikipedia.org/wiki/ジャイアントパンダ

    動物園の人気者パンダも未確認生物とされていた過去があります。中国の森の奥深くに生息していたパンダはその個体が正式に発見されるまでは空想上の動物だと考えられていました。

    出典:wikipedia,pixabay
    また、中国ではパンダは金属を食べてしまうという言い伝えもあったそうです。少し前の時代まではパンダは奇妙なUMAだったのですね。

    Berlin-BaoBao1-Asio

    61: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:31:18.48 ID:Y/Ob/bvg0
    ⑧コモドドラゴン
    https://ja.wikipedia.org/wiki/コモドオオトカゲ

    コモドドラゴンの正式名称は「コモドオオトカゲ」で、20世紀に正式に発見されるまでは伝説上の未確認生物でした。昔の人々は東南アジアのある島には巨大なドラゴンがいると噂していたといいます。

    出典:wikipedia,pixabay
    実際にコモドドラゴンは3m以上に成長し、歯には毒があり、さらには交尾なしに子供を産む(単性生殖)など非常に奇妙な生物です。

    Varanus komodoensis (2)

    101: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:35:29.98 ID:FdzblqXq0
    >>61
    単性生殖ってマジかよ

    400: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 21:07:22.13 ID:tT063pcYM
    >>101
    マジ
    こいつらは子供を産むというよりクローンを産み出してると言った方が正しい
    単細胞ならまだしも、これだけ古代から変わってない生物がこの単性生殖を取り入れてる理由は未だ不明

    411: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 21:08:26.39 ID:FdzblqXq0
    >>400
    じゃあなんでオスが存在するんや?

    443: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 21:11:34.51 ID:eaxLVEca0
    >>411
    遺伝的な多様性がないと病気にかかった時に個体じゃなくて種が死ぬかもしれんからやで

    444: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 21:11:35.78 ID:SKfaqeugM
    >>400
    環境に合わせてかないと都合悪いのに好き好んでクローン作らんよ
    通常はオスとヤる

    63: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:31:44.00 ID:Y/Ob/bvg0
    ⑨コビトカバ
    https://ja.wikipedia.org/wiki/コビトカバ

    コビトカバは体長150cmほどの小型のカバです。一般的なカバが3~4mほどに成長することを考えればコビトカバがいかに小さいかわかります。

    出典:wikipedia,Fungus Guy
    コビトカバは発見当時、そのあまりの小ささからカバの奇形だと判断され種としての存在を認められることはありませんでした。1900年代になって個体が捕獲され、存在が認められた経緯があります。
    異形のUMAチュパカブラとその正体については関連記事にまとめています。

    Pygmy hippopotamus pair

    65: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:32:10.95 ID:Y/Ob/bvg0
    ⑩リュウグウノツカイ
    https://ja.wikipedia.org/wiki/リュウグウノツカイ

    リュウグウノツカイは深海に生息していることから目撃例が少なく、日本でも長くのあいだ伝説上の未確認生物とされてきました。
    リュウグウノツカイは日本における人魚伝説のモデルと考えられており、地震や嵐などの天災を知らせる「竜宮の使い」からその名前が付けられました。

    出典:wikipedia,Mgiganteus
    正式に発見されて以降その神秘的な姿からメディアなどでも取り上げられ、現在ではすっかり知られるところとなりました。

    Regalecus glesne juvenile

    71: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:32:35.27 ID:Y/Ob/bvg0
    ⑪イリオモテヤマネコ

    イリオモテヤマネコは沖縄の西表島に生息し、日本の特別天然記念物に指定されている動物です。20世紀に入るまでその存在が確認されておらず、現地の人々にとっては正体不明の未確認生物だったといいます。

    出典:wikipedia,rinya.maff.go
    イリオモテヤマネコは原始的なネコ科動物の特徴を持っており、20世紀最大の発見といわれました。

    Iriomote cat Stuffed specimen

    79: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:33:18.82 ID:Y/Ob/bvg0
    ⑫シーラカンス

    シーラカンスは1983年に生存が確認されるまで6500万年前の白亜紀で絶滅したと考えられていた古代魚です。絶滅したといわれていたにも関わらず、シーラカンスに似た奇妙な魚は古くから目撃されており未確認生物として扱われていました。

    出典:wikipedia,photo-ac
    シーラカンスは深海に適応して生き延びており、同じように他の水棲絶滅種の生存も期待されています。深海はUMAの宝庫かも知れないのです。
     
    いかがでしたか?新種の生物は毎年数えきれないほど報告されています。現在未確認生物として語られている生物でも今後新種として発見されるかも知れないと思うとロマンがありますね。

    Latimeria Chalumnae - Coelacanth - NHMW

    147: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:40:42.89 ID:dpiJ3MYP0
    >>79
    原住民が普通に食用にしてて草生える

    83: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:33:37.59 ID:i4tbakWwd
    こんなんて1匹見つかったら芋ずる式に見つかるもんなんかな

    85: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:33:54.12 ID:jUG3jtTed
    カナダの湖にいる体長20mのオゴポゴはガチで存在すると思うわ
    no title

    298: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:58:06.75 ID:fYY76Ydc0
    >>85
    ウナギ定期

    291: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:57:38.57 ID:P2XbFGCk0
    早いことオゴポゴも新種として認められてほしい
    もっと気合い入れて調査しようや

    オゴポゴ

    オゴポゴ(Ogopogo)は、カナダブリティッシュコロンビア州のオカナガン湖で目撃される水棲のUMA。

    体長は約5〜15mで、60cmほどの大きさの頭部は山羊か馬に似ているとされ、背中にコブがある。体は緑色でところどころにチョコレート色の斑点がある。 記録に残っている最古の目撃例は1872年だが、1912年の目撃騒動以来有名になった。近年になっても、大型の生物が水面近くで蠢いている映像が度々テレビでも放映され、テレビ番組で特集されることもあり、ネッシーやツチノコなどと比べると、存在の可能性が高いUMAとされている。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/オゴポゴ
    関連:オカナガン湖のオゴポゴ

    20140922162547-940x690


    90: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:34:32.37 ID:QDCb71a40
    ネッシーて最近の調査で巨大ナマズ説上がってたな
    それはそれでショックや

    105: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:35:39.18 ID:hnbQiW5Y0
    >>90
    池田湖(鹿児島)のイッシーは巨大ウナギだったらしい

    158: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:42:10.23 ID:WIKSYMDR0
    >>105
    お前あの巨大ウナギ見たことないやろ
    3メートル超える奴らがうじゃうじゃいるんだぞ

    135: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:39:16.86 ID:NhFimG4H0
    >>90
    ロマンがないよな

    145: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:40:28.52 ID:j5qQSz8V0
    【悲報】ネッシー、ウナギだった…

    ネッシーは巨大ウナギ? 国際研究チームが新説

    【ロンドン=共同】
    怪獣ネッシーが生息するとの伝説がある英北部スコットランドのネス湖で、DNA残留物の分析を続けてきたニュージーランドなどの国際研究チームは5日、ネッシーの生息を示す証拠はなく、正体は「巨大なウナギ」の可能性があるとの仮説を発表した。
    BBC放送などが伝えた。
    ネッシーについては、水面から長い首を出した恐竜のような写真が有名だが、捏造(ねつぞう)だったと既に暴露されている。
    研究チームも「こうした首長竜のような生物の生息を示す証拠は見つからなかった」と説明している。
    遺伝子分析技術の進歩で、水中に残る微量な皮膚や排せつ物などに含まれるDNAから、池や湖に、どのような生物が生息しているかを調べることが可能になった。
    研究チームはネス湖の水からDNAを抽出、既存生物の膨大な遺伝子情報のデータと照合し、正体不明の生物が存在するか否かを調査してきた。
    ネッシーにはさまざまな目撃情報があり、衛星や音波探知機などを使った捜索活動が展開されてきたが、正体は判明していない。

    https://r.nikkei.com/article/DGXMZO49487810W9A900C1000000?s=1
    ネッシーの正体、ついに判明か!環境DNAを調査した結果がこちら→
    http://world-fusigi.net/archives/9467083.html

    164: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:42:39.49 ID:CIMh182Vx
    >>145
    撮影者がねつ造で模型まで披露してるのにまだ研究してるバカいるのか

    179: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:44:26.18 ID:k55z+oSH0
    >>164
    ネッシーの噂自体は元々あって
    そこに乗っかってあの噂のネッシーを見つけたで!って捏造したってだけで
    元のネッシーの噂自体はずっと残ってるし

    184: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:45:10.05 ID:al2LCsc60
    >>164
    捏造だったてのを存在を隠すための嘘って思う人たちもいるからね

    103: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:35:34.64 ID:3uJxhDEid
    O池のタキタロウ

    いてくれよ…いてくれ…

    113: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:36:39.67 ID:JIwtoXnR0
    イエティとビックフットはガチでいると思うわ

    115: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:36:58.75 ID:iWyWdZ610
    ツチノコは多分正体こいつやろってほぼ確定してるトカゲおったやろ確か

    118: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:37:21.58 ID:84xs/Q3U0
    ネッシーってキリンなんぞよりよっぽど現実味ある構造してない?
    地上であんなクソ長い首振り回しながら歩いてるキリンのほうが伝説感あるわ

    122: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:37:59.06 ID:xHpSKxE60
    深海とかいうロマンの塊

    140: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:39:52.09 ID:1vZVwbFq0
    ミズグモっていう水中で生活する蜘蛛
    割りと最近まで捕まってなかったはず

    144: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:40:25.21 ID:fWudKEE80
    タツノオトシゴって神秘的な形してるよな
    shutterstock_654311254

    157: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:42:04.30 ID:NhFimG4H0
    深海勢はほんと怖くてゾクゾクする

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    162: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:42:30.57 ID:JIwtoXnR0
    南極とか深海は結構未知の生物居そう

    173: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:43:41.06 ID:LK3bNcyjd
    未知の生物ってより超巨大とかの方がワクワクする

    183: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:44:44.94 ID:DHPHe57Ha
    スカイフィッシュやろ
    世界丸見えとかでさんざ取り上げられて小学生ワイ大興奮やったわ
    その後ジョジョでスタンド化してumaに肉付けされたのは興奮した
    実際はただの虫だったんだけど
    no title

    スカイフィッシュ

    スカイフィッシュとは、長い棒状の身体を持ち、空中を高速(280km/h以上)で移動する、とされている未確認動物(UMA)。

    1995年、ビデオ編集者のホセ・エスカミーラ (Jose Escamilla) が、仕事中にビデオ映像をコマ送りすることによって発見した。ビデオカメラや写真には写るが、実際に捕獲された報告が無いことから話題となり、日本を含め各地で同様の事例が報告された。

    近年の検証により、スカイフィッシュの正体はハエなどの昆虫であるとされている。カメラの眼前に飛んでいるハエなどの昆虫が入り込んだ場合、残像のように映る。これが、あたかも高速で飛び回る棒状の生物が映ったかのように見える。この現象をモーションブラー現象という。ビデオカメラや写真には写るが、肉眼で発見する者や実物の捕獲例が皆無なのはこのためであると考えられる。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/スカイフィッシュ

    210: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:48:19.10 ID:HQU0Yfddp
    アマゾンでは今でも新種発見されまくりやからな

    地上最強の860ボルトで痺れさせる「デンキウナギ」が発見

    9月10日、英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに発表された論文で、アマゾンで新たに2種類のデンキウナギが見つかったことが報告された。
    そのうち、「エレクトロフォラス・ボルタイ」と呼ばれる種は、地上最強の860ボルトを発するという。
    「地球上で最も生物学的多様性に富んだアマゾニアで、デンキウナギの新種が発見されたことは、この地域にはまだ知られていない種が他にも存在していることを示している」と論文の筆頭著者のカルロス・ダビド・デ・サンタナ博士は述べた。
    「アマゾンの保護の必要性は、医学やバイオテクノロジーの観点からも、さらに高まったと言える。」
    デンキウナギの発電器官が生成する酵素を、アルツハイマー病の治療や、体内埋め込み用のバッテリーなどに活用するための研究も進んでいるという。
    https://forbesjapan.com/articles/detail/29676

    shutterstock_516902626
    Vladimir Wrangel/shutterstock

    215: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:49:11.82 ID:WIKSYMDR0
    >>210
    デンキウナギって一種しかいないとかフカシこかれてたよな

    218: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:49:34.30 ID:p2IiFRU10
    アマゾン炎上してたし 大量の未確認生物が死に絶えてると思うと悲しくなるな

    222: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:50:23.77 ID:H1FP0hl7d
    世界最大のムシとか調べても精々手に乗る程度なんやな

    225: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:51:07.81 ID:CIMh182Vx
    >>222
    外骨格の限界

    248: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:53:46.54 ID:iWyWdZ610
    >>222
    no title

    230: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:51:37.47 ID:n3PCDhrZd
    毎年数千レベルで新種見つかってるし、まだちきうには何百万とおるんやろ未知の生物

    たまらんな!

    234: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:52:11.99 ID:FomZ23dx0
    今からもし発見されてもなんかの亜種ばっかやろどうせ

    251: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:54:11.92 ID:ISGCIrTGd
    >>234
    そんなことない
    カカトアルキみたいに門単位での新種発見も出とる
    既知やけど未知な生物はまだまだ存在する

    カカトアルキ

    マントファスマ、またはカカトアルキは、節足動物門 昆虫綱マントファスマ目(またはカカトアルキ目、踵行目)に属する昆虫の総称。

    2001年に、ドイツのOliver Zomproらは、琥珀の中から発見した化石個体を調べて、最初のマントファスマ類の昆虫を新種として発表した。その後、同じ特徴を持つ昆虫が、20世紀初頭に生きている状態で採集され、既にフンボルト博物館に未同定ナナフシ類の標本として保存されていることがわかった。それらの昆虫の特徴は、従来のどのグループとも異なっていたことから、マントファスマ目が、昆虫綱に属する31番目の目(もく)として、2002年に新たに記載された。

    ガロアムシ目(非翅目)と近縁である。それぞれをガロアムシ亜目 ・マントファスマ亜目とし、あわせて非翅目とすることがある。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/マントファスマ

    Mantophasma zephyra Zompro et al 2002

    272: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:55:58.46 ID:H1FP0hl7d
    >>251
    初耳でググったがなんやこいつ
    バッタちゃうんか

    302: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:58:22.43 ID:ISGCIrTGd
    >>272
    アフリカで発見された新種や
    近年の昆虫界では最大クラスの発見や

    ただ、現地民は昔から知ってて害虫扱いでコロコロしてた模様

    256: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:54:51.20 ID:HQU0Yfddp
    今モケーレムベンベってUMAがアツい

    モケーレ・ムベンベ

    モケーレ・ムベンベ (Mokele-mbembe) は、アフリカ大陸中央部のコンゴ共和国、カメルーン、ガボンなどの広大な熱帯雨林の湖沼地帯に生息しているのではないかと想像されているUMA(未確認生物)のこと。元々は現地人に古くから語り継がれてきた伝説上の怪物である。言い伝えや目撃談を総合すると、体の大きさはカバとゾウの間ぐらい、体長は5~10mで、ヘビのように長い首と尾を持ち、4本脚で、直径30cm以上の丸い足跡には3本の爪跡があるとされる。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/モケーレ・ムベンベ

    Mokele-Mbembe-Head

    475: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 21:15:50.26 ID:fYY76Ydc0
    モケレムベンベの肉🍖食った原住民の村全滅した話すこ

    263: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:55:15.92 ID:FdzblqXq0
    見た目はともかくなんか学術的にめっちゃレアな生き物とかは調べるとワクワクするで

    289: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:57:33.62 ID:ovZj0W4p0
    モンゴリアンデスワーム
    オゴポゴ
    スカイフィッシュ

    313: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 20:59:53.15 ID:cmtpVlqId
    妖怪も何かの奇形とかなんでしょ?
    夢こわれる

    383: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 21:06:20.42 ID:ISGCIrTGd
    >>313
    そうとも言えん

    例えば、獏(夢喰う奴)の元ネタはパンダ説がある
    つまりは、一つの話が伝言ゲームで形態変化したんや

    で、そんなんや思ってたらバク(動物の方)が発見されてバクになったなんてこともあるんや

    360: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 21:04:09.49 ID:glLxIowi0
    やっぱり深海がナンバーワン
    no title

    no title

    no title

    377: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 21:05:33.32 ID:Ot8rPEh50
    金属でできた貝は不思議です🐈

    398: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 21:07:08.74 ID:enZvWpIF0
    サメの一種であるメガマウスも発見されるまではUMA扱いだったらしい

    420: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 21:09:21.25 ID:YtXFXFb+d
    地球の海中の開拓率ってまだ20%程度しかないしメガロドンまだ生きてると思うわ

    432: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 21:10:41.11 ID:bsIP/EEb0
    中国にはUMAがまだうようよ居そう
    山水画の景色見てたら思うわ
    クソデカ急流大河にもやばいの居そう

    466: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 21:13:51.22 ID:1UTjISLN0
    シーラカンスも幻の動物扱いされてたけど原住民は普通に食ってたんやっけ

    493: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 21:19:21.97 ID:ISGCIrTGd
    >>466
    正確にはたまに釣れるけど、クッソ不味いから要らんわコイツ扱い

    503: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 21:20:26.25 ID:w7Cq/vv40
    >>493
    シーラカンスって旨み成分が欠片もないだのなんだの無味のガムみたいだって聞いたことがある

    514: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 21:21:28.64 ID:uTf4U6uT0
    >>503
    美味しかったら今まで生き残ってこれなかったんやなって

    468: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 21:14:02.96 ID:y/h1o9hPa
    ミュータントは宇宙で変なガンマ線浴びせたら出来そう

    476: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 21:16:13.88 ID:OH3UDc0TM
    発見とか実在って言ってもヨーロッパ人が認知したかどうかやもんな

    483: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 21:17:36.58 ID:PHJ7Fwap0
    >>476
    せや
    大航海時代のせいやぞ

    480: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 21:17:03.62 ID:sEkmscVad
    紫外線の領域がすこし見える人って実在するじゃん
    その人らを掛け合わせていったら紫外線がくっきり見えるミュータントできそう

    486: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 21:18:29.79 ID:FdzblqXq0
    >>480
    速い馬同士を掛け合わせても新幹線は超えられないようにどっかで頭打ちになるんやない?

    497: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 21:19:46.88 ID:cmtpVlqId
    >>486
    異性アピールに特化しすぎて生きにくい動物ときどきいるよね
    ちょっとすぐ例が思い浮かばないけど

    501: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 21:20:13.41 ID:HBH36iLS0
    >>497
    ツノゼミか

    ツノゼミ科


    カメムシ目(半翅目)に属する昆虫の科。世界で約600属3200種が記録されている。日本では16種が記録されている。分類学的にはヨコバイやセミに近縁である。なお単にツノゼミというと、本科の種の総称、あるいは本科に属するツノゼミ Butragulus flavipes のいずれかを指す。

    ツノゼミの多くの種では、その胸部背面に「奇妙で多様な」形態をした「ヘルメット」と呼ばれる構造を持つことで知られる。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/ツノゼミ科
    640px-Membracidae_collection
    さまざまなツノゼミ。


    513: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 21:21:25.97 ID:HXN7N+HHa
    >>497
    バビルサやな

    バビルサ

    バビルサとは、インドネシアのスラウェシ島と周辺の島々に生息するブタに似た動物である。マレー語とインドネシア語で"babi"がブタを、"rusa(roesa)"がシカを意味する。1属1種で、一般的にイノシシ科に属する。

    体長85-105 cm。肩高65-85 cm。体毛は少ない。 バビルサはその2対の牙で有名である。上下の犬歯はとても発達し、頭の方に湾曲している。オスの上顎犬歯は肉を貫き鼻の天辺から突き出ている程である。この牙は何のためにあるのかはっきりとしたことはわかっていないが、牙が折れているオスよりも、牙が立派なオスのほうがよりメスと交尾できることが分かっている。
    wiki-バビルサ-より引用

    babirusa_kopie

    dec331f0

    516: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 21:21:46.60 ID:ISGCIrTGd
    >>497
    シュモクバエとかバビルサとかやな

    シュモクバエ

    シュモクバエ(撞木蝿)は、ハエ目(双翅目)シュモクバエ科に属する昆虫の総称。左右に突き出した眼を持つことで知られる。世界で約160種が知られる。

    シュモクバエは主に旧大陸の熱帯域に分布する。とりわけアフリカに多くの種が分布しており、約100種が知られる。アマゾンなどの新熱帯区からは見つかっておらず、新大陸からは北アメリカで1種が知られるにとどまる。ヨーロッパでは、ハンガリーで1種記録されている。日本では、沖縄県からヒメシュモクバエ Sphyracephala detrahens 1種が知られている
    https://ja.wikipedia.org/wiki/シュモクバエ

    Teleopsis dalmanni

    518: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 21:21:50.76 ID:Ot8rPEh50
    毒蛇に噛まれる趣味の人が未知の血清体内にできちゃったのはあれ遺伝するです?🐈

    528: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 21:23:10.69 ID:4r5DlEMR0
    >>518
    そういうのも遺伝するんじゃないか説とかもあったはずやで

    553: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 21:25:48.32 ID:Ot8rPEh50
    >>528
    わくわくしますね🐈

    527: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 21:23:04.09 ID:FdzblqXq0
    未開の部族とかやとまだ可能性ありそうでワクワクする

    538: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 21:24:09.93 ID:ISGCIrTGd
    >>527
    北センチネル辺りは確実に居そうやけどね

    531: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 21:23:23.29 ID:k3HpOk9B0
    パンダは惜しかったかもな

    もうちょっと発見が遅かったらUMAになりえた

    535: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 21:23:54.41 ID:yFj7KGHO0
    ジェヴォーダンの獣はなんやろ
    あれはおると思うけど

    ジェヴォーダンの獣

    ジェヴォーダンの獣は、18世紀のフランス・ジェヴォーダン地方(現在はロゼール県の一部)に出現した、オオカミに似た生物。1764年から1767年にかけマルジュリド山地周辺に現れ、60人から100人の人間を襲った。獣が何であったかは、現在も議論されている。 事件は未確認動物学と陰謀の両方の面の憶測がされている。

    15世紀に首都パリに迫ったオオカミの群れの史実が有名であるが、18世紀後半のフランスでは、ソワソンやペリゴール(現在のドルドーニュ県)など各地でオオカミ被害が相次いでいた。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/ジェヴォーダンの獣

    Gevaudan-monster2

    541: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 21:24:16.30 ID:fYY76Ydc0
    >>535
    ヨーロッパオオカミやろ

    536: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 21:23:56.25 ID:LgF9sX0U0
    黒鳥やな
    かつて欧州では「黒い白鳥を見つける」が不可能なことの喩えとして使われてけど本当に見つかってオワコンになった

    479: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 21:16:54.31 ID:cmtpVlqId
    ヒトは数増え過ぎて突然変異したやつは暮らしにくいやろな
    次のステージ進もうにも社会がそれを許さない









    本日のおすすめニュース1
    本日のおすすめニュース2
    本日のおすすめニュース3

    おススメ記事ピックアップ(外部)

    コメント一覧

    1  不思議な名無しさん :2019年09月16日 12:46 ID:AL3IVpi.0*
    モンゴリアンデスワームとかいう存在する可能性が高いとか言われてるUMA
    じゃあ早く捕獲してくれや
    2  不思議な名無しさん :2019年09月16日 12:49 ID:Y5JzaOHa0*
    日本だとツチノコという大物が残ってるけれど、
    単にマムシの奇形なんだろうなって思う。
    一応、死体を確認したことは江戸時代に書かれた書物に載ってるし。
    3  不思議な名無しさん :2019年09月16日 13:13 ID:Z4BHQkK70*
    カモノハシが人間に甘える動画は癒される
    これはガチ
    4  不思議な名無しさん :2019年09月16日 13:21 ID:zfyTPlmu0*
    イッカクの牙は、日本ではウニコールという名称で江戸時代には輸入されとるで
    ウニコールというのはユニコーンの訛りやね
    セイウチの牙をウニコールとして売っとることが今も昔もあるから注意やで
    5  不思議な名無しさん :2019年09月16日 13:24 ID:W8QdSu5K0*
    キャディ
    6  不思議な名無しさん :2019年09月16日 13:25 ID:Xap0zM.x0*
    かって馬だったけれど今は鹿
    7  不思議な名無しさん :2019年09月16日 13:36 ID:vB0v3DhA0*
    俺の才能を発見できる会社はどこかな?
    8  不思議な名無しさん :2019年09月16日 13:52 ID:w9zZw8aB0*
    俺たちはイッカクの存在を知っているから、イッカクを見ても驚きはしないけど、
    一番最初にイッカクを見た人は本当に驚いただろうな。海から得たいの知れない角が出てくるんだもんな。
    9  不思議な名無しさん :2019年09月16日 13:59 ID:HV.gxLBZ0*
    当時カモノハシを信じた奴は逆に凄いと思う
    10  不思議な名無しさん :2019年09月16日 14:03 ID:gzx.BEsp0*
    カモノハシってああ見えて毒持ちだからな…(オスだけらしいが)
    あと、カモノハシに隠れて無視されがちの、同じ単孔目のハリモグラもUMAっぽい
    英名もEchidna(エキドナ)というギリシャ神話の化け物だし
    11  不思議な名無しさん :2019年09月16日 14:44 ID:jPGYxe4o0*
    屈斜路湖のクッシーも鯰なんかな?
    12  不思議な名無しさん :2019年09月16日 14:52 ID:uWsHW.i00*
    だいたい現地民にとっては馴染みの生物やろ、
    江戸時代に象とかトラとかを想像図で「おー」言ってた日本人と変わらんやろ。
    13  不思議な名無しさん :2019年09月16日 15:00 ID:oi1uW9SH0*
    伝説が実在した系はおもろいよなぁ。
    UMAも勿論だけど、ミノス迷宮とかさw
    14  不思議な名無しさん :2019年09月16日 15:04 ID:gzx.BEsp0*
    ※12
    西洋で知られる怪物のマンティコア、どうやら東南アジアのトラに尾鰭に背びれがくっついた結果生まれた化け物という説があって好き
    15  不思議な名無しさん :2019年09月16日 15:05 ID:c9ikyU1X0*
    交通や情報インフラが整備されるまでは
    ゾウは見た事がない人にとっては実在が信じられないと思うよ
    鼻があんなに長くて物を掴めるんだよ
    16  不思議な名無しさん :2019年09月16日 15:10 ID:H8.E3tMY0*
    ダイオウイカの写真ってウィキから持ってきたんだろうけれど、そもそもこのウィキの写真もダイオウイカじゃなくてダイホウホウズキイカなんじゃないの? 足に見えるの吸盤じゃなくて鉤爪に見えるんだけれど。
    17  不思議な名無しさん :2019年09月16日 15:34 ID:CtZIb4VA0*
    >>15
    小屋くらいの大きさで顔から尻尾生えてるんだぜ
    信じるはずがないwww
    18  不思議な名無しさん :2019年09月16日 15:57 ID:dnam3UWG0*
    水の中にいる細長いUMAはほぼウナギ説
    そりゃ恐竜の生き残りとかだとロマンはあるけど、たぶんないでしょ
    だから研究者も、そんなに力を入れて調査しないとかじゃないの?
    19  不思議な名無しさん :2019年09月16日 15:58 ID:99gSsCaA0*
    チバ シガ サガ
    20  不思議な名無しさん :2019年09月16日 16:11 ID:CzRaOAdC0*
    さすがにメガロドンはもうおらんやろな
    一匹でも見つかったらサメファン感涙もんなんやけどな
    21  不思議な名無しさん :2019年09月16日 16:26 ID:.U0bvlUz0*
    何年か前に浜名湖に出たUMAというか正体不明の生き物もうなぎだろう。動画がバッチリ出てたけど、うなぎ以外にありえないと思った。
    でも時折海面に現れる胴体の直径が20センチ以上ありそうだったから相当大きいと思う
    水棲生物のUMAは殆ど既知の生物だろうね、もうチェシーくらいにしか希望は持てなくなってしまった
    22  不思議な名無しさん :2019年09月16日 16:36 ID:8F1Asil60*
    シロナガスクジラとか予備知識なしに見たら完全に怪物だよな

    ※15※17
    昔のヨーロッパ人が描いたゾウの想像図なんか、鼻がラッパになってて背中に塔が建ってたりするね

    ※20
    シャチ「うふふ」
    23  不思議な名無しさん :2019年09月16日 16:49 ID:V7USmnor0*
    ぶっちゃけ
    「神の創造は、いまだ行われている」
    から、新種は常に発見される。
    24  不思議な名無しさん :2019年09月16日 16:58 ID:iVr1zofV0*
    近年、沖縄の漁船で目撃されてるよ
    漁師はメガロドンとか知らなくて、20mのホオジロザメで驚いたってさ
    見間違いだろ?って思ったが、漁船の横にいて皆見てるんだって
    何故20mかというと、漁船の長さが20mでほぼそれと同じ大きさという
    そして、見てたらそのまま潜水して消えたって

    ただ、メガロドンは映画のように海水浴客は襲わないだろう
    ダイバーは知らんが
    25  不思議な名無しさん :2019年09月16日 16:58 ID:.D8Bf6yO0*
    >>535
    ジェヴォーダンの獣は、ハイイロハイエナで決着ついたやろ。伝えられる行動から見てもそっくりだし、ジェヴォーダンの獣と伝えられる毛皮がこいつのものだった。ヨーロッパにほもちろんいない動物だから、船で連れてこられたんたろう。
    26  不思議な名無しさん :2019年09月16日 17:03 ID:vQxMxKmV0*
    >>8
    ユニコーンよりも衝撃的な姿だよな
    27  不思議な名無しさん :2019年09月16日 17:07 ID:iVr1zofV0*
    カモノハシはオーストラリアの2箇所の水族館で見た
    夜行性だから夕方以降がオススメ
    シドニーのカモノハシは人馴れしてて、客の前(水槽とガラスの敷居があるが)に泳いで来たり、潜ってジャンプして歓声浴びてたり、中々の人気者だった
    思ってたより知能ありそうで、増やしてペット化して欲しい

    コアラもウォンバットもそうだ
    コアラなんか類を見ない抱きペットになるだろうしなw
    餌もペット化すれば、大企業がペレット開発するようになるから、コアラに取っても良い環境になるかも知れない

    カンガルーも何万頭も殺すなら輸出しろ
    ワラビーなら飼いたい
    28  不思議な名無しさん :2019年09月16日 17:20 ID:Jd9NOBUZ0*
    >>22
    ※17だけどラッパの鼻や塔はともかく俺が言った、顔から尻尾は単なる勘違いで基本的に嘘はついてないからな
    それでも普通は信じないんだからおかしな生き物はいるよね
    面白い
    29  不思議な名無しさん :2019年09月16日 17:21 ID:2Sl5gp9T0*
    一部外国人にはタヌキは空想上の生き物と思われているらしい
    30  図鑑で観た :2019年09月16日 17:54 ID:wWYpzf6L0*
    シーラカンスではなく「シーラカンサス」が正しいらしい。
    31  不思議な名無しさん :2019年09月16日 18:45 ID:tHpbkF3F0*
    いざ見つかっても冷静に考えたらクジラとか象のほうがすげえって感じになりそう
    32  不思議な名無しさん :2019年09月16日 19:07 ID:g5BF2xbg0*
    ダイオウイカは幻獣と古代生物の二つを兼任してるタイプのUMA、シーラカンスはネッシーのように古代生物が生きていたって感じのUMA、どちらも存在が確認されてるからすごいよなぁ。
    足跡も走り去るのも目撃されてるが捕獲されてないイエティとか雪男が一番存在してそうで幻獣とか妖怪なんじゃね?って思うUMAだなwあれ全部ヤラセと言えないパターンが何個かあるんだよなぁ。
    33  不思議な名無しさん :2019年09月16日 19:14 ID:4JYgNalP0*
    深海こっわ
    何が彼らをそうさせたのか…
    34  不思議な名無しさん :2019年09月16日 19:18 ID:E4PCEz.Z0*
    へえ、面白かった。
    ゴリラが未確認生物だったのは知らなかった。
    35  不思議な名無しさん :2019年09月16日 19:45 ID:yIYtpr7B0*
    雪山とかいくらなんでも食い物少なすぎて
    イエティみたいなでかいの生きていける気がしない
    36  不思議な名無しさん :2019年09月16日 20:01 ID:kH6Rzcb.0*
    >>2
    ヤマカガシがカメでも食った直後なんじゃねえのかとは言われてるな
    あと、それっぽい形のトカゲもいる
    37  不思議な名無しさん :2019年09月16日 20:04 ID:kH6Rzcb.0*
    >>18
    ヘビかもしれん
    2m級は田舎にちょいちょいいるし、もっとデカい奴がどっかにいてもおかしくない
    38  不思議な名無しさん :2019年09月16日 20:19 ID:cun.2ESi0*
    イッチが無知すぎる
    39  不思議な名無しさん :2019年09月16日 21:00 ID:KyFL.ibw0*
    有名なトコでは黒鳥かな。
    かって英語には、無駄な努力を表すことわざとして
    「黒い白鳥を探すようなものだ」といわれてたそうな。
    40  不思議な名無しさん :2019年09月16日 22:25 ID:ymCYd48C0*
    そういやNHKスペシャルのアマゾン特集で新種の猿らしき鳴き声が記録されてたな
    41  不思議な名無しさん :2019年09月16日 22:53 ID:W9PZG8sy0*
    遺伝子操作で幻獣やポケモンやデジモンに似せた生き物作ろうとしたら倫理面無視すれば可能なんか?
    42  不思議な名無しさん :2019年09月16日 23:20 ID:mC78h0t70*
    世界最大のカブトムシ
    あれ、生で見たら悲鳴上げるわー
    43  不思議な名無しさん :2019年09月16日 23:42 ID:2Sl5gp9T0*
    ※39
    青い薔薇の花言葉が「不可能」から「夢かなう」に変わった話すき
    44  不思議な名無しさん :2019年09月16日 23:51 ID:JPfdbJoM0*
    動物ではないが綿花は羊の生える木として昔のヨーロッパでは空想上の植物と思われてた
    45  不思議な名無しさん :2019年09月17日 00:09 ID:gGfMBhI90*
    シーラカンスは1983年なわけない
    1938年の間違いだな
    46  不思議な名無しさん :2019年09月17日 00:26 ID:FtazuYPE0*
    象のジョークで好きなものがある。

    ヨーロッパでまだ象が知られていなかったころのこと。
    ある日、サーカスから一匹の像が逃げ出して、
    朝もやの残るキャベツ畑に逃げ込んだ。
    その姿を見た農婦がびっくり仰天して街の兵舎へと走り出し、
    息も絶え絶えに兵士に自分のところの畑に化け物がいることを伝えた。
    兵士が農婦に聞いた。
    「その化け物は畑で何をしてるんだい?」
    農婦は呻きながら答えた。
    「しっぽを使ってとても言葉にできないことをしている」
    47  不思議な名無しさん :2019年09月17日 02:32 ID:jLAMTYyo0*
    ゴールデンハムスターも偶然見つかって捕獲された一家族から繁殖したのが世界中のペットショップとかに流通してるルーツで、それ以外に野生種がほぼ確認されてなくて野生本来ではどういう生活習慣なのかいまだによく分かっとらんぽいね。
    48  不思議な名無しさん :2019年09月17日 04:21 ID:rKI27WfF0*
    クレナイオオイカリナマコという完全に邪神の眷属な生物
    49  不思議な名無しさん :2019年09月17日 07:51 ID:AEwswYcB0*
    バーゴンいて欲しい
    50  不思議な名無しさん :2019年09月17日 08:59 ID:BXkIQSGa0*
    >>1
    未確認だからUMAなだけなんだけどね。
    モンゴリアンデスワームってネーミングセンスは中学生っぽいよね。
    偉い博士様が調査するより地元民に全ての動植物を1つづつ集めて欲しいって頼む方が発見早そうだし、まじないとか薬扱いの草を聞いたほうが俗に言う新種の発見は早そう。
    51  不思議な名無しさん :2019年09月17日 09:26 ID:s7zSnJEW0*
    今ならアマゾンで焼跡探せば見つかるはず
    52  不思議な名無しさん :2019年09月17日 12:41 ID:MhOUFeL60*
    >>27
    なおコアラの握力
    53  不思議な名無しさん :2019年09月17日 15:36 ID:sKaYQ.Lt0*
    近年絶滅した動物の中でステラーカイギュウは見たかった。
    54  不思議な名無しさん :2019年09月17日 18:27 ID:XV3hYKmQ0*
    シーラカンスは83年じゃなくて38年だろ
    55  不思議な名無しさん :2019年09月17日 20:36 ID:foJh5fxi0*
    キリンもUMAじゃね?
    中国人がシルクロードの商人からアフリカのキリンを伝聞で利いた結果、あのビールの麒麟になったんやろ。
    ウィキの『鹿に似て大きく背丈は5mあり、顔は龍に似て、牛の尾と馬の蹄をもち、麒角、中の一角生肉。背毛は五色に彩られ、毛は黄色く、身体には鱗』って途中で伝言ゲーム失敗した感じじゃね?
    56  不思議な名無しさん :2019年09月17日 21:46 ID:fQGQdr6s0*
    自己紹介乙
    57  不思議な名無しさん :2019年09月17日 21:55 ID:kIJSg.uU0*
    馬ではなかった
    58  不思議な名無しさん :2019年09月17日 22:01 ID:ZTllClwa0*
    ゴールデンハムスター
    はぐれメタルなんか比較にならん経験値だったらしい
    59  不思議な名無しさん :2019年09月18日 00:55 ID:p6BmXg0b0*
    チベットのビッグフットと言い伝えられている毛皮をDNA鑑定したら
    シロクマの一種という鑑定結果が出たことがあったな。

    環境激変前にチベットに取り残されたシロクマが居たかもしれん。
    60  不思議な名無しさん :2019年09月18日 11:20 ID:LWWWPbx90*
    >>30
    正しいというか、そういう呼び方もあるって話。

    もともとラテン語で命名された学名を、どう発音するかの問題。
    ラテン語の読み方がクセモノで、幾つか基本となる系統はあるけど、
    完全に統一されていない。
    61  不思議な名無しさん :2019年09月18日 11:48 ID:KuaGTYD10*
    日本では近年、コドオジとかいうUMAが問題になってるらしい
    62  不思議な名無しさん :2019年09月18日 14:20 ID:LWWWPbx90*
    >>30
    >>60
    いや、端折りすぎというか、間違った説明というか、してしまった。ごめん。

    単純な発音の話というか、学名→英名→和名 という流れの中で、学術的に厳密な学名と、総称的・一般的に使用する英名のどちらを和名に採用して、どう発音するか、という話です。和名の「シーラカンス」は、英語での呼称 "Coelacanths" を日本的なラテン語読みした総称です。

    英語での呼称 "Coelacanths" は学名(のうち属名)の "Coelacanthus" に由来するので、もしラテン語の属名を直接日本語に読みかえるなら確かに「シーラカンサス」と呼ぶことになりそうなんだが、それだと厳密には属に該当する種にしか対応しないことになるので、現存種のラティメリア (Latimeria)とかには使えなくなる。属より上位の「科(Coelacanthidae)」とか「目(Coelacanthiformes)」とかを採用すると、範囲は広がるけど、語尾が変化するので日本語で読んでも「シーラカンス」にはなりません。で、日本語の和名は、学名そのままではなく総称の英名を採用した上で、英名を日本風のラテン語読みに発音している。(ちなみにラテン語の属名 "Coelacanthus" を英語圏風に発音すると、カタカナ表記では「コエラカントゥス」に近いんだとか。ラテン語をどう発音するのかは一義的に決まっておらず、それでもいいのだそうです)

    そういう意味での「そういう呼び方もあるって話」です。メンドクサイよねw
    63  不思議な名無しさん :2019年09月18日 16:15 ID:7l8J6LPd0*
    >>1
    全くだ
    64  不思議な名無しさん :2019年09月18日 17:58 ID:nsEAE6Gh0*
    バーゴンとガーギラスはガチ
    65  不思議な名無しさん :2019年09月19日 14:06 ID:M0Jahey40*
    アルマジロが子牛襲ってるのが撮影されてチュパカブラはアルマジロ説が濃厚になってるよな
    66  不思議な名無しさん :2019年09月20日 02:18 ID:0LXk.8SA0*
    タキタロウはそのうちさかなくんさんがあっさり見つけるだろ
    67  不思議な名無しさん :2019年09月21日 05:19 ID:LQuKPDpW0*
    ゴリラならアフリカに行けば何処にでもいるじゃんw
    68  不思議な名無しさん :2019年09月22日 09:29 ID:mpUQXpzj0*
    ワイにとっては2~3年前に入社したゆとりがUMAやわ
    69  不思議な名無しさん :2019年10月03日 19:30 ID:B.QkhN1F0*
    >>55
    勘違いするアホがいるかもしれんのでボケに一応マジレス

    キリンは和名。ジラフという方が迷いがないんだがな。
    和名はジラフが伝説上の聖獣「麒麟」として中国皇帝に紹介された中国の歴史書が由来。つまりは先に麒麟という言葉があった
    和名が付いたのは明治以降の話で、中国では長頸鹿と呼んでる。
    韓国・朝鮮は日本由来のキリン。
    70  不思議な名無しさん :2019年10月11日 20:27 ID:Ia678Zhu0*
    >>2
    土を掘ったら出てきたって話があって、土中性の毒蛇だったんじゃないかと思ってる夜だけ出てきて鼠とか食ってるタイプの

    あと石の上で昼寝してイビキかいてるとかガラガラ蛇とかの威嚇っぽいよね
    71  不思議な名無しさん :2020年04月20日 19:33 ID:6f2Iwjpd0*
    ヤンバルクイナも最初はUMAとされていたぞ!

     
     
    topページに戻るボタン

    不思議ネット
    とは

    不思議.netでは怖い話・オカルトから科学ネタまで、2chを中心に世界の不思議な話題をお届けしています。普段2chを見ない人でも気軽にワクワクできる情報サイトをっころがけて毎日絶賛更新中!